「膳」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
膳の上には革命がひらかれた  膳がなおり  膳を運ぶ  膳を下げに来たら  膳を運んで来たが  膳を運んで来る  膳を運んで来た  膳を下げに来たから  膳と一緒に持って行って  膳が運ばれた  膳をあらした  膳を見ると  膳を据えるだけの  膳を据えると云い  膳にふせて  膳は百姓太郎右衞門となつてゐました  膳を載せて  膳から猪口を取り上げて  膳の角でしずくを切って  膳を運んで  膳できたと知らせる  膳にのって来る  膳を持つて降りて来た  膳の上にのせました  膳はもう下げてありました  膳に乗つて来なく  膳を出して  膳を戸棚の中へ突っ込んでしまった  膳をひっぱり出し  膳を出された  膳に乗っけられませぬ  膳に向うと  膳を据えて  膳の前に坐っている  膳の上にも盃の中にも蚊が落ちている  膳の前に坐つてゐる  膳の上にも盃の中にも蚊が落ちてゐる  膳のものを残らず食い  膳を一々伊勢丹とかその他洲崎界隈の料理屋から取り寄せた  膳の上の食品を罵倒する  膳の上の煮  膳が一つだけ彼のために客間の方へ運ばれている  膳の上に代り  膳の小皿をとって  膳をすえて  膳へ戻って  膳の上にヒジキの煮た  膳に着いた  膳が据えられ  膳の一隅には必ず小い紙包が置いてあった  膳を平気で喰べていた  膳を一生懸命研究しているじゃ  膳を載せた  膳がくる  膳の前に坐って  膳がならびた  膳が悉く爐のほとりへ運ばれる  膳が引かれて  膳に酒をつけるという  膳ごしらえにかかった  膳を下げ  膳に向いあった  膳をさげに来て  膳を掌へのせて  膳をすえ  膳の上に乗っけてあった  膳を持って来た  膳を下げた  膳が戴けないと  膳についた  膳が出る  膳の上に満足な肴の乗っている  膳を持って出て来たが  膳の上から首をつき出す  膳ごしに  膳に向つて見ると  膳についてゐた  膳について見ると  膳を用意して  膳にむかつて  膳へ魚の煮た  膳が運び出される  膳に徳利の乗っていない  膳を運んで来たので  膳をかこもうね  膳を前に自分の帰りを待っているだけで  膳との蔭に土鍋が置いて  膳が出ていない  膳を控えて並んでいる  膳に向い  膳を取り上げ  膳の上を見る  膳から食べものを盗んで食べる  膳でちがっていた  膳の前にすわりました  膳を前にしたけれど  膳に向ふ  膳に坐るまでの  膳の飯を辛うじて流し込んだ  膳が出るまでには  膳にむかうと  膳に差し  膳に向っていた  膳にして  膳が入っていて  膳を下げに来た  膳をひくと  膳の上にならべる  膳も大きなのを一箇出してあるばかりで  膳の上には嘉吉の好きなお菜が一二品並び  膳の片付もすまない  膳にはそのドロドロした  膳にして配った  膳に出た  膳を運んでくると  膳をうけ取って  膳の前に坐った  膳の上におきかえてしまったという  膳を片附け  膳の上のものの始末をしていた  膳に向う  膳に向った  膳の側へ寄って来た  膳に向いながら  膳の上にうまいものの絶えた  膳もお兄いさん  膳まで据えて  膳が出まして  膳を傍へ片寄せて  膳を山三郎の前へ据えまして  膳が出て来て  膳を引かせて  膳に向つてゐると  膳を下げたりする  膳に向かった  膳を控えて  膳の上を見ると  膳に向かうと  膳を放り出し  膳が出た  膳を置いて  膳を用意する  膳の箸を取って  膳の前へ坐ると  膳を下げてもらう  膳の前に座りました  膳に向つたやうでもあり  膳にも移って来た  膳を出す  膳がありましょう  膳に相当したのに  膳の前に坐りましたっさ  膳に向って坐り  膳のことを称える  膳に上らす  膳の上へ鯛を一尾置いて  膳にむかった  膳を運んでゐたのに  膳を運んでいたのに  膳を蹴返した  膳も出そうし  膳を運んできて  膳の上に残っていた  膳に向かって  膳を差し上げましょうか  膳に向いながら訊いた  膳が出ると  膳の前に紋付の羽織の襟を正し  膳には名物の岩魚や珍らしい蕈が運ばれて来た  膳には名物の岩魚や珍しい蕈が運ばれて来た  