「犬」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
犬の吠ゆる  犬の吠え集りし  犬に兎を追はしておいて  犬がきつと  犬が野兎のゐる  犬にも狐にもなる  犬をつれて  犬がすぐそばの日向でじゃれついていた  犬の頸をなでていた  犬が吠えなくな  犬がほえて  犬がほえる  犬であた  犬の飯詰めた  犬の兒でも生んだといふ  犬にほえられ  犬の墓を見た  犬は吠えるばかりで  犬が走れば  犬に吠えられつつ  犬がきた  犬でもあるかと思えば  犬の供を召連れて歩くという  犬を渡せ  犬の間違いは昔からよくありますよ  犬が這入って来ます  犬と遊ぶ  犬に十分与へておいて  犬に話しかける  犬もわたしもおどろき  犬なればほえ  犬のぢやれつく  犬とゐて  犬は戻つてきてゐる  犬を引張つて  犬が頭に小さな怪我をしてゐる  犬から離れて  犬が寝そべつてゐる  犬もゐなくな  犬がゐて  犬に吠付かれて  犬の事を憶い出すなんぞと  犬が余処から帰って来て  犬になって  犬だ厭な犬だと言って  犬だと言われる  犬は何処へ行ったって可愛がられやしないやねえ  犬が知る  犬でなくなる  犬と一緒になって  犬も屹度然う思うに  犬の尻尾とか足とかが見えていたというけれど  犬の寝ている  犬じゃ詰らないと  犬の啼声が聞える  犬のように川端を歩き廻る  犬が吠える  犬が頻りに吠える  犬吠え出す  犬の遠吠もせず  犬に石をほうりやがったから  犬のほえる  犬の声は憤怒と変じた  犬の周囲に集まっていた  犬と犬とが顔を見あった  犬と犬とを喧嘩させた  犬の方は一向にはかどらなかった  犬が妥協したにかかわらず  犬がひきだされた  犬と犬との鼻をつきあてた  犬の喧嘩をもってしかりとする  犬が強くなる  犬を戦わさんとすれば  犬に喧嘩をさせる  犬の格闘が始まった  犬はもう憤怒に熱狂した  犬は隙を見あって  犬はいつのまにか戦いをやめて逃げてしまった  犬がいるからおいはらって  犬の喧嘩のときに阪井のおかげで勝利を占めた  犬でも畜生でも恩は知ってるよ  犬やねこのようなまねをして  犬に追われた  犬の屍のごとくたたきつけられた  犬とがいる  犬だまつて聴いてゐる  犬くちぶ  犬がのつそりとあるいてきた  犬がながい舌をだして話しかける  犬はひとこゑもほえないで黙  犬その鼻をそろへ  犬はよぢのぼる  犬のやうにふとつた白い狼が真赤な口をあいて  犬の子か何かを棄てる  犬が牛を食はうとする  犬は背中で待つて居て  犬は必死になつて人間に飛びかかる  犬の飛ぶに連れて  犬の方が疲れて  犬のように汁を浮べて爛れていた  犬のようだと人からいわれた  犬を一匹だいている  犬のにおいがするね  犬が砦にとび込んで来る  犬に扮する  犬の孫娘とあれば  犬がいました  犬だとわかると  犬の子のようにゴソゴソはいよっていった  犬の母だツて小犬を育てる  犬をぢやらした  犬もゐた  犬がこはくて  犬が大きな螺線状の輪を描いて  犬を屠りて  犬の遠吠と婆さんとは何か関係がある  犬になるかと  犬が急に馬になる  犬の遠吠を苦にしているだろうと思うと  犬の遠吠でよく分ります  犬の遠吠を引き去ると動いている  犬が吠えれば  犬の遠吠が泥棒のせいときまるくらいなら  犬のやうに走  犬のやうな弱い眼をして  犬の声さえ聞こえなかった  犬を追いまわしている  犬にでもなった  犬ごやへはこんで行って  犬ごやに入れてあるからの  犬ごやへ出かけて行って  犬ごやの戸をあけるなり  犬の歩いている  犬のある  犬と二匹の仔豚がゐて  犬を撃退してくれた  犬の話は努めて避けてゐました  犬の話などを持ち出しては  犬が集ま  犬の飼ひ  犬はどこのものだといふ  犬のようにも見える  