「生きる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 生きる[動詞]
立場にたって生きる  生に感じて生きる  自分は生きる  ふうに、まったく生きる  人が生きる  自分が生きる  命を捧げて生きる  非常に生きる  私が生きる  われわれが生きる  自分はどうして生きる  ために生きる  生き方で生きる  方法で生きる  私のようにそう生きる  みなが生きる  念仏に生きる  ように生きる  全体が生きる  死ねない、生きる  者こそ、本当に生きる  時には、生きる  此世で過して、もはや生きる  舞台は生きる  今日を生きる  のである、生きる  愚に生きる  水に生きる  非人情的に生きる  山頭火は生きる、生きられるだけ生きる  つた、生きてをれば、生きる  純真に生きる  ここに落ちついて、生きられるだけ生きる  私の生きる  窮極の生きる  ことが生きる  人生を生きる  今日も生きる  抵抗して生きる  自覚して生きる  さ、そして生きる  愛が生きる  人として十全に生きる  追憶によって生きる  あなただけと共に生きる  ベートーヴェンが生きる  僕は寂しく生きる  苦悩の和らぎと生きる  中に生きる  それによって生きる  我らは生きる  生を最もよく生きる  彼にはこの生きる  ような生きる  死ぬか生きる  婦人の生きる  てゐても、生きる  しか女として生きる  ありのままに出して生きる  ようにして生きる  確信を貫いて生きる  なかに生きる  胴からはなれて生きる  月のながれに生きる  何十年先まで生きる  ふみの生きる  ぼそぼそと生きる  自身の生きる  ときには生きる  ことぐらい、生きる  要求に押されつつ生きる  価値を見いだしつつ生きる  併しかくの如きは何故に生きる  哲理を考えつつ生きる  自己のみで生きる  二人を生きる  私らは軽々しく生きる  流れに従って生きる  それなくしては生きる  つても生きる  俺だちは生きる  土地を取上げられては、生きる  僕はもう生きる  孤児として生きる  わが子の生きる  時代に生きる  永遠に生きる  不具となって生きる  女として生きる  人間は生きる  息をして生きる  椎の木が生きる  影響しなくては生きる  私などはまだまだ生きる  心なくしてどうして生きる  恋を生きる  八十も生きる  私は生きる  神様に養われて生きる  名によってもらって生きる  ところの生きる  自動車に乗っていると、全く生きる  のを持って、生きる  何と云う生きる  ほん読むと、生きる  歴史は常に新らしく生きる  焦心、生きる  地球に生きる  手書きコンピューターが生きる  手書きが生きる  アジアに生きる  これが生きる  死ぬとも生きる  私自身に生きる  ためではなく生きる  場では、勝って生きる  そこに生きる  信条で生きる  若い人たちが真に生きる  唯々諾々と生きる  判断と生きる  苦悶として生きる  趣味のみに生きる  人生観によつて生きる  自然に生きる  意志か、いいえ、あくまで生きる  友に強い生きる  身体で生きる  耕地から農民としての生きる  作家の生きる  日本に生きる  庶民の生きる  一員として生きる  ひとつの生きる  「夢」に生きる  つてのみ生きる  薄暮に生きる  生一本に生きる  波瀾をしのいで生きる  世界に生きる  眞とは生きる  死ぬの生きる  日まで生きる  人間がよりよく生きる  罪悪は生きる  ことが、生きる  歴史的生命に生きる  死ぬとか生きる  女みずからがより好く生きる  新世界に生きる  パンによってのみ生きる  否とは生きる  人間が生きる  考えは、生きる  時勢を生きる  集団して生きる  社会の生きる  思想史、生きる  僕にしてみれば、生きる  死ぬ年が来るまで生きる  彼等はどんなに永く生きる  事が長く生きる  百年も生きる  三十五年位まで生きる  十年までは生きる  鵞鳥は長く生きる  廿五年位まで生きる  七面鳥よりはずつと長く生きる  年だけ生きる  九十まで生きる  一緒に生きる  時代から一歩も出ないで生きる  国家として生きる  