「立ち上がっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 立ち上がっ[動詞]
真理子も立ち上がっ  亜紀子は立ち上がっ  多恵子は立ち上がっ  自分が思わず立ち上がっ  忠蔵はひょいと立ち上がっ  ヒョロヒョロと立ち上がっ  たか、つと立ち上がっ  ままに突っ立ち上がっ  一跳びをやって立ち上がっ  それにすがってまっすぐに立ち上がっ  グレゴールはまず立ち上がっ  気づき、立ち上がっ  妹だけが立ち上がっ  二人は立ち上がっ  娘がまっさきに立ち上がっ  場に立ち上がっ  一緒に立ち上がっ  顔をして立ち上がっ  不意に立ち上がっ  ために立ち上がっ  看護婦はいつか立ち上がっ  われ知らず立ち上がっ  マシンは立ち上がっ  鴻山は立ち上がっ  方へ立ち上がっ  腕を扼して立ち上がっ  ムクムクと立ち上がっ  ように立ち上がっ  融川はつと立ち上がっ  あわが立ち上がっ  一斉に立ち上がっ  スルリと立ち上がっ  さまは立ち上がっ  綱は、よろりと立ち上がっ  外へ立ち上がっ  から、ゆったりと立ち上がっ  旅川周馬がよろよろと立ち上がっ  音に立ち上がっ  大急ぎで立ち上がっ  ヘルマンは立ち上がっ  片手にもって立ち上がっ  支度をすまして、やおら、立ち上がっ  検事はこう云って立ち上がっ  私はぎょっとして立ち上がっ  涙を拭きながら立ち上がっ  素げなく立ち上がっ  これには驚いて立ち上がっ  女は立ち上がっ  彼は立ち上がっ  きり動けなかったといい、立ち上がっ  ウムと呻きながら立ち上がっ  次郎をうながして立ち上がっ  晩なぞは、むくりと立ち上がっ  隣から、立ち上がっ  山嵐がぬっと立ち上がっ  元気よく立ち上がっ  夫人もスラリと立ち上がっ  男が立ち上がっ  教徒は立ち上がっ  縁からスラリと立ち上がっ  女が立ち上がっ  ラシイヌは云って立ち上がっ  それを見ると、よろめきよろめき立ち上がっ  往来へ立ち上がっ  ラシイヌはやおら立ち上がっ  ラシイヌは立ち上がっ  蘭は立ち上がっ  松乃は立ち上がっ  玄翁は立ち上がっ  それをつかまえてやろうと思い、立ち上がっ  パーソナルコンピューターが立ち上がっ  文字が立ち上がっ  犬射さんは立ち上がっ  愕然と突っ立ち上がっ  若い武将が立ち上がっ  裾に感じて立ち上がっ  ように言いながら、立ち上がっ  廊に立ち上がっ  旗二郎は呟くと立ち上がっ  フイとひとりでに立ち上がっ  現在に本当に立ち上がっ  曹操はやがて立ち上がっ  書簡を引き裂いて、立ち上がっ  二人は驚いて立ち上がっ  灰を叩き落としながら立ち上がっ  それを立ち上がっ  のと、その立ち上がっ  トニイは立ち上がっ  涙をふいて、立ち上がっ  男は、あたふたと立ち上がっ  帽子掛けから取って立ち上がっ  ほほえみながら立ち上がっ  だれにともなくいっておいて、するすると立ち上がっ  袖でぬぐいもやらず立ち上がっ  いつものように素直に立ち上がっ  姿をかくまいながら立ち上がっ  何げなく立ち上がっ  葉子はしんなりと立ち上がっ  舵座に立ち上がっ  衝動を受けて、思わず立ち上がっ  立ちは上がったが、立ち上がっ  庸三は頷いて立ち上がっ  首をふって見せたが、立ち上がっ  庸三は、立ち上がっ  上に置くと、立ち上がっ  書物を伏せると立ち上がっ  父は立ち上がっ  会釈して立ち上がっ  叔父に継いで立ち上がっ  様に立ち上がっ  平岡は立ち上がっ  肩を揺られながら、立ち上がっ  急に立ち上がっ  席を蹴って立ち上がっ  そうに立ち上がっ  板の間に立ち上がっ  そこらをながめ回していたが、いきなり立ち上がっ  葉子はすぐ立ち上がっ  葉子は寝じたくに立ち上がっ  にこにこしながらすぐ立ち上がっ  愛子はつと立ち上がっ  