「痛み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 痛み[動詞]
背中が痛み  こぶがしくしく痛み  拇指が痛み  心に痛み  関節が痛み  思の痛み  胃が痛み  却つて気が痛み  ように痛み  ために痛み  人々が痛み  腹が痛み  傷が痛み  底はしんしんと痛み  二つ三つ傷をうけたらしく、ひりひり痛み  太刀傷ズキズキと痛み  臓の痛み  俄に痛み  心は痛み  胸は痛み  恐縮とか痛み  體なり、痛み  ふくらはぎが痛み  真情に痛み  旅宿あたりから耳が痛み  時刻から痛み  傷は痛み  やうに痛み  へん頭が痛み  八年前から身代も痛み  今でもまだしんしんと痛み  胃が又痛み  関節の痛み  節の痛み  苦痛に対して鋭く痛み  頭脳がぴんぴん痛み  酒で少し痛み  手はまだ痛み  節々が重く痛み  急に痛み  頭が痛み  お腹も痛み  じんじんと痛み  無性に頭が痛み  目を突いてひどくお痛み  心が痛み  粘膜が痛み  他人を深く痛み  ところがきまって痛み  腰の痛み  腰部の痛み  節節はひどく痛み  胸に痛み  齲歯でも痛み  俄かに強く痛み  ここが痛み  ようで、ずきずき痛み  死を痛み  眼が痛み  眼が又もやずきんずきんと痛み  胸が痛み  ここ、痛み  前に痛み  手は痛み  眼玉がちかちか痛み  役割、どうでござんす、痛み  チクチクッと痛み  分から痛み  向う脛がヒリヒリ痛み  ゃろから枕もさぞ痛み  身体に痛み  激烈にうずき、痛み  激烈にうづき、痛み  こと、ヒリヒリと痛み  たんびにヒリヒリと痛み  きりと痛み  胸がキリキリと痛み  疵が痛み  ところ/″\が痛み  脊の痛み  足の痛み  今朝まで痛み  患部は激しく痛み  心がどんなに痛み  お前の痛み  交錯し合い、痛み  胸でも痛み  古傷ですから、痛むには痛み  夜あけ頃からいよいよ激しく痛み  非常に痛み  足はまた強く痛み  ズズーンという痛み  暁方から頭が痛み  あれはあまり痛み  傷がひどく痛み  節々が痛み  腹にわかに痛み  傷がずきんずきん痛み  足がたまらなく痛み  傷がひどくうずいて痛み  両側がぴんぴん痛み  なんでもちっとはお痛み  端ッコが痛み  乳が痛み  安心してみると痛み  心の痛み  淋巴腺が鈍く痛み  足が痛み  足はまだ痛み  片足が痛み  不意に痛み  些と痛み  頭がきりきり痛み  奴、痛み  首が痛み  腕がちくちく痛み  どこか痛み  つき頭がずきずき痛み  さの痛み  そこがずきずき痛み  奥歯が少し痛み  頭がズキズキ痛み  猿が怖れ、痛み  左が痛み  胃がこわばり痛み  踵が痛み  指がズキズキと痛み  夜陰に痛み  ただいまではもう痛み  手が痛み  螫しましても痛み  唯今では最う痛み  つた所だけは刺しましても痛み  我強く、同時に痛み  肝臓が痛み  顔面が痛み  激烈に痛み  健眼が痛み  夜なかから盲腸が痛み  骨が痛み  右眼が頻りに痛み  お腹が痛み  骨がメキメキと痛み  食物をあまり受付けず、ともすると軽く痛み  手足がちりちり痛み  筋が動いて痛み  彼等を痛み  一つ一つに痛み  体は痛み  喉がまた痛み  心を痛み  矢きずがはれて、ひどく痛み  照せり腹すこし痛み  足も痛み  膝頭から痛み  これを痛み  とつて痛み  風に痛み  脚がまたひどく痛み  ガンガンと痛み  身體全體の痛み  於いて実証しようと努め、互いに痛み  胸さきで暴れて、痛み  処女ごころは痛み  腹は痛み  から打身の痛み  月日に痛み  明りはむしろ痛み  皮膚が痛み  腹ぐあいが、とてもわるくて、はげしく痛み  山林の枯れ痛み  足は痛み  背の痛み  江戸錦四郎太夫を痛み  樣に痛み  様に痛み  親切は痛み  急に、ずきんずきんと痛み  お祝いを言われても痛み  処々靴ズレが出来たらしくヒリヒリと痛み  かすかに痛み  しんが多少痛み  トラホームが痛み  シクシクと痛み  腰が痛み  一つが、痛み  位脚からおなかにかけてつれて痛み  腰がめりめりいうほど痛み  産み月で痛み  悲み痛み  きのうから右腕が痛み  瘤は痛み  後頭部がチクチク痛み  指かが這入りまして、ビクビクと痛み  瘤が出来たのでせうね、痛み  來たのでせうね、痛み  胸がチクチク痛み  手の甲が痛み  ヅキヅキと痛み  

