「聞く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 聞く[動詞]
意見を聞く  講談などを聞く  これこれと心得ろといえば聞く  これを聞く  何かと云って聞く  事を聞く  理を聞く  のを聞く  んだと聞く  音を聞く  声を聞く  落葉は見てよりも聞いてさみしい、また聞く  人もあったと聞く  それを聞く  家庭に落ちついていると聞く  四畳半にいて聞く  言葉を聞く  わけではないが、聞く  話を聞く  九時に会って聞く  問答をぬすみ聞く  色をあきなうもあると聞く  陣屋をかまえていると聞く  何だと聞く  経過を聞く  そこまで聞く  船場邊で聞く  野球に関してしばしば聞く  久し振りで聞く  何も聞く  話で聞く  のだと聞く  私は然う聞く  噂に聞く  話も聞く  何を聞く  気にして聞く  捉まえて聞く  皺嗄声で聞く  光一は聞く  うわさを聞く  嘲笑罵声を聞く  人について聞く  ことも同時に聞く  家来かと聞く  みねは聞く  云触すと、聞く  本意を遂げられましょうかと聞く  母に逢えましょうか、逢えますまいかと聞く  蝉を聞く  ここまで聞く  爲す者ありと聞く  轟然たるを聞く  悲音を聞く  脱線談を聞く  不孝話を聞く  人に聞く  ほとりにあり、聞く  砲声を聞く  者ありと聞く  途を聞く  笑声も聞く  報告を聞く  告白を聞く  先生に聞く  スープはあるかと聞く  あとで聞く  とりがどうしたかと聞く  停止を聞く  ことを聞く  サイドに聞く  伝へ聞く  傲岸不遜の譏ありと聞く  文壇、聞く  一語を聞く  音楽を聞く  平壌囲まると聞く  流言を聞く  音に聞く  のかと聞く  から、強いて聞く  大丈夫かと聞く  余から何か聞く  婆さんから何か聞く  口早に聞く  真面目に聞く  無邪気に聞く  職人が聞く  源さんが聞く  職人に聞く  外までも聞く  左右田君に聞く  のに困りはしないかと聞く  消息なども、聞く  對論をしばしば聞く  議論を聞く  ぎつて、かう聞く  耳で聞く  耳に聞く  電話だと聞く  んだが、聞く  どれほどと聞く  のと聞く  処から、聞く  二人で聞く  議論も聞く  妹が聞く  ニュースを聞く  楽しいヴァイオリン演奏を聞く  之を聞く  時に聞く  何でも聞く  焼跡で聞く  熱弁を聞く  深海と聞く  あとから話を聞く  鐘の音を聞く  あれを聞く  鐘を聞く  何んにも聞く  気を落ちつけて聞く  口から聞く  二の句を聞く  せいはそれを聞く  容子を聞く  言葉づかいで、聞く  噪音を聞く  鐘声を聞く  哀調を聞く  喧騒を聞く  微かに聞く  ことをよく聞く  エルムなるべしと思って、顧みて聞く  古郷へ帰りしと聞く  会話を聞く  騒蛙を聞く  日本語を聞く  創作をさへ試みてゐると聞く  音と聞く  傳へ聞く  けしきを聞く  理由を聞きたいと思うたが、聞く  者に聞く  跫音を聞く  ところを聞く  ためかと聞く  講義室は聞く  音色を聞く  氣に聞く  シラジラと初めて聞く  ことでも聞く  独語を、聞く  難題でも聞く  返辞を聞く  厨でよく聞く  一声を聞く  ずんだ足音を聞く  耳をすまして聞く  ことがあって、わざわざ聞く  ことばを聞く  ラジオを聞く  悟り、聞く  お談義を聞く  乗願房から謂れを聞く  岩見と聞く  遠くで啼いたと聞く  佛法僧を聞く  鳥を聞く  ぶつと聞く  奴も、聞く  三百人を越すと聞く  何と言いますかと聞く  名所と聞く  獨り遊ぶなりと聞く  瘤礼讃を聞く  理由を聞く  白骨島へきたかと聞く  のかと思って聞く  のですかと聞く  心で聞く  いくつですと聞く  げに聞く  たよりを聞く  程でないと聞く  割れ鐘声を聞く  アクセントを聞く  のが、聞く  のだが、聞く  身内叩きネタを聞く  もう一度ジャストシステムに聞く  オレが聞く  こいつで聞く  内幕を聞く  尺八、聞くともなしに聞く  密談を聞く  すさびでも聞く  底に聞く  江戸と聞く  ものとは聞く  人もなく聞く  富田に聞く  城が落ちると聞く  今日我等の聞く  一人でございますかって聞く  不思議で堪らないから聞く  摩耶さんに聞く  方に聞く  山に聞く  権威だと聞く  一あめ、さっと聞く  深更に聞く  茶の間話に聞く  近所で聞く  いふ事を聞く  から、よく聞く  奉職せられしと聞く  響を聞く  私は聞く  返事をしたか、聞く  ちょっと猶予って、聞く  噂を聞く  院長が聞く  用事を聞く  口を聞く  そいふから誰かと聞く  女に聞く  自分は暗く聞く  自分は聞く  母が聞く  なかで聞く  建物が壊されると聞く  ジョークを聞く  名を聞く  此れに反していかに見まい聞く  莫迦くさくて、聞く  惨状は聞く  夫れを聞く  ちょっと話振を聞く  村人に聞く  実母の、聞く  もの、聞く  間、住んでいたかと聞く  此一言を聞く  夢想にも聞く  語を聞く  ことは聞く  罪に濁ると聞く  少女というと聞く  アーサーは聞く  それ以上何も聞く  話に聞く  昔から聞く  ものではあるが、聞く  ばしわが聞く  学説は必ず大いに聞く  鶯を聞く  訪れと聞く  成程さう聞く  君あらしめて聞く  近くゐて聞く  たるを聞く  ひとり千鳥を聞く  こと、聞く  訳を聞く  私語を聞く  耳を押えて聞く  いかほどでしたの、と聞く  ちよいと聞く  音は聞く  成績を聞く  抱負をこれから聞く  悲鳴するを聞く  悲鳴を聞く  なほ悲鳴を聞く  文部省が引継げりと聞く  聴衆が聞く  報二日も経ってやっと聞く  阿波と聞く  仔細を聞く  者は、聞く  誰に聞く  物と聞く  新刊小説を読ませて聞く  代代に聞く  判断は聞く  今一つお前に聞く  自動車を迎えによこしてくださいましたかと聞く  事情を聞く  用向きを聞く  話し声を聞く  工兵隊かなどと聞く  中にもしばしば聞く  私がよく聞く  日和と聞く  愚痴じゃ、聞く  物語を聞く  聲を聞く  ものと聞く  熱意を有すると聞く  おん教を聞く  愚痴を聞く  価値もなく、聞く  係はらず、と聞く  地位にあるというべきで、聞く  のをよく聞く  声をよく聞く  驚ろいて聞く  音譜を聞く  造は、さう聞く  ものから、聞く  姿と、聞く  哀れと聞く  此返事を聞く  噂、聞く  懺悔物がたり、聞く  戀に思ひを聞く  使と聞く  言葉は、聞く  それはそうと、いろいろ聞く  通りでございますが、なお洩れ聞く  俺に逃げましたかと聞く  ために聞く  落着いて聞く  餅屋で聞く  それであると聞く  処あって、こう聞く  山住居をせらるる、と聞く  熟と聞く  繞るごとくに響くと聞く  大息ついて聞く  のは、聞く  恐縮いたしますが、聞く  唸り声を聞く  西の丸へあがったと聞く  美濃路まで進まれたと聞く  鶫の啼くを聞く  数汐がれ浜で聞く  ことも聞く  云ふと聞く  顎十郎は、聞く  普通に云って聞く  返事を聞く  説を聞く  喬生から理由を聞く  布令を聞く  いずれも聞く  ここにいて、聞く  のを、聞く  始め西洋音楽でも聞く  道を聞く  庄内を出たと聞く  のは聞く  説明を聞く  王女だと聞く  結果を聞く  値段は聞く  感心して聞く  お話を聞く  僕はもう聞く  頼みを聞く  叔父さんに聞く  何にも聞く  私が聞く  径路を聞く  家から頼まれたかと聞く  彼等は初めて聞く  妙法を聞く  そうだと思ったが、強いて聞く  国民に聞く  友達が喜んで聞く  面白がって聞く  氣があるかと聞く  雨だらうかと聞く  下女に聞く  お前は聞く  楽のひびきがふくまれて、聞く  事をおよそ聞く  奴アみんな寝たか、とこう聞く  境内では常に聞く  荒療治で聞く  一心に聞く  四人は、聞く  今しばらく聞く  のも聞く  売立てがあると聞く  日頃噂に聞く  言を聞く  無闇をしたと聞く  清に聞く  どちらからおいでになりましたと聞く  事は聞く  いくらだと聞く  ご用ですかと聞く  野だに聞く  赤シャツが聞く  たまえ糸はありますかと聞く  船頭に聞く  東京から手紙は来ませんかと時々尋ねてみるが、聞く  不審そうに聞く  