「空とぼけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 空とぼけ[動詞]
自分も、空とぼけ  彼等は何であんなに空とぼけ  何を空とぼけ  お月さまいつでも空とぼけ  今度来やがつたら飽くまでも空とぼけ  滝野は空とぼけ  玄徳は空とぼけ  んですかと空とぼけ  宮子は空とぼけ  やうな空とぼけ  先生の空とぼけ  ワザと空とぼけ  妹は空とぼけ  やうなあの空とぼけ  わたしは空とぼけ  七は空とぼけ  百蔵は、空とぼけ  彼女はわざと空とぼけ  勘太は空とぼけ  ものはかえって平然と空とぼけ  関守さんもなんだか空とぼけ  お前の、その、空とぼけ  あたり、この空とぼけ  誇張が空とぼけ  具合が悪かつたので、空とぼけ  僕は空とぼけ  僕はまた空とぼけ  思つたのだが、軽く空とぼけ  道子は空とぼけ  名を指されて痛く驚いたが強いて空とぼけ  調子を強く現して、空とぼけ  風に空とぼけ  拭つて、空とぼけ  たか振りを示して空とぼけ  主人は空とぼけ  奴が、空とぼけ  



前後の言葉をピックアップ
そよ吹け  そよ風  曾良  空か  ソラ    反ら  反らせ  反らせる  そら


動詞をランダムでピックアップ
搦め涸らそ売り込みさしつけよ絶っ聞し召せ詠じ出ばっのりきり宛てがう息巻き焦れ込んおるすごし盛り付け抱え込む戦は割り込ま擦りむいふんばる
形容詞をランダムでピックアップ
あまねみにくかっ軟かく賢かっ気味悪かっ羨ましいなつかしゅう水臭く自慢たらしく篤しとおうくう遠くにくにくしおさなくほろ苦くそうぞうしく甲高い穢らし軟かき