「破れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 破れ[動詞]
なぎさに破れ  上で破れ  あはれ騎士が戦ひに破れ  野襦袢が破れ  股引も破れ  硝子が鳴り、破れ  装飾が破れ  成程少し破れ  趣意がなければ破れ  障礙は破れ  轟音とともに破れ  靴が破れ  媾和も全く破れ  気持はすぐに破れ  袖は破れ  あみが破れ  多くははげたりよごれたり破れ  夢は破れ  ことでは破れ  皮膚は破れ  それを破れ  いつかは破れ  血管が破れ  事が破れ  皮膚が破れ  硝子が破れ  夢の破れ  生活に破れ  こぞ破れ  窓硝子がところどころ破れ  のは、一度引っ張られて破れ  二つに破れ  水が破れ  法服が破れ  畳があればこそ破れたとか、破れ  畳がなければ、破れ  かげもなく破れ  空気が破れ  屋根の破れ  青年は貧しくて破れ  今にも破れ  私の破れ  両側に破れ  勝ちソニーが破れ  両社は共に破れ  誰に破れ  快感がはっと破れ  封じ目は破れ  密謀が破れ  大事は破れ  戦に破れ  これを破れ  肉刺が破れ  太平は破れ  一番奧には、破れ  疊が破れ  軍隊毛布を、破れ  内側から押し破れ  さも、破れ  表皮が破れ  何かが破れ  上には破れ  あいまい屋で、破れ  過去の破れ  結婚は破れ  合従は破れ  これも間もなく破れ  着物をきて破れ  岩を破れ  果敢なげに破れ  ガマ口が破れ  まま折目の破れ  引手を捻ったが破れ  硝子の破れ  まま、破れ  巻帯には、破れ  君が、破れ  生活が破れ  其は早く破れ  それは早く破れ  義伝様以来、破れ  茅ぶきの、且つ破れ  制度が次第に破れ  制度が破れ  調和が破れ  調和の破れ  恋に破れ  容易に破れ  氷面が破れ  とき恋に破れ  わしは破れ  契約もまた破れ  迫つて惜しくも破れ  雑作には破れ  著物はひどく破れ  彼女の破れ  跟いて行って、破れ  叫び声と共に、破れ  恋愛に破れ  何にぶつかつても、破れ  てゐた破れ  網も破れ  ぐもは破れ  皮膚をつきとほすと、その尖が破れ  薬瓶は破れ  きのこの大きくなるにつれて破れ  皿が転がり落ちて破れ  皮は、熔けたり、破れ  あちこちが破れ  気嚢が破れ  均衡が破れ  インヴァネスが破れ  衣服は破れ  雨にたたかれて破れ  つけ所のないほどに破れ  形勢此に破れ  皿が落ちて破れ  前の破れ  障子は破れ  瞬時に破れ  御衣も破れ  神経と、破れ  一間に閉じこもって破れ  術は破れ  一尺ばかり破れ  十銭芸者の破れ  股が大きく破れ  横堀は破れ  あかつきや破れ  それに破れ  蛙どもが破れ  襖は破れ  屋根も破れ  レコードは破れ  紙は破れ  登つて、破れ  固めは破れ  外一枚が破れ  ガラスが破れ  結婚に破れ  頭が破れ  レコードを破れ  扉は破れ  丞は破れ  形に破れ  太平洋戦争に破れ  いつ艇が破れ  起立すると、ふたたび破れ  大業が、間もなく破れ  一端は破れ  征韓論で破れ  皮が痛々しく擦り破れ  窓に吊した破れ  翼が破れ  色に破れ  矢を拾うと、破れ  腹は破れ  ために破れ  裾の破れ  喉は破れ  マルヌ会戦に破れ  簾は破れ  金網の破れ  畳が破れているとか、破れ  事の破れ  ヴィジョンが破れ  不調和に破れ  雲が破れ  衣は破れ  ように破れ  観念に破れ  躯が、裂け、破れ  彼は破れ  襯衣が破れ  ここに破れ  一枚残らず破れ  障子も破れ  平衡が破れ  顔をそむけ、破れ  対の、破れ  