「禅」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
禅の悟りに到達せし  禅でできますかというとできるという  禅でできるという  禅をやる気になってやった  禅のお話をここでする  禅の飛躍がなければならない  禅の生活と大乗禅とを六冊送つて下さつた  禅の語録の味はひがある  禅をすこしやったという  禅を学ぶ  禅が日本へ渡ると  禅が随分処々に流行っていた  禅でいう  禅の方でいう  禅をやる  禅になったかも知れないけれども  禅の宗旨を論じた  禅の講話というのをふと見ていると  禅から出ずに  禅から学んでこられた  禅からのみ来ている  禅の即今に通じ  禅などの影響もあり  禅り給うて  禅りをお受けせん  禅られたという例がございます  禅るという冊文を読まれた  禅に結びつける  禅に結び付けられた  禅のように道場に於て鍛錬すべき  禅のつとめの  禅にして  禅り授くるなり  禅が根底になつて居る  禅のひねくれた  禅はこの性格に適合し  禅に帰依して  禅の心得なき西洋人に見せたら  禅の姿勢をとり  禅の姿勢でそこに坐っている  禅の本にふれてみた  禅で行っている  禅であるということも意味がある  禅によって人生の最高へ住もうとする  禅などと話しかけられると  禅のぜの字もいわない  禅のつとめ  禅は物になろうと  禅を講じているかと思えば  禅が文字に堕した  禅の話は好きで得る  禅の本を読まれたい  禅でいためつけられて来た  禅の床になっていたともいえようか  禅を教えてもらったり  禅もここで栄え  禅の話も出た  禅の眼があった  禅は何らの扮飾も見ない  禅と禅とのたたかいを  禅の如く黙然と舞台を凝視する  禅やほかの船上でも狂気のようにとどろき鳴る  禅をめぐ  禅がものをいう  禅の問答をする  禅のつとめとくれあ  禅を修行する  禅をやるとか  禅の講釈などをしていた  禅の心得とかなんとかいう  禅を行ずるは  禅を心得ていたからと云う  禅のぜの字もいまだに知らぬ  禅の問答みたいなことおっしゃいますね  禅というのをするだろう  禅と兵学に心魂をうちこんだという  禅の床に姿が見られたとは  禅に入るなど  禅には珍らしく緻密な頭脳を持っていたという  禅に参ずる  禅の方で遺言の詩を遺  禅をお学びだということもそのうち承わりました  禅というものは人間の持っている  禅はこのように考えておりますから  禅の高僧などといいますと  禅には禅の世界だけの約束というものがある  禅というものを知らない  禅を心得て居るから云う  禅では殺す  禅の形で飛び散った  禅に参入し  禅は茶味禅味だといって  禅の大意を聞いたら  禅や達磨を見聞していましたが  禅を始めて  禅の流行にもかかわらず  禅に志して  禅をやらなきゃ  禅で悟を開くとか  禅ぽいいいまわしでかかれていた  禅の研究を思い附き  禅の工風に耽っていた  禅に満足出来る  禅の本で五燈会元というのに書いてある  禅により胆を練り  禅めいたところがある  禅のことなんかは詳しく知らない  禅は学ぶべからず  禅に凝ってる  禅の儀式こそはついに発達して  禅を研究する  禅は驚くべき  禅に注意を向けてみると  禅は主張する  禅の始祖迦葉はその奥義を阿  禅を哲学的に見れば  禅を中国人の生活における一活動勢力に作りあげた  禅は正統の仏道の教えとしばしば相反した  禅の主張によれば  禅の考えから出た  禅はこれを実際的なものとした  禅に対する貢献を記念して  禅の精神を現実生活の中へ入れようと企てた  禅の教義を多く反映している  禅は仏教の有為転変の説と精神が物質を支配すべきであるという  禅を通じて道教の理想の現われた  禅の考え方が世間一般の思考形式となって  禅でなければなるまいと思うね  禅の門を叩く  禅をやっている  禅をくまねばならぬとは  禅は一休に学んだというが  禅について語る  禅が考えられる  禅と封建初期の機運などに結ばれた  禅に通じるし  禅に叩く  禅に沈潜した  禅と彼との心契がわかるし  禅より入って  禅はたれに学び  禅を行なう  

