「窺う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 窺う[動詞]
様子を窺う  其去つて暫時來らざる間を窺う  気色を窺う  隙でも窺う  一斑をも窺う  望遠鏡でも窺う  座敷を窺う  眼にて窺う  助にて、よそながら窺う  窓から窺う  内部を窺う  はいはしないかと窺う  頂上とが窺う  生活を窺う  ひかりで窺う  扉まで行って窺う  様子はどんなにしても窺う  眼が窺う  そとを窺う  演習においても窺う  息をころして窺う  あたりを窺う  どこからも窺う  態度を窺う  間、窺う  方を窺う  縁側から外を窺う  中を窺う  一部を窺う  内部をじいっと窺う  表を窺う  奥を窺う  画風を窺う  筆力を窺う  細目にあけて窺う  窓外から室内を窺う  面を窺う  晩人里を窺う  精神は少しも窺う  足元から顔色を窺う  島を窺う  ようすを窺う  敵を窺う  寝息でも窺う  動静を窺う  窓から室内を窺う  彼女が窺う  樣子を窺う  技倆を窺う  天下を窺う  明かに窺う  窃と窺う  水準を窺う  折を窺う  手さぐりで窺う  隙を窺う  側面を窺う  顔色は窺う  鼻息を窺う  ここにも窺う  いのちまでを窺う  廂のおくを窺う  腰を屈めて窺う  火をともして窺う  これを窺う  外を窺う  上がり框から少し伸びあがって窺う  上眼づかいに窺う  眼をあいて窺う  かすかに明いてそっと窺う  窃に窺う  裏口へまわって窺う  注意して窺う  身をかがめて窺う  裏口から廻って窺う  半分這い起きながら窺う  ときに窺う  顔色を窺う  眼色を窺う  家を窺う  出入りを窺う  女が窺う  源蔵は窺う  寝顔を窺う  提灯をさし付けて窺う  雨戸越しに窺う  こちらに窺う  要地長崎を窺う  かぎりは窺う  なかを窺う  内を窺う  裾ぐけを手伝ってやりながら、窺う  寝息を窺う  目にあけて窺う  二階へあがって窺う  ものであるかを窺う  機嫌を窺う  町を窺う  光景を窺う  次の間を窺う  時代の風俗とを窺う  人を窺う  天位を窺う  形勢を窺う  奥は窺う  譚全体を窺う  眼ばかりは窺う  気を奪わんと窺う  兆を窺う  匿れて窺う  方をそっと窺う  さっきから出入りを窺う  首をのばして窺う  ことを以て窺う  小みどりの様子を窺う  姉はちょっと窺う  母を窺う  部屋を窺う  扉を窺う  木立とに遮られて、窺う  すべて動静を窺う  広間を窺う  浴室を窺う  戸をあけて窺う  隙間から窺う  趙はそっと窺う  汪は恐るおそる窺う  身をひそめて窺う  鉄砲をとって窺う  ハナショウブ花品を窺う  顔を窺う  意思を窺う  他を窺う  陰になって全く窺う  巣を窺う  機会を窺う  横顔を窺う  様子をじっと窺う  ものを窺う  風俗を窺う  吉宗奴隠密を入れて窺う  生命を窺う  辺りを窺う  虚をでも窺う  内房を窺う  耳をすまして窺う  おぼろげながら窺う  弓之助は窺う  門を窺う  底を窺う  上へ飛んで、そこでようすでも窺う  大観を窺う  部屋付女中が窺う  容子を窺う  屋内を窺う  面影をも窺う  かげを窺う  国民性をいくらか窺う  成行きを窺う  一面を窺う  背後を窺う  原形を窺う  縁側へ出て窺う  ように窺う  意図を窺う  風流境を窺う  手をあてて窺う  幽かながらも窺う  門口からそっと窺う  それから注意して窺う  わきから窺う  夫人が窺う  



前後の言葉をピックアップ
うかがい  窺い  伺い  伺う  うかがう  伺えよ  伺え  伺えれ  うかがえ  窺え


動詞をランダムでピックアップ
相継いくちばしり飛び上がりそねましまら使い切らさしかえる反らし仕上らくりかえせぬかるんつたえろ生き返りてつだい慰ま差延べれ並ん起きよ書き抜かなめし
形容詞をランダムでピックアップ
並びなきいそがしかっ敢ない興味深い大人しくはなばなしい捗々しきふかかっものうくっほしゅう懶うくかれせんなき重かろおしくっおびただしかっ腹黒きこちたしうら若粘り強き