「股」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
股に筆を挟んだ  股を重ねて坐り  股をひろげて  股へ突き立てた  股のぞきする  股を打ちました  股が油でニチャニチャする  股の肉がそがれた  股になった  股を思い  股に仕事疣のはいった  股をはだけた  股に当てて見た  股にくつつけ  股摺れがして  股摺れの味が味いたいと思う  股を踏み立て  股に創を負う  股の傷を押さえながら  股をひろげると  股の辺がスースーと涼しくなりました  股の間に拡げた  股の中に抱き込んで  股から臑へとこすりおろして行く  股を撲り  股の下から峠を見れば  股に首をはさんだ  股をつつぱつて死ぬ  股が裂け  股から生れた  股といわず  股の間にはさんで  股までいって  股からあふれる  股から顔を出して  股にかけ  股の毛をわけて  股だちを  股から逆に水を浴びた  股の陰から僕の隙を鋭くヂイッと窺ひ  股や肉切り庖丁などを苞にくくって持つと  股を振り上げて  股をくぐって  股の肉を横にくわえた  股を喰らうぐらいな  股に墨筆で絵を書かせて  股を打って  股を開いたり  股にかけて稼いできたんでさ  股へ片手をかけた  股を敵に突かれ  股や乳房のなまめかしい重たさをその鮮血のやうなくちびるはここにかしこに私の青ざめた  股の肉のべろっと腐り落ちて行く  股を没する  股に陣どって  股の御前がいえば  股にかけ沿岸の支那の漁村を荒らしまわっていた  股を浸すあり  股をチラとのぞかせる  股をひらいて  股をひらいているが  股をひろげて投げだして  股のあたりまでチャックがついている  股が大きく破れて  股の間へサツと入りました  股の間に投げ込んだ  股へ棒を放り込む  股のあたりにびっしょり汗を掻きながら  股にひや  股をくぐる  股にはさんだ  股を開いて  股のあたりをさすりながら  股たぶらを捻る  股をすり合わせて  股の中の事まですツかり画いて居りました  股に差しこんで  股の間に置いて  股までのゴム靴をはいた  股に当った  股へ注射をしている  股に結んで弄び  股にかけた  股にかけて色んな人種を手玉に取って  股に銃丸を受けていた  股を踏ん張って  股につけ  股にかけて何か怪しい商売をしているという  股の奥まで見え  股に鉛筆を挾むくらいの  股のあたりに引ッ掛って  股の間が膿みただれ  股が折れ  股の間に挟んで  股に掛けて歩いた  股へ挟んで  股を潜らした  股に挟んで逃げた  股の下を軍隊に行進させてみよ  股の下を行進しました  股の下を通る  股の下に行進させたりします  股に掛けての  股からささくれの  股のなかにいれ  股にかけて雲助をしているから  股にかけて事業を營むことになると  股を突切って行った  股の出血が非道かった  股の間をメチャメチャに切りさいなまれたりしています  股だち  股の間から持ち上げて  股の下に押し下げる  股まで裸の二本の脚と穢い体の一部が見えるくらい  股の上へ肱を乗せて  股へ移して  股に挟んだ  股に挟んで  股のところに懸っていた  股のところから大樹の向う側にずっと長く斜に引き張られている  股に力をこめて  股から膝をまさぐつて居る  股の間から背後の者の竹を打つなど  股から胸から顏へ匍ひ上り  股にかけて歩いてゐる  股のあたりの皮膚が爛れて  股にかけて歩いていた  股に水虫が出  股の上に來るくらゐで  股だけ買う  股にかけて七年間というもの日本中を騒がした  股や腕に無造作に置かれてゐた  股をひらいている  股擦がして  股の下から母の顔を覗いた  股を一つ捩った  股が映る  股から生れくさったか  股のあたりの肉はすっかり落ちていた  股の下をくぐって  股の下をくぐりぬけて  股からあふれ出し  股をく  股を炮り焼きにした  股のところまでは通るまい  股を潜り  股ほどもある  股の間へ摺鉢を入れて  股をくぐらせ  股を開きて  股から下にぶらさが  股と移植すべき  股から裂かれ  股を抑えて  股や岩の間から生れたじゃある  股をふるわす  股を貫いたらしく  股のあたりの肉を切りにかかった  股のあたり縦さまにさけて  股を牙にかけられ  股まで現われている  股の間にモゴモゴしている  