名詞

痛み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
痛みを受けない  痛みも受けないといふ  痛みを持ちまいとする  痛みを伴い  痛みに苦しむ  痛み烈しく立つ  痛みもとれた  痛みとして感じ  痛みが激しくならないで起居不能にならない  痛みはしないか  痛みに中心を失って  痛みをこらえて起きあがろうとしたが  痛みは骨をえぐられる  痛みが少しも輕くなると思へなかつた  痛みが少しも軽くなると思えなかった  痛みをおぼえる  痛みがあり  痛みを感ずる  痛みを局部的の手術で治療しようとして骨折っている  痛みからボロボロ涙をこぼし  痛みもしている  痛みはしなかったが  痛みをおぼえた  痛みを感じた  痛みとのあまり頭を廻して  痛みは燃える  痛みは場所を変える  痛みがあったが  痛みを加えるので  痛みを押えながらも  痛みに悶えてゐた  痛みがなくなっていたが  痛みもないのに額などに貼りつけ  痛みは身体中に拡大し  痛みの尾のいおうようない甘酸っぱいひりひりした  痛みをこらえて  痛みはするけれども  痛みを痛みとして堪えてゆくばかりである  痛みを受けねばならぬとは  痛みを刺激する  痛みを起こす  痛みに苦しんでおれば  痛みなしに手術を受ける  痛みも忘れ  痛みをおぼえて  痛みに襲われ  痛みを感じながら  痛みが襲つてくる  痛みはちつとも止まり  痛みがうすらいでくる  痛みをおぼえたが  痛みをみせまい  痛みを訴える  痛みに堪え  痛みが何でございましょう  痛みもなく念仏をし続けていたが  痛みがある  痛みがこもっていた  痛みを価したという  痛みが早く取れる  痛みに驚いたが  痛みはどないやとも訊いてくれない  痛みが来て  痛みを忘れて  痛みが感ぜられ  痛みが消えていなかったので  痛みが来た  痛みが堪へられなくな  痛みを以つてだく  痛みが烈しい時は新聞を睨んで居るけれど  痛みを感じる  痛みがなおりますか  痛みは鎮まりました  痛みを受ける  痛みを放つ  痛みは直ぐにはげしくなる  痛みが続く  痛みが増す  痛みと共に手が腫れる  痛みが増して来て  痛みはそれから来る  痛みを感じもする  痛みを与へる  痛みをもって  痛みはすぐに去りました  痛みを忘れてしまった  痛みにおののきながら  痛みを刻み込まれて  痛みを覚え出した  痛みをこらえつつ  痛みを覚え  痛みを止める  痛みをうけた  痛みもあって  痛みも忘れて跳び起きた  痛みも吹ッとび  痛みが烈しくなったからである  痛みが次第に消えて行く  痛みも止った  痛み易い少年期に於いて  痛みと同時に焚くが如き  痛みを味わったのよ  痛みをこらえていると  痛みが除れて  痛みを訴えた  痛みがとまった  痛みを訴えます  痛みが頭の先端から始まって  痛みを観察しつつ  痛みを伴った  痛みと血をまた夢にかよわせましょう  痛みが残つてゐた  痛みにも注意深く考へる  痛みを覚えて  痛みを感じたが  痛みはまだやまず  痛みが留る  痛みになる  痛みをとめてやるから  痛みも忘れておる  痛みを覚えないと申しまする  痛みがすこしずつ取れてゆく  痛みを治して呉れ  痛みがよせて来る  痛みの間がだんだん短くなって  痛みを覚えるほどの  痛みは古く思出の淡いことを恐れた  痛みを怺へる  痛みを早く治せ  痛みがとまると  痛みが又例に無い劇し  痛みの劇しい  痛みも感じないのにねえ  痛みには十分同情できた  痛みが堪えがたくなると  痛みは気にしていたし  痛みも今ほど跳びあがるほどでは  痛みさえ加わって来た  痛みがだんだん募って来るばかりで  痛みを感ずるらしく  痛みに堪へなかつた  痛みのために飛上らずにはゐられなかつた  痛みを覺える  痛みや苦しみから遁れて  痛みはせぬか  痛みをかんじ  痛みを憐れみ  痛みはあまり感じなかった  痛みのなかにふるへてゐた  痛みは今朝からあった  痛みのうちにこの赤ん坊が生れたとしたならば  痛みも少し薄らいだ  