「華美」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

華美[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
華美な帯を締めて  華美な長襦袢だか腰巻だかを出し掛けて  華美なお召の羽織が陰鬱な室の中に彩をこしらえた  華美な服を被せて  華美なる服装をして  華美を競う  華美と意匠とを闘わした  華美なことのきら  華美な暮しをしていたのよ  華美な帯をしめていた  華美と贅沢とを排し  華美の様子は見あたらなかつた  華美ないかがわしい生活を送っている  華美ではならない  華美になつた風俗の中に交つて歩いて居ました  華美な洋裝をした  華美な宮廷服を身にまとった  華美を誇りし  華美な絵を描いた  華美を極めた  華美な工芸品を作つた  華美な彼の寝室を端から端まで行ったり来たりしながら  華美な生活をつづけていた  華美を装うが如き  華美をつくした  華美な客を吐いてゐた  華美過ぎて市中は歩かれなかつた  華美な着付でうごく  華美でも洗練されて居るし  華美なレター・セツトが幾通りともなく始末もなく散乱してゐます  華美な模様のついた  華美な金紗縮緬の羽織の背を見せながら  華美になって来た  華美な総模様の着物を宅の蔵の中で見た  華美にあらざれば  華美な前途はもう彼の前に横わっていなかった  華美な元禄模様を流行させた  華美で音曲一般が流行したからばかりではなかったろう  華美な装飾を施した  華美にやる  華美な服装で若やいでいた  華美で豪奢なものを縫つてゐる  華美や贅沢は矢はり止まなかった  華美な衣裳と無限につづく  華美なものを買って来る  華美なものを着るわねえ  華美な風俗を背景として味わうと  華美な御生活のなかに住み慣れて  華美な縞の着古しに毛繻子の襟を掛けて  華美をつくし  華美に陥る  華美な官窯の五彩を摸していたら  華美をして  華美を棄て  華美やかにお作りなされ  華美を好んだ  華美に流れて来た  華美な武将いで  華美にやつて盛つてゐる  華美な夏の鎌倉の遊楽生活を話したりするをきいて  華美をかさねた  華美な存在にしている  華美と見栄に走って  華美な大きい煙花が少しの休みもなしに三ヶ所程から上る  華美な珍らしい感を與へられるので  華美なる姿して  華美な浴衣を着た  華美と貧寒との二つが投げやりのうちに雑居していた  華美から野暮へと感染れたが  華美に戻る  華美というよりは  華美な後から現われた  華美な祭服をつけていた  華美に装ひ  華美を尽した  華美に遊びくらしている  華美な服装をしていた  華美に衣飾る  華美を競って照り輝いていた  華美な赤い着物が余の目へチラと見えた  華美な様子をしている  華美の魅惑に包んで  華美な長襦袢の前をつくろいつくろい  華美に消光していたが  華美な袋にバイオリンを入れて  華美に明るいことが僕の注意を惹く  華美なる彩色現はれぬ  華美なるにつきて  華美な細そりした  華美な裾模様の紋服を着た  華美の国でありながら一歩地方へ出て見ると  華美ではあったであろうが  華美な物もあったが  華美な参詣の行列が寄進する  華美な衣裳を寄贈るだけのことにした  華美を競い  華美な祝い事になった  華美なきらきらしい  華美な支度になっていった  華美な設けがされてあって  華美なお儀式になる  華美な風俗を生み  華美な羽織を着た  華美な宮の新婚後のお住居の様子などを思うと  華美ごのみであったというのは本性の虚栄を意味する  華美を尽すといふ  華美をきわめ  華美を求める  華美になったら  華美とされた  華美な衣裳が近所の人々を驚かしたばかりでなく  華美がましい  華美を好む  華美の風に染みて来た  華美で享楽的なものに映じました  華美な居室を好まないが  華美な仕事をのこした  華美の極点を衝くほどの  華美に描かれ  華美な色彩の時代の彼をも知つてゐる  華美なるカシミールのショールと紅のリボンかけし  華美なるを選みしなり  華美な安衣裳から透いて見える  華美な装いを眺める  華美の大広間も秀次の喚く  華美な花が咲く  華美とが現れ過ぎる  華美にかつ勇壮にしようとあって  華美とが見えない  華美な薔薇の花模様の結び目をゆるめると  華美な衣裳をつけて  華美に京都祗園会の庭景をしのばしめ  華美をつくしたり  華美な電飾が反映していた  華美なるにおいてローマに若かざりしが  華美においてローマにまさる如く  華美な女部屋が現われた  華美なものを殊更に避け  華美な羽織がうすい紫の焔となって見えた  華美な明石を着ていた  華美を競ひ  華美に上げたり  華美に思った  華美な羽織を着て  