膳を二列に向い合せに並べて  膳を順序正しく並べ  膳に載せて  膳の上を賑わしていた  膳があるから  膳をふけというから  膳が二十人前ぐらいは出し放しになって居り  膳に向って  膳に向おうとしていた  膳に向っている  膳にもつけて差し上げましたが  膳につけておく  膳のわきで火鉢へ掛けて煮るだけの  膳を持って  膳に銚子を添えて来た  膳で一口あがりました  膳にむかったが  膳に押し並んでゐた  膳につく  膳の水貝や洗ひなどに  膳の上の猪口を取り上げた  膳の上のものをねらう  膳の上に並べて  膳が運ばれ  膳の上にはうまい新香を欠かした  膳が据えてあった  膳がすえてあると云う  膳の上へ頤を出して  膳の下へ突込む  膳が倒れる  膳を運んできた  膳の支度が出  膳を片付けてしまふと  膳を平氣で片付け  膳の食物を名をいってすすめたという  膳に付ける  膳に長短の箸を上げ  膳をかたづけて  膳の上の茶碗を投げつけて  膳を運ぶやら  膳をもつて来た  膳ごしらえをしてくる  膳にむかって  膳のまえには  膳の上にて聞き  膳をつくって  膳を置き  膳の上に置いて  膳を引きよせて  膳を賑わすほどの  膳の代りに使はうと探した  膳がひかれて  膳を下げまして  膳を下げて  膳を前へ衝き出した  膳に蝿除を被せて  膳を台所から運んで来た  膳を下に置いて  膳を膳棚にしまって  膳の上に載せて出されようとも  膳に上った  膳を並べて  膳は僕が洗って置くから  膳の上に簀垂が掛けて  膳に就いた  膳の上へ置いて  膳の来るにも  膳が来ないではないか  膳を帳場に通すと  膳を囲みながらいった  膳の脇に据えたる  膳を更めさせながら  膳の上に上される  膳にのせた  膳に向かいながら  膳に捨てながら  膳の前にあぐらをかいて  膳の上のものが音を立ててくつがえる  膳のそばにすわって  膳から杯を取り上げて  膳を並べて食う  膳が出ていますよ  膳を二つそこへ運んで来た  膳に向かっているあり  膳を運びていず  膳に大きい二合徳利がつけてあって  膳についてからも  膳が彼の前に運ばれた  膳の上から急に眼を上げた  膳を出さなかった  膳に向かい  膳でお酒をのんだ  膳でお茶づけをたべる  膳など運ぶ  膳に上る  膳の來たるをおそしと盃とりあげしに  膳に持ち出された  膳の上が氣遣はれた  膳を吉平の前へ置いた  膳が出ていた  膳にその晩一家ぢゆうのものがついた  膳につき  膳を片付けて  膳と飯鉢を持って来て  膳と飯鉢を持って  膳を洗い  膳を引き寄せて  膳を持って来て置いて  膳を持って往くと  膳のすみに止まっている  膳の端に私の置いて  膳を窓側の縁に移した  膳で茶漬を掻き込んでゐた  膳ごしらへをする  膳を供えて  膳は別にして置けや  膳が各自の順でそこへ並べられた  膳を控えた  膳の上の仕  膳を用意した  膳の上にならべられた  膳の縁に置き並べたり  膳の上に文字を書いた  膳が済むと  膳があって  膳へ四合罎と三皿ぐらいの肴を添えてあった  膳を踏みつけたから  膳の用意が出来た  膳を長火鉢の側に用意した  膳を前に据えて  膳の上の物を狙って来た  膳に対して合掌した  膳が置かれた  膳を並べて坐る  膳を離れた  膳を粗食にし  膳を貳にすると  膳附きにして出し  膳の上の肴に口をつけるという  膳の上の景色を観賞してから  膳をかこみながら  膳ができていた  膳の間になった  膳に載せようとして  膳の仕度すつから  膳で御飯を召上る  膳をわざわざみんなの前へ持ってきて  膳の縁に寄せ掛けてある  膳の前に座る  膳には大きな香魚の塩焼が躍っている  膳をはこんで  膳の前にいて  膳を行儀よくひかえる  膳へ白い布をかけて  膳を前にして  膳の前に座っている  膳にのせ  膳の上にのせた  膳の前の大ざぶとんの上に座り直した  膳の仕度をしていた  膳のところへ来た  膳の上に置き  膳を囲んで  膳を運んで来ました  膳と飯櫃を置いて  膳の前で楊枝と団扇とを使っていた  膳の出る  膳に銚子を添へて自分も二三杯空けた  膳に向います  膳になすりつけたりしましたので  膳を出しかけた  膳を並べた  