「腐」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 腐[動詞]
魚であれば多少腐  魂の腐  無名草ところどころの腐  鰊漬の腐  五六十箇の腐  釘は腐  何處かで腐  錆は腐  手擦りが腐  始めから魂が腐  花筒の腐  つて、錆びて腐  物で、腐  毛虫も、腐  胃袋は腐  土や腐  鯨の腐  きのこは乾かないで腐  つて、或は腐  沼地で、腐  髪洗橋などいふ腐  俺一人だけ腐  から、間もなく腐  棺を掛け腐  それが腐  泥水と腐  自然に倒れた腐  腸が腐  神田へ腐  襦袢に、腐  蟲や腐  胸のむかつく、腐  太陽は腐  唇は腐  俳優めがけて、腐  それ故に、どんなに乱れ腐  何時か赤黒い腐  どろどろと澱んだ腐  炎天に腐  現代日本ニノミ存スル長子相續制ハ家長的中世期ノ腐  黴に腐  雨風に腐  バタの腐  皮肉全く腐  先へ進み、腐  汝らは腐  反骨は尚腐  彼の老ひ腐  廃頽した、腐  すつかり腐  まま、腐  嘴でも腐  嘴の腐  気分の腐  私の腐  加減腦味噌が腐  體が次第に腐  空気は淀んで腐  無知とによつて腐  罐詰、腐  家の腐  空を映して腐  頃の腐  玄竹は腐  初めから、この腐  當防衞、腐  草が腐  草土となり、その腐  死人の腐  現象に腐  澤山地上に落ち、その腐  水邊をわたり行く腐  皆な腐  力でも、腐  梅毒かなんかで腐  フラフラ歩キ出シテ、腐  心の腐  自殺者が見つかつたといふ、もう腐  夏木立ふたりで死んで腐  鎌倉の腐  北条幕府の腐  味噌が腐  蓄積の腐  ゾウモツが腐  やつぱり、どうにかすると、腐  何か腐  密生している腐  女の腐  ノーミソの腐  ノーミソが腐  ミソの腐  脂肪が腐  刺身は腐  つて地に落ちて腐  葉の腐  本気になって、その腐  頭が腐  キャリコが粗腐  茎も腐  意気も倦み腐  乱杭の腐  ッぱい散り腐  放題に腐  一劃は、腐  意識してゐるばかりでなく、よし蝕まれ腐  半ば爛壊した腐  古池の腐  云つてふて腐  ポタリと落とし、あたかも腐  其一段が甚だ宜しくって腐  隠居して腐  のと腐  壮士の腐  つてあの腐  てめえなんぞ腐  今四五年經つて此根が腐  一杯に腐  数限りなく腐  數限りなく腐  果てからは、腐  ものなら、腐  根の腐  中で、腐  雨に腐  顔は腐  澁い腐  花の腐  私を棄てて腐  稲が腐  着物といわずべとべとの腐  割れないで腐  窓を開けてみると腐  虫がつきて腐  鞘の腐  足もいれまじく、腐  鱗茎は腐  立派に腐  一杯は、腐  ことで腐  毎日殘つてゐるな、もう腐  溷濁汚腐  川が腐  水垢が腐  石が腐  汀に近い腐  其中一つは早く腐  破片や腐  あばら家の腐  先祖どもが腐  ほかた腐  はりを古い悪い、うすぎたない、腐  臭氣と、腐  胃病患者の腐  一回目からして腐  東のは臭腐  山の上に走り腐  象の腐  風が腐  手前までがそんな腐  なつてゐて、その黒い腐  籬となすその腐  俗に腐  魚類の腐  臭が腐  枯死し腐  動転して、流れ寄る腐  岸ちかくに漂う腐  者あり、腐  腸の腐  自分が死んだら、どんなだらう、腐  草や腐  かぎり、腐  死骸が腐  上を腐  忍びやかに腐  下は腐  間も無く、腐  俺の腐  尻の腐  今はまつたく腐  真意には、余りに腐  着衣も、腐  滿地に腐  惡弊も生じ、やがてその腐  画布は、再び腐  ことなき腐  奸譎な、腐  



前後の言葉をピックアップ
  草屋根    草仮名  草雲雀  くさい  草井  クサイイキ  草いきれ  クサイクサイト


動詞をランダムでピックアップ
あそびまわっやきついそよぎ鼻じろむ打ち殺し縛らもらす駆け出す駆け回れ綯っ録し吸いこも紛い聞きかじり組合せるはね上げ取りはからっ長らえ振りかざさ弄う
形容詞をランダムでピックアップ
なけりゃいたましきかくおほけなく理窟っぽく著しき生温い可愛らし間近い聞きづらいつらけれみっともなあやしけれ蒸し暑かっひやっこ香しい思わしいむず痒ぶあつ緩い