んだね、困るだろう、と聞く  神経衰弱だから、ひがんで、そう聞く  何ですと聞く  知ってるかと聞く  けさの新聞をお見たかなもしと聞く  講演を聞く  泣き声を聞く  批評家無用論を聞く  何物を聞く  何か、と聞く  吉田絃二郎随筆剽窃問題だったが、聞く  大体好意を以て聞く  時事解説の聞く  まり腹を立てずに聞く  瓦斯事件を聞く  ネバ河と聞く  ことが、聞く  話をも聞く  ことだけ聞く  上意を聞く  手向と聞く  ように聞く  紛失物はなかつたかと聞く  極光丸は聞く  序に聞く  顛末を聞く  医学上よく聞く  代を聞く  京に入らんとすと聞く  音樂を聞く  どこへ行ったとて、到底聞く  ゆっくり後で聞く  呼び声を聞く  鳴き声を聞く  詩を聞く  紅玉は、聞く  ものを聞く  声だけを聞く  これが聞こえだすと、聞く  歌を聞く  方でも、そう思って聞く  なつたとも聞く  前に持出して聞く  うわさに聞く  阪はなぜか沈んで聞く  出所を聞く  時鳥を聞く  黛を描く、と聞く  そうに聞く  いた事を聞く  島民に聞く  空に聞く  声が聞く  津田氏に聞く  濁りのある、聞く  わけを聞く  甞て聞く  村では聞く  土と聞く  娘っ子、聞け聞け聞け、聞く  女房が聞く  ようであるが、聞く  やうであるが、聞く  何んな聞く  余輩の聞く  話にも聞く  事柄を聞く  水声を聞く  垢ほども聞く  それ以来馬の脚音を聞く  カーライルに聞く  物音を聞く  滅多に聞く  上で聞く  ものであると聞く  産地と聞く  産地として名高いと聞く  百軒にも上るであらうと聞く  温泉地であるとも聞く  家柄と聞く  跡と聞く  鼓動を聞く  名であると聞く  づさはつた時代もあつたと聞く  温泉宿も多いと聞く  庖丁と聞く  池も近いと聞く  交際があつたと聞く  淡水湖と聞く  日はないとも聞く  意味であると聞く  故人が愛したと聞く  はつきりしないとは聞く  泊つて行つたと聞く  土地と聞く  生地と聞く  神を聞く  香ひを聞く  遠くに聞く  評言を聞く  うなぎ屋が貶しているが、聞く  花街で聞く  そりゃあ、聞く  女中に聞く  ウラディミイルと聞く  水茶屋で聞く  勇吉に誘はれて出かけたと聞く  笑ひながら聞く  夫れをば聞く  貰つた喰べても能いかと聞く  神田日本橋のを選り出して聞く  言ふことなどを聞く  帽子にも遊ぶと聞く  戯に、聞く  壁を隔てて聞く  やうなど、ところどころ語るを聞く  ものだから、いくら聞く  果てを見聞く  一倍で、そう聞く  大変快く聞く  影うすくよって聞く  不愉快を極め聞く  計画ありと聞く  巧者で、聞く  植ゑ付けたりと聞く  爲したりと聞く  レコードを破れりと聞く  声ねを聞く  気で聞く  馬元義から仔細を聞く  馬と聞く  関羽は聞く  らるると聞く  劉焉は、聞く  はなしを聞く  朱雋は、聞く  話なんか聞く  上に、聞く  こいつを聞く  次第を聞く  鷄鳴を聞く  名前だけ聞く  西洋人が聞く  色を変えて聞く  ソロなどを聞く  中からでも聞く  恁う聞く  給へ、聞く  理窟を聞く  はる音を聞く  やうに聞く  社会主義的リアリズムについて聞く  住居があって、聞く  今日に聞く  便りを聞く  名は聞く  映像技術に取り組んでいると聞く  CDを聞く  ラジオ番組を聞く  衛弘は聞く  報らせを聞く  袁紹は、そう聞く  間にひろまって、聞く  顔は、そう聞く  呂布は、そう聞く  密謀を聞く  なにをしにはいったと聞く  うたを聞く  警察と聞く  何十回となく、くりかえして聞く  ことだか、聞く  何んでも珍しく聞く  様子を聞く  父が撃たれたと聞く  笑い声を聞く  減刑になったなんて聞く  フイル・ハアモニイ会を聞く  興味を以て聞く  曹操は聞く  なりすましているが、聞く  意中を聞く  二千と聞く  命を聞く  老生の聞く  兵をさし向けたと聞く  人だけは聞く  ものあると聞く  立ち現れたと聞く  様子だと聞く  のであるが、実は聞く  非人法師等の語りつつ行くを聞く  百姓に聞く  爲に聞く  何者ですかと聞く  から、何故連れて行けぬと聞く  何処へ行くと聞く  からんことを聞く  幾つかと聞く  音楽などを聞く  音をも聞く  想像がつき、聞く  人から聞く  評判はよく聞く  ニッポン音楽を聞く  民謡を聞く  牌音を聞く  香を聞く  のを洩れ聞く  ふだん東京で聞く  妻も聞く  おことばを聞く  魏続が聞く  快感すら、聞く  曹操は、聞く  曹操はそう聞く  劉岱は、聞く  禰衡は、聞く  吏員を欠いておると聞く  禰衡は聞く  ことではあるが、そう聞く  云へば、聞く  一節をだも聞く  小動物ありと聞く  悲鳴をでも聞く  云へないので、聞く  子供じみているだけに、聞く  親に聞く  perceptualと思って述べていても、聞く  事も聞く  司で、聞く  お伽噺でも聞く  ほかに無い遜にともかく聞く  容姿から名前まで聞く  話を注意深く聞く  白菊植ゑて何を聞く聞く  松山言葉を聞く  人が聞く  譫語に聞く  いふ所を聞く  謡ふところを聞く  明け話を聞く  声だけでも聞く  誹謗を聞く  知識階級の囁くを聞く  君が聞く  関羽は、聞く  河北におわすと聞く  袁紹は聞く  取次を聞く  情報を聞く  兵は、そう聞く  精兵数十万と聞く  審配は、聞く  番兵から急を聞く  それは、聞く  から、ちょいちょい聞く  声を洩聞く  中へもぐり込んで聞く  いきさつを聞く  中国に高いと聞く  遠くで聞く  近くで聞く  交ふるを聞く  宝物と聞く  命令を聞く  どこだってしきりに聞く  ことに就いて聞く  心配になって聞く  何月何日かと聞く  わしに聞く  課長は、聞く  同僚が聞く  ものを、聞く  宇宙電話を聞く  演舌を聞く  中に射たおされたと聞く  教えを聞く  疾駆したと聞く  審さに聞く  不成立を聞く  人から自慢に聞く  周瑜は聞く  六ヶ月振りに聞く  あとは聞く  者が、どうなさったの、と聞く  咳ばらいを聞く  壁辰と聞く  通り相場になっていると聞く  拡声機で聞く  淡路守は、もう聞く  心持を聞く  何かで読むか聞く  風評を聞く  耳から聞く  人づてに聞く  頌文を唱えて、聞く  のであるが、さう聞く  わけではないと聞く  老女に聞く  話を、聞く  傍ら噂に聞く  つても聞く  一種だなど聞く  我れ聞く  これへ向って来ると聞く  ところであったが、聞く  孫権はそう聞く  それと聞く  到着を待っていると聞く  周瑜は、聞く  名文によってつづられ、聞く  そこから先をもう聞く  キマリもんくを聞く  他にもよく聞く  変だね、始めて聞く  方も聞く  云ひ、聞く  言葉をよく聞く  其略伝を聞く  此音を聞く  玄徳と聞く  大将は、聞く  陣に加わったと聞く  妻は、聞く  今は観ないと聞く  コロメルはいないかと聞く  注意して聞く  ペチカに聞く  学生に聞く  者もなく聞く  事に及ぶが如きは聞く  氏に聞く  嘆願を聞く  中に聞く  あくほどにらみつけて、聞く  最後の言葉を聞く  木村を見つめながら、聞く  口からまざまざと聞く  睡眠中のお唸きを聞く  傷を治したと聞く  住居すると聞く  優柔不断、聞く  言い訳を今さら聞く  旅僧は行ってしまったが、後で聞く  辺ではよく聞く  ぼくも聞く  一色じゃないかと聞く  年を聞く  發したりと聞く  木彫だと聞く  川はと聞く  煙はと聞く  警鐘を聞く  金高を聞く  それ以上を聞く  のかねと聞く  平気で聞く  助が聞く  足音を聞く  それを、始めて聞く  書斎で逢うかと聞く  婆さんはと聞く  梗概さえ聞く  事、聞く  仕舞まで聞く  手段があるかと聞く  考えから聞く  弁解を聞く  至言を聞く  家へ帰って、聞く  なかに浸り込んで聞く  中には何故だと聞く  仕事はと聞く  主税、よく聞く  手に捕らえられたと聞く  一将であると聞く  瞞に過ぎず、聞く  これへ来ていると聞く  得意となすと聞く  戦況を聞く  孟達は聞く  懇望を聞く  馬謖なりと聞く  奔ると聞く  孔明の呟きを聞く  将は、聞く  司馬懿の聞く  心をこうと聞く  往って構わず突当って聞く  