「胆」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
胆を寒からしめた  胆を失った  胆をつぶした  胆大心小の立居振舞い  胆を潰して  胆太く自分と富士の運命を見届けにかかった  胆をつぶしてしまいました  胆を潰した  胆を売りに行く  胆のほかにはなんにもいらない  胆に銘じ  胆にそみていた  胆を奪った  胆が勝れていませんので  胆を選り好みしないよ  胆を挫きにかかった  胆を冷やしてしまいましたよ  胆をヒヤリとさせたが  胆にも銘じ  胆をつぶしてしまった  胆に花火が散って  胆に銘じて居ります  胆いりである私の友人の説明によると  胆を潰したでしょうね  胆をつぶして  胆をつぶして逃げだしてゆく  胆まず敵をのむ  胆をのまれてしまったか  胆を錬るは  胆を潰してゐる  胆は太い方であり旦その場合非常に落着いて来た  胆をつぶされて  胆をひしがれて  胆の潰れた  胆を奪われたらしい  胆を潰し  胆を落として  胆をぬかるるは  胆を寒くしながらも  胆煎をするので  胆つ玉をひやす  胆をつぶし  胆をつぶすと  胆をそのたびに奪った  胆を取られるか  胆を冷やして  胆に銘じてきた  胆をひやして  胆に銘じております  胆の潰れる  胆を冷やした  胆を寒うした  胆の座った  胆っ玉はしっかりしてますんで  胆をちぢめさせた  胆をすくめながら  胆にふかく刻みこまれたかがわかる  胆をつぶす  胆を冷やしながら  胆をひしがれた  胆をひしがれたのでせう  胆を冷やして狼狽えまわったが  胆を潰しましたが  胆がつぶれたか  胆も魂も身に添わず  胆を挫がれましてき  胆を飲んでいた  胆が潰れたか  胆をつぶしてしまって  胆を冷やしたり  胆が潰れる  胆を奪い  胆を冷やしたが  胆太く腰を据え  胆っ玉一つで青銅の鶴を鳴かせたって  胆の太い航海者が小さなぼろ船に乗って  胆をつぶしておどろきましたが  胆を据えて  胆を破らざる  胆をつぶします  胆を潰したが  胆をとりひしいだ  胆が太てえんだから  胆に銘じなければならぬと思ひます  胆煎りで自分達が独り立ちでやれる  胆にした  胆を奪うのに  胆を潰している  胆を冷し  胆に銘する  胆を潰したに  胆に銘じて来ている  胆を冷した  胆を潰したり  胆に命じて驚いたといふ  胆をつぶしはしないかと思って  胆を冷しちゃったという  胆を寒うしている  胆は喰いたく思わない  胆っ玉が太くなっているから  胆を潰したよ  胆までも奪ったとは  胆をつぶして話されました  胆を冷させてやりたい  胆に沁みて  胆を取って  胆をとる  胆をとってしまった  胆を持っている  胆の大きそうなアザラシをきめておこう  胆を薬にしようときまった  胆を消し  胆を冷やすには  胆を冷やしましたが  胆に触った  胆にこたえた  胆を冷すに  胆を奪われた  胆をつぶしながらも  胆を潰したので  胆を奪うてやる  胆がすわっていた  胆を奪うに  胆をひしいだに  胆を奪われ  胆をつぶしました  胆を冷させた  胆がいれる  胆を潰す  胆をけして  胆を消いて  胆も消いて  胆太くもざんぶと身を浸いた  胆を潰ぶすばかりで  胆を縮めた  胆を冷しました  胆をすえてから  胆を冷やさせたという  胆をつぶした程  胆を冷させたが  胆がすわらない  胆を落着けて  胆に銘じて  胆をつぶしてしまったが  胆を潰してしまった  胆があって  胆を消して  胆を冷して  