「繁」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 繁[動詞]
われ再びこの暗く繁  枯葉を除き、生い繁  葉の深く繁  

形容詞

~ 繁[形容詞]
まり繁  川柳繁  程繁  

~ 繁[形容詞]
野薔薇が繁  樹木が繁  灌木が繁  柿木の繁  松の木が繁  葉が繁  類が繁  位に繁  木が繁  草が繁  枝の繁  一種が繁  事の繁  言詮の繁  芋が繁  老い木が繁  内側からしんの繁  常盤木の繁  

[形容詞]
繁つた  繁れる梅  繁さ  繁れる雑種  繁れる森  繁重  繁凝が円  繁れる源氏  繁つたの  繁れる小陰  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
繁吹きと一緒に涼氣を吸ひ込んだ  繁する一切を前もって提論するという  繁しい街の方へと歩いて行った  繁しい街の方へと歩いて  繁とが驚きの声を立てた  繁は喫驚して  繁は急いで逃げて行き  繁茂っているが  繁が顔を向けると  繁は頤を襟へ埋めたが  繁の声がした  繁に向けた  繁の方に振向いて見た  繁を見た  繁はグッと喉を鳴らした  繁を仰ぎ  繁の手を曳くに任せて居る  繁は何か口疾に囁いた  繁の口から出た  繁が次いだ  繁はグツと喉を鳴らした  繁が顔のかがやきを  繁叩き出された  繁の贔負ばかりしている  繁吹きが來て顏をぬらした  繁と言った  繁は見慣れない  繁を抱いて見せた  繁だけ残った  繁の寝ている  繁は未だ匍いもしなかったが  繁の頬へ自分の紅い頬を押宛てていた  繁はまた母に抱かれた  繁を負って  繁の方は酷く旅に萎れた  繁は何を見ようともしなかった  繁や倉が俺たちの悪い噂を振りまいている  繁や倉が俺たちの悪い噂を振りまいてゐる  繁の亡くなった  繁が死んでくれて  繁は死に  繁のことを言出した  繁に苦笑しつ  繁の一刀を取り直した  繁の刀を膝元へ引きつけた  繁の一刀を腰に差して立ち上りました  繁はどう思ったか  繁の刀を取り上げました  繁の刀を差していました  繁に流るる  繁の井を久しくやらないね  繁の井をすると  繁の奴は東京の話というと  繁叩きながら言った  繁を省ける  繁を省けるが  繁を省く  繁延しておった  繁吹きを上げて降って来る  繁茂り栄えた  繁と共に皆一字名であるところを見ると  繁の三人は将門を敵に取  繁かりしかを察せらるる  繁を厭わないで  繁とがもう眠っていた  繁やまた近所の子供等が集まって  繁とは片隅に小さくなって坐っていた  

~ 繁[名詞]1
口をあけて繁  大樹鬱蒼と繁  命題が依繁  認識に依繁  人通りの繁  千代子と繁とが  千代子と繁とを  細目を繁  背を繁に  恥かしげに繁の  恥かしげに繁を  此時の繁の  聲が繁の  夏と繁が  チヨイト恥かしげに繁の  声が繁の  一列に繁  父さんは繁の  分裂しながら繁  各所に繁  往来が繁  涙の繁に  容易に繁を  砂浜に繁  出入りの繁  眼を繁  雨が繁  緑色に繁  支那に繁  堅吉と繁とが  堅吉や繁や  堅吉と繁とは  多数に繁  

~ 繁[名詞]2
無く繁  一層繁  黒く繁  次第に繁  甚だ繁  ない繁  なく繁  すこぶる繁  もう少し繁  どうも繁  そう繁  最も繁  余程繁  

複合名詞
繁つた泉水  繁つて  繁つた所  繁つた  繁味  繁つたの  東大総長南原繁  繁さん  繁吹  繁つた中  繁激  繁げつて  子孫長久繁榮  繁つた山  繁榮  繁の  繁ちゃん  新島繁氏  繁榮策  繁つた木立  繁つた峠  繁延  繁吉  ぱい繁つて  繁陽  繁つた葉  繁つた處  繁げ  おばさん繁ちゃん  繁さんお前何  繁雜  都城繁労  伸び繁つて  木繁  節目雖レ繁  古人簡策繁重  繁狂人  繁ア  沼繁  狂人繁  奉行町野左近将監繁仍  木下繁  繁ちやん  繁ちや  繁熱  繁婆さん  繁婆  繁つた春日山  司馬光夢覺繁聲絶  繁声  上厠繁数  繁つた陵  繁ひとり  繁ちゃん桑  繁ツ  繁木  繁文褥禮  繁つた初夏  繁瑣  前田夏繁  人繁  繁文縟禮  つて繁つて  繁ッ  宗繁  五大院宗繁  五大院宗繁みたい  繁つた雜草  繁氏  繁つたマロニヱ  繁つた榎  景繁  五味繁作  今繁  最近繁  横繁吹  葉山繁山中空  新島繁  名人繁慶  繁つた蘆  本木繁氏  母繁  繁つた青葉  繁つた常緑  繁縟  青木繁  繁つた密林  葉山繁山  黒木繁  繁つた山王台  繁つた木の葉  元通り繁  佐々木繁氏来示  繁つて行つて  繁キヨリモ一  繁女  繁村  繁暇  先づ繁  繁霜雪  天才青木繁  森繁  武田左典廐信繁  座頭浦繁  繁つた雑草  青木繁君  繁つた砂丘  繁つたポプラ  繁つた梢  繁つて其間  乍ら繁  蘆生繁  大木繁  繁叩き  外村繁氏  繁つた山々  繁衍  繁つた河岸  繁つた森  夏冬繁緒  足繁げ  繁つた桜  繁擁  繁つた櫻  繁つた岸の上  校長細川繁  細川繁  細川繁氏  親戚細川繁  繁つた楊柳  御船真梶繁  密羅繁網  青木繁氏  



前後の言葉をピックアップ
繁り合い  茂り合う  茂り合っ  繁り合っ  しげりあっ    茂る  繁二郎  繁太郎  繁る


動詞をランダムでピックアップ
うめん飛び立てはぎとらまきつい当たれかつぎこま冒そ釣り込ん見廻せ割り込むふくらましつからせるつけねらう勢いづいおくらせるなぐろ打ち合し教わら寝過し含まっ
形容詞をランダムでピックアップ
うまう危ない薄汚でかかっあどけなかっくろく凄かろことあたらしくやむを得なけれうら淋しはなはだしけれ望ましけれ空恐ろしき心もとなけれ物すごむくつけく馴れ馴れしくかびくさいむなしから明う