「総て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

総て[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
総ての変りかたに益々自分一個のことではないのだという感じが深まって来て  総ての真摯な演劇論が平等に座席を与へられる  総ての存在を一にす  総ての家庭が苦しんでいる  総ての婦人は自分たちの政治力がその改善のために発揮されていない  総て其の趣を得ず  総てに忘れられ  総ての野蛮人に共通な或る恐怖に似た  総ての女性はその美の脆弱さによつて男性の感情の弱さにつけ入る  総て驚くべき事実を語るかの  総ては時の裁断に待つのみだ  総ての意味で真面目である場合とすれば  総ての情熱は内部に向っての  総ての動作を表す  総てを知りぬいてる  総てに懐しい昔の錆が現われて  総てに亙って  総てに於て計画にぬかりの  総てに容易に直感される  総ての問題を超えた  総ての発達を予期する  総てを社会的欠陥に帰し  総てのものを突抜いた  総てを犠牲に投げ出しもしよう  総ての作家が無関心に暮している  総て附いて居る  総ての亡者に給仕をしてしまつて  総ての鳥が下りて来て  総てのものが動かない  総ての人が持つてゐて  総ての人に十分な程沢山ある  総て大きな秤皿にのせる  総ての室を集める  総てのものを一応は分類する  総ての分類原理が同様に外面的でないと云う  総ての学問が一応分類され得たにしても  総ての科学に侵入した  総てを与えても  総てを注いで  総ての人間が平等に参加し  総てが凍て付いた  総てを愛玩出来る  総てが全く隔世の転換をしている  総てからたちの生垣で包まれているので  総てにヒケ目を感じてしまう  総て整えておく  総てを記す  総てを尽くした  総ての犬が尽く合の子のカメ犬となって  総てのものを全く一変して  総ての場合に通用すべき  総てを識った  総てを苦しませる  総てを貧しきものの群に分け与えよと云った  総ての芸術を通して持つべき  総てに平安と深く聖き愛とを御恵み下さい  総ての幸福な夫婦の終る  総てを感情的に聞いて  総ての点に於て失望が起った  総てをして居ると思って居ります  総ての事ムは進行し  総ての愛を引くる  総てを望む  総てが油然と混和されて  総て全く眠りから覚めてはゐない  総てのものを彼等に譲り渡してし  総てこうした表現報道現象を一般的にジャーナリズムと考える  総ての場合に存する  総てこうした謙譲な研究家や反省家や不安家自身の口から洩れた  総てに拘らず  総ての形式と云ふも  総てのことを与へて呉れないと  総てのものが前生活と名をかえてしまった  総ての感覚を押しのけて  総てを包含する  総てを委ねる  総てが何らかの意味で働いている  総てその場に出ている  総てにおいてその時代やその人物やその他に調和する  総てをこの目的達成に集中すべく  総ての軍事を統一する  総ての理論に反し  総てを自己の理想の表現のために枉げておる  総てこんな事は皆退屈に思はれた  総ての周囲の物に興味を持っていて書いた  総ての掩護から露出させた  総ての点に完全な婦人はないと讚美する  総ての場合に附帯して来る  総ての外囲だけを強制的に調わせようと致しました  総てを両歯の間にかみしめて  総ての特性を完全に育てられては居りません  総ての人間が苦痛と思う  総てから決然たる決定が奪われます  総ての国家的文明に貢献して居ると申す  総ての女性の尊厳の為に飽くまでも申さなければなりません  総ての積極と自動的生活との前にしどろもどろな咆吼を致します  総ての女性から孤立させられますでしょう  総ての明みの起縁に成って居ると  総てを委せて  総ての点に人格の独立的権能を保有する  総ての行為が支配される  総てを含んでしまうという  総てを与へようとはしない  総ての類型から脱する  総てを賭けるかの  総てはこの近代の神聖な結婚と純潔な家庭生活等をひっくり返した  総ての人が今日寧ろ驚きをもって  総ての落着いた  総てのことに以前のような注意と熱心とを欠いて来た  総てはお春の口からもれた  総てを決した  総ての生活の楽しみを運命的に奪はれてゐる  総ての調子がよほど違っていた  総てこの辺は震火に逢って見るも  総てこの一事によって経験した  