「草木」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

草木[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
草木漸く萠生し  草木の色や家の色までがすいて見えて居ました  草木の色などはどうしても忘れる  草木のみどりの色もあざやかになりまさりました  草木がよろこぶだらう  草木も眠るというくらいで  草木が密生する  草木の葉末に露を宿して降るも  草木が縱横に茂つて居るので  草木が宇宙の季節を感じる  草木の事を聞く  草木の葉に降つた  草木の上にも烈しく降りそそいだ  草木も植え  草木も生えぬという  草木が茂っている  草木で掩うてゐた  草木の葉に包まれて  草木の葉にて覆ひて  草木の實を壓し  草木もあるとの  草木も土もふやけ切って  草木は枯死し  草木をもつた  草木を治す  草木の中を歩いて  草木の散りぼふが見えて  草木を襲ふ  草木の上へあまり重く落ちて  草木が炭になつて消え失せるまで  草木の繁みなどが邪魔をして  草木を食ひません  草木にも花は咲く  草木のうちを循つてゐる  草木のはげしく動揺するを見たり  草木は皆それぞれに特徴を有していて  草木は無残におしつぶされた  草木繁りて路みえず  草木の花葉から蒼白いさざめきの  草木も眠る  草木を愛して見ようとか  草木の密生した  草木の植込みや大小の岩石の配列が眺められる  草木を見廻した  草木ほどにも威勢よく延びて行くという  草木の茂れるは  草木は草木でいつ  草木も野も山も総て全く眠りから覚めてはゐない  草木の影によこたへしに  草木なしにはいられない  草木があるに過ぎないが  草木があり  草木のけはひが  草木を揺がす  草木はみんな丈夫になるよ  草木の健康を妻と子どもと朝朝のスープの愛によつて取り返した  草木の葉つぱにぴかぴか光る  草木がみてゐる  草木にはどこかだらしのない倦怠の顔付が見える  草木を養い  草木を折る  草木をあつめなどして  草木の香を吹き込んで  草木とちがって  草木の生えない  草木をたづさへて見舞ひに来たといふ  草木の身にしてみれば  草木はたたずんだ  草木の頂きを  草木もあれば  草木もあるという  草木はてんでにがやがや言い出して  草木は叫ぶ  草木は黙っていましたが  草木は見られませんわ  草木はどよめき立ちました  草木にしろ  草木が出て  草木の美しさを羨むなんて  草木と共に生活する  草木を伐  草木の葉をもふるひ落さんとす  草木の皮であるとすると  草木を使用したといふ  草木が蘇返りました  草木の芽立つと  草木がよく描かれてある  草木のなかにあって  草木の吐く  草木や建築から出来て来た  草木や建築物は私の意識が造った  草木とを描いただけだから  草木を描きながら  草木の色が実際そう見えた  草木からも恍惚たる悲壮の感激を受けた  草木を沾すに足り  草木の葉末には露や霜が繁く結ばれる  草木の葉を鳴らして  草木の風に靡く  草木のない所にした  草木もなびき  草木あるいは石の原などをひと目に見わたすと  草木の神語を発する  草木の匂いが漂った  草木を照す  草木を育成する  草木の茂った  草木にかけてやる  草木もやっと蘇った  草木が疲れ  草木の美を叙し  草木や人種が尽きたにしても  草木は音なく眠っていました  草木の先駆者というような気がします  草木は台湾南部に似て  草木の茂生せるあり  草木のような目ざましさが目につくばかりで  草木も蒸される  草木の勢に堪え  草木は深く埋れている  草木がしげって  草木を満載した  草木も濡れて  草木も青白く煙る  草木の前へ弟を連れて行って見せた  草木の芽が発する  草木もねむる  草木とも思える  草木の葉は刈取ると  草木の重々しき重なりの  草木の奇しき形相と水だらけの世界は私に海底の心を起さしめた  草木が生れる  