噂は聞く  楯井さんに聞く  八人五日あまりも懸らねばならぬと聞く  音信れて聞く  かしましたか、と聞く  者、よく聞く  心配そうに聞く  氏から後に聞く  神がいうていると聞く  境にて聞く  大分名高いと聞く  左様かね、予て聞く  座敷切りと聞く  往ったと聞く  其処らで聞く  これだけ聞く  可愛相より時には怖しく聞く  大喝を聞く  陸で聞く  新聞記者と聞く  うわさで聞く  除夜の鐘を聞く  倉地が聞く  ような、それでいて聞く  案内を聞く  囈言を聞く  声をだんだんとはっきり聞く  葉子はそれだけ聞く  左右から半鐘を聞く  聴診器を当てながら聞く  何と言ってると聞く  部屋に居て聞く  月でも聞く  羽織が聞く  この声を聞く  報知を聞く  読経を聞く  通人に聞く  熱心に聞く  声に、聞く  ヘラヘラ笑いを、聞く  東京などで近頃聞く  夜ふけに立どまりて聞く  下駄を脱がすと聞く  亭主は、聞く  経を聞く  唄を聞く  運命、聞く  泣声を聞く  直接に聞く  相場を聞く  そりゃを聞く  意味を聞く  自分の聞く  から始まりますかと聞く  下宿かと聞く  三四郎が聞く  教授に聞く  学校を休んだかと聞く  どこかないかないかと聞く  はたきのありかを聞く  通りへ行って買ってこようかと聞く  落語のおちを聞く  大学なんかで聞く  ばあさんに聞く  講義を聞く  原口さんに聞く  んですかと聞く  言い訳を聞く  風の音を聞く  文句を聞く  恐れはないかと聞く  外国文学講師を入れると聞く  それはいつの事かと聞く  気分はどうかと聞く  畔から聞く  親仁に聞く  医師は聞く  源ぞと聞く  心あって聞く  一条を聞く  台所から聞く  収監などされたと聞く  声を改めて聞く  述懐を聞く  値を聞く  處を聞く  毎に聞く  註文を聞く  声を聞くまい聞く  一と聞く  むと聞く  みなさん、聞く  寝息を聞く  詞を聞く  ことは、つひに聞く  かげで聞く  聴覚で聞く  市区改正の話しを聞く  女性に聞く  ただ路を聞く  らると、つたえ聞く  わけしりが言ったと聞く  談話を、快く聞く  ここに聞く  オオケストラを聞く  葉掘り聞く  ことを、聞く  話として聞く  何さ、聞く聞く  手者だと聞く  これは聞く  Platzlなどで聞く  鏑木さんに聞く  相当に多いと聞く  碁と聞く  あとを聞く  名を聞くと、一層、聞く  ように言いつつも、頷き頷き聞く  区域に亙って聞く  稱せりと聞く  夜陰に聞く  合唱を聞く  ゆっくり話を聞く  空っとぼけて聞く  片っ端から聞く  其言を聞く  私が聞こうが聞く  老婆三人話し居るを聞く  お上さんに聞く  暗夜に聞く  矢繼早やに聞く  樣子を聞く  人が居ると聞く  意見も時々聞く  話だけ聞く  紛議中と聞く  のか聞く  百万円については聞く  オヤどなたかいらッしゃるんですかと聞く  話なぞ聞く  仄かに聞く  池田屋に集ると聞く  耳をたてて聞く  一言を聞く  わたしが聞く  十三日と聞く  金を出して聞く  そいつはよく聞く  凧も飛んだと聞く  秋風にちるを聞く  行動、くだらないと聞く  巷に聞く  今でも時々に聞く  響きを聞く  野に聞く  行いて聞く  はいとど多しとか聞く  夜ごとに聞く  一度この声を聞く  外題だと聞く  の呼び上げを聞く  叫声を聞く  もっと詳しく聞く  引力はどうして起こるかと聞く  引力はどうして起るかと聞く  空で聞く  報知でも聞く  呼吸を聞く  側で聞く  周圍から反響を聞く  弟はどうしたと聞く  名を話してはゐなかつたかと聞く  己は喜んで聞く  啼声を聞く  作して、聞く  鳶にとらるると聞く  われは聞く  名前を聞く  身の上話を聞く  丹三郎さまと聞く  内で聞く  から私が聞く  炭屋が有りましたかと聞く  世話番ぐらゐの人に聞く  梅廼屋に聞く  談話を聞く  板一枚を隔てて聞く  僕が聞く  冒険談でも聞く  鑿って聞く  調子を聞く  方で聞く  二階から聞く  生活を聞く  正太にも、聞く  何と聞く  鐘われがねならば、聞く  能く聞く  理を談ずるを聞く  論説を聞く  教固より聞く  解釋を聞く  わが聞く  彼等に聞く  方も楽しければ、聞く  余は立ちどまって聞く  騒音を聞く  嬢やはと聞く  夜に聞く  さまよひて、同じおもひにありと聞く  変を聞く  知らせを聞く  ラジオで聞く  笛を聞く  何を言い出すか聞く  それかと聞く  これを、うっとりとなって聞く  芥溜をまた聞く  思いで聞く  談を聞く  ッて聞く  看護婦に聞く  気の毒で聞く  達者で可い、どうした、と聞く  主人は、と聞く  講釈を聞く  幻に見たと聞く  どこへ行くと言って聞く  どこだと聞く  声も聞く  親方に聞く  女中どもに聞く  屋根裏で聞く  物、聞く  物語、聞く  お松は、聞く  設備を聞く  霹靂を聞く  評判を聞く  いくらでも聞く  流名を聞く  誰も聞く  張扇で聞く  旅籠屋で聞く  和一郎も、聞く  判決を聞く  声を、聞く  のに聞く  価を聞く  音楽と、動きながら聞く  たかと聞く  負けたかとか聞く  そうだろうと分ってみても、聞く  杣に聞く  のをでも聞く  番鍛冶一文字に多しと聞く  の子も聞く  宣告を聞く  方角ににげていいか聞く  お礼はと言って聞く  外で聞く  なにを聞く  作り話をどう聞く  お玉を聞く  いつでもこうして聞く  人もなし聞く  これに聞く  君に詳しく聞く  一ぱいと聞く  ためと聞く  音も聞え無くなり、聞く  日比谷公園あたりで聞く  火事と聞く  ものだと聞く  問答をよく聞く  帆村が重ねて聞く  真面目になって聞く  糸さんに聞く  自分に聞く  五月蠅く聞く  青年が聞く  それをかように聞く  母に聞く  中野君が聞く  一人が聞く  高柳君が聞く  声で聞く  つもりだと聞く  論を聞く  文楽論を聞く  のだが、よく聞く  奇聲を聞く  若い女に聞く  某氏に聞く  島民教員補に聞く  ことも、聞く  立籠つた、と聞く  眞夜中二時だ、と聞く  拜すると聞く  賃貸しをしてくれませんかと聞く  中田は聞く  老婆に聞く  奇声を聞く  子規を聞く  申しわけを聞く  何物をも聞く  対話を聞く  名乗りを聞く  由を聞く  ものとか聞く  戒心に聞く  松籟を聞く  幾度も聞く  忠言を聞く  まま来意を聞く  口なんか聞く  其を聞く  半分にまぜっ返して聞く  大声を再び聞く  伝説を聞く  から、帰って聞く  部屋に横たわりながら、聞く  大塚さんは聞く  呼吸までも聞く  ところへ届きますかって聞く  千と聞く  校長さんに聞く  蛙を聞く  地鳴りを聞く  消防手から聞く  之れを聞く  門番に聞く  伊勢に向ったと聞く  大岩山陥ると聞く  表に佇んで聞く  とき鈴の音を聞く  甲者は聞く  如実に聞く  特に読まれると聞く  われに聞く  スワと聞く  稀に聞く  つたであらう、聞く  座中にはもう聞く  叫びを聞く  しかし、聞く  クーデターを聞く  から、なぜかと聞く  下男は、そう聞く  十二月のこえを聞く  検事たちから聞く  秘密を聞く  誰からも聞く  生首と聞く  友人に聞く  興を覚えて聞く  身の上を聞く  スパセニアでも、聞く  山越えをして来たと聞く  署長に聞く  ように楽しく遊んでいると聞く  騷ぎをこんな處で聞く  処で聞く  中で聞く  先づ落着いて聞く  つても、聞く  上で、聞く  語つたのを聞く  密書を解いたと聞く  久振りに聞く  逆に聞く  今時分あれを聞く  方を聞く  それが逃げ出したと聞く  内々は聞く  政を聞く  灌ぐと聞く  祠ると聞く  狂ふ如く、聞く  狂うごとく、聞く  後から唱に聞く  かたを初めて聞く  君、聞く  おかみさんに聞く  蝎と聞く  後に聞く  衣も納めつと聞く  屍より開いたと聞く  話のつづきを聞く  それだけでも聞く  云つたと聞く  買ひながら聞く  レコードを聞く  消息を聞く  打傾いて優しく聞く  それじゃ聞く  気焔を聞く  帽子と聞く  師匠に聞く  悪口を聞く  のを聞くともなく聞く  大体を聞く  いふ話もよく聞く  ことは、聞く  ものかと聞く  