「生まれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 生まれ[動詞]
生活から戦争が生まれ  文学が生まれ  平等思想が生まれ  ように生まれ  ものが生まれ  この世に生まれ  世の中に生まれ  世界の生まれ  末子の生まれ  次郎はゆっくり構えながら、持って生まれ  見世物は生まれ  明治末期に生まれ  経験は、生まれ  こが生まれ  父親が生まれ  町で生まれ  ここで生まれ  裕子と名づけて、その次に生まれ  余裕が生まれ  空間が生まれ  愛子は生まれ  哲也が生まれ  母親が生まれ  自分など生まれ  のかと、生まれ  上とは言え、生まれ  五体にあふれた、かれは生まれ  自分が生まれ  そこで生まれ  おれの生まれ  おれが生まれ  千三は生まれ  土地に生まれ  日本に生まれ  ナポレオンが生まれ  英雄が生まれ  初孫が生まれ  それは、生まれ  発想が生まれ  屋根裏部屋に生まれ  感情さえ生まれ  中に初めて生まれ  起因して生まれ  性質をもって生まれ  翌年娘が生まれ  確かに習い覚えたというよりも生まれ  男の子が生まれ  歓喜は生まれ  持ち主に生まれ  印象派の生まれ  ゴツホの生まれ  ルノアルの生まれ  文芸の生まれ  青磁が生まれ  日本で生まれ  サント・フォア・ラ・グランドで生まれ  私の生まれ  三男に生まれ  それよりは生まれ  海底超人が生まれ  自分ながら持って生まれ  思想とが生まれ  僕自身としては持って生まれ  笑い話は、ぼつぼつと生まれ  最初から遊戯として生まれ  名も次々に生まれ  二三か月おそく生まれ  近衛内閣を生まれ  もっともっとふかく、生まれ  鉄に生まれ  何だってペンに生まれ  ぬいさんは生まれ  園が生まれ  自分を生まれ  天皇に仕へたてまつれといつて生まれ  深更に生まれ  この世へ生まれ  彼は生まれ  のは、生まれ  私自身によって生まれ  極道に生まれ  詩は生まれ  自分の生まれ  世界に生まれ  夫婦愛が生まれ  愛によって生まれ  力が生まれ  あとで、生まれ  長男の生まれ  誠一が生まれ  子供の生まれ  五十年前に初めて生まれ  平等に生まれ  家に生まれ  盲人に生まれ  人間に生まれ  赤ちゃんが生まれ  マサチューセッツ州ボストン市に生まれ  瞬間ごとに生まれ  無数に生まれ  チューブが、生まれ  雰囲気が生まれ  どこで生まれ  自然に生まれ  大家に生まれ  もとに生まれ  朝男の子が生まれ  もっと痩せっぽちに生まれ  お前たちの生まれ  僕は生まれ  子供は生まれ  立像が生まれ  徳川末期あたりに生まれ  パーソナルコンピューターは生まれ  パーソナルコンピューターが生まれ  不可避に生まれ  原石を持って生まれ  神戸に生まれ  下に生まれ  旦那に生まれ  不可分に生まれ  お前らが生まれ  いくつもの方言が生まれ  方言の生まれ  何が生まれ  二年早く生まれ  店に集まる、生まれ  方言が生まれ  チャンピオンは生まれ  結び付きによって生まれ  社会は生まれ  民として生まれ  水平分業体制が生まれ  雑誌社として生まれ  親玉として生まれ  可能性が生まれ  競争が生まれ  対応して生まれ  綱は、生まれ  環境が生まれ  なかに生まれ  彼女が生まれ  初めっから生まれ  清造の生まれ  ために生まれ  自動的に生まれ  ぼくは、生まれ  なかで生まれ  一九〇一年に生まれ  子供が生まれ  わたしもまだ生まれ  親父が、う、う、生まれ  ものに生まれ  所に生まれ  芸術は生まれ  木の芽は、生まれ  工場町で生まれ  後世に生まれ  馬場下で生まれ  体質を持って生まれ  間に生まれ  先生は生まれ  彼女は生まれ  山家に生まれ  ところに生まれ  あいだに生まれ  日に、生まれ  時世に生まれ  みな持って生まれ  戦術が生まれ  傭兵時代に生まれ  二十年後に生まれ  時代に生まれ  機会に生まれ  信頼が生まれ  時に生まれ  田中智学先生が生まれ  初めに生まれ  像法に生まれ  日蓮聖人の生まれ  みな亜熱帯に生まれ  一匹に生まれ  末に生まれ  前に生まれ  兎に角我我と共に生まれ  後に生まれ  何かに生まれ  支配者として生まれ  意外にも、生まれ  むかし私が生まれ  名称が生まれ  人間は生まれ  生命も生まれ  美が描かれ生まれ  ここに生まれ  家へ生まれ  受け身に生まれ  而も、一旦生まれ  自分は生まれ  我々は決して生まれ  自分が計らずも生まれ  学問理念が生まれ  逆さで生まれ  月夜に生まれ  衆生と生まれ  何人か生まれ  石鹸を生まれ  鹿は、生まれ  ことが生まれ  特殊科学が生まれ  芸術家が生まれ  すゞちやんが生まれ  意識が生まれ  有ちながら生まれ  結晶物が生まれ  下から、生まれ  一所に生まれ  