「白ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 白ん[動詞]
空が白ん  鬢髪漸く白ん  朝もやが白ん  茫と白ん  光いつとなく白ん  花弁が白ん  東が白ん  のだと見えて、ようやく白ん  一筋しらしらと白ん  空は漸く白ん  夜はそろそろ白ん  夜が白ん  つて東はほんのりと白ん  外が少し白ん  上皮がいくらか白ん  いつか障子が白ん  あたりが白ん  硝子戸がぼーっと白ん  一つからも白ん  やうやく白ん  峰が白ん  ーっと白ん  だんだんに白ん  障子が白ん  東がようやく白ん  空がひいはり白ん  道が白ん  前で秘めやかに白ん  ほのかに白ん  夜は早く白ん  夜は白ん  障子がぽうっと白ん  靄が白ん  餘程障子も白ん  夜霧が立ち白ん  面もちで、もういくらか白ん  方が白ん  やうに白ん  障子が既に白ん  それに準じて白ん  東天が白ん  ほのぼのと白ん  面がほんのりと白ん  最初に白ん  通りの白ん  東がすこし白ん  隙が白ん  大気が白ん  空がだんだんと白ん  表がようやく白ん  空も白ん  地平線が白ん  空がほんのりと白ん  空は白ん  すゝきの穂が白ん  ーつと白ん  一人が白ん  下から、わずかに薄白ん  ササホイ白く白ん  



前後の言葉をピックアップ
白雪姫  シラリシラリ  白和  紫蘭  しらん  知らんかお  知らん顔  知らんぷり  知らん振り  シラー


動詞をランダムでピックアップ
抱き取為せ言渡さ踏みつぶさあたたまる侮れる滑れるいども追いすがっつながろ調い踏み締める慎まつかわし続けれはめ込んおもねろ歩こつけ入っひきつける
形容詞をランダムでピックアップ
腹黒く手ごわかっしらじらしく気遣わしゅう心地好こすき心許なしうるわしゅう気近しこちたいほの暗いおそかっおもたい腫れぼったく男らしけれ美味かっ血なまぐさく快く照れ臭かっ油っこく