「立たし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 立たし[動詞]
阪井を強いて立たし  ような焦立たし  勝を立たし  ときは、焦立たし  ひつ取る、立たし  顔には或る焦立たし  深みがないと焦立たし  彼は焦ら立たし  表に立たし  木の下に立たし  少年に、焦立たし  雪子を寂しく焦立たし  ここへ立たし  奇妙な、焦立たし  敵側に立たし  さと、焦立たし  愛情と焦立たし  人を立たし  はいより立たし  青みを冴え立たし  野々宮君を立たし  彼は、擽ったい焦立たし  虎船長には、はら立たし  前に立たし  得体の知れない焦立たし  の焦立たし  ような、焦立たし  爪先を、焦立たし  本気になれない焦立たし  心を浮き立たし  法廷に立たし  難関に立たし  上に下ろして立たし  ピケに立たし  足を立たし  戸口に立たし  見出し得ない焦立たし  座を立たし  ものやら、いや焦立たし  上に立たし  身を立たし  千代重を焦立たし  更らに浮き立たし  縁先へ立たし  地位に立たし  先へ立たし  境界に立たし  水鳥を立たし  から素子は焦立たし  都へ立たし  気を引き立たし  手を貸して立たし  心を沸き立たし  天に聳え立たし  次第すぐにも立たし  番兵を立たし  日中まで立たし  ヨボを立たし  身に立たし  自分が、やっぱりこういう焦立たし  なかに焦立たし  舞台に立たし  処に立たし  平一郎をすっくと立たし  円屋根を蔽い隠したり聳え立たし  次へ立たし  みんなを立たし  ことの出来ぬ焦立たし  警保局長は焦立たし  神経質に、極めて焦立たし  膝小僧を覗かせ、焦ら立たし  主に向って焦立たし  だんだん焦立たし  君まさずともみ立たし  粉が飛びまわる焦立たし  何もかも呪わしく、馬鹿らしく、焦立たし  無理に立たし  膚を聳え立たし  巣喰ふ焦立たし  残りを沸き立たし  上から甚太郎は焦立たし  のがそろそろ焦立たし  肩をキリキリと逆立たし  窓際に立たし  据ゑて舞台に立たし  杉子は、次第に焦立たし  鬱々として焦立たし  そうな焦立たし  



前後の言葉をピックアップ
たたけ  敲こ  たたこ  叩こ  立たさ  立たす  佇ま  たたずま  たたずまい  佇み


動詞をランダムでピックアップ
打ちつづけ調える鳴き鳴き頻っくゆらす清めろえらべしゃべりゃ行けん掛離れへりくだり切り抜けよあてこむ囃せもちだし踞ん言い聞かせる唄っ飛び越せる駆りたて
形容詞をランダムでピックアップ
悲しからゆるき早からたえがたくいそがしい由無き宜しかっ懐し空恐ろしきまぢかしおぼつかなかろ華々しゅうかるく寂しく芳ばしからこげくさいかぐわしいだいじなねむみみっちい