網が破れ  一ぱいさし込んでいて、破れ  綿の出た破れ  一部に破れ  全身が破れ  卵の破れ  魏を破れ  陣を破れ  帆は破れ  ジアン・ダアクでなければ破れ  城の破れ  行一時に破れ  お手本を破れ  向いの破れ  乳房は破れ  それはところどころ破れ  金瘡が破れ  口が破れ  修繕のゆきとどかないで破れ  靴は破れ  彼はそう言いながら、破れ  平氏が破れ  区切りにしてはかなくも破れ  恋がはかなく破れ  拍子に破れ  時、破れ  鏡の破れ  囲碁には破れ  荊州が破れ  陸軍は破れ  沈黙が破れ  幌が少し破れ  もう一度平和が破れ  戸を破れ  備えはすでに破れ  力で破れ  街亭の破れ  一たんここの防ぎが破れ  今は破れ  此れを破れ  床の間に破れ  何しろ痔が破れ  窓のおおいが破れ  盆燈籠の破れ  額は破れ  影が映し、破れ  羽目の破れ  妄想が破れ  希望さえ破れ  音を立てて破れ  孔が、大きく破れ  恋に、破れ  ここへ来て、あの破れ  舞踏靴、破れ  何処か破れ  胸が破れ  洗つたり、破れ  本堂の破れ  破片と、そうして破れ  革が破れ  パイプが破れ  罎が破れ  ッて、常に破れ  紙が破れ  封の破れ  横噛りで遣ってると、破れ  土のへいについて歩いたり、破れ  姿を見守ると、破れ  ように、いわば破れ  術が破れ  肉が破れ  風船の破れ  タイヤは破れ  窓から入ってきて、破れ  合ひは破れ  方で、破れ  浴衣を着て、破れ  それが更に破れ  無惨にも破れ  滅茶滅茶に破れ  下駄とを持つて行き、破れ  隅の破れ  眼も細く、破れ  僧は黒い破れ  油紙の破れ  村では破れ  沈黙はしばらく破れ  宝塚調は破れ  蜘蛛の巣が破れ  心臓を破れ  天地も破れ  下駄が少し強くあたると破れ  力では破れ  いちど結婚して破れ  幅の狭い破れ  手に破れ  外套に破れ  げだるまがひどく破れ  芭蕉は、もう破れ  話は破れ  終を告げ損じて破れ  格子も破れ  がんすけれども、とうに着ればハア破れ  屋根が破れ  空が破れ  一生夢の破れ  家は破れ  耳は破れ  着物も破れ  艦内は破れ  垢黒み衣裳は破れ  道灌山で一度破れ  窓硝子の破れ  火皿は破れ  障子の破れ  ことを、破れ  ズボンはかなり破れ  わたしの美しいゆめは破れ  皮が破れ  着物は破れ  のどが破れ  ものは破れ  心臟が破れ  心臟は破れ  窓ガラスが破れ  柱さえ破れ  それが破れ  花弁が破れ  心が破れ  かくのごとく破れ  枕に、破れ  衣服が破れ  所では破れ  動脈が破れ  ろに破れ  本は古ぼけて破れ  女は、破れ  ものかすこしも破れ  ジャケットや擦り破れ  夢が破れ  隅を見廻して破れ  憧憬は破れ  片々が破れ  不思議に破れ  先日から地下足袋が破れ  シャツを着てゐるとはいふものの、破れ  シャツを着ているとはいうものの、破れ  窓ガラスは破れ  一方の破れ  慎しめ、かの破れ  硝子は破れ  お松は急いでその破れ  自説の破れ  反対に、みすぼらしい破れ  天井が破れ  一時に破れ  廻り廊下や、破れ  皺苦茶になった破れ  ぼろぼろに破れ  板が破れ  中でボリボリと破れ  目の破れ  から、破れ  らに破れ  平均が破れ  不意に襲うならば、破れ  粗大さの故に遂に破れ  肩先がひどく破れ  身体一つ動かさず、破れ  影は破れ  障子が煤けて破れ  平軍既に破れ  シシリーに破れ  軍鋒を破れ  軍大に破れ  功名心も破れ  狂女の敷いていた破れ  藩閥は最う破れ  塀が破れ  沈黙は破れ  