膳に向わなかった  膳の向かいにすわらせて  膳へ向った  膳が音をたてて  膳の横には竹の皮がちらかっている  膳にのせて運んで来た  膳を取りおろす  膳にうつった  膳や盆の並んでいる  膳を傍らに押しやって  膳を片寄せて置いて  膳の上に瓶子のないのを憤つた  膳についてる  膳と二の膳が並べてある  膳を下げに行くと  膳の物がカラになってるだけの  膳の上を眺めながら  膳が運ばれるまでの  膳を共にした  膳の代りにしたる  膳の上を見わたすに  膳の前に坐つた  膳には干した  膳が下げられて疲れ切った  膳で飯でも喰わなけりゃ  膳の隅へあけて  膳の前でピッタリ寄添って  膳をさげて  膳が来ました  膳が出て居るので  膳の上には種々な物が載って居ります  膳がみえる  膳を運ばせてきた  膳を作り  膳ごしらえをして  膳で御飯を食べてしまってから  膳を下げて貰った  膳を寄せて  膳をすすめなかった  膳を押片づけて  膳を飛び下りて  膳に着く  膳の向うへ坐らせて  膳を退けてみたりして  膳を片付けたが  膳の用意をするまでに  膳の上へ飛んで来て  膳で食事のできる  膳をこしらえる  膳に向おうとしている  膳を運ばれた  膳を出してくれるし  膳を運んだ  膳はできる  膳に向かう  膳につけた  膳に載せて運んで来た  膳には味噌汁に鶏卵が落としてあった  膳のしたくをさせてくれい  膳に坐ったが  膳に向っていると  膳に米を一升盛り  膳には浅漬を唯一つ大きく切ってつけた  膳で物を食べてみる  膳が出て食べた  膳に箸をつけて  膳に雛の椀や皿見た  膳が据わると  膳ごしらへをはじめる  膳があるとか  膳が来るね  膳のまえに  膳を洗いに行く  膳の上に並べさせた  膳の上の猪口をちょっと控えて  膳を調えに立った  膳を運んだらしい  膳が出てゐる  膳を二人前据えたりなどするので  膳にビールを一本註文したりする  膳のまえに坐らせられたが  膳を引いて  膳を共にし  膳を引きながら訊いた  膳を運び出した  膳のうえには徳利が乗っていた  膳を引かせると  膳を両手に捧げて  膳を包む  膳は追て返す  膳にむかう  膳を運び出して来た  膳を供えたら  膳の物は綺麗にたべ尽してある  膳をそこに置いた  膳に手をかけたかと思うと  膳を運んで居りました  膳の上の副食物を眼がけて這いかかって来る  膳の上の松茸を指さして  膳をすえ並べて  膳に坐り  膳の上に添える  膳がそこへ運び出されたので  膳を引終るを見済まして  膳を運び出して来て  膳に戴せて  膳も運び出された  膳の傍まで二間程の疊の上を歩いて  膳についても絵の事が心をはなれぬ  膳を据える  膳だけ置いて  膳をかついで行く  膳の上で温茶を含んで  膳につかなくっちゃ  膳もさめるし  膳もめいめいが台所へ行って  膳の上の肴をつつきながら  膳にもしよう  膳の前に按摩が出ますよ  膳と銚子を揃えて運んだ  膳をまた傍へずらす  膳の上から畳の上へ落ちた  膳に着いて  膳を下げさしていると  膳に向っても  膳を控えたなり  膳を出せと命ずると  膳を台所へ退  膳の上の用意をなし  膳の縁のような縁を鉄板で拵えて  膳を出したら  膳を持つて  膳が拵へてあるさかい  膳を出して食べかけた  膳はきれいだな五つの色がならんでる  膳に上せる  膳をベッドの傍の小机に載せて  膳をさげに来た  膳を持ち上げ  膳を出してゐる  膳をこつちへ持つて  膳を取りに  膳を据ゑて置いて下るので  膳に塵が掛らぬ  膳の前に据わる  膳を下げてしまふ  膳と薬缶とを持つて  膳を中央に並べ  膳の下から出す  膳を囲みました  膳を調えて薦めようとする  膳を持來たりて  膳の上に粥の湯をすゝる事もあり  膳の向うで長談義に痺れを切らしたとしか思えねえじゃねえか  膳の上におかえしになって  膳を置いてゆき  膳の上にゴトリと落した  膳をして  膳を運ぼうかと尋ねたが  膳を引っくり返したり  膳の前に坐ると  膳の上にある  膳も何も其儘にしておいて  膳がずらりと並んで  膳に上す  膳を引いた  膳ごしらえする  膳を直して  膳に並んで  膳を尊敬させて  膳考え込んでしまった  