「落つ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 落つ[動詞]
空から落っ  初め首の落っ  海に落つ  心を落つ  どっかには落つ  只気ぜわしく落つ  萬山きばみ落つ  滴の落つ  將、落つ  絶間なく落つ  奧より落つ  夕闇の落つ  滴の落つるを将、落つ  奥より落つ  藍色は滴り落つ  先方も少しは落つ  幾分でも落つ  高ねより落つ  晩秋初冬の、あの深い落つ  日の、落つ  滾々と滴り落つ  庄に落つ  性欲に落つ  一直線に落つ  皆さん、落つ  運命に落つ  時、極めて落つ  必要から言馴れてもうすっかり落つ  音して落つ  滴たって落つ  飾りのない落つ  ワセダあたりで落つ  上に落つ  位、落つ  顔を見るまでは落つ  気が落つ  間に落つ  舟中に落つ  地に落つ  泪は落つ  旭日にかがやいて、咽び落つ  峯より落つ  花びら地に落つ  ものの落つ  自然すぎるほど落つ  畳に落つ  若い女性は、はふり落つ  頬より落つ  ことを、落つ  石が落っ  あたりに引き廻らせれば温かく落つ  此山姫のゑむに落つ  大輪つばき折折に落つ  丹田に落つ  中へ落つ  谷へ落つ  つても、落つ  うごかして、落つ  気をかねて、落つ  人後に落つ  面で、落つ  何といふ落つ  変な落つ  心が向けば、いくらか落つ  どこか落つ  真逆様に落つ  塔より落つ  此處に落つ  此処に落つ  酒桶からまくれ落っ  酒桶から落っ  秋山に落つ  係官を手古摺らしたが、それでも段々落つ  挙動には少しも落つ  人相で見まするとて如何にも落つ  處より、落つ  家に落つ  家には落つ  ように落つ  心は段々と落つ  心配には及びませんでございます、もう落つ  口調で落つ  すつかり落つ  これまでの落つ  一度も落つ  相当に落つ  不断いやに落つ  研究して落つ  様に流れ落つ  /\/\/\とちっとも落つ  シットリとした落つ  不安な落つ  そこに落つ  夕方からすっかり落つ  それからようやっと落つ  事は落つ  心は落つ  ために潜むかと思われたが落つ  雨だね、落つ  頭を細かく落つ  木より落つ  下へ落っ  喫茶店に落つ  頬を流れ落つ  意識界に落つ  誌さないと、どうも落つ  日には落つ  読書なども出来て、落つ  自分の落つ  僕の落っ  ことをいはれて、案外落つ  溝へ落つ  事溝へ落つ  床も落つ  風なきに落つ  罠に落つ  あときはみて落つ  水脈しろく漲り落つ  砂を転じ、忽ち捲いて忽ち落つ  奇妙な落つ  のですから落っ  流れを引いて漲り落つ  滝なすばかりに渦巻いて流れ落つ  事でも落つ  中に落つ  気を落つ  今少し落つ  本来からの人間らしい落つ  瓦は落つ  社に落つ  十餘町山腹ゆすり落つ  風の吹き落つ  椅子から転げ落つ  調子が落つ  なかなんてに落つ  汗がにじみ出て、どうにも落つ  面白いものが落っ  ものあ、落っ  石の落つ  胸ふたがりてはふり落つ  座敷に落つ  地方に落つ  迷つたのであるが、どうしても落つ  家庭に落つ  風は落つ  液體の流れ落つ  襟元に折りおり落つ  底に落つ  竿うてば落つ  夕雲雀揚るを見ても落つ  音して、ささとし、落つ  路は落つ  霊や落つ  奔り、絶えずまた泡だち落つ  東に落つ  西に落つ  それから東に落つ  葉の落つ  和やかな落つ  助は立ち止まって、はふり落つ  一時に落つ  天上から落つ  何か落っ  椎の実ぱらぱらと落つ  様子もなく落つ  何だかがっかりしたが、漸く落つ  様子も無く落つ  何だかがつかりしたが、漸く落つ  何の落つ  懐に落つ  管から際限もなく流れ落つ  先から流れ落つ  際限なく流れ落つ  海の日の沈むを見れば、たぎり落つ  ために崩れ落つ  心臟かと、落つ  気持は落つ  一種の落つ  田部井氏はかなり落つ  頃から、もう既に落つ  頃には益々落つきを増して、落つ  顔を眺めていたが、実に悠々と落つ  そこなはれ落つ  雨滴の落つ  腑に落つ  途中からどつかへ落つ  人間が落つ  笛吹川へ落っ  手に落つ  たもとには落つ  わが身、あへなくも落つ  疾走り続けながら、落つ  のは実に落つ  糸子は次第に落つ  心は本当に落つ  