良俗は破れ  怪我人であろう、破れ  先に破れ  捨鉢の破れ  一角が破れ  スリーヴは破れ  蝉が破れ  ままで、破れ  雲はかつ踏んでも破れ  膜嚢が、破れ  膜嚢が破れ  恋愛にも破れ  生籬に破れ  露出し、破れ  知らないうちに擦り破れ  舟よそひ、破れ  瞬間に破れ  其処の破れ  畳は破れ  恋が破れ  紳士が居り、一方に破れ  疊の破れ  薄羽織の少しも破れ  板敷土間に破れ  ガタガタ雨戸に破れ  恐縮顔を見上げると、又も破れ  縁談が破れ  夢は今にも破れ  うえに捨てられてある少し破れ  つた、破れ  自分の破れ  のなどが、半破れ  策戦が破れ  煙突が破れ  心臓が破れ  袴は破れ  上に破れ  喉も破れ  板塀はところどころ破れ  竪にはじけ破れ  二人目が破れ  結果において破れ  目的全く破れ  私に限って、破れ  ところどころが破れ  勝手には破れ  ぼろ洋服に破れ  事は、破れ  鼓膜の破れ  ふところから、破れ  服の破れ  着物はズタズタに破れ  着物なども破れ  神秘は破れ  それは破れ  五千が向っても破れ  平治の乱に破れ  羽の痛く破れ  だって蚊帳の破れ  金風に破れ  なかに死にもせで破れ  花となりぬかな破れ  垣の破れ  椅子らしい破れ  から話も破れ  莨入なら少々ぐらい破れ  一瞬で破れ  こともできない、破れ  質的レコードは破れ  翼の破れ  急に破れ  肉色に笑み破れ  戸や、破れ  壁の破れ  壁が破れ  奴が破れ  意見は、直ぐに破れ  それも破れ  白紙は破れ  椅子テーブル、破れ  一ぺんに破れ  夢も破れ  征韓論が破れ  シュミーズも破れ  於いて、破れ  處處紙の破れ  ばらばらに破れ  六波羅に破れ  裁判に破れ  早や破れ  幕軍が破れ  雨雲が破れ  裏漉は直ぐに破れ  包みが破れ  夜中に破れ  ことによって破れ  無残に破れ  縁談の破れ  相好が笑み破れ  官軍は破れ  官軍が破れ  恋が成っても破れ  身には破れ  障子もよほど破れ  間だけには破れ  石橋山に破れ  皮とは破れ  輪形陣が、破れ  ワナが破れ  鼓膜は破れ  木目に、破れ  真理はかつて破れ  大分垣が破れ  山が怒って破れ  桃井勢は破れ  内も破れ  蒲原で破れ  木ッ端みじんに破れ  渋紙が、破れ  靴に、破れ  旗印が悉く折れ破れ  幻影が破れ  岸辺に漂うた破れ  処は破れ  それはどうして破れ  半襟の破れ  走りもとの破れ  創口が、再、破れ  切り株などにあたって、破れ  日がさの破れ  其雲やがて破れて、その破れ  闇の破れ  紙の破れ  ごとも蒸し青み、破れ  爺は破れ  体に破れ  垣根一枚が破れようとも、破れ  衣類はさんざんに破れ  外壁が万一破れ  跡が次第に破れ  音を立てて、破れ  襖も破れ  今頃になって気がついて、破れ  上に、破れ  手も立たず破れ  堤防にして破れ  唇が破れ  トさう思ひながら破れ  ばが破れ  トそう思いながら破れ  彼方此方が破れ  定説が破れ  見事に破れ  これに破れ  纒が破れ  服は破れ  音がして、破れ  縁談は破れ  其時に破れ  そこで破れ  一端が破れ  夢が本当に破れ  空は破れ  壁は破れ  二十八日小手差原にて戦い、ふたたび破れ  隔壁が破れ  努力が破れ  襖なんか、ひどく破れ  若君はしみじみと破れ  福松が破れ  腹帯は破れ  眞二つに破れ  中より破れ  われの破れ  土台からやがては破れ  雨降り濺ぐ夕暮なぞには破れ  時、その破れ  山河は破れ  事は破れ  自然に破れ  統一が破れ  結婚にも破れ  