膳の上にあけて  膳について来た  膳に向いはした  膳ごしらえをしているかと思うと  膳が引かれた  膳でひとり淋しく酒を飲んだ  膳を彼のところへ運びこむ  膳がすんだ  膳の苦りきる  膳が並べられ出すと  膳の前に坐りながら言った  膳を飯鉢の上に乗せて  膳を引いてゆく  膳が運び出されたが  膳や銚子を退  膳を退  膳の跡片づけ  膳にはついた  膳を縁側近くに用意して  膳に山の酒でも思わず一献を過ごす  膳を悟らぬ  膳をはこぶ  膳のものを突ついている  膳の前へ出して  膳にのぼす  膳の上にのしかけて  膳について食べてしまうと  膳の傍に羽を休める  膳も別にして食べさせたいので  膳を私の前にすえ  膳に小鰯の燒いた  膳を前に置いて  膳と茶碗を拭きにかかる  膳をこしらえ  膳を拵えた  膳にも向おうとしないで  膳に供える  膳に向ひ  膳の上には一皿の小魚の煮  膳を持って入ってきた  膳をもってあがって来た  膳を据えた  膳をもって去るなり  膳の上に置けますか  膳についたかを  膳を飾る  膳を賑わせた  膳にのった  膳だてすると  膳などを持って  膳へたかったり  膳の引かれた  膳を据えたので  膳を食べたまでだ  膳を引かしてから  膳を持つて来た  膳の下の膝がしらが可笑しい程震えてゐる  膳の上を涼しく見せてある  膳の前にかしこまった  膳に着いていた  膳に載せてすすめた  膳にも上った  膳を持って来ないか  膳にまでついた  膳に向かっている  膳が各人の前に持ち運ばれた  膳や食器なども寄せ  膳のそばに坐って  膳に坐つたが  膳をはこばせ  膳を台所迄持つて行く  膳の前から引き離して  膳の上に兩手を翳した  膳の縁へ鰹節をあてがって削く  膳に上せし  膳の上に散りし削たる  膳に置く  膳の上を見直すと  膳に載って居る  膳を自分の膝の上に受取る  膳を椅子のスソに置き  膳の向うに来た  膳に塩焼の鮎を一尾つけた  膳に乗せます  膳の上に涼風が立ちます  膳を運んだりする  膳の傍に置いて  膳にも河豚がつく  膳を戸棚に締つて自分の居間に来ると  膳で御飯を食べました  膳と並んで  膳について神妙に食べている  膳を見て  膳にむかいながら  膳の一方に加わった  膳につきながら  膳へついたものの  膳を持たせ  膳の上に肴と銚子とを揃えて持ちだした  膳に向ったが  膳に出している  膳を取巻いて  膳の支度もして待っていた  膳の上に豆の餅の皿を置きながら云った  膳ができた  膳をこしらえて来て  膳を向うへけ飛ばした  膳を片付けはじめた  膳を運んでやる  膳を並べて食うので  膳のふきんを取って  膳の上で酒をつぎながら  膳に一献を過ごそうではないか  膳をひいて行く  膳へ一本付けてくれた  膳を急がした  膳が来ていた  膳をさげて往くと  膳も据えてくれ  膳も茶碗も霞んで  膳めがけて二足三足歩き出したという  膳のわきにすえてやると  膳のうえが寂しいと見ると  膳が持出されるまでに  膳には頭つきの魚が添えてあった  膳の上には煖陶が三本乗っていて  膳にのぼる  膳の上にのった  膳に出してくれた  膳はあしたすっかりふいて  膳の隅へはさみ出すと  膳に川魚のカツレツが載せてある  膳の上にも豌豆が載せてある  膳のこしらえ  膳に口取りと酢のものと汁をのせて  膳に口取をつける  膳の上に置いた  膳を前に置いて坐り直したり  膳を持ちだし  膳ごしらえをしていた  膳の上でころがったり  膳も下げぬ  膳の向うに大胡座をかいた  膳は主人の前に据えられた  膳にあった  膳の準備はもう出来て  膳の飯を上ると  膳の仕度をしねえ  膳が廊下を台所へ運ばれて行った  膳を持ってきたが  膳が引かれると  膳を運んでくる  膳で私たちはエレベーターの話をしていた  膳で持ち出された  膳に端唄の一つも唄うという  膳が出てから  膳であろうと一向お関いなしに  膳に向ひましたら  膳の傍らに坐つて  膳が出てるの  膳に向ひながら  膳の上の盃を執って  膳と土瓶とを持ち  膳にもどり  膳をかたづけた  膳に載せられた  膳の筋斗がえりを打つ  膳がやがて八畳に並んだ  膳を出した  