鶏も、生きる  俺の生きる  社会的に生きる  自殺希望者を生きる  交錯に生きる  境遇に生きる  すべての働いて生きる  人が決して生きる  世の中にあって、生きる  人間が、生きる  パンだけで生きる  思い出だけに生きる  からざる時に生きる  一生を生きる  文化的向上とに生きる  自分の生きる  ぼくは、生きる  民衆として生きる  即興に生きる  君なしで生きる  遊びが許されなかったら生きる  来年も生きる  発揮して生きる  女が女らしく生きる  結局あきらめに生きる  もの、生きる  モツトー以外には生きる  我々の生きる  人間的に生きる  なかで働いて生きる  道理に従って生きる  きょうに生きる  民主的に生きる  ような殺しても殺しても生きる  女の生きる  勤労して生きる  中に働いて生きる  人間の生きる  のであろうが、更に生きる  時代と共に生きる  ほか、生きる  カスカスに生きる  人々自身の、いかに生きる  それを生きる  正直に生きる  階級に生きる  精神に生きる  稗粕をなめて生きる  朝鮮人だって、生きる  ますます自身の生きる  復た生きる  如何にして生きる  この世に生きる  ためにでも生きる  やすやすと生きる  歴史に生きる  ところ、生きる  一部として生きる  物語を吸って生きる  期に、生きる  現代に生きる  人は生きる  人間として生きる  七十まで生きる  説から抜けてよりつよく生きる  死ぬのより尚生きる  てんとうさまは生きる  ものでもなく生きる  豊かさ、正しく生きる  私たちの生きる  のは、生きる  自然物ではあるが、その生きる  中で生きる  経済事情に生きる  供養に生きる  手の内に生きる  獅子として生きる  腎臓が悪くて、生きる  門にあっては、生きる  真個に生きる  此ほか、生きる  社会内に生きる  世代にも生きる  社会に生きる  今、生きる  米に生きる  親切をつくし合って生きる  良心で生きる  彼の生きる  方向に向って生きる  大手術をうけ、まだ生きる  生きようにも生きる  中にも生きる  於いて、生きる  隠忍よく生きる  仕方がないからのはかない生きる  四十年は生きる  世の生きる  おれ達がこうして共に生きる  君達は輝かしく生きる  身をやつし、生きる  托鉢に生きる  どこで、どうやって生きる  一瞬間に生きる  一人も生きる  日本が生きる  内奥に生きる  個人が生きる  無限に生きる  現象を通じて生きる  海上に生きる  張飛とは、生きる  現世に生きる  ためしに応じて生きる  フタもないし、生きる  経験も、生きる  あとでも、何やかやして生きる  まっとうに生きる  なかった祖母が、生きる  時すっかり生きる  立派に生きる  從つた所で生きる  自己に生きる  純理にのみ生きる  ギリギリ一杯に生きる  勤労に生きる  勤労によって生きる  体を売って生きる  悲しみを思ふ、生きる  爲めに生きる  彼女も生きる  めたちもながく生きる  霞を食って生きる  ように、生きる  人間と生きる  人生を正しく深く美しく生きる  うちに生まれ、生きる  しろいかに生きる  人間としていかに生きる  人間に生きる  精一杯によりよく生きる  んですわ、生きる  市に生きる  身よりにたよって生きる  吾人の生きる  此世に生きる  眞正に生きる  豫想に生きる  發表にのみ生きる  たださえ生きる  露出して生きる  後に生きる  以つて沈潛して生きる  選択して生きる  仕事から手を引いて生きる  ほんとうに今日に生きる  之と共に生きる  二人とも生きる  鎖でしばって、ぐいぐい圧しつけ、生きる  ことで、生きる  恋に生きる  政治的に生きる  千載に生きる  いのちを生きる  世に生きる  マットウに生きる  だって二号にしていただかないと、生きる  パンのみで生きる  仕事でも、生きる  方向にある正しく強く生きる  余贅などは、生きる  茲に云う生きる  ことばかりでなく、生きる  私は、生きる  聴、生きる  形式で生きる  裡に生きる  いふ風に生きる  芸術家として生きる  十年も生きる  人は、生きる  