目覚めこそしないが、落つ  処から落っ  何がなにやら解らなくなり、落つ  眠りに落つ  井戸へ落っ  それへ落つ  雷の落つ  旭日にかがやいて、むせび落つ  衣に落つ  蓮池に落つ  娘さんは、とてもよく落つ  雷でも落っ  どん底に落っ  気分になって、落つ  所謂問ふに落ちずして、語るに落つ  涙は落つ  ちゃんと流し元に落っ  私はわざと落つ  草の落つ  夜をくだけて落つ  牧場、落つ  纖雲縹に長くながれ、落つ  干潟に落つ  窓より落つ  幕ゆららに落つ  本山から右へ落つ  左へ落つ  びっくりして、落つ  間より落つ  馬影斜に落つ  上より降り落つ  文章先生に落つ  県界を跨ぐ落つ  鶴ヶ岡を容れ、落つ  川へ落つ  雲の上から落つ  僕達は落つ  鐘がごうんと落つ  やうに落つ  方へでも落っ  仮睡から熟睡に落つ  村へ帰って、そして落つ  殘に散り落つ  二人は落つ  田に落つ  川に落つ  雨龍に落つ  岬に落つ  南に落つ  常陸に落つ  眼より落つ  床に生れ落つ  砂鉢が落っ  から水へ落っ  から水へ落つ  罪に落つ  所へ引張り込まれて、落つ  腰の落つ  簡単にかいつまんで、だがひどく落つ  笑いに落つ  図、落つ  街に落つ  谷底へ落つ  やうに寛いだ落つ  代り、もし落つ  一足まちがへて落つ  眼の落つ  若い娘が落つ  知らない様に落つ  切も落っ  帽子から雨垂れがぽたりぽたりと落つ  鳥、落つ  眼に落つ  城より落つ  つや子の落つ  やうに図々しく、落つ  我も落つ  東へ落つ  日か落つ  ぐるとき車燬きつつ落つ  実の落つ  胸より落つ  鳴きも落つ  河へ落つ  利巧な、落つ  なぞと落つ  右から頽れ落つ  釣瓶がしとしとと落つ  顔色をして、しかし落つ  亨一はふり落つ  亨一ははふり落つ  馬を撰ばずして、みだりに乗れば落つ  ことのない落つ  千古水いたづらに落つ  河漢の落つ  銀河の落つ  湖より落つ  傾斜面をたぎり落つ  揺れはしやうけれど、折れて落つ  ひらひらと散って落つ  上に落っ  懐抱を傾けて語り合いましたが、落つ  雫も落つ  家内も落つ  松ぼっくりの落つ  鼻先へ投げつけ、落っ  中へ落っ  涙がぱらぱらと落つ  心の落つ  老ガロエイ卿は落つ  シチを流しこみながら落つ  もの涙となりて落つ  現状以下に落つ  弁解に落つ  伝つてポタリポタリと落つ  傳つてポタリポタリと落つ  さもせきがたく落つ  汀に落つ  危く下に落つ  くれなゐに落つ  から眠りに落つ  非に落つ  城が落つ  米は落っ  影が落つ  絶え絶えに落つ  事なく落つ  感情や、比較的落つ  何時になく落つ  僕は、落つ  雙頬傳うてはふり落つ  珠數にはふり落つ  二三尋も辷り落つ  川に落っ  思索の落つ  茂みを落つ  狸が死んで落っ  三日のなじみ、さはらば落つ  のかと落つ  心を強いて落つ  前に現れて覚えずほろほろと落つ  しずかに落つ  口城は陥落っ  新たな落つ  自分を何とか落つ  城間もなく落つ  者は落つ  幣の落つ  上を通れば死んで落つ  手を得てさながら落つ  ひろひし落つ  桜草花既に落つ  方は、極めて落つ  行き来すると、ピッタリと落つ  上にはなりたるが、落つ  ハハ、たちまち落つ  墓ほど落つ  坂から落つ  沈默よりしたたり落つ  大うねり傾きにつつ落つ  峽間を落つ  川原に落つ  老樹のしづく落つ  上を越え落つ  中へ崩れ落つ  石塀の倒れ落つ  ナカナカ気持が落つ  手にすべり落つ  前のめりに落っ  魂を落つ  時に、落つ  心は無論落つ  足で通って落つ  急に落つ  書斎に通されて落つ  さきは案外落つ  何とはなし落つ  様に落つ  きらきらきらりと落つ  滝になって落つ  木の実も落つ  樹に落つ  梯子段から落っ  色も、たいへんに落つ  袖の触れつつ落つ  荒川に落つ  三日目、ようやく落つ  ところで落つ  何処かに薄気味悪い落つ  変に悲しく落つ  片耳を、なんと落っ  學者かて、落つ  一致して生じる落つ  なかを出せば落つ  忍びかねてほろほろ落つ  砂に落つ  下よりはふり落つ  正座に落つ  母は落つ  雨ばらばらと落つ  中に落っ  何処行っても落つ  塊が、落っ  加速度をもって落つ  邸主は落つ  