「目だた」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 目だた[動詞]
中にうまく目だた  ところに目だた  彼女は目だた  のにつれて、目だた  背が高いので目だた  側に目だた  庭へ降りて来て、目だた  存在を目だた  ことをことに目だた  宮中にとどめて、目だた  欠点も目だた  のにして目だた  美貌を目だた  ことがあって、目だた  随身とをあまり目だた  下の目だた  思いになって、目だた  用意されてあったが、目だた  のへ、目だた  ここは住まずに、目だた  喜びになって目だた  用事をしていては目だた  ことも目だた  尼とが目だた  童女は目だた  袴などを添えて、あまり目だた  督は喜びながら目だた  裳を目だた  ことでしょうが、恐れておりまして、目だた  ここへ来させて、目だた  それは目だた  不思議なほど目だた  ものは、目だた  のも目だた  襁褓などに目だた  ほうに目だた  邸からも、そっと目だた  のです、目だた  いつでも目だた  二人は目だた  髪を目だた  ところへ、なるべくなら目だた  そこだけ目だた  ささやかな、目だた  それも、できるだけ目だた  欠陥が目だた  すみの目だた  心を定め、目だた  いるかどに、小さく目だた  もっとも目だた  逡巡はほとんど目だた  銀行に出てもできるだけ目だた  これまでほとんど目だた  彼らに目だた  初めはただ目だた  歳月のふるふあまり目だた  ことはなるべく目だた  



前後の言葉をピックアップ
雌滝  女竹  芽出し  メダシ  めだた  目立た  芽だち  芽立ち  めだち  芽立ち


動詞をランダムでピックアップ
むすびつけよかきながし送ん奮い起こす売り払お弁ぜみりゃつまみあげ尽しゆわくらっしゃっ吟ず長引き立ち去り気づく言い触らすつけ込む切返しこぞり一肌脱ぐ
形容詞をランダムでピックアップ
早いはがゆく面映ゆく水っぽ丸っこくか細からきいさましいうすぎたない待遠しく恥いものうき回りくどい頼もしいうら悲しい日向臭く怪しゅう不甲斐なほそい