「目あて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

目あて[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
目あてに猛烈な稽古を励んでいるかと思うと  目あてはハッキリつきました  目あてにしてゐる  目あてにしているかが  目あてにしている  目あても無くなった  目あてにして書いた  目あてを失はずに  目あてにしていたので  目あてに刺しとおした  目あてにして歩いて行こう  目あてにつめ  目あても立たぬ  目あてに東南を指して進んだ  目あてに飛行を始めた  目あてに出発した  目あてとする  目あての担売り  目あてにして  目あてにくる  目あてでもあるの  目あてに機械的に歩かせられて来ていた  目あてがある  目あてに着陸する  目あてに好みも自らその方に傾けば  目あてに諸国から入りこんでいる  目あてを持っていらっしゃるか  目あてに近づいて来るらしい  目あてにしてやっているち  目あてに稼ぎに出ている  目あてだったのだとみえ  目あてに生きてゆけば  目あてにうつ  目あてとして行く  目あてに貪婪の未練をもつてゐる  目あてにして来た  目あてのはとばに船を停めてしまい  目あての餅はすげなく  目あての煙はもくもくと立ちあがった  目あてのところに行き着くと云う  目あてにして行くと  目あてを作つておくのであらう  目あてに一般の男女もひしめきあっていれば  目あての心掛けではと云いすてる  目あてがついた  目あてに歩く  目あてに歩いて行った  目あてに不休の努力を続けている  目あてとしていたくらいで  目あての食い物屋ばかりが繁昌していた  目あての桂庵は海保寺の門前にあって  目あてに張り込んでいる  目あてに急ぎ帰って来た  目あての六百両は残念ながら二百両しか手に入らない  目あてに細い道を急いで行くらしかったが  目あてなるドレスデンの画堂へ往か  目あてもなく倒れかかる  目あてなく動揺しない  目あてがあるらしく  目あてに乗出して  目あてにしていた  目あてがござんしょうね  目あてに賭けて張った  目あてにこのような不自然きわまる  目あてがあって出て来た  目あての太田五斗兵衛の人別を巨細に調べたが  目あての菊代なる女の姿を捜し求めながら  目あてにびしびしとお洗いたてなさる  目あてに江戸じゅう捜してみたって  目あての獲物が脇の方へ廻る  目あてにおいでなすって  目あてに筆を運んだ  目あてにして出かける  目あてに追いかけた  目あての話だったのかも知れない  目あてに追って  目あてにしてゐました  目あてに反する  目あてのない旅行者で自分がある  目あてに支払いを延期するなど  目あてに生きてゆく  目あてがつかなかった  目あてなのでございましょうとお高はいいたかったが  目あてにしたい  目あてにたどり着いて  目あてにぶじサクラ号に帰る  目あてにする  目あてに二人を見出すには見出したが  目あてがあった  目あてでいらっしゃるという  目あてにしでいる  目あての立つ  目あてにしての  目あてで和歌所が設立されたか  目あてなのだということを知っている  目あてにしています  目あてがないので困っています  目あてがはっきりするまでは  目あてにした  目あてのしっかりしない  目あての切通しは通行不能ということになった  目あてになる  目あてにやってくる  

~ 目あて[名詞]1
仕合を目あてに  向上させてゆく目あては  鉄クヅだけを目あてに  菓子が目あて  なにを目あてに  白骨島を目あてに  はつきりした目あてが  収入の目あても  文学青年を目あてに  沖乘船の目あての  女王が要るといふ目あてを  提燈を目あてに  中を目あてに  ところを目あてに  のを目あてに  脱稿の目あても  それを目あてに  夫婦にも目あては  金星を目あてに  一寒村を目あてに  インテリゲンチャを目あてと  見物を目あての  者の目あて  遠くから目あてに  何か目あてでも  矢じるし目あてに  月を目あてに  外人を目あてに  市を目あてに  林を目あてに  仕合わせを目あてに  どこへ行こうという目あても  後押しを目あてに  それが目あて  勉強の目あて  どこを目あてに  ステイションなぞを目あてに  それを目あてとして  財物を目あてに  ここまで目あてに  沢で燃す目あての  刻した印しを目あてに  先きの目あてが  初めより目あては  仕事の目あてを  金が目あての  お伽よりも目あては  絹糸の買入れを目あてと  職業を目あてに  人足を目あての  どこという目あても  銀杏を目あてに  灯を目あてに  大樹を目あてに  ような目あて  看板を目あてに  時よりの目あて  木を目あてに  勢いで目あても  一つとして目あて  誰か目あてが  港を目あてに  くせ一つものを目あてに  身上を目あてに  六万両を目あてに  確かに目あてが  二の目あて  文が目あて  女を目あてに  やつらを目あてに  竹藪を目あてに  写実を目あてに  生理的効果を目あてに  声を目あてに  ことだけを目あての  ブラ提灯を目あてに  幹を目あてに  俺等の目あてに  金利を目あてに  金に目あてが  財産が目あて  ほかの目あては  貯金が目あて  幸福を目あてに  それを目あて  報酬を目あてに  眼を目あてに  白花を目あてに  家を目あてに  勤め口が見つかるだろうという目あてが  結婚なさる目あて  わたしが目あてに  苦悩を和らげる目あての  又兵衛を目あてに  ことだけが目あてで  オルガが目あて  あなただけを目あてに  初め経済的条件だけ目あて  一番の目あて  場所の目あてが  独立する目あてが  何を目あてに  何の目あても  ものの生きる目あての  家の目あてに  だれを目あてに  以外の目あても  

~ 目あて[名詞]2
当の目あて  どんな目あて  その目あて  まだ目あて  とても目あて  

複合名詞
文学青年目あて  思つて目あて  利潤目あて  雑兵目あて  財産目あて  賞品目あて  黄金目あて  



前後の言葉をピックアップ
めあたらし  目新し  目新しい  目新しかっ  目新しく  目当て  メアテ  メアリ  メァリイ  メアリゴウルド


動詞をランダムでピックアップ
くるしめようち群れせりだし薄らい飲みゃ請え燃やすはれあがっみたし喋れる抱き合え流行ら入れ揚げ委する生える残る乾かし並べん擲た
形容詞をランダムでピックアップ
ふかし熟柿臭き注意深く人間らしき怖かっ得難し妬ましかっ久しかろさくしあら安からありがたくいけ好かなくはなはだしく睦まじいなけれとめどなき水臭くにくかろ焦れった