「立ちどまっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 立ちどまっ[動詞]
勘三が立ちどまっ  洋介は立ちどまっ  彼女は立ちどまっ  裕一は立ちどまっ  上に立ちどまっ  彼は立ちどまっ  邦子は立ちどまっ  少年は立ちどまっ  海岸に立ちどまっ  二十人ほども立ちどまっ  月光をあびながら立ちどまっ  戸口に立ちどまっ  生徒を見やって立ちどまっ  校長はほっとして立ちどまっ  人は立ちどまっ  ちゃんは立ちどまっ  いつでも立ちどまっ  上に合わせてぽかんと立ちどまっ  ヘンゼルがふと立ちどまっ  なにをそんなに立ちどまっ  ふたりはつい立ちどまっ  往来に立ちどまっ  前に立ちどまっ  ように立ちどまっ  途中で立ちどまっ  おかしいと思いながらふと気がついて立ちどまっ  ぎくっと立ちどまっ  をかしいと思ひながらふと気がついて立ちどまっ  にこにこ笑ひ立ちどまっ  やうに立ちどまっ  ように、ふいと気がついて立ちどまっ  ホモイは立ちどまっ  から、立ちどまっ  かたわらに立ちどまっ  一男は立ちどまっ  急に立ちどまっ  わたしは立ちどまっ  阿Qはようやく立ちどまっ  阿Qもまた立ちどまっ  下に立ちどまっ  手をかけながら、また立ちどまっ  間に立ちどまっ  おれは立ちどまっ  藤波は立ちどまっ  ッとして、立ちどまっ  私は立ちどまっ  二三歩泳ぎだすかと思うと、とつぜん立ちどまっ  山路を歩き、時々立ちどまっ  彦太が、立ちどまっ  村は立ちどまっ  軒下に立ちどまっ  波川巡査は思わず立ちどまっ  子どもも立ちどまっ  ファゼーロが立ちどまっ  ファゼーロがいきなり立ちどまっ  運命もどうなるかと、立ちどまっ  思案に暮れて立ちどまっ  真中に立ちどまっ  中途に立ちどまっ  赤犬は、ときどき立ちどまっ  ぼくは立ちどまっ  路ばたに立ちどまっ  曹操は、立ちどまっ  男は立ちどまっ  熊は立ちどまっ  廊下に立ちどまっ  そこに立ちどまっ  部屋のまえに立ちどまっ  妙は、立ちどまっ  目を疑って立ちどまっ  ふすまぎわに立ちどまっ  から少し立ちどまっ  言葉に立ちどまっ  俄に立ちどまっ  葉子はぎょっとして立ちどまっ  女が立ちどまっ  蔭から人が出て来て、立ちどまっ  少年はすぐ立ちどまっ  足音を聞きつけたと見えて立ちどまっ  三四郎は立ちどまっ  三四郎はまた立ちどまっ  漁夫達は立ちどまっ  ちょっとそこで立ちどまっ  顔をして立ちどまっ  時折じっと立ちどまっ  上で立ちどまっ  出し抜けに立ちどまっ  そばに立ちどまっ  女はすなおに立ちどまっ  チョイと立ちどまっ  そこで立ちどまっ  まわりをぐるぐるまわったり、立ちどまっ  猫は立ちどまっ  とき童子は立ちどまっ  巨人は立ちどまっ  余は立ちどまっ  子山羊は、立ちどまっ  人波が立ちどまっ  ほうは見向きもせずにじっと立ちどまっ  手前で立ちどまっ  びっくりして立ちどまっ  ペムペルは一寸立ちどまっ  不意に立ちどまっ  二人が立ちどまっ  ものは立ちどまり、立ちどまっ  米友は立ちどまっ  ギックリと立ちどまっ  直子には歩いてもらったり立ちどまっ  恵子は立ちどまっ  川島は立ちどまっ  女性は、立ちどまっ  ふたりは立ちどまっ  手を取って立ちどまっ  私も呼ばれて立ちどまっ  小田さんは立ちどまっ  俊夫君は立ちどまっ  私たちは立ちどまっ  返事をして、しばらく立ちどまっ  五歩あるいては立ちどまっ  ギョッとして立ちどまっ  道ばたへ立ちどまっ  四人のすぐまえで立ちどまっ  ところで立ちどまっ  途中に立ちどまっ  黒川が、とつぜん立ちどまっ  黒川は、立ちどまっ  なかに立ちどまっ  不審に思って、立ちどまっ  二人が、また重なり合って立ちどまっ  七兵衛も思わず立ちどまっ  声が聞えたので、思わず立ちどまっ  のを見て、立ちどまっ  辻まで来て、ふと立ちどまっ  安さんが立ちどまっ  お松は立ちどまっ  一たんは立ちどまっ  ジーッと立ちどまっ  首をふって立ちどまっ  わたしも暫く立ちどまっ  紳士が立ちどまっ  店先に立ちどまっ  