膳を視  膳を拵えてならべて出した  膳の上を睨めていたが  膳を片づけてな  膳を食べたり  膳の上を睨めて居たが  膳を片つけてな  膳が運ばれて  膳を指された  膳の上へ並べて  膳を下げてから  膳を片づけにいった  膳を片づけて  膳の片づけをして  膳を挟んで  膳をひっくり返した  膳の前に胡坐をかいて  膳の傍に運んだ  膳を片づけさせて  膳を片附させて  膳が出たが  膳をつき  膳の出たばかりで  膳が出  膳の上を眺める  膳を房に入れるので  膳をととのへてゐた  膳を片付け  膳の仕度の出来た  膳を離れて  膳の側に置いて  膳を爐邊へ持つて  膳で食ふ  膳にだけ新しいオサシミをつけました  膳を片附けて  膳に上れば食べもします  膳がくると  膳についている  膳のわきに寝  膳を運び  膳にも手がつけてなかつた  膳を流  膳をはこびます  膳の白い布片を除けて  膳に向わずにいられなかった  膳を二人で半分半分に使用した  膳の漆の色調に微妙な陰影を与えていた  膳に向かわせ  膳の上に気を取られて  膳についたと思うと  膳が二十人前ほど並んで  膳の上には荒川の鮎を得たれば  膳のたけのこを一つだけつまんで食べる  膳を持て来る  膳を持て  膳を持出で二人の前に供したれば  膳を眺めながら  膳が運ばれる  膳をまえに  膳のものを一皿一皿良人の口に押し込んでやりたい苛立たし  膳の上でもやれますから  膳がすんで  膳が載せられてある  膳を捧げて  膳の一隅に雀焼きを発見し  膳の寒雀二羽を掴んで  膳は出ない  膳から反りかえり  膳をさげて出て  膳が出て  膳を下げる  膳の代りとなり  膳の上に揃った  膳に着いたりする  膳のまへに坐つてゐる  膳の上の刺身を盗んだりするのに  膳のものが冷える  膳を引いてしまうと  膳につこうとすると  膳に大いなる鰕上りけるに  膳の上の茶碗や小皿を投げた  膳を下げさせる  膳の前に並ぶ  膳にむかへば  膳をぼんやり眺めながら  膳に蟹を小山のやうに積み上げて  膳を差し上げて  膳の料理の豊潤に驚いてゐた  膳にも蟹が附いてゐた  膳も出た  膳をさげ  膳をいやしくする  膳とお酒が出た  膳の上には鯛と鮑の二種類の材料でいろいろに料理された  膳になさいました  膳の上にかける  膳の支度をして  膳の前を指した  膳に残された  膳をしまいかけたからである  膳を運ばせる  膳についていた  膳についていたが  膳が下げられると  膳にうまい漬物を絶やさない  膳を削って来た刳  膳がいくつも用意されていた  膳の上のものをめちゃくちゃにひっくりかえしてみたい  膳を見つめていた  膳を運びはじめた  膳が一つ一つ眼の前から消えて行く  膳には覆いがしてあった  膳を捧げて行く  膳を踏み砕いて  膳について飯をかきこんでいる  膳はひしゃげた  膳を置いてあるが  膳にのぼせてすすめたが  膳の上に描いた  膳をさげた  膳が出ました  膳の上のもの覚えていらっしゃる  膳も来ていた  膳の盃にも手が出なかった  膳をのこして  膳の上へ転がしながら  膳も盃洗もすぐ出る  膳なども見かけます  膳とか重箱とか板で組む  膳や箱などを作る  膳の前に散らかっている  膳を出すに  膳の向ふ  膳を運んで来ると  膳の上に並んでいた  膳の上へごちそうを飾り立て  膳の上に伏せた  膳を持ち出さして  膳に向われる  膳を運んで来たと見えて  膳の上に平らに敷き  膳を支度して  膳を運んで来てくれた  膳を下げさせた  膳の一部に必ずと言って  膳の大伴部膳の臣春日春日の伊耶河の宮春日の小田の郎女春日の袁杼比賣  膳にのぼせるといふ  膳を叩いた  膳に置いてこそ  膳に対ふと其儘云ひ  膳が下げられて立ち  膳に対うとそのまま云い  膳を置きつつ云う  膳にもついている  膳に乗せてある  膳につかせ  膳を蹴飛ばす仕  膳の数の子を二つ三つ口にほうり込み  膳の上を見  膳の上に倒れかかると  膳を引っくり返された  膳を撒かれても  膳の上にはヒジキの煮た  膳の上には白い味噌汁に高野豆腐に黒豆がならんでいる  膳の上は玉葱のいためたのに  膳のかながしらの頭をがりがり噛んで食べた  膳に人の帰る  膳を持って来ていた  膳の前へ往った  膳の左隅の黒い椀がそのままになっているのに  膳をさげて往く  膳を持つて来てゐた  膳を下げて行く  膳を並べながら  膳が並んだ  膳を袖で隠す  膳の上に一つの皿を置いた  膳の上の皿へ置いた  膳の前に子供を坐らせて  膳の支度が出来まして  膳を出さないか  膳に付けた  膳を片付けはじめると  