~ 華美[名詞]1
それでゐて華美  上に羽織った華美  葵祭に華美  模様のある華美  社交界で華美  急に華美に  眼には華美  色の華美を  桃山風の華美  ように見るも華美  彼は華美  法に華美を  小袖に華美や  遊山帰りの華美  野球における華美  ことにつきまとう華美  作家特有の華美  女は華美  ような華美  舞台の華美に  贅沢でも華美  当時が華美で  着物らしい華美で  常の華美や  極彩色の華美  元禄時代の華美  縞も華美  奥様から頂いた華美  よし美があっても華美に  装飾の華美を  錯雑を去り華美を  やうな華美が  芭蕉以前は華美を  風俗が華美に  腹巻だけの華美  かなり当世風に華美に  礼儀と華美を  蓬莱和子を華美  のも華美  頃から華美  ゴオチェは華美  ダジュールの華美  モナコの華美  この間に華美  時は華美から  木地の華美に  彼は華美と  彼女の華美  人達の華美に  晴れと華美を  パリー風の華美  商品を華美の  通りの華美  商人などを宿して華美に  元禄模様の華美  色が華美に  漆絵の華美  衣裳の華美  フランスの如きは聞えたる華美の  服装は華美  ほうへ寄って行くと華美  一重ねずつの華美  騒ぎになるほど華美  席に華美  元禄の華美  評判にさえなっている華美  例年よりも華美で  豪奢でも華美  いずれも華美の  輿入れ道具も華美を  恋よりも華美  見かけの華美を  男も華美に  それを包む華美  邸宅や華美  燃焼力で華美  絵は華美の  やうに華美に  一等船客たちの華美  身分で華美  マダム・レムブルグの華美  淫楽と華美とが  過程を華美に  時の華美  醜聞と華美と  電燈飾は華美  有頂天にさせる華美  村では華美の  軽快な華美とが  ストッキングを結んだ華美  行燈等の華美に  衣服にて華美を  上層の華美  愉快な華美  目を惹く華美  十六夜の華美や  

~ 華美[名詞]2
ふさわしい華美  ますます華美  互いに華美  特に華美  なく華美  単なる華美  かなり華美  少し華美  一層華美  些か華美  いくらか華美  いたずらに華美  明るい華美  バカバカしく華美  一体華美  こんな華美  随分華美  あの華美  いっそう華美  あるは華美  その華美  やっぱり華美  きわめて華美  最も華美  次第に華美  ようやく華美  決して華美  ことに華美  あらゆる華美  そういう華美  荒く華美  大きく華美  

複合名詞
荘麗華美  浪漫的華美  華美姿名  華美好き  おじょうさん華美好き  華美享楽  壮麗華美  かなり華美  挑発スルガ如キ華美ナル服装  よう華美  挑発スル如キ華美ナル服装ヲセザルコト  華美軽薄  通り華美  放胆華美  華美風流生活  華美贅沢  華美相  華美華  繊弱華美  勢威豪快華美  華美軟弱主義  づした華美づくし  それぞれ華美  



前後の言葉をピックアップ
加筆  カビラ  佳品  かび  黴び    カビ  かびくさ  黴臭い  かびくさい


動詞をランダムでピックアップ
若返るとり除い取上げよ歌わさ潜ろ刻もちぬる取り除けれ検めろ召さそまり代えるはたらき明くとめれあて蔽っ向か敷い侍し
形容詞をランダムでピックアップ
得難かっ恋しい清から待ち遠しくっねむく小憎らししがなし善から弱々しかっ素ばやく眠くっ手っ取り早いけだるく聞きづらままならない遅い仰々しき宜しけれ厳し腹立たしかっ