「畏」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 畏[形容詞]
たのしき畏  実際畏  レ畏  皆畏  從二畏  何畏  唯畏  怖畏  より畏  敬畏  同時に畏  スルコトヲ畏  ほんとに畏  命畏  はい畏  又畏  はたらき畏  エ畏  心中畏  矢畏  平たく畏  道人畏  つて畏  威畏  施無畏  毫も畏  ゾ畏  一畏  ー畏  から畏  ずらりと畏  めぐり畏  イプセン畏  後生畏  ハイハイ畏  後世畏  実に畏  まま畏  四角く畏  いとも畏  カワウソ畏  だき畏  うに畏  世に畏  うえ畏  毛畏  状畏  驚愕畏  以無畏  所畏  恐怖畏  驚畏  最も畏  ハ畏  こと畏  令畏  御坂畏  者畏  

~ 畏[形容詞]
綾に畏  前に畏  割膝で畏  言の畏  死を畏  皆死を畏  天下眞に畏  体に畏  樂しみ放逸を畏  者刀杖を畏  愛より畏  處にか畏  親愛より畏  愛樂より畏  愛欲より畏  からざるに畏  背後に畏  ところに畏  縁端に畏  エホバを畏  侍郎が畏  各国之を畏  人間の畏  勅を畏  詔を畏  革命は畏  これを畏  村人は畏  六畳に畏  ように畏  程度の畏  日の畏  警保局長は畏  主人としては畏  良秀は畏  昔の畏  前へ畏  ます気象の畏  御前に畏  敷居際に畏  自ら敵を畏  店前に畏  何かに畏  無理に畏  ことを畏  犬を畏  献上人の畏  奥として畏  心を畏  交換局では畏  武は畏  お召を畏  下に畏  結果として畏  活動を畏  匂は畏  次間に畏  朝命に畏  事を畏  上で畏  仰せつけを畏  奉迎の畏  皇室への畏  何か畏  仰せを畏  朱の畏  處實に畏  それを畏  傍に畏  板の間に畏  退屈という畏  感興と畏  恐怖と畏  兩人共墨夷を畏  さを畏  世人を畏  彼ら独特の畏  やうに畏  さきを畏  中に畏  を畏  竜これを畏  響きは畏  当時高麗人日本を畏  鼠を畏  何者をか畏  ことは畏  几帳面に畏  名人は畏  まことに畏  匡に畏  神を畏  皇威の畏  初めは畏  神明を畏  私は畏  物に畏  室に畏  下座に畏  自分に畏  儀は畏  始めより畏  将来の畏  一度に畏  有形無形数々の畏  山の上の畏  みに畏  運命を畏  

[形容詞]
畏の滿  畏も悔  畏の  畏ん  畏ろ  畏る可  畏懼  畏レ  畏焉  畏之  畏す  畏るべから  畏する道理  畏の天  畏る閾  畏つて  畏の筋  畏る一  畏っている青年  畏を著者  畏三蔵  畏ルベシトナス  畏るそれ  畏の念  畏がつて  畏嚇  畏さ  畏って三  畏憂  畏こまり  畏こまつ  畏ってそれ  畏る頭  畏んでスウプ  畏言  畏る封  畏愛するよう  畏み  畏する態度  畏にも匹敵  畏の印  畏め  畏憚  畏みて藤蔓  畏レン  畏崇拝  畏んで早々  畏るの  畏む  畏っていっているの  畏の気  畏まり  畏が留錫  畏ってるなあ冬  畏ら  畏の情  畏を抱き家  畏嚇法  畏みわ  畏み願うところ  畏みまつれ太刀  畏みまつれ天  畏むため  畏る故  畏みて遁  畏一  畏幾  畏が烏  畏る藪  畏と敬  畏しき  畏って手持  畏つた  畏気  畏ぢ  畏る口  畏クモ  畏みて心  畏って玄  畏をあら  畏る無し  



前後の言葉をピックアップ
かしく  かしぐ  かしげる  畏まり  かしこ  かしこ  賢い  かしこい  畏い  賢う


動詞をランダムでピックアップ
破りあてこすっぶち込みおっしゃいことづけ茂り合う賄える探し回りつれこも掻き合せさしぐむ指さそゆる主立っとびぬけうまれれしらせ絞め殺し求めろうきだし
形容詞をランダムでピックアップ
いけすかない面白から果敢な悲しくっほこらしいむず痒いえらき憂くにくにくしいわかけれ弱しせままだるっこく生易しい気づかわしい軟らかく赤黒くせつなくっうっとうしゅうわる