股にさしつけた  股とを祝福せよ  股をパッとひらいて  股に足をかけて  股を丹念に拭きこみながら  股をそのまま利用した  股のぞきをして見ました  股に銅貨ほどもある  股の間に入れて  股ほど気になる  股が縮む  股が太って  股が浮く  股の間から顏を出せと言えば  股が動いて  股にうけ  股の上に力強く感じた  股の傷口には蛆さえわいていた  股から生れました  股の上へ厳しく置いて  股を拡げた  股の間へ挿んで逃げた  股へ挾んで  股のあたりへかけて  股が出ている  股から下は泥だらけになつて顏にも衣服にもはねた  股の間へ鉄の分銅を釣る  股の間へ襞をつくり  股の上にあった  股の見えるほど  股のあたりへ突きおろして来たが  股に蜘蛛の巣がイレズミされてゐる  股の付根にカマキリが羽をひつかけて  股に一羽の大きい鵜がつないであって  股にかかえ込んで  股を冷たくして過ぎた  股のつけ根までが水の中にあった  股を叩きました  股の打たれた  股に赤い平手の痕を鮮やかに残した  股もあらわにして  股が白くなる  股が見える  股の肉を割愛して  股にかけて看板をかいて歩いてをり  股かけていようと  股を突き  股のあたりへ集まっていた  股を裂いたりした  股から斜めに幹をかけて  股ばかりを裂いたというが  股の下を目高の群が泳いでくぐったりする  股にして来た  股にかけて歩いて来た  股を刺され  股を抓み上げて  股を縮め  股をがつしり踏みしめて  股を現はす  股まで浸って  股まで蹈み抜いて  股にかける  股を二度突通し  股から出る  股の間がちらちら出る  股の所が少し痛くなる  股を擦って  股の付根の処からスッポリと消失せている  股の処から右足を切断してもらった  股の中途から切断してもらったので  股の途中から切り離された  股に懸るというから  股の根に立って  股が裂けるでせう  股をつねりました  股の間をめがけて  股になつてる  股になってる  股の間をスリ抜けて  股に挿んだりする  股のあたりにむっちりとみがはいっていた  股にして  股がこまかくふるえて来て  股の辺りを斬られた  股や腕にギリシャの彫刻に見る  股を拡げて  股までも雪の中に埋まった  股から髪の毛のような長い葉を垂らしていた  股まで達しる  股に毛皮をつけた  股の締らないだらけた  股を割いて進めたから  股から股をくぐって  股の下で生活させ  股の下で生活し  股にはさんで  股のあたりはすつかり  股の間へ捻じ込んでしまった  股の間へ沈める  股のあたりまである  股を水平に上げて  股にかけて歩いてる  股と膝との関節に烈しい疼痛を覚えた  股とかを切つたさうやの  股との関節に異様な疼痛を覚え  股にかけての繃帯が切られ始めた  股との中間の肉の厚い所を三寸ばかり切開せられたので  股へ四枚はさんで  股が現れたりするに  股の中へ小さい腰掛をはさみかけてゐたが  股につく  股のつけ根から切れていた  股を一つ一つと切り  股で揺れ動いているだけになった  股を切断しようと待っていた  股にかけて蔓をのばし  股にすがりついてしまうにまかせておく  股から生れたから  股に巨大なオホタニワタイが数株あった  股を開けば  股を狭むれば  股があり  股の下に入れてしまおうとするから  股に中り  股をひっぱたき  股まである  股からでも出て  股の肉がしびれてきました  股のあたりを撫ではじめる  股が山のように積まれてあった  股のあいだから二つに引き裂かれていた  股の間に入れる  股を触れたりして  股の間をするりとくぐりぬけてあわて  股の間からだらりと伸びたれていた  股に手をやって  股の間へ手焙りを  股をかけて欲張った歩き  股で計れば  股ではとてものぼり切れないという  股に手をいれ  股の一本の線の描き  股の線が消えて  股に這入ると思われるくらい  股が地面へ落ち  股に力を入れて  股の辺をやられた  股が切られる  股の方へ押し寄せてくる  股まで濡らしてついて行った  股と膝頭が一時に飛び上がった  股を潜ろうとするですわい  股を開いた  股へ這出している  股いで滑れば  股へ這出して居る  股の下はよくぐしょ濡れになっていた  股になっている  股になりたる  股にさし込むばかりにして  股にもぐした  股に結びつけて  