そのまま根室、落つ  自信から発する落つ  足もとに落っ  緊張した、しかも落つ  宿に飽き果て、落つ  果実かつと鳴りて落つ  縁側から足を踏み外して落っ  耳に落つ  下へ落つ  千世子は落つ  から静かに落つ  私は落つ  きりですが、あの落つ  ひだより落つ  いやに落つ  秋になって落つ  水涸れて落つ  湖や落つ  白粉の溶けるばかり、はらはらと落つ  日ぞ落つ  口をしっかり締め、落っ  朝子は、落つ  釣合よく落つ  物事は落つ  処へ落つ  彼女は落つ  只中さして転び落つ  琵琶滝より流れ落つ  私は、落つ  私は、出来るだけ落つ  俺は落つ  精神が落つ  それから気を落つ  靴が片一方落つ  から、落つ  時は落つ  時はよほど落つ  涙を落つ  身であるだけに落つ  名残りに落つ  而も、どことなく、落つ  此処では落つ  行つても落つ  先に落っ  裏木戸に落つ  靜であるから帽子に落つ  頭上に落つ  家じゃないか、落つ  他に悠々と落つ  そいつへ落っ  星の落つ  言つて、また溢れ落つ  断片が落つ  林檎の落つ  匙ですくって、急がずに落つ  遙かに落つ  湯槽へ落つ  払はれて落つ  露の落つ  船から落っ  後に落つ  ゃりッと落っ  出先きでは落つ  こせこせと落つ  さと落つ  頭を落つ  病氣なのだから氣を落つ  ひねもす銀針の落つ  海舟は落つ  水の落つ  しずくの落つ  檣碎けて縺れ落つ  林に落つ  一瀉して落つ  地上に落つ  容易に落つ  地獄に落つ  南半球に落つ  松が枝にあまりて落つ  枝よりころがり落つ  奇妙に落つ  ときは、落つ  橋を渡りて落つ  のだから、落つ  峰に落つ  肩から胸へ落つ  髮が落つ  手より落つ  日の落つ  雨の落つ  影左に落つ  影の落つ  多人数の落つ  髑髏たちまち落つ  瘧のいゆるを落つ  方に落つ  髪が落つ  水に落つ  啼一聲地に落つ  知に落つ  溪に落つ  食卓より落つ  凡フライを落っ  軒から水滴がぽたりぽたりと落つ  中から盥に落つ  栗ひたに落つ  のであったが、その落つ  瀬に落つ  膝にして白きが落つ  しづかに落つ  さに落つ  静かな、落つ  糞落附きに落つ  梁が落つ  崖から絞れて落つ  際これほどの落つ  上へ落つ  此処でも落つ  心より流れて落つ  らん髪は乱れて落つ  音に帰れ落つ  涙の落つ  あゆみかなたに落つ  青巌に砕けて落つ  世に流れて落つ  爪も折れよと蹴返しぬ蹴られて落つ  夕雲雀あがるを見ても落つ  水の滴り落つ  梢より落つ  間しずかに落つ  これはいけない、落つ  斜面を転り落つ  塾柿の落つ  帆村はなおも落つ  さをもっと落つ  中大島あたりに落つ  星を落っ  夕雲雀、あがるを見ては落つ  何か落つ  為に熔け落つ  秋果熟すれば即ち落つ、落つ  自分から気が落つ  色が、いかにも落つ  方へ、吸いこまれて、今にも落っ  自信と落つ  半日も落つ  動坂三郎は憎々しいまでに落つ  濁水の溢れ落つ  三太夫やつと落つ  馬の背から、いまにも落つ  馬から落つ  滑稽感に落つ  方、落つ  寝台から落つ  お久美さんは案外落つ  様子で落つ  椿の落つ  都を落つ  出雲へ落つ  歌舞伎座を落っ  男には落つ  様な落つ  もしかしてズルコケて、落つ  梯子段からでも落つ  壁の落つ  壁眼前に崩れ落つ  不自然気に見える落つ  火の消え落つ  とんぼの落つ  音なく光り、はた、落つ  ごと光りて落つ  ことに落つ  大分世間も落つ  一煽り飜って落つ  空に落つ  城楼の焼け落つ  火をつけて落つ  奇想天外より落つ  これなら、なかなか転げ落つ  潮流の落つ  



前後の言葉をピックアップ
オッポチュニスト  オッポチュニズム  おっぽりだし  おっぽりだせ  乙女子    オツカツ  オツカナイ  乙亥正  おつき


動詞をランダムでピックアップ
たるめとがらしうけとる咲き匂う関わる揺ぎ出で基づけ請負わ釣り上げ怠ろ吹っかける知りぬき溢れよ引っ担がことづかりこびりつくみする押し遣っ弑する立て通し
形容詞をランダムでピックアップ
口惜し愚かしくおかしき気づよくろくくわしく若若しくあつう歯痒たえがたかっしたたるわるうきみがわるく荒く目覚しくあくどいやさしけれ物々しきなつかしくっ名高き