八十まで生きる  中をさまよい歩いて、生きる  一つには生きる  破裂して、生きる  心に生きる  おしに生きる  ようござるな、添うに添われず、生きる  半分も生きる  佃として生きる  それがあればこそ生きる  自分を強く守って生きる  別々に生きる  ことには、そうされて生きる  言葉は、きっと云われただけには生きる  私はもうどうせ永く生きる  いまが生きる  誠実に生きる  のだ、生きる  幸福に生きる  何歳まで生きる  八十歳まで生きる  から、これからも生きる  私はどうにもならなくなって、又生きる  タンスを売り、細々と生きる  期間、生きる  ところを生きる  楽しみを共にし、共に生きる  各自個性に生きる  人間にしか生きる  それが生きる  百姓達の、生きる  国が生きる  私など、生きる  紳士百姓として生きる  街に生きる  充分に生きる  残りだけが生きる  境地に生きる  矜持として生きる  欲望のみたしてとして生きる  身とをなげ入れて生きる  真実に生きる  理想に生きる  方法を取って、なるべく長く生きる  死ぬことは生きる  熱情に生きる  我は生きる  金が生きる  姉として生きる  女性として生きる  我が身で生きる  さきの全べてをふさぎ、生きる  たよりに生きる  大観は生きる  ものは生きる  事だけで、生きる  直吉は、生きる  作家として生きる  何をすれば、生きる  それは、生きる  大陸に生きる  貴方の生きる  彼は生きる  団員たちにとって、生きる  僕がよりよく生きる  死ぬる生きる  わが生きる  死ぬも生きる  いふよりも、生きる  山を生きる  句に生きる  事実に生きる  別に天地を求めて生きる  ほかには、生きる  興に生きる  文学は生きる  作家はともかく生きる  もので、生きる  お手本などは生きる  単純明快、より良く生きる  相にすぎないので、生きる  悪を喰って生きる  あたしゃあもう、生きる  雨降りや生きる  まじめに生きる  芸道に生きる  そうでも無く生きる  ために、いかに生きる  演技も生きる  それと共に生きる  人生は、生きる  それで生きる  上で生きる  唯一の生きる  骨おしみをしない生きる  女性の生きる  夏も忘れ、生きる  どれほど生きる  われは、ひとり生きる  外に生きる  野に生きる  あたし、生きる  たいように生きる  濁世に生きる  貫徹して生きる  無自覚にはたらいていたし、また生きる  おれはまだまだ生きる  戦争へ引っぱり出されたので、生きる  百歳まで生きる  信念に生きる  現実に生きる  信仰に生きる  非でも生きる、生きる  死ぬためでなく生きる  名に生きる  私どもも、もう生きる  さしず如何あるか、生きる  なかで生きる  それとも生きる  それは要するに生きる  ぐうたらに生きる  本分に生きる  難もはかり知れぬが、生きる  すがと生きる  愛情に生きる  ものほど生きる  二三年は生きる  感情が、生きる  死ぬのか生きる  倖せに生きる  明日も生きる  今日に生きる  無我に生きる  成程、生きる  後世に生きる  クーリツィンとは、生きる  自分を護って生きる  人間には生きる  文学に生きる  方が一層下らない、一層生きる  お母さまの生きる  本当の生きる  人だけは、生きる  そこでも、生きる  自由に生きる  ように、楽しく生きる  心に沁みて生きる  清らかに生きる  約束する生きる  道に生きる  彼に生きる  愉快に生きる  亡者として生きる  死ぬぞ、どう考えても生きる  於て、生きる  ここで生きる  男一匹が生きる  かくて、生きる  ほかに生きる  憂いなく生きる  人生を見ないで生きる  完全に生きる  良心に生きる  生命を以て生きる  良心にしたがって生きる  人々が、生きる  生きることができ、生きるべきであり、また生きる  一人が生きる  物語が生きる  時から云われて居る、生きる  欲望によって生きる  才能もない、生きる  虫にさえ、生きる  ここでは生きる  それらのまったく生きる  それもやはり生きる  彼が生きる  弱者にとっては生きる  幻影に生きる  生きがいに生きる  