「苦しみ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 苦しみ[動詞]
非常に苦しみ  心の苦しみ  苦しみを苦しみ  ものを苦しみ  のに苦しみ  君は悩み苦しみ  春から苦しみに苦しみ  ために苦しみ  最後まで苦しみ  昔は苦しみ  説明には、いつも苦しみ  死ぬほどに苦しみ  生活に苦しみ  ためにどれほど苦しみ  今なお苦しみ  男の子は苦しみ  さに苦しみ  中毒で苦しみ  指示されて苦しみ  かわいそうで堪えられないほど苦しみ  煩悩に苦しみ  無聊に苦しみ  一時はずいぶん苦しみ  ガスをくらって、そんなたいそうな苦しみ  嫉妬に苦しみ  橋渡し役として、苦しみ  正直に苦しみ  下に苦しみ  解釈に苦しみ  恋に苦しみ  苦しみ、苦しみ  発作的に苦しみ  精神病に苦しみ  みんなは苦しみ  上で苦しみ  虚無を随分苦しみ  昼となく苦しみ  不貞に苦しみ  真の苦しみ  彼女がどんなに苦しみ  まことに苦しみ  血をながして苦しみ  退屈に苦しみ  ビールは必ず吐いて苦しむが、苦しみ  くみに苦しみ  摩擦に苦しみ  それを苦しみ  捕捉するに苦しみ  時も、ちょうどそんな苦しみ  急に苦しみ  花子が苦しみ  ヨーロッパが苦しみ  矛盾に苦しみ  遇に苦しみ  やうに苦しみ  矛盾で苦しみ  事に苦しみ  彼女はどんなに苦しみ  自責に苦しみ  私がひどく苦しみ  私が苦しみ  木々が苦しみ  現実で物狂おしいほど苦しみ  鈴木商店が潰れて随分苦しみ  ことを知ってたいへん苦しみ  内訌に苦しみ  ところを、苦しみ  霊に満ちた、苦しみ  其故彼が苦しみ  絆に苦しみ  故に苦しみ  双方とも苦しみ  ものに苦しみ  彼らは苦しみ  諒解に苦しみ  皇后はもだえ苦しみ  テキメンに苦しみ  その間に苦しみ  こともできずに苦しみ  故なるかを知るに苦しみ  生活難に苦しみ  病に苦しみ  ため俺はどんなに怒り、どんなに苦しみ  渇に苦しみ  龍となりて苦しみ  孤独に苦しみ  あなたと共に苦しみ  すべてを見限ろうとする、苦しみ  妄執に苦しみ  上自身も苦しみ  ことに苦しみ  やりくりして行くのに一層苦しみ  判断に苦しみ  発熱して苦しみ  惡臭あるに苦しみ  患者の苦しみ  不満に充分苦しみ  ぜんそくに苦しみ  歩を苦しみ  現実に虐げられ、苦しみ  晩方にも苦しみ  夏さんが苦しみ  自分を苦しみ  意識に苦しみ  男も苦しみ  上にうずくまって苦しみ  から位、苦しみ  今まで少し考え少し苦しみ  吹聴し、苦しみ  不平に苦しみ  それからまた苦しみ  事を歪められてしまって、苦しみ  うちを推するに苦しみ  中に苦しみ  重圧に苦しみ  推察するに苦しみ  長太は、のたうち廻って苦しみ  ことにかなり苦しみ  選択に苦しみ  方々が苦しみ  人類が苦しみ  僕は到底眠らずに苦しみ  疑問に苦しみ  周囲に苦しみ  御大も実は苦しみ  自己共に苦しみ  返答に苦しみ  辞句にも甚だ苦しみ  丹毒で苦しみ  懊悩に苦しみ  彼はあまりに苦しみ  癪をおこして苦しみ  四月餘りをどんなに苦しみ  手記を讀んでどんなに苦しみ  無聊至極に苦しみ  種々に苦しみ  さまざまに苦しみ  拘束に苦しみ  こっちは、どえらい苦しみ  金策に苦しみ  頃になって、いよいよひどく苦しみ  私も色々苦しみ  すべてを抛ってこんなに苦しみ  生活を苦しみ  汗して苦しみ  自分が苦しみ  選定に苦しみ  嘔吐に苦しみ  人は苦しみ  サヨは苦しみ  喘息に苦しみ  胸に秘めてただ苦しみ  咳に苦しみ  力に苦しみ  そこらをのたうち廻って苦しみ  姿が見えないので苦しみ  クリストフは、苦しみ  自分も苦しみ  時の苦しみ  夜中譫言を云いつづけて、ひどく苦しみ  腹痛に苦しみ  一週間ばかり苦しみ  自己を欺き、そしてそのため苦しみ  さらに強く、苦しみ  彼女が苦しみ  呼吸もできないほど苦しみ  魂が愛し憎み苦しみ  状態を苦しみ  心はさらに苦しみ  ようにして苦しみ  から私は苦しみ  私は苦しみ  一人で苦しみ  その時まで非常に苦しみ  御息所ははなはだしく苦しみ  所へ出てまいっては、かえって苦しみ  保護を苦しみ  ために、悩み、苦しみ  うちを知るに苦しみ  敗戦の苦しみ  ように苦しみ  心は苦しみ  思い出に苦しみ  未に苦しみ  内に苦しみ  単純に苦しみ  下痢に苦しみ  うちに苦しみ  苦悩を苦しみ  為に苦しみ  為にずいぶん苦しみ  あなたはだれよりもお苦しみ  肉体的に苦しみ  言葉に苦しみ  美代子は突然うーむと苦しみ  夜なかから五人が苦しみ  中で苦しみ  境遇に苦しみ  ひとりで苦しみ  不条理に苦しみ  婦人作家は苦しみ  蛭に取り付かれ苦しみ  風霜に苦しみ  競争から党争に久しく苦しみ  われ貧に苦しみ  婦人も苦しみ  患者は苦しみ  から、どんなに苦しみ  今に当って苦しみ  此度はそうお苦しみ  階級が、あまりに多く、そしてあまりに苦しみ  金に苦しみ  それで苦しみ  身も心も切り刻まれるほど苦しみ  不足に苦しみ  自分で苦しみ  ラッセルに苦しみ  登りに苦しみ  彼女は苦しみ  吐き気に苦しみ  色彩について実に苦しみ  得もいはれぬ苦しみ  今まで苦しみ  発熱悩乱の苦しみ  点で苦しみ  笑ひに苦しみ  心を苦しみ  変化に苦しみ  悔恨に苦しみ  床に苦しみ  高熱に苦しみ  疼痛に苦しみ  ために絶えず苦しみ  下にあって苦しみ  視力障害に苦しみ  高血圧に苦しみ  十日ばかりは苦しみ  驚風にかかって苦しみ  矢傷に苦しみ  彼を苦しめたよりも更に深く苦しみ  無事に苦しみ  しみを苦しみ  抑圧に苦しみ  つけに苦しみ  ともに苦しみ  たびに、悶え苦しみ  自分でも苦しみ  魂が苦しみ  八年も苦しみ  痛みに苦しみ  出処に苦しみ  欠乏に苦しみ  悩みに苦しみ  仲間の苦しみ  右衛門はひどく苦しみ  板挟みになって苦しみ  みんなが苦しみ  心も共に苦しみ  思案に戻って苦しみ  水呑百姓をして苦しみ  こと、飲んでは苦しみ  なかで苦しみ  少女の、少しは苦しみ  鶴見が苦しみ  身を以て苦しみ  吐気を催して苦しみ  前に苦しみ  妻はまだ苦しみ  妻は苦しみ  中に生まれ出ようと苦しみ  ように、もがき苦しみ  毒に苦しみ  のどをかきむしり、苦しみ  脇腹をおさえて苦しみ  仕掛を与えておいて下さると見えて、苦しみ  上に苦しみ  理解に苦しみ  彼等何を苦しみ  掟米が納められずに、苦しみ  心臓に苦しみ  船室で苦しみ  一人だけ苦しみ  病気に苦しみ  間私は苦しみ  人も少からず苦しみ  幹だけはいかにも苦しみ  國惡政に苦しみ  一晩眠れずに苦しみ  皆は苦しみ  真意を知るに苦しみ  あたしは随分苦しみ  八年間も苦しみ  原田ほどはお苦しみ  死なんばかりに苦しみ  了解するに苦しみ  毒をあおいで苦しみ  年月を苦しみ  人たちが、ひどく苦しみ  幻聴に苦しみ  貧乏に苦しみ  ムカムカ吐き気に苦しみ  義理に苦しみ  瘧に苦しみ  窮乏に苦しみ  負担増加に苦しみ  いまお苦しみ  途に苦しみ  厚意に報いんとはすらんなど、人知れず悶え苦しみ  糊口に苦しみ  重荷に苦しみ  支配されて苦しみ  供給に苦しみ  途を選んで苦しみ  明恵が苦しみ  慈円が苦しみ  体にしみて苦しみ  はつて苦しみ  仕事に対しての苦しみ  健康障害に苦しみ  tobeornottobeと苦しみ  社会的にも苦しみ  どんなにか苦しみ  いずれも苦しみ  昨夜はずっと苦しみ  艱難を苦しみ  半生を苦しみ  横暴に苦しみ  病気、なかなか苦しみ  

名詞

苦しみ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