草木の精に成り代って  草木を靡かす  草木とならん  草木の芽などを食す  草木を烈しく揺ッて野分の風が吹いて来た  草木ばかりになる  草木も靡く  草木などはあまりの日照りに枯死してしまふ  草木の荒された  草木がしげっていた  草木の海を泳いで  草木を押しわけ  草木がゆくてをさえぎり  草木の香などがぱあつと彼をも馬をも包み打つて来る  草木の黒つぽさも何かの間違ひ  草木をなびかせ  草木が急に表情をかえていた  草木の肥料にはならん  草木の繁った  草木もなびくべき  草木はなかりけり  草木を植えて  草木などにも含まれておるが  草木も靡くといわれていた  草木で云えば  草木の根を覆えし  草木が茂り栄える  草木の枝葉などを独創的に使ひ慣らして  草木の香にむせながら  草木に一生懸命になって  草木を吹きなでており  草木が植えられてあった  草木を見て  草木が単純な列を樹てて植えつけてある  草木もうっとり聞き惚れる  草木の名称を挙げながら  草木の緑色が乾着いている  草木のやはらかな  草木のそよぎに見えだしていたからだった  草木の萎えた  草木はみな新葉を着けてゐて  草木の新しさとの混じ  草木の實を見つける  草木の生える  草木又は動物の如き自然物にあらず  草木も眠るという  草木はどうあるか  草木の栄枯は輪なくして  草木や景色や建築物やが惜氣もなく材料に使はれて居る  草木はみんな泥水をかむつ  草木や景色や建築物やが惜しげもなく材料に使われている  草木はみんな泥水をかむった  草木も枯れ果てて  草木が生い茂るが  草木の幹をいふ  草木を分けましても  草木も眠りに落ちている  草木の深い急な斜面をアケビの蔓をたぐりながら  草木は生長をやめて  草木が思う  草木を消耗していくだけの  草木の葉を纏ふ  草木の葉が洗われて  草木の真の植物的機能を知る  草木といえども  草木を醒して行く  草木が生えている  草木もほとほと枯れ死ぬかと思われた  草木が風にゆれてゐる  草木の冬と一人しりて  草木は焼跡に密生し  草木の露は金色を鏤めておりました  草木を見ず  草木を愛する  草木がある  草木とは黒潮の流れにひたされたる  草木は人物と同じく極めて単純にして  草木の若芽の如くに腹中に溶けこむ  草木となると  草木を枯らし  草木が叢生して  草木の真を写して居る  草木をうるおす  草木を直させたりなどした  草木だけででも気に入った  草木のことの言われる  草木とこの風景とを眼前に置きながら  草木がむらむらに混ぜてある  草木を植えた  草木の影は見えずに  草木の露の一面に光っている  草木が漆黒の色を呈するより  草木のなびく  草木の繁茂するにしたがって  草木にも親愛の言葉をかけて  草木も靡いて  草木のはじめに芽を生じ  草木の根をひたせる  草木を焼き  草木に当る  草木で食える  草木のたたずまいを眺めて  草木に気持を移らせ  草木も懐かぬ  草木の種類はまだ他にたくさん宿っている  草木の繁茂は云うまでも  草木靡き騒ぐ  草木が洗われて  草木を徒らに連想せし  草木なき島あり  草木少しも生ぜず  草木に化する  草木までも成佛といふ風に説いて行く  草木ならば豊後梅だとある  草木をながめ  草木にいこひ  草木の新芽を濡らす  草木の精とのささやきで  草木の一生は終る  草木に到るまで  草木が懶い眠から醒めて  草木は炎上し  草木のある  草木の世界に人が無理やりに割り込んで行く  草木の茂つた山腹を越えて  草木に水をやった  草木がよろこぶだらうに  草木の凋れた  草木もさかんに拍手をいたします  草木をうる  草木の勢いが善くなって  草木の生気は手のひら程の中にも動きて  草木の上には夏の日光が燃えきらめいている  草木や地面からしめりけというしめりけを  草木のみのる  草木の呼吸する  草木に寒中の肥料を施さしむ  草木の葉もうなだれている  草木における肥料に等しく後の一事は五風十雨の効ある  