伸びをしながら立ち上がっ  葉子は立ち上がっ  それからまた立ち上がっ  暇もなく立ち上がっ  葉子はそういいながら立ち上がっ  自分は立ち上がっ  葉子はいきなり立ち上がっ  上に立ち上がっ  僕も立ち上がっ  ランプをつけようとして立ち上がっ  にわかに立ち上がっ  ノートをかかえて立ち上がっ  上につっ立ち上がっ  若いねずみが立ち上がっ  ように、立ち上がっ  水夫たちは立ち上がっ  威勢よく立ち上がっ  中にそっと立ち上がっ  武器を持って立ち上がっ  後来賓総代が立ち上がっ  研究していましたが、やがて、立ち上がっ  紋太夫は立ち上がっ  十平太は立ち上がっ  様子を探ろうとしてそっと立ち上がっ  真っ先に立ち上がっ  老人は立ち上がっ  犬は、すぐに立ち上がっ  後足で立ち上がっ  服従して、立ち上がっ  カピは立ち上がっ  ときわたしはそっと立ち上がっ  二度かれは立ち上がっ  のを見ると、立ち上がっ  いちめんもうもうと立ち上がっ  豊吉はつッと立ち上がっ  静かに立ち上がっ  わたしは立ち上がっ  カピはすぐ気がついて立ち上がっ  自分で立ち上がっ  音と共に立ち上がっ  のに立ち上がっ  器械的に立ち上がっ  一しょに立ち上がっ  タヌは立ち上がっ  和尚は立ち上がっ  水着姿が、つと立ち上がっ  椅子を立ち上がっ  岡部は立ち上がっ  シャツを脱ぎ、立ち上がっ  彼も立ち上がっ  裕美子は立ち上がっ  ものだから、おどろいて、思わず立ち上がっ  喜平は立ち上がっ  喜平を睨みながら立ち上がっ  正勝はすぐ立ち上がっ  彼らは立ち上がっ  微笑を含んで立ち上がっ  正勝がぐっと立ち上がっ  乞食が立ち上がっ  わたしも立ち上がっ  ジナイーダは立ち上がっ  公爵令嬢が突っ立ち上がっ  伸びをして、立ち上がっ  身を震わして立ち上がっ  ベロヴゾーロフはわめいて、やはり立ち上がっ  前に立ち上がっ  高徳は立ち上がっ  高徳は、立ち上がっ  妾は弱って、まごついてしまいましたが、それでも立ち上がっ  コップをもって立ち上がっ  カムパネルラが、やはりもじもじ立ち上がっ  腰をすくわれながら立ち上がっ  眼を光らしいきなり立ち上がっ  そりと立ち上がっ  当惑して立ち上がっ  力なく立ち上がっ  エキモスが立ち上がっ  太郎はいきなり立ち上がっ  心を引かれたらしく、立ち上がっ  浜もよんどころなく立ち上がっ  帯を締め直して立ち上がっ  ばらばらと立ち上がっ  七はすぐに立ち上がっ  七は立ち上がっ  スウと立ち上がっ  ぼんやりと考えていたが、やがて立ち上がっ  煙草入れをしまって立ち上がっ  冬は立ち上がっ  体をのばして立ち上がっ  余は立ち上がっ  それをしおにようよう立ち上がっ  一人が立ち上がっ  葛の葉は立ち上がっ  自分は、立ち上がっ  足をふみしめて立ち上がっ  まま、立ち上がっ  幽霊は立ち上がっ  悠長に立ち上がっ  髭を捻りながら立ち上がっ  退却すべく、おもむろに立ち上がっ  がっかりして、立ち上がっ  楽譜を巻き納めて立ち上がっ  ハスレルも立ち上がっ  いっしょに立ち上がっ  盲目娘は立ち上がっ  彼女は立ち上がっ  憤然と立ち上がっ  のを見て取ると、立ち上がっ  クリストフは立ち上がっ  涙をぬぐい、立ち上がっ  口実を設けて立ち上がっ  彼女は突然立ち上がっ  りやさんが、震えるほど怒りながら立ち上がっ  胸布をたたんで、同じく立ち上がっ  ところを開き、また閉ざし、立ち上がっ  気を悪くして、すぐに立ち上がっ  微笑を浮かべて、立ち上がっ  彼女はわくわくしながら立ち上がっ  源氏は立ち上がっ  雁は立ち上がっ  源氏が立ち上がっ  叫び散らし、立ち上がっ  最中にぴたりとひきやめ、立ち上がっ  彼はむっくと立ち上がっ  彼は少し疲れて立ち上がっ  