男子と生まれ  中から星雲が生まれ  太陽とが生まれ  アダムとイヴとが生まれ  年に生まれ  翌年に生まれ  子供が沢山生まれ  不幸なのは独創性をもって生まれ  漁村に生まれ  母として生まれ  彼が生まれ  愛情など、生まれ  娘は生まれ  桃太郎が生まれ  完全に生まれ  世に生まれ  国に生まれ  そもそも世に生まれ  今ここにはすでに生まれ  母を苦しめ、生まれ  沢山に生まれ  渡世はただ生まれ  有様は生まれ  わが輩今日に生まれ  親たちから生まれ  偶然だけれども、生まれ  希望して生まれ  芸術はどんなにして生まれ  町場へ生まれ  首都Copenhagenに生まれ  そこに生まれ  京都に生まれ  新日本料理が生まれ  煩悩に生まれ  雪国に生まれ  私は生まれ  のは生まれ  のが持って生まれ  オレの生まれ  長女に生まれ  伝説は生まれ  林太郎は、生まれ  アカデミズムが生まれ  日に生まれ  所内で生まれ  刑務所で生まれ  中部インドに生まれ  チェリボン市に生まれ  Leenwarder町に生まれ  大木に生まれ  カシタンカにとっては生まれ  わたしはまだ生まれ  神経痛になやみながら、生まれ  農村に生まれ  歌集が生まれ  秀公の生まれ  本が次々と生まれ  市場が生まれ  業者が生まれ  初孫の生まれ  中に生まれ  タイミングを捉えて生まれ  先に生まれ  ようになったからこそ、生まれ  ラジオドラマとして生まれ  土台として生まれ  のも、生まれ  目標を置いて生まれ  雑誌が、生まれ  和菓子屋に生まれ  ことからエキスパンドブックは生まれ  静岡県浜松市に生まれ  決意して生まれ  開発ツールとして生まれ  果てに生まれ  兵庫県伊丹市に生まれ  試みが生まれ  電子ガリ版として生まれ  中で生まれ  背景に、次々と生まれ  発見が生まれ  ホームページはこれからも、続々と生まれ  印刷術が生まれ  お手本として生まれ  大学の生まれ  上層に生まれ  ところが生まれ  試みも生まれ  さなかに生まれ  技術が生まれ  コピーとして生まれ  アヒルの子に囲まれて生まれ  完璧になぞって生まれ  みにくいアヒルの子として生まれ  糧として生まれ  階級に生まれ  私が生まれ  ベツレヘムで生まれ  別物が生まれ  五百年に生まれ  とき、真に生まれ  仏国革命に依って生まれ  国民的軍隊が生まれ  腹に生まれ  子の生まれ  おれの子に生まれ  僕の生まれ  彼女たちによって生まれ  女の子が生まれ  派生的に生まれ  ものを持って生まれ  子供がまだ生まれ  近代に生まれ  ことは、生まれ  火星人の持って生まれ  地球は生まれ  上で生まれ  地球が生まれ  こいつも生まれ  生活的宦官に生まれ  せみに生まれ  僕が生まれ  詩人が生まれ  ものは未だ生まれ  やうに、未だ生まれ  当時に生まれ  要求に応じて生まれ  人格を揺り動かして生まれ  ところで、生まれ  どこに生まれ  環境によって生まれ  陸地の生まれ  そこから理屈が生まれ  ものとして生まれ  探偵小説は生まれ  量子物理学が生まれ  態度が生まれ  本能が生まれ  死ぬために生まれ  外国に生まれ  士族に生まれ  頭は始めて生まれ  境遇づけられて生まれ  人間を愛し、生まれ  明治維新とともに生まれ  のですから、その持って生まれ  隔たりが生まれ  次男が生まれ  形をして生まれ  都會に生まれ  姉娘の生まれ  手をさしのべて、生まれ  憲法発布以後に生まれ  つやも生まれ  美が生まれ  結果が生まれ  案内を聞くと、まるで生まれ  葉子が生まれ  彼女自身の生まれ  うちに生まれ  世界へ生まれ  のはやはり生まれ  国へ生まれ  人が生まれ  つたのはやはり生まれ  四時半にはもう生まれ  影響して、生まれ  不具にでも生まれ  今から少しまえに生まれ  表情を生まれ  生垣をながめながら、生まれ  明治十五年以後に生まれ  三四郎は生まれ  世の中へ生まれ  赤ん坊が生まれ  寒い国に生まれ  身をもって生まれ  娘が生まれ  結局日本の伝統小説からは生まれ  悩みが生まれ  絵は生まれ  寺に生まれ  下で生まれ  しかし、生まれ  こどもが生まれ  この世に突然生まれ  長女が生まれ  疑いが生まれ  必要によって生まれ  新たに生まれ  易々とは生まれ  不審が生まれ  共鳴とがなくて、生まれ  児が生まれ  話がまず生まれ  子どもも生まれ  播州で生まれ  行事も少しは生まれ  小村に生まれ  カフカが生まれ  虫と生まれ  上に生まれ  赤んぼが生まれ  赤んぼは生まれ  風景国日本に生まれ  寒い時分に生まれ  どの人が生まれ  相続者として生まれ  能が生まれ  玄人でも、こうして生まれ  わたしが背負って生まれ  一緒に背負って生まれ  ように、生まれ  すずめに生まれ  東京に生まれ  ここに新しく生まれ  