草木にしても  草木の中のここに居たら  草木はどんな変化を見せるか  草木にさわると思って  草木を心のままに配し  草木の種を研ぐ  草木にそそぐ  草木のことを言えば  草木をかわいがる  草木なり鳥獣になり進んで行きたいと希う  草木も凍ってしまっていました  草木になる  草木の緑に灰色を帯びさせている  草木が大きくなるには  草木や石をいじりまわしていた  草木の写生図もよくした  草木と人とを照らしている  草木に対しては素人であると仮定し  草木の葉のみを望んでも  草木に愛を持つ  草木を本尊とする  草木を無駄に枯らす  草木でこれを培うた  草木の栄枯盛衰を観て  草木は人間の心事に役立つ  草木で養いたい  草木は永遠の恋人としてわれに優しく笑みかける  草木を目印とした  草木は歌う  草木や昆虫の世界に間借でもしてゐる  草木を濡らす  草木とゆめと唯信ず  草木は馬のために一夜にみどりを増し  草木を思わせる  草木おい茂って  草木が一面におい茂っているばかりで  草木に深く埋もれてしまつてゐる  草木を保護する  草木の如きかをりして  草木のさやぎにも神の声が聞かれた  草木も水をかければ  草木が生えて  草木の滴までも啜りとってしまうので  草木も青み渡り  草木に対してわり合ひに  草木もかうなると  草木の生長の速力が眼で計れる  草木の蔭に隠れてしまっていたが  草木眠っている  草木も深沈と眠る  草木を舐めて  草木の色の緑なる  草木の祭祀に捧げる  草木から得ました  草木から取る  草木の花だのになすってくれる  草木がいっぱい茂っていて  草木の新芽をふき出す  草木がひとをどり  草木のなほその糞の中より出  草木の特性を論じたりといふ  草木の色はどこにも見えず  草木のアヤもみえない  草木のともしい  草木の若芽にも輝く  草木までも呪われた  草木にてかしこに生を保つ  草木の生命の縁葉に於ける如く  草木の魂の如きものとなりて  草木にはその性を風に滿たすの  草木を見るとも  草木は然らず謙遜の人は心を屈して  草木の魂は生育を限度としてそれ以上に進む  草木の少ない都会に産まれて  草木の色などを不言の間に聞き得る  草木の色の移り行くにつれて  草木に施す  草木の肥料に譬うれば  草木は肥料によりて  草木の長茂を期するに  草木の生々を自在にせんとする  草木におけるが如くなるを得ず  草木の花に飾らる  草木の元なる  草木の生き  草木を鞭ち  草木のなかで最もはでやかな花といへば  草木の生命そのものの復活を暗示し  草木の生活の種々相を凝視してゐる  草木はしつ  草木はしづかに禅定にでも入つたかのやうに身じろぎ  草木の根や石塊の塚が次第に大きくなるにつれて  草木の根を土から選り分けて  草木の根の小高い塚の方へ投げやった  草木の根を運んで  草木が茂り  草木の伸びる  草木を伐り  草木を食い尽す  草木にも生命はある  草木の露が消えはじめた  草木の魂を蕩かして  草木を見れば  草木を見よと仰せられますと  草木のものをいうとある  草木がものをいうならば  草木がものをいう  草木として生き  草木の花を開かしめ  草木の花が開き  草木の種子の土膏水潤を得て  草木の花若くは葉を諦觀する  草木の一日の間の氣の張弛を知り得る  草木は人間の如くに高級にして  草木に於て諦觀したならば  草木より蟲豸に至るまで  草木をして張らしめるが如きである  草木に草木の氣あり  草木のうち二キロないし七キロのものは赤く焼け枯れ  草木が葉裏をかえした  草木が茂っていて判らなかった  草木が枯死し  草木が冬枯れはてた  草木は枯れ  草木のそよぎにも  草木を見ると  草木の栄を孕んだ  草木や蔦蘿を腕一ぱいに掻きのけながら  草木ものびのびと自由に生長させる  

~ 草木[名詞]1