彼女も立ち上がっ  椅子をつき倒しながら猛然と立ち上がっ  渋面をして立ち上がっ  仕事を片付け、立ち上がっ  ブラウンはにわかに立ち上がっ  ザーミは恭しく立ち上がっ  彼女はにわかに立ち上がっ  気力つきて立ち上がっ  事をいって、立ち上がっ  女王さまは立ち上がっ  王さまは立ち上がっ  藻はふらふらと立ち上がっ  泣き顔をおさえながら立ち上がっ  スックと立ち上がっ  あくびをして立ち上がっ  高も、立ち上がっ  咽喉から答えて、立ち上がっ  それをうけとって立ち上がっ  玄石は、立ち上がっ  連中は急いで立ち上がっ  小僧は立ち上がっ  自分も立ち上がっ  坑夫も立ち上がっ  校長夫人も、思わず立ち上がっ  蒼に立ち上がっ  フローラはすっくと立ち上がっ  仕方なしに立ち上がっ  母親は立ち上がっ  ハチミは、立ち上がっ  ヒトミは立ち上がっ  ソファを立ち上がっ  ものと思って、立ち上がっ  そこを立ち上がっ  左右からお客が立ち上がっ  胡座を掻いて、とおもったらまたすぐ立ち上がっ  圓朝は立ち上がっ  プーイと立ち上がっ  手をゆるめて立ち上がっ  仕事を止めて立ち上がっ  富江も立ち上がっ  冬子は立ち上がっ  のだろうと考えて思わず立ち上がっ  校長は立ち上がっ  平一郎も立ち上がっ  永井は立ち上がっ  そのままベンチを立ち上がっ  そのまま席を立ち上がっ  母はつと立ち上がっ  勃然と立ち上がっ  角右衛門が立ち上がっ  刀を握ると、立ち上がっ  ノッシリと立ち上がっ  刀を掴み、立ち上がっ  浦がああ叫んで立ち上がっ  ノッと立ち上がっ  富士男は、すばやく立ち上がっ  花をうっちゃって立ち上がっ  舟中に立ち上がっ  血を浴びて立ち上がっ  腰にさして、立ち上がっ  手をはなして、立ち上がっ  柱にぶっつけながら、立ち上がっ  鞄を持って立ち上がっ  夫が、立ち上がっ  しろに引いて立ち上がっ  杉浦は立ち上がっ  三崎順子は立ち上がっ  軽やかに立ち上がっ  くりと立ち上がっ  彼はすっくと立ち上がっ  中途で立ち上がっ  我知らず立ち上がっ  火鉢に持たれて考えていたが、やがて立ち上がっ  宗助はすぐ立ち上がっ  念に襲われたごとくに立ち上がっ  中に立ち上がっ  人が立ち上がっ  力にかろうじて立ち上がっ  むっくと立ち上がっ  蒼白になってそそくさと立ち上がっ  びっくりして立ち上がっ  御飯時にしたくをしようと立ち上がっ  おとめとは立ち上がっ  私は立ち上がっ  時には、あわてて立ち上がっ  菊枝は渋々と立ち上がっ  久田姫は立ち上がっ  山吹めが立ち上がっ  岩太郎は立ち上がっ  弓之進も立ち上がっ  ワッと立ち上がっ  時は立ち上がっ  北山は立ち上がっ  スックとばかり立ち上がっ  老婆は立ち上がっ  にわかにスーッと立ち上がっ  天野北山は立ち上がっ  信徒達が立ち上がっ  ユラリと立ち上がっ  彼は猛然と立ち上がっ  助は立ち上がっ  上をたたき、立ち上がっ  はいって、立ち上がっ  ため、立ち上がっ  娘とが立ち上がっ  オルガが立ち上がっ  弟がもう立ち上がっ  机にたたきつけて、立ち上がっ  はいないのに、ときどき立ち上がっ  助手たちがまた立ち上がっ  ぞうきんがけをやっていたが、ふと立ち上がっ  今は少なくとも立ち上がっ  フィンクはそっと立ち上がっ  清三は立ち上がっ  ものか、やおら立ち上がっ  かたで、すっと立ち上がっ  脚で立ち上がっ  本をとじて、立ち上がっ  驚きを察したらしく、つと立ち上がっ  佐柄木は立ち上がっ  のか訊いてみようと思って立ち上がっ  男は、立ち上がっ  コラムは立ち上がっ  爺さんはそっと立ち上がっ  トラが立ち上がっ  砂を払って立ち上がっ  たもとへ突っ込むとそういって立ち上がっ  男も立ち上がっ  