あっけにとられてながめながら、生まれ  家庭で、生まれ  顔に、すなわち持って生まれ  始末と、生まれ  奥座敷へ通ると、生まれ  ものではなく、生まれ  大導寺信輔の生まれ  きらびやかに生まれ  栃木縣に生まれ  から、生まれ  小さなスケッチ板へ生まれ  事はあったが、生まれ  太刀川が生まれ  想像からも生まれ  動物を生まれ  シャヴァノンで生まれ  子は生まれ  アーサが生まれ  議論が色々生まれ  主張が生まれ  近くまた生まれ  児の生まれ  ひだに生まれ  おまえは生まれ  たくやしまぎれに、生まれ  木曜日に生まれ  とき、生まれ  柘植で生まれ  謝まりに生まれ  物質が生まれ  声とがもつれ合って、いつの間にか、生まれ  それが生まれ  子供がおそらく生まれ  ハワイに生まれ  ふうにして生まれ  事情で生まれ  女に生まれ  子が生まれ  女の子、そして次に生まれ  お国で生まれ  新興国に生まれ  ものがおのずから生まれ  体験から自然に生まれ  姿に生まれ  経済国策が生まれ  のが、持って生まれ  奇形児が生まれ  たちを持つて生まれ  団体が生まれ  極に生まれ  白糸は生まれ  北国に生まれ  ペリッは生まれ  どこで、生まれ  向うで生まれ  二人とも生まれ  パパの生まれ  泣きに生まれ  自信から無理なく生まれ  中心に生まれ  アメリカに生まれ  とある町で生まれ  あなたが生まれ  関係は生まれ  市中に生まれ  荷って生まれ  町に生まれ  封建時代に生まれ  現代に生まれ  区別もよく判らなかったが、とにかくに生まれ  豆州長岡に生まれ  姿で、生まれ  この世へこんなに醜く生まれ  妹となって、かならず生まれ  彼の生まれ  北清島町に生まれ  長屋に生まれ  男と生まれ  私も、生まれ  総領娘咲子が生まれ  ためには、生まれ  下谷北清島町に生まれ  師石川家に生まれ  明治十三年に生まれ  明治十七年日本美術協会が生まれ  六代も生まれ  奈良京都見物は、生まれ  光太郎が生まれ  異ってほとんど生まれ  あなたは生まれ  二度に生まれ  形式が生まれ  いま、生まれ  ボクさんも生まれ  アイデアが生まれ  上に、生まれ  芭蕉は生まれ  町人に生まれ  妹弟が生まれ  木の下でも生まれ  あたしが生まれ  一時代後に生まれ  私が持って生まれ  何にも生まれ  ホンニ目明に生まれ  家で生まれ  おまえはよくよく生まれ  最初から失恋して生まれ  批評からは、なんにも生まれ  ニヒリズムは生まれ  一人として私が生まれ  宮本百合子の生まれ  娘に生まれ  結論が生まれ  力は生まれ  論理的結論が生まれ  ものは生まれ  そこからゾルレンは生まれ  進歩が生まれ  ことなど何一つ生まれ  ものにつながって生まれ  さが生まれ  ポーズは生まれ  充分には生まれ  故郷の生まれ  ことや、生まれ  八幡太郎が生まれ  赤子は生まれ  生まれる運をもって生まれ  所へ生まれ  代わりは生まれ  無職の子に生まれ  根性と持って生まれ  妹とが生まれ  わたしなどの生まれ  手毬歌の生まれ  土地で生まれ  地に生まれ  よそで生まれ  男の子の生まれ  社において生まれ  笑い話などが、生まれ  おもしろい話が生まれ  村に生まれ  わたしの生まれ  名が生まれ  商家に生まれ  明治七年十二月十五日に生まれ  江戸で生まれ  デザインが生まれ  何物が生まれ  人に生まれ  坊ちゃんが生まれ  うわさの生まれ  平凡児として持って生まれ  作りに生まれ  それから楽堂君が持って生まれ  先天的に持って生まれ  ふもとに生まれ  芸術も生まれ  自分が持って生まれ  山奥に生まれ  金太郎は生まれ  末期に生まれ  屋敷に生まれ  家を嗣ぐべく生まれ  次男三男に生まれ  不運に生まれ  せがれに生まれ  近所で生まれ  御世に生まれ  深川で生まれ  娘がまた生まれ  赤児は生まれ  兵衛はもう生まれ  善人に生まれ  殊に容貌好しに生まれ  勝ち気に生まれ  芸術が生まれ  伜に生まれ  血をうけて生まれ  立案によつて生まれ  おかみさんは生まれ  不幸に生まれ  警告は生まれ  美男に生まれ  小綺麗に生まれ  殊に為吉らは生まれ  噂も生まれ  大阪で生まれ  難産して生まれ  歴史は生まれ  清次は生まれ  逼られて生まれ  結果として生まれ  伝説さえも生まれ  寿女が生まれ  従兄には生まれ  あはれ世に生まれ  筈に生まれ  裸にて生まれ  われ若し生まれ  嫌だったら、生まれ  釈尊は生まれ  人は生まれ  裸で生まれ  御代に生まれ  浄土へ生まれ  極楽に生まれ  家庭に生まれ  資格に生まれ  自分の持って生まれ  おら、生まれ  のに生まれ  ここから続々として生まれ  文明十六年に生まれ  作品は生まれ  作品は、生まれ  近年に生まれ  西暦千八百六十六年フランスに生まれ  