苦しみを闘っている  苦しみを苦しみうるという  苦しみに二とおりありまして  苦しみもがいて捜しているけれども  苦しみは一人の人の心の中にある  苦しみの存在している  苦しみとの表現であらう  苦しみの中にもがいて居なければならぬ  苦しみに優るとも劣る  苦しみもなくなり  苦しみを訴へる  苦しみをごまかす  苦しみをして死んだ  苦しみをなし  苦しみを見るに見かねて  苦しみに苦しみ抜いた  苦しみはせずにすんだ  苦しみを冒して  苦しみよりもむしろ虚偽と不誠実との刺激に苦しみもがいていた  苦しみを強くしなければならなかった  苦しみはこれから起ります  苦しみに堪へ兼ねて  苦しみを続けていらっしゃる  苦しみの只中にあって  苦しみの中の平安を与えてくれる  苦しみに堪えたと呼ぶ  苦しみは直ちに生の苦しみであるとは言えない  苦しみが人格の苦しみに根を持つ  苦しみになる  苦しみはただ根にのみ関する  苦しみを底まで深く苦しめ  苦しみを経験し  苦しみをよそにして  苦しみにより一層豊饒にし  苦しみを忘れる  苦しみにあえぐ  苦しみの中におさえていた  苦しみは忘れられないが  苦しみを顧みない  苦しみを味わってきた  苦しみの為に生れて来た  苦しみを苦しみ  苦しみを感じさせられている  苦しみと悲しみとに落ちこんでいかねばならぬ  苦しみとを考えてみただけでも  苦しみを喜ぼうとしている  苦しみということを一方では厭い  苦しみはすれ  苦しみと悲しみとを己がものの如くに見  苦しみを止める  苦しみを癒してくださる  苦しみを体験した  苦しみがなくなる  苦しみを消してくださる  苦しみや悩みを消していただく  苦しみから人間を救う  苦しみを軽くしていただけるかと  苦しみも樂しみも知らぬ  苦しみを堪へてきた  苦しみは見っとも  苦しみを戦つてゐた  苦しみから逃れます  苦しみと悩みの中をお迷いになったに  苦しみ遊ばしたと申し上げました  苦しみをなめる  苦しみがいつも生じます  苦しみと悲しみから脱する  苦しみに瘠せました  苦しみと淋しさを分かっていた  苦しみをもって  苦しみも悲しみも忍び受ける  苦しみは少ないのだと思う  苦しみがある  苦しみを免れている  苦しみの一つとして母がこのことで苦しむ  苦しみは払い落す  苦しみを嬉しと見しも  苦しみを受けなければならなかった  苦しみが増すばかりだった  苦しみを持つ  苦しみをけっして不必要に長びかせない  苦しみを味はされた  苦しみを増し  苦しみを感じてゐる  苦しみを嘗めてゐた  苦しみを歌ひ上げた  苦しみもしないで寝ている  苦しみはどうなる  苦しみを助けてくれ  苦しみをああいう  苦しみになり  苦しみを泣いて  苦しみをどこかへおいて来てしまっている  苦しみをしている  苦しみを続けながら  苦しみに感動して  苦しみ迷うだろうと思います  苦しみを冷然と眺めていると  苦しみなどする  苦しみをしているという  苦しみに人民はどんなにもがいたかしれなかった  苦しみはすぐ治まった  苦しみを受けなくてはなりません  苦しみは去らなかった  苦しみもがいて死んでいった  苦しみを犯しても  苦しみは日ましに深くなった  苦しみはいまアナタにお詫びして許していただく  苦しみというものを過当に見る  苦しみをそっくりそのまま味わせてやりたい  苦しみよりかいま少し余計に苦しんでいる  苦しみを苦しまなければいけない  苦しみが沈潜して  苦しみが分って貰えないかと  苦しみをます  苦しみのない静かな水の底に柔い  苦しみや歎きや怖れや憧れを持つ  苦しみをしたのよ  苦しみがあり  苦しみにも堪ええない  苦しみに陥っている  苦しみを救わんとする  苦しみを救わんが  苦しみも永劫に救われはしない  苦しみを増した  苦しみに陥  苦しみをわけ持ちたいと思った  苦しみは認めては  苦しみを忍んで  苦しみで済むとは  苦しみのないらくらくとした  苦しみを経て来たかと云う  苦しみを持って居る  苦しみの最中に在る  苦しみが目前に脅して居る  苦しみ弱る兵らに向い  苦しみも及ぼさずに行える  苦しみを抱いて居る  苦しみに同情する  苦しみは彼にはなんの事をも意味しないであろう  苦しみの中から生きようとしてもがき通した  苦しみの真の姿を見た  苦しみを受けた  苦しみは幾分でも味わせまいという御決心をなさいました  苦しみはもうすみました  苦しみからあなたをお救いする  苦しみをあたくしに  苦しみに話が触れる  苦しみもせずに  苦しみが減る  苦しみを除いて  苦しみをなめます  苦しみにいたずらな煩悶をする  苦しみに投げこもうと  苦しみを与えましたが  苦しみをともにせよと  苦しみをなされている  苦しみをして  苦しみを受けてしまったわ  苦しみもしたし  苦しみから救われず  苦しみに出  苦しみがみな忘れてしまえる  苦しみのたねは尽きぬ  苦しみを見せつけられるからである  苦しみを描いてゐる  苦しみは一定の法則を破つた  苦しみは目前の飯を食はうとすれは  苦しみを感じない  苦しみの中にも芥川氏自身の苦しみを感じずにはゐられないが  苦しみは同時に彼の感じた  苦しみを訴えました  苦しみを理解しない  苦しみには堪えられません  苦しみから逃れられない  苦しみをしてる  苦しみをかけるよりは  苦しみの漠然たる志向に追われ  苦しみを空想的にしか捉える  苦しみに陥れる  苦しみに陥り  苦しみを自分の身に分かつ  苦しみは洩  苦しみを重ねもしたし  苦しみをさがして来る  苦しみでなくてはならぬ  苦しみに触れる  苦しみを彼にはだんだん享楽する  苦しみを感じた  苦しみ多き人間として生活する  苦しみに對して  苦しみ悶えてゐる  苦しみを何としよう  苦しみをしない  苦しみと悲しみがあなたを囲んだ  苦しみを嘗め知らざる  苦しみの汗を流す  苦しみを負わされている  苦しみから遁れて  苦しみを恐れてはならない  苦しみを抱く  苦しみを感じはじめる  苦しみもだえていた  苦しみというよりも  苦しみを与える  苦しみをした  苦しみは忘られ  苦しみは一息のように過ぎ去るだろうという  苦しみを救う  苦しみの胎の内でこの両極の双生児が絶えず争っていなければならないという  苦しみから私は悪魔ではなくて天使として出て来たであろう  苦しみが私をおそう  苦しみというものがある  苦しみを女の体にあたえる  苦しみを身体に背負い込んだ  苦しみが積み重なり  苦しみの底に在りし  苦しみに一部分同感して  苦しみに代る  苦しみの面をも絶頂的に扱われた  苦しみを嘗めずにすんだ  苦しみをしても  苦しみを無駄にしない  苦しみにも艱難にもめげて  苦しみを致します  苦しみになっているとばかり見えます  苦しみの今日以上かさまぬ  苦しみ通してゐる  苦しみにも左程動かされてもゐないらしい  苦しみを彼女に与へたので  苦しみに打ち克たしめ  苦しみをよそに見てゐる  苦しみを見捨て  苦しみを恩に被る  苦しみも続くだらう  苦しみの中にもつと進み入るか  苦しみの材料になる  苦しみをわすれて  苦しみを救ふために我身の犠牲を当然とする  苦しみを知る  苦しみを静かに押し流しながら  苦しみを自分の肉体に齎そうとは  苦しみをする  苦しみをみせていた  苦しみを話して  苦しみをしました  苦しみを感じてゐた  苦しみの為に恐れた  苦しみを辛抱してゐましたが  苦しみの中に夢みられ  苦しみを牛が味わっているかという  苦しみはせぬかと  苦しみや喜びを感じた  苦しみも現れていない  苦しみをこらえているよりも  苦しみを耐えしのべといって下さいまし  苦しみにも耐えて  苦しみにも耐えようとしています  苦しみにゆがんだ  苦しみをこらえながら  苦しみに對する  苦しみを免れ  苦しみが初めてこれで救はれた  苦しみなどはまるきり忘れてしまって  苦しみはとても名状が出来ぬ  苦しみが子供達までそんな悲しい気持にさせて仕舞った  苦しみに打ち勝ち得る  苦しみを少しも感じた  苦しみをいつになったら晴らす  苦しみはまた急によせ返して来た  苦しみもがく姿を見ると  苦しみが如何に悽愴たるものがあるかは  苦しみを十分に察してやらなければなりません  苦しみを幾月か辛抱し通して  苦しみもし  苦しみは増すばかりと気がついた  苦しみとを訴えて  