私は思わず立ち上がっ  侍は立ち上がっ  大胆に立ち上がっ  中に押し込んで立ち上がっ  腰を上げると立ち上がっ  つぶやくと立ち上がっ  二人ひざまずいたが、やおら重々しく立ち上がっ  嘉門は立ち上がっ  ままに立ち上がっ  一度に立ち上がっ  一同が立ち上がっ  煙草を捨てて立ち上がっ  夢中になって立ち上がっ  波田は立ち上がっ  彼は一度立ち上がっ  うち笑っていましたが、ふいっと立ち上がっ  不意にすっくと立ち上がっ  からだをはじき飛ばすがごとく突きのけながら、すっくと立ち上がっ  しりめにかけながら、立ち上がっ  右門が突っ立ち上がっ  右門は立ち上がっ  うち笑みながら立ち上がっ  八つ化け仙次が立ち上がっ  二にときどき立ち上がっ  くまはのっそりのっそりと立ち上がっ  とくに立ち上がっ  はればれとして立ち上がっ  ことをいいながら立ち上がっ  胆力はじゅうぶん、といわぬばかりに、ずいと立ち上がっ  うちうろたえて、ひょろひょろと立ち上がっ  むっつりと立ち上がっ  平八は立ち上がっ  銀之丞は立ち上がっ  物臭さそうに立ち上がっ  それから悠然と立ち上がっ  決心して、さて立ち上がっ  膝を起こして立ち上がっ  代りに立ち上がっ  刀を提げて立ち上がっ  ヨロヨロと立ち上がっ  周作は立ち上がっ  ポンと立ち上がっ  武士は立ち上がっ  ライオンが立ち上がっ  強直させて立ち上がっ  医療袋をもって立ち上がっ  三人が立ち上がっ  時計を見てこうしてはおられぬと立ち上がっ  ドイツが立ち上がっ  気軽に立ち上がっ  声かけられてあわてて立ち上がっ  場所柄を忘れ思わずすっくと立ち上がっ  陶器師は立ち上がっ  庄三郎は立ち上がっ  信玄は立ち上がっ  膝を起こすと立ち上がっ  陶器師も立ち上がっ  女はスラリと立ち上がっ  城主は立ち上がっ  僧は立ち上がっ  時優婆塞は立ち上がっ  蔵人は立ち上がっ  彼がゆらりと立ち上がっ  兄は立ち上がっ  急激に立ち上がっ  足をもって立ち上がっ  街頭へ立ち上がっ  絞首から息を吹き返して、すっと立ち上がっ  彼女はさっと立ち上がっ  集中さすべく立ち上がっ  がいなや立ち上がっ  プイと立ち上がっ  大袈裟に立ち上がっ  圓太郎は立ち上がっ  上に投げて、立ち上がっ  監督が立ち上がっ  彼が立ち上がっ  のを見てとり、立ち上がっ  モンターク嬢はすぐまた立ち上がっ  心づかいなどは忘れてしまい、立ち上がっ  大仰に立ち上がっ  腕にかけて、立ち上がっ  反りを打たせて立ち上がっ  ズイとばかりに立ち上がっ  長椅子から突っ立ち上がっ  ソロリと立ち上がっ  君江は立ち上がっ  そっちのけにして立ち上がっ  紋太郎は立ち上がっ  ヌッと立ち上がっ  元気を起こして立ち上がっ  青年は立ち上がっ  ようにして、やっと立ち上がっ  妃様は立ち上がっ  貝十郎は立ち上がっ  紅毛人は立ち上がっ  才は思わず立ち上がっ  彼女は間もなく立ち上がっ  彼女はかがみ込み、やがて立ち上がっ  痙攣的に震えながらも、すっと立ち上がっ  大男が突然立ち上がっ  挨拶一つすると立ち上がっ  顔を見るや、立ち上がっ  場を立ち上がっ  此場を立ち上がっ  たてがみが立ち上がっ  



前後の言葉をピックアップ
立葵  立ち上が  立上が  たちあが  立ちあが  立上がっ  たちあがっ  立ちあがっ  立ち上がら  たちあがら


動詞をランダムでピックアップ
申し煽っ行き着いひきさくひろげちぢらしはたく止らためしやりとげ捩じり称す響きわたっほうり出そ揺るい扇ぐ着こなし羽ばたか出し抜きゃ挿頭し
形容詞をランダムでピックアップ
初々しゅうでっかにくにくしふるめかし待遠しくっむし暑美味う蒼いすきみめよく水っぽむず痒くいやらしでかういちじるしかっけばけばしくやさう物寂し畏く物がたき