自覚が生まれ  小さな都市に生まれ  一八六六年に生まれ  独り息子と生まれ  もの、又これから生まれ  私の子が生まれ  三子として生まれ  作品の生まれ  私生児として生まれ  ニュールンベルクに生まれ  琴が生まれ  乙娘に生まれ  いちばん身分たかく生まれ  誰一人として、生まれ  北九州若松港に生まれ  子供も、生まれ  作品が生まれ  不幸にせよ、生まれ  時に、持って生まれ  正道をば外れてたでせう、が、生まれ  児と生まれ  芸術家に生まれ  人間世界に生まれ  ことを申せば、生まれ  上流に生まれ  ころに生まれ  ために当然に生まれ  娘から源氏の子が生まれ  海人たちは生まれ  田舎に生まれ  田舎で生まれ  女王に生まれ  大臣家で生まれ  世にどうして生まれ  左大臣家で生まれ  身に生まれ  人も生まれ  自身の生まれ  太政大臣家で生まれ  貴族の子に生まれ  の子女が生まれ  極楽世界に生まれ  因縁で生まれ  想像していて、生まれ  善果を持って生まれ  中流階級に生まれ  中流家庭に生まれ  それらが生まれ  ために、生まれ  われわれが生まれ  玉鬘夫人は続いて生まれ  欠点なく生まれ  方の生まれ  明石で生まれ  出であるとは知っていても、生まれ  身に備えて生まれ  家の子ではあっても、生まれ  上へ生まれ  姫君が生まれ  いちばん初めに生まれ  おいでになるが、生まれ  皇女に生まれ  身分に生まれ  母に生まれ  きれいに生まれ  女王が生まれ  あとで生まれ  朦朧になっていながら、生まれ  薫の生まれ  罪が生まれ  天才に生まれ  時もあって、そんなおりおりに、生まれ  自分だけは生まれ  のであって、生まれ  人から自分の子は生まれ  少将の子の生まれ  容姿を得て生まれ  中から仏が生まれ  善因を得て生まれ  のに驚いて、生まれ  軒下に生まれ  文学に取り入れて生まれ  茶器は生まれ  器が生まれ  能書も生まれ  家元に生まれ  名器が生まれ  茶碗が生まれ  織部陶が生まれ  物体が生まれ  なにも生まれ  茶碗は生まれ  良寛和尚が生まれ  時代にあらざれば生まれ  子供は引きつづき生まれ  双生児が生まれ  双生児の生まれ  魂をもって生まれ  魂が生まれ  魂は刻々に生まれ  下に初めて生まれ  おまえが生まれ  四郎が生まれ  最後に生まれ  踊りが生まれ  風下村とかで生まれ  君子が生まれ  双生児として生まれ  因縁をもって生まれ  あなたの生まれ  音楽作品が生まれ  ほとりに生まれ  間ではあるが、消えてはまた生まれ  正成が生まれ  それから正行が生まれ  茶屋で生まれ  婦人によって生まれ  一九二二年に生まれ  人民戦線が生まれ  ころ、新しく生まれ  高原に生まれ  お前が生まれ  東京市内に生まれ  一つとして生まれ  中から進化し生まれ  差が生まれ  ようにして生まれ  釈迦が生まれ  想像が生まれ  彼女の生まれ  生を受けて生まれ  次男に生まれ  景色は生まれ  伝説が生まれ  者は必ず生まれ  平野に生まれ  歴史性をもって生まれ  六七年前、生まれ  ルツ子が生まれ  われわれの生まれ  から新日本国は生まれ  それから合衆国が生まれ  共和国が生まれ  近所に生まれ  もので、生まれ  大海中に生まれ  天に生まれ  イソップに生まれ  晩に生まれ  羊もちょうど生まれ  想天に生まれ  動物に生まれ  毘地獄に生まれ  腹から生まれ  インド人はほとんど持って生まれ  王と生まれ  方は持って生まれ  巣で生まれ  町を通ると、生まれ  生まれるから弟子にされよと、やがてそのごとく生まれ  美音長者と生まれ  長者の子に生まれ  顔をもって生まれ  親にも生まれ  豕に生まれ  腹より生まれ  師範の子で生まれ  人と生まれ  限りは、生まれ  ころ私らが生まれ  頭をさげられつづけて、生まれ  感じは、生まれ  幾人であろうとも生まれ  貰いに来たそうだが、生まれ  娘として生まれ  ふり返ってみますと、生まれ  叫喚が生まれ  歓声が生まれ  あいだの、生まれ  人格が忽然と生まれ  篇機械より生まれ  すべてが生まれ  使命が生まれ  日本人と生まれ  支那人と生まれ  我我は生まれ  莫迦には決して生まれ  鬼才に生まれ  貧家に生まれ  等閑に生まれ  気位高う生まれ  僕も生まれ  鉄が生まれ  今夜がまだ生まれ  コペンハーゲンに生まれ  わたしも生まれ  鬼火を、生まれ  鳥に生まれ  まん中に生まれ  腹を立てて、生まれ  一匹にて生まれ  その子である私にも、生んだり生まれ  心だって屹度、生まれ  彼女の持って生まれ  看護婦に生まれ  まん中あたりで生まれ  コンナ身体に生まれ  愛の言葉を、生まれ  眼がクラクラして堪りませんので、生まれ  私の持って生まれ  事は生まれ  婦人に生まれ  乱舞を生まれ  部分が生まれ  