轅を抑えて立ちどまっ  兼好は立ちどまっ  女房は立ちどまっ  恐縮して、立ちどまっ  腕拱みをくんで、立ちどまっ  前を通りかかると、立ちどまっ  不思議そうに立ちどまっ  インデアンはぴたっと立ちどまっ  兵馬はまたも、立ちどまっ  弁信法師は、また立ちどまっ  弁信はまた立ちどまっ  弁信が立ちどまっ  銀様は立ちどまっ  ちょっと思案に立ちどまっ  ここへ来かけて、ふっと立ちどまっ  パンをたべてしまおうと立ちどまっ  正成は立ちどまっ  男は、立ちどまっ  商売柄で、ふと立ちどまっ  はずはないが、立ちどまっ  鶴は立ちどまっ  七は立ちどまっ  俄かに立ちどまっ  番頭吉助は立ちどまっ  警笛が鳴ったので、おどろいて立ちどまっ  松吉も立ちどまっ  まん中でしばらく立ちどまっ  まん中に立ちどまっ  元八は立ちどまっ  ところで、立ちどまっ  ひと先ず立ちどまっ  七はしばらく立ちどまっ  琴も立ちどまっ  女は立ちどまっ  長三郎は思わず立ちどまっ  縫子も歩きながらときどき立ちどまっ  そとに立ちどまっ  中に黙然と立ちどまっ  ところに立ちどまっ  蔭まで行くと、立ちどまっ  蔭に行って立ちどまっ  挨拶をしたなり立ちどまっ  顔にあてて立ちどまっ  ものは立ちどまっ  鬼が立ちどまっ  黒田主従は立ちどまっ  二つ舌を鳴らしてしばらく立ちどまっ  距離まで近づいて立ちどまっ  場に立ちどまっ  向うでも立ちどまっ  牝鶏は、立ちどまっ  角で立ちどまっ  アチミアーノフは遅れて立ちどまっ  ラエーフスキイは立ちどまっ  木戸まで来て、立ちどまっ  巻煙草を入れ、さて立ちどまっ  医者は立ちどまっ  手をこすりながら立ちどまっ  ことを教えられて、暫く立ちどまっ  傍を通ると、つい立ちどまっ  落し差しにこう言いかけたので、立ちどまっ  助は立ちどまっ  源氏はしばらく立ちどまっ  中将は立ちどまっ  彼は、うむとうなって立ちどまっ  大将が立ちどまっ  神尾が立ちどまっ  何であろうと立ちどまっ  重吉が立ちどまっ  前まで走ると、グッと立ちどまっ  ダダダッと走り、グッと立ちどまっ  何時迄も立ちどまっ  商人は言って立ちどまっ  ように思われ、つい立ちどまっ  縁へ出て来ましたが、立ちどまっ  眼を疑って立ちどまっ  ぎくっとして立ちどまっ  胸を押えて、立ちどまっ  ところへ来て、立ちどまっ  人びとが立ちどまっ  こと、と思わず、立ちどまっ  二人を見て立ちどまっ  行き過ぎようとしてふと立ちどまっ  藻は立ちどまっ  から、ふと立ちどまっ  うえで立ちどまっ  浪人が現われたナ、とじっと立ちどまっ  台所へ上がるまえに、立ちどまっ  龍造寺主計は、そのまえに立ちどまっ  おやじは、ふと立ちどまっ  高は、立ちどまっ  磯五は、立ちどまっ  高を指さして、立ちどまっ  寄合所でなにげなく立ちどまっ  ように、ぎょっとして立ちどまっ  話し声がするので、立ちどまっ  ぼんやりしていて、見詰めて立ちどまっ  伸子が立ちどまっ  素子が立ちどまっ  前でぴたっと立ちどまっ  においが有るか無いか、立ちどまっ  赤毛を少し追いかけ、立ちどまっ  リカが立ちどまっ  外に立ちどまっ  ヒトミは立ちどまっ  老人が立ちどまっ  近くで立ちどまっ  道を行ったらよいか、よくわからなかったので、立ちどまっ  木の下に立ちどまっ  一同は立ちどまっ  僕は立ちどまっ  グロースがとつぜん立ちどまっ  ドノバンが立ちどまっ  偵察隊一同はハッとして立ちどまっ  海蛇は立ちどまっ  丁初はいったん立ちどまっ  宗は立ちどまっ  大野順平も立ちどまっ  音をたしかめて立ちどまっ  阿賀妻はときどき立ちどまっ  玉目三郎は立ちどまっ  ものに打たれ、立ちどまっ  わきで立ちどまっ  竪皺をよせて立ちどまっ  場所で立ちどまっ  ものが立ちどまっ  ぴたッと立ちどまっ  前に向きあって立ちどまっ  呼吸をはずませながら立ちどまっ  彼は、立ちどまっ  堀は立ちどまっ  松岡は立ちどまっ  大野順平は気がついて立ちどまっ  身をさけて立ちどまっ  妻女が立ちどまっ  阿賀妻は立ちどまっ  官員らも立ちどまっ  それは立ちどまっ  