「至」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 至[動詞]
老いの既に至    

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
至つたかといふ歴史を回想すれば  至に堪えんくらいの  至て不毛の地が出  至てはMS君の云はるる通りでせう  至つてみると  至なりと笑ふ  至つたかと申す  至正庚子の歳に当る  至つたといへよう  至ては健にして  至つたものと思はれる  至つたことを明に示す  至らしむれば  至と云うので  至だと思ふ  至重至大の一転機を画した  至のように思われますが  至つたものと見るべきであるが  至つたものと解すべきである  至れるをまるで我々が時々欧羅巴の画人を羨望さへ籠めた子供つぽい感嘆を交へて話すと  至ては天台を侵略した  至だと思う  至つたのでその筋に於いては  至れるを看破してこそ  至に堪えない  至ては人これに酔狂すれども  至れるを見て  至れるは驚くべし  至ては元來優劣なしとするも  至ては皆同一にして  至つたかの筋みちを短篇小説に描いた  至つたかと想ふ  至に堪えません  至ても僕は悔いない  至ては上等の企て及ぶ  至てはかかる  至ては上士の短所なるを以て  至ては手業の外に商売を兼ね  至てこれを見れば  至ては稀に上下相婚する  至てまよふ  至れる事あり  至て終に表を捧げて  至ては十中八九までは政党内閣論に傾き  至れるを知らざるなり  至ては十中八九までは政黨内閣論に傾き  至つたものに出  至つたかと云ふ  至て兩爲メと相成り  至て立派なる情愛にうつり  至て近くなりまして  至て明晰にして  至つてよくみる  至れるが如き観あれども  至て考へて見れば  至れるわれらをして  至つたかといふことに就ては僕の甚だ知りたい  至て其意志を読む  至つたらうと想像しても  至つたものであらう  至て公卿風を嫌ひし  至ては麥作も能く  至て未だ郡吏だとか何だとか云ふ  至に候えども  至つたことを思ひますと  至て無造作な猟師の鳥屋のようなものが立っていた  至は五泉家にとつて遠い姻戚に当る  至が少しも変つてゐない  至が肉づいた  至の心が傾いて  至にさ  至の焦慮を消極的に鞭うつので  至は自分の居間に充てられた  至は思ひ  至を波だたせた  至が蚊遣りに  至にお湯をすすめて  至は大分長いあひだ籐椅子を動かなかつた  至の席と李子の間には何の遮る  至の眸に酬いるので  至つたわれ  至つたものであるかといふことを順を追ふて  至元二十年に遼東の按察使となった  至難い芸だとか聞いていた  至までの道程を描きたる  至つたことを非難してゐる  至れるは頗る喜ぶべきの  至ては先づ広漠無量の事実に通ぜざるべからず  至ては進化抔いふ  至て始めて生じた  至ては凡て自由に左右する  至て始めて生ずる  至ては是れは實に人間が全く自然力を制し得る  至ても全く同一樣であつて到底微塵も自由意思のあるべき  至ては意識上明かに目的がある  至つてい  至れるものありや  至れる由來を以てし  至れるを指せりといふ  至醜のものと雖も小美の時無くばあらず  至れるに彼さらに驚かず  至れるをいふ  至れるならざる  至て谷中村の堤防が切れた  至真至誠なる朋友を得て  至れるを見たるより  至し発願して  至し廻向して  至て地図の道とは全然違っている  

~ 至[名詞]1
地位に至  喜劇が生ずるに至  元の至  膾炙せられるに至  称ばれるに至  慨嘆の至に  心事も至て  四隣は至て  誦持するに至  読誦せられたる至  議論を生むに至  亡國に至  二十三年に至て  云ふに至ては  石器に至ては  者あるを見るに至  言辞は至て  端々に思ひ至  由気の毒の至  愚の至なりと  用ひられるに至  子供は至て  跡を断つに至  對立するに至  爲すに至  世祖の至  それは至  事態をまねくに至  加味するに至  詩人の至  一半島たらしめるに至  根絶するに至  すに至  昇殿を許されるに至  告ぐるに至  新政を離れるに至  給ふに至  潰走するに至  時勢を眺め得るに至  めんとするに至  表現とを示すに至  一足飛びで駆け込むに至  