痛みをかんじました  痛みをせつなくおもいました  痛みが脳天に突きぬける  痛みに顔をしかめました  痛みに赤い顔をしかめました  痛みをもじっと怺えました  痛みがこめかみの上まで這ふ  痛みへ彼女の祈りの呟きが  痛みは我慢できますが  痛みのどこかに残っている  痛みが心にこたえた  痛みを負いながらも  痛みが去って  痛みが去ると  痛みに身を任せて  痛みを与えた  痛みをおさえながら  痛みを感じて  痛みはあまりいい  痛みを感じたので  痛みを感ずるというので  痛みが俄かに疼き出して  痛みを感ずるばかりである  痛みを感じたから  痛みを隠して  痛みを訴へる  痛みはしませんか  痛みが増した  痛みも刻まれていない  痛みはしないの  痛みはとれましたよ  痛みはケロリとなおりました  痛みがとれました  痛みが少しづつ薄らいで行く  痛みが増すとか  痛みを歌に歌つてゐる  痛みも何も忘れてしまって  痛みをこらえるらしい  痛みを覚えた  痛みのためにもがき苦しむ  痛みはたいていなくなったと  痛みのために無意識に顔をしかめながら  痛みを下腹部に感じていた  痛みから遠ざかる  痛みが激しくなる  痛みを鋭く深く良心の一隅に感ぜずにはいられなかった  痛みを覚える  痛みを感じました  痛みを我慢しながら  痛みに喘ぎながら  痛みのために全く忘れておりましたし  痛みもとれ  痛みをかんじる  痛みをこらえようとおもいました  痛みがなくなって  痛みなどはまるでかんじないくらいでした  痛みが残っていた  痛みに泣いていた  痛みも痛いながらに固まり  痛みでも怺える  痛みも打忘れて  痛みを感じながらも  痛みが月経と関係がある  痛みを吐き気のように感じた  痛みを覚えながら  痛みを増して  痛みを憤怒と共にぐっと押えつけながら  痛みも忘れて  痛みで突然目をさます  痛みが止まってしまって  痛みが来ると  痛みが形になって現われた  痛みが退くと  痛みさえなおしてくれれば殺されても  痛みからのがれる  痛みが一時に押し寄せて来た  痛みさえが時々は遠い事のように感じられ出した  痛みがとれるので  痛みに堪えかねて  痛みをかんじた  痛みは益劇しくなった  痛みなんか直ぐに治りますよ  痛みは少しも減じた  痛みを肩に覚えて  痛みが何うもわからない  痛みだけでも何うかしたいと  痛みと苦しみとを感ずる  痛みとを感じた  痛みは途中から薄らいで来たが  痛みに早く治療をしてくれと頼むと  痛みに坐りこんだ  痛みを覺えて小さな傷が出  痛みと手さきの冷たさとは全身の調子をひどく不愉快にした  痛みを持って行くよりも  痛みは感じなかった  痛みに包まれていた  痛みはとまる  痛みを与える  痛みがどうしてもとまりません  痛みはけろりとなおりました  痛みを忘れました  痛みと共に急に見えなくなって  痛みは起りませんでした  痛みは去りましたが  痛みが恋しくて恋しくてならぬ  痛みを御経験になった  痛みが恋しくなった  痛みを覚えなくなった  痛みを味って来ましたが  痛みを味うことが出来ましたよ  痛みや汗のなかそれらのうづまく黒雲や紺青の地平線がまたまのあたり近づけば  痛みも忘れた  痛みが本当に去らない  痛みを感じだした  痛みを感じるほどだ  痛みを思い出した  痛みはまたづき  痛みを打たせた  痛みが頻繁に来るらしく  痛みを忍び泣きぬ  痛みがやっと鎮まる  痛みになり  痛みを感ぜぬでも  痛みのなかから生まれて来る  痛みを残して通り過ぎた  痛みをズブリと感じた  痛みを加え  痛みと悪寒に似た  痛みが少し薄らいだ  痛みがつよくなると  痛みとも思われなかった  痛みも鎮まった  痛みは癒っている  痛みに堪えかねた  痛みに似た  痛みとしか考へなかつた  痛みはとまるぞ  痛みはとまったろう  痛みはけろりとなおっていたではないか  痛みが少しは退いた  痛みで呻きつ  痛みを感ぜぬ  痛みを感じ出した  痛みの薄らいだ  痛みがはげしいので呻き苦しんだ  痛みは一層劇しくなった  痛みもおぼえないばかりでなく  痛みをお忘れになりませんの  痛みと悩みとをその心臓に感じながら  痛みに悩んでいる  痛みに眠られず  