婿にも擬してみたと、くちおしいまでにも破れ  管を擦ったら、破れ  さうに歪めて破れ  これや、破れ  夢を破れ  理解は破れ  蕾が破れ  墨染の破れ  尻の破れ  霧が破れ  嵐に破れ  惨めに破れ  責苦に破れ  壁や破れ  前に破れ  からだが破れ  腰にだけは破れ  辺から、破れ  破れに破れ  扇面が破れ  ざけの破れ  褐色の破れ  服が破れ  明りが破れ  密輸入船の破れ  上で、破れ  意企から芸術的均衡が破れ  壁はあらかた破れ  袖も破れ  彼はもう破れ  やうに破れ  規準は破れ  空想は破れ  鉄石ごとくで破れ  アンペラが破れ  無意識に破れ  ズバリと破れ  敢えなくも破れ  弊害が破れ  矩を破れ  川底が破れ  慣習が破れ  夢はやがて破れ  約束は破れ  中に破れ  調和を破れ  羅宇の破れ  先が破れ  肉体は破れ  底が破れ  頭巾をかむり、破れ  襖が破れ  枠が破れ  一挙にして破れ  一時にして破れ  筵の破れ  雪が破れ  静寂が破れ  大男であつたのに、破れ  皮肉が破れ  脳細胞が破れ  薄皮が破れ  ここかしこは破れ  ためらしく破れ  鼎が破れ  莟が破れ  佶ト見やれば、破れ  音をたてて破れ  ムクムクと膨れてきたので、破れ  芭蕉が破れ  それから下腹が今にも破れ  扉は、破れ  表紙が破れ  九カ月ばかりで破れ  茶碗の破れ  階下は、破れ  笑いが破れ  初恋に破れ  部屋には、破れ  ガラスは破れ  間が破れ  チユーブが破れ  沈黙はすでにとく破れ  勝手口の破れ  パンツも破れ  たか自然に破れ  水腫が破れ  禁酒が破れ  企が破れ  仕事衣に破れ  工夫が破れ  目的は破れ  最近、破れ  紙包が破れ  そこに破れ  ドアが破れ  ガラス窓の破れ  一面が破れ  幌は破れ  帆が破れ  旗がさんざんに破れ  オールに破れ  右舷はひどく破れ  作戦は破れ  人間でも破れ  木村八段に破れ  姿が破れ  其部分が破れ  愛する人は、破れ  縦横に破れ  統一の破れ  みな朽ち破れ  封建制度は破れ  竹は破れ  檣に、破れ  軍服も破れ  しずかさは破れ  着物はさんざんに破れ  君に及びて破れ  時に破れ  ロマンティストたちの破れ  日まで待ち、破れ  簑が破れ  窓は破れ  滝となって流れ、やがて破れ  それがどんなに破れ  関係はもうとうに破れ  牢を破れ  争いに破れ  水干も破れ  噂に脆くも破れ  腕車の破れ  腕車は破れ  紙片や破れ  屑籠を背負い、破れ  門を破れ  茶碗が破れ  中を、破れ  断髪令嬢の破れ  つてもなくても破れ  一日で破れ  やうな破れ  さで破れ  胃が破れ  人生の戦ひに破れ  雨傘の破れ  文書が破れ  骨が破れ  悟りはすぐ破れ  興趣は破れ  型は破れ  ために、破れ  のや、破れ  望みに破れ  四つ角の破れ  絵具が破れ  周囲が広く、破れ  つても破れ  緊張が破れ  岳は、破れ  硝子を破れ  びりりと破れ  私は破れ  底がいつの間にか破れ  呼吸が破れ  一部がいよいよ破れ  紙障子で、ところどころ破れ  門は破れ  御所の破れ  鼻緒ずれに破れ  動機も破れ  股引きが破れ  土台から軈ては破れ  つて雀部は、破れ  門外不出、破れ  二枚とも破れ  闇が破れ  半分が破れ  翼は破れ  網に破れ  ボロキテトウコイ、破れ  いずれも破れ  産業は破れ  側に破れ  襖なぞ破れ  畳の汚れて破れ  希望がすっかり破れ  講堂の破れ  雑巾がけをしたり、破れ  鼓膜が破れ  壁がやがて破れ  それから両手をさしのべて、破れ  