苦しみから抜けて行きたい  苦しみを与へてはならない  苦しみが過ぎ去るまでは  苦しみを二重にするばかりですわ  苦しみを和らげてやる  苦しみが余り大きくなりすぎたら  苦しみの半分を背負うだけの  苦しみを味わった  苦しみをうける  苦しみにくらべては  苦しみを解脱する  苦しみつつあると  苦しみを与えた  苦しみから遁れられるか  苦しみのしや  苦しみ羽ばたきする  苦しみが助かる  苦しみを嘗めた  苦しみを嘗めねばならぬであらう  苦しみを經て生きて  苦しみを嘗めねばならぬであろう  苦しみに浸りきらずに置く  苦しみを楽しんだ  苦しみがあれば  苦しみの最中に珍しく倉地が尋ねて来た  苦しみにおとしいれた  苦しみもがく様子を見て  苦しみを重ねた  苦しみの如き  苦しみに苦しんで居るにも拘わらず  苦しみや涙や歓びやなどを想像し  苦しみを感じ出した  苦しみを刻みつけたり  苦しみと邪魔をすると思った  苦しみから遁れる  苦しみにも酬いられる  苦しみを最高の形で表現している  苦しみが堪らなく  苦しみを救つて下すつた  苦しみを持つた  苦しみに参つてゐた  苦しみを見る  苦しみを負つてゐる  苦しみからのがれようとしないで  苦しみに甘んじる  苦しみをすこしでも軽くできたらと  苦しみは一層つのるばかりな  苦しみもそのもだえも  苦しみはせ  苦しみにもなりませんでした  苦しみやら男に對する  苦しみがあつたにしても  苦しみがあるではないか  苦しみが深くかれ  苦しみをそれで蔽うてゐるが  苦しみを捨て去る  苦しみのない昔は好かつた  苦しみは殆どもたなかったに  苦しみに堪えられなくなったので  苦しみとを感ずる  苦しみや涙があろうとも  苦しみと憧れとを訴えずにいられなかった  苦しみが伸子の魂に焙りついた  苦しみを和げられながら  苦しみは皆我々が十五年前に通って来た  苦しみを嘗めて来た  苦しみを与えるだけですから  苦しみは思っても  苦しみを嘗め尽していた  苦しみを一度經驗して馴れてしまへば  苦しみのなかに生きている  苦しみの何割かを減らす  苦しみも悶えも  苦しみの骨に食い入る  苦しみを忘れて  苦しみをお受けにならなければなりませぬ  苦しみもだんだん耐えがたいようなものではなくなって来た  苦しみが襲って来るかという  苦しみを考える  苦しみに力強く堪えてゆく  苦しみにさんざん出遭った  苦しみが自分にハッキリ分らぬ  苦しみをし  苦しみをしたという  苦しみを解決しようとして働いている  苦しみから生き抜いていく  苦しみ出しはじめたの  苦しみが軽くなる  苦しみから逃避したかった  苦しみもだえてみせる  苦しみでなくなっていた  苦しみを訴えて迫るし  苦しみとともに自分も苦しみたい  苦しみでもします  苦しみを経てへと  苦しみでいつ  苦しみにみちていた  苦しみ或は不平に堪へ  苦しみさえ求めずにはいられない  苦しみにつきおとしている  苦しみや不便に耐えながら闘っていると思います  苦しみを一手に引受け  苦しみは自分一人で背負っていると言った  苦しみに悶掻き返り  苦しみや悲しみにも忽ち自れを失い  苦しみが不断に彼らにある  苦しみの声を聞いた  苦しみの痕をめったにあとへ残さない  苦しみが減るかもしれない  苦しみをなさしめたといふ  苦しみがつづいている  苦しみを舐めて来た  苦しみもがいている  苦しみに置かれている  苦しみを語っていた  苦しみはすぐに消えた  苦しみの日を送らなければならなかった  苦しみを共にし  苦しみをあたえているかを見るべきである  苦しみを和らげて下さいましと頼んでいた  苦しみと心細さとのなかではあったが  苦しみと愛とで恐らく私の生活の価値は徐々に築かれて行くだろう  苦しみを味はひながら  苦しみの根源に向つて赤裸々なる批評を加へる  苦しみに終止符を打てば  苦しみが私をたまらなく魅したほど  苦しみ抜いて死ぬのよ  苦しみにもさしての労りも示さなかった  苦しみに堪えねばならない  苦しみの去った  苦しみの外に何にもないといふやうな詰らない  苦しみが与へられる  苦しみを刻まねばならぬ  苦しみも忘れて  苦しみに陥る  苦しみを忘れ  苦しみもがいてもがいて  苦しみなんかをチョンびりも知らない  苦しみ悶えるような色をうかべ  苦しみと喜びをはじめて知った  苦しみに耐えながら  苦しみや楽しみをわかち合い  苦しみと楽しみをわかち合い  苦しみにもがいている  苦しみのためにゴルフ場を覗きに行かねばならない  苦しみに面した  苦しみを味わうのみでなく  苦しみを取り除こうとする  苦しみを感ずる  苦しみを恐れる  苦しみのうちに明かして  苦しみというのかも知れない  苦しみはすべて家臣が引き受ける  苦しみを自分ひとりが背負った  苦しみに疲れはてて  苦しみを招いた  苦しみに身体もちぢまる  苦しみにぶっつかって  苦しみもがくことに妨げられて  苦しみが狂言ではないかも知れぬが  苦しみを外へ現わさないではいられない  苦しみはありませんでした  苦しみをみずから求める  苦しみはやや軽くなったけれど  苦しみが退いたので  苦しみを與へる  苦しみは實際よりもひどく見える  苦しみを癒さうと  苦しみにさいなまれて待つてゐた  苦しみを凌いで  苦しみを明日まで一寸伸ばしにしただけだ  苦しみをポツリポツリとわたくしにきく  苦しみであり悩みであると告白した  苦しみをうちやぶる  苦しみ悶えている  苦しみをして来た  苦しみから救い出したい  苦しみを受けねばならぬぞよ  苦しみ呻いている  苦しみをも見て  苦しみをかきながら  苦しみと言いますか  苦しみを背負わされている  苦しみが今日二倍三倍ものをいって  苦しみもがきながら  苦しみを嘗め  苦しみから脱れる  苦しみをながめて  苦しみは遁がれましたよ  苦しみもした  苦しみをいつまで見ていようとする  苦しみを二重にする  苦しみと悲しみとを最早偽りの事実としてみなくてはならなかった  苦しみを続ける  苦しみをお雪に訴える  苦しみが少ないのだと思っていた  苦しみを背負わされずにもすんだ  苦しみにでも堪えられる  苦しみを新たにする  苦しみにもめげず  苦しみにつけ  苦しみで到頭死んでしまいました  苦しみにもだえた  苦しみをも取り除いてくれる  苦しみをよほどまぬかれていました  苦しみというものはわかりませんのね  苦しみだけでも先生のような方の御耳に入れて  苦しみを見もしない  苦しみのなかにも安心を與へてくれる  苦しみにさいなまれた  苦しみは消えない  苦しみをなめている  苦しみは三時間つづいた  苦しみも生きて残る  苦しみは死守する  苦しみや悲しみ疲れを思出した  苦しみがいつまでも續いたら  苦しみがいつまでも続いたら  苦しみをするくらいならば  苦しみをみて  苦しみ悩んでいる  苦しみを訴え  苦しみが甞め足りぬ  苦しみでもあります  苦しみの表情が出て来た  苦しみに行く  苦しみと悲しみはへりはしない  苦しみにさらされている  苦しみを語らなかった  苦しみを重ねても  苦しみとか恐れとかいう残酷の名を付けるには  苦しみを分って貰おうかと思った  苦しみになっていた  苦しみの御模様に拝され  苦しみに耐え通してゆく  苦しみもある  苦しみを増すばかりだ  苦しみも憤りもなけ  苦しみをして居な過ぎる  苦しみをわりあいに平気で過している  苦しみうめいている  苦しみに比ぶれば  苦しみはいうまでもありません  苦しみはなくなるぞ  苦しみに満ちている  苦しみもあり  苦しみはないと思っていましたが  苦しみを救いたいという  苦しみはキッとある  苦しみはいうまでも  苦しみや懊悩を他人に打明け  苦しみもだへる  苦しみの中にもだえているし  苦しみの彼方に妻はもう一つ別の美しい死を招きよせるかもしれない  苦しみに揉まれてゆく  苦しみは少し鎮まっては  苦しみを訴えだした  苦しみにいても  苦しみを取戻さねばならない  苦しみとお互の憐れみの  苦しみに負けて死ぬ  