痛みが併発して  痛みが彼の文章の中に感じられなかった  痛みを打ち忘れて  痛みを怺えねばならぬくらいに  痛みを感じようとする  痛みが何時のまにか薄らぎ  痛みが思い出されていた  痛みを感じさせた  痛みが胸をつき上げてくる  痛みをとめた  痛みが退いたから  痛みに顔を歪めていたが  痛み少き時は繃帯取  痛みは大分退いたぞ  痛みが起りまして  痛みなどいつか癒りて秋の風吹く売り売りて  痛みと共に湧いて出る  痛みを堪忍して  痛みに苦しみました  痛みを感ぜざるに至れり  痛みというものは身動きもならぬ  痛みを癒して  痛みさえ忘れる  痛みが感じられねばならない  痛みも感じなかったが  痛みだったのが土民がとおると  痛みを忘れた  痛みなしに歯を抜く  痛みも全く去ったからである  痛みが去った  痛みとはつきり意識する  痛みとして感じる  痛みをしばらくでも鎮めるより  痛みを我慢しながら駈けてゆく  痛みを覚えますが  痛みとを感じ  痛みをおぼえてか  痛みがわからなくなりました  痛みを発する  痛みであろうかとも思われる  痛みを忍びながら寝た  痛みは彼女の意慾を更に鞭打った  痛みを覚える如く  痛みでも感じたかの  痛みやさびしく口をつぐむ  痛みをしていた  痛みを想像した  痛みを單純な膓加答兒ぐらゐに思ひ過して  痛みともなるまい  痛みを意識した  痛みを感じない  痛みを直ぐに覆ひ包んでしまつた  痛みを心に感じない  痛みを覚えるだらうと思ひ  痛みがあるだらうと  痛みはしませんが  痛みとかいうものに誘われて  痛みのために身体が曲がるほどだった  痛みが涌き  痛みは増して来るばかしだつたので  痛みを忘れさせた  痛みが始まったから  痛みを覚えると  痛みにすくむ  痛みをなかば共有した  痛みを感じても  痛みは余ほど薄らいだとの  痛みは翌日幸いに薄らいだが  痛みはだんだんに薄らいで  痛みを激しく感じ出した  痛みはなかなか去らないので  痛みが何時までも癒らなければいいとさへ  痛みが何時までも癒らなければいいとさえ思っていた  痛みというか  痛みに外ならなかった  痛みが出て来た  痛みに負けて泣かねども  痛みでもありませんでした  痛みを感じさせる  痛みはなさいませんか  痛みに触る  痛みを撫でる  痛みだけを留めておきましょう  痛みを毎日毎晩の喧嘩で癒していた  痛みを鎮めるか  痛みの方も激しうげしたが  痛みも忘れ壊れた  痛みを感じ初めた  痛みが割れんばかりに高まって来たので  痛みを増した  痛みはいくらか落着いてくる  痛みが消えてしまう  痛みもとれて  痛みもあるという  痛みも薄らいでいますから  痛みに堪えられなかった  痛みは瞬間に止んだ  痛みに食い入るから  痛みに悩まされ  痛みがずきずきと襲って来るにつけても  痛みをこらへながら楢夫を肩にかけました  痛みなどは忘れた  痛みも増してきていた  痛みをとめてもらったものの  痛みがゆるめられて来ると  痛みで唸っている  痛みで唸っていた  痛みをこらへてゐる  痛みの至る  痛みの去らない  痛みからたえず苦しめられた  痛みも薄らいだ  痛みが劇しい  痛みさえなくなれば  痛みを感じ  痛みと全身の痺れ工合が到底説明する  痛みに膨らませて  痛みの為にその顔を蹙めた時は此の婆に幾等か似て居る  痛みの為めに直ぐくづをれるようにべたりと落ちる  痛みを忘れ  痛みはだいぶ除れたらしい  痛みが薄らいで  痛みだと感違いしたりする  痛みのように錯覚された  痛みのように感ずる  痛みが非道いので  痛みは士官次室を失敬した  痛みを物語りました  痛みは消えず  痛みに閉口している  痛みを咽喉のまわりに感じると  痛みは感じまい  痛みを与えてやるだけの  痛みで頓死した  痛みはしない  痛みを脇腹に感じる  痛みに止まらなかった  痛みによって二人は二人の底意を読んだ  痛みが次第に募って  痛みはまたその人を駆  痛みをし  痛みも少しはがまんができました  痛みがぬけてゐる  痛みをとつてこれだけにしてくれた  痛みはひどくなつて来ました  痛みを残している  痛みがつのって来る  痛みが加わるので  痛みが減じて居る  