生活を営むに至  安静なるに至  今日に至ては  ものを生ずるに至  侵略するに至  印綬を領するに至  実証するに至  発見するに至  併行するに至  至難にして至  ことの至  不束の至と  驚愕恐懼の至に  気の毒の至  軽蔑するに至  生涯に至  拝命渡韓するに至  不可思議の至の  希望の至に  今日に至  づるに至  無理の至かと  残念の至に  誤謬を犯すに至  勝川春章の至  産を破るに至  淨土眞宗に至ては  風教を害するに至  一廓をなすに至  極處に至  気の毒の至に  呈するに至  遊蕩を難ずるに至  交換するに至  概觀するに至  實現するに至  妍なるに至ては  もつに至  審美的価値を失ふに至  三戸だけは燃え上るに至  惹起すに至  贏得するに至  価値を見出すに至  税を課すに至  我等の至  盛況を見るに至  順帝の至  皆此考を以て起つに至  其功用に至ては  此に至て  其目的に至ては  ために役立つに至  結果に至  占むるに至  稱せらるるに至  国中にもてはやされるに至  研究評論をするに至  明かにするに至  行はれるに至  意味するに至  感謝の至に  強盗罪を犯すに至ても  末流に至ては  技芸に至ては  ことに至ては  近年に至ては  今日に至て  遺憾の至  感情を持つに至  はつきりと感じるに至  決心するに至  爰に至て  窮迫を告げるに至  十時過ぎに至  ざるに至て  尾崎氏に至ては  青木子に至ては  壊敗とを招くに至  壞敗とを招くに至  論文に至ては  踵に迄至  過分の至に  二出來一段には至  同憂の至  さに至  魂胆をもつに至  確信をもつに至  奇蹟が語り伝へられるに至  遂行するに至  省略するに至  従属物を知るに至  折紙を附けさせるに至  象徴的傾向を帯びるに至  蒸気ポンプの至  ここに至て  後に至て  頃用便が至て  言語も至て  成就するに至  地歩を築くに至  人間性の至  面倒は至  附与するに至  足を進ませるに至  完成されるに至  五十年まで延ばされるに至  要素となり得るに至  突端に至  むるに至  ここに至  跡を絶つに至  目されるに至  注意の至  末盧に至  輕重を付するに至  愚の至  頼母しき曙光を認め得るに至  変化させるに至  ここにあるとさえ信じるに至  汗顔の至  姉とするに至  ことを得ざるに至  款待の至  つてこの世に現れるに至  つて闘ふに至  不徳の至  ふしだらの至  廢絶に至  区別せざるに至  価値を有するに至  具うるに至  宣言するに至  聲を絶つに至  行ふに至  冬先に至ては  植方其他蠶種に至ては  云ふものに至ては  ものに至ては  慮外の至に  整へるに至  孝の至  枝で造った至て  復興を見るに至  実物で飾るに至  会得するに至  道だと思ひ立つに至  ことを知るに至  基調をなすに至  慚愧の至  没頭するに至  空想を生むに至  夫人が至を  声に至は  夫人が至に  正面の至の  空間を至の  遥かな至の  上演するに至  特色を示すに至  觀念を得るに至  招致するに至  已むなき事態に至  不可能であると考へるに至  つて世界を覆ふに至  井を毒するに至  殖民を見るに至  云ふに至  概略を知るに至  悲惨の至  発生するに至  要請せられるに至  角力場に至  娯楽に耽るに至  托するに至  夢遊病者と信ずるに至  備へるに至  放言するに至  適当でないと思はせるに至  者があつまるに至  尾花沢に至  事態此処に至  制度を設けるに至  成立に至までの  関係を結ぶに至  注目するに至  づといへどもかの歴史家に至ては  戦法を編みだすに至  凡て靜止的眞理に至ては  人間に至て  事に至ては  畫の如きに至ては  事に至ても  人間に至ては  交際が至て  氣は至  享くるに至  來るに至  盡きざるに至  首領大僧正ルツジェーリ時の至  子まで生むに至  事實となり得るに至  大著をも見るに至  茅屋に至  徳にもとづきて知るに至  危むに至  半々にもつに至  据ゑ得るに至  迷信をも生ずるに至  卅五年に至て  言の至  陷るに至  不思議の至  是の如きに至  惱むに至  存せざるに至  心を至  結論本格的學者からは見離されるに至  重大事件が起るに至  