犬があった  犬が突然恐水病にかかる  犬もあった  犬にしては  犬のやうに私の眼もとへ矢のやうに眼を射りつけた  犬のやうに生きてゐるだけかもしれないね  犬よ荒々しい夢のかたまりとな  犬が稀薄である錨はすでに溶解され  犬の子とは違う  犬をつれてきて  犬ほども利かぬ  犬のように咬みつかれたので  犬の吠え  犬や猫のように扱われて  犬のように死ばれ  犬おつかねえで  犬どうなる  犬どうする  犬が仇討をする  犬と狼とどつちが  犬ばつれて  犬ののどをうならせてゐる  犬が今度は彼の足にまつはりついて  犬をキャームと呼ぶと  犬が一匹いる  犬はさきに立って  犬などはまるで踏みつぶし  犬もすっかりしょげかえって  犬ばかりは小十郎が四十の夏うち中みんな赤痢にかかって  犬を連れて  犬もへとへとにつかれ  犬はもう大悦びで木の下に行って  犬はもう息をはあはあし赤い舌を出しながら走ってはとまり走ってはとまりして行った  犬との影法師がちらちら光り  犬はやっぱりそんな崖でも負けないという  犬が火のついた  犬がその足もとに噛み付いた  犬の形は遂にあらわれなかった  犬の真似をして  犬を探して  犬や猫の皮とおんなじ値で買える  犬か猫か何かが是非一匹いなければならぬという  犬のやうに掻きわけて  犬がのそりのそり向うから歩いてきた  犬が通りすぎるまで佇んでいた  犬でも飼いたき  犬も食はねえ夫婦喧嘩ばかりしてゐ  犬は噛む  犬に吠えられない  犬は死物狂いの声を出して  犬の代理なんかして居る  犬が一匹船の横から出て来た  犬に来い  犬の鼻へ包が擦りついた  犬を叱った  犬の友達ともなれぬ  犬が大地を嗅ぎながら  犬に出遇った  犬のように組み合って倒れた  犬をあやして  犬のように走って行くと  犬と遊んでいたら  犬の吠える  犬はおびえた  犬がじっと私を見ている  犬の感じがしないでも  犬の感じにまでおちてしまった  犬に食われてしまえ  犬にたのむ  犬に渡す  犬ほどになると  犬の死骸が落ちた  犬はまだ撲殺されたばかりらしく  犬をひきずり上げた  犬の胴を揉み抜いた  犬はぐったりと濡板の上に伸びて  犬の顎に差し込むと  犬の投げ出された  犬はぶち殺して喰う  犬のことをいっている  犬の飼われている  犬は持っている  犬が私を見ている  犬の心が傘一重でふせぎ切れる  犬はまたやめた  犬や狼を描いた  犬か競走馬を飼う  犬が自分の食器をくわえて歩いている  犬の遠吠をきいていると  犬の遠吠をききながら  犬がねている  犬の顔ばっかり見ながら  犬はすぐ眼をさました  犬にむかって言った  犬にはわからなかった  犬は肝をつぶす  犬の首輪をつかんで引き離しながら  犬の方を見た  犬はもうけろりとして  犬の頭を撫でながら  犬の頭をなでている  犬に吠えられて  犬のしきりに吠ゆる  犬の土左衛門の流れ得る  犬が赤土のうえからよろよろと起きあがるやいなや  犬がとげた  犬が頭をぶつけて死んだ  犬の方を見ていた  犬が恐  犬はその人を見るとむくりと  犬の頭をなでながら  犬にいい  犬だと小父さんはいったが  犬が嗅ぎつけて  犬のように這い込んだ  犬の真似をした  犬の真似をしたりして  犬が寄つて来た  犬本当に舐めてよ  犬を僕に紹介してくれた  犬が犬同士密告した  犬となり  犬は人間の座敷に立ち入る  犬を掴まへて  犬に比へたりした  犬が追つて行つて今一息といふ所になるとひらつと  犬は飽れて  犬がその辺をうろついている  犬のような眼をして  犬のような眼付をしてうろつきまわって  犬のように満ちたりた  犬でもいたずらした  犬の肉だったに違いないと言う  犬の足がちらちら映りながら  犬のように無雑作に身体を眠りにまかせた  犬がぬれて停ちたり  犬を見ても  