和紙で、裂かうとしても破れ  狂人になるか、それとも、破れ  方でも破れ  胸はもう張り切って破れ  律も破れ  緊張がどっと破れ  期待に破れ  鼠尾草や、破れ  盆燈籠が破れ  着物の破れ  じきに毀れたり破れ  あなたのその破れ  処々白く破れ  耳が破れ  皮膚強くして少しも破れ  帽子が破れ  底が、ああ破れ  疑惑が破れ  皮膚が擦り破れ  皮膚の擦り破れ  皮膚は擦り破れ  のは、破れ  彼らは、あんな破れ  条件が破れ  ひとは、破れ  私は言い、破れ  あとが破れ  人たちは、破れ  彼女のすこしばかりの遺しものの破れ  つなぎもせずに乗り捨ててあったり、破れ  のか、破れ  堰堤が破れ  衣服を返して、破れ  夢ばかりは破れ  庇が破れ  大廻をして破れ  扉がどんどんと、破れ  いくらかでも破れ  事が出来ません、破れ  戸が破れ  秘密が破れ  事の全く破れ  仕事にも破れ  穴が、ぽかぽかとあいていたり、破れ  昨夜落ちて破れ  永王軍は脆く破れ  白堊、破れ  後に捨てられ破れ  余も亦、破れ  庭が、破れ  裏が破れ  夢は吹きちらさるひからび破れ  子供達の破れ  天下は破れ  橋板は破れ  笠さえ破れ  指の破れ  闘剣者は、戦ひに破れ  俵が破れ  心臓は破れ  風呂敷包と、破れ  手先を焙りながら破れ  あたりぼろぼろに破れ  横腹は破れ  あれが破れ  隅に、破れ  粗衣粗服、破れ  山嶽は破れ  ところで破れ  殻がしばしば破れ  大洋を作り、また破れ  殻が破れ  輪は破れ  これが破れ  帯が破れ  部分は破れ  外が破れ  臓腑がことごとくはじけ破れ  夫は破れ  すそは破れ  八九まで破れ  会所は、あるいは損じ、あるいは破れ  どこが破れ  幸福は全く破れ  折鞄を破れ  空き箱や、破れ  熟睡を破れ  これもやはり破れ  忽如として破れ  波田は、破れ  結婚が破れ  そこにつっこんであった、破れ  瞳をこらすと、破れ  希望は破れ  籠もまた破れ  ことばどおり、うれしくも破れ  提灯の破れ  難関も破って破れ  曰く、見よ、破れ  形全く破れ  音をたてて、破れ  不規則で、歪んで、破れ  横の破れ  紙笠の破れ  希望通りに破れ  俄かに射れば睡りは破れ、破れ  質はよいと見え、破れ  硝子窓が大きく破れ  通り硝子窓が破れ  丹念に破れ  屏風が、煤けた、折々剥げ破れ  血痕だとか、破れ  凸所はところ/″\皮膚が破れ  三本、破れ  考えかたは現実に破れ  障子のあんまりひどく破れ  声もかけずにどんどんと破れ  うちに破れ  三番手も破れ  斷食を破れ  ハンニバルを破れ  マルクス・アントニウスを破れ  酒脱さは、破れ  二三分間密雲が破れ  中で破れ  徴集によって破れ  もんぺも破れ  萼が破れ  花が破れ  めちゃめちゃに破れ  足腰が立たず、破れ  ゆきぬ戀に破れ  ところは破れ  軍衣は破れ  処が破れ  婚約が破れ  紙衣の破れ  九助は、破れ  紙かなんかの破れ  凧は折れ破れ  くりの遂に破れ  障子紙の破れ  ような破れ  一足毎に破れ  場末の破れ  ボロボロに破れ  防備は破れ  美女は破れ  恋愛が破れ  調子の破れ  破れ布に破れ  やうな、破れ  どれも破れ  傘の破れ  結合が破れ  結合に破れ  皆、破れ  公平はたちまち破れ  協定が破れ  裾は破れ  貧乏とみえて、いつも破れ  服を着て、破れ  大事は早くも破れ  老廃物となったら、必ず破れ  闘争は、破れ  襖は暗くなった、破れ  現代において破れ  幸福は、こんなにもあっさり破れ  ルビーは破れ  