~ 至[名詞]2
今に至  果して至  ふと至  遠至  よほど至  この至  

複合名詞
至頂  至誠至忠  いちばん至奥所  至つてふさ  至つて  至つて名古屋  至當  至道無難  至味  至つて野暮  変化至つて規矩  至つて僅か  今日ニ思ヒ至レバ  至リナリ  至リ  至つた友作氏  至つた木下  歸客千里ヨリ至ル妻孥怪ミ二我  至つて忠実  至つて魂  時至つて  至十声  至誠心  至一日七日一心専念  至つてアイヌ  至レ  ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ  神罰至つてみせしめ  ヲ海外ニ需ムルニ至リ彼我經濟上  壓伏シテ餘アルニ至レリ此  ヲ進獻スルニ至レルコトヽ報國  至つて達者  至つて桃山文化  至つて鮮  蜂須賀至鎮  至つたの  至つて稀  至親  至短期間  玉島至下原途中矢かた  下原至篠沖村路上吾妹子  庭妹郷至松島途中大井川朝風  至つてわけ  至ル  魚屋ニ至ル  麑府ニ至ル  後日野間原泉口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ  廿三日宰府ニ至ル  ニ至ル  長崎ニ至ル  鹿児府ニ至ル  浜ノ市ニ至ル  シヲヒタシ温泉ニ至ル  霧島山山上ニ至ル  改正所ニ至ル  三人右死セル者朝暁ヨリ日出ニ至リテツクス  至二長命寺一  至つて敏活  至つて工妙  至つて流行  至つて狹い  愛憐至苦  至つてなほ販売せり  至つて耶蘇教文學  至文至明  至二顯達一  至粋  至聖所  至大至重  至妙至真  最大至重  至つた動機  至完善  至醇  至悦  之至  將一レ至  至細  至つて雪子  至つて無邪気  至咸豊三年中国士子与耶蘇教師参訳始成  至つた  至つて大成  上ハ将校ヨリ庶民ニ至ル  朕ガ至親タリ  八九年間ハジメテ衰エント欲ス十三年ニ至ッテ孑遺  至楽  猪木寛至参議院議員  猪木寛至  午後ニ至リテ風吹キ  至つた時  完全至美  ニ至ッテ恋々ト忘レズ  操ガ兵一度至ラバ  至つて臆病  至つた理由  几ニ没スルマデニ至リ  四至八道  至奥  臣ニ至リテハ  至仁  至願  レ至二栄城一三五駅  ダ公刊ニ至ラザル時  過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ  二期ハ源氏ヨリ徳川氏ニ至ルマデノ貴族國時代ナリ  女子ガ覺醒ニ至ラスト云フ意味ニ  統一ニ至レリ  セバ物質的享樂及ビ活動ニ於テ至ラザル所ナシ  現今ニ至ルモ解決スル能ハズシテ終ニ獨立問題ニマデ破裂セシメタル愛蘭  支配スルニ至ルハ確定シタル理論  スルニ至ラバ  私的産業ニ至ラバ其  流入横溢シ爲ニ物價騰貴ニ至ル  立法ニ至ルヘキ過程  保證スルニ至ラバ  傷クルニ至ラシム  一國語トシテ使用スルニ至ルベシ  スルコトハ只瓦解ニ至ルマデノ槿花一朝  終ニ日露開戰ニ至ル  口ヨリ民族自決主義ト呼バルルニ至リテ空想化シ滑稽化シタルナリ  民族自決主義ト名クルニ至リテハ人道主義  國家ニ冠セシムルニ至ル  欲スルニ至ルベキヲ以テナリ  近代ニ至テ世界列強ガ戰爭  利セントスルニ至テ正義  脅威セシ露國トニ恐怖ナキニ至レルコトハ  西洋史ニ認メテ而モ二十世紀ニ至リテ  至つて地震  至つた気持  盛ニ行ハルヽニ至リシ前  青銅時代ヨリ鐵時代ニ移リタルモノナリトノ説廣ク世ニ行ハルヽニ至レリ  知ルニ至リシモ  至つて質素  至つて柔和  至つて弱氣  至つて身持  至つた原因  玉乃至  至急報  至つて自ら  至つて此奴隷經濟  廿二日至  武州至駿河國  三年ニ至ルマテ凡八十七年間鎌倉幕府  至つてお前  至つて時  甚シキニ至リテハ  今後不幸至親  至つてそれ  至つてドン  至つて六つ  至理  至つてまばら  至つて平静  王至森寺  眞實至聖  至つて変化  二四至  至つて未熟  至つて武骨  至険  至つてナイーヴ  至二於我朝一  至二洪武甲子一  至つて小倅  至つて頂点  至つて霽  至つて近頃  至つて鏑木さん  レ能レ至  谷至道さん  至つて静的  建ルノ時ニ至テハ  悩マスニ至ルベシ  ルニ至レリ  至二恒羅斯城一  東至日所出爲大平  西至日所  至つた必然性  至つた何百年  至つて完結  