「異な」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 異な[動詞]
女とは異な  古人とは異な  祝ひ過ぎるも異な  昔より異な  のとはずつと異な  先きにも言ったごとく、まったく異な  彼等は異な  のは、実に異な  けさに異な  饂飩屋も異な  のは甚だ異な  時とは異な  人間とは異な  私には異な  これは異な  他の全く異な  三とは異な  大に異な  それは異な  のは、随分異な  のも異な  ことは、少し異な  意味とは異な  尋ぬるも異な  素姓も告げぬ異な  時番頭に異な  内輪に異な  名古屋見物も異な  餘程外貌とは異な  性質とが各々異な  等値的射影をもつではあろうけれども、まったく異な  方向において、おのおの異な  相互に異な  意義と相異な  起電力について、相異な  電気作用は起らず、されど相異な  隱居さま仲人といふも異な  於て異な  配列は異な  のは異な  彼には異な  革提下げたるが、出這入りするも異な  譬喩に引くも異な  其処にはまた異な  今、全く異な  現在とは異な  中心より生き働くとは異な  所有に委ねるを拒むとは異な  場合と異な  表現とは異な  囘想とは異な  場合とは異な  ものと異な  有即ち異な  單に異な  思想とは異な  これと異な  觀念的存在者とは異な  他者に過ぎぬとは異な  方が異な  それはまた異な  自己と異な  從來と異な  從來に異な  大とは其のおもむきが異な  必らず異な  日々夜々に異な  氣とは異な  妻は異な  世にためし無き異な  大御神に奉侍せしと毫も異な  化りて異な  後は云わず異な  物総べて異な  ものより異な  



前後の言葉をピックアップ
アモモ  アモラール  アモレツト      あや      あや  


動詞をランダムでピックアップ
立のくほせよ見せつけるとりのぞい借り切っ埋まら逝こ荒らげつらなんつねん復しはめよかさなりあえ逆らえ折畳む想える熟み結べ読上げる天下っ
形容詞をランダムでピックアップ
すき誇らしいたましいやむをえなけれ可笑しゅう弱き熱き悪しけれあぶなかっ雄々しきうるさくっ清き床しからほろにがくこうごうしくあやしけれひだるいさむし木ぐらい