総ての表情が意志の固い所を示してゐる  総てに朗々としない  総てにつきまとっていた  総ての子供はどんなに苦しい思いをして来た  総てが運ばれた  総ての証拠を湮滅する  総てがきびきびとして気が利いていた  総てまだ学校の合併されない  総てを神聖化すると云って  総ての罪の終りなり  総ての方面に応用されて  総ての職業が土着する  総ての職業が土着するには  総ての職業が土着すれば  総てを兼ねる  総ての動物総ての植物に至るまで  総ての民族が太古にはこうした生活を続けて来たにも  総ての誠実なる人と一致せしなり  総てを失わせてしまう  総てが惰性的になり  総ての濁った  総て其の場に馳せ集まって  総ての男性を冷視してゐた  総ての男性に共通な追従めいた  総ての他の部門と比較して  総てが愛によりて  総ての気力を奪い去って居る  総ての覚悟はできている  総てを綜合して  総ての事実を闇に葬るべきか  総てこの覚書に従った  総ての人々に敬遠されてゐた  総ての音響を録音してゐる  総ての疾病を防ぎ  総てその規摸を拡張し  総てに溢れていた  総ての人に面白がられた  総ての瞬間の出来事はそれに直接に先行する  総てを占領する  総てのことを解決してやる  総ての公平な判断や真実の批評は常に民族的因襲や国民的偏見に累わされない  総ての羈絆を絶ち切つて  総ての人物の種類をつくしている  総ての紳士が緑色の服に金色のボタンを付け  総てを包んでくれる  総てのものを記録して居る  総てを得てしまった  総ての運命を形成せり  総て達してし  総てこんな事にはセルギウスは聞き飽きてゐる  総ては今は故人となってしまった  総ての化粧品の広告にまどわされる  総てのことが喜劇の厳粛性をもって  総てのものの上に立つ  総て切って廻していた  総て取仕切って引受けていた  総てが文壇人関係者の常識よりなされたる  総てを含めて  総てを包含した  総てのものは必竟途上の物たるに過ぎない  総ての希望が悉く水の泡となって  総ての希望は破壊し去った  総てに新生の姿をとって  総ての方面から今日の急務になっている  総ての真に価値を発見する  総ての生徒が一定の時間に某教科書の何頁を読みつつあるかを  総ての点に円満なる人間を造る  総て秀でたものはアングロ・サクソンなりと言うに至っては  総ての用意をすませて  総ての人の注意がむけられた  総てを捧げなければならない  総ての目は岩井半四郎の白拍子に注がれていた  総てを忘れて  総ての忌わしい記憶を打消して流れ  総てまたぴたつと戦時中のやうに停止してしまひ  総ての劇場は目に見える  総ての劇場が亡びると  総ての為の準備に費されました  総てが時に感じさせられる  総ての者は彼等の祖国の土を思わずには居られない  総ての人間は戦った  総てが明かに意識される  総てが癪に触る  総ての者がただ一様に一座の空気に親しいものに見えただけの  総ての者が自分ほどひたむきに兄の身を思いはしない  総ての物を疑らねばならない  総ての人が居た  総ての耳には聴きとれなかったほど  総てを知った  総ての人が自分と同じ結論を得て  総てを投げた  総てが一決していた  総てを直接物語って  総ての方々が悪評を加えてい  総てに都合がよかったのかも知れません  総て知りたがっている  総てを動かしうる  総てだくらいは妹の奴めに云われなく  総てを失った  総てのものに見放されて  総てがハッキリと現れた  総ての物を失ってしまいました  総てから推薦された  総ての日記の手入終る  総てを保護している  総ての史的事業に関係し  総ての政治問題は殆ど軍事万能主義に依て  総ての観察が色眼鏡を通して来るから  総ての人にもあるの  総ての巨根が薩摩に存する  総て空しいものとされてしまった  総ての物を金にしたりき  総てを論断せんと  総てが備わっているが  総ての自分の感覚を錯覚だと考えた  総てはあの時ぎりの白日夢とし  総てのものをきり替へるので  総てを含むか  総ての表現を代表する  総ての能力以上の価値を示す  総てに満足しました  総てを眼下に見下して  総てが別れ別れになって  総てがよくなりました  総てをそこに置いた  総て持つて行かうとした  総てを心得てゐる  総てが大人振って見える  総ての漢学に熟達し  総ての死骸が灰となってしまう  総ての乱暴を我藩でしたのだと思っている  