痛みが激しくて少しも止まらぬ  痛みが起こってきて  痛みのある  痛みが消えた  痛みもしなかつたので  痛みが消え去  痛みの時々起こる  痛みが止まる  痛みの柔ぎを告げて  痛みが起った  痛みを相手にたたかった  痛みは取れた  痛みも取れて  痛みに苦しめられつづけて来た  痛みが手術前の痛みに数倍して  痛みを我慢している  痛みを感じなくなる  痛みが僕の中に再び起る  痛みも感ぜずに  痛みに気がついた  痛みもとれたし  痛みがとれてからは  痛みなどの去  痛みには堪へられなかつた  痛みも殆ど去り  痛みはもうすつかり無くな  痛みは生れて  痛みはどうやら鎮まつたが  痛みも去つ  痛みは寝ると  痛みが少し鎮まると  痛みの去った  痛みを移して埋めたであろう  痛みが知覚されてくる  痛みを覚えてきた  痛みが深くきざまれており  痛みを治し  痛みはせぬかと  痛みの場處の愈ると共に其うらめしさも何時しか忘れて  痛みはいよいよ烈しくなる  痛みを治するに  痛みを訴えたくなりました  痛みが分ってくる  痛みは激しくなる  痛みがとまると思ったが  痛みをとめてもらうと  痛みは一応おさまった  痛みもするわいな  痛みを覺えた  痛みを忍んで  痛みとは全く違う  痛みをジッとこらえている  痛みが昨夜よりひどくなった  痛みを感じるよりも  痛みなしにはあり得ないと思う  痛みもつかれも  痛みを持っている  痛みを感じ出して  痛みの去る  痛みをしつかりと  痛みをつく  痛みがあったりする  痛みを感ずるとともに  痛みを増したるばかりにて  痛みと歓喜との入り交った  痛みは消えてしまいました  痛みをもつ  痛みが癒える  痛みがなかなかひかず  痛みをさへ感じさせる  痛みを止めたり  痛みなどというものも肉体が不健康状態に陥った  痛みは大して彼に気を揉ませはしなかった  痛みに悩まされていた  痛みが上の方に上って来る  痛みがなくなつて気が遠くなつてひたと附ついて居る  痛みを覚えたが  痛みも烈しく募った  痛みも失せしかど  痛みがたえられ  痛みを感じないかネ  痛みを覚えたばかりだった  痛みに襲われた  痛みはすぐとめてあげますよ  痛みはとまつたでせう  痛みをば覚ゆれど  痛みは全然なくなった  痛みに腹の中や胸の中まで襲われちゃ  痛みよりも名状の出来ぬ  痛みが閃いた  痛みになったとは  痛みを癒す  痛みに富んだ冷めたさの  痛みも心に覚える  痛みに比べたなら  痛みを感じつづけてゐる  痛みをとるに  痛みは私に或る甘さを味わせる  痛みは治らなかつた  痛みを気にしながら  痛みを訴へ出した  痛みには頓着せず  痛みのために何の甲斐がある  痛みを感じつつ  痛みを忍耐した  痛みをいたわる  痛みを覚えつつゆるんでゆく  痛みがあって  痛みを覚えると言い出した  痛みもすッかり  痛みを感じたからである  痛みに堪えかね  痛みの去  痛みがとまらない  痛みがとまらなきゃ  痛みをも苦みをも感ぜぬ  痛みが来る  痛みの無くなった  痛みで誰でも夜眠らずさわぐ  痛みがとまったという  痛みに過ぎなかった  痛みに追われる  痛みを以てしてはいけない  痛みに対して感じが薄いとまで言われていた  痛みも覚えぬのに  痛みも甚しかったが  痛みを感じたと云いました  痛みをその部分以外にも覚えると云う  痛みの方を見つめていた  痛みはけろりとなおっていた  痛みも取れるであろうから  痛みが取れた  痛みで自然と眼が覚めて  痛み多き小世界にじっと仰  痛みを感ずるので  痛みも気にならない  痛みにえも鳴かぬ  痛みをちらす  痛みが消えました  痛みが数日前に始めてあった  痛みが博士の全長を包んだ  痛みが博士を苦しめているらしい  痛みを感じたとしても  痛みをおぼえさせる  痛みさえ忘れてしまって  痛みが始まりました  痛みのためにうんうんうなっていました  痛みをしずめる  痛みが少なくなった  痛みとを訴える  痛みが突きつめれば突きつめるほど  痛みはいくらか減じたが  痛みを覚えなかった  痛みを感じなくなってからも  痛みはとれた  痛みをさえ覚えるほどの  痛みを耐え忍んでいるかの  痛みも忘れられ  