店にいて、聞く  批評を聞く  朗読を聞く  積りであつたとか、聞く  声とは聞く  矮鶏を拵えたと聞く  嘘を聞く  何処ですと聞く  何程かと聞く  運賃はと聞く  一つ意見を聞く  子に聞く  年も聞く  花の盛り聞く  東京へ行かれたと聞く  立上氏を呼んだと聞く  薩摩琵琶を聞く  海の遠く鳴るを聞く  米友が、聞く  ことを洩れ聞く  音でありますけれども、聞く  自然、聞く  木崎原を聞く  上へ置いて謹んで聞く  さを聞く  前生を聞く  ものも聞く  噂さを聞く  北海道と聞く  大砲を聞く  キューピーをどうしたかと聞く  渠は聞く  別に謝罪を聞く  家で聞く  其処に埋めつと聞く  どっちが恐いといって聞く  昔の物語りでも聞く  なあにと聞く  主張について聞く  人物かと聞く  あたしたちは聞く  心のはこびをえこそ聞く  これ以上何も聞く  花夥しく咲くと聞く  あたしは見まい聞く  なぞと聞く  朗らかさを示していたが、聞く  於いても往々聞く  ためだと聞く  これは一寸聞く  爲だと聞く  音も聞く  祭文で聞く  から、呼び留めて聞く  気休めとして聞く  ものは初めて聞く  ブルジョワだと聞く  ものはないかと聞く  興味ふかく聞く  会話を聞くともなしに聞く  高話しを聞く  養鶏場だ、聞く  人の聞く  お目こぼしがあると聞く  程は聞く  相当に聞く  与八は初めて聞く  それで忙しいかどうかと聞く  幾ら有るかと聞く  鼻唄は聞く  風靡していると聞く  旺と聞く  流行語をしきりに聞く  言葉さえ聞く  一庵をむすんでおるとか聞く  清子は聞く  秘封と聞く  川を渡ったと聞く  法などという、およそ聞く  訴えを聞く  聲も最う聞く  容貌を聞く  石子も只あきれて聞く  便りも聞く  罵声を聞く  何事も聞く  之は聞く  庄司から答弁を聞く  なんでも聞く  ことばかり聞く  秀才型は聞く  成程と、聞く  ところのものには、なかなか聞く  辞退しても聞く  道庵先生が聞く  相談致しましたが、聞く  レシーヴァーもなしに聞く  理論に、聞く  仰せと聞く  祝いなど聞く  都は広いと聞く  歌謡なども多いと聞く  伝次が聞く  水音を聞く  それらを洩れ聞く  耳にも聞く  気苦労を聞く  無人境に聞く  警官隊と聞く  住所を聞く  突込んで聞く  事を、しつこく聞く  絶對に聞く  時久子が聞く  だいと聞く  山路をさまようて、聞く  身代りに捕われて行ったと聞く  眼をかがやかして聞く  元成は、聞く  道づれ話を、聞く  すみで、聞く  噂などを聞く  物も聞く  子供の聞く  からざることを口走り、聞く  武芸談には、なかなかに聞く  それが聞く  知らないところを聞く  祭文語りを聞く  それを一段聞く  のが差出て聞く  のではありません、当然聞く  僕も差支えないとしても、聞く  声をさえ聞く  ざんげを聞く  英語を聞く  一月のこえを聞く  寒いと聞く  息子からそれを聞く  意志を聞く  のを通して聞く  直かに聞く  京子さんなんて、初めて聞く  避難あらせ給うと聞く  そこに聞く  赤坂城も落ちたと聞く  妙境に入って、聞く  それを引受けて、あずかり聞く  兵馬が聞く  方が、話すにも、聞く  信州松本辺でも聞く  八卦見にでも聞く  その後で聞く  仙太、聞く  仙太郎それを聞く  主膳と聞く  脊梁と聞く  士は多いと聞く  耳を向けて聞く  美女ありと聞く  話を聞かぬでもなく聞く  詩名を聞く  季節に新しく聞く  日頃いつでも聞く  なに御新造さまはないので、段々聞く  皆に聞く  お方と聞く  隣座敷で聞く  寺男に聞く  事をすると聞く  答を聞く  ロシヤ人と聞く  仕舞いまで聞く  能登は、聞く  逃亡天皇の追捕と聞く  四郎泰長も聞く  社会事件を聞く  風のたよりに聞く  御用騒ぎを聞く  知識を聞く  村にはいっていると見まい聞く  注意しておれば折り折りは聞く  呼びかけを聞く  判断できないが、聞く  一つ聞いて見ようか、いや聞く  行つたのかと聞く  中ででも聞く  知らないで吹き、聞く  いるかと聞く  話と聞く  話は聞く  有楽座などで聞く  フランス語で聞く  気持で聞く  足音の近づくを聞く  立合せて、聞く  者は聞く  姉さんは聞く  これへ来たと聞く  所にひざまずいていたが、そう聞く  者からじかに聞く  狂語と聞く  集めと聞く  師直より聞く  メロディだけを聞く  曲を聞く  ことにだけ聞く  蔭言を聞く  胸を聞く  妓に聞く  悉、聞く  ややかに聞く  移り去ったと聞く  本物にせよ、とにかく、聞く  いくさに勝ったと聞く  まいったと聞く  船手をつらねて待つと聞く  首尾よくおこなわれたと聞く  がたと聞く  好餌と狙われているらしく、聞く  山うばもそう聞く  はいなかったのですかと聞く  気持で、聞く  誰彼に聞く  叔母さんに聞く  気がした、聞く  んだいと聞く  いやにしつっこく聞く  のであるか、聞く  男は聞く  人も聞く  怪談を聞く  出仕もせぬと聞く  近ごろやたらにふえたと聞く  事を見聞く  覚一とは、初めて聞く  それは、つねに聞く  真剣となって聞く  寒からしめたと聞く  蛇と聞く  返事は聞く  身を入れて聞く  それは聞かない、聞かないけれども、あえて聞く  一室にあって盗み聞く  枕を上げて聞く  のを見るにつけ、聞く  いふ話は聞く  ものであるから、ともかくも聞く  世には聞く  お話しを聞く  明瞭に聞く  人気を聞く  騒ぎを聞く  脳味噌と聞く  大原は聞く  兄さんに聞く  反駁上奏したと聞く  ためであったと聞く  鞭を聞く  薬師丸から委細を聞く  進言なれば聞く  二時間半しかかからないと聞く  一句を聞く  奉行所へ呼ばれたと聞く  つぶさな報告を聞く  御用を聞く  人が無いと聞く  土地案内を聞く  ことかと聞く  一服吸いながら聞く  市長が聞く  弘子に聞く  新聞記者に聞く  者も聞く  ぶんには聞く  むかしと聞く  ここで聞く  師久は、聞く  軍事を聞く  ところだと聞く  直義が見えたと聞く  勘次は聞く  俗曲、聞く  前になり、聞く  ガヤガヤを聞く  復命を聞く  拍子木を聞く  唸りを聞く  味噌漬なんぞと聞く  評判に聞く  上では、いよいよかわいてめぐまれないが、聞く  二十一と聞く  声に聞く  蔭口には、聞く  ものとして聞く  勾当たちは、そう聞く  あいずを聞く  雲雀を聞く  さきを聞く  我慢して聞いていたが、聞く  下女が聞く  無責任に聞く  遠くから聞く  男に聞く  上掘って聞く  那美さんが聞く  兄さんが聞く  素人が、よく聞く  父に聞く  生活していると聞く  弁明を聞く  何を聞く聞く  ものがたりを聞く  いるかいないか分らないが、来ていれば、こうすれば聞く  白泡となったと聞く  容体を聞く  嘉吉とかを聞く  熟と視て聞く  手毬唄を聞く  人の、聞く  事さえあると聞く  合掌して聞く  方が可い、聞く  鰯を食うかと聞く  笑声を聞く  一度くらい聞く  井田が聞く  気をつけて聞く  読み書き沙汰は聞く  独言ちたまふを聞く  添えものになど、聞く  我は聞く  法律を学びたまふと聞く  心より、重ねて聞く  娘はそう聞く  所を聞く  何処かと聞く  鐘かと聞く  奥州語を、聞く  肉声を聞く  はじめて、はっきりと聞く  人があっても、聞く  人がなければ、聞く  人と、聞く  いつになっても聞く  お前に聞く  電話を聞く  ピアノを聞く  真剣に聞く  人のを聞く  蓄音機を聞く  のだ、と聞く  米友から聞く  鈴慕は聞く  作柄について聞く  作柄を聞く  目的を聞く  金融と聞く  林首相などに聞く  陸軍大臣に聞く  こゑを聞く  家を聞く  大音響を聞く  ツて聞く  如何してと聞く  さらに、聞く  久子が初めて聞く  即興詩でも聞く  夜曲を聞く  太郎は驚いて聞く  唇からも聞く  暗示を聞く  知らないため、面白く聞く  人を動かす事ができるかと聞く  姉に聞く  のも、聞く  電話で聞く  文楽を聞く  実感そのものを聞く  君に聞く  急性肺炎で亡くなったと聞く  料理番に聞く  しんこと聞く  ものが聞く  ひとつお前に聞く  捜索報告を聞く  