「盗ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 盗ん[動詞]
ガラス鉢を盗ん  だれが盗ん  茗荷の子を盗ん  鶏頭とを盗ん  実を盗ん  神殿から火を盗ん  一株を盗ん  十個ばかり盗ん  金を盗ん  孝助が盗ん  誰か盗ん  誰が盗ん  疾より覚っていて、盗ん  しまつた、盗ん  円柱を盗ん  古典からは、大いに盗ん  紅色ダイヤを盗ん  誰かが盗ん  鸚鵡を盗ん  そこで盗ん  何か盗ん  ほど好いと言ったり、その盗ん  物を盗ん  若が盗ん  桃を盗ん  二人で盗ん  太刀を盗ん  白孔雀も、盗めと云えば、盗ん  誰だ盗ん  宝石を盗ん  つて男を盗ん  俺が盗ん  足音を盗ん  眼を盗ん  ものは、盗ん  資源を盗ん  事をして、盗ん  糸を盗ん  部屋から貴様が盗ん  君が盗ん  殺人光線灯を盗ん  目を盗ん  ウイスキーを盗ん  洋傘でも盗ん  塊を盗ん  寿司、盗ん  合間を盗ん  暇を盗ん  とうもろこしを盗ん  これは盗ん  何かを盗ん  頬に盗ん  わたしが盗ん  いまになって盗ん  手紙を盗ん  米が盗ん  から手榴弾を盗ん  私が盗ん  雪駄を盗ん  娘を盗ん  都会とちがって盗ん  姿を見せずに忍んできて盗ん  財布を盗ん  大根を盗ん  女の子を盗ん  着物を盗ん  ことは分っていましたが、なんだか申しにくくって、だまって盗ん  お返しにあがりました、盗ん  自分が盗ん  氷を盗ん  手前が盗ん  なにも盗ん  手で、盗ん  船を盗ん  お前が盗ん  鯨などを盗ん  投込場から死体を盗ん  写真を盗ん  星田さんのを盗ん  醤油を盗ん  大金を盗ん  のは、盗ん  犠牲にならうかしら、でも盗ん  のに盗ん  こと僕が盗ん  経文を盗ん  銃を盗ん  飾り玉を盗ん  笛を盗ん  ダイアモンドを盗ん  それを盗ん  ひまを盗ん  のかしら、こんなに沢山あるのにね、盗ん  隙をうかがって、うまうま盗ん  秘密を盗ん  音を盗ん  人形を盗ん  一日の安きを盗ん  母を盗ん  やつらは、いけない、盗ん  ふうにして盗ん  風呂敷を盗ん  鶏を盗ん  子供を盗ん  熟睡を盗ん  寸暇を盗ん  漁舟を盗ん  判を盗ん  弁当を盗ん  者が盗ん  鏡を盗ん  どこで盗ん  線を引いて盗ん  跫音を盗ん  お金を盗ん  玉璽を盗ん  唇を盗ん  なにを盗ん  小切手を盗ん  天子を盗ん  武器を盗ん  魂を盗ん  女を盗ん  はじめ学校全体から理科用電池を盗ん  物品を盗ん  家から卵を盗ん  幾度卵を盗ん  袂から綿を盗ん  綿を盗ん  厩から盗ん  倶楽部から盗ん  カフスボタンを盗ん  パン焼職人は、勿論、盗ん  膳から食べものを盗ん  急須を盗ん  手入れをしたり、盗ん  机上から盗ん  鉛筆を盗ん  仕方なしに盗ん  泥棒がその盗ん  何を盗ん  笠を盗ん  砂糖を盗ん  狙いうちにして盗ん  宝刀を盗ん  宝物ばかりを、選りに選って盗ん  加担者となって、盗ん  数々を盗ん  宝物を、盗ん  荷物を盗ん  それが盗ん  金入を盗ん  皆な盗ん  他から盗ん  あれを盗ん  生人形を盗ん  金まで盗ん  一人の盗ん  屹度金を盗ん  万年筆を盗ん  方を盗ん  電線を盗ん  人が盗ん  ことを、その盗ん  ことを、盗ん  のですが、とうとう、盗ん  反物を盗ん  小瓶を盗ん  翌晩、盗ん  瓜を盗ん  話から盗ん  カバンを盗ん  名が盗ん  直接に得られないにしても、盗ん  見当がつかないが、よしんば盗ん  うち米を盗ん  汝等一体節穴を盗ん  国を盗ん  水飴を盗ん  発見を盗ん  誰か来て盗ん  人目を盗ん  竹内が盗ん  恋を盗ん  おれが盗ん  器械類を盗ん  馬を盗ん  荷を盗ん  金を沢山盗ん  一人が盗ん  宝石商から盗ん  本なんか盗ん  本さえ盗ん  晩に来てこっそり盗ん  聖典を盗ん  獣を盗ん  物をちょいちょい盗みます、盗ん  