かたが、まつたく生きる  以外に生きる  あなただけでも、強く生きる  おのおのの生きる  剣に生きる  要素として生きる  封鎖し、生きる  女としてはねかえして生きる  私なんかもう生きる  状態を持ちつづけると、もうほんのほんの少しずつ生きる  彼も生きる  滿足して生きる  この世に心強く生きる  点をはっきりして、よりよく生きる  依存して生きる  乞食を生きる  君がつかえば生きる  である、生きる  一切を賭けた、生きる  実質で生きる  ための、生きる  生を求めるくらいなら、生きる  俺は、生きる  長なへに生きる  片時も生きる  自分はまだ生きる  面倒には思っていたものの、生きる  精神で生きる  何に拠りて生きる  福祉に生きる  死ぬにしても、生きる  状況にぶちこまれて生きる  底に沈み、もう生きる  モーツァルトは生きる  他人の生きる  たびに、せめて、正しく生きる  社会から、生きる  スコツプを握り、生きる  自分は新しく生きる  どんでんがへしにはずんで生きる  こんどは、生きる  反映となって生きる  女房が生きる  芸術よりや生きる  さへも、生きる  此の世に生きる  やうに生きる  強烈に生きる  情感に生きる  普通のものであって、生きる  ことを知らせられながら、生きる  うちに生きる  あなたは生きる  僕には生きる  当分他に生きる  彼はもうなんら生きる  隙がなく、生きる  一生活体が生きる  変化してむしろ生きるか生きる  状態で生きる  恋愛に生きる  そこを生きる  穏やかに生きる  そこで生きる  新進者らへ生きる  努力、単に生きる  歴史をどう生きる  間の生きる  由つて、一層強く生きる  ために、尚、生きる  おれはもう、生きる  女であり、生きる  人民的立場に生きる  打算ばかりで生きる  死ぬ間際まで生きる  僕はあくまでも生きる  パンスケ以外に、生きる  から、これから強く生きる  近代に生きる  二百歳まで生きる  私達の生きる  のだから、生きる  狸にだ、生きる  死ぬし、生きる  ように投出して、生きる  理想を目ざして生きる  伊豆は生きる  いやだ、全く生きる  小説家の生きる  いきさつに生きる  混合に生きる  混淆で生きる  声に従って生きる  人間一人の生きる  若い女として、生きる  いくらかでも生きる  人間のよって生きる  作者の生きる  立体的に生きる  本気になって生きる  闇買いとか、生きる  さに生きる  ことは、最も強く生きる  誠実に、生きる  千年のと生きる  五百年位はわけなく生きる  厚顔無恥に生きる  自然物として生きる  夢は、生きる  思い出に生きる  希望とやらに生きる  物質に生きる  差し、生きる  二人は死んでも、生きる  もっと切実な生きる  自分らしい生きる  社会で生きる  それしか自分の生きる  現在にのみ生きる  私にあっては生きる  なほかつ、生きる  とこしえに生きる  力で生きる  質素に愉しく生きる  才能っていうか、生きる  芸術と生きる  孤獨に生きる  それはちょうど生きる  から、生きる  のは生きる  明日幸福に生きる  分まで生きる  他を生きる  それに生きる  九代を生きる  形となったが、より強く生きる  僕に生きる  万年も生きる  社会主義社会に生きる  文学趣味に生きる  問題ではなく、生きる  死ぬにしても生きる  芸術家にとっては、いかに生きる  逆に生きる  仕事で生きる  百万年も生きる  自分と、生きる  落胆が、生きる  大望に生きる  野心に生きる  表であり、生きる  知性的に生きる  儚いものに思はれたら、生きる  意志、生きる  醤油が買えるか、食ってゆけるか、ゆけないか、生きる  深淵に生きる  己はまだ生きる  身をほろぼすが如く見えつつ生きる  組み打ちをして生きる  あいつのあとを追って、生きる  おまえは生きる  血みどろに生きる  くせ、よりよく生きる  非でも、生きる  中に、その生きる  二字を生かせば生きる  闊達自在に生きる  全力的に生きる  享楽とに生きる  草を食って生きる  建設能力、人間らしく生きる  今日私たちの生きる  山に生きる  