~ 膳[名詞]1
影の膳を  今に膳を  女が膳を  小女が膳を  糸さんが膳を  春さんは膳を  上に膳を  渡瀬は膳の  谷村さんの膳の  今日の膳には  夕食の膳に  夕飯の膳を  塗つたお膳の  別な膳が  晩飯の膳を  朝の膳には  朝の膳の  昼の膳の  昼の膳に  朝飯の膳に  漁師は膳の  立派な膳が  朝顔に急がぬ膳や  客の膳が  お供の膳に  監守が膳を  竹脚の膳を  前の膳の  下女が膳を  返事をして膳に  袖が膳を  粗末な膳の  宿屋の膳に  夕飯の膳について  朝飯の膳について  樂しい膳に  一つの膳へ  能代の膳の  夜食の膳が  夕飯の膳に  午飯の膳を  夕餉の膳を  凉炉と膳との  こちらには膳が  料理屋の膳に  気の利いた膳を  ところで膳を  相手の膳の  私の膳から  二階に膳を  夜食の膳で  夕食の膳を  夕餉の膳に  陽子は膳の  一個の膳に  これは膳に  脚つきの膳が  これは膳の  上よりも膳の  一緒に膳に  酒を飲むという膳には  椀を膳に  飯の膳を  飯の膳に  三人の膳を  三人が膳の  自分の膳の  椀とを膳の  彼女は膳に  新太郎の膳の  二階から下って来た膳の  前の膳を  うちに膳が  顔を洗って膳に  着物を脱ぎ換えて膳に  朝食の膳から  前に膳を  出立の膳の  晩酌の膳に  日本食の膳にも  調理では膳に  検査してから膳を  勝手から膳を  前に据えてあった膳を  都合で膳も  小皿の膳を  ように膳に  勘次郎は膳に  夕飯の膳には  酒の膳が  アノ其処に膳が  我へ膳を  傍で膳に  晩飯の膳に  手際で膳に  加減で膳を  料理番が膳に  朝食の膳に  自分の膳に  間に並べてある膳の  叮寧に拭いた膳の  前には膳が  三度三度の膳に  黒塗りの膳が  正月の膳が  夜るの膳を  神の膳に  日の膳に  あけ細君の置いて行った膳に  腰をかけて出して呉れる膳に  女中が膳を  藤崎さんの膳の  かねは膳の  姑の膳を  枕もとへ膳を  そこへ膳を  コップを膳の  女中は膳を  黒塗の膳の  朝飯の膳を  梅は膳を  清潔な膳の  夫婦は膳を  平岡は膳の  先生の膳は  独り茶の間の膳に  茶碗を膳の  二人の膳を  夕炊の膳を  齒をむき出して膳の  歯をむき出して膳の  宗三郎の膳に  箸を膳に  朝餉の膳に  昼食の膳に  顔をして膳から  みのは膳を  時にも膳の  夕飯の膳が  健三は膳の  ように膳を  朱塗の膳など  伸子は膳を  夕餉の膳の  榧の膳を  祝ひの膳に  奎吾が膳に  時は膳に  そうに膳を  駄目だと思ったので膳を  一と膳を  処へ膳を  客へ膳を  私は膳を  物で出された膳で  彼女は膳  奉公人の膳が  そこへ来て膳に  古風な膳を  方から膳を  前にも膳を  側に膳を  為にも膳を  粗末な膳を  温泉宿の膳に  飯の膳の  三度の膳を  端ほど噛んで膳の  盃に浸して膳の  壮に膳に  処女の膳  汁で膳が  傍には膳が  罎も膳も  ような膳へ  女もいなければ膳も  下宿の膳に  主人の膳を  何か膳の  老人は膳に対して  眼付で膳に  顔をして膳を  豊世が膳を  日一日天子は膳を  七十は膳を  貳の膳  青紫蘇のにおう膳を  二人の膳の  九兵衛の膳に  めが膳を  下の膳の  ひたし物を膳に  蕨が膳に  皿がついた膳と  夕飯をすまして膳の  夜食の膳に  二人は膳を  血を膳に  子供らを膳の  夜食の膳を  義貞と共に膳へ  黒塗りの膳の  酒器やら膳が  朱塗の膳に  会席の膳に  間に挾まっている膳を  歸ると膳の  亭主の膳に  横目で膳の  夜の膳を  喰ひつくして膳の  それとして膳の  夕餐の膳に  少女が膳と  一ト処で取膳で  久子が膳を  自ら父の膳を  一度も膳を  百人ほどの膳に  