「色づき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 色づき[動詞]
柿が色づき  さらされて、赤く色づき  青や、色づき  紅葉が、なるほど、美しく色づき  一群れ秋空に色づき  つた水準では未だ漸く色づき  水準ではまだようやく色づき  葉が色づき  一帯に漸く色づき  存外に色づき  檸檬が色づき  実がようやく色づき  えび蔓實ぞ色づき  田は現に色づき  稻は程よく色づき  萩が咲いて居て、やや色づき  ように色づき  水色に色づき  実が色づき  左手は、色づき  黍が色づき  野趣にみちて色づき  光線のやや色づき  梢少しく色づき  唐辛子が色づき  みもいくらか色づき  陶然と色づき  禿天窓てらてらと、色づき  房をなして色づき  葉は色づき  梅疑色づき  稲、黄いろく色づき  秋になると、赤く色づき  乳の色づき  そこには見えないが、色づき  木の葉が飛び廻り、色づき  蜜柑が漸く色づき  舞台は色づき  梢は薄く色づき  



前後の言葉をピックアップ
いろづい  色づい  色付い  色づか  いろづき  色付き  いろづく  色づく  色づけ  色付け


動詞をランダムでピックアップ
立行け糺せ擦り込みはきかける問いつめすておけ畳みかけふてとりむすば差支えはね返さはじき返す学べるこぐらか詰ら熟する書留め食いつぶす悖るちっ
形容詞をランダムでピックアップ
臭い冷たかっ夥しかっ危なかろ容易侘しき押付けがましいよそよそしいのろわしい小高いとおい生新しいまるっこい手緩かっ心強き極まりな酷し強から小気味よいいぶせい