立場で働き生きる  さが生きる  生活が生きる  中にも馴らされて生きる  今日如何に生きる  作家らしく生きる  その間に生きる  人間が最も人間らしく生きる  「詩」の生きる  手依って生きる  蝦夷地を措いて、生きる  一統に、生きる  われらの生きる  前後左右に生きる  死ぬ前には生きる  一つより生きる  私にも生きる  私には生きる  意識に生きる  秋子も、早く生きる  さきは、生きる  なんだし、生きる  ひとつに帰して、もはや生きる  一つの生きる  私たちは生きる  から、そう長く生きる  今度は生きる  わたしは生きる  生活態度を生きる  かい教師の生きる  相手にして生きる  普遍性を見出して、ほぼ生きる  それの再び生きる  階級的にどう生きる  嘆きを生きる  はず全身で生きる  大人になるまで生きる  生涯に織りあわせて生きる  愛に生きる  肝臓を食って生きる  夢に托して生きる  戦争の生きる  強盗でもして生きる  希望もなく生きる  他に生きる  八十位まで生きる  守人にとって新しく生きる  観音さまにおすがり申して、生きる  主題は働いて生きる  人々はどう生きる  人生は生きる  作品集にたたえられている働いて生きる  子から子へ永く生きる  内に生きる  両性関係を生きる  価値を見出そう、生きる  私にとっては生きる  わたくしは生きる  さを通して、人間らしくどう生きる  今日様を生きる  あっしにとっちゃ生きる  それ以外に生きる  佐柄木は生きる  自分はどう生きる  盲目になればなったで、またきっと生きる  生活で人間らしく生きる  事情は、人間らしく生きる  人間がどう生きる  それは生きる  喰べて生きる  眼をふさいで、もう生きる  眞實死ぬの生きる  本能に生きる  融合的に生きる  哲學は生きる  ブルジョアの生きる  風にしてもう生きる  欲求に生きる  ことも生きる  ミュトスとしてのみ生きる  百歳までは生きる  百歳くらい生きる  女は生きる  みんな同じ生きる  人間として持って生まれた生きる  自分も生きる  展かれて生きる  一番大事な生きる  外に、生きる  中で、どう、よりよく生きる  どこに最もよく生きる  そこで楽しんで生きる  見事に生きる  それぞれトッチメラレ、生きる  方が、生きる  ところ杉田にとっては、生きる  人生に生きる  ところでは生きる  火をかきたてて生きる  身の、生きる  配給に生きる  はずはありませんが、まず生きる  先いちばん長く生きる  千萬年も生きる  人間生活の生きる  感情に生きる  下に相抱いて生きる  自然に逆らわないで生きる  のが生きる  一使徒として生きる  なにより生きる  内部に生きる  花をつけてゐる、生きる  文学者としていかに生きる  うちに、生きる  お方の生きる  私たち人民は生きる  ぶんたちが生きる  職場に働いて生きる  喜びと感じて生きる  どこかで生きる  運命をこえて生きる  運命観にとらわれて、正しく生きる  隷属して生きる  中にあり又生きる  囘想は現に生きる  自然的生を生きる  中心よりして生きる  事を生きる  過去に生きる  中心より生きる  つては生きる  者が飽くまでも生きる  實現に生きる  うちにあり又生きる  完く生きる  極みなく生きる  「生きる」であり、生きる  體は生きる  現在において生きる  他者よりして生きる  惠みに生きる  永遠的生を生きる  他者においてのみ有り生きる  神へと有り又生きる  現在とに生きる  合一において生きる  自然的文化的生を生きる  現在に生きる  生を生きる  ものが生きる  眞中に生きる  肉体が生きる  人は何で生きる  要領をよくして生きる  責任をもって生きる  誇りたかく生きる  死ぬるが生きる  我々は生きねばならぬ、生きる  やつは、つよく生きる  素朴に生きる  あたりまえに生きる  ものは、生きる  意識せず、生きる  事がそのまま生きる  海に生きる  代に生きる  文久三年度に生きる  一人で生きる  サジは生きる  ほかには生きる  上に生きる  多くは生きる  中に、生きる  僕らは、生きる  直接の生きる  