鼠は膳を  上座の膳に  一人を膳の  野菜が膳に  朝起きては膳の  はくばかりにして膳に  飯を食っていた膳の  家にいて膳で  小豆粥の膳に  食事時分には黙っていても膳を  年越しの膳は  それを膳に  内では膳に  汁粉の膳には  雛の膳が  普通の膳が  禁裏の膳の  他人の膳に  各々の膳に  サッサと膳を  提を膳の  ふたりだけで膳に  客が膳の  茶漬の膳を  澄が膳を  夕食の膳が  野菜の膳に  女たちも膳を  宿に泊って膳を  お仙は膳を  一人前の膳を  自分のまえに運ばれた膳に  屠蘇の膳を  食い物の膳を  午の膳を  七老人は膳の  晴の膳に  物を膳の  料理の膳が  お鍋の膳を  娘と取膳で  黙礼をして膳に  老婢は膳を  酒肴の膳も  夕飯の膳についても  そばの膳を  女房は膳の  蝶足の膳に  婆やが持出した膳も  屋の膳の  酒肴の膳を  女中が運んで来た膳を  炉端へ膳を  夜食の膳も  顔をして膳の  寛ろいで膳に  達磨は膳の  清に膳を  差向に膳に  晩食の膳に  清を呼んで膳を  ために膳の  一人で膳を  料理の膳に  母君が膳を  奧さんの膳の  玉ちやんとの膳を  博士は膳に  別の膳に  粥の膳を  箸を膳の  晩餐の膳を  心で膳に  ツマを添えて膳に  蒔絵の膳に  食物を膳の  笋が膳について  神妙に膳  朝の膳に  夕餉の膳が  房は膳の  昼飯の膳を  朝の膳  かな小姓達が連なって膳や  半分で膳を  至味の膳を  廊下を膳を  棒状形にして膳に  四つの膳は  体を膳の  ままに膳について  四角な膳を  蕎麦をあたためて膳を  朝餉の膳にも  日本料理の膳に  主婦は膳を  笑みさえうかべて膳に  夕餐の膳を  時などは膳へ  一家うち揃って膳に  夕食の膳の  娘と膳を  二つ載せた膳を  お玉は膳を  野菜で膳の  喜佐も来て膳に  夫婦の膳にも  塩鰤が膳に  寛斎の膳にまで  父親の膳の  饗応の膳が  前に置いた膳の  主人の膳の  盃を膳の  下女に膳を  下より現われて膳に  その後徳利を膳に  新蔵の膳に  脚の膳が  大型の膳を  縁側から運んで来た膳を  私の膳の  夜食の膳の  器に入れて膳に  旅館の膳にも  三ツの膳が  ゆうげの膳を  二列に膳を  嫁の膳と  前の膳について  ままの膳を  夕食の膳  朝の膳から  子平馬に膳を  客の膳に  晩酌の膳の  晩酌の膳を  汁のとを拵えてしまって膳の  みちが膳の  ささげを煮た膳を  晩の膳を  蕎麦の膳を  風に吹かれながら膳に  八寸の膳の  僕は膳を  一同に膳を  吉が据えて置いた膳の  朝飯の膳の  婢を呼んで膳を  婢が膳を  前に膳も  飯を移して膳の  正月以外は膳に  食事の膳が  主人の膳には  めいめいに膳に  そばの膳の  最後に膳の  頭だけ膳の  安宿の膳の  妙な膳の  酒の膳に  味噌汁を膳の  叔父さんは膳を  朝飯晝飯の膳に  澄夫の膳の  黒塗の膳は  町は膳を  私と取膳の  ところから下げられた膳が  夕飯の膳で  三人で膳に  夕食の膳には  そこへ運ばれた膳に  夕餉の膳にはと  午飯の膳の  両手に膳と  自分自身の膳に  午飯の膳が  昼飯の膳が  味噌汁とで膳を  ような膳を  目をあげて膳の  白痴の膳に  二ツの膳を  一所に膳を  一やうな膳を  朝飯の膳が  塗りの膳の  食事の膳を  猫足の膳を  祖父の膳の  祖父は膳を  我等は膳を  膝に置いて膳に  食事の膳に  十五名一列になって膳の  ここでは膳を  夕食の膳をととの  細君も膳を  細君が膳の  食事中自分の膳を  大事さうに自分の膳の  私の膳を  晩の膳に  祖母さんの膳にだけ  朝めしの膳が  ゴロリと膳の  精進の膳を  末の膳にも  兄の膳を  大急ぎで膳に  予選として膳に  夫が膳の  手前共でも膳の  合図に膳を  冷肉の膳を  形式通り膳組されている膳を  朝食の膳が  上に膳が  辻が膳を  写生箱は膳の  猫は膳の  方に運ぶ膳の  監督が膳を  女房が膳に  二つの膳が  気にならずに膳を  親子三人が膳の  家庭でみる膳の  御飯と共にかげ膳に  離室に膳を  一人だけ膳に  永年盆や膳を  