至於爭  至於才力  むとするに至  哲學上乃至形而上論上  至つた折  至廉  ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル  至リニ任フルナシ  其後至二近日一  至二非人  至二于家随身早可レ令二勤仕一  至つた場合  至つて忘  至つて小胆  至つて尚之  至つて成墾  至つて氣  至つて気  殯期至  必迎獅子至病人室中  至三  至つて怠慢  四至  至美  至つて真面目  至つて作者  至つて復一転折  至つて靜  至春  至つて氣附  至つて何  至つて人生  至卑  至治  至亂  至つて可  至順年間  至つて自然  至重  至つて乱  至幸  留学生ニ適応スルモノニ至リテハ殆ト皆無ニ  至つて其極点  至つて物静か  至つた仏蘭西戯曲  至つた経路  至つた事  孔教至爲二昌盛一  至つて俄  至つて盛ん  至つた元  至二於成敗利鈍一  何至レ如レ此  至レ卿邪  至二敖山砦一  飢荒至レ此  至レ曉將レ  至下車載二乾尸一爲上レ糧  至二八月終九月  至二食欲一レ盡  遼兵至則從レ遼  宋兵至則從レ宋  至則從二本朝一  至レ今風雨陰  レ頂至レ額  至レ是悉命復二衣冠一如二唐制一  至つてのんき  至二天晴已一  レ至レ唐  城主蜂須賀至鎮  至神  蓋罪至二於皆斬一  至也  至親容隱  至レ如二刑法  其弊至下於使レ人  至親間  至二於喪禮輕重  至つて此者  至二折傷以上一減二凡人二等一  毆くに至つて  至つて之  至つて正史  至つて四庫全書總目提要  至つて分り  至寶  至つてていねい  至つて安定  至つて滿足  至つて諸侯  衣至二于肝一  袖至二于腕一  至つて誠実  至善至美  うち至味  至つて人格  誠之至ル者  ズルニ至ルベシ  至つた答  謂二レ至貴一  至つて此等  至祝  至つて舊式  至つて軟らか  至つて穴  頃ニ至ツテ  茲ニ至ツテ  推移ノタメニ詳カナラザルニ至リ  敗残至此有何策  比スルニ至ルベシ  至つて健やか  橋至一の橋  橋至赤羽橋  古川橋至目黒停車場前  至公至誠  至幸至栄  至つて吾人  至つて外交  至孝至順  人生至楽  至ッ  至つて表情  至為  至射  已ニ天誅ニ値スココニ至リ  至つて自由  男子十二歳ニ至レバ  至つてまち  至祝珍重  童女ニ至ルマデ死  至ス所二  至つて全員  至つて痛  至つた瀕死  至つて一国  至つてシローテ  體質至つて  至テハ二于事フルニ一レ君ニ  而自ラ隨行シテ至ル二長州ニ一焉  至ル二東京ニ一  持シテ至リ二集議院ニ一  至ト一也  至つて至つて小児  至つて無器用  レ至  至つて大まか  至つて巧利的  至つた譯  痲痺セシムルニ至ッテ  至魚  至つて水  慶応年間ニ至ツテ  至つた始末  至つた以後  至つて小柄  至つて松倉藩  至つて松田兵右衛門  至童女  至つて其代り  至つて平民精神  至つて簡單  幾人東至  至つて誤謬  至つた相州さま  至つて大膳大夫広元さま  至つて和田四郎左衙門尉義直さま  至つて其自然  巌下ニ至リ  晩ニ至リテ上堂シ  至つて微力  従レ因至レ果  至愛  至聖  至順  至逆  至つて正直  こと至つて  事なき人生至奧  クハ他家ニ再嫁スルニ至ルマデノ生活費予  方法成立スルニ至ルマデノ生活費及教育費予  長女茉莉ガ他家ニ嫁スルニ至ルマデノ生活費及教育費並他家ニ嫁スル時  時ヨリ老死ニ至ルマデ一切秘密  至つて風彩  至つて平凡  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ  至つて完成  至つて總  至つて身分  至つて地味  至候  至つて幼稚  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ル  至つて尠  至つて限界  至つて上調子  至恋  至つた根柢  至つて孔子様  至つて幼少  至樂  人生至樂  至漢公羊氏及弟子胡母生等  至卑而乞食疲極  至つて朧気  至つて万事休す  至つて河東節  至つてツキアヒ  至二拘奴國一  至二拘奴國一とい  元年ニ至テ歸朝セリ  至つた次第  至つて前  至つて残酷  至つてなほ  至険至難  至つて猛烈  説至つて究屈  