「絽」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
絽の小紋の羽織が着たいとか  絽の着物で観世水に紅葉を散らし  絽の帯をしめ  絽の翅と金色の眼を持つたくさかげろ  絽の襦袢の袖だったに違いないと云う  絽の染裕衣繻子の帯風に吹かる  絽の夏帯の水あさぎなまめくまゝに夏や往にけむ  絽の方のを直すだけれどな  絽の羅に紅の襦袢を透して  絽が似合うでしょうね  絽の帷子を着て  絽の着物と幅の狭い黒繻子の帯を取り除くと  絽の羽織を着て歩く  絽の羽織を着て  絽の羽織を羽織った  絽の紋付の羽織にちやんと袴を着けた  絽の古びた  絽のひとへを着てゐたから  絽の羽織を勢いよく撥ねて  絽の羽織が上布の単衣の肩をすべっている  絽の十徳を着た  絽の羽織をかさねて  絽の羽織をひっかけていた  絽の羽織の紋が見えていた  絽を買う  絽の頭巾を放さない  絽の帯を町家風にきちんと結んだ  絽の羽織を質に入れて  絽の縞の袂を透いて  絽の長い服を着た  絽の夏羽織を着て  絽の袴を穿いて居た  絽の帯をしめた  絽の羽織を引っかけて  絽の羽織を持っているが  絽の蚊帖を吊って居る  絽の着物に厚板の白茶の帯を千鳥にむすんで  絽の羽織を着てゐた  絽の羽織の肩のあたりにも雨の水が光つてゐた  絽の羽織をぬがせて  絽の羽織がかかっている  絽ざしの手をとめて  絽の紋附の着物を着た  

~ 絽[名詞]1
娘が絽の  対の絽の  白麻地や絽や  空色の絽の  それは絽の  水いろの絽の  ときすてし絽の  此さんの絽の  紺無地の絽の  人が絽の  妙な絽の  衣に絽の  私は絽の  縫紋の絽の  上に絽の  納戸の絽の  青磁色の絽の  黒の絽の  先生の絽の  夏の絽を  夏は絽の  腑のぬけた絽の  紫紺の絽の  一番さきに絽の  薄紫地の絽の  白絣に絽の  藍無地の絽の  明石に絽の  友禅の絽の  小紋の絽の  紋のついた絽の  誰待つ絽の  冬でも絽の  明石縮に絽の  振袖の絽の  鉄色の絽の  奥さんは絽に  藍鼠無地の絽の  男の絽の  新調の絽の  

~ 絽[名詞]2
白い絽  古い絽  うす絽  長い絽  白っぽい絽  黒い絽  

複合名詞
黒絽  絽羽織  浦絽  白絽  ひと夜神絽蚊帳  ろ絽  縞絽  浜絽  絽お召  べら絽  初め一カ月絽  絽ちりめん四五枚  絽ちりめん  平絽  黒絽紋付  絽刺  竪絽  絽繻珍  



前後の言葉をピックアップ
  露風      露石  絽縮緬    櫓太鼓  ロア  ロアイヤル


動詞をランダムでピックアップ
離せる取り切れ思い付くしてやり立合お蹴破らしみ渡る飛びたっ重ね合わさ忍び込み申し出でのし浴びせる追いたてせしめるきりひらか持ちこまよばれれ追付け暖まる
形容詞をランダムでピックアップ
根ぶかい愛しゅうつようとましい口やかましき蒼白かっ堅から暖かしうすきみわるいくるしほろにがい懶しやり切れなかっ快う烈しくっかなしくっ生ぬるかっ紛らわしく麗しきせん無き