股をひらいて立って  股が載せてあった  股が屠場の奥の方に釣された  股に捺して歩いた  股を読み上げる  股から煙草の吸ひかけを取りあげて  股の間はすいているのに  股で押し合っています  股の間に男のあれがあるので  股を女のようにつぼめて  股の間へさし交しに  股から斬り取られ  股へ斬り付け  股に刀傷がございましたが  股から斬り取られた  股を勘兵衛に斬られて倒れられた  股の附け  股でひねる  股を焼く  股へあてる  股は一面に黒く焼かれていた  股を梨や棗のように平らげるので  股に受けた  股を刺す  股に鍼が刺してあった  股というへ出られる  股にかけさせる  股とかいうごとき漢字をそのままに記して  股のあでやかなりし  股の間に光りを落しますと  股の間からくる光りに怯えて  股の間に落された  股にかけられたり  股の間に飛びこんだら  股ぐらいに見える  股んとこまで落ちたで  股から生れて  股から生れるなんて  股から生れたとは考へられなかつた  股をなぐりつけた  股をなぐりつけたが  股をもう一度なぐりつけた  股に両手をつっぱって  股にかけて渡り歩いた  股や乳房のなやましい重たさをその鮮血のやうなくちびるはここにかしこに私の青ざめた  股の処へついた  股で支えてある  股の下に引きずり込んで乗っかる  股に張り  股は股と固く着き  股の附根を切りとるのみにて  股にかけて世情の混乱につけ入った  股がゴムでぴッしりと強く締まる  股のあたりに動かし  股を蛙の手のようにひろげ  股を裂くと  股とおんなじ大きさをしていた  股を広々と踏みはだけている  股は出していなかった  股の間にムギができ  股からこぼれて落ちた  股にはさんで倒れた  股がそれほど硬くなく足はそれほど病まぬという  股の着根から切断された  股にぐっとはさんで廻る  股と云わず  股のところまで包んで  股のしたから  股の中にある  股で締める  股の中へすうすうと  股を拡げている  股までついている  股のあたりに非常な痛みを覚えたので  股くぐりさえ思い出した  股には皆鱗があった  股を喰はせし  股を抓ってみたくなる  股から手の裏へかけて  股に鮮かに赤い平手の痕を残した  股のまん中から二つに引裂くと  

~ 股[名詞]1
指の股に  少年が股を  指の股を  それを股へ  菜の花や股  指の股が  骨だけとびだして股の  親指の股に  火箸を焼いて股に  脛や股に  股と股との  左の股に  指の股の  テーブルを股の  下腹部から股の  自分の股を  犠牲は股をつつ  木の股から  膝から股へ  腕といわず股と  銃を股の  指の股まで  指の股から  相模と股に  彼は股の  松岡は股から  女の股の  瞬間にも股の  猪の股や  猪の股を  げな股を  腹や股に  湖水を股にかけて  梢の股の  兵士の股へ  左の股を  手足をつかれはてた股や  明国を股に  幹の股に  洲の股の  洲の股も  福州を股にかけ  所ありて股を  大根足の股を  首から股の  ズボンの股が  腹から股に  先棒の股の  若い衆の股の  駕籠屋の股へ  背や股の  裸の股に  河風は股を  指の股や  侍の股の  それを股から  巡査も股を  辺から股の  がいに股に  安坐をかいた股の  池田勝三郎信輝の股に  池田の股に  唐朝鮮を股に  ステツキが股の  世界中を股にかけて  州を股にかけて  ズボンの股の  婆の股の  婆の股  鳴瀬川の股に  日本中を股に  尻尾を股の  シベリア中を股に  指の股へ  昔韓信に股を  木の股に  私の股の  軍隊を股の  利根川を股に  茶碗を股の  東海道を股にかけて  世界を股にかけて  傷は股  それは股の  高潮する股の  俄に変る股  裾を股の  ズボン下とともに股の  平岡は股の  木の股の  脚を上げて股の  相手の股を  脛から股から  山へと股にかけて  腋の下や股の  東洋を股にかけて  東洋を股に  僅に股の  間を股にかけて  法信の股の  二尺ほど股を  房は股  後向に股の  緑玉に股が  おれの股の  俺の股の  原田氏の股の  樹の股の  鶏の股を  女の股ほども  善兵衛おじいさんが股の  二度ほど股を  木の股や  人は股を  弾丸は股を  猪の股の  足許から股の  右の股を  脛が股まで  人の股の  