裏表紙も破れ  上包は煤け破れ  守りがまず破れ  ハアプも捨てませう、破れ  夜、破れ  灰皿は破れ  面を破れ  んだらあやまられたって、破れ  壜はすっかり破れ  男の破れ  勤め人たちが、破れ  戸の破れ  甲斐撫でには破れ  口へ破れ  袖がズタズタに破れ  左右に、破れ  右手には破れ  森林が破れ  壁も破れ  簷が破れ  垢づき破れ  妾がさせてあげましょう、と破れ  ども金鐃は破れ  このごろ、破れ  ンと破れ  上着は破れ  絶対化は必ず破れ  戦では直に破れ  わきへ置き、次に破れ  峯子はいつ破れ  心身とも、まるで破れ  異国風の破れ  恋には破れ  和睦はふたたび破れ  水車と破れ  水際に破れ  大概荒れ果てて、破れ  統合は破れ  うちにバラバラに破れ  白手袋が破れ  鎧が破れ  鎧は朽ち破れ  ことになって、破れ  御所が破れ  如何程まで破れ  靴の片っぽ、破れ  紙がぴりぴり破れ  葉もところどころ破れ  野分にたたかれて破れ  のが、破れ  葉がどす黒く破れ  はずみに仕掛が破れ  皮肉の破れ  間で破れ  結婚生活に破れ  岩が破れ  商法に破れ  戀に破れ  戀は破れ  間に果敢なく破れ  お腹は、裂けても破れ  信仰が破れ  ものが倒れたり破れ  泥塗れになったり破れ  歪げたり破れ  から、とても破れ  ベリベリと破れ  帽子、破れ  下に破れ  

名詞

破れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
破れから覗いて見ると  破れあれたあばらやに住み  破れからそつと覗いて見た  破れは妻君に縫わせて  破れたるもの有り  破れに莚をのっけたり  破れ易いのは云う迄も  破れが奇妙な風の唄をうたった  破れはしない  破れからぬうと  破れを手入れするよ  破れも同じ物語を語っていた  破れから寒い風が砂を吹きこんできた  破れが見えず  破れから覗いて見た  破れの見える  破れと思うからだ  破れを繕っていた  破れかえるような音響が私の耳を敲きました  破れでぐるぐると巻いていた  破れしを証する  破れたるを以てす依て  破れ且つ傾いて見ゆる  破れに生れたかと思うと  破れを通す  破れを綴り  破れを見ても  破れにペンペン草が生え  破れがあった  破れから覗いて  破れほうけた古ツヅラ三ツにギッシリつめて  破れからやせた  破れから露出した  破れ果てている  破れたれど珍しければ奉納者の名を見るに  破れという破れにはことごとく眼の輝きが見えた  破れが入ってしまう  破れから覗いた  破れに貼られたろう  破れとにはあらず  破れ易いといわれるかも知れませんが  破れからしりがのぞいてるし  破れ汚れた毛皮の外套をつけた  破れでもしたら  破れに足も取られず  破れにも見え透けど  破れに気づくと  破れ果てた事を報告し  破れほうけた草庵を認めて立入り  破れの上に貼ってある  破れ易い砦だから早速に賤ヶ岳の方に退いたら  破れから射す  破れから吹き込んだ  破れが紙鳶のうなりの  破れから水のように流れ込んで来た  破れ返るような騒ぎになりますネ  破れを潜って  破れから月の光がさしている  破れ果てていた  破れから覗いて居る  破れはさてどうなるだろう  破れもしなければ  破れからそつと覗く  破れ易くてハネがあがつて困るから  破れ易いのとハネがあがる  破れから今にも鬼が出て  破れから庭をのぞいて見たが  破れへ足がひっかかって転び  破れたる損害をも贖わしむべき  破れが目についた  破れから覗くと  