痛みに気をひかれる  痛みが歯の間に生れる  痛みになりますか  痛みでもする  痛みから隠れている  痛みを覚えるくらいである  痛みと怨みと怖気を含んだ  痛みにも気がついた  痛みを感ずるというくらいだった  痛みにならない  痛みもないのになんとした  痛みはとれてゐた  痛みとに苦しめられて  痛みが偶然発見をもたらした  痛みを感じるには  痛みのなかではあるが  痛みに堪へ  痛みにしみじみと明き其夜を泣いてゆく  痛みをかろ  痛みを與へまた痛みに窓を與ふ  痛みとするは  痛みを感ぜざる  痛みの歎きとなりて  痛みがますます劇しくなって  痛みによりて  痛みの爲にふさがる  痛みに堪へかねて倒れき  痛みがおこって来た  痛みの起こった  痛みをこらえて立ちあがった  痛みは愈甚だしくなる  痛みも去るまじ  痛みはなくなる  痛みのようなものを心に感じて  痛みは珪次から離れて  痛みになりますので  痛みが感じられた  痛みも忘れよう  痛みに堪へかねて  痛みを怺へて問ふ  痛みと寒さとで今にも死ぬ  痛みをおぼえ  痛みは一歩ごとにこたえる  痛みをしばらく追いやった  痛みを耐え  痛みかな遠く海の色透きて見ゆる  痛みを覚えたので  痛みを怺えている  痛みが響いた  痛みがあるらしいけれど  痛みはとれる  痛みは退かなかった  痛みが針か錐で突く  痛みが癒った  痛みを感じながら起き上った  痛みと重ね合わせて  痛みを増大させる  痛みを与え  痛みが在った  

~ 痛み[名詞]1
傷や痛みを  傷も痛みも  前の痛み  疵の痛みには  疵の痛み  ような痛み  上に痛みとして  どこも痛みは  火傷の痛みでは  火傷の痛みに  足の痛みは  足の痛みが  心の痛みが  やうな痛みを  矛盾の痛みを  急所の痛みが  肝臓の痛みから  疲れもし痛みも  からだは痛みは  怒りと痛みとの  下半身の痛みは  身体全体に痛みが  ような痛みを  片手で痛みを  身体の痛みに  瘡の痛みが  白金色の痛みは  採血試験などに痛みを  痛みを痛みとして  胸の痛みを  腹の痛みに  上つてゐる痛みを  腰の痛みを  子が痛みに  一時の痛みが  歯の痛みが  ような痛みに  手の痛みはど  急激な痛みが  心に痛みを  一度に痛みを  ような痛みが  ときの痛みが  痔の痛みが  あたりに痛みを  空中で痛みが  程の痛みを  人知れぬ痛みを  お腹の痛みが  毒が痛みを  危険な痛みでは  さと痛みに  女心の痛みを  骨身に痛みを  びの痛みを  かゆみや痛みを  非常なる痛みを  火のでる痛みを  ミゾオチを打たれた痛みも  波川は痛みも  ミゾオチの痛みも  耳の痛みが  身内を疼く痛みと  手の痛みを  両手の痛みを  骨髄の痛みを  彼等の痛みを  二つに引き裂かれる痛みを  一寸した痛みにも  かなりの痛みを  指先の痛みは  蝕歯の痛みが  心臓の痛みを  そうな痛みが  んとして痛み  自分の痛みは  記代子は痛みが  産後の痛みが  産後の痛みの  別に痛みも  胸部に痛みを  肛門の痛みは  今まで忘れていた痛みさえ  ひりひりした痛みを  痔の痛みと  歯の痛みの  心の痛みに  一時の痛みや  光線にさえ痛みを  どこぞ痛みは  肉身の痛みを  子供の痛みを  胸の痛み  かすかな痛みは  我慢すべき痛み  身体の痛みと  からだの痛みも  さかれる痛みを  非常な痛みを  脚の痛みは  汚れや痛みなどの  曾は痛みを  腹の痛みは  腕節の痛みを  腰の痛みは  そうで痛みを  傷の痛みが  疲労して痛みを  涙が滾れおちるほどの痛みを  齲齒の痛みに  ちいッと痛みを  何か痛みを  何処か痛みは  あなた頭がほてって痛みは  胃の痛みが  矢の痛みは  経を聞いていると痛みが  冬になって来てから痛みが  現実の痛みと  魂の痛みを  さし込む痛みを  筋を絶つほどの痛みを  不具になったらしいが痛みは  間歇的に起こる痛みの  不快な痛みから  腹部に痛みを  足の痛みを  傷の痛みの  からだの痛みなどは  指の痛みぐらい  肩の痛みも  斷れるほどの痛みを  腰骨の痛みも  どこかに痛みを  心の痛みを  腹部の痛みが  所にさし込んで来る痛みを  