「目覚め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 目覚め[動詞]
啓吉は目覚め  命に目覚め  生に目覚め  これにまた目覚め  現実にふと目覚め  底に目覚め  いまたしかに私は目覚め  声に目覚め  彼はいつ目覚め  夜中に目覚め  上で目覚め  朝、目覚め  オレは目覚め  真実に目覚め  陋室で目覚め  新たに目覚め  日本意識に目覚め  一ヶ月睡って目覚め  のだが、目覚め  民族意識に深く目覚め  吾は目覚め  自覚は目覚め  勃然として目覚め  二度目に目覚め  急に目覚め  夢から、驚いて目覚め  後には再び目覚め  名を呼ぶこえに、目覚め  夜半何事となくふと目覚め  彼が目覚め  感情が目覚め  音楽に目覚め  身体で目覚め  思想が目覚め  頃から春に目覚め  身を横たえながら目覚め  人が目覚め  のが目覚め  嘉助氏咳して、目覚め  熱情が既に目覚め  それに目覚め  ものを考へまいとして、目覚め  烟が立って、目覚め  欲望の目覚め  我生命として目覚め  賃金労働者として目覚め  飜然として目覚め  キリスト教側から起された目覚め  青年教育に目覚め  人間的自覚を目覚め  判断を目覚め  料理道に目覚め  大声で話しかけられたので目覚め  意識が目覚め  為めに目覚め  やうに目覚め  男の目覚め  世界に目覚め  他は目覚め  病隠遁者も一朝目覚め  民衆も目覚め  為政者権力者も目覚め  自らも目覚め  他をも目覚め  理智的に目覚め  ものに目覚め  中に目覚め  気分で目覚め  みつき、目覚め  魚類だけは目覚め  恵子によって目覚め  肉体は目覚め  時間に目覚め  女はやがて目覚め  理性が次第に目覚め  春に目覚め  外部に目覚め  声で目覚め  一番先に目覚め  我らが少し目覚め  晩年の、目覚め  人生に目覚め  悩みに目覚め  翌日は平常より余程早く目覚め  力に目覚め  蛮人が目覚め  うちに目覚め  心に目覚め  ものに結びつけられずに、とにかく目覚め  多数に目覚め  恐怖が目覚め  サルトルが目覚め  世界にばかり目覚め  階級意識に目覚め  どん底まで堕ちていって、この目覚め  俄に目覚め  事件落着後清廷が目覚め  今のいわゆる目覚め  見込みによって、目覚め  物音によって目覚め  太陽が上がって目覚め  青年期が目覚め  平一郎は目覚め  自分で目覚め  人間性に目覚め  何かが目覚め  中で目覚め  身体中がさつと目覚め  朝早く目覚め  羞恥心は目覚め  ものとしては目覚め  妻も目覚め  プロレタリアとして目覚め  人達が目覚め  折よく、目覚め  使命に目覚め  政治に目覚め  文字文化に目覚め  部落の目覚め  人を目覚め  世間ははなはだしく目覚め  不安に目覚め  命を取らるると思いて目覚め  神田川では、目覚め  彼らは目覚め  本性に目覚め  飢えに目覚め  肉体に目覚め  夢より目覚め  筋も、目覚め  貢さんの目覚め  政治小説に目覚め  心に等しく目覚め  経済的に目覚め  所謂本質的傾向に目覚め  僕はハッと目覚め  たまに目覚め  私は目覚め  顕著に目覚め  

名詞

目覚め[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
目覚めを待ち受けている  目覚めを遅らされた  目覚めの鐘は智恩院聖護院出でて見  目覚めは衰亡の中へ滑りこむ  目覚めにそれを瞶めてゐる  目覚めに極って鳴り出すという  目覚めになられましたか  目覚めを感じるという  目覚めになるまで  目覚めが活溌にする  目覚めを知らす  目覚めに寝床から這い起る  目覚めこそしないが  目覚めを迎えた  目覚めにも変りなく枕頭に侍っている  目覚めにハッキリした  目覚めをむかへて  目覚めに対する唯一の安全な扉だと云ふ  目覚めになっているとは  目覚めになりましたか  目覚めを迎へると  目覚めに夢かのやうに見えるけれども  目覚めをじっと待っていた  目覚めに貴女の鼻水は多少はすすられたにちがひない  目覚めを迎へようとしてゐた  目覚めに思はず怒鳴  目覚めをむかへると  目覚めにゆうべの女が今朝もゐたら  目覚めを迎える  目覚めから夜中まで否応なく辞書や文法書にかぢりついてゐた  目覚めが云われている  目覚めを伴わなければ開かれなかったと思われる  目覚めに戸の透間からさす  

~ 目覚め[名詞]1
白鳥の目覚めを  心の目覚めを  朝の目覚めの  主義態度の目覚めが  日毎の目覚めは  朝の目覚めに  春の目覚めを  暁の目覚めの  朝の目覚めが  生活慾の目覚めを  翌朝の目覚めに  いつの目覚めにも  前後の目覚めに  平和そのものの目覚めを  真理に対する目覚め  尊厳への目覚めと  一つの目覚めの  性の目覚めに対する  性の目覚めの  樅原駄夫が濁つた目覚めを  静かな目覚めの  姉の目覚めを  真夜中の目覚めに  自然の目覚めを  爽やかな目覚めの  朝の目覚めを  朝の目覚めから  知性の目覚めが  理性の目覚めを  ときにおいて成し遂げた目覚め  今朝の目覚めに  義仲の目覚めの  

~ 目覚め[名詞]2
よい目覚め  次第に目覚め  快い目覚め  淡い目覚め  この目覚め  

複合名詞
目覚めがち  目覚め発育  男性的目覚め  



前後の言葉をピックアップ
目ざましけれ  目ざめよ  目ざめ  目ざめ  目覚  めざめ  目覚め  目覚めれ  めざめよ  目ざめる


動詞をランダムでピックアップ
もれ舐めずら抱えよ倒れろすかさかき出さ要しよねじ上げ打ち壊せ損ねつかさどり追付け無くし及ぼせ掻き乱すへよ薙ぎ伏せようすずく拉ご考えつい
形容詞をランダムでピックアップ
ありがたいあいらし久しけれちいさ熱っぽ宜しきがめつなう薄寒いやさしく畏き麗々し惨たらしい美味しかろよろしかっめまぐるしい小ぎたなき事新しい人なつこく物々しい