胆か熊の孕子でも御馳走しましょう  胆を奪うた  胆が潰れたね  胆を潰すな  胆をおびやかす  胆に銘じた  胆煎りをしていた  胆が無いということを四郎兵衛から云い聞かされて  胆を売って  胆と枕草紙は警察が八釜しゅう御座います  胆を売った  胆の廃物利用をやって見た迄の  胆の買手をば連れて来る  胆のほかに胃腸につながっている  胆の手附の金をばモウ崩いてしも  胆を取れあ  胆を資本にして  胆の太い海賊共も思い切って  胆を少し太くして  胆煎となって  胆を冷やしたという  胆をうばはれた  胆を寒からしめる  胆を据ゑて目を開いて  胆をひしぐ  胆を潰しました  胆を据えるべき  胆を潰して逃げ出すだろう  胆を驚かすに足り  胆の据え  胆を潰したと思う  胆でも食いたければ食う  胆を冷すほどでございましたが  胆を御挫かれになった  胆抜きて走る  胆を冷してしまいました  胆を奪われない  胆を潰したね  胆を冷やさざるを得なかった  胆を冷やさせる  胆を抜かれた  胆を冷す  胆を潰してしまいました  胆を冷やさぬでも  胆は平均一匁百円で売りますから  胆を寒くする  胆がすわっていましたから  胆を裂く  胆に徹えるほど  胆が潰れた  胆吹から長浜道へ向けて  胆の据った落ち着いた  胆に銘じていると言えるだろうか  胆に奥深く触れて来る  胆の白くなる  胆の太さだけでも命乞いをされる  胆を据えて掛ってくれねば  胆っ玉をデングリ返すだろうと思いましてね  胆を潰したらしかった  胆を潰させようとして  胆を冷やし  胆をもって  胆を嘗めるほどの  胆もあり  胆吹から飛び出して来た  胆を抜かれちゃいました  胆を抜かれねえ  胆太き若者はずかずかと寄りて  胆吹から率いて来た  胆を冷やされている  胆を消して逃げかけた  胆をぬかれた  胆が坐つてゐる  胆を奪いて  胆を冷したぞ  胆っ玉をデングリ返してやるか  胆に命じた  胆吹から大江山へ飛んだ  胆を薬用する  胆や頑石や牡具の乾物も多少その用に充て得と言い置く  胆をひやした  胆っ玉もある  胆をつぶしたという  胆に銘じて考えなければならない  胆を寒からしむだの  胆にこたえて  胆太さを呆れたる  胆太きに呆れたり  胆をつぶしたら  胆を潰すと申します  胆がすわっているぜ  胆で押しが  胆は皮ハギのそれに似て  胆を練り  胆の据った  胆を失い  胆落つるを覚えつ  胆のなお小にして  胆をひやし  胆っ玉がひっくりかえった  胆っ玉がでんぐりかえるほど驚いた  胆をくだいた  胆を抜かれ  胆を冷やす  胆を潰してござるよ  胆を奪う  胆にこたえ  胆を冷すに足る  胆を嘗め  胆がちぢまってしまう  胆は薬になります  胆がすわった  胆だめしの当番が鉦をたたいたら  胆だめしの遊びがはじまる  胆だめしの当番はへい  胆だめし当番の順序がきまった  胆と矢矧の橋の上の小六の槍の石づきをとらえている  胆を取られたる如し  胆の主が教へ呉れし  胆を潰さざるを  胆潰れて笛を吹きやめたれば  胆潰れたれど心を鎮め  胆をつぶしながら  胆を破れや睡りを  胆を冷やしたり縮ましたりして  胆をつぶして泣き  胆をもって生まれた  胆の据わった  胆をおびえさせた  胆へし消え  胆を掴むには  胆にあったと  胆がつぶれるほどの  胆を潰さざるを得なかった  胆を潰したらしい  胆が据わってきた  胆を潰して叫んだ  胆取の青い眼つきを思ひ出し  胆を寒うして越えたであろうと思われる  胆を冷している  胆をつぶしたが  