下降し草木  人影や草木の  色や草木の  人よりも草木が  はりの草木が  まわりの草木が  陰々として草木が  ころの草木の  ひつそりと草木の  つて見たが草木が  贅沢にはぐくむ草木の  露は草木の  庭の草木の  熱帯の草木が  山の草木で  之を草木の  用ゐて草木の  雨に草木も  附近の草木は  植物学者の描いた草木の  上に草木の  緑の草木が  毒のある草木を  水も草木の  それらの草木は  あたりの草木は  奇異な草木の  ことではあり草木の  奇怪な草木の  あたりの草木を  自然の草木ほどにも  城春にして草木  山川相せまって草木の  草木は草木で  わが身を草木の  わたしも草木  紅葉した草木が  生成化育は草木の  僕が通ると草木は  やうな草木の  青空を草木の  びつしより濡れる草木  それをみてゐる草木が  阿蘭陀の草木に  低地の草木には  今は草木の  骨肉を以て草木を  嵐が草木を  自然の草木は  珍らしい草木を  風は草木の  そこだけ草木の  毎晩季節の草木を  ほかの草木の  肩をもつ草木も  味方をする草木も  ほかの草木は  温室じゅうの草木の  はなやかな草木は  祖国に生ずる草木の  美麗な草木が  精無心の草木と共に  行手の草木を  耳を劈き草木の  桑其他の草木の  原料として草木を  ことしの草木の  禽獣や草木が  多くの草木が  地面や草木の  意識している草木や  繁茂する草木とを  蓊鬱たる草木を  画家には草木の  沼地の草木からも  庭の草木を  時にも草木の  首を振れば草木も  四里もある草木  雨を降らして草木を  そこらあたりの草木に  獸も草木も  獣も草木も  すべての草木が  野山に黙って咲く草木の  和文調で草木の  裏日本の草木の  すべての草木の  世界に草木や  はなしに草木の  春の草木の  庭の草木も  曾根は草木の  庭の草木は  路ばたの草木の  ように草木が  南支那の草木を  種々な草木の  ところの草木とも  山と草木の  あたりの草木の  そこらの草木まで  夜間出でて草木の  世が来ても草木は  折から草木を  のは草木ばかり  界隈で草木も  今は草木も  やうな草木などは  四辺の草木の  参差する草木の  山の草木の  身ぢかな草木が  上に生える草木の  ボヤボヤと草木の  気は草木などにも  草木で云えば草木を  他の草木の  それ等の草木に  光に煙った草木の  この世の草木を  教授用の草木が  緑色な草木を  芝生に草木が  自然の草木の  柄に草木の  なつて草木のや  役目を果した草木は  北風のきざしが草木の  百歳も草木の  そこにある草木は  生々とした草木の  それ等の草木の  教会は草木  この間における草木の  山野の草木は  つた垣根や草木  川沿の草木は  垣根や草木  川沿いの草木は  煙に草木も  掩うて草木が  獣類も草木も  つて瞰下される草木の  庭には草木が  発芽を待つ草木と  腰に草木の  塵埃にくすぶった草木の  まわりの草木は  鈴がなる草木が  まひるの草木と  積雪地よりは草木を  地に草木が  天象と草木とは  庭上階下窓外の草木は  上においては草木の  乾燥した草木を  人にはなびかぬ草木も  植え込みの草木を  季節季節の草木だけででも  花や草木の  これらの草木と  秋の草木が  木丹などの草木を  日が暮れてゆくにしたがってしいたげられる草木の  前庭の草木の  姿が草木の  花ばかり咲く草木の  同一の草木  これ別種の草木なりと  野生の草木で  時分には草木の  うちこどもはむこうの草木に  山なら草木の  方を望めば草木  奇異なる草木を  巌で草木  地で草木  自分を草木に  鑛物とか草木までも  今も草木を  二本の草木を  霊と草木の  野山の草木の  旱に弱り切った草木が  野火の草木は  人間が草木の  瀬は草木の  庭に出て草木に  色に輝いてくる草木の  人間よりも草木が  周囲の草木も  生活していながら草木に対する  中には草木の  庭中の草木に  これでは草木も  二事は草木における  それは草木の  