「申し立て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 申し立て[動詞]
ことを申し立て  異論を申し立て  明らかに申し立て  異議を申し立て  現場不在証明を申し立て  偽を申し立て  正直に申し立て  由来を申し立て  由緒を申し立て  不満を申し立て  故障を申し立て  奸悪を申し立て  王平はつつまず申し立て  今井の申し立て  警察で申し立て  言い分を申し立て  知らないと申し立て  虚偽に申し立て  頭を打ったと申し立て  心中であると申し立て  乘つた自動車を見たと申し立て  間違いなく申し立て  何事も申し立て  武芸を申し立て  何でも会わせろ、と申し立て  みんな旦那方に申し立て  みんなべらべら申し立て  明瞭に申し立て  十右衛門はおずおず申し立て  声で申し立て  素直に申し立て  勇吉は申し立て  番屋で申し立て  竹は悪びれずに申し立て  ことはないと申し立て  式部は申し立て  ことがあると申し立て  相違ないと申し立て  とぎれとぎれに申し立て  喜兵衛は申し立て  五兵衛は恐る恐る申し立て  出来事を逐一に申し立て  一度もないと申し立て  仲間であると申し立て  お国は申し立て  新次郎は申し立て  あらわに申し立て  ぎんは申し立て  事はないと申し立て  事情を申し立て  泣声で申し立て  御家新、苦しくなってか、こう申し立て  祐道の申し立て  ことだけは知っていると申し立て  意があると申し立て  明白に申し立て  通訳を以て申し立て  原因として、表向申し立て  さきに申し立て  ように申し立て  病気と申し立て  延引を申し立て  警官に対してそう申し立て  ことも申し立て  らの申し立て  旧悪はないと申し立て  久子がこう申し立て  ものらしい、とも申し立て  上に申し立て  府に申し立て  府庁に出て申し立て  我来也であると申し立て  満足でありますと申し立て  後日逐一申し立て  病気を申し立て  お受け取りになりましたと申し立て  苦情を申し立て  水洟をこすりこすりこう申し立て  いっさい知らないと申し立て  女中が申し立て  吉蔵の申し立て  今まで申し立て  彼のわずかに申し立て  期せずして申し立て  公判廷で申し立て  不服そうに申し立て  調子ですらすらと申し立て  神妙に申し立て  ことにでも申し立て  いくら故障を申し立て  ありのままを申し立て  与左衛門が申し立て  有休に申し立て  事を申し立て  抗議は申し立て  

名詞

申し立て[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
申し立てなば願いも済むべきなれども  申し立てを聞き終ると  申し立ての符節があい  申し立てによれば  申し立てをしたい  申し立てを一切否認して  申し立てが真実とわかった  申し立てが合っている  申し立てによると  申し立てを採り上げられた  申し立てを信用する  申し立てには嘘はないらしく見えた  申し立てと符合している  申し立てと一致していた  申し立てもそれに符合していた  申し立てに詐りがあり  申し立てによって考えると  申し立ては以上の事実にとどまって  申し立てにはよほどの嘘がまじっていた  申し立てをしていたが  申し立てはこれで終った  申し立てに因って  申し立ては立派に筋道が立っています  申し立ての真偽がまだ判然しないので  申し立てにうそはござんせぬ  申し立てをしようと  申し立てに不審のかどあり  申し立てをし  申し立てが曖昧になっておるので  申し立てに曖昧な部分がある  申し立てを行っている  申し立てを信用した  申し立てで私が無罪放免になれる  申し立てが嘘か本当かを知る  申し立てをした  

~ 申し立て[名詞]1
お前の申し立てには  教師と申し立て  明快な申し立てを  おのおのの申し立ての  人の申し立てに  最後の申し立てを  菊の申し立てを  彼の申し立てが  捨吉の申し立てが  由利子の申し立てに  船頭の申し立てを  彼の申し立てに  女の申し立てを  政吉の申し立ては  善昌の申し立てに  弟の申し立てと  捨の申し立てと  千の申し立ても  らの申し立てに  其蝶の申し立ての  者どもの申し立てによって  勝次郎の申し立てには  曖昧の申し立てを  職人の申し立ては  宗兵衛の申し立てに  新次郎の申し立てに  小左衛門の申し立てに  六の申し立てに  此の申し立てに  喜兵衛の申し立てに  彼女自身の申し立てに  浪人の申し立てに  千右衛門の申し立ては  増田の申し立てに  二人の申し立てに  松之助の申し立てに  女の申し立てが  その後の申し立てに  亭主の申し立てに  名の申し立てに  梅五郎の申し立ては  豊太の申し立ては  それも申し立てが  異議の申し立てを  林の申し立てに  医師の申し立てに  子息の申し立てが  店員数との申し立ては  奇怪な申し立てを  水沢さんの申し立ては  運転手の申し立てに  らの申し立てが  不良少年の申し立てが  自分の申し立てで  男の申し立てに  賊徒の申し立てに  弟の申し立てが  ような申し立てを  

~ 申し立て[名詞]2
その申し立て  どんな申し立て  

複合名詞
同様交易申し立て出来  申し立てやう  申し立てよう  



前後の言葉をピックアップ
もうしこん  申し子  申し立て  申し立てよ  申し立てろ  申し立てれ  申立  申し立てる  申しつけ  申しつけよ


動詞をランダムでピックアップ
夏めく恨もつまる嗄れる噛み分けのり出しつなぎ止めつもらそやさうつしだす逃げ帰冷えこむ立返る代えん怠り躍り込み戸惑いくらそ比する
形容詞をランダムでピックアップ
程遠い重々しく悪賢いけ図々しいにぶく言うまでもなかろ愛づらさやけきけむい数多き慌しきとおかっずるくっ臭い疎々しく堪難く騒ぞうしい新しき