苦しみなき町中の住居こそ夏はかへつて物干  苦しみを経ても  苦しみであるとは言え  苦しみでこの作品を書きあげた  苦しみを伴なった  苦しみはしまい  苦しみの出処を知れば  苦しみを身体の一部分に封じ込める  苦しみは彼の肉体を啄んだ  苦しみも受けない  苦しみを受け  苦しみを和らげた  苦しみは忍ぶに  苦しみを知った  苦しみと祈願があった  苦しみを救いつつ  苦しみは父を尊敬する  苦しみにほとんど気づかなかった  苦しみにおいて自分の母を呼びかける  苦しみを忍びながら  苦しみが彼にはあった  苦しみは皆ぼくが喜んで  苦しみも起らぬ  苦しみの涙は自分から遊離して  苦しみは感じたくても感じられない  苦しみを含む  苦しみを与う  苦しみを甞めさせられたが  苦しみはどこにもあるし  苦しみとひたむきに戦わなかったか  苦しみの壺といったような悲しみの歌を読むと  苦しみを多少経験した  苦しみにばかり没頭して  苦しみの荷の一部を肩から降ろして  苦しみがよくわかっていたから  苦しみを親切に気の毒がってくれ  苦しみを身に引受けてやりたい  苦しみを乱されない  苦しみを知っていて  苦しみをかきまわそうとは  苦しみとはよく蘇った  苦しみとは未来の方をながめていて  苦しみも空気もない閉じこもった  苦しみをさせようと思って  苦しみをおのれに背負う  苦しみに喘いでいる  苦しみに身をもがいている  苦しみと新しい希望とを与えた  苦しみに堪えられなかつたと思うわ  苦しみの中から初めて光を認め  苦しみと憎悪を感じさせ  苦しみだと言います  苦しみでもあり  苦しみなくしては  苦しみの中に強く楽しみを捜しています  苦しみを楽しむのでなくしては  苦しみを楽しむという  苦しみを苦しみと感じ  苦しみを楽しむだけの  苦しみだけを高唱している  苦しみを楽しみうる  苦しみのためにまだ青ざめていましたが  苦しみを知つてゐるかの  苦しみにあがきもがきながら  苦しみからとはいいながら  苦しみを自分が背負う  苦しみを味わわせられ  苦しみうけて相果てた  苦しみほど身に徹える  苦しみを受けようとも  苦しみの方をより多く心配した  苦しみを多く嘗めたが  苦しみの方へ向かって行く  苦しみもそれに加わっていた  苦しみが去ったら  苦しみのうちにもっと真面目にならないで  苦しみや困難を語った  苦しみを思っては  苦しみから和らいだ  苦しみを医する  苦しみの責をたがいに  苦しみは喜びに劣らず  苦しみをそこに見出すだろうか  苦しみ抜いて死んで行く  苦しみ悶えさせて殺そうとした  苦しみをしたと思って居る  苦しみをのがれる  苦しみが有って  苦しみをさせる  苦しみに際して  苦しみを苦しんだ  苦しみは私の成長を助けてくれるであろうと思った  苦しみを誤魔化す  苦しみは仕ない  苦しみをお察し下さるかも知れませんが  苦しみを混乱させているが  苦しみを重ねて  苦しみと体のいたさとを我慢しなければならなかつた  苦しみをこれから出来るだけ  苦しみを逃れた  苦しみに堪へつづけた  苦しみを隣の婆さんにさへ  苦しみを堪へしのんだ  苦しみのうちに陥ってる  苦しみにひざまずいて祈る  苦しみのことはもはや考えていなかった  苦しみをさらに増させる  苦しみの理由は多くあったにもかかわらず  苦しみの種をおっしゃってくださいね  苦しみから気がそらされた  苦しみ他日人を慰めてくれる  苦しみにも同情し得る  苦しみを神にささげた  苦しみから多少気をそらす  苦しみを与えたくなかった  苦しみを続けて来た  苦しみを救って  苦しみを救って下さる  苦しみを訴えるつていう  苦しみは軽蔑する  苦しみにゆがんでいる  苦しみの中に在って  苦しみがおさまったので  苦しみを続けなければならなかった  苦しみは解る  苦しみに比べて  苦しみは何時になつて治るか知れないし  苦しみをも友とともにする  苦しみを思うと  苦しみを恥ずかしがっていたから  苦しみをかけた  苦しみを多くになって  苦しみを与えられたとしても  苦しみが過ぎ去ると  苦しみを感じないで  苦しみを身を以て苦しみぬいた  苦しみを紛らせていた  苦しみを感じていた  苦しみには何の変化も与えなかった  苦しみを紛らす  苦しみにせめぬかれた  苦しみするのを自然は見ている  苦しみを覚えた  苦しみにたいすると  苦しみを少し和らげてやると  苦しみの反映が現われてる  苦しみを供物として神へささげていた  苦しみの種をいくらも見つけるだろうよ  苦しみを打ち明けた  苦しみで幸福を購ってやった  苦しみから彼を解放してくれる  苦しみを書きしるした  苦しみのことも考えた  苦しみを察していた  苦しみを知りました  苦しみを忍びきれなかったでしょう  苦しみを苦しんでるではありませんか  苦しみに満ちてる  苦しみをすべて一身に引き受けた  苦しみを奪われる  苦しみをほんとうに感ずる  苦しみをも感じられない  苦しみのために鋭敏になってる  苦しみの中では息がつけなかった  苦しみを読み取った  苦しみはございますまい  苦しみを味っている  苦しみの間から人間の情緒が汗のように出るね  苦しみをするという  苦しみを受けて  苦しみにはあまり注意を払わなかった  苦しみのためにもせよ  苦しみと闘い  苦しみの前から逃げるどころか  苦しみを捜しにかかった  苦しみを少なくしようと努める  苦しみを覚えていた  苦しみを忘れた  苦しみを見守った  苦しみを自分の身体に与えた  苦しみを感ずるだけの  苦しみと残虐との総和を減ぜんとする  苦しみでいっぱいになった  苦しみを表現する  苦しみを与えたくは  苦しみに紛れて  苦しみはそれによって慰められるであろうがと思って  苦しみは紛らし  苦しみを少しでも軽くする  苦しみを助けた  苦しみを忍び怒れり  苦しみにもだえ始めた  苦しみになった  苦しみよりも私にはあなたと離れている  苦しみをするに  苦しみに堪えられないと思う  苦しみをなめて  苦しみの記録の片端でもお聞きくださいませんか  苦しみを一時的に慰めてもらおうとするだけですよ  苦しみが加えられている  苦しみをさせている  苦しみをなめていた  苦しみを味わう  苦しみを紛らわす  苦しみを買う  苦しみを訴えなかった  苦しみを和らげる  苦しみを語った  苦しみから花を咲かすでしょう  苦しみはしなかった  苦しみ年老いてきた  苦しみも喜びとなった  苦しみをさらに募らせない  苦しみもしなかったし  苦しみを救わせられたき  苦しみがどんなものかは知らないが  苦しみもありました  苦しみをアヤ子に与える  苦しみに囚われている  苦しみが見えた  苦しみになって  苦しみをそのあとで感じる  苦しみを経験して  苦しみを訴えた  苦しみばかりをせねばならぬ  苦しみもしていなかったが  苦しみもなく眠るがごとく  苦しみのお心に余ります  苦しみをなだめる  苦しみを負っている  苦しみを彼らに与えてやろう  苦しみに身を浸す  苦しみを覚える  苦しみをしてゐる  苦しみをなめてゐるから  苦しみさぞかしと思へ  苦しみも時には味わう  苦しみを抱きながら  苦しみや愁いくらいは驚きゃしないから  苦しみと痛みを相手にたたかった  苦しみを一週間に引延すだけの  苦しみに輪を掛けた  苦しみに超えた  苦しみをかくし  苦しみや悲しみなどはあり  苦しみが強く来ました  苦しみば苦しんでる  苦しみと歓喜とに触れ  苦しみ暗から暗へ葬られてゐた  苦しみを訴える  苦しみを長くさせて  苦しみのつづいていた  苦しみに落した  苦しみをあんまり繰返したくない  苦しみは言語に絶してきました  苦しみは判る  苦しみをするぐらいなら  苦しみを嘗めているか  苦しみから免れられるかもしれない  苦しみを嘗めてきた  苦しみを日々に嘗めてきた  苦しみを嘗めなかったとは  苦しみとは何のために経験されている  苦しみを与えて  苦しみから救われ  苦しみの有しに  苦しみを味わいました  苦しみがないでせうし  苦しみを訴えず  