さは草木の  いま六月の草木の  滿目土褐色で草木は  さで草木も  広野の草木の  音と草木の  庭の草木や  読者諸君を草木に対しては  翠色滴たる草木の  私は草木に  私は草木の  これほどまでも草木は  これを草木で  周囲にある草木は  何百歩置きかにある草木を  あらたなる草木と  湖沼の草木を  山は草木  そこらには草木が  なつて草木に  地上の草木を  ところの草木の  ところどころに見なれない草木が  人は草木  ために草木の  自然や草木に対して  まきも老いて草木の  人も草木も  繁茂している草木は  うして草木の  島の草木  染めも努めて草木から  色を草木から  衣服だの草木の  雲も草木も  岡の草木が  中に草木の  秘密が草木の  ことだが草木までも  かしこに萌えいづる草木を  他の草木は  大気は生きている草木の  いま人心は草木の  これを草木の  依頼して草木の  加減して草木の  肥料の草木に  二十四本の草木の  熱によりて草木の  赭鞭を以て草木を  そこらの草木は  露の下りた草木の  彼が掘り起した草木の  二倍の草木を  それを考えずして草木の  どこまでも草木が  春は草木の  明らかに草木の  能く草木に  草木に草木の  放射線を受けた草木の  四囲の草木が  ために草木が  すべての草木は  彼は草木や  科学も草木も  

~ 草木[名詞]2
珍しい草木  どんな草木  多い草木  騒々しい草木  色んな草木  しめっぽく草木  いずれ草木  深い草木  わが草木  こう草木  強い草木  いわゆる草木  美しい草木  たとい草木  まさに草木  眠から草木  恐らく草木  まるで草木  どの草木  あたかも草木  空しく草木  あらゆる草木  ひとしれず草木  むしろ草木  まず草木  当然草木  若し草木  恰も草木  この草木  いかなる草木  数多い草木  根強い草木  その草木  なく草木  猶草木  其の草木  

複合名詞
山川草木  草木皆無  行つて草木  以つて草木禽獣  草木花樹  草木金石珠玉点介鳥獣  持戒草木  堤防草木  及草木  草木山河  山川草木皆具佛生  草木土石  山川草木全部  草木谷  つて草木  すべて草木  日月星辰山川草木  草木緑  草木涼しげ  草木山川  草木みな兵  山川草木みな血  山川草木一切成仏  草木すべて  自ら山川草木  草木発生  草木たち  草木塔続篇及酒  花鳥草木  草木風景なぞ  今回雑草木  草木鳥虫  最初草木  鳥獸草木  凋びた草木  草木号叫  山川草木等  草木なんど  岩石草木  草木岩石  鳥獣草木  草木的  草木的オモカゲ  草木なみ  草木花卉  人畜魚虫山川草木  草木禽獣  草木塔  草木山川白皚々  わが国草木  禽獣草木  事草木  草木染め  草木の  草木国土  草木繁茂  移植ゑし熱帯草木いや  草木森々  草木遥  鳥獣虫魚草木  従つて草木  草木茂み風ふき  山川草木一つ  救荒草木  草木交  水草木土四種  山河草木  敵勢草木  鳴き草木  禽獣草木魚介  草木蘇生  生物草木  草木鳥獣  りや草木  雑草木  とおり草木  輝き草木  金石草木  一年中草木  草木ども  民屋田畑草木禽獣  草木砂泥  禽獸草木  三草木  人間鳥獣山川草木  草木稟性  草木各自  



前後の言葉をピックアップ
クサカ  草枯  くさき  臭き  クサキモ  草木染  クサク  くさく  句作  臭く


動詞をランダムでピックアップ
睡んすなどり浮き上がっ事足る濡らし討ち取ら有る殴れ節す通りかかいれちがい咲きほこかこむ送っ擦りむく画す練れつづけ異なるすりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
つよけれ愛しけれしちくどくまるなまめかしかっものうい人懐っこいむさういたたまれないしつこかっどす黒くおそかっ馴れなれしく白っぽく短かっ疾しかっ小憎らしかっぬくとひどう目新しく