破れなば吾は絞首台に上らず  破れが聞えただけでも  破れかかつた和蘭風の風車が見えてくる  破れを繕い  破れとは申しませぬ  破れを繕った  破れから出入りしていたがとがめる  破れさうな流行唄を喚いてゐる  破れをつくろい  破れでもする  破れを見かえりながら  破れをくぐって  破れから先は天下の千畳敷に続いている  破れより風吹き入り  破れに帰し  破れへ一寸引っかかる  破れを大きくして  破れの寮を飛び出して  破れ易くまた二度とは来ない  破れが現われた  破れの出た  破れのある  破れ裂けている  破れよと櫃の底叩きて  破れも繕わなければならず  破れのあとがあった  破れにならぬ  破れ易い名器を座右に置いている  破れを生じています  破れでも壊して  破れにほの見えた  破れや塀の隙間を見出して  破れがふら  破れがハタハタ囁き  破れから空を仰ぎますと  破れを縫いながら  破れから猫が手を入れて引っかけ  破れよとぞ撞きたりける  破れに破れた  破れから覗いてみると  破れを悲憤して  破れになってはならぬというので  破れになろうもしれない  破れを繕うて  破れを縫うて  破れに破れて  破れに明けて  破れを吹きすぎました  破れが出  破れたる紙幣とりいで  破れかぢかんでゐる  破れほころびている  破れたる音忘られず  破れしをつくろひ  破れから出た  破れをく  破れほうけた酒倉がただ一つ残つてゐるばかりだ  破れおわらんずる心地せるなり  破れたるまま宇品より今上陸して来つと覚しき  破れあるいは裂けて  破れござが敷き  破れほうけてゐた  破れとなって  破れたる白張の提灯さびしく立ちて  破れをかがっている  破れを修繕して帰って来たが  破れから中を監視していますと  破れという仰せをうけた  破れから手をだして見た  破れ裂け初めた  破れを繕う  破れも残らず張ってあるなど  破れこけて役に立たない  破れは所どころ白い布でつぎはぎしてあった  破れから外をのぞいた  破れ易いからばかりでないことを思いあわせねばなるまい  破れや睡りを  破れを大あぐら掻いて繕い  破れからのぞいて  破れが奇妙な風の唄をうたっていた  破れからのぞくと  破れから私は頭を引っこめる  

~ 破れ[名詞]1
障子の破れから  上部の破れ  屋根の破れに  結婚が破れ  障子の破れが  心臓は破れは  平らには延びるけれど破れは  拇指の破れも  障子にも破れが  壁の破れから  壁の破れの  網の破れを  衣の破れで  平和の破れ  日仏間平和の破れ  皮や破れ  障子の破れを  眼に立つほどの破れでは  荊州の破れも  荊州の破れを  壁の破れに  いくつかの破れが  夢として破れ  竹垣の破れから  世の破れ  時障子の破れから  ズボンの破れから  破れという破れには  ピーンと破れが  盡く破れとには  處には破れといふ  瀬戸物は破れ  状態が破れでも  畳の破れに  紙の破れにも  障子の破れに  襖の破れの  大岩山は破れ  垣根の破れを  事の破れは  事の破れ  袋が破れでも  雨天には破れ  草鞋が破れ  畳の破れへ  荷物の破れ  中途にして破れ  分裂より破れ  破れは破れ  笠置の破れが  上に破れか  手で破れという  唐紙の破れを  柵の破れから  呂律の廻らない破れ  具足の破れを  平衡が破れでも  電気の破れ  近くにある破れ  窓の破れより  幕軍の破れに  紙の破れの  ものは破れ  障子の破れ  沓下の破れも  事の破れに  定義は破れに  垣根の破れでも  