「累」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
累の荷物に手をかけて突き飛ばした,  累の菩提を弔わすが,  累の怨霊は退かないと云うので,  累の怨霊が退散して,  累の怨霊はその後も二度ばかり来て,  累の及ばん,  累の及ぶ,  累の四方に及ぶを避ける,  

~ 累[名詞]1
他に累を  数を累  筆の累  何物にも累は  裁ち切れが累  為に累を  他日お互いに累を  欠乏が累を  雲の累  香以は累を  当家へ累を  リッケルトを累  墓の累  樹が累  平日に累  小幡小平次とか累とかいう  小幡小平次とか累とかいふ  女房の累が  不意に累の  悶掻きながら流れて往く累を  安やすと累を  詞が累  苟安とに累  私に累  狷介が累  徳を累  悪行を累ね  爲に累を  久右衞門に累を  久右衛門に累を  孫を累わさ  我を累  累り累  藍を累  商売の累  習慣に累  郵便では累を  山々は累って  心に累  因襲に累わ  国民的偏見に累わ  恩を累ね  被告に累の  いずれにも累  爲に累  時勢の累  情実に累  人を累  純真を累  これは恨み累  篇を累  名誉にまで累を  価値を累  官を累  心を累わ  岩か累にでも  難に累  緋色に累  格別の累をば  人に累を  こちらへ累が  御名を累  ことが累を  ものにまで累を  迷信に累わ  葉が累  あなたに累を  数が累  大なる累を  足を累  何物にも累わ  姫君に累を  雲が累  百余日を累  体面に累わ  人格をも累  経験的与件に累わ  無秩序に積み累  試験を累  美制たるに累を  ために累わ  家産が累は  不満が累を  思想が累を  俗事に累わ  性質が累を  道学的潔癖が飛出して累を  足蹟に累を  わがまま剛情が累を  家庭の累から  いろいろな累を  才気に累わ  ことに累を  一ツ小盥を累  子孫に累を  責任を負い累の  彼に累を  汝に累と  我に累を  後日の累を  透谷の累と  書類の累って  我彼を累は  詩人等を累は  われらの累と  市民の累と  関心が累  人間に累を  厄を累  破産が累を  句を累  福の積もり累  經驗を累ね  悪名に累  中尉に累を  

~ 累[名詞]2
さして累  何ら累  しばしば累  幾重にも累  又累  この累  かえって累  

複合名詞
景累ヶ淵  一時一寸累  危難累  累二功於平日一  累ねた  累世朝廷  累世四百年  宇都宮累世  趙累  趙累その他  投票神權説ニ累セラレテ  二つ累ねた  神官累  累世  積累ねた  河野氏累世  累身売り  累ねた芭蕉  累世記事  累層  積累  余累  累葉  累ねた師父たち  累連者十二名  レ古名聲多ク作スレ累  累禍  累つて  二冊累  二枚位累  十枚累ねた位  累ねたよう  重り累  累遷立身  徳川累世  十年相累  累索  系累  累い  益累  累祖  累ヶ淵  累也  増田氏累世中  累蛇  巻累  越智氏累世居伊豫  仏教累世  累草紙  累双紙  幾世幾年カ其家ニ伝来シテ積累山  累げ  積弱累辱此  累結  積り累  累世氏名  



前後の言葉をピックアップ
ルアゴン  ルアン  ルアーブル      るい  ルイウチニ  類縁  類火  累加


動詞をランダムでピックアップ
かびろ扇げ向う過ごせる唱えれはなしあっ畳み込め傭おねじ切っ切り詰め口ずさま作り出しよだて樵るじゃらさつむら取り立てよ研く透ける鋤く
形容詞をランダムでピックアップ
いかめしき固から蒼くすべっこい洽くとめどないおおあらうやわらかいたかっ目出度し頼もしいめずらしかろ深かろ気だる気はずかしいうれしから腹ぐろ佳かっ粘い