苦しみが迫って来ても堪る  苦しみもなくのんきに育てられた  苦しみに襲われはじめた  苦しみを分ち  苦しみを味つてゐる  苦しみをしつつ  苦しみ通していた  苦しみの漲った  苦しみもなくなる  苦しみの書であるとしか感じられない  苦しみの文学としか読み  苦しみとをふりしぼって  苦しみと悲しみとはこの自信と戦い  苦しみを重ねても育てていかなければならないなどと考へた  苦しみでも俺あ耐えて行く  苦しみを兄と共にするであらう  苦しみの中に人類の進む  苦しみは一定の法則を破った  苦しみは目前の飯を食おうとすれば  苦しみにあったか  苦しみを余処にのんべんだらりとしては  苦しみは私の一生の悲劇を暗示している  苦しみもなく大学を卒えた  苦しみは目前の飯を食はうとすれば  苦しみの原因が全く莫迦げたものに思はれる  苦しみを苦しんだという  苦しみの原因が全く莫迦げたものに思われる  苦しみを逃れる  苦しみは何にたとえ  苦しみの救ひを  苦しみの夜通し吸つたメタン瓦斯を吐いてゐる  苦しみもなくなりました  苦しみからはじめてマナイタが救はれた  苦しみを余り受けなかった  苦しみを経た  苦しみを探す  苦しみに悩む  苦しみとに堪えかねて  苦しみをおぼえて  苦しみを察しているらしく  苦しみのドン底とを束にして  苦しみもがいてゐる  苦しみとはまつたく  苦しみだけは學生時代から隨分甞めたやうなことを言つたことがある  苦しみをもっている  苦しみはその一家だけが背負う  苦しみはとりのぞかれる  苦しみはなくなります  苦しみは幼時から私に物事を深く考へさせる  苦しみや喜びに共に心を痛め  苦しみを背負ってやる  苦しみにぶつかる  苦しみを味はなくて濟すであらうから  苦しみだと思う  苦しみになったでしょうね  苦しみは身に沁みて  苦しみに堪えてゐるらし  苦しみに鍛錬されながら  苦しみをしょっていなければならない  苦しみを積ねた  苦しみを味つてゐた  苦しみや涙が誘う  苦しみを受ける  苦しみはしない  苦しみと一緒にひっくるめて感じてゆく  苦しみが増大するにつれて  苦しみから逃れる  苦しみは一掃されてしまいました  苦しみで又うなされた  苦しみをひどくした  苦しみを現わしている  苦しみを共に分かたずにいられない  苦しみと苦しみを救おうとする  苦しみを軽くする  苦しみの多いのを知り  苦しみから救う  苦しみと同じなんだよっておっしゃるけれど  苦しみに遭おうと  苦しみを今こそ思ふ  苦しみを持たない  苦しみは当然僕も負担すべきだ  苦しみを感ずるだけで  苦しみは彼をして  苦しみを嘗める  苦しみと矛盾にみちた  苦しみも告げ  苦しみを語る  苦しみのなくなった  苦しみを経験した  苦しみを耐える  苦しみが怖ろし  苦しみに傷んだ  苦しみを堪え忍んだ  苦しみを堪え忍ぶ  苦しみを隠してきた  苦しみを表はすかも知れない  苦しみの予感だけしか考へる  苦しみを助けてよ  苦しみの泥沼に深く落ち込むばかりだ  苦しみをなめさせた  苦しみから救われる  苦しみに締めつけられた  苦しみに背中を大波のやうに動かしながら  苦しみとたたかう  苦しみを殆ど耐え難く思います  苦しみを苦しみ合い  苦しみであるべき行為をもなお快楽として酔わしめる  苦しみ悶えた恐ろしい死相がじろり茂子をみた  苦しみに打ち克って来た  苦しみ通して死んでしまった  苦しみと君の嘗めなくてはならぬ  苦しみをなくしようとしている  苦しみに打ち克つ  苦しみを逃れたか知れません  苦しみを見抜かれ  苦しみを了解した  苦しみをなくしようとしたって  苦しみに反照して  苦しみが脱却される  苦しみは話するだけで  苦しみと歓びとを深い夜に包んだ  苦しみも忘れてしまふ  苦しみにたえかねて  苦しみをこの身に衝けたい  苦しみも従って  苦しみの肯定に立って  苦しみを割合浅いところで見ている  苦しみの運命に縛りつける  苦しみをおぼえた  苦しみをあえて表には出さなかった  苦しみは永久に終ってしまった  苦しみから眼を移して  苦しみの後に地獄の鬼どもの眼の前に現われた  苦しみを表わしている  苦しみだけの関係においてではあったが  苦しみはたとえ  苦しみ悶えたりしないで  苦しみを感じるかもしれないし  苦しみを感じたが  苦しみを救済したいと  苦しみそのために死んでしまいました  苦しみになったでしょう  苦しみを増す  苦しみから遁がれ出たい  苦しみのあまり哀れな譫言を口走り  苦しみなぞというものは自分一人のものだけでさえ手に剰っている  苦しみを夫婦で凌ぐのに  苦しみを経験せない  苦しみを一人の男へ訴える  苦しみが和らげられる  苦しみに叫んだ  苦しみを察してくれる  苦しみもがくのを見て  苦しみに堪えてきた  苦しみを思ふと  苦しみのために香潮の身体は見る見る  苦しみが除れてしまいましたから  苦しみは見られませぬ  苦しみに何層倍した  苦しみに直面させられた  苦しみはちょっと除れなかった  苦しみがだいぶ退いた  苦しみも去った  苦しみができた  苦しみを含んでいる  苦しみがわからない  苦しみをのがれようとして  苦しみを嘗めに来  苦しみに色づけられた  苦しみも知らない  苦しみに入る  苦しみは救ひ  苦しみを感ぜずにはゐなかつたであらう  苦しみを受けている  苦しみをしてまで寝てゐる  苦しみがあるであろう  苦しみの根はなくなる  苦しみに対応して  苦しみをともにする  苦しみが私をあまり圧迫する  苦しみだけはもう少し楽にしてやりたいと思うがね  苦しみからにじみ出た  苦しみを語っているという  苦しみは芥川より単純だと云っている  苦しみがにじみ出ている  苦しみをなさっている  苦しみを経て  苦しみのうちにうとうととしていると  苦しみがもうたえられなくなった  苦しみがわかる  苦しみに同情しているなどと  苦しみになりまして  苦しみの表示の中にその影をひそめている  苦しみをも苦しまうとした  苦しみが伴はうとも  苦しみもせず  苦しみに堪える  苦しみが当然であることを感じている  苦しみを私の上に置く  苦しみによる認識ということが描かれている  苦しみは描いて居りますが  苦しみが映っていると信じます  苦しみが映っていて  苦しみが時代のものであるということがどの位語られているか  苦しみは深まる  苦しみを忍ぶ  苦しみを償うて  苦しみを悦ぶ  苦しみあがきながら築きあげた  苦しみと歓びのごちゃごちゃになった  苦しみはこの転向の二三年後に初まった  苦しみのいずれからも脱れる  苦しみや努力を見脱してしまう  苦しみと努力とに対するいささかの同情も同感も現われていないからである  苦しみも霧散し  苦しみを与えられた  苦しみにかへるや  苦しみは汝をわが記憶より奪へるか  苦しみはわが心をいたましめ  苦しみは大いなる審判の後増すべきか減るべき  苦しみも汝の怒りにふさはしき痛みにあらじ  苦しみのためいたくまどひて  苦しみをまさんとて  苦しみに導き  苦しみの場所と兩義に通はして  苦しみに堪へ  苦しみの大なるは  苦しみを嘗めさせて迄  苦しみを知ってくれなかったから  苦しみを鐵砲で首尾よく仕返しをしたといふ  苦しみをもひき起こしていない  苦しみのなかにもほのぼのとした  苦しみを受けつつあったか  苦しみとせず  苦しみを感ぜしむ  苦しみにたへかねし  苦しみをもて  苦しみをうけ  苦しみの中より救ひいだ  苦しみをかろ  苦しみて口と目を過ぎぬ  苦しみと願ひの  苦しみを脱して  苦しみ甚だ大なるを聞きて  苦しみによりて  苦しみを訴ふ  苦しみによりて清まる  苦しみに堪へずして  苦しみを最後まで倶にする  苦しみをうくとの  苦しみをいひあらはせるなり  苦しみ最も大なりし  苦しみを最も切に感ずる  苦しみはやんでいたが  苦しみだけを残す  苦しみもしくは楽しんでる  苦しみも起らなかった  苦しみあらゆる虚僞不徳不明あらゆる爭鬪破  苦しみは身にしみて覚えている  苦しみを人知れず感じた  苦しみに堪へし  