「考へれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 考へれ[動詞]
翻訳語として考へれ  ことを考へれ  のだから、考へれ  のか、つきつめて考へれ  照し考へれ  目的と考へれ  母として考へれ  理窟張つたりして、考へれ  斯うなれば、考へれ  就て考へれ  事を考へれ  候かたがた取集めて考へれ  のが、考へれ  関係を考へれ  一称号を分けて考へれ  問題は、軽く考へれ  能く考へれ  問題を考へれ  簡単に考へれ  ものと考へれ  それを考へれ  のであると考へれ  綜合して考へれ  のを考へれ  精密に考へれ  定まつて居たと考へれ  皮肉に考へれ  なつて考へれ  抽象的に考へれ  重点を置いて考へれ  中で考へれ  あとから考へれ  斥す事を考へれ  おれも考へれ  必要と考へれ  逆に考へれ  平等に考へれ  部落を拡げて考へれ  用事が、考へれ  ″\と考へれ  死を考へれ  大将が少し考へれ  のだが、どうも、考へれ  心事も亦、考へれ  分離して考へれ  てゐたかを考へれ  ものを考へれ  いふ風に考へれ  それからもう少し消極的に考へれ  芸術家だと考へれ  態度が考へれ  これだけだと考へれ  愉快なか、考へれ  一連鎖だと考へれ  国として考へれ  併、考へれ  頭に置いて考へれ  風に考へれ  時を考へれ  さから一足退いて考へれ  場合を考へれ  文藝的内容として考へれ  厳密に考へれ  境遇等も考へれ  いふ問題は考へれ  さを考へれ  逸子は、考へれ  小説的に考へれ  効果を考へれ  事実を考へれ  辺をうろうろしてゐましたが考へれ  それは、考へれ  たかを考へれ  ざつとあの辺にあつたと考へれ  たかと考へれ  子細があらうと、考へれ  いふを考へれ  形而上學を離れて考へれ  原理的に考へれ  形式論理的に考へれ  根本的に考へれ  學理上から考へれ  いふ地方に居て考へれ  創痕を悲しんだりして居たが、考へれ  ことは後で考へれ  順々にゆつくりと考へれ  これを考へれ  ことなんて考へれ  單純に考へれ  芸術部門だけについて考へれ  もう一歩つつこんで考へれ  後世風に考へれ  道筋を考へれ  気持を考へれ  問題として考へれ  独りで考へれ  重きをおいて考へれ  折ではあり、又考へれ  訣つた事にして来てゐるが、よく考へれ  機關は何かと考へれ  點から考へれ  



前後の言葉をピックアップ
考えろ  勧学  漢学  官学  管楽器  考へん  考へる  考へろ  鑑み  鑑みれ


動詞をランダムでピックアップ
赴か挑ま敲き降りるくるしむ止まら縁付く骨折らおよが連れる備えよ荒立てるしまえ問い合せれ取りしまり駆立て拭き取るしばりおもいだし
形容詞をランダムでピックアップ
小さくってばしこく得難かっなまめかし可笑しくたっとよわしにぎにぎしくにがかれせわしないあぶなっかし心安しうしろめたかっ憎いちっちゃほろにがくうるさけれしぶく見好自慢たらしく