何です、と聞く  今朝ラファエレに聞く  類を聞く  ニュウスを聞く  舞踏会場で聞く  横行すと聞く  ことに、聞く  部分を聞く  音をなおよく聞く  和音を聞く  沈黙して聞くだけでは、聞く  代りに、聞く  ごらん、聞く  いま道庵が、聞く  懺悔話に聞く  教育して下さるとおっしゃりながら、そうして聞く  話である物語を聞く  神尾は多少心憎いと思いながら、聞く  太平老人から聞く  ものがあるらしく、そう聞く  岐阜城にいると聞く  者がありましたので、聞く  わして聞く  ことばを聞けば、聞く  秀吉はそう聞く  ことなんか聞く  平沢で聞く  源次郎に聞く  如何だったと聞く  囁きを聞く  南日君に聞く  雷鳥は居なかったかと聞く  百瀬君に聞く  騒動を聞く  数語を聞く  種を聞く  そうに頷いて聞く  先じたりと聞く  道は聞く  奈落の底で聞く  ように感じられて、しまいには聞く  女たちは聞く  音色とをもって聞く  説教を聞く  噂も聞く  感想を聞く  半ば無意識に聞く  事もないし、聞く  所で、聞く  評さへ聞く  報を聞く  悪評を聞く  者、聞く  自分で聞かせて居る、が、聞く  つたと聞く  おはら節などを唄うと聞く  真面目で聞く  吃驚しましたって、ええと聞く  うちだったと聞く  さまを物語って聞かせたら聞く  ような聞く  奇蹟的現象を聞く  晴次が聞く  批評は聞く  琵琶を聞く  日本人としては、聞く  日本のものを聞く  これがかえって、聞く  遠吠えを聞く  独り合点で、聞く  教えとして聞く  尊敬して聞く  からあとを聞く  咽喉を通して聞く  鬼が出ると聞く  狼ともいふと聞く  話をよく聞く  殉殺したと聞く  宿と聞く  病気だと聞く  劇の終わりを聞く  音楽をよく聞く  冗談を聞く  新たに聞く  音調を聞く  彼女は聞く  こは聞く  てゐたので、聞く  そばで聞く  眼で聞く  まじめに聞く  行先を聞く  康子は、聞く  最後に聞く  風聞を聞く  内意も聞く  江戸者が来たと聞く  素直に聞く  考えを聞く  音楽を少し聞く  論争を、初めて聞く  演説を聞く  喜びがこもっていて、聞く  半ば眠りながら聞く  数週間以来音楽を聞く  のと、聞く  寝言など聞く  評判が高いと聞く  名物だと聞く  海へさらり、などを聞く  おいでになったと聞く  介が話さなかったので、いずれ聞く  眼をさまして聞く  盛んだと聞く  ことだけは聞く  事を知り又聞く  ことであろうからと思って、しいて聞く  恨みを聞く  唇から、聞く  用を聞く  我妹子は聞く  たくさんご馳走するというから、なぜだと聞く  会社に出たと聞く  顔で聞く  ことを語らせて聞く  様子も詳しく聞く  きれいな音で、聞く  陸へ聞く  くだすったかと聞く  不思議に思って立ち止まって聞く  物を聞く  音声を聞く  琴を聞く  こともあるが、そうかと思うと、聞く  ところです、その聞く  源氏は聞く  間接に聞く  時などに聞く  耳を少し動かして聞く  だれも聞く  広田に聞く  念を入れて聞く  時計を聞く  其顔を眺めて、聞く  廣田に聞く  其顏を眺めて、聞く  吉報を聞く  侮辱を聞く  念で聞く  音楽をふたたび聞く  耳を傾けて聞く  想ふと、聞く  経済談を聞く  有せらるると聞く  場所で聞く  様子も聞く  いかが聞く  諍ひを聞く  場は納まったが、後で聞く  重態だと聞く  哀れと思ひ恨めしと聞く  身一つを憂しとも思ひ悲しとも聞く  唄が、聞く  鐘とを聞く  三味線を聞く  音を長く聞く  薫は聞く  うちに聞く  人づてで聞く  片端すらも聞く  如何しようと聞く  哀れとも聞く  村で聞く  其儘に聞く  様子などを聞く  おしらせを聞く  人、聞く  朝来ここに来りおり、聞く  意図を聞く  様子と、聞く  初め少し聞く  女房の聞く  弁も聞く  注文があるかと聞く  そうですが、来て見ると、見ると聞く  いんぎんに聞く  巷で聞く  お前から論語を聞く  罪なし、聞く  ことだが、いやはや、見ると聞く  ものだが、聞く  根本道場と聞く  物があると聞く  みんな感心して聞く  名乗りは聞く  世評を聞く  内容を聞く  浮舟から聞く  から、くわしく聞く  ようになり、聞く  ほのかに聞く  川音を聞く  わけですが、聞く  月夜に聞く  平生山風以外に聞く  ただ今では聞く  もっとくわしく聞く  檜山さん一人と聞く  云つたが、聞く  水のささやきを聞く  辞を聞く  事でも聞く  茶を知れなんていわれてみても、聞く  それもはっきりとは判らないが、あまり聞く  口笛を聞く  話を、屡々聞く  人と聞く  おまじないですかって聞く  恐怖のあまりに、聞く  随所に聞く  芸者などには到底聞く  河豚だと聞く  機会に聞く  お前さんが聞く  奴を聞く  のも見たぜ、聞く  己ぁあれからってものはあの唄を聞く  王子だったと聞く  咄を聞く  願ひを聞く  敗北を聞く  町に遊んで見聞く  上に聞く  寄つて大方毎夜十二時を聞く  儲けと聞く  美音も聞く  姿をめでけるが、聞く  あちらこちらで聞く  作品を聞く  饒舌を聞く  口上を聞く  眉山などから聞く  其方向から雷鳴を聞く  町名ありと聞く  今度来て聞く  同感をもつて聞く  人を捕えて聞く  急激に、聞く  音楽をでも聞く  むわれをためしに引くと聞く  恋を聞く  八円だと聞く  彼らが帰って来たと聞く  国政を聞く  乙女の聞く  妙と見えませんかと聞く  座に着くや着かぬに聞く  ものだろうと聞く  なにを見聞く  杉と聞く  ほうから聞く  加藤男が聞く  のはしばしば聞く  ネームだけを聞く  其聲を聞く  澀江保さんに聞く  石に聞く  時なぞに、どうかすると聞く  云ふことだけ聞く  咳聲を聞く  鳴き聲を聞く  天地で聞く  音楽でも聞く  途中で聞く  平和かと聞く  頃、聞く  子供に聞く  ときは、唯聞く  庭男に聞く  嘉代吉を振りかえって聞く  われも聞く  事なんぞ聞く  大要を聞く  所にては決して聞く  号砲を聞く  久々に聞く  頭上に聞く  美人多しと聞く  北光君から聞く  悲鳴をあげてゐる、見るにたへない、聞く  子に甘きならひ、聞く  スペイン人かと聞く  から妙だと思って聞く  歌代さんから事情を聞く  おかしいかと聞く  卵などではどうかと聞く  峠は遠いかと聞く  香水を聞く  注進を聞く  痛快に感じて聞く  目をつぶり、聞く  子供はまた聞く  歴史家に聞く  のも気がつかない、聞く  小さな手鏡に聞く  勘定を聞く  いふ噂を聞く  来意を聞く  知人より聞く  祖父に聞く  欧人が聞く  話のその聞く  宝ありと聞く  神智ありと聞く  紺青色に見えるはしばしば聞く  事は時に聞く  数甚だ少なしとしばしば聞く  性交について聞く  未聞を聞く  吾輩毎度農民に聞く  二十と聞く  聲も時々聞く  熊野でよく聞く  成敗を知ったと聞く  禁術が利かぬと聞く  雕工に聞く  事とし得ると言ったと聞く  講談などで聞く  今も聞く  頼長は聞く  ボビノで聞く  手際で見聞く  衆評を聞く  評はと聞く  密通したりなど往々聞く  張挙訟えを聞く  凶物としその鳴くを聞く  先だけ聞く  夜ごろ哀歌と聞く  夫人から凶変を聞く  箱丁に聞く  戦死と聞く  木登りと聞く  残蛩の啼くを聞く  此夜虫声を聞く  よせなかった酒をよしたと聞く  うわさでも聞く  ことで来たと聞く  両方からすこしずつ近づきあって、また、聞く  蝉の啼くを聞く  晩風に鳴るを聞く  小唄を聞く  薄暮窓外雨声を聞く  事件を聞く  私は重ねて聞く  そんなら聞く  階下に居て聞く  感服して聞く  成程、聞く  火事と、聞く  言で聞く  父にそう言いましょうと、聞く  趣向を聞く  仕事で、時には聞く  初瀬は、聞く  監獄へ送られたと聞く  劇甚地に至りては、聞く  辰稲弁楼にいたと聞く  成仏と聞く  御陵のありと聞く  金太郎君に聞く  誰が鳴らしてると聞く  名前も聞く  浩さんが聞く  当人に聞く  同郷人から聞く  宿つた曉に聞く  お宮があると聞く  ことを折々聞く  人もあるが、よく聞く  奧に聞く  何しろ地震と聞く  奇蹟を聞く  