~ 胆[名詞]1
人々の胆を  僕は胆を  意外に胆を  饑を凌ぎながら胆  兵曹長も胆を  皮と胆を  響があって胆に  頼綱の胆に  対手の胆を  ッかり胆を  弥助は胆を  原士の胆にも  親切は胆に  当日の胆  男児の胆を  旋風を見て胆を  櫓方も胆を  極度に胆を  見物は胆を  若い衆の胆  佐吉も胆を  彼の胆を  それを胆に  意見は胆に  良民は胆を  痛恨を胆に  部下は胆を  圭さんの胆を  曹仁も胆を  私も胆を  惨死体に胆を  将は胆を  関羽も胆を  諸人は胆を  事に胆の  者の胆を  武士たちは胆を  呉兵の胆に  これは胆を  死体に躓いて胆を  私は胆を  繁華に胆を  魏兵は胆を  黒鯛の胆を  何んと胆が  荊に坐し胆を  二三度続けて殴ったから胆を  日本中の胆  人たちは胆を  槍進上とは胆が  一瞬ヒヤリと胆を  加十は胆を  新聞記者冥利に胆  張は胆を  敵の胆を  彼等の胆を  酋長オンコッコは胆を  これに胆を  お玉の胆を  お上の胆  #鮟鱇の胆の  さに胆を  一同の胆を  野生仙人掌に胆を  空鳴りにも胆を  実地を見て胆を  煤に胆を  武蔵は胆を  私たち皆の胆に  今日を胆に  小言に胆を  悸されて胆を  現代人が胆を  客たちは胆を  帆村が胆を  弓勢に胆を  ルーテルの胆は  ときにも胆を  のには胆を  人の胆を  乗組員の胆の  人の胆までも  こんどは胆に  アザラシの胆を  アザラシから胆を  そうな胆を  アザラシの胆をの  酔心地の胆  怪異に胆を  雑どもの胆を  一時は胆を  敵対に胆を  鈴江は胆を  群衆が胆を  駒井の胆を  捜査課長は胆を  人々は胆を  人たちよりは胆が  犬殺しどもの胆を  観客の胆を  彼等は胆を  侍が胆を  七兵衛の胆を  なんだ胆を  姿に胆を  始は胆も  唯だ胆を  三人の胆を  敵軍の胆を  梅は胆を  甚三は胆を  一太が胆を  絶対に胆が  おれは胆を  今私は胆に  源右衛門も胆を  ものは胆を  声に胆を  松吉は胆を  敵味方の胆を  ほんとうに胆が  腕を見せてやるから胆を  相手の胆を  万事の胆  二人は胆を  肝腎の胆が  昇の胆を  危きに慣れて縮めた胆を  者は胆を  尊氏の胆を  夕べにするほどな胆  水夫は胆を  わたくしは胆を  みんなも胆を  奴等の胆  大食を見たら胆を  懦夫の胆を  生物にとびつかれ胆を  肉でも胆でも  私ども一同が胆を  血を滴らし胆  非常に胆を  景気を見て胆を  鳴動に胆を  それには胆を  あっしも胆を  平兵衛は胆を  弓之進も胆を  意見に胆を  宇之吉が胆を  路を踏み外しはしまいかと胆を  年に似合わず胆が  流石に胆を  間に胆に  凡太の胆に  以上の胆の  チャンと胆を  明かに胆を  奴の胆を  屍に胆を  斗大の胆を  薪に臥し胆を  昨晩自分が胆  今度こそ胆を  一種の胆  船頭達は胆を  陣十郎は胆を  それに胆を  介も胆を  ごとに胆を  金兵衛の胆  老媼の胆を  馬車に胆  毛唐の胆  苦痛は胆に  獣の胆や  方が胆を  市十郎は胆を  足音にも胆を  ことに驚いて胆を  僕は胆が  於て胆を  小田原で胆を  教育界の胆を  這ひ登りながら胆を  人は胆に  虜の胆を  間で胆を  妾の胆  われながら胆  乗客は胆を  山仏に胆を  いやに胆が  甚の胆  儀作は胆を  事さえある胆の  禅により胆を  づはまるで牛の胆の  意味で胆の  彼は胆を  弁論で胆を  行手にあたって胆を  大なりと誇れる胆の  びっくりして胆を  