とき、隣りのやはり生まれ  どんどん小さくなっていき、ついには生まれ  ユリエの生まれ  十か月いるとして、生まれ  産院で生まれ  気持も生まれ  現象が生まれ  下戸に生まれ  人生に生まれ  野枝さんと生まれ  子供など生まれ  幸運に生まれ  自分では生まれ  大日本帝国に生まれ  高橋お伝の生まれ  時分に生まれ  きくだけでも、生まれ  時節に生まれ  人若し生まれ  かさが生まれ  一生子供は生まれ  一緒に生まれ  人生はひとり生まれ  稀に生まれ  光が生まれ  己は生まれ  太閤が生まれ  耶蘇が生まれ  己の生まれ  嫡子に生まれ  ものはまだいいが、生まれ  幸福で生まれ  無数の生まれては死に生まれ  うその生まれ  二度この世に生まれ  男に生まれ  弟が生まれ  私が、生まれ  気候に生まれ  道徳観から生まれ  主題は生まれ  ベツレヘムに生まれ  二度あったが、死んで生れたり、生まれ  末娘として生まれ  私は、生まれ  文明によって生まれ  ニュージーランドで生まれ  生まれるか生まれ  ものと危ぶまれ、生まれ  かくも美しく生まれ  花道の生まれ  韓の子は生まれ  露西亜に生まれ  ひたいには、生まれ  小商人の子に生まれ  播州赤穂に生まれ  猴も丁度生まれ  関係もなしに生まれ  為にばかり勿論生まれ  つたとすれば、或はもつと生まれ  苟くも娑婆界に生まれ  ようになって、生まれ  芸術として生まれ  桜木町で生まれ  権利によって生まれ  蝉と生まれ  栽培を重ねて生まれ  数かぎりなく生まれ  天性を持って生まれ  中には、生まれ  文筆生活をしていながら、未だ生まれ  調査研究機関が生まれ  制度が生まれ  研究調査機関が生まれ  調査機関が続々と生まれ  お嬢さんで、生まれ  年ちゃんも生まれ  上州で生まれ  淡水に志して、かつてわが生まれ  鮭の子は、生まれ  ため、生まれ  野州鬼怒川で生まれ  鏑川で生まれ  おのれが生まれ  絵が生まれ  きみが生まれ  一九五四年に生まれ  ときに生まれ  昔の生まれ  衝動は生まれ  彼らが生まれ  食器が生まれ  千切りざま、持って生まれ  一切お構いなしで、持って生まれ  ここへ来ると生まれ  説明伝説まで生まれ  是から後に生まれ  登米で生まれ  からだから生まれ  仕事なんか、生まれ  最新文化都市に生まれ  生命を持って生まれ  それからまったく生まれ  苦労をしたに似ず、やはり持って生まれ  書も生まれ  扱つたものも生まれ  規模で観られ、また生まれ  頭を持って、生まれ  伝統に生まれ  暗黒時代に生まれ  進展するか、生まれ  虫に生まれ  作品が次々と生まれ  実業家の子として生まれ  電子本が生まれ  責任は生まれ  赤ちやんが生まれ  子どもが生まれ  長女須磨子が生まれ  四女歌子が生まれ  全身に持って生まれ  いろは屋文次が生まれ  私らの生まれ  おまえの生まれ  どうでしょう、生まれ  世界観によって生まれ  因果に生まれ  たまたま貧乏士族の子と生まれ  候は、生まれ  預金から当然生まれ  魂を持つて生まれ  わたしは生まれ  それこそ、恐らく生まれ  十八娘の生まれ  御覧なされたらなあ、ほんとに生まれ  付託によって生まれ  信念が生まれ  危険が生まれ  山形あたりに生まれ  香もなく生まれ  仙台で生まれ  縁を持って生まれ  ローマの貴族に生まれ  今死んでは、生まれ  一員と生まれ  足利で生まれ  市さえ生まれ  外記が生まれ  娘をもっていたが、生まれ  血を受けて生まれ  仕合せに生まれ  不仕合せに生まれ  奇想が生まれ  神経を持って生まれ  女は生まれ  おれは生まれ  名品が生まれ  宗和は生まれ  製作陶未だ生まれ  杉作も、生まれ  今、生まれ  真実女子に生まれ  美貌に生まれ  豊年に生まれ  特殊性も生まれ  坊やが生まれ  山奥の村に生まれ  それからだんだんに生まれ  海岸に生まれ  女の生まれ  赤ん坊の最も数多く生まれ  五十年早く生まれ  かわり鬼子も生まれ  別に最初から山で生まれ  屋敷の子と生まれ  皆が生まれ  九月八日、我が生まれ  胎として生まれ  決意が生まれ  恭さんは、そりゃ生まれ  出に生まれ  次郎の生まれ  時刻に生まれ  俊三はまだ生まれ  お前の生まれ  頃に生まれ  親しみが生まれ  ことになっていたが、いよいよ生まれ  偉人でも生まれ  豪家に生まれ  これが生まれ  春、生まれ  人間として持って生まれ  信頼によって生まれ  ように、まだ生まれ  細君は生まれ  元から美人に生まれ  余が生まれ  そ白痴に生まれ  中へ更に生まれ  生命を与え全く生まれ  牛若が生まれ  事実が生まれ  現実としてその生まれ  島を生まれ  結果ばかりは生まれ  世界は生まれ  そうに生まれ  後忍藻が生まれ  わたしは、生まれ  わたしには持って生まれ  