総ての人の末席となった  総ての島方を占領したまでである  総て御歴々生活をする  総てが奢り散らした  総ての仏に対する法事を営んで  総ては金のいる  総ての悪行を更に小型に没趣味に多数に再生産した  総てをおとよさんに任せる  総てがぼんやり色をぼかし  総てを忘れる  総てを知りつくした  総てを亡ぼしてしまうのみならず  総ての人間が救われた  総て其の兄弟を怒る  総ての評論風の批評は直接感受した  総てを元どおりにしよう  総てが目の前にある  総てを呪ってる  総てを自分達の心持として理解し  総ての劇場とキネマが閉され  総ての詩の領分に恋愛を書いた  総ての記憶から引離したく  総てそういうような一種の法則というものがあって  総ての罪悪というものはないと思う  総てのことをしゃべった  総てなぶられても  総てこの頃の事は皆文三の疑心から出た  総てがいちいち符合していますから  総ての民族が世界化しつ  総てを破壊した如く  総てのものはこのようにして  総ての文学が感情を本とする  総ての小鳥籠をスズメカゴといって  総てのことを決定する  総ての徳が育ち  総てをまた圧倒的にしてしまいました  総ての人が分け合っている  総ての人よ愛し合えよ  総てを語つてゐた  総てを抛って手馴れぬ  総ての場合のテンポで著作権をとってやろうと考えた  総てが消失してしまう  総てを忘れてはいるが  総てを打ち崩してしまひはすまいか  総ての出来事を種にして  総ては内心の争闘の結果に任せようと  総てが日本型ファッシズムに集中していると見  総てを新調して  総ての人間を丸呑みにしてしまった  総ての人が退散してしまった  総てはあって  総ての推測を下す  総ての様子総ての振舞が何と無く世の常の女より立ち勝り  総ての招待に応ずれば  総ての素人芸と同じく当人には甚く面白いが拝見や拝聴を仰せ付けられる  総ての戸に或いは錠を卸し  総ての点を私は満足に答え  総ての事情が秀子に指さして居る  総ての女性が経済上独力で生活すべき  総ての生物はみな無量の劫の昔から流転に流転を重ねて来た  総ての歌を腐敗せし  総ての古歌の想を含みたるにあらず  総てその事から説明されるではないか  総ての魅力を与えてくれる  総ては嘗てあった  総ての芸術中最も純粋な者だといふ  総てについて色々言つて見たい  総てに及ぶからだと  総ての事物に対して称賛と感謝の情とを以て感興の最大源泉となし  総てが夢だと思うだろう  総ての作戦計画をして居るので  総てを覚悟してゐる  総てその中へ入れて置いて  総ての物と事に相対性原理が行われて居る  総ての技芸について見ても  総てかういふ風に銃猟談はしてもらひたい  総てこの村では女が働いて  総ての点に創意が多くして  総てを引上げてしまふ  総てのものが寂しく悲しく見られた  総ての人々を国民とは認めず  総ての人によつて認められた  総ての点長大足の進歩を為せり  総てが整然とした  総ての点に優越した  総ての親密さが私達親子の上にあった  総てがなくなっていた  総ての感覚にさえかんじていた  総てを悲劇に導いて来ただけではないか  総てがみんな戯れからだと  総ては瞬間にかかっている  総ての待遇またわれらの近衛師団における比にあらず  総てを出し切る  総ての人の同意を得て生きてゐた  総ての人が此問題のために力を借してくれてゐた  総てを観る  総てを支配してゐる  総てを解決する  総ての時間を消費し  総てを胸のうちにおさめて  総てかく低唱しつつ  総てこの辺に住む  総ての上に臨んで  総ての物を失った  総て失われた  総て単なる実験の準備に過ぎぬという  総ての自然科学が生産技術として利用され得るし  総ての罹災者は皆どこかでこの失費と面倒とを繰返している  総てを笑って居た  総ての色調を締める  総てを汚し  総ての婦人のために開放した  総ての花皆うつくしとのみ見し  総てが闇に包まれる  総てを語り得る  総てを覆いかぶせていた  総ての生産手段とその収穫とを共有していた  総てのことを親の権利によって支配されている  総ての不合理と片手おちとに苦しまなければならない  総ての若者を動員し  総ての人に警戒されていた  総て引抜かれて  総ての娯楽機関は戦時目的のために縮小して  総ての基本的な面で人民の生活が破綻し始めるにつれて  総ての荷物を郷里に遺し  総てを教授された  