腹部は痛みを  憤怒に伴ってさしこんで来る痛みを  腹部の痛みも  腹部の痛みで  急に痛みが  自分の痛みが  下腹部の痛みが  ような痛みさえが  肝臓の痛みが  彼女の痛みは  内部の痛みも  自分に痛みと  愛と痛みとを  殆ど肉体的な痛みの  傷の痛みに  局部の痛みと  歯の痛みを  節々の痛みを  体に痛みを  血はとまっても痛みが  二筒で始めて痛みを  眼が痛みと共に  眼に痛みは  翌日から痛みは  裏を捜しあてて痛みを  皮膚は痛みが  時の痛みは  眼には痛みは  存分の痛みを  病の痛みや  汗も痛みも  春になっても痛みが  急に痛みを  今から痛みを  傷の痛みを  痕の痛みは  底の痛みを  小刻みな痛みが  懸想の痛みを  輕い痛みを  喜びが痛みの  口にもつくせぬ痛みの  頭は痛みを  腕の痛みも  リュウマチの痛みが  尻骨の痛みが  頭の痛みも  神経痛の痛みは  そこから痛みに  ための痛みとしか  いまに痛みは  おまえの痛みは  ふしぎにも痛みは  うちに痛みが  腹の痛みで  錐を以て穿たねば痛みを  曾呂利が痛みを  古傷に痛みを  痔の痛みを  ことの出来ない痛み  いつか胃の痛みを  胃の痛みの  腫物の痛みは  治療の痛みも  ような痛みと  肢体の痛みに  胸の痛みが  胸をさす痛みの  からだの痛みを  面をしかめて痛みを  胸の痛みの  体じゅうの痛みが  今も痛みが  息が止まるかと思うほどの痛みを  息が止まるかと思ふほどの痛みを  臀部殊に痛み  頃の如く痛み  背に痛みを  下腹の痛みが  膝の痛みなど  指の痛みを  指の痛み  ところに痛みは  頃の痛みという  頭の痛みを  頭の痛みさえ  苦痛も痛みも  次には痛み  歯の痛みも  體の痛みと  張力を痛みとして  所々に痛みが  傷と痛みとを  ふしぶしの痛みも  三分の間非常な痛みを  神経に与える痛み  疵痕に痛みを  ような痛みでも  激烈な痛みを  銀や痛みや  凝縮の痛みを  腹部の痛みを  心の痛みとも  足先の痛みを  密かな痛みを  肉体の痛みを  肉体の痛みが  心の痛みとかいう  彼は痛みの  非常な痛みが  安楽で痛みを  陣痛様の痛みが  つてゐて痛みも  彼女が受けとめている痛みを  一時の痛みを  藤の痛みは  全身の痛みを  傷の痛みも  頭の痛みが  喉の痛みが  さというか痛みと  癌腫の痛みに  腰の痛みが  神経の痛みに  傷に痛みを  胸の痛みに  真実胸の痛みを  ところへ持って来ての痛み  横腹の痛みを  脚の痛みも  ように痛みを  まま妻の痛みは  舌の痛みが  舌の痛みも  友情の痛みも  時に痛みも  劇しい痛みに  助の痛みは  刺込む痛みを  内臓の痛みに  関節の痛みが  喰ひしばって痛みを  足の痛みなどは  掌の痛みも  胸の痛みと  手首の痛みが  創の痛みで  虫歯の痛みを  腫れもひいて痛みも  事も有りませんが痛みが  割合に痛みが  創口の痛みと  筋をも痛みに  創所の痛みの  悲みを忘れ痛みを  胃の痛みは  節の痛み  処の痛みの  義足の痛みの  後の痛みが  戀の痛みを  部分に痛みを  足の痛みに  腰の痛みも  齒の痛みが  胸の痛みで  打撃や痛みに  身に滲み渡る痛みによって  床ずれの痛みも  リョーマチだという痛みが  疵の痛みは  左足の痛みを  足の痛みも  左足から痛みが  胸に痛みを  痲痺剤を飲んで痛みが  からだの痛みが  腫物の痛みが  きりとした痛みを  足の痛みの  苦しみと痛みを  むし歯の痛みに  あとの痛みが  #前の痛みに  ひとりで痛みを  ことのある痛みが  耳の痛みに  患部の痛みなどの  傷口の痛みには  患部の痛みも  宛出て居たが痛みは  歯の痛みは  腿の痛みに  一九一八年の痛みが  耳の痛みを  奥方の痛みは  これほどの痛みじゃ  天秤肩にして痛みは  心の痛みから  眼の痛み  注射で痛みを  心は痛み  身体の痛みも  眼の痛みを  憂患の痛みを  体の痛みを  腰骨の痛みが  熱だの痛みなどという  腰に痛みを  腰の痛みに  疵の痛みが  鳩尾を圧しつけられる痛みを  ジジーンと痛みを  のを治して下さい痛みは  んだらうなあ痛みは  