「粘り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 粘り[動詞]
側に粘り  沈着で粘り  膏と、粘り  リーダーシップと粘り  みな孫兵衛の粘り  生活力の粘り  今しがたまで粘り  リアリズム、一層の粘り  指先に粘り  仲間の粘り  両端をよく粘り  眼が粘り  背腹に粘り  工場の粘り  勇気と粘り  熱と粘り  額ぎわに粘り  裏面に粘り  二つ三つはたくと、粘り  額に粘り  手に取って見ると、白く柔らかく、少しの粘り  数々がキラキラと光りながら粘り  私は、粘り  其、粘り  顔中に粘り  処々に粘り  無恥と粘り  非常に粘り  中に案外粘り  一番新吉に粘り  遠くで、粘り  踵に粘り  非常な粘り  ブラシに粘り  目を醒ましたらしい粘り  充分に粘り  プロレタリア婦人作家の実にこまごまと粘り  婦人の粘り  心情の粘り  独特の粘り  愛と粘り  飼主に粘り  不思議な粘り  初めから徳永商店に長く粘り  ドコかに粘り  汗に粘り  塩気が粘り  強靭に、粘り  のでは粘り  一つに粘り  海苔だから、しつこしも、粘り  さ、粘り  深みまさり、粘り  床板に粘り  地の見えぬまで粘り  なかに粘り  どころを見失わないで、粘り  塊まりが粘り  顔に粘り  足を粘り  自身の粘り  指に粘り  君はそれ程強くはないが粘り  小市民的インテリゲンツィアというには云い切れぬ粘り  神経を働かせながら、さすがに粘り  性格は相当粘り  ニンニク人種は、粘り  爪先に粘り  執拗く粘り  くしがちろちろと、粘り  

名詞

粘り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
粘りのある  粘りつよく周密なものとしての面に発揮してゆかなければならないでしょうし  粘りを解いて  粘りをもって  粘りと臭気のある  粘りがある  粘りと勇気がもてた  粘りがあった  粘りで木偶の坊にも解り  粘りを草の葉で拭うと  粘りをもった  粘りで蠢いていると感じられる  粘り白いところとある  粘りを特色とする  粘りでこの小さいが愉快な空想を実現する  粘りとなった  粘りがあって  粘りの足りない  粘りになる  粘りのよわさが感じられ  粘りのつよさということも新しくおどろきます  粘りで粘られるから  

~ 粘り[名詞]1
内部に粘りの  沈着な粘り  女性の粘りという  米の粘りを  間にも粘りの  案外な粘りが  辛苦を凌ぐ粘りと  五郎と違う粘りが  それに比べると粘りが  血の粘りで  血の粘りを  人生にくい下る粘りを  決定的な粘りで  自重と粘りを  現実的な粘りが  私式の粘りで  さや粘りと  肌白な粘りの  甘味があり粘りが  体力の粘りの  日常性の粘りの  文学に対する粘りの  人の粘りで  本性にある粘り  

~ 粘り[名詞]2
ひどく粘り  

複合名詞
粘りづよい執拗  粘りづよさを作家  粘りづよさで対立  神経的粘り  



前後の言葉をピックアップ
ねばつこ  ねばねば  ねばら  粘ら  根原  ネバリ  ねばり  粘り  粘り気  粘り強


動詞をランダムでピックアップ
舂か即せ薫りたまい浮きたちすぎさる窪め設けれせきとめる長けれ粒立た盛上げる撒こ隔たらよいつぶれ勤めよげきする縮こまっよじれるかお
形容詞をランダムでピックアップ
あまね狭かっか細きけたたましき有り難から耳新しいがたし手酷し胸ぐるしいからきゃ事新し無かろばからしいにくき間遠かれ心許無い睦まじくよろこばしきめあたらしこまか