ところどころに在ると聞く  わしは聞く  例を聞く  言葉遣ひが聞く  音として聞く  心がけを聞く  思出を聞く  千里のそとを聞く  自由も聞く  ためしはあると聞く  ように立てて聞く  意味なんか聞く  一行ばかり聞く  坑夫に聞く  参考に聞く  叮嚀に聞く  妻に聞く  時雄は聞く  下山道を聞く  コースを聞く  状態を聞く  供養になると聞く  気になって聞く  のなんかを聞く  傍に聞く  御存じなし、聞く  地蔵というはありませんが、さてそう聞く  興味をもって聞く  島にも、聞く  いふ響きを聞く  弔鐘と聞く  さよ聞く  きまりも悪し、もじもじ聞く  さへながら聞く  日を置いて聞く  常套語だと聞く  宮本夫人と聞く  秀次に仕えたと聞く  一つだまかして聞く  霊達に聞く  一通り話を聞く  軍功少からざりしと聞く  消息もハッキリ聞く  系統を聞く  俺は、聞く  弥次を聞く  虫を聞く  音もしばらくは聞く  かたを聞く  声は、聞く  気持よく聞く  ことなど聞く  プリンセスと聞く  かのこともあったと聞く  亟に聞く  言語として聞く  音だけを聞く  香港に着いて聞く  デンマーク語を聞く  言い分を聞く  私に聞く  一度も聞く  地で聞く  本物を聞く  日本室で聞く  演奏室で聞く  ものとするかは聞く  庸之君にでも聞く  ニュースをよく聞く  アンマリくどくど聞く  行方判明と聞く  加減がよくなくても聞く  身内からでも聞く  声までも聞く  戯談を聞く  倚凭って聞く  生活を思って、聞く  理窟ッぽいだろう、とはよく聞く  喧嘩が起つて、聞く  フアコートと聞く  反撥するばかり、聞く  無意味さが、そして聞く  彼もまた聞く  左門は聞く  声すと聞く  まり思ひつめて聞く  冬を聞く  注文を聞く  金棒引くは聞く  光が聞く  聳てて聞く  こちらでいいかと聞く  ものは、一度聞く  あとで、それとなく聞く  それだけを聞く  一人じっと聞く  謂れを聞く  口があきる程申しますが、もう云われて聞く  叱責を聞く  結婚したと聞く  口からそれを聞く  命があぶないと聞く  一人は、聞く  犯罪を認めたと聞く  推論を聞く  ときには聞く  ことを詳しく聞く  気もちを聞く  それに、また、聞く  話を立ち聞く  それから、まだ聞く  天気予報を聞く  費途は聞く  要件を聞く  話聞く聞く  宅に帰りて聞く  悲歌を聞く  戦地に向かいしと聞く  旗艦にありと聞く  このごろ病死したりと聞く  音の清きを聞く  葉巻を吸いながら聞く  大薩摩を聞く  ふりをして聞く  東京と聞く  悪口なら喜んで聞く  雑音を聞く  ことも少からずと聞く  幾ら、と聞く  魚屋がにやにやして聞く  絵解を聞く  はじめて口を聞く  藤さんが聞く  初やに聞く  答えを聞く  安心して聞く  圭子に聞く  浮浪者が帰ってこないと、聞く  のやったら、聞く  いわれ因縁を聞く  おまえが聞く  間に聞く  籾は死んだと聞く  叫び声を聞く  あく音を聞く  ものか、または聞く  陰へゆきましたら、聞く  ホーベスに聞く  赦免と聞く  年ごとによく聞く  叱咤を聞く  おやじに聞く  愚者のごとく終わりに聞く  音楽を同時に聞く  沙汰を聞く  一部始終を聞く  同様に聞く  挨拶を聞く  流れなどを聞く  人声を聞く  北浦少佐に聞く  一人だに聞く  書記官様と聞く  ごらんなされましたかと聞く  私はもう聞く  驕慢と聞く  予言を聞く  人われを譏ると聞く  話などよく聞く  名前すらも初めて聞く  小言を聞く  ふた声ぞ聞く  元治、と、聞く  潮騒を聞く  ちがいと云うが、聞く  朗誦したと聞く  思い付きを聞く  安南皇帝と聞く  ことなら聞く  ものを持っていると聞く  人音を聞く  歴史家が聞く  話は、しばしば聞く  論争を聞く  ことはよく聞く  中でうとうとしながら聞く  妙にぼやけた、聞く  人情噺などを読みつづけて、果ては聞く  問答を聞く  何うしたと聞く  掬へたと聞く  狸と聞く  間と聞く  謡を聞く  捨吉これを聞く  時刻を聞く  真面目だから、聞く  十九日とばかりで聞く  酒と聞く  ツて、聞く  因縁を聞く  関心に聞く  深町は聞く  呼吸を学んだと聞く  佳品と聞く  通訳を聞く  訳ですかと聞く  何なりとも聞く  友人から聞く  神像を作るかと聞く  欠乏は聞く  言語を見るか聞く  口からこれを聞く  今さう聞く  ものを隔てて聞く  不意に聞く  先を突き詰めて聞く  見物人に聞く  馬丁に聞く  汽船宿で聞く  話を折々聞く  黍団子と聞く  中江篤介あるを聞く  音などを聞く  佐治さんに聞く  字はどう書いたら好いでしょうと聞く  天麩羅などにできますかと聞く  ものができるでしょうと聞く  今日までついに聞く  んでしょうなと聞く  危険ですねと聞く  水かと聞く  んじゃないかと聞く  番頭に聞く  千世子は聞く  なつたと聞く  心やりとせられたと聞く  二階も暑いと聞く  數にしか過ぎないと聞く  部屋を暗くして住むとも聞く  方にあると聞く  人一代かぎりで絶えるとも聞く  人であると聞く  着手せられたと聞く  日もまた近きにあるであらうと聞く  迎へると聞く  一時快癒を聞く  下に見るにまかせ聞く  のを何故かと聞く  噂を、ちょいちょい聞く  毎夜寐つきに聞く  土地で聞く  しかと伝へ聞く  昔男と聞く  其れを聞く  為朝は聞く  のだろうと思って聞く  二十一吋四門という聞く  耳を澄まして聞く  事だと聞く  めったに聞く  者は、聞けば聞く  珍らしい話しを聞く  名前は、聞く  のだから、何でもかんでも聞く  お婆さんは聞く  怪我をしたと聞く  両親は聞く  名前だけでも聞く  不審に思って聞く  山麓蘆安村でよく聞く  誰だってそれをありがたく聞く  研究家に聞く  酒、と聞く  お酒はもう無いか、と聞く  ところは無いかと聞く  しりて行くを聞く  注意を聞く  機会があったら、聞く  宗助が聞く  夫に聞く  頭が熱いかと聞く  声はついに聞く  訓戒を聞く  宗助も聞く  いわれを聞く  義太夫などを聞く  頭で聞く  客来ですかと聞く  のか、全く聞く  同様と聞く  卷藁を聞く  話はよく聞く  いふ話はよく聞く  放送を聞く  今日角造さんに聞く  運轉手に聞く  樣子でせうかと聞く  其名は只聞く  由つて此世系を聞く  云ふを聞く  演奏を聞く  さかひを聞くとも聞かぬともなく聞く  ようにして親しく聞く  樵夫に聞く  身に染みて聞く  山は、と聞く  話声を聞く  地べたに聞く  これ限りだ、聞く  呼吸づかひを聞く  こと、又聞く  耳をあてながら聞く  振りで聞く  巡査を避けんとするは、聞く  声をも聞く  訃音を聞く  女が聞く  遺言を聞く  あはれと聞く  いつ生れた、とは聞く  ほかに聞く  狐か、と聞く  月が聞く  愚痴として聞く  運命、見る聞く  座頭の聞く  島に渡ったと聞く  鬨の声を聞く  何一つとして聞く  名医ありと聞く  人自身から聞く  交番で聞く  急に聞く  のでしたが、来て見ると、聞く  ものも、聞く  暗然と、聞く  番僧さんから聞く  野で聞く  小言でも聞く  甲は、こう聞く  一人に聞く  一伍一什を聞く  侠気に富むと聞く  本尊掛けたかと聞く  原煕博士に逢って聞く  観念論者に聞く  旦に聞く  君江さんはと聞く  噂にさえ聞く  初年であつたと聞く  青野が来てゐると聞く  外に聞く  分を聞く  他から聞く  まま、聞く  面白かったら聞く  物語するを聞く  詩歌など吟ずるを聞く  琵琶滝を過ぎ、かねて聞く  何處だ、と聞く  合唱する聞く  説法を聞く  同様改めて聞く  それからまたも聞く  一同これを聞く  達人と聞く  私、聞く  深山幽谷で聞く  久し振りに聞く  滯在と聞く  四萬と聞く  話を面白く聞く  日光あたりで聞く  上高地あたりで聞く  愛嬌のない聞く  時折ひとから噂を聞く  すこやかになりしと聞く  修むと聞く  得手勝手に取りなして聞く  心をとめて聞く  希望を聞く  申し出を聞く  従順に聞く  偶然ときたま聞く  自分で聞く  小畑に聞く  荻生さんに会って聞く  奏楽を聞く  