犬や鳥とさへ  犬や鳥とさえ話をする  犬が歩いていると  犬が吠えます  犬だって寝言にヒクヒク泣いているじゃありませんか  犬の遠吠えの声に入れ  犬や猫はこれをちゃんと心得ている  犬は二十年か二十五年になれば  犬は忠実に人間の仕事をします  犬に引かせた  犬が咥えて歩いていましたから  犬が咥えて落とした  犬がのそのそと入ってくる  犬を連れていた  犬の方へ向けられた  犬もはじめのうちは非常に威勢よく駈け廻っていたが  犬もようよう落ち着いたらしく  犬はその頭をあとへひいて吠えた  犬をしきりに鎮めていた  犬はもうおとなしくなっていた  犬が私たちのあとについて来なかった  犬は火のそばに摺り付いてふるえている  犬をいたわる  犬は一向にその相手にならない  犬は爐の前の敷物の上に眠っているらしく寝ころんでいた  犬は今起きあがって  犬はやがてしずかに身を起こしたが  犬のほうなどを詳しく検査している  犬の滑り込んでいる  犬は無理にそこから逃げ路を見つけようとする  犬に咬みつかれて  犬が追い込まれて  犬はもう死んでいる  犬の亡骸とを引き取る  犬を殺したほどです  犬とおなじように殺されたでしょう  犬を殺しましたか  犬をひけり  犬の唸るがごとき  犬はいつでも中心の方へ頭をむけて  犬は鼻で見る  犬をひっぱっている  犬を憚った  犬が近づいて来る  犬はあるまいと思われるほどの  犬を軽くたたいてやりますと  犬のそばを眼を醒まさせないで  犬は宏子を見ると  犬がいましてね  犬に投げてやると  犬が小さな御馳走を平らげてしまうと  犬を連れて出て行った  犬の遠吠え一つきこえず  犬を伴れた  犬が不意に驅け出した  犬が不意に駆け出した  犬でも見る  犬をからかふ  犬に食いつかれてるだろう  犬でさへ怒つて吠えるでせうに  犬に縁の下を貸すくらいな  犬が前脚で届き  犬のあくびをしている  犬の写真のある  犬が吠えた  犬の顔のような真黒なのを擡げると  犬とつれて  犬とふざけていた  犬のように寝ている  犬がウーウー唸りつづけている  犬が庭に放されている  犬がそろって  犬の声に注意のできない  犬をつないでくれませんか  犬と格闘した  犬は気がつくまいよ  犬が見逃すほど  犬の位置の反対側へ闖入者がとび降りた  犬も気がつかないだろう  犬を牽き  犬のようなそんな獣に脅かされたなどと思われましたら  犬か狼かいずれ直きに  犬の皮を着て  犬も遠くの方で吠えている  犬や馬と駆けています  犬などと気持よさそうに暮している  犬が姿をあらわす  犬まで歓待して  犬になっての  犬が居て  犬がゐる  犬が自分の糞をした  犬が足にからまるやら  犬の糞でかたきなる  犬のくびの所をつかんでぶらさげて  犬の鳴  犬を連れてもいられませんからね  犬の顔に煩ずりをしてから  犬も同然な奴とでも云うが  犬か猫に与える  犬の遠吼えは  犬の遠吠えすら聞えない  犬が夢中で追ひ駆けてくる  犬の死骸を見かけたと言って  犬が戯れてゐた  犬が交尾してゐた  犬も吠えねえ  犬が時々思い出した  犬のように前居た  犬のように一ぺんあるいた  犬も居らぬ  犬を見た  犬や盗賊の侵入を防ぐが  犬を飼えと教えたが  犬がそこらの路地から駈け出して来て  犬はそれを追ふ  犬は要次郎に追はれながらも  犬は悲鳴をあげて逃げ去つた  犬がかれの  犬という字をつける  犬にやるとか  犬ころしに見える  犬を飼わなかった  犬を追いまわしたりした  犬が走って行く  犬もいた  犬を追っかけて行く  犬だか人だか見  犬とは似ても似つかない  犬になり変わった  犬は一匹も見あたらなかった  犬がほえてくれたばかりで  犬だかわからないほど  犬の医者をよんで来るといって出かけて行ったる  犬のやうな形の雲がかけて行き  