「縮ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 縮ん[動詞]
勘三の縮ん  葉はすっかり縮ん  ように垂れ落ちて縮ん  いやに伸びたり縮ん  うねりと共に伸びたり縮ん  ように縮ん  陰気さで縮ん  足が小さく縮ん  さが伸びたり縮ん  骨が抜け出るほど青くなって、そのまま縮ん  足も縮ん  何時までも立ち縮ん  口もきけないほど縮ん  身の縮ん  中に、伸びたり、縮ん  ひつくりかへつたり縮ん  水がつくと、たちまちギュッと縮ん  五分の一ほどに縮ん  それは縮ん  花粉をつけられると、再び縮ん  震へて、脹れたり縮ん  対象物が延びたり縮ん  伴れて伸びたり縮ん  ように落ちて縮ん  板敷が、延びたり縮ん  三分の一ずつ縮ん  ピリンと縮ん  サト子は、のびたり縮ん  なかで、おかしく歪んだり、ふくれたり、伸びたり縮ん  藍色が伸びたり縮ん  體が縮ん  沼が伸びたり縮ん  ようにへたへたと縮ん  やうにへたへたと縮ん  毎日時を定めて脹れたり縮ん  心が縮ん  方へ縮ん  グンと縮ん  ものは縮ん  やうに縮ん  中に縮ん  程消極的に縮ん  さに縮ん  城中に居縮ん  十分畏れ縮ん  ように巻き縮ん  ように捲き縮ん  伸上ったり、縮ん  糸を切って、縮ん  ように大きくなったり縮ん  上で揺れながら延びたり縮ん  突きすれば縮ん  姿見に写って崩れたり、かたまったり、伸びたり縮ん  運動をして縮ん  散歩が伸びたり縮ん  盛んに伸びたり縮ん  蟲が延びたり縮ん  所謂自反して縮ん  雲は延びたり縮ん  犬どもが怖れ縮ん  何を伸びたり縮ん  ように、ぴくぴく動いたり、ぎゅっと縮ん  ゆらゆらと伸びたり縮ん  筋の縮ん  ことを肯いて縮ん  ために縮ん  ところに縮ん  ように、伸びたり縮ん  のか、縮ん  しなやかに伸びたり縮ん  足が縮ん  二つに分かれたり、そうかと思うとスーッと縮ん  間は縮ん  椎茸が次第に縮ん  絹糸程に縮ん  鱗が縮ん  筋が縮ん  間に歪み縮ん  伸びたり縮ん  ように居縮ん  身体が縮ん  呼吸しながら膨れたり縮ん  ショボショボに縮ん  ようになったかと思うとなおも縮ん  棒が、間もなく縮ん  手前へ縮ん  まましばらく黙って縮ん  ぼんやりと炙り出されて、大きくひろがったり、小さく縮ん  胴顫いをして立ち縮ん  耳はたいそう縮ん  急に縮ん  背を高く持ちあげては、伸びたり縮ん  やうに小さく縮ん  双子も立ち縮ん  気品に押されて立ち縮ん  心が伸びたり縮ん  むやみに伸びて見せたり、縮ん  南北方向に縮ん  靄はするりと縮ん  十分の一に縮ん  想ひが縮ん  水にあてて縮ん  向うに、伸びたり縮ん  だんだんに縮ん  ッと伸びたり縮ん  ものがあって、しきりに伸びたり縮ん  光の中で延びたり縮ん  光の中で伸びたり縮ん  ものが伸びたり縮ん  ぢけたのでも縮ん  天才は縮ん  両手がジリジリと縮ん  周期的に、ふくれたり、縮ん  本性でもなく、伸びたり縮ん  顔を見合せながら縮ん  わたしは縮ん  伸びかつ縮ん  そうに縮ん  首が縮ん  身が縮ん  身を小さくして縮ん  ようにしぼみ縮ん  それを示したいと伸びたり縮ん  世帯に縮ん  はつきりと、伸びたり縮ん  変に縮ん  智識は縮ん  舌がたちまち縮ん  鰭爪に屈まって縮ん  やうに、伸びたり縮ん  判全体がほんのすこしずつ縮ん  負けじ魂が縮ん  輪をえがいたり縮ん  腰をまげて縮ん  遇ひて、忽ち反つたり裂けたり歪んだり縮ん  ようになって立ち縮ん  姿がまったく見えずに、伸びたり縮ん  上に縮ん  影が伸びたり縮ん  睫毛が、伸びたり縮ん  背に、縮ん  一カ所でのびたり縮ん  ように立ち縮ん  花はしばらく立ち縮ん  脚は縮ん  上に立ち縮ん  ままで居縮ん  水の上で、伸びたり縮ん  伸び上ったり縮ん  



前後の言葉をピックアップ
ちぢれる  縮れる  ちぢれ毛  千々石  ちぢん  ちっ  散っ  チッカッパ  チッキ  蟄居


動詞をランダムでピックアップ
晴れ恐がる召しあがり蔑する打ち付けうごかさ組みついやどしきりきざまささえれ取り出せる追いすがりはばん見返す読み耽っむすびつくしむける戒めん例えれ泣きつか
形容詞をランダムでピックアップ
のっぴきならなく手ぬるし悔しかっむつかしから安かろ細長い汚らしかっ長くっ少からいぶせく言うまでもない余儀なからさみしけれ慌ただしく継しきひろ疎々しい残惜し高かろ