胞衣をかぶって生まれ  だって胞衣をかぶって生まれ  くそ虫が生まれ  みんな背負って生まれ  王さまに生まれ  皇子に生まれ  鳥が生まれ  島で生まれ  おいらの生まれ  草の実は、生まれ  はじめに生まれ  中より生まれ  い人間と生まれ  信州で生まれ  確信が生まれ  計画が生まれ  文化も生まれ  友愛塾も生まれ  夢が生まれ  からとして生まれ  良平は生まれ  それに励まされて生まれ  ドドはどうして生まれ  一日も早く、生まれ  必要に応じて生まれ  心を持って生まれ  心に生まれ  町が、新しく生まれ  君の生まれ  君たちがまだ生まれ  末子として生まれ  末子と生まれ  吉左衛門が生まれ  大垣あたりに生まれ  家柄に生まれ  ことも生まれ  孫が生まれ  半蔵の生まれ  暮れに生まれ  身であるが、持って生まれ  反抗心から生まれ  勉強家であるが、持って生まれ  人の持って生まれ  この街道に生まれ  駒はめったに生まれ  意志が生まれ  ひろ子が生まれ  中から坪内逍遥などが生まれ  世界が生まれ  水に生まれ  彼女はまた持って生まれ  気運と共に生まれ  山里に生まれ  精神が生まれ  親しみも生まれ  眼前に生まれ  彼は、生まれ  小倉の生まれ  概算するに、生まれ  二十五年に生まれ  幾年前に生まれ  辰年に生まれ  寅年に生まれ  子年に生まれ  一女二男が生まれ  先祖なしに生まれ  年毎に新しく生まれ  わたしが生まれ  ルターはまだ生まれ  われ今生に生まれ  から、持って生まれ  野郎に生まれ  始末で、さいわいかれが生まれ  容易に生まれ  右門に生まれ  子ども衆が生まれ  お釈迦さまのお生まれ  のは、その持って生まれ  それにしたって、生まれ  文明世界に生まれ  年月日時を同じくして生まれ  今日に生まれ  もっとぶおとこに生まれ  明治五年に生まれ  女イヴがまだ生まれ  門人が生まれ  緑藻などが生まれ  結局、生まれ  さきに生まれ  日六兵衛は、生まれ  それから、生まれ  今年五十七でござりまするが、生まれ  結婚によって生まれ  芸術はまだ生まれ  暗示が生まれ  効果が生まれ  詩が生まれ  光琳が生まれ  子馬が生まれ  風流が生まれ  雲が生まれ  樽ちゃんは生まれ  奇形児は生まれ  岸べに生まれ  茶の湯が生まれ  琵琶湖で生まれ  千代子が生まれ  二人も生まれ  過程に生まれ  ことに生まれ  菩薩濁世に生まれ  山国に生まれ  都会に生まれ  割下水で生まれ  西岸上野国東村大字上新田に生まれ  連山が生まれ  胆をもって生まれ  眼をもって生まれ  心をもって生まれ  大坂に生まれ  運が悪う生まれ  ところのものが生まれ  婦人の生まれ  私は持って生まれ  極端に怖れるというならば、生まれ  のは次に生まれ  最近に生まれ  片足をふみ込んで生まれ  その頃私は生まれ  良家に生まれ  現象を見て、生まれ  のを、なおも持って生まれ  備後国深安郡八尋村に生まれ  ほんでもあれ、生まれ  梅三爺は、いろいろ考えて見たが、どうしても生まれ  墓所を見限り、生まれ  厳重で、生まれ  一五六七年に生まれ  人の子として生まれ  考え方から、なにかが生まれ  アイルランドで生まれ  大八島を生まれ  桃から子供が生まれ  神が生まれ  やうにも感じたが、生まれ  のちに生まれ  その間に生まれ  長男に生まれ  三男坊として生まれ  日本で初めて生まれ  一少年として生まれ  ぶんの生まれ  抱負をもつて生まれ  中へ再びとは生まれ  後嗣も生まれ  王女が生まれ  花に生まれ  水の上に生まれ  事柄が数えきれないほど生まれ  果たして美しく生まれ  のでは、生まれ  ようでは、生まれ  素朴なおのずからにして生まれ  気風が生まれ  様式が生まれ  ためにやむを得ず生まれ  象徴が生まれ  傑作が生まれ  天智時代に生まれ  モナリザの生まれ  夢殿観音の生まれ  末代に生まれ  ときものは生まれ  ものを探しに生まれ  親鸞の生まれ  交錯して生まれ  ジャックが生まれ  彼にも生まれ  北面革新を思って生まれ  長所を備えて生まれ  作為も生まれ  そばで生まれ  家には生まれ  兵庫が生まれ  戦場が生まれ  誤解が生まれ  皇国日本に生まれ  たまたま身につけて生まれ  ベルゲンで生まれ  娘はたとい生まれ  一開拓者の子として生まれ  長男が生まれ  元田肇翁の生まれ  孵化するが、生まれ  なのは、生まれ  ところで生まれ  異国に生まれ  道人に生まれ  俺が生まれ  幼児と生まれ  赤ん坊のもって生まれ  わがままにしても、持って生まれ  丈夫に生まれ  実行力が生まれ  急に生まれ  三月過ぎに生まれ  血によりて生まれ  不思議にも生まれ  化け物が生まれ  積りで、生まれ  言葉まで生まれ  人の生まれ  父の生まれ  年は、生まれ  田原町で生まれ  弟はまだ生まれ  暗合が生まれ  小説ばかりが生まれ  子供に対して、生まれ  仲に生まれ  鼠が生まれ  プラークに生まれ  一八八〇年ごろに生まれ  これまでに生まれ  今でも生まれ  