~ 禅[名詞]1
最後の禅の  のでありますが禅で  人は禅で  そこに禅の  娘時代に禅を  昔から禅の  本は禅を  種の禅が  当時普通に禅で  修道は禅の  本筋の禅に  秋野孝道氏の禅の  先生は禅から  それは禅からのみ  このごろの禅の  魏王に禅  世を禅  帝位を禅  之を禅に  ヘーゲルさえ禅に  剣道や禅の  諱は禅に  他へ具え禅  茶の湯と禅は  無風流で禅の  私は禅の  沢庵とは禅の  宗教では禅  むきの禅の  あれの禅は  気持転換策として禅の  禅寺に禅  彼の禅の  お寺へかよって禅を  得意の禅の  禅師からうけた禅の  赤裸すら禅には  両者は禅と  合方が禅の  重に禅を  彼は禅の  慾にありて禅を  能く禅を  道元は禅には  それを禅に  祈りでなくて禅に  あなたが禅を  のが禅の  禅には禅の  余は禅という  自分が禅を  真実の禅では  識らず禅や  最近の禅の  株屋は禅を  洒々落々とした禅の  一つとしての禅の  態度では禅に  二葉亭の禅に対する  背景に禅の  僕は禅の  東洋の禅なんか  一休の禅は  偉大を考える禅の  南方の禅を  南宋の禅は  茶と禅との  茶の湯は禅の  道教徒と禅の  ことができると禅は  とおりの禅の  これを継いで禅を  基礎を与え禅は  これら聖者の禅に対する  同様に禅の  審美主義の禅  道教や禅や  このごろは禅の  私は禅を  神妙に禅を  弟子で禅は  これが禅とか  多くは禅について  儒学と禅と  一門を禅に  彼が禅に  禅より入って禅に  

~ 禅[名詞]2
殊に禅  直ちに禅  ない禅  余り禅  この禅  その禅  むしろ禅  すぐ禅  そのまま禅  

複合名詞
禅坊主  大乗禅  禅書  唇皮禅  禅的生活  中禅寺  禅情  其頃大坪道禅弟子  白雨禅  禅寺  禅超  日禅超  禅叢  清水禅叢  禅関策進  立禅寺  禅忍  禅房  法印明禅  禅勝房  禅勝  禅機  禅妙  福禅寺客殿  禅入  禅等  禅天魔  本来禅  宗禅房権  劉禅  鬢糸禅榻  禅院  禅長寺  禅ろう  帝劉禅  劉禅帝時代  禅杖  禅臭  禅座  覚後禅  受レ禅  禅的  山名禅高  禅光尼  崇禅寺馬場  明治十七年四月出板二代目花笠文京著伊東橋塘序仙洞美人禅  宗禅院  崇禅院  毘廬禅院  修禅  石馬禅寺  禅坊さん  禅匠  覚禅房胤栄  初代覚禅房胤栄どの  口頭禅  禅恵法印  活禅  娑婆禅  地獄禅  禅三昧  海禅寺  徒歩禅  徒労禅  禅ニ安ンジテ毒竜ヲ制ス  剣禅一致  妙青禅寺  覚禅房法印胤栄  覚禅房  覚禅房限り  権律師禅栄  宝蔵院覚禅房直伝  禅居士  近ごろ禅書  禅風  禅語  禅床  禅必不須山水滅却心頭火  禅智内供  禅律師下剋上  禅院生活  禅那  禅縁  細川定禅  細川定禅ら  禅風練達  一禅寺  先づ禅寺  禅寺あたり  金剛邪禅  一条禅閤兼良  禅徒ら  禅寺宮  ば後成恩寺禅閤兼良  禅的気分  如来禅  禅骨  禅修行  禅頂  了休禅坊  了休禅坊同道相  禅竺  南禅  詩禅一致  南禅相国  福島興禅寺  興禅寺  禅曲  片岡禅吉  巡査片岡禅吉ぢ  加藤禅童記  旻禅寺  須弥南畔誰会我禅虚堂来也  須弥南畔誰カ我ガ禅  道元禅書  智禅  往古中禅寺  上述中禅寺  禅観  禅以外  禅的ユニテイ  曹洞禅  結局禅  禅法  禅みたい  禅教尼  禅悦  時期禅  禅気  大典講説禅茶録  禅道道教  禅道  後継者禅道  継承者禅道  南方禅  禅修行者  皆禅  十五世紀禅  円覚曾参棒喝禅  仙禅斎  点禅坊主  臨済禅  弘福禅寺  暗中禅  禅寺五寺  禅行  一日禅坊  頃日禅  吉水禅寺  難行道禅  一禅  一禅人  幹事長広川弘禅氏  禅境  禅画  禅風みな  大坪道禅  



前後の言葉をピックアップ
ゼロニモ・ルジエラ  ゼローム      善から  前腕    善太郎  前波  前岳


動詞をランダムでピックアップ
書き込またべるむかつこめんくらっ見せびらかせさからうちぢこまみかけ勢い込む締めれむさまぎれよ狙うまつろ嘱せおもんばか写し出し設けん
形容詞をランダムでピックアップ
女々したけだけしく親しいえごいむしあつい生なましくあどけないさうなけれ麗しい聡い物すさまじ手っ取り早くなるいむごきっぽかろあかいおそれおおくひよわかっ恥しく細い