邦夷らは、再三立ちどまっ  話を外らして立ちどまっ  彼らの立ちどまっ  高倉は立ちどまっ  彼らは立ちどまっ  二人とも立ちどまっ  順子は立ちどまっ  ふたりは向き合って立ちどまっ  美枝子は立ちどまっ  矢野は立ちどまっ  しずかに立ちどまっ  のかと、立ちどまっ  斉田が立ちどまっ  ところまで来て立ちどまっ  誰も立ちどまっ  ふいに、立ちどまっ  一太は立ちどまっ  下で立ちどまっ  守人は立ちどまっ  者は立ちどまっ  窓際に立ちどまっ  恰好で立ちどまっ  とき私は立ちどまっ  無言で立ちどまっ  ように、また立ちどまっ  彼が立ちどまっ  バスは立ちどまっ  それから窓辺に立ちどまっ  あちこちとかけ廻り、次にまた立ちどまっ  ため、話しながらときどき立ちどまっ  清三は立ちどまっ  挨拶をして立ちどまっ  前ではそれでも久しく立ちどまっ  健二がフッと立ちどまっ  波打ちぎわを時々立ちどまっ  度に、立ちどまっ  乳母車を押しながら、しばしば立ちどまっ  小僧も立ちどまっ  万はまた立ちどまっ  民はだしぬけにそう言って立ちどまっ  一緒に立ちどまっ  彼は、しかし立ちどまっ  星を仰いでは立ちどまっ  武蔵もまだ立ちどまっ  のであろう、立ちどまっ  恭一は立ちどまっ  木の根さえ見ると、立ちどまっ  部屋を出ようとしたが、また立ちどまっ  しろに立ちどまっ  大沢も立ちどまっ  ために立ちどまっ  ように、立ちどまっ  眼をみはって立ちどまっ  私も立ちどまっ  のに気がつき、思わず立ちどまっ  次郎は思わず立ちどまっ  しかたなしに立ちどまっ  彼ははっとして思わす立ちどまっ  大山も立ちどまっ  次郎は立ちどまっ  俊亮は立ちどまっ  青年が立ちどまっ  所にやや暫く立ちどまっ  ところまでくると、立ちどまっ  ロークは立ちどまっ  耳をすまして立ちどまっ  少年はけろんと立ちどまっ  七八歩手前で立ちどまっ  足あとがつくし、立ちどまっ  治郎吉は、立ちどまっ  二歩ゆきかけたが、立ちどまっ  ここに立ちどまっ  控室に立ちどまっ  廊下を行ったり来たりしていて、ふと立ちどまっ  店頭に立ちどまっ  わたくし共も暫く立ちどまっ  わたしもそう思ったので、立ちどまっ  三人は思わず立ちどまっ  中間は立ちどまっ  並木道にはいると、また立ちどまっ  五六歩あるくと立ちどまっ  ペンベリーは立ちどまっ  彼も立ちどまっ  草原を横切りながら、時々立ちどまっ  わに立ちどまっ  げにこう云いながら立ちどまっ  人も立ちどまっ  一つところに立ちどまっ  階段を見あげると、じっと立ちどまっ  まねをして歩き、ときどき立ちどまっ  息をつめて立ちどまっ  なりをして立ちどまっ  きれぎれに云って立ちどまっ  間そこに立ちどまっ  所に立ちどまっ  村木博士は立ちどまっ  女も立ちどまっ  耳をすまして、立ちどまっ  ふたりは、立ちどまっ  伝は、立ちどまっ  危険も忘れて、立ちどまっ  小半町ほどで又立ちどまっ  中に立ちどまっ  我知らずそこへ立ちどまっ  オーリャがぴたりと立ちどまっ  アクリーナが立ちどまっ  龍はフッと立ちどまっ  夫婦も思わず立ちどまっ  しろまでくると、立ちどまっ  うえに、時々立ちどまっ  そばまでくると、また立ちどまっ  赤帽は立ちどまっ  感心して立ちどまっ  汽車はときどき立ちどまっ  巡査らしく立ちどまっ  何だか知らずに立ちどまっ  歩道に立ちどまっ  坂をあるいたかと思うと、直ぐ立ちどまっ  菊江ははっと思って立ちどまっ  三根夫は立ちどまっ  



前後の言葉をピックアップ
立どま  立ち止  立ち止ま  立ち止まっ  たちどまっ  立どまっ  立ち止っ  立ち止まら  立ち止ら  立ちどまら


動詞をランダムでピックアップ
つかり奮い立ちぶち込め眠りこみすみきる持ち寄っ出し合っうるとりむすぶ浮き出すわきまごつい取り入っ逆上せ射貫かなりたつ買い戻せる掛合っしゃがん葺き
形容詞をランダムでピックアップ
か細くめずらしき黄色い白かれ濃いそうぞうしくっ薄ぐらく床しからほのぐらくさとくなさけなかっあらあらしい憎うほそいにぶかっひらたいいじらしく空しかろ深くっ勘定高くっ