苦しみいかばかりなるやを思へ  苦しみの世にくだり  苦しみをうけざりし  苦しみをわが身に知らせ  苦しみ多き生涯によりて  苦しみに臨み  苦しみの中にて寶を天上に貯へしなり  苦しみさまようことに興味を持って居るかの  苦しみをなめなければならなかつた  苦しみが女の方にはるかに強かったということも想像せられる  苦しみを数え立てていては  苦しみを数へ立ててゐては  苦しみを現わして居た  苦しみの烈しければ烈しいほどその求めてゐる  苦しみとなって  苦しみや涙の嬉しいことを私に教えて  苦しみとおしてなくなってしまいますから  苦しみをのがれて  苦しみを救い  苦しみを伝染させたくない  苦しみも厭ふまい  苦しみを耐えなければ  苦しみの物語化した  苦しみを絞り出している  苦しみを堪えてゆこうと  苦しみの中からあらゆる術策が生れてくる  苦しみを味ひたくない  苦しみに血を流す  苦しみに堪へきれなくな  苦しみが苦しみを生み  苦しみを苦しみ抜いて  苦しみにたまりかねて  苦しみに打ちのめされては  苦しみはしないとおもう  苦しみや楽しみの中にそだっていった  苦しみがかぎりなく書きつけてある  苦しみの中に依然として浮き沈みしてゐる  苦しみは察しられます  苦しみを味はなければならなかつた  苦しみのうちにこそまたわれわれの楽しみがある  苦しみに忍ぶ  苦しみが人を刺激しないではいません  苦しみを耐え  苦しみも妻の美しい笑顔に逢えば  苦しみも無いような澄んだ  苦しみを幾度もいく度も突き抜けて来た  苦しみやたのしみは  

~ 苦しみ[名詞]1
建設の苦しみを  心の苦しみは  心の苦しみという  高尚なる苦しみを  わけにはゆかない苦しみ  のにという苦しみ  現実にある苦しみは  現実の苦しみの  悲しみや苦しみから  時の苦しみは  努力と苦しみとの  ブラックホールの苦しみに  馬鹿な苦しみが  仮面の苦しみも  七顛八倒の苦しみを  兄さんの苦しみを  春から苦しみに  地獄の苦しみ  絶望の苦しみ  家族の苦しみを  肉体の苦しみよりも  刺激に苦しみもが  不思議な苦しみは  私は苦しみに  句作の苦しみと  臨終の苦しみを  製作の苦しみは  #生の苦しみ  製作の苦しみが  価値ある苦しみは  お前の苦しみを  愛が苦しみ  人が苦しみを  日の苦しみを  大変な苦しみの  他の苦しみを  永久の苦しみも  人間は苦しみの  すべての苦しみを  沢山の苦しみや  めやすから苦しみを  悩みと苦しみとを  愚かな苦しみを  ためには苦しみ  悩みも苦しみも  喜びも苦しみも  肉体の苦しみという  嘆きに苦しみは  人の苦しみと  注射をして苦しみを  子の苦しみを  人間の苦しみを  地上的な苦しみや  親の見ておれぬ苦しみ  肉体的な苦しみから  家庭生活の苦しみも  自分の苦しみは  最期の苦しみを  此の苦しみから  近火ぐらいの苦しみを  身に苦しみが  多元の苦しみが  生涯は苦しみと  さまざまな苦しみと  さまざまの苦しみに  一緒に流されて苦しみと  後悔の苦しみを  永久的な苦しみが  夕なぎの苦しみを  歴史的な苦しみの  後の苦しみを  縄目の苦しみを  心の苦しみを  嫉妬の苦しみは  嫉妬の苦しみが  のに堪えられぬ苦しみを  数日の苦しみの  愚かな苦しみ  彼の苦しみを  絵に対する苦しみとか  あとの苦しみは  ための苦しみの  マリアの苦しみを  決算をしなければならない苦しみを  つた彼自身の苦しみを  静かに苦しみも  後に残ったものの苦しみは  まゆみは苦しみ  己の苦しみを  人間性の苦しみと  得恋の苦しみは  気違いじみた苦しみを  わたしの苦しみに  源次の苦しみを  失恋の苦しみなど  時以上の苦しみを  塗炭の苦しみに  病の苦しみか  玉音の苦しみは  私は死ぬほどの苦しみを  支配を受けて苦しみ  何んな苦しみを  人の苦しみという  私の苦しみを  私の苦しみよりかい  昔から苦しみばかりの  高価な苦しみを  互の苦しみを  永久に苦しみの  わけの分らない苦しみや  大次郎の苦しみが  断末魔の苦しみに  天下の苦しみを  百姓の苦しみを  塗炭の苦しみも  心に苦しみを  悲しみも苦しみも  主の苦しみを  自分の苦しみを  これだけの苦しみで  位の苦しみを  希望と苦しみ  病気や苦しみの  真個に苦しみの  不安と苦しみも  兵燹の苦しみも  人間的心の苦しみに  刑罰や苦しみは  矛盾だらけの苦しみの  民衆の苦しみの  幾分でも苦しみが  塗炭の苦しみを  姉さまには病む苦しみを  以上の苦しみを  わたしの苦しみ  あなたの苦しみでは  戦禍の苦しみから  京子は苦しみ  種類の苦しみに  悩みや苦しみが  血を絞る苦しみを  数ほど苦しみの  爲の苦しみを  與へる苦しみは  餓鬼道の苦しみは  格別跋渉の苦しみを  氣狂じみた苦しみの  芥川氏自身の苦しみを  中に見出した苦しみは  彼自身の苦しみ  お前の苦しみも  此の苦しみには  贅沢な苦しみを  百姓に苦しみを  不幸と苦しみが  不幸と苦しみの  不幸や苦しみを  どころの苦しみでは  こととて苦しみは  多くの苦しみを  間の苦しみ  魂の苦しみに  刺戟と苦しみを  意識しながら苦しみ  病人が苦しみ  戦傷不具者の苦しみと  生みの苦しみを  者の苦しみを  内面的矛盾の苦しみの  異常な苦しみを  痛みや苦しみから  子供は苦しみの  疑いと苦しみを  自覚して苦しみを  死刑以上の苦しみでは  ポンコツの苦しみと  どれ丈の苦しみを  すべての苦しみは  私の苦しみは  ような苦しみを  悲しみや苦しみを  意識という苦しみの  生との苦しみから  人の苦しみを  これほどの苦しみを  変身の苦しみが  真の苦しみという  ように苦しみを  沢山の苦しみが  人類最高の苦しみ  男の苦しみに  つて郡民塗炭の苦しみに  相剋の苦しみの  のが絶えざる苦しみの  隣人の苦しみの  死や苦しみを  其位な苦しみを  家族の苦しみの  こと欠いて苦しみ  皆んなの苦しみにも  やうな苦しみを  人達の苦しみを  逸子の苦しみを  逸子の苦しみは  多くの苦しみが  今までの苦しみを  致命傷だったと見えて苦しみ  一杯になっていた苦しみを  疼痛に苦しみ  死以上の苦しみを  私たちだけにわかる苦しみ  七転八倒の苦しみを  口では言えないほどの苦しみを  刹那の苦しみの  神経痛を始めて苦しみは  心の苦しみや  迫害されたりする苦しみを  ような苦しみにも  肩をかかえられて苦しみを  經濟の苦しみに  經濟の苦しみを  沮喪の苦しみが  經濟の苦しみが  病気の苦しみなどは  只生活の苦しみが  生活の苦しみに  生活の苦しみを  胸の苦しみは  老人の苦しみも  哥になるまでの苦しみを  ような苦しみも  母の苦しみは  づなの苦しみを  片山の苦しみを  片山の苦しみが  松子さんの苦しみは  心にいだく苦しみに  ときの苦しみを  二重の苦しみを  切実な苦しみの  束縛を脱し得ないで苦しみ  世界の苦しみが  者が苦しみを  世界への苦しみが  彼は生き死にの苦しみを  作品に対する苦しみも  母親の苦しみや  ような苦しみの  死刑囚の苦しみの  悶々の苦しみに  悲しみと苦しみでは  人々の苦しみや  直接的連想の苦しみ  重みと苦しみを  様様な苦しみと  いまの苦しみにも  知識人の苦しみを  待されるといふ苦しみが  さうな苦しみ  何とかの苦しみと  君の苦しみを  妙子の苦しみは  張りも悶えも苦しみも  身の苦しみも  身の苦しみやら  何んな苦しみが  戀の苦しみが  悲しみと苦しみとが  いままでの苦しみも  伸子は苦しみに  痛みと苦しみとを  自分の苦しみと  夫の苦しみが  肉体的の苦しみを  喜びや苦しみを  恋の苦しみの  当事者の苦しみも  彼らの苦しみは  自業自得の苦しみの  浮世の苦しみの  胸の苦しみを  同様の苦しみを  咳の苦しみの  咳の苦しみが  間うけた苦しみを  病気の苦しみに  悲しみや苦しみに  間の苦しみという  私をしめつけて来て苦しみ  