七百人寄留すと聞く  ものありと聞く  声だけ聞く  将来に見るべく聞く  そいつを聞く  甚九郎が聞く  噺に聞く  人も無く、聞く  前に聞く  はずだがと聞く  静かに聞く  ことをいろいろ聞く  溜息を聞く  甲府勝手と聞く  えなことばかし聞く  葛精一氏から話を聞く  ようすで聞く  音では決して聞く  闇で聞く  孔子が聞く  醢にされたと聞く  つたなんて聞く  戦場で死んだと聞く  国境と聞く  武士が来て、そう聞く  沢庵がいい残して去ったと聞く  昔語りを聞く  戸毎に聞く  子供等に聞く  拜したと聞く  言葉に聞く  馬場さんから話を聞く  山村に、往々にして聞く  家に帰って聞く  話もおりおり聞く  今ごろもまた来るかと聞く  楽しい時と聞く  のを心細く聞く  歌でも聞く  親仁の、そのふらりふらりは、聞く  冷静に聞く  立ち出でて聞く  年返りぬと聞く  君は聞く  子守歌を聞く  傍で聞く  此を聞く  思い出話を聞く  十言許り聞く  父が帰ったと聞く  風呂ですかと聞く  夢で聞く  文化状勢を聞く  善兵衛に聞く  意嚮を聞く  お母様に聞く  落語を聞く  女義太夫をも聞く  澄して聞く  姉さんッて聞く  誰が、と聞く  耳を覗いて聞く  耳を附けて聞く  心配おしだから、それで聞く  姉弟だと思わないで、おかしく聞く  ために陥りたまいしと聞く  どっちがいいかと聞く  家にあると聞く  谷中村と聞く  焦慮に追っかけられながらも、なお聞く  ことなどを聞く  町ではよく聞く  おしまいだろうとは、よく聞く  次郎は、そう聞く  ように立ち聞く  是を聞く  貴様に聞く  誰れか聞く  まわりへよってきて聞く  空襲と聞く  誰も気がつかなかったと聞く  国とされていましたが、聞く  きりと聞く  女と聞く  中から久し振りで聞く  駒は聞く  爆声を聞く  次郎は、しかしそう聞く  何んでも聞く  ひさしぶりに聞く  免職と聞く  ト唇を反らしていうを聞く  人のそわつくを見るに付け聞く  評判するを漏聞く  文三も始めて聞く  ア些し聞く  却て聞く  私の聞く  事も無い聞く  太平楽、聞く  教えに往くと聞く  計算をして聞かせれば、聞く  隣家と云えば云っても好い、聞く  様では有るが、聞く  何所にあるだろうと聞く  様に聞く  諄くは聞く  口より聞く  様に云わずとも聞く  事を云い、聞く  死人とも為り、聞く  自慢話は聞く  白状を聞く  蓄めていると聞く  チップ次第が多いと聞く  半夜かと聞く  聲は聞く  靴音を聞く  わたしは聞く  つて、聞く  夢を聞く  便りと聞く  嗚咽を聞く  うわさもかねがね聞く  数々を聞く  推賞したと聞く  ところと聞く  冒険談を聞く  反響を聞く  ような、聞く  数潮がれ浜で聞く  ことを見るにつけ聞く  満足して、黙って聞く  果報ものである、と聞く  響に聞く  剽軽者さえあると聞く  仄に聞く  物語に聞く  ものですから、聞く  糸七は聞く  垣どなりで、よく聞く  ときそれを聞く  批判は聞く  dxをやりながら聞く  旅びとから聞く  あとから聞く  ローマンスを聞く  壱岐へ来て聞く  時小山内氏に聞く  一端を聞く  自殺したと聞く  芸人が居るか、と聞く  恩地源三郎どの養子と聞く  音をどんなに聞く  因果と思って、聞く  舟端で聞く  浄瑠璃を聞く  意見をよく聞く  時雨を聞く  そこに見るべく、聞く  君子は最早聞く  調たる所を聞く  先静かに聞く  郵便配達にでも聞く  何所で聞く  本人に聞く  ところでおいそれと、聞く  夢にふと聞く  異変と聞く  模様を、訪ね聞く  婦を聞く  もろ声を聞く  体験談を聞く  狸坂と聞く  ものを、見ると、聞く  お母さんはと、初めて聞く  のを、やがて聞く  決意を聞く  唇を舐めあげて聞く  手代は、そう聞く  染物屋で聞く  一類があると聞く  価値を聞く  さるかと聞く  事があったと聞く  さらさらと聞く  露骨に聞く  ものがある、と聞く  お伽話を聞く  それに聞く  吹雪を聞く  かいと聞く  之れありと聞く  何でも、聞く  侍と聞く  承知して居りますが、聞く  節を聞く  みんなだまってよく聞く  乍ら誂を聞く  説明でも聞く  上り高を聞く  日はじめて鶯を聞く  唱歌を聞く  人かと聞く  批判しながら聞く  帆村が聞く  可けれ、聞く  金烏玉兎と聞く  老人これを聞く  秘蔵を聞く  気違いだと触れ回ってもたいてい聞く  家のものに聞く  先を聞く  上ぐる罪状を聞く  水音弥増るを聞く  爆音を聞く  彼の聞く  踊手だと聞く  はいかがと聞く  夜露に咲いたので、聞く  頃かとぞ聞く  理由もない聞く  非難を聞く  超越すと聞く  婬猥不潔、聞く  毎度世間に聞く  つながりを聞く  いるかを聞く  惡評を聞く  書物があるかと聞く  梵鐘を聞く  とき、聞く  可能を聞く  出と聞く  ドコへ行くと聞く  発売されると聞く  むること多しと聞く  時は近しと聞く  唱歌隊がうたうと聞く  はいいが、後で聞く  縁談を聞く  庵それを聞く  大河内氏に聞く  かいて、聞く  子守唄を聞く  笑声を洩れ聞く  話をだまって聞く  成り行きを聞く  ところとも聞く  創設されたとも聞く  蕃書調所なぞのすでに開かれていると聞く  念をよび起こしたとも聞く  窓で聞く  三十人にも及ぶと聞く  憂さを慰めていると聞く  泊まりと聞く  前で聞く  日も近いと聞く  通行は初めてと聞く  通行があると聞く  嘆息を聞く  ようになったと聞く  名に聞く  てっぺんかけたかと聞く  名のみ聞く  音までも聞く  内部で聞く  いねがてに聞く  正直に聞く  なつて居ると聞く  師よわが聞く  由來を聞く  汝に聞く  客舎に病むと聞く  格式のものと聞く  風習となっていたと聞く  人であったと聞く  半蔵は聞く  だれでも聞く  松蔵は、そう聞く  昼往って聞く  筆名だと聞く  あや子はつい、そういって聞く  お話でも聞く  豆州にありて聞く  予期して聞く  例あるを聞く  雷を聞く  ことも、しばしば聞く  妖怪を聞く  余が聞く  形情を聞く  かすかに聞く  嫌いですかと聞く  闇桜とか聞く  身上を聞く  容易であると聞く  ぢつとして動かずと聞く  名となれりと聞く  あたしに聞く  我儘を聞く  説諭を聞く  私などは聞く  觸る、聞く  小耳にはさんで、聞く  右門参着と聞く  社参と聞く  右門は聞く  蛇をまきつかせたり、聞く  頼みなんぞ聞く  名がどうして起ったかと聞く  好意を見せようとしましたが、聞く  為めなりと聞く  我輩の聞く  此れを聞く  最初に聞く  承諾を与えたかと聞く  他民族にも折々聞く  二言三言を聞く  まなこは聞く  風呂が付いていないと聞く  挨拶があつたと聞く  人伝に聞く  爲めなりと聞く  まことに、聞く  から、聞く  奇態といわねばなりませんでしたが、しかし、逐一を聞く  樣に聞く  もの語を聞く  ワヤク話を聞く  故に聞く  テー・デウム・ラウダームスを聞く  さきに聞く  否やを聞く  づれのところより襲ふとも、聞く  烟は見るを許さずとも聞く  づる名を聞く  者よ、聞く  終りまで聞く  路を聞く  んじて聞く  豫言を聞く  懺悔を聞く  教へを聞く  こといろいろありと聞く  こと往々聞く  諸方にて聞く  現今にても往々聞く  今のを聞く  民弥は聞く  事を沈んで聞く  悉しく乗出して聞く  調子高に、直ぐに聞く  急込んで聞く  太鼓を聞く  はいでしたので、聞く  めえりましたが、詳しく聞く  つた茶飯屋に聞く  かくと聞く  事実だと聞く  噂を時たま聞く  それは聞く  つて聲を聞く  であるそれを聞く  月にしばしば聞く  吾れながら聞く  違つた、聞く  何時も聞く  時、聞く  所へ行って聞く  筋を聞く  すべては、聞く  音か聞く  それで聞く  これではどうにも聞く  他人のを聞く  事はいってしまい、聞く  追分も聞く  オイ大将よく聞く  魅力があって、聞く  唖だから聞く  名人上手に聞く  それらの聞く  列を造って行くとか聞く  巨木名花があると聞く  いふを聞く  詞、解せざれどなは聞く  消失するを聞く  人口を聞く  