至つて色々  神乃至運命  至つて釈氏  従頭至足  至ッテ富  道場ガ至ッテ義  至つて粗忽  起レ家至二二千石一  至下  至つて口数  至つて我々  至つて礼節  至つてわたくし  至つた墓碣  至つて五郎兵衞  榮壽軒梵譽利貞至道居士  至つて用  至つて今日  至つて僕  客至莫嫌茶味  至つた自分  ッテハ何ゾ必ズシモ其遽カニ至ルヲ驚カン哉  至つた筋道  至つて日本人  親切至  至正中  先年松平新太郎因伯兩州領知之節相窺之伯州米子町人村川新兵衞大谷甚吉至レ  至ツ  堤ニ至ル  至極致せり  至つて分  至つて質問  至つて酒  至つて親孝行  ニ至ルマデ  甚シキニ至リテハ争テ其  古人ニ至テハ  攫ムニ至ル  ルコト難キニ至ラン  価ハ至テ廉ナリシト云ヘリ  始メ支那泰西ニ至ル  ラルヽニ至ラン  官員人寺至此下馬  至つて手がかり  至二武帝一、発  至二昭帝一女読二二十一篇一  官至二荊州刺史一  至昭帝女読二十一篇  至打  此兄貴至つて無精者  至つた過程  つき至つて妙  至つてお人好し  灌木林か乃至  至つて成績  曾根至  いま至  至様  至二狗奴國一  船行一年可至  至朱儒國  至裸國黒齒國  至今  興起スルニ至リシヤモ知ルベカラズ  至レ勢以レ音尓稍取二依其御琴一而  至つて愚鈍  至つて容易  至つて無口  至正  至つて記憶  至つて善  山至魚  至つて空晴  至つて甚悪筆  至つて益甚  至つて簡単  至つて常識的  偏中至これ  至つて殆ど写実  至つて近代的色彩  至つたルネ・バンジャマン  至つた沿革  至つた由來  性質至  至つて平民社  民至老死  至つた抽象的過程  以テ明示スルニ至リテハ  至つて疲労  至つて非常  至つて歴史哲學  開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル  院ニ至ル右側  サ三五尺ニシテ至テフトシ  味至テ辛ク可食偶  ニ結実スルニ至ル  事至  至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草  至道  至つた幸福人  至つて百数十年  至つた事情  子孫ニ至テモ富  人間至楽江湖老  緑水至  至つて再興  至つて繁昌  至つて了見  至つて風態  北齋乃至草艸紙  至つて悲劇  至つて不作法  至つてこと  至つて私  至つた現象  至囑  至つて発見  至つて護法神  至つて此地  引ニ至テハ  至つて予  至つて自ら肉  至つて自分  至候得共前度殊  而相支候得共至而難題至極  至つて穏  田辺至  至美至高  今日ニ至リ  田辺至筆  至尊至親  此至親至愛  至つて近代  至悪  至真  至堅  囘乃至  復延至其家  至リシ事アル譯ニ  ナス状態ヨリ大悟ニ至ルマデノ階段  至つて比較見当  鉄釘至剛  至軟  至つた主要  五一至  至健至剛  至日  接觸乃至衝突  客體乃至客體群  至つた後  基體乃至根源  至つたaeternitas  至つたよう  至奧至妙  至恩  至幸至福  至難事  至レ夏苦熱  孤村至レ曉  藤川徹至  野中至夫妻  至那等  至つた己  至つて谷中村  至つて縣會  至つて東京府  至つて洪水  至つて南北十里東西三四里山  至つた点  ぴすとるニ至ツテハ  至つて画壇  神乃至  神か乃至  本栖湖ニ至テ最高ク  至つて尠い  至つて開放的  至道物語  とおり至道  至つて仕舞  至つた時分  至つた幼時  至つて大  至つて復  至つて如何  至つて有名  至つて太  至つて東京朝日新聞  至つた所以  至大至粋  至つた基礎  至つて人  具ニ至リテハ  三辰至五午年  涼風至白露  至つて狡猾  



前後の言葉をピックアップ
いたら  至り  伊太利  イタリ  到り  至り  いたり    イタリア  イタリアネープル


動詞をランダムでピックアップ
預れ開き直る滾れたむけあわさん見積もらちらかれ紛れ込め儲かっ屠っつきつけつきのけ転げ込み仰ぎ震っ縛する出会い待たさうちこわす膨らます
形容詞をランダムでピックアップ
鬱陶しく易しい篤く羨かっ明るう重から青白うありがたう古臭くっ固かっ委し手っ取り早い大きけりゃ手っとりばやくきよいひよわ切ない快ききたなかたはらいたし