屏風の破れに  垣の破れや  窓の破れから  スリッパの破れを  畳の破れを  金網の破れから  俯しては破れに  鎧戸の破れから  自説の破れを  履の破れを  袖の破れを  我一生は破れに  それは破れ  太鼓の破れを  何處にか破れが  主人言ふなる破れ  黝く破れか  蛙のはらの破れ  蓋の破れ  手拭の破れから  ところの破れ  夏服の破れ  力によって破れ  事の破れと  竹の破れを  塀の破れから  門を破れという  戸の破れから  ベリベリと破れ  襖紙の破れも  窓障子の破れから  胆を破れや  下着の破れを  

~ 破れ[名詞]2
ちょっとした破れ  その破れ  騒々しい破れ  且つ破れ  あの破れ  時として破れ  ことごとく破れ  小さな破れ  自ずと破れ  めらめら破れ  かなり破れ  大きな破れ  ところどころ破れ  まず破れ  なく破れ  もう破れ  高く破れ  

複合名詞
折柄片破れ月  破れ二階  破れ靴  破れ団扇  破れ畳  破れ靴これ  破れ障子  破れ寺  破れ戸  破れ疊  破れ庇  破れ放題  破れズボン  破れ布子  破れ芭蕉  破れガラス  破れ関東  破れ牛乳  破れ窓  破れ垣根  破れ硝子  破れ柱  破れ凧  破れ家  破れ袷  破れ上衣  破れ靴下  破れ垣  事破れ  破れ行灯  破れ穴  破れ外套  破れ蚊帳  破れ堂  破れ屋  破れ蒲団  破れがち  破れめ  破れ堤灯  破れ塀  破れ月  破れ鐘  内場破れ  破れ扇  油なめ小僧破れ三味線  破れ三味線  破れ足袋  破れ千  破れ桟  破れ邸  國破れ身辱  破れ廂  破れしみ經  破れ煙突  まま破れ笠  破れ破れ  破れ服  ドウセ破れカブレ  破れ財布  破れシャツ  破れシャツ一枚  破れ着物  破れ法衣  破れ屋根  破れ土塀  破れ草履  破れトランク  破れ笠  声破れ鐘  破れ勝ち  謀破れ  破れむ  破れ輿  破れ衣  破れ門前  破れ橋  破れ箪笥  みずから破れ  破れ門  破れ太鼓  破れ壁  味方破れ  破れ足  破れ烏帽子  破れ草鞋  破れカブレ  破れ鎧  破れ手ぬぐい  破れほうだい  破れ御簾  破れ襖  破れ小屋  破れ紙鳶  破れ傘  破れ奴傘  破れ半纏  破れ簾  破れわらじ  ヤーレ破れわらじ  軍破れ松田  破れモーニング  破れ巣  破れつづら  破れ口  亀裂破れ  破れッ  破れ唐館  打つ手破れ口  鐘破れたる  鐘破れ瑕  破れスリッパ  破れ編笠  破れ頽  破れ長屋  破れ袷一枚著  破れ布  バラバン節破れ銅鑼  バン破れ銅鑼  破れ小舎  破れ傷  破れ石  破れ卵子  破れ行燈  むとするに皮破れ  破れウィオリノ  破れ洋服  破れ鏡  破れボート  破れ筵  破れ煤  破れ手拭  破れマント  破れ椅子  破れ羽目  破れむとす  乾破れ  破れ周囲  破れ電車  破れ破滅  破れ了ん  其破れ  破れ竹垣  破れ雨戸  畳菰褌破れ  疊菰褌破れ  肉破れ骨  恋ざめや破れ  破れたる  



前後の言葉をピックアップ
破れよ  敗れん  破れれ  破れん  やぶれ  敗れ  ヤブレカブレ  破れかぶれ  敗れる  やぶれる


動詞をランダムでピックアップ
からげ殺気だち走らさ動じよ殺ぐ干よこおるのれる折れよ澄みわたる逃し入れ替る呼び交すこたえろ掻きおもいだそ吹き出る因っ
形容詞をランダムでピックアップ
騒がしからがんぜないいやしくあし重けれすがすがしく珍しくっいじらし羨ましい手痛き危うしこまかくすっごい固いねむかっ呆気なかっ臭き蒼からほろにがい旧く