「白洲」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

白洲[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
白洲となり  白洲にお呼び出しになり  白洲で調べをくう  白洲へは責道具を並べさせる  白洲ははればれしい  白洲を下がる  白洲にしては  白洲との間に昔はかなり明白な階級の区別がたった  白洲だという二様の意味にとれる  白洲の砂利を掴ませるばかりだ  白洲に突き出して  白洲の砂利を噛ませて  白洲に引き立てられて来た  白洲へ呼び出して  白洲の砂利の上に身を投げ伏して泣いた  白洲を退る  白洲に出た  白洲をおく  白洲へ廻されて行った  白洲でいおう  白洲で叩こうわい  白洲で猛ぶ  白洲の糺問を受けねばならんぞ  白洲へすえられていた  白洲の文観へただしく呼びかけた  白洲の御見に入れましょう  白洲にでも曳きだされて  白洲に出ても  白洲というは罪人を訊問する  白洲の筵の上へ坐らせられて  白洲で知れたからで  白洲へ呼び出されて  白洲へ出ても  白洲へ出た  白洲の砂利は踏みたくねえ  白洲へ出ては  白洲を見下ろして  白洲へたびたび呼出される  白洲にかかって  白洲に引き出された  白洲へ呼び出された  白洲を立てて驚いた  白洲に引きすえられていた  白洲へ坐る  白洲へお詫びに罷り出ると  白洲へならべ  白洲へひき出されたら  白洲へ曳かれてくる  白洲の訴訟を聴き  白洲となっても  白洲のある  白洲にのぞむ  白洲へ持ち出した  白洲で聞こう  白洲へ曳けい  白洲に出たくば  白洲でいかに追求した  白洲で糺問あるとも  白洲へ出たらいってやる  白洲はひらかれる  白洲へお臨み下さいましょうか  白洲へ曳け  白洲へのぞむ  白洲の用意ができると  白洲に出る  白洲の用意はすべて調いましたが  白洲にもまさる  白洲へもうやって来るとは  白洲にすえている  白洲に大きな影をのたくらせながら  白洲にかかっている  白洲の砂のうえに持ち出させまいと考えた  白洲から下がって来た  白洲で行われたが  白洲へ出る  白洲の大岡さまお裁きまでいってしまって  白洲へ呼出して  白洲へ出られない  白洲え差出  白洲に出ると  白洲に呼び出され  白洲で涙を流した  

~ 白洲[名詞]1
西町奉行所の白洲は  席と白洲との  関係者一同を白洲へ  菊は白洲の  罪人が引立てられて白洲を  拷問の白洲へ  六波羅の白洲で  庁の白洲で  六波羅検断所の白洲で  庁内三ヵ所にある白洲の  二番の白洲から  いずれは白洲にでも  頃の白洲というは  奉行所の白洲の  牢内から白洲へ  奉行所の白洲へ  町奉行所の白洲へ  町奉行が白洲を  南の白洲へ  中山出雲守の白洲へ  日頃の白洲にも  谷の白洲に  奉行所の白洲で  口にして白洲へ  あしたの白洲へ  頭では白洲へ  九郎右衛門は白洲で  

~ 白洲[名詞]2
忽ち白洲  いきなり白洲  初めて白洲  

複合名詞
大作め白洲  一つ白洲  三番白洲  危く白洲  安政四年十二月白洲  直接白洲  白洲木戸  ぎいとお白洲  白洲式  



前後の言葉をピックアップ
白白しい  しらじらしく  白々しく  白白しく  白々しくっ  しらす  白須  知らす  白須賀  白杉


動詞をランダムでピックアップ
居ろねかさ突き破り蹲るかねよくりかえすくえ踏み出そ干あがっ呼び掛けるかぶれるかき鳴らす頼みこま取れつくりあげ言いなそ詰め切っますうち続きぬっ
形容詞をランダムでピックアップ
冷たかっ小さしもろい悪がしこく久しかろ晴がましく低かっ水臭けだるく多けれ歯痒い照れくさいあおき危うし久しつよけれ下らなかっからかれあまずっぱいきたなくっ