丼を据えた膳を  朱塗りの膳を  粥や膳を  料理を膳に  輪を膳の  襖際で膳の  旅籠屋では膳が  木皿や膳なども  板を組立てて膳や  つたへて膳の  テルヨは呟きながら膳を  朝餉の膳を  足附きの膳を  一同の膳を  時に膳を  米を膳の  言葉に従い膳を  正月の膳に  下女を呼んで膳を  朝食の膳の  初鰹を膳に  夢中で膳に  食物は膳に  つて軍治をも膳に  そこにある膳の  自分の膳を  雑煮の膳には  丹塗りのはげた膳の  それを持って膳の  それを持つて膳の  朝食の膳を  諸兄が膳に  それにもかかわらず膳に  前には膳の  主人の膳に  

~ 膳[名詞]2
別に膳  小さな膳  やにわに膳  必ず膳  その膳  案外膳  まだ膳  高い膳  間もなく膳  小さい膳  始終膳  やがて膳  甲斐甲斐しく膳  いつも膳  楽しい膳  いきなり膳  きちんと膳  はじめて膳  順に膳  そのまま膳  おとなしく膳  決して膳  薄い膳  いい膳  はやく膳  美しい膳  なし膳  これから膳  わが膳  好く膳  睦まじく膳  同じ膳  大いに膳  さらに膳  もう膳  むつまじい膳  ちょうど膳  我が膳  早く膳  手早く膳  徐に膳  まして膳  この膳  次第に膳  しばらく膳  

複合名詞
一膳めし屋  一膳半  二膳半  殿御膳  其晩膳  酒膳  膳番  膳運び  美膳  市川寿三郎二ツ目左膳  二ツ目左膳  左膳  よう膳  蔭膳  車膳六その他  膳立  御飯一膳  丹下左膳  小野次郎左衛門事神子上典膳  箱膳  膳具  膳椀  三膳  塗膳  足高膳  骨一膳飯  膳殿  日光膳  影膳  一膳めし  つて膳  一膳  膳椀何人前  御内膳  据ゑてあつた膳  塗り膳  会席膳  英和字典膳  蕎麦二膳  三四十分の後膳  觸つた膳  時膳  二膳込み  供餅一膳  膳中会  懐石膳  膳上  何百膳  何膳  切つて膳  先刻膳  吸物膳  神子上典膳  膳箱  各自膳  七十貳レ膳  典膳  指物膳箱  祝膳  脚膳  一つ膳  膳ぐるみ  神子上典膳忠明  伊藤典膳忠也  一膳飯  皆膳  松浦左膳  猫足膳  茶漬三膳  膳代り  ことゆえ一膳ちょうだい  八百膳  夜膳  雑煮膳  日膳  毎回膳  膳様  八寸膳  鍋俎板庖丁膳椀皿  初め膳  フテテ膳  毎日膳  膳椀皿小鉢  前夫膳大夫広元さま  巳剋大膳大夫相模守  珍膳瑶盤口舌  その他大勢鹿見宅膳  膳越し  山田左膳  膳据え膳  夕膳端  家老松前左膳  夕膳  牢人丹下右膳  丹下右膳  右膳  丹下右膳殿御  影膳据ゑつ  竜川守膳  守膳  膳臣  いつか膳  膳取り出だし  皆それぞれ膳箱  膳何人前  めいめい膳  膳飯  えびす膳  膳椀食具  二膳  霊膳  しめ膳  お祝い膳  祝い膳  アトデ膳  フトイ奴ダトテ吸物膳  飯一膳  供膳  ソレ膳  山中左膳  神膳  者鮭登典膳与力  一膳飯店  一膳予  いま一膳  高足膳  七膳  八膳  指南番大島左膳  膳拵え  五膳  三膳目  膳すえ膳  父上左膳  刃妖左膳  剣魔左膳  みんな左膳  左膳引き  さっき左膳  左膳二人  左膳一流  左膳チャン  膳戸棚  膳さき  三度三度膳  塗つた膳  取り膳  膳碗  朝二膳  三膳夕三膳  膳組  形式通り膳組  渋江典膳  典膳め  頃典膳  時典膳  朝夕膳  三宅典膳  家老戸倉左膳  主人三宅典膳  典膳宅  仏膳  一人膳  二膳づゝなんです  二膳三分の一位  膳なぞ一  茶膳  飯櫃膳具  大伴部膳  八十膳夫八十神八十建八十歳八十伴  膳七重  据ゑ膳  仇敵坂上典膳  膳番以下七八人  事膳  



前後の言葉をピックアップ
    善から    前腕  善太郎  前波  前岳  せん  前宿


動詞をランダムでピックアップ
懸れ解けあこがれ騒げ誅せ吹き飛ん打ちつづい色付きこびり着きだまりこみはめよいたぶらちゃらつかせつきぬけたべる生れ落ち押しまくっふるい分け耕さ押し返さ
形容詞をランダムでピックアップ
やましく少ないくわしゅう賑々しい強く深けりゃ聞きづらいきつかれ清けきそうぞうしくっねむくっうさんく浅黒疑わしかっまずいやましい鈍き気軽う等しきまずしい