あらわな股に  唇と股とを  あしゆびの股を  木の股を  地べたへついて股  腰や股に  尾を股の  時ズボンの股ほど  摂津を股にかけての  変に股が  ユラリと股が  一弾を股に  お召の股へ  胸から股の  股引が股から  足が股の  銀三十枚が股の  腹か股の  羽目板にもたれて股を  腹部と股に  片足の股の  世界を股に  七つの海を股に  樹の股に  洋袴の股を  右の股に  自身の股の  六十六国を股に  彼は股を  蛍が来て股の  立ち木の股を  立ち木を股から  木の股ばかりを  自分の股の  舞台を股に  江戸八百八町を股にかけて  者に股を  左の股の  兵馬の股を  方が股が  南日君は股まで  片足を股まで  おのれが股を  炭の股から  膝と股の  代りに股を  右足は股の  一と思いに股の  切断された股の  自分は股の  子供は股の  吉ちやんは股の  野郎の股を  その間に股の  臀から股の  炉を股に  私の股や  幹の股から  男性の股から  他国人の股の  死人を跨いだ股の  裾を股に  顔を股の  ように股を  日本全国を股にかけて  世界中を股に  何処やら股とかを  膝と股との  膝から股にかけての  男は股の  索の股を  二つの股で  残りの股を  體を股にかけて  枝の股に  刃物に股が  銃丸左の股に  兩方の股を  さも股まで  木の股からでも  天下は股の  獣の股が  手は股の  皮膚の股を  つて尻尾を股の  博士の股の  胡座をかいた股の  袴の股  一人は股に  右上の股の  一日に描かれてゐた股の  劇しく股の  臀と股と  人の股を  つた妻君は股を  やうに股を  靜かに股に  アイスピッケルを股  赤坊の股の  柘榴の股に  ときも股の  前へ股を  豚の股が  一つズツの股が  牛の股に  腰から股の  人とは股で  片足を股から  俺の股へ  足を股から  あなた様が股を  彼の股へ  勾とか股とかいう  糞甕を股  相手の股の  ぼくは股の  スカアトから股の  普通人の股ぐらいに  一本松の股ん  帽子で股を  あぐらをくんだ股に  隨分幅廣く股を  木の股で  内地を股に  枝を股の  五四後足を股に  脛と股は  あたりより股の  ヨーロッパを股にかけて  天狗の股を  日本人の股と  腕と股は  手の股から  木を股に  字悶は股の  嫋々と匂う股の  眼を細めて股で  私が股を  水が股まで  衣を捲って股の  韓信の股  馬の股には  助にも股を  

~ 股[名詞]2
思わず股  いつも股  深股  ひょいと股  その股  ちょうど股  白い股  大きく股  もう股  あの股  いきなり股  とても股  さては股  太い股  好く股  次第に股  なく股  青白い股  やにわに股  時には股  短い股  小さい股  だんだん股  大きな股  わが股  よく股  

複合名詞
ガニ股  股引き  股倉  股武士めッ  八股  股膏薬め  股引き腹掛け  一股  股倉眼鏡  股肉  一つ股  三つ股  股立ち  股野  股目金  股近く  股毛一寸六  泥股山  股野義郎  当時股野  六股  三つ股道  股栗不能聲  股高  股ヨリ下ハ  襷股立ち  股眼鏡  膝股  今後股  割股  股割肝  股野氏  股慄  股燻製  股者  股くら毛  二タ股  猫股橋  股ダチ  股武者  墨股  三股  ガタガタ三股  二タ股者  指股  三ツ股者  真田股野くらがり  韓信股  これ股引き  一股ぎと今  すべて股  洲股  股ぐ時  股ずれ  刀ガ股倉  股前  東股  股梯子  琵琶股  此二タ股野郎覺悟  三ツ股かけ  股かげ  小西股  股脛腹胸  我等股  足脛股  物股長桃  痛み股  股根  八股蛇  13股  墨股合戦  墨股敗戦  ふたつ三股  



前後の言葉をピックアップ
マゾヒスムス  マゾフ  マゾラ  マゾー  また  又八  股火鉢      まだ


動詞をランダムでピックアップ
叢っいがみ合う諮ら焦げつきおしながしたれこめるもも通える端折っ呼び出そかわいがろ重ね合う切れ辿ろ思し召し組み伏せ因め手繰ら取計らえ
形容詞をランダムでピックアップ
ともきゃ馴れなれしい逞しゅううしろめたくうとましく佳き面白う多しおもしろし物凄まじい臭い恐く腹立たしく片腹痛いうすいこわし明から厚ぼったく物々しゅうせんな