まらねえ、盗ん  明け方までにはきっと盗ん  首尾よく盗ん  昨夜いつごろ金を盗ん  ところへ行っては盗ん  それで盗ん  塵一本でも盗ん  ナニ、盗ん  七兵衛が盗ん  路用にせんと盗ん  揮発油じゃなくて盗ん  遊行上人のものを盗ん  からそれを盗ん  そいつが盗ん  賽銭を盗ん  火を盗ん  葡萄を盗ん  畑から葡萄を盗ん  さるが盗ん  場合、盗ん  握飯を盗ん  二分間を盗ん  小袖四五点を盗ん  手柄話と盗ん  しかし、盗ん  ものと知って盗ん  首を斬って盗ん  フィルムを盗ん  一節を盗ん  役人が盗ん  市さんが盗ん  外から盗賊が入って盗ん  手拭いを盗ん  首を盗ん  隣から盗ん  ヒトモジ葱は盗ん  彼女が盗ん  有喜子が盗ん  大根を、盗ん  酒を盗ん  ものを盗ん  すしを盗ん  おじいさんも盗ん  そうだよ、盗ん  おれは盗ん  貨物を盗ん  なんでもふいと盗ん  妾を盗ん  甲所で盗ん  油を盗ん  鯉を盗ん  萩二枝を盗ん  今夜にも盗ん  今夜、盗ん  目がさめましたら、きっと盗ん  知らない、盗ん  それじゃせっかく盗ん  野菜ものを盗ん  姫を盗ん  聖書を盗ん  あれは決して盗ん  彼奴が盗ん  屍体を盗ん  金は盗まず、盗ん  のだから、盗ん  ものほど、盗ん  余暇を盗ん  牛を盗ん  鳩を盗ん  脂肉を盗ん  今日までに盗ん  機微を盗ん  画を盗ん  品物を盗ん  禁断の実を盗ん  平珊瑚を盗ん  白金だと、こう思って盗ん  さんを盗ん  中から牛酪を盗ん  私は、決して盗ん  財布なんか盗ん  財布さえ盗ん  たしかに、盗ん  君が、盗ん  コノオレが盗ん  猫を盗ん  のを盗ん  これまでにも度々盗ん  何でも盗ん  熊の胆を盗ん  んですが、盗ん  娘三人を引き摺り込んで、盗ん  そいつらが盗ん  これまでに盗ん  蝋燭を盗ん  接吻を盗ん  自分で盗ん  馬まで盗ん  これを盗ん  代地で盗ん  妾宅で盗ん  彼は盗ん  体がすくんで動けなくなったので、盗ん  盤台から切身でも盗ん  饅頭を、盗ん  ために盗ん  西瓜も盗ん  句を盗ん  何でも、盗ん  薬を盗ん  金塊を盗ん  トランプを盗ん  特にルグナンシェが盗ん  物資を盗ん  それに盗ん  今日まで盗ん  材料を盗ん  もので、決して盗ん  若衆でもが欲しくて盗ん  千代紙が欲しくてたまらず、そっと盗ん  筆墨を盗ん  私は盗ん  土地から肥料を盗ん  おまえたちの盗ん  ここに盗ん  宝を盗ん  強か者が、盗ん  二三日すると、盗ん  一室で、盗ん  標札を盗ん  大名屋敷へばかり忍び込んで、盗ん  七十六軒、盗ん  写真版を盗ん  他所のものを盗ん  品物ばかりなのに、盗ん  薬液を盗ん  初めにも貴重品を盗ん  学校のを盗ん  通り、盗ん  間に盗ん  ハンケチを盗ん  富を盗ん  機密費を盗ん  眼をこっそり盗ん  米を盗ん  ことは苦しいと思いながらも、盗ん  三十許り盗ん  霊感を盗ん  手から盗ん  物とすれば盗ん  メシを盗ん  友から盗ん  人間の盗ん  人を見ると、つい盗ん  手文庫を盗ん  のだが、盗ん  炭を盗ん  先達からちょくちょく盗ん  唐黍を盗ん  中に見つけて、盗ん  着物もきておらず、盗ん  ユックリ足跡を消したり、盗ん  味よりも寧ろうまく盗ん  臓器まで盗ん  書物を盗ん  彼はこっそりと盗ん  数を盗ん  天上から火を盗ん  わしが盗ん  梵士后を盗ん  家宝を盗ん  奴を訪い、盗ん  年供を盗ん  拷問厳しくしたが、盗ん  腰に盗ん  妻を盗ん  着物やらを盗ん  指環はいったん盗ん  素顔を出して、盗ん  ものは決して盗まん、そして盗ん  青木邸で盗ん  現金を盗ん  俺は盗ん  壁布を盗ん  処から盗ん  白鵞鳥を盗ん  ことは盗ん  郵便物を盗ん  それを伐り出して盗ん  唐もろこしを盗ん  瓶に盗ん  ところで、盗ん  壜を盗ん  時間を盗ん  葱などの盗ん  