僕には分らない、生きる  蔭を追ふて生きる  地と共に生きる  趣味に生きる  頭をもたげかけたが、よしてしまっては生きる  下で生きる  ためによって生きる  苦悩にせめられて生きる  希望に生きる  智慧の光りに照らされて生きる  術いまだ至らず、もはや生きる  坐り心地や生きる  歸つて一緒に生きる  なほ力は極めて生きる  本統に生きる  迷信に生きる  ことが、真に生きる  二十五歳まで生きる  わしゃ、もう生きる  大地を愛して生きる  ほうは生きる  適宜に生きる  理智から明快に生きる  その後は生きる  一つものと成って、生きる  為に生きる  今日、いかに生きる  良心的に生きる  実質を、生きる  急に生きる  憂目に遭うかと生きる  百まで生きる  日本を働いて生きる  心にせまる真実性があり、いつも生きているし、長くも生きる  死ぬまでは生きる  商業的騒音に生きる  心を繋いで生きる  快活に生きる  まり心をつながずに生きる  生涯を生きる  時代を生きる  日々、生きている刻々、生きる  部屋へ這入つてきて、生きる  ほかに愉しむことも生きる  行動に移すと生きる  者は善く生きる  美耶子は生きる  世界にのみ生きる  畫し、生きる  人の生きる  わたし達がこんにち生きる  きみ心に生きる  天才の生きる  結局はいかに生きる  鹿子木夫人の生きる  なかでの生きる  夫婦とも捨てみで生きる  子の生きる  者の生きる  小さきものとして、生きる  類は強いには強いが、生きる  弱き小さきものも充分生きる  のがこうして生きる  百九歳まで生きる  ひとたちの生きる  放散がなければ生きる  妻として生きる  重みに屈せず、生きる  私共は生きる  お前一人なら、どうにかして生きる  何か生きる  二十年も生きる  生活にも、人間らしく生きる  そこには生きる  美に生きる  前に、生きる  泰子が生きる  とどのつまり何によって生きる  支配して生きる  習慣、又生きる  人間は深く、つよく、生きる  ものの生きる  さで生きる  空に生きる  原動力として生きる  科学者として生きる  以来、いつも生きる  やすやす偕に生きる  生きる力の溢れによって、生きる  人間はいかに生きる  場合を思いやり、生きる  枯れすすき二死ぬも生きる  のを持ってきて、生きる  死ぬるか生きる  思想に生きる  時は、生きる  人々は呻きながら生きる  パンのみに生きる  それ位の生きる  彼方重く軽く生きる  かげろう只ひきずられて生きる  文学は、より良く生きる  永久に生きる  こんにちに生きる  者として生きる  時期に生きる  ことだけに生きる  僅かばかり生きる  積極的に、この、生きる  それだけを生きる  限りなく生きる  十分に生きる  かたもあるか、と生きる  ぼくら日本に生きる  九十八まで生きる  かたまりが、その生きる  自分たちの生きる  生活を始めた生きる  舞踊芸術に生きる  彼等は何とかして生きる  全的に生きる  ことは生きる  新しい時代に生きる  楽に生きる  お母様は、只、生きる  見方によって生きる  小鳥を生きる  衷に生きる  ためにどのくらい生きる  から、もう生きる  自分たちも生きる  僕勝手に生きる  風に生きる  僕は生きる  人おのおの、生きる  音に生きる  真中で生きる  ところに生きる  芸に生きる  藝術に生きる  事業に生きる  實に、生きる  人生、生きる  鳥類が生きる  各自のえらぶ生きる  場所でも、生きる  見識が生きる  日に生きる  どころと思いきわめて生きる  うえに生きる  



前後の言葉をピックアップ
生霊  いきり立た  いきり立ち  いきり立っ  いきり立て  いきる  活きる  イキル  いきれ  イキレ


動詞をランダムでピックアップ
繕っ俯き罷り間違っ吸いこま嗄れる交ざり縫い込ま游ぐきりあげるみすかし到ん併せる割く訳そくるめよさしあげ打払いたなびい見つけだす博す
形容詞をランダムでピックアップ
焦げ臭くいそがしい仰々しかっ間近い薄暗し穢らしきひさしく堪難し幼し華々しく手堅汚らわしいかわいらしくっよろしから広ううすしたゆき手酷き面白から