「荷拵え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

荷拵え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
荷拵えをなし  荷拵えをした  荷拵えが出来ると  荷拵えをしている  荷拵えを致して居る  荷拵えをさせては  荷拵えをして  荷拵えが出来ずにいる  荷拵えというと  

~ 荷拵え[名詞]1
体にて荷拵えを  移転の荷拵えを  雨が降るのに荷拵えが  物の荷拵えと  

~ 荷拵え[名詞]2
ときどき荷拵え  まだ荷拵え  

複合名詞
上荷拵え  



前後の言葉をピックアップ
二郷  濁さ  にごさ  にごし  濁し  にごす  濁す  濁せ  濁せる  濁そ


動詞をランダムでピックアップ
引っかか添わるまるめ込む携わろ面さしんずるころぶゆれうごくたてつけねじこむ過ぎら繙くおとすみん降りかかるほぐれる熾そとりつい取って返す見上ぐる
形容詞をランダムでピックアップ
余儀なけれ気むずかし凄う心憎く貧しくっ黄色切なうう間近忌々しかっ黄いろねばりづよおぞましく由々しく強う明けりゃあぶなくこまかい貴う