総て堪えて行かなければならず思う  総てが新しきを尊び  総て要するに男子が自ら全かろうとする  総てに無自覚であった従来の女に貞操の合理的根拠を考えた  総ての女の尊敬せられる  総ての運動は不用だと思わんかい  総ての物が眼の球のある  総ての人に予期せられない  総ての新劇運動を指導する  総て花々しく処断すべし  総ての日常の問題に触れて  総てを托したといふ  総ての研究は空理であるといいつつも  総てこの見地から人を見ていた  総ての貧民を理想化して見ていた  総ての事はガニマール氏の言うが  総ての他の画家の作品と肩を並べて  総てがいちいち符号していますから  総てを打明けて縋ろうとした  総ての光景は行燈の火も幽かに幻のやうに見えたが  総てを圧倒した  総てを救った  総てずっと古くから此の都会に住んで居る  総ての方法を尽くしても  総ての物の様子に倦きがきた  総ての事のあんまり突然なのに喫驚しながら  総ての芸術家に偉大たれと望む  総ての我が児に幸あれと望む  総てのことを彼等に語っていました  総てがぼんやりした  総ての準備をして待つて居るから  総て非人間的な抑圧に抗する  総てが造られているらしい  総ての価値を没収して  総ての料理屋の主人の代表の如く思われて  総ての苦痛を味つて来た  総ての物に熱心に注意を配り  総ては食味に集中すべく  総てが帳消しされる  総ての貸借関係を果すと  総ての先入見である  総ての時代を通じて印象を辿ってみると  総てはうち開けて  総ての言葉に比して  総ての物を否定する  総ての作家によって理解されている  総てひっくるめて呼ぶ  総てがリツチな容貌をした  総てが吹き出したくなる  総ての点で異つて居ると  総てを忘れてゐた  総てが西洋風になり  総ての文学がコンミニズムになりたる  総てのことを云い  総てを軽侮せんとする  総ての対照的文字は濫用され  総てのことについて私が全く局外におかれていたという  総てのいいことはそこからというところもあります  総てで八郡あり  総ての印象記憶がさうである如く  総ての知識をもっているかの  総てをなし  総ての人を感服せし  総てが男の怠惰が原因だと云ふ  総ての家の外の事までを自分で背負つてゐる  総てが知っている  総てが新しくなる  総てが発散して  総てを産む  総てのことを試み  総ての学院では中央分配局の供給にたよつてゐる  総て光って輝いて  総て少時間の後に暴露し  総てを捧げている  総てに興味のある  総ての懊悩を一掃した  総ての事が混乱している  総ての人々の予期を破つて  総ての事情を聞き  

~ 総て[名詞]1
愛は総ての  人間の総ての  孤独は総てに  端麗さに総ての  光景は総て  忘却は総ての  双方が総ての  態度を欠いた総ての  こと他宗の総てに  人々の総てに  私共は総ての  毎朝日本の総ての  根に総て  小説の総ての  水をかへてやると総ての  中にあるかうした総ての  周囲の総ての  空気は総ての  空気を総て  黒点が総て  蜜蝋で総ての  それであるからと云って総ての  系列によって総ての  殆んど総ての  それは総てを  室内から総てが  応接する総てを  周囲が総てから  用意を総て  以上で総てを  盛んになって総ての  一般社会は総ての  最近二十五ヵ年間は総ての  ことは総ての  理由の総てを  周囲の総てを  其は総ての  子等の総てに  私が総てを  ために総てを  人間の考え得る総ての  人に総てを  山も総て  兄夫婦は総ての  野菜は総て  殆んど総て  芝居迄の総ての  歌舞伎が総ての  子供とで総て  ための総ての  他の総ての  女の総ての  声に総てを  これも総てが  物は総て  内政の総てを  ため陸軍大臣が総ての  会戦が総ての  点まで総ての  文学と総ての  恋歌気分を総ての  脈管を総て  場に居合せたほどの総ての  私を総ての  女性の持つべき総ての  文明史に現われる総ての  地上に起る総ての  米国婦人の持つ総ての  彼に触れる総ての  彼女等の総ての  さに総てを  定見が総ての  動機で総ての  内容の総てを  室にある総ての  座席の総てを  自分の総てを  いきさつの総ては  殆んど総ては  今日の総ての  人間生活の総ての  貧乏が総ての  時とは総ての  自分は総て  死は総ての  彼女の総てに  殺人の総ての  ことは総て  