犬のような形の雲がかけて行き  犬が尽く合の子のカメ犬となって  犬の居ない  犬も掛らなかったらしいが  犬に置き換えた  犬になったと信ぜしめた  犬をつれて遊んでいた  犬もその場で逆立ちした  犬までも逆立ちせしめた  犬にでも噛まれた  犬に咬まれた  犬のようにざかざか這って  犬に吠えられてしまうぜ  犬が飛出して来る  犬でも菊でもその種類によって数が必ずきまっている  犬のやうな惚れ  犬迄が人の邪魔をしやがる  犬が来たぜ  犬の方でも可愛がって呉れる  犬は尻尾を振りながら  犬を呼んだ  犬を抱える  犬の脚を高く上げて  犬の脚を離そうとしたが  犬の脚の裏をちょっとこすって見てから  犬は暫くクンクン云って  犬が尻尾を振りながら飛んで来た  犬をみんな呼び寄せたが  犬を囮にして  犬にはベットリと例の赤黒いものがついていた  犬を扱うので  犬を指しながら訊いた  犬を放して  犬はジャレながらついて来た  犬のふざけている  犬がいたろう  犬を調べて見たが  犬の脚の裏にベットリと同じインキがついている  犬がお堂の縁の下へ駆け込んだろう  犬はどこで印刷に使う  犬も通りませいで  犬なることを示す  犬のような二つの細い眼に嫣然と微笑を投げて  犬のように傾き始めると  犬がかぜを引いた  犬のように歩き廻った  犬や鷹の用意をして  犬が自動車に轢かれ  犬が自動車に轢かれた  犬のように這いながら  犬はまたなめた  犬を斬るも  犬の走る  犬にとっちゃ  犬は一匹も見えなかった  犬は吠え  犬へ投げ与えた  犬に橇を引っぱらせて  犬がのっそり縁側のとこへ来て  犬に食ひつかれて  犬は病んでゐるの  犬はかれ  犬のこころは恐れに青ざめ  犬も立ち止って  犬について説明を傾聴している  犬と戯れつつ  犬をよぶ  犬が来たって  犬に嗅がせなけりゃなるまい  犬はよくお前を嗅いでってくれたかい  犬に嗅がれた  犬が首を垂れて  犬おまへも寒かろ雪が降る  犬とか猫とかいふやうな人間生活のなかにゐる  犬が嗅ぎ嗅ぎやって来た  犬に向って  犬は耳を立て  犬が沢山吠え出した  犬が吠ないような身装をし  犬の尾が顔にあたった  犬に食われろなんて言われねえ  犬でも追い払う  犬の頭くらいある  犬が泳いでいた  犬のごとく踞ったが  犬を毎晩そこに泊らせた  犬と一処に写した  犬が飛出して来て  犬が不思議なものをくわえて行く  犬からうばい返せ  犬のあとを追いかけた  犬はどこへ逃げこんでしまったか  犬のくわえて行った  犬がくわえていった  犬のあとをしばらくつけてみたよ  犬のあとをつけた  犬はごみためばかりあさって歩いたが  犬がくわえて行った  犬のくぐり  犬もいる  犬の姿が路次の中に消えると  犬の足を轢いた  犬ふせぎしぶきのぬれにうつる  犬の児の嫁にはやれんと  犬を捨てた  犬にやろうという  犬を連れていって飼っておく  犬を自分たちの敵と思っているので  犬を憎んでいました  犬が楽しそうに遊んでいる  犬のことを考えていた  犬も喰わないというが  犬が多くなり  犬が寄って来ましたら  犬と話をしたり  犬も馬も万物あらゆるものは人間と同じに見るからであります  犬に追いつめられた  犬でさえ行き悩む  犬にでもなりなさい  犬のように外で寝て  犬は鎖に繋ぐべからず  犬のようなものが蹲っている  犬も飯を食うだろうに  犬へ蹴つまずき  犬を放そうと身構えている  犬が綱から放されて  犬くぐりよりもやや大きい三角形の穴があいている  犬のようについて来るだけではないか  犬の死体を葬ってくれる  犬が五六匹来やがって  犬が来やがって  犬が盛に吠える  犬の其の進む  犬は山を乘るやうに入ります  犬のその進む  犬の勢は衰えません  犬は山を乗る  犬のやうに白眼を光らした  犬にも噛み付かれず  