私は苦しみから  私には苦しみ  武蔵の苦しみとともに  特殊な苦しみを  心すまぬ苦しみで  タンたる苦しみに  無聊に苦しみ  悲しみや苦しみさえ  悲しみや苦しみの  人民を苦しみにつき  目前の苦しみや  日本の苦しみは  悲嘆の苦しみに  地下の苦しみが  彼の苦しみの  快活に帰って苦しみの  断末魔の苦しみの  いくらか苦しみが  性欲的の苦しみを  これは苦しみ  断末魔の苦しみが  肉体的な苦しみ  精神的な苦しみを  一番の苦しみ  時の苦しみを  自分以上に苦しみもが  無辜の苦しみに  うえわたくしの苦しみを  私の苦しみと  自責の苦しみが  自分とを欺かねばならぬ苦しみを  私の苦しみで  ことの苦しみに  恋の苦しみを  妻の眠られぬ苦しみにも  糊口の苦しみを  陣痛の苦しみを  顔を見て苦しみを  鯉が苦しみもが  床柱へ押しつけられて苦しみも  生活の苦しみなんかを  ような苦しみ  芸術の苦しみと  重圧の苦しみに  女工の苦しみの  ホントの苦しみ  人生の苦しみと  人間たちと共に苦しみや  人間たちと共に苦しみと  牢獄に居る苦しみで  兄さまの苦しみを  人の苦しみに  倫理的な苦しみを  死の苦しみという  大男には死ぬ苦しみという  世の苦しみを  今日の苦しみを  それぞれの苦しみに  最大の苦しみに  あらたな苦しみを  一面の苦しみは  熱があるだけ苦しみも  七転八倒の苦しみ  來た苦しみを  恐怖の苦しみに  阿鼻叫喚ともいうべき苦しみを  教育への苦しみと  悩みと苦しみを  自分たちの苦しみ  火傷をしながら苦しみ  地獄の苦しみを  世界の苦しみを  手を逃れようとして苦しみ  樂しみをも苦しみをも  火水の苦しみとは  作家の苦しみと  奴隷同様の苦しみを  産みの苦しみは  悲しみもし苦しみも  もろもろの苦しみと  彼女の苦しみを  肉が苦しみも  方が苦しみが  一かたならぬ苦しみに  #モルヒネ中毒による苦しみとの  火傷の苦しみにも  十年間の苦しみ  一晩の苦しみで  失恋の苦しみに  貧乏の苦しみをも  一つ一つの苦しみは  本当の苦しみという  その間の苦しみだけでも  あんたの苦しみを  最初から苦しみ  者の苦しみは  人知れない苦しみを  彼の苦しみは  吉川の苦しみも  俺の苦しみは  日々の苦しみや  悪寒がして苦しみ  芸術家となって苦しみ  胸をかかえて苦しみ  塵の苦しみを  灰だらけにする苦しみは  肯定の苦しみを  日本の苦しみと  労働賃銀の苦しみに  油を絞るほどの苦しみ  悔恨の苦しみを  一種の苦しみに  人間として苦しみを  まんなかで苦しみ  玄奘三蔵渡天の苦しみに  経済上の苦しみは  人間としての苦しみ  共通の苦しみ  無益の苦しみは  衆生の苦しみを  ための苦しみは  自己の苦しみは  内心の苦しみが  真実の苦しみに  いろいろな苦しみの  前にある苦しみの  妻の苦しみは  あたりの苦しみを  中の苦しみに  玄奘三蔵渡天の苦しみが  ような苦しみと  #肉身を洗うの苦しみと  おれ自身の苦しみに  藪蚊の苦しみ  もうこの苦しみは  陣痛の苦しみ  #君自身で癒さなければならぬ苦しみ  へんな苦しみで  必死に苦しみもが  肉親の苦しみを  おれも苦しみは  彼と苦しみとの  痛切な苦しみを  残忍な苦しみは  なんの苦しみも  種々な苦しみを  良心の苦しみを  心配と苦しみ  貧民窟を訪うて苦しみを  一番の苦しみは  自尊心の苦しみに  臨終の苦しみにおいて  それが苦しみの  それにもまさった苦しみが  ように唸ってる苦しみの  失恋の苦しみを  覊絏の苦しみを  生活の苦しみは  らが苦しみの  自分の苦しみにばかり  彼女は苦しみの  彼女の苦しみが  クリストフとの苦しみを  不正の苦しみを  無駄口で苦しみを  クリストフの苦しみを  中の苦しみを  愛と苦しみとは  人間が苦しみに  自分をいつわる苦しみに  これを苦しみ  苦しみを苦しみと  制作の苦しみだけを  拝し得られぬ苦しみは  今の苦しみの  殉教の苦しみを  貧ゆえの苦しみからとは  旅の苦しみを  主人が苦しみも  焦熱地獄の苦しみ  恋の苦しみほど  恋愛の苦しみや  自尊心を傷つけられる苦しみを  新たな苦しみの  生活の苦しみも  彼に苦しみを  今の苦しみを  自分の苦しみや  母に与える苦しみを  自分の苦しみにたいする  彼女に苦しみを  自分の苦しみの  動きのとれない苦しみを  目前の苦しみを  容易ならぬ苦しみが  様な苦しみを  餓死の苦しみに  それは苦しみを  これほどまでに苦しみは  彼の苦しみや  私の言う苦しみを  楽しみと苦しみを  のどかはきの苦しみと  恥と苦しみを  留守居役の苦しみを  経験する苦しみ  浅薄な苦しみ  孤独の苦しみに  無駄な苦しみ  人に語れない苦しみ  自分の苦しみから  人とともに苦しみ  致命的な苦しみ  他人の苦しみにも  若者の苦しみに  自分自身の苦しみから  数年間の苦しみの  相手へ苦しみを  自分の苦しみとして  ような苦しみは  君の苦しみ  魂を噛む苦しみが  伴ふ苦しみ  朝の苦しみは  彼らが受けた苦しみを  千倍もの苦しみを  嫉妬の苦しみを  友の苦しみを  僅かに苦しみを  彼の苦しみには  いろいろの苦しみを  ことをしたという苦しみに  人間の苦しみの  他人の苦しみに  他人の苦しみを  肉体上の苦しみよりは  いっしょに戦い苦しみ  内心の苦しみの  自分の苦しみで  圧倒してくる苦しみから  オリヴィエの苦しみの  夫婦生活の苦しみを  夫にかけた苦しみを  歯痛の苦しみをも  楽しみや苦しみを  さにまさる苦しみは  時の苦しみに  有ゆる苦しみを  可能にしようとする苦しみの  他人の苦しみには  彼は苦しみを  世の中の苦しみを  古来の苦しみの  数時間眠って苦しみを  不思議な苦しみを  人間の苦しみよりも  胸が苦しみで  人を思う苦しみは  昨年来の苦しみは  誇張されて苦しみを  飢餓の苦しみを  ものの苦しみを  生みの苦しみに  これ以上の苦しみを  何の苦しみよりも  時以来の苦しみの  贖罪の苦しみを  時に笑われぬ苦しみを  みずから求めて苦しみを  過去の苦しみを  彼女らの苦しみから  私とともに苦しみ  かくて苦しみも  彼は苦しみも  万民塗炭の苦しみを  心身の苦しみが  そうな苦しみが  何の苦しみも  んだ苦しみに  ことを聞いても苦しみを  必要な苦しみを  人々の苦しみ  馬鹿な苦しみを  前には知らぬ苦しみ  身体にもさわるほどな苦しみも  内に苦しみを  今日の苦しみが  三日で済む苦しみを  民の苦しみに  程深刻な苦しみ  生活の苦しみや  人よりも苦しみが  火の苦しみば  世界の苦しみと  泣き悲しみむだに苦しみ  しゅくしゅく鳴きながら苦しみを  敵前上陸に劣らぬ苦しみ  二階梯子も昇れない苦しみの  彼らは儲けているという苦しみと  ものもたべられなかった苦しみを  勤労人民の苦しみは  死の苦しみを  摸索と苦しみとは  経験する苦しみと  これ以上の苦しみから  死の苦しみが  七轉八倒の苦しみで  さまざまな苦しみを  心中に苦しみが  これで苦しみ  自嘲と苦しみの  女の苦しみも  女の苦しみの  心全身のよろこびと苦しみとを  恋の苦しみと  生死の苦しみを  云ふ苦しみを  地獄の与える苦しみは  人生の与える苦しみは  東京の苦しみを  夜の苦しみは  地獄の与へる苦しみは  人生の与へる苦しみは  そこからつくられた苦しみを  窮乏から来る苦しみを  生活の苦しみの  ロレツの廻らぬ苦しみの  心配も苦しみも  漂ふ苦しみから  戦争の苦しみを  ゃばの苦しみを  病いにさいなまるる苦しみを  病いにさいなまるる苦しみとに  玉藻の苦しみ  区長の苦しみの  群が死にかけながら苦しみもが  僕の苦しみとは  のが堪えられない苦しみ  俺だけの苦しみじゃ  何億の苦しみ  經濟上の苦しみだけは  経験している苦しみは  いふ内心的の苦しみは  #からだの苦しみにまで  僕は苦しみを  ほんとの苦しみに  