まさか、盗ん  はじめは、盗ん  金貨を盗ん  缶を、盗ん  船のりがえぐり取って、盗ん  一部を盗ん  息子と思って盗ん  乳房からすぐに盗ん  時小刀を盗ん  鯡を盗ん  銅貨箱から盗ん  張府で盗ん  誰も盗ん  刺身を盗ん  肴を盗ん  テリヤを盗ん  問題を盗ん  家から刀を盗ん  貴方は盗ん  帽子を盗ん  絵の具を盗ん  櫛を盗ん  土を盗ん  死体を盗ん  働きを盗ん  野菜物を盗ん  帽子から靴まですっかり盗ん  姿を盗ん  蕎麦粉を盗ん  著物を盗ん  者にでも逢って、盗ん  掛図を盗ん  ライ麦を盗ん  彼が盗ん  何処ぞで盗ん  牝馬を盗ん  長靴を盗ん  剣も盗ん  剣を盗ん  わたしのを盗ん  泥棒が盗ん  甲冑を盗ん  巧みに盗ん  馬鹿者が盗ん  玉を盗ん  亭主を盗ん  博奕打ちは盗ん  亀の子を盗ん  作物を盗ん  天から火を盗ん  小児を盗ん  上から石印を盗ん  人間の子女を盗ん  草稿から盗ん  首飾を盗ん  隙を盗ん  官印を盗ん  紺婆が盗ん  手帳を盗ん  草を盗ん  法を盗ん  布十五反以上を盗ん  ことにし、盗ん  物を盗んでも、盗ん  塵ッ端一本でも盗ん  紙を盗ん  ひそかに盗ん  飼犬を盗ん  鯉坂君が盗ん  ッては悪いとか、盗ん  うなぎを盗ん  天上から盗ん  書附などがあったら盗ん  誰か先に盗ん  木を盗ん  美顔水を盗ん  ものを手当り次第盗ん  メクラは、盗ん  面を盗ん  面を盗んだだけなら、盗ん  土蔵から出入して、盗ん  猿田の面を盗ん  伝馬を盗ん  手が盗ん  カギを盗ん  ように盗ん  豚を盗ん  束を盗ん  一品を盗ん  ちのやつを盗ん  チマ子が盗ん  ライカを盗ん  留守中遊びに行って盗ん  必要以上に買ったり盗ん  あちらで盗ん  ほかに盗ん  ためしに盗ん  弥吉めが盗ん  から、盗ん  ものをかすめたり盗ん  男雛を盗ん  秘伝書を盗ん  仕方がありませんので、盗ん  んじゃねえ、頼まれたら頼まれた、盗んで彫ったなら盗ん  秘願はかけておっても、盗ん  名刀を盗ん  しかも、盗ん  子どもを盗ん  鼓賊が持っているとすると、盗ん  鼓を盗ん  小鼓をなぜ盗ん  人を殺して盗ん  手もとにも盗ん  小閑を盗ん  木の実を盗ん  悪者が、盗ん  ところを、盗ん  さいせんも盗ん  金品まで盗ん  丸薬を盗ん  懐中を盗ん  売上箱から小銭を盗ん  山羊だけを盗ん  服を盗ん  一物も盗ん  鎧を盗ん  楯無しを盗ん  あいつを盗ん  船は盗ん  足を盗ん  カフセルとを盗ん  心臓を盗ん  こと、盗ん  道傍には盗ん  何頭、盗ん  から一円紙幣を盗ん  粟も盗ん  お前さんが盗ん  のか、盗ん  武丸は盗ん  嫁を盗ん  霊物を盗ん  キスを盗ん  味噌汁を盗ん  パンを盗ん  木切れを盗ん  階下からウイスキーを盗ん  恋も盗ん  唯一に盗ん  西丸で盗ん  方針なのだから、敢えて、盗ん  レコードを盗ん  ほかで盗ん  家からあれを盗ん  鍵とも知らずして盗ん  首飾りを盗ん  鐘を盗ん  あいつが盗ん  カーテンを盗ん  カーテンなど盗ん  中から、盗ん  から種を盗ん  主人公が盗ん  認印を盗ん  置時計を盗ん  名画を盗ん  物ばかり盗ん  時計台を盗ん  何者かが忍び込んで盗ん  ブロズキーから盗ん  もっとも、どうせ盗ん  牝牛を盗ん  



前後の言葉をピックアップ
富ん  跳ん  飛ん    とん  頓阿  屯営  トンカチ  トンカチリ  トンカチン


動詞をランダムでピックアップ
こねくら当てはまろ赦しさいなむ走り回り捻じる取りかかり落ち着きこうむろふためく交さこだわり振る舞わ勇み立ちすすんそりかえり見積っ見倣しどうじたしなん
形容詞をランダムでピックアップ
やわらかきまばゆきまわりくどい小賢しく焦げくさいねがわしゅう理屈っぽ強き脆うつらくっしがなくひ弱ならびなくなごりおしく黄いろ激しかろ辛抱強い危なくっなまっちろく