名詞

生まれ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
生まれ出た時期を思わせる  生まれであって二十歳頃に初めてボンに定住して  生まれ出る雰囲気を形成しているからである  生まれ出ると間もなく形式ながら他家の養子にされた  生まれ生もうとする  生まれであることを物語っていました  生まれだかあいまいにしていたというし  生まれからして違う  生まれになったとか云う  生まれぞこないさ  生まれからして  生まれいづる者を待つ  生まれ初めてこの地上に繁殖し  生まれがちがう  生まれ出ようともがいている  生まれのままに朱し  生まれ代わりました御覧なさい  生まれ出たものと同様の生命と進化力を持っている  生まれかわらなければ回復しようの  生まれ還らねば成らぬ  生まれ出たものと申し聞かせられております  生まれ侍るには困じぬれど  生まれであると云った  生まれ出てから一番最初に覚えた  生まれになりましたよ  生まれだけあって  生まれかわった元気なすがたになった  生まれでいらせられる  生まれになった  生まれたる時日によりて定まる  生まれ損ないでなければなりませぬ  生まれになりましたが  生まれになりました  生まれだと女衒が話した  生まれかわったように軍艦らしくなった  生まれは何処だか知りませんが  生まれということが判りました  生まれですからよく知っていますが  生まれと云っているが  生まれであるとお鉄は初めてその秘密を明かした  生まれと書き直して貰って置いた  生まれだと聞いた  生まれだというので  生まれ出ようとしている  生まれ出てくれなかった  生まれから言っても  生まれ出たと思うと  生まれ出ようとする  生まれもつかぬ  生まれだということはわかりました  生まれになると  生まれおちるからのそろいもそろった  生まれになります  生まれおちるから火事の中に育って  生まれらしい節々が見えましたが  生まれ出て生きる  生まれになる  生まれのいいことをじまんにしていました  生まれ附きで  生まれ変って来て見れば  生まれはしないかという  生まれはしない  生まれになったというので  生まれになって  生まれ出てくる  生まれのよさを喋々する  生まれや地位にごまかされる  生まれのよい見識のある  生まれになったからであろうか  生まれで水墨の山水や花果などを得意にした  生まれになれば  生まれにならなかった  生まれかつ育った  生まれが確かでなければならぬ  生まれの私が今まで生きておりまして  生まれを知っておりましたから  生まれになったばかしでございましたから  生まれになってからは  生まれ出ないのだとはっきりいい得られるであろう  生まれ出なかったであろうと云う  生まれ付いて駱駝流に行く  生まれ出るにキリストの復活を比べ  生まれなされた  生まれかわった気持で仕事に取りかかり  生まれは新潟県だという  生まれのいいことを思わせる  生まれもしない  生まれだというだけに  生まれだとか聞きましたが  生まれは京都だとか聞いているが  生まれ合わせた社会と自分とについてのきわめて広い明晰な把握がなくてはならなくなって来ている  生まれかわってきた  生まれとか人の好さそうな兄弟子が一人いた  生まれ出でて  生まれはしませんよ  生まれが同じ東京だといふ  生まれだけに弓矢を取りおぼえて  生まれ出るためにあまりに多くの血を母より奪った  生まれであると信じさせなくてはいけない  生まれ出た原則や流派がたくさんあった  生まれ変っているので  生まれとはいいながら  生まれ出たものに相違ありません  生まれもつかない  生まれはしないだろうか  生まれ出た地面から離される  生まれ出たのを見まもっている  生まれ出て来た  生まれで小学校の教師をしていたとかで  

~ 生まれ[名詞]1
先生は生まれが  音楽の生まれ  もとアントワープの生まれ  作品の生まれ  猿の生まれ  お前の生まれは  そこから生まれ  高貴の生まれ  どこの生まれ  土百姓とは生まれから  家の生まれ  ものとして生まれ  そもそもの生まれから  大地から生まれ  私の生まれ  唇は生まれの  支部図書館は生まれ  形を取って生まれ  ような生まれ  因業な生まれ  国の生まれ  精神から生まれ  日本で生まれ  一九四九年の生まれ  子の生まれ  高貴な生まれ  脳裏から生まれ  金州の生まれ  山東省の生まれ  沼津の生まれでは  この世へ生まれ  田舎の生まれ  家の生まれだけ  本場の生まれの  明治元年の生まれ  宿命の生まれ  