犬を二日前に殺す  犬の死んだ  犬まで殺して  犬を殺したり  犬や狼のような身がまえでございましたから  犬がある  犬になって来たな  犬に食はれて死ねば  犬が人間のある  犬を片手に抱きながら  犬のように争った  犬さえ歩いてはいなかった  犬と妻とがある  犬はいけない  犬の心持を思いやる  犬の引く  犬が入ったり  犬を買ったろう  犬になめさせた  犬の唾液から製する  犬をかけあわせて  犬の最大公約数がどういう形をとるかというと  犬がいるが  犬の巻などがあって  犬の通だそうですから伺いますが  犬がどうした  犬の仔を買わないかて  犬が獲物を持参する  犬の商売人に一パイ引っかかる  犬は後日大メシ食らいで  犬の持主にならなかった  犬と同居生活していても  犬もいない  犬ですら自分の居住区域には決して便をしない  犬や豚よりも下落している  犬の子か猫の子を處置する  犬のさもしさに過ぎない  犬はかえってあとしざりしながら  犬はこんどはむこうをむいてばらんば  犬はわけてもでっかち  犬がとてもなつかしくなりました  犬を手なずけようと考えました  犬の姿をみつけると  犬がよくありますが  犬にちがいありません  犬が走りよってきたかと思うと  犬の群は突撃を敢行する  犬に喰われている  犬を剣で払いのけた  犬にむかって  犬と人間との入り乱れた  犬に喰われ  犬の群を追いまくった  犬が二匹出て  犬のようにまるくなって眠らなければなりませんでした  犬があとからくっついて行く  犬は居ず  犬が魚を狙う  犬を一匹つれて  犬の智恵をもって  犬に及ばない  犬の遠ぼ  犬も歩けば  犬とけんかしてくいころされたとの  犬にからかっていた  犬は旅人を見ると  犬を見ると  犬も三尺許り離れて  犬は默つて旅人の顏を瞶めてゐる  犬の顏を瞶めてゐる  犬の目に暫時火花が映つた  犬の前に投げた  犬を引寄せた  犬は目を細くして  犬は唯穩し  犬はスンと喉を鳴らして  犬の尾に縛へつけた  犬はぱたぱたと尾を振る  犬に變形してしまふ  犬としか私を認めてくれない  犬の意志が通じない  犬の意志が人間に通じないと  犬のやうに追ひ出した  犬のけたたましく吠える  犬は狂う  犬は提灯の光りをみて駈けよって来た  犬は何とかいう  犬は毎日のようにわたしの庭へも遊びに来て  犬はその意をさとったらしく  犬はひとむら茂る  犬がひどく吠えます  犬はまだ低くうなっていた  犬に追われ  犬のように犯人を嗅ぎまわった  犬に噛まれた  犬が路面ごと灰色の渋晦を浴せられた  犬が走る  犬は懸命の力を出して闘う  犬が勝つと喜び  犬がやられるだけで  犬を實衡に送つて  犬と何ぞ對揚に及ばん  犬の子孫である所の蒙  犬の子孫に勝つた  犬の子孫に統一される  犬に喰わせる  犬にもあらず  犬でも蹴  犬だって困るだろうと謂ったじゃあねえか  犬が吠えると  犬が現れて  犬の骨格を剥製にして  犬の骨とが残っている  犬を飼はむと  犬の如くに時をして行かしめ  犬が吠えて  犬は大分居る  犬にゃ野垂死にが丁度似合っとる  犬も何処かで吠えはじめた  犬にたとえて  犬に食わせる  犬は夜を守り  犬が大嫌でしたから蒲団を被つて寝て居る  犬を枕元へ坐らせて  犬が恐ろしいとは不思議ぢやないかと笑つて居りましたが  犬がうろ付いとる  犬もあり  犬のシッポの先をちよつと西へ向けて  犬がいる  犬とに番されながらやって来る  犬に向かって  犬は怒りました  犬のためにかみ殺されてしまいました  犬の子を絞め殺した  犬を入れてやると  犬が熊を追った  犬も続いて  犬がしきりに吠えついて来たが  犬が吠えるので  犬が吠えつき  犬に追われながら  犬が擦り抜けて通って行こうと  犬にも噛まれず帰って来たって  犬の仔のごと母