気持は総てを  緒の総ての  ものの総ては  それは総ての  世の中の総ての  一人で総てを  存在する総ての  私に総てを  虫は総て  観光事業は総ての  彼を取巻く総ての  今は総て  経験した総ての  否な総ての  疾病を防ぎ総ての  山下との総ての  観測所に比すれば総て  女の総てに  さまは総ての  調和されてくる総ての  形は総ての  自己の総てを  文学的活動の総ての  子等をも含めて総てを  自分の求める総てを  爰に総ての  境界には総て  新聞にでる総ての  界隈に在っては総ての  総てが総てとは  指揮者が総ての  常が総て  忠七が総て  ロビンソンに限らず総ての  それらの総てを  意志以外の総ての  僕の総ての  修養的学問とは総ての  学校に在る総ての  中で総ての  爆音は総ての  しまつてゐた総ての  手にまで運んで来た総ての  女性の総てが  人間である総ての  ために総ての  自分の総てが  ものの総てが  ほかの総ての  オレが総ての  そこには総ての  声は総ての  ように総てを  目を見合せて総てが  見聞の総てを  貴婦人の総ての  方が総てに  他にある総ての  地上の総てを  のが総て  如くに総てが  芸当の総て  ものの総てを  行使せず総ての  於て総ての  プラトンは総ての  江戸を騒がす総ての  企図は総て  人事の総てを  屋敷としては総てが  冬になると総ての  生前死後の総てを  顔面の総ての  鼻が総ての  乾児の総ての  細君は総てを  話を総て  公園の総てが  詩文も総ての  それが焼け落ちて総ての  今度は総ての  三津浜と総ての  家内が総て  貴族の行った総ての  房の総て  命の総てを  若葉も総てが  楽器の総てを  あなたの総てを  世の中の総てを  彼女の総ての  芸術にでも総て  仏蘭西革命が総てを  詩歌に限らず総ての  仕事の総て  ところに総ての  人の総てを  二には総てに  ここにいる総ての  裸体で飛び出した総ての  少女たちの総ての  必要のある総ての  ことに打ちこんで総てを  纏まつてゐる総てを  昔から総ての  着から総てを  ものが総て  方に総ては  一事をもって総ての  是は総ての  素人手品は総ての  何れほどで有るか総て  時は総ての  収入を得る総ての  総ては総ては  行動は総て  程の総ての  彼等にとって総ては  それですから総ての  詩は総ての  殆んど総てについて  態度が総てに  風景のみならず総ての  東京に居て総ての  お前は総てを  食器は総て  人であるから総ての  価値が総てを  受くる総ての  人類の総ての  事件をめぐる総ての  順序に総てが  位した総ての  自分の総ての  一切過去の総てを  馳けた苦心の総ては  手にふれる総ての  若者の総ての  一事不完全なりといへども総ての  力の総てを  謂はば総ての  己を取り巻いてゐる総ての  旅行に総てを  政治が総てを  ボロ綴りに総ての  ものは総て  味は総て  秋へかけては総ての  それまでは総て  ものとして総ての  花は総て  互ひに総てを  規定している総ての  進行して総ての  学校からも総て  日本の総ての  ようにして総ての  普通学の総てを  方が総て  製品の総てが  今までの総ての  所から総ての  これが総ての  上にて総て  文学に対してのみならず総ての  生活の総てに  生活の総てに対して  何ものかに総てを  科学を除いては総ての  二葉亭は総て  渠らの総てが  イリュージョンを作って総ての  夙志が総て  ものが総ての  死が総てを  世界の総て  様な総ての  久美さんは総ての  庭園も総ての  提唱が総て  肥満している総ての  出来事は総て  戦死から生じた総ての  四辺に在る総ての  絶叫も総て  人に譲り総ての  これらは総て  夕方に総ての  建築露路木石器具態度等総てそれ自身の総てが  安易に総ての  ものを総て  云ふより総てが  繞く総ての  科白も総てが  人間がかく総ての  彼は総てを  思い出を書いている総ての  方から総てが  文壇の総ての  ブルジョア意識の総ての  俄に総ての  外は総てを  言に限らず総ての  当時は総てで  殆んど総てが  一年毎に総ての  世の総ての  吾等に与ふべき総てを  人生の総て  今日まで総ての  物が総て  方々の総てに  場に居た総ての  

~ 総て[名詞]2