春木少年は胆  毒手からのがれようと胆を  ことに胆を  見物人の胆を  風景では胆を  そなたの胆を  京一郎は胆を  何遍もこすって胆を  味が胆の  不意だったので胆を  良平は胆を  様子を見て胆を  それを見て胆を  一同は胆を  義朝は胆を  骸骨館の胆  豊公幼時の胆と  誰だって胆を  ときぐらい胆を  自分でこわしてゆく胆  これには胆を  杜子春は胆を  癇張声に胆を  奴らの胆を  為右衛門様も胆を  追手かと胆を  勇あり胆  東北言葉に胆を  お金が残らず胆を  巡査の胆を  庄三郎は胆を  九郎右衛門は胆の  古人の胆を  気性と胆に  気性の胆  やり口に胆を  人の胆  長吉の胆を  平助は胆を  

~ 胆[名詞]2
図太き胆  その胆  定めし胆  随分胆  いささか胆  等しく胆  すでに胆  おのずから胆  すっかり胆  案外胆  大した胆  なんとも胆  まず胆  深く胆  一層胆  大抵胆  疎胆  如何にも胆  もう胆  すばらしい胆  ことごとく胆  あんまり胆  はっと胆  どんなに胆  愈胆  実に胆  再び胆  いよいよ胆  相当胆  一寸胆  少々胆  どれほど胆  やわらかい胆  だいぶ胆  悉く胆  むしろ胆  しばしば胆  こういう胆  太い胆  小さい胆  さぞ胆  自ずと胆  

複合名詞
龍胆  胆取り一人旅善魔  胆取り東西  胆妄  胆吹  胆気  喪胆  白龍胆  胆礬  義胆  胆量人  荒胆  雄略胆才  義胆鉄  皆胆  胆魂  忠心義胆  気胆  胆ッ玉  冷胆  生まれつき胆  義胆忠魂  胆入り  胆大智密  胆大頭密  忠胆  将みな胆  私ア胆  龍胆寺雄  龍胆寺  胆吹山  胆玉  生れつき胆  みんな胆  一つ胆  スツカリ胆  胆取り  胆ッ玉がち  苦心酸胆  笹龍胆  胆勇  日頃胆勇自慢  ところ胆  胆才  胆吹山神  胆気一方  胆とり役  胆とり部隊  胆とり  忠魂義胆  兵馬胆  強胆  張胆明目  胆大  忠胆義  富胆  戦胆  大分荒胆  シャツ胆礬  熊胆  就中胆  胆死  胆大小心録  胆買い  胆泥棒  胆一つ  胆ぢ  それ胆雲梅  満身これ胆  驚胆  スッカリ荒胆  ゃああっしも胆  水胆  もの水胆  胆吹尾根  通り胆吹山  近く胆吹  胆吹名代  胆吹神社  胆吹明神  胆吹山容  胆吹颪  胆吹自身  胆吹夜登り  胆吹山神  胆吹入り  胆吹山征伐進軍  胆吹山下  胆吹山麓  胆吹山入り  龍胆寺雄氏  胆試し  太胆  胆吹王国  胆吹山麓圏内  いま胆吹王国  まま胆吹  胆吹御殿  胆吹マラソン  みんな胆吹  胆吹一国  内心胆  嘉門様胆入り  春龍胆  姫龍胆  胆吹山時代  胆吹出来星王国  みんな胆吹御殿  胆吹留守師団  青嵐居士胆吹山  此凝胆  勇胆弁才能  生涯胆  胆さ  スッカリ胆  一番胆  胆田  此強胆  ぎよつと胆  人胆  胆金二枚也  たる生胆  胆気粗  胆太  碧胆  



前後の言葉をピックアップ
キメン  キメ手  きめ細かい  きめ細かく    肝いり  キモイリ  肝煎  肝煎り  肝吸い


動詞をランダムでピックアップ
見せ掛ける待たし取りしきっひかす哀れみ仕組み碾き設けるせめよ挿そ屈せはねつけれ受けあい妬み入組んむけれぶらさげるききもらす突あたり落し
形容詞をランダムでピックアップ
あぶなっかしいありがたき手緩きくらしたたるい難し手広かっ少きこむずかしき手速くつましいほど近くつめたけれ騒々しく少かろなまめかしくむつかしから気味悪かくし手っとりばやく