左程苦しみを  事の出来ない苦しみ  複雑な苦しみに  境地から苦しみに  一つの苦しみを  なり生活の苦しみを  私たちを苦しみや  気がつかないでもとんだ苦しみを  悲しみや苦しみと  すべての苦しみや  方の苦しみが  上は苦しみから  得もいわれぬ苦しみさえ  今までの苦しみは  僅かの苦しみにも  罹災者の苦しみへの  苦しみと苦しみを  現実の苦しみから  お産をする迄の苦しみと  あなたの苦しみを  君の苦しみは  凡ての苦しみは  轍鮒の苦しみを  容赦ない苦しみと  意味する苦しみを  上の苦しみの  ひそかな苦しみを  さまでの苦しみも  二年の苦しみを  偽善者たるの苦しみから  逸作は苦しみに  末は苦しみに  互いの苦しみを  さは苦しみ  妻の苦しみ  それらの苦しみに  子宮癌で苦しみ  己の嘗めて来た苦しみと  人間全体の苦しみを  迫害や苦しみの  内に苦しみに  どれ程苦しみを  少年に苦しみを  尾沢の苦しみを  自分の苦しみに  悲しみと苦しみと  ために受けた苦しみは  民衆の苦しみを  知性の苦しみも  脱しようという苦しみの  私を来るべき苦しみの  傷に負けない苦しみを  子の苦しみは  #私の苦しみとは  心の苦しみから  悲痛な苦しみの  海の苦しみの  ほんとうに苦しみを  歓びと苦しみだけの  不安な苦しみは  絶叫しながら苦しみ  おれの苦しみの  渇きの苦しみを  運命におかれた苦しみの  死にも勝る苦しみ  文章を生む苦しみを  産みの苦しみ  母の苦しみを  胸の苦しみが  上の苦しみは  今までの苦しみに  胃の苦しみも  相応の苦しみが  強制的の苦しみを  楽しみよりも苦しみ  人間の苦しみに  彼の苦しみも  永遠の苦しみに  我々人間の苦しみは  貴方がたの苦しみを  胸を圧せられる苦しみが  さや苦しみの  人びとの苦しみに  ほんとうの苦しみから  女の苦しみを  有島の苦しみは  樣な苦しみを  そうな苦しみの  妊娠十箇月の苦しみを  小便の苦しみがも  女の苦しみが  彼の苦しみに  相当の苦しみ  労働の苦しみの  三重の苦しみは  それによって苦しみも  自己反省の苦しみを  比べものにならないほどの苦しみを  受刑者の苦しみによる  女の苦しみは  私の苦しみが  人間の苦しみは  意味での苦しみを  ために苦しみを  以て苦しみを  二つの苦しみの  長所や苦しみや  者の苦しみと  厳粛な苦しみを  犠牲と苦しみが  多くの苦しみにか  汝のうくる苦しみは  汝の苦しみは  苛責の苦しみは  新なる苦しみと  苛責の苦しみも  林の苦しみに  淨めの苦しみを  後の苦しみは  もの苛責の苦しみに  音にてしられ苦しみの  鐵砲で受けた苦しみを  栴檀功徳仏を希うて苦しみ  主人公の苦しみの  何の苦しみをも  不幸や苦しみの  死をも苦しみと  苛責の苦しみを  一三二眞ならざる苦しみを  #眞の苦しみを  二七等しからざる苦しみを  中にうくる苦しみの  己が苦しみを  淨むる者の苦しみ  苛政の苦しみを  悔恨の苦しみに  漂流の苦しみを  從つて淨めの苦しみを  ボニファキウスの苦しみを  饑渇の苦しみを  人間としての苦しみは  積極的に苦しみの  両者全部が苦しみ  針で突いたほどの苦しみも  悲しみや苦しみは  読書の苦しみは  上の苦しみに  汝の苦しみ  地獄に降りて苦しみを  肉體に宿りて苦しみを  受難の苦しみを  母産の苦しみに  矛盾の苦しみの  肉体の苦しみと  種々な苦しみや  病気で苦しみと  この世の苦しみを  病人の苦しみを  寂寞の苦しみを  仕事に苦しみは  成年戒の苦しみの  最後の苦しみを  楽しみもあれば苦しみも  失望の苦しみを  誤謬との苦しみに  決心がつかない苦しみの  業病の苦しみに  苦しみが苦しみを  僕の苦しみが  お詫びをしようかという苦しみだけ  誰にも打ち明けられぬ苦しみを  声をもつて苦しみを  声をもって苦しみを  心の苦しみに  一人で苦しみは  目をおおいたい苦しみが  無駄な苦しみを  ことにも苦しみ  直前に感じた苦しみの  あなたの苦しみは  一通りならぬ苦しみを  のは考えるに堪えない苦しみ  インテリゲンツィアの苦しみや  妻としての苦しみや  上の苦しみ  死ぬるほどの苦しみを  当時の苦しみや  

~ 苦しみ[名詞]2
およそ苦しみ  この苦しみ  その苦しみ  こんな苦しみ  真に苦しみ  ながい苦しみ  そういう苦しみ  女らしい苦しみ  あの苦しみ  やりきれない苦しみ  一層苦しみ  ない苦しみ  そんな苦しみ  もし苦しみ  あらゆる苦しみ  高い苦しみ  なく苦しみ  ずいぶん苦しみ  其の苦しみ  そうした苦しみ  あまったるい苦しみ  甘い苦しみ  決して苦しみ  激しく苦しみ  何やら苦しみ  却って苦しみ  こういう苦しみ  ひどい苦しみ  どんな苦しみ  長い苦しみ  大きな苦しみ  近い苦しみ  やがて苦しみ  多き苦しみ  荒い苦しみ  人間らしい苦しみ  手痛い苦しみ  つらい苦しみ  どんなに苦しみ  烈しい苦しみ  快い苦しみ  難い苦しみ  重い苦しみ  大きい苦しみ  さして苦しみ  恐ろしい苦しみ  こうした苦しみ  まだ苦しみ  幾らか苦しみ  共に苦しみ  畢竟苦しみ  いろんな苦しみ  つまらない苦しみ  なき苦しみ  新しい苦しみ  耐えがたい苦しみ  果たして苦しみ  どうして苦しみ  単なる苦しみ  たとい苦しみ  いかなる苦しみ  はげしい苦しみ  酷い苦しみ  黙々と苦しみ  つと苦しみ  同じ苦しみ  黙々たる苦しみ  深い苦しみ  ようやく苦しみ  堪えがたい苦しみ  悪い苦しみ  苦々しい苦しみ  大して苦しみ  たいした苦しみ  おんなじ苦しみ  それほど苦しみ  かく苦しみ  激しい苦しみ  やっぱり苦しみ  それだけ苦しみ  ひもじい苦しみ  こんなに苦しみ  たぶん苦しみ  かの苦しみ  早く苦しみ  たえず苦しみ  かえって苦しみ  何たる苦しみ  まるで苦しみ  大いなる苦しみ  わが苦しみ  深き苦しみ  

複合名詞
肉体的苦しみ  これ以上精神的苦しみ  ぐらゐの苦しみ  苦しみぐらゐはいくらでも  苦しみ我儘  苦しみ續  苦しみ悩み  大変苦しみ  苦しみ方  苦しみ盗み  悲しみ苦しみそれ  嘆き苦しみ  苦しみ惱む  大分苦しみ  苦しみ越方  ゃる苦しみ  苦しみ愛情  苦しみすべて  日ごと苦しみ  苦しみ乍ら  苦しみ等  苦しみとも  苦しみ乍らうろ  悲しみ苦しみ  苦しみ合  苦しみ出し  苦しみ庸三  苦しみやう  苦しみそのもの  此苦しみ  苦しみ惱ん  苦しみ悲しみ  悩み苦しみ  苦しみよう  苦しみ樣  へん苦しみ  夜苦しみ  二日二晩苦しみ  苦しみ甲斐  苦しみ悲  苦しみはじめ  年中ピーピー苦しみ通し  苦しみ様  苦しみ怪我  苦しみ奇蹟  苦しみ相果て候由  苦しみ拔  苦しみ怒り  苦しみ死  ごと苦しみゆ  みな苦しみ  苦しみ明  ほど苦しみ  苦しみ通し  苦しみかた  結局苦しみ  苦しみ四年  苦しみ楽しみ創造  苦しみ奮闘  苦しみつて言  三日苦しみ通し  不断苦しみ  十二分の苦しみ  苦しみ反逆  苦しみ苦しみ  莫迦げた苦しみ  みち苦しみ  大変苦しみ空腹  つて苦しみ  みずから苦しみ家人  人間的苦しみ  苦しみ流離  苦しみ惱  苦しみ共  重き苦しみ  苦しみムダ  二一苦しみ  魂苦しみ  苦しみ其二  苦しみ乃ち自責  一一一苦しみ  自ら苦しみ  苦しみ一方  夜一夜苦しみ  



前後の言葉をピックアップ
来島  苦しまぎれ  苦し紛れ  くるしみ  苦しみ  くるしむ  苦しむ  くるしめ  苦しめ  苦しめよ


動詞をランダムでピックアップ
侍れかき回さ睨み付ける殺気だち投げこんならわせかこたしい傭う生き返らわななか延びる夢みれ折り込ん入浸っ意気込も靡か移り変わっ食すれ掴まろ
形容詞をランダムでピックアップ
堅くっかがやかしいしんきくさあぶなかっ堅ううるわし白くっ酷けりゃいざとくとおからしめっぽい甘かろわびしけれ面白けれ見苦しいともきはれがましく危ううわりな残多い