「芥川」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

芥川[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
芥川と云う  芥川の二氏の如く決然自殺をする  芥川の書斎には先客があった  芥川に原稿の強要をしていた  芥川は中央公論にも書かなければならないし  芥川は二枚では小説にならないといった  芥川は書けないといい  芥川の断り  芥川のように高飛車に断われる  芥川は旭日的な声名があったし  芥川の原稿を喜んで読んだ  芥川の原稿は継ぎ張りを施した  芥川はそれを破棄しないで  芥川としてはその労の十分の一の報酬も得られなかったくらいである  芥川の神経には堪らない  芥川とは交際しなかった  芥川と交際し始めた  芥川と親しくしたと思っている  芥川に師事し  芥川の気に入らぬ  芥川だけには一度もこの速達を出した  芥川に迷惑をかけた  芥川に何も尽す  芥川が神経衰弱に悩みながら  芥川の説に承服しなかったが  芥川の死ぬ  芥川にはまったく気の毒で芥川と直面する  芥川と残って話す  芥川は僕と話したい  芥川はぼんやり応接室にしばらく腰かけていたという  芥川が来訪した  芥川が僕の不在中に来た  芥川の来訪を全然知らなかった  芥川にもっとも接近していた  芥川よりも文学のこととして不健全な低下を示していると  芥川に人世に対する好みがあって  芥川や太宰の本はもう見られなくて  芥川や太宰はもうお読みにならない  芥川も太宰もでてこない  芥川や太宰を読む  芥川の自決を決定したという  芥川の苦悩がまるで解っていない  芥川の連中が加わる  芥川の河童かなんかが言い  芥川の用いた探  芥川も日和に過ぎつつ  芥川より先へは進み出るなと制しておけ  芥川の死は人生と芸術の大きさに対する確信がこめられていました  芥川の甥の葛巻義敏がゐて  芥川にくらべれば  芥川だけは見て貰わなかった  芥川にしては  芥川はその小説の内容を詳しく紹介しているので分った  芥川に褒められた  芥川に見せた  芥川も非常に褒めているから  芥川もその間に自殺していたので  芥川のなかに潜んでいた  芥川の扱いかたに似ているが  芥川とどんなに相反する  芥川はあのような生涯をとじ  芥川の作品は銀のピンセツトで人生を弄んでゐる  芥川の文学に共感する  芥川の援助をも乞うて  芥川が止りとなった  芥川と一緒に海岸を歩いていた  芥川のように相当の仕事をする  芥川の死後に発表された  芥川を訪ねてきて  芥川が読んでみると  芥川がきくと  芥川が返事に窮してゐると  芥川の残した  芥川の場合はさういふ  芥川もまた間違つてゐた  芥川の場合より深刻な内容をもつてゐる  芥川の自殺のことを書かうとした  芥川にも似た  芥川にしても  芥川の死後は芥川家を代表して  芥川の書斎でいつも芥川に敵意をいだいてゐた  芥川の家へやってくる  芥川があまりの事にぼんやりしていると  芥川はその質問に返事する  芥川の書斎から立去った  芥川の死後に発見された  芥川が突き放された  芥川の想像もできない  芥川はその根の下りた  芥川のすぐれた  芥川の場合のように突き放される  芥川の家へやつてくる  芥川があまりの事にぼんやりしてゐると  芥川の書斎から立去つた  芥川の場合のやうに突き放される  芥川より単純だと云っている  芥川の芸術を殆んど愛してゐませんでした  芥川がその原稿を読んでみると  芥川が返答に窮してゐると  芥川はその場にまとまつた  芥川は晩年に至つてはじめて自らの教養の欠如に気付いた  芥川のやうに同じ失意や敗北感も知性の極点のものを駆り立てて  芥川ほど誠実無類な敗北をしても  芥川の自殺の外見が示した  芥川のそれよりも悲痛なものだと思ひ  芥川と同様に江戸時代の戯作者達も女占師の敵意の視線をシュバリエもどきの軽快さで洒脱にかはす術にたけてゐたでせう  芥川は女占師の敵意の視線をかはす  芥川の場合に比べてあるひは  芥川が臆面もなく小僧のやうに木登りをしてみせる  芥川は不均斉を露出する  芥川が彼を評して  芥川はあくまで歴史小説をかいた  芥川を死なさせた  芥川はモラルと芸術性をあの時代らしく対立させ  芥川の性格を浮出させようと  芥川の全貌はもっとはっきりしたであろう  

~ 芥川[名詞]1
日の芥川の  滝田哲太郎氏ほど芥川の  気にする芥川が  僕は芥川とは  僕が芥川と  僕は芥川の  ことで芥川の  方が芥川に  自分は芥川に  気の毒で芥川と  一度などは芥川は  僕に芥川が  活躍する芥川の  それと芥川や  それは芥川の  一人に芥川の  久米と芥川と  それを芥川に  ことでは芥川の  どこで芥川の  今度自分は芥川の  農民作家が芥川を  のかねと芥川が  方が芥川の  前に芥川の  私は芥川の  原稿は芥川の  うちに芥川の  苦しみは芥川より  自殺には芥川の  中では芥川が  頃私は芥川の  あれは芥川が  晩年の芥川の  

~ 芥川[名詞]2
どうしても芥川  たしか芥川  はじめて芥川  既に芥川  いつも芥川  時々芥川  

複合名詞
芥川龍之介  芥川さん  芥川竜之介  芥川氏  芥川氏自身  文士芥川龍之介さん  芥川龍之介さん  独り芥川氏  芥川龍之介印刷人  芥川来訪  久米芥川両氏来訪  流行作家芥川龍之介  芥川自身  大正八年芥川  通り芥川  芥川家  芥川龍之介書翰集  つて芥川さん  芥川さん自ら  芥川龍之介身  芥川龍之介論  芥川君  芥川的教養  州芥川  作家芥川  芥川その他  親友芥川比呂志  芥川警部  芥川龍之介氏  辞芥川龍之介  昭和二年六月二十日芥川龍之介  芥川竜之介氏  芥川竜之介君  忘レルモノカ芥川龍之介先生ハ  芥川氏一流  いつか芥川さん  春芥川君  芥川龍之介先生  芥川文子あて  芥川龍之介随筆集  故人芥川氏  芥川全集  芥川龍之介君  昔芥川龍之介  芥川さんくら  芸術家芥川氏  故人芥川龍之介  へん芥川さん  芥川さん制服  芥川的風格  芥川龍之介EOS  俳人芥川龍之介論  芥川氏等  芥川はま  今日芥川  夏芥川龍之介  芥川龍之介三十六  芥川全集普及版  昨今芥川龍之介  才人芥川氏  芥川の  芥川信著行刑衛生  芥川竜之介論  芥川龍之介的  



前後の言葉をピックアップ
悪僧  アクソン  アクタ  悪態  アクタイオン  芥川賞  アクタモクタ  あくたれ  悪たれ  悪たれ


動詞をランダムでピックアップ
啼いすれあう折り返すふりまわせる受け止め言いあえいそぐ賺し畏まりたどるもらわ愁え熔け洩る押し迫れ吸取る憎がっ吐かす用い切り離す
形容詞をランダムでピックアップ
弱かっ良かっ興味深かっあやしく懈く悪かろ居たたまらなく懐しき暑うひどくやかましゅうひやっこいわるかっ善い弱く辛し快くこわき虚しい