何となく総て  とうとう総て  その総て  殆ど総て  其の総て  ほとんど総て  この総て  然るに総て  にわかに総て  全く総て  定めし総て  必ずしも総て  あの総て  すぐ総て  もう総て  凡そ総て  たしかに総て  勿論総て  一体総て  ない総て  終に総て  まだ総て  無く総て  あたかも総て  

複合名詞
総て武郎君  総て喜び  総て物  総て虚仮  総て三四年  これ等総て  総てそれら私闘  総て其行為  総て何処  総て結論  顔手足総て真赤  総て五人前宛  総て十二室  殆ど総て  総て稜々  総て蕾  事々物々総て  その他総て  総て十三点  総て完全  総て前提  総て悲哀  総てここ  総て身分不相応  総て此川  総て金  総て別人  総て我等  総て延期  総て此  総て皆婦人  総て日本民衆  総て副詞的  総て短尺物  総て臣民  総て和平  総て巫女  ほか総て世の中  総て害  総て君  総て事物  総て男性  人間総て  今日総て  総てこれら  総て十分  総てこれ罪  総て虚構  総て斯様  総て曖昧  総て同感  総て新開地  事総て俗人  総てこれ等  総て桜田門外  総て人  総て囚人  総て世の中  総て施行  総て万葉集  総て律文  総て科学的  動物総て  総て緑  総て自分  総て空  総てさ  総て優悠  万物総て生れ  総て構造  総て中流  総てそれ  総て時間的  総て知つて  総て本格的  総て始め  総てそれら  総て公法  人類総て死滅  総て目  総て此等  総て一人  総てそう  総て帆村  総て毛  総て勤労  総て生れ  これら総て  総て良人  総て配下  総て登場  総て桜若葉  総て君主  万機総て侯  総て積極的  総て統合的  総て叛逆匪徒  総て既往十余年間  事総て侯  総てプラトン  総て具体的  総て所蔵  総て死  総て放散的  総て秋蕭々  総て意識  総て静的表現  総て朱塗  総て包括  総て上調子  総て我藩  総て執政  総て文部省  総て名  総て研究  総て軽蔑  総て彼  総て兄  総て成立  総て四迷大人  総て今  総て仲  総て穏  総て男子  者等総て十六人  総て理屈  総てなだらか  総て嘘  総て私たち  総て一律  総てただ一人  総て十一二人  総て順序  総て表現  様子総て  総て幾等  総て女  総て和女  総て右往左往  総て仕組  総て秀子  総て暗号  総て忍び  総て貴方  総て愛  総て神  総て官吏服務規則  総て仏教  総てみな  総て和歌俳句詩  外総て不二  矢張総て  総て何  所謂総て  総て単語  づさはる総て  一番総て  総て破壊  総てドユマア  総て勢  総て支那  総て燧岳  総て芸術上  総て無駄  総て功利  総てみな怪談本  総て逆様  卿等総て  総て露子  総て是  総て平坦  とき総て  総て今言  総て流言  総て吏道  こと総て此  総て釣遊  総て想  総て此間  総て社員  総てはし  総て禅味  総て虚礼  私共総て  総て人民  総て動員  総て不成績  総て仕事  総て品質  総て失つて  総て健康  総てわが家  総て我々年輩  総てドグマ  総て皆廃紙  進退黜陟等総て  総て石鹸玉  総て疑問  総て直観内容  総て直接  総て平等  総て種々  総て一変  総て断片的  総て自由  総て眼  総て都下舞踊界舞台撮影  総て一包み  一つ総て  総て擬古文  総て解決  総て虫  総て是等  こと総て  霜総て枯  建築露路木石器具態度等総てそれ自身  観光団員総て  総て油絵用  総て皆光明  もの総てダイジダイジ  総て他  此総て  総て一様  総て学校  総て想考的  総て此神  私たち総て  総て討死  総て多数  総て多く  総て鉄  



前後の言葉をピックアップ
すべっこい  すべっこく  凡て  すべて  全て  スベテアツタコトカ  スベテノ  スベテミナ  スベテヲ  滑らせ


動詞をランダムでピックアップ
さんざめきうかび追使っ湯掻いかっ込ん咳き上げなおす取ら睨みつけろ談じ込まぶん殴っ頼っ思い出せよ帰れる由り揺さぶる潰れる喪わ取去れ遣り込めよ
形容詞をランダムでピックアップ
大人しく畏れ多きこぐらなるうたっとく寒けりゃ心づよくがまん強く義理堅く厳つ継しき角うせん無き甘かろ蒼白かっ気持ちいい慎ましく甲だかいてぬる口惜しけれ