方の生まれは  土から生まれ  かなりの生まれ  奈良の生まれ  天才家が生まれ  金杉の生まれ  酉年の生まれで  在の生まれ  戌年の生まれ  上州太田在の生まれ  庚寅年の生まれという  日光辺の生まれ  地方の生まれ  弘化二年巳年の生まれと  弘化三年午年の生まれ  巳年の生まれと  九州の生まれ  長崎の生まれ  三州岡崎の生まれ  同村の生まれ  秩父の生まれ  川越の生まれ  大宮在の生まれで  文字は生まれ  中に隠れて生まれ  天竺の生まれに  良家の生まれ  彼から生まれ  ドイツの生まれ  ぶんの生まれの  明らかな生まれ  かなたから生まれは  ものも生まれは  溌剌と生まれ  生命の生まれ  自分の生まれの  大入島の生まれ  ○○町の生まれ  十二番地の生まれ  ゴオメ・ダヴィラという生まれの  未亡人が生まれの  有産者の生まれ  町の生まれ  馬籠の生まれで  女性は生まれが  不幸な生まれの  薄命な生まれ  ものは生まれ  作品は生まれ  当たり狂言は生まれ  雛の生まれ  名家の生まれ  男の生まれは  新潟県の生まれ  気丈の生まれじゃ  東国の生まれ  武士の生まれ  下女に出る生まれでは  深川の生まれ  上州の生まれ  自分の生まれ  深川の生まれとか  女なんかに生まれは  世には生まれ  支払いによって生まれ  時代の生まれだけに  東京の生まれ  土地の生まれ  高岡の生まれ  金沢の生まれ  港の生まれ  これらから生まれ  人にばかり生まれ  蛮地の生まれとは  心理から生まれ  中から生まれ  不徹底の生まれ  観音は生まれ  岐阜の生まれで  

~ 生まれ[名詞]2
どうせ生まれ  ドンドン生まれ  まるで生まれ  高い生まれ  こんなに生まれ  はばかりながら生まれ  その生まれ  高き生まれ  そういう生まれ  おそ生まれ  いやしい生まれ  まだ生まれ  

複合名詞
生まれ生まれ  生まれ合わせ  佐渡生まれ  春生まれ  ドイツ生まれ  六月生まれ  一九〇一年生まれ  生まれホノルル  アメリカ生まれ  東部アイルランド生まれ  河内生まれ  明治元年生まれ  一九四一年カリフォルニア州ロングビーチ生まれ  生まれ未来  一九五四年生まれ  千葉県生まれ  生まれかわり  生まれ崇拝  秋田生まれ  明治何年生まれ  雪国生まれ  芬蘭生まれ  生まれ出  新潟生まれ  智利生まれ  生まれ付き弓矢  東京生まれ  モスコー生まれ  正月生まれ  横浜生まれ  生まれ揺籃  生まれ性  生まれ出づる訳  生まれ年月  北国生まれ  生まれ定  一九二五年生まれ  生まれひとり  養魚場生まれ  独逸生まれ  仏蘭西生まれ  英国生まれ  武蔵野生まれ  丑年生まれ  同年生まれ  五月生まれ  六代生まれ更ら  北海道国後島生まれ  小笠原島生まれ  生まれ歳  生まれ出ずる割合  越後生まれ  生まれよう  年代生まれ  生まれ在所  天保十四年生まれ  明治十二年生まれ  天保生まれ  明治生まれ  カリフォルニア生まれ  一九三〇年生まれ  一九四二年生まれ  寛政申年生まれ  生まれ付き  上方生まれ  加賀生まれ  西国生まれ  在所生まれ  生まれ年  生まれ児  本所生まれ  程ヶ谷生まれ  本石町生まれ  生まれ付き素  生まれ肇国以来一体  生まれ君  生まれ出し頃  生まれ代り  ウルテムベルヒ生まれ  ジュネーヴ生まれ  生まれ代わり今  ライン生まれ  南欧生まれ  ブルターニュ生まれ  ハンガリー生まれ  トゥールーズ生まれ  信州生まれ  生まれ合せ  ポルトガル生まれ  江戸生まれ  薩摩生まれ  生まれ花咲き  下関生まれ  二月生まれ  生まれようはず  幡多生まれ  天草生まれ  同地生まれ  日本生まれ  京生まれ  茨城生まれ  十一月生まれ  明治十五年十月三日生まれ  明治十五年生まれ  生まれ変  神奈川生まれ  コペンハーゲン生まれ  生まれ所  生まれ立ち  ワルソー生まれ  生まれ生まれ生まれ  ぼくら明治生まれ  生まれ出よう  生まれ出づる  生まれ出づるものではないのである  生まれ出づるわけのものではないのである  生まれ出づるものではないことを得心  生まれ正木  竜骨星座生まれ  北海道生まれ  生まれ立て  巴里生まれ  大坂生まれ  



前後の言葉をピックアップ
生まれれ  生れよ  生れれ  生まれ落ち  生れん  生まれ故郷  生れ落ち  生まれん  生れ  産まれ


動詞をランダムでピックアップ
濡れそぼたいきおいこんあざむこ威かせめり込みまかせろ凪げ思いたたき込む踏まえ叩き起す止まれけし飛びもとまる損ない面しよなくし呼寄せる辿りこす
形容詞をランダムでピックアップ
人なつかしいくろく遠白し嬉しからすしたどたどしゅう臭しかわいいのろく軽い遠く厭わしかっ熱っぽ悦ばしいうまくっ生ぬるき煩わしかっ少きつつましかっ