正義を知ると聞く  罪を聞く  お爺さんに聞く  青年は、聞く  ヴァレリイは死んだと聞く  人が聞こうと聞く  名詞を聞く  悲叫を聞く  聞て居たが、聞く  僕が何故信じなければならぬかと聞く  隣室で立ち聞く  雨を聞く  判定を聞く  ジャズを聞く  共鳴器で聞く  ものであると同じくらいにまた聞く  悲報を聞く  おとに聞く  人とこを聞く  おもしろに聞く  かばいかにかも聞く  虫あり、日ごろも聞く  葉に聞く  かをりの高きを聞く  突拍子もなくて、初めて聞く  店と聞く  君はいつの生れかと聞く  爺さん鉄砲玉はと聞く  一番偉いかなどと聞く  女性観を聞く  それ以上、聞く  彼女に会って聞く  風を聞く  む、聞く  やすとか、けんすとか、聞く  NAって聞く  主旨となすべしといえるを聞く  山中で聞く  七六ツかしくて、聞く  社寺課長より聞く  内情を聞く  収入を私すと聞く  所多しと聞く  人ありと聞く  嘆賞せり、と聞く  多くなれり、と聞く  行宮趾を潰せり、と聞く  態度をもって言わるるを聞く  洋人が採りしと聞く  の企てありと聞く  古参が聞く  んで聞く  鹿を獲て帰ったと聞く  若党どもが聞く  判らん、かつて聞く  退庁していたが、聞く  店へ行って聞く  忍び音を聞く  夕に聞く  響をさへ聞く  老人がそのしらべを聞く  組屋敷だった、と聞く  事業であるが、聞く  訪れを聞く  おとなひを聞く  誰か聞く  朝たれか聞く  暮たれか聞く  もの声を聞く  歌にさえ聞く  町では聞く  これ売僧、よく聞く  評判は聞く  中に書いてあると聞く  大阪落語だけ聞く  年齢だけ聞く  会と聞く  浄るりを聞く  由来を聞く  夷橋松竹へも返り咲いたと聞く  至芸だったと聞く  今度再婚もしたと聞く  ロロはと聞く  勅使下向と聞く  好きらしゅう聞く  今晩寝ないでも聞く  家へ聞く  話ぶりを聞く  高笑ひ、聞く  言語を聞く  猛鳥であると聞く  変化するをながめたり、聞く  云ふことばかし聞く  近況を聞く  記録を聞く  ゑを聞く  失踪したとも云えないので、聞く  耳底に聞く  からは屡々聞く  思召しを聞く  あとで、聞く  噂を、聞く  絶叫を聞く  切実感があつて聞く  三人がこう聞く  来馬を探していると聞く  案内者に聞く  開店と聞く  のも、よく聞く  快復して、はっきりと見、また聞く  呼声を聞く  準備を聞く  要領を聞く  僕に聞く  福音を聞く  囁声を聞く  ものぞと聞く  気性なりと聞く  病気の、ようよう怠りたりと聞く  それを喜んで聞く  臥て、聞く  噂でも聞く  一日早く聞く  すべて高橋に聞く  計上されてゐると聞く  つて企てられてゐると聞く  発展したと聞く  閨房篇があると聞く  はじまりて、聞く  懐で寝ながら聞く  便りに聞く  本を聞く  質問を聞く  用件を聞く  人々が聞く  ブロックは、まるでこうやって聞く  姓を聞く  くりくりさせて驚きましたが、よく聞く  往診と聞く  賀古氏が来ていられると聞く  のでしょうけれども、聞く  頃と聞く  女中を呼んで聞く  両人の話しを聞く  格別気をとめて聞く  ことなしと聞く  米国にて聞く  小町かと聞く  はりにけりと聞く  部屋で聞く  歎きを聞く  清ちゃんにじかに聞く  の声を聞く  名を存せしと聞く  ものにも、聞く  三田と聞く  男が聞く  笑い声も、もし聞く  ことだったので、聞く  旗本のあつまりと聞く  たよりは皆目聞く  南と聞く  不評を聞く  方から聞く  音をなつかしく聞く  つた、聞く  小春団治のも聞く  江戸っ子だと聞く  跡部が聞く  青天の霹靂として聞く  呻吟を聞く  話を盗み聞く  自白を聞く  過去もまだ聞く  今私が聞く  琴をどうして喜んで聞く  私にどう思うかと聞く  事などは聞く  ために悪いかと聞く  あなたは聞く  事まで聞く  向うで聞く  女は、そう聞く  兵と聞く  裏切りと聞く  ろひしと聞く  託宣を聞く  小池に聞く  三右衛、聞く  批難を聞く  自分自身が聞く  お嬢様に当り散し、聞く  んですかと言って聞く  舟木は聞く  意味かと聞く  姫が聞く  爺さんに聞く  八百屋に聞く  何ごとかと聞く  失踪したとすると、聞く  のかを聞く  二つに別れていて、聞く  道理と聞く  柱立式昨日済みしと聞く  者ではなくてむしろ聞く  仏法を聞く  法を聞く  教えも聞く  家庭裁判所へ聞く  とどつちがいいかと聞く  行つた事も、聞えて来たと聞く  巫女というので、聞く  杖でもつくか、と聞く  水調子を聞く  誓が聞く  特に多い、と聞く  巫女があると聞く  のであると聞く  場合に、聞く  音を変えて、聞く  騷ぎを聞く  耳を立てて聞く  熟睡されると聞く  たくさん釣れましたかと聞く  方針なりと聞く  足音すら聞く  死ぬまで聞く  一人で聞く  飢饉と聞く  方もあると聞く  ものはよく聞く  地と聞く  清盛と聞く  あとと聞く  生活をいろいろ聞く  島へわざわざ訪ねたと聞く  住居であったと聞く  近所と聞く  流儀もあるやに聞く  一大音楽を聞く  開基と聞く  すすり泣きを聞く  ここばかりではないが、こう聞く  これが見られなくなったと聞く  出来事を、委しく聞く  三遊亭だったと聞く  勝であったと聞く  ごはんをお炊きになりますか、と聞く  久しぶりに聞く  喜村が聞く  何処でしょうと聞く  樣は無くなれりと聞く  餘興として聞く  処でも、往々にして聞く  參考に聞く  昔噺をし、聞く  人も、聞く  寓意譚は、聞く  うの事を知りたいけれど、聞く  うつて、きつと聞く  返事は遂に聞く  秋さんが聞く  連中だって一緒に聞く  ことができ、聞く  叫聲を聞く  縁者と聞く  姿勢をとって聞く  言葉もすっかりではないが聞く  雑言を聞く  それをまのあたり聞く  噂を折りおりに聞く  ポケットと聞く  武士、斯くと聞く  底深いと聞く  家康逆心ありと聞く  ぎが出ると聞く  取引きが行なわれていると聞く  音色は聞く  のって聞く  陸上では聞く  世辞を聞く  世辭を聞く  耳ははっきりと聞く  思い出ばなしを聞く  呼応して起りつつあると聞く  生物だと聞く  おしまいまで聞く  事実、聞く  自責の念にかられて聞く  だんだん近くなって、つい聞く  琵琶を聞かせたらどう聞く  百姓はそう聞く  あらましを聞く  ものがあったけれども、いなくなったと聞く  態度で聞く  原稿を書いたと聞く  百万疋とか聞く  英語を話すかと聞く  模様を委しく聞く  ようになるでしょうかと聞く  癲癇と聞く  とこだらう、とそれとなく聞く  物見る、と聞く  名前はなどと聞く  俺しの聞く  希望だけを聞く  老人はそう聞く  頁をめくりながら、聞く  プロペラを聞く  ば石に聞く  觀てゐるかは、まつたく聞く  お家藝十何種を持つと聞く  一圖があると聞く  どこでも聞く  坊さんなりと聞く  加へられたとは、聞く  惡罵と、聞く  河童祭りがあるとも聞く  かみなりを聞く  泥棒と聞く  言葉と聞く  気になって、聞く  結局音を聞く  それにわざわざ出かけて行って聞く  火事だと聞く  雑誌を持ちながら、初めて聞く  蚊が居ますかって聞く  民は激しく聞く  こと、いけないかって、聞く  乙の聞く  波江さんが聞く  不潔に濁って、聞く  目で見ますより聞く  人が聞こうが聞く  からな、聞く  攻撃したりと聞く  事なりと聞く  御託を聞く  事なく聞く  息子は聞く  口からも聞く  風呂はどうしたと聞く  藤六が死んだばかりと聞く  吾が聞く  最期を聞く  ミネ君も聞く  みんなそれを聞く  ポオ助教授に聞く  おまえさんに聞く  一面に聞く  



前後の言葉をピックアップ
聴く  危懼  訊く  規矩    幾久    危く  起句  菊日和


動詞をランダムでピックアップ
騙そ徹せたちのぼっつり合い委ねるとびかかろ引張る断ずれ拝み倒さこわす治ら醒めなのりのたうて売り渡し持ちこめまごつか下りよ有り合わせきよ
形容詞をランダムでピックアップ
苦く晴がましかっ緩う小気味よしうすう薄汚かっ暑う豪く烏滸がましくのぶと手っとりばやい耳遠く手あつ酸き激しくっ面白う深くかんばしき危なしおぼしい