幾分の痛みをば  保吉は痛みよりも  新たな痛みを  名状すべからざる痛みが  なんの痛み  身体の痛みを  やうな痛みに  なんの痛みも  僕等は痛みを  これは痛みを  時傷の痛みは  悲しみも痛みも  腹の痛みを  足の痛みには  心にある痛みの  クウフリンという痛みの  致命の痛みを  倦怠と痛みを  かすかな痛みが  左眼に痛みを  尋常の痛みでは  胸の痛みも  視線の痛みに  熱と痛みの  始めは痛みも  あとはたれか痛みの  病友に痛みの  傷の痛みで  無効なる痛みに  罪と痛みに  懲罰ならば痛みを以て  傷や痛みに対して  足に痛みを  身に痛みも  甲まで痛みを  美留藻は痛みが  胃の痛みで  骨の痛みの  安らかながら痛み  皮膚の痛みに  数分たちまして痛みが  異様な痛みが  足の痛みさえ  リューマチの痛みが  夜なかには痛みの  心の痛みとを  耳朶の痛みは  心にうけた痛みが  一緒に痛みが  歯が痛みでも  チューブは痛みと  手首の痛みにも  ほのかに痛みを  様な痛みを  さと痛みとに  肉に喰い込んでいた痛みが  額に痛みを  事によって痛みを  彼らが痛みを  両手の痛みに  腰の痛みの  苦しみと痛みとを  これに痛みを  かくの如く痛みは  ことを痛みと  本心に痛みを  翌朝になってから痛みが  刺の痛みに  丈疲れて来たから痛みが  ニーロにも痛みを  部の痛みは  疵口の合いもすまいし痛みも  からだが締まれば痛みは  肉の痛みの  剥離作用に伴う痛みでは  コロコロとした痛みを  腹の痛みも  前夜腹の痛みに  智惠子は痛みを  智恵子は痛みを  咽喉の痛みを  身体全体に痛みを  一歩毎に痛みを  傷の痛みは  関心が痛みを  女心の痛みかな  負傷に痛みを  腰に痛みが  非常に痛みが  病氣の痛みは  腹の痛みが  タマラナイ頭の痛みを  頭の痛みと  共鳴させて痛みを  身に痛みを  

~ 痛み[名詞]2
激しい痛み  苦い痛み  そろそろ痛み  するどい痛み  軽い痛み  その痛み  いつしか痛み  はげしい痛み  ひどい痛み  もはや痛み  重い痛み  おそろしい痛み  鈍い痛み  鋭い痛み  どうやら痛み  すっぱり痛み  もし痛み  この痛み  新しい痛み  遠い痛み  烈しい痛み  苦しい痛み  まだ痛み  ほとんど痛み  まあ痛み  だんだん痛み  難い痛み  強い痛み  早く痛み  もう痛み  どんな痛み  ことさら痛み  ひどく痛み  少し痛み  こういう痛み  あの痛み  少しく痛み  よい痛み  恋しい痛み  大きな痛み  力強い痛み  いかにも痛み  重苦しい痛み  いよいよ痛み  酷い痛み  たちまち痛み  甘い痛み  其の痛み  さしたる痛み  終始痛み  それほど痛み  たいした痛み  なく痛み  漸く痛み  すぐ痛み  或痛み  たえがたい痛み  さうな痛み  とうとう痛み  大抵痛み  あまり痛み  あかるい痛み  がたき痛み  大した痛み  大して痛み  いくらか痛み  そんな痛み  かろうじて痛み  堪えがたい痛み  恐ろしい痛み  こんな痛み  

複合名詞
痛み苦み  腹痛み  骨みずから痛み  すべて痛み  此痛み  頭痛腰痛み等  うち痛み息  所々痛み  一時痛み  歯痛み  頭痛み  痛み入り  痛み眼路  みずから痛み  痛み所  外痛み所  痛みかた  痛み入谷  痛みなんど  痛み甚  其痛み  痛みどころ  朝痛み  痛み身  かお痛み  痛み吟味  頭痛み雲掩  痛み責め  痛みどこ  まま痛み  虫歯一本痛み  痛み加減  痛みはさ  痛み位  痛み骨髄  毒痛み  格別痛み  しき痛み  痛み股  眞痛み  



前後の言葉をピックアップ
イタママデ  悼み  傷み  痛み  悼み  いたみ  伊丹  傷み  痛み入  痛み入っ


動詞をランダムでピックアップ
きめよ付きまとっすみわたるつまみ出す考え直さえいじ堪えろふちどらおぼえこもかきちらす混ぜ返すすくめ映ずる仰せ涸れる勝ち抜かおもうらがれかき出さ
形容詞をランダムでピックアップ
ものういいそがし奥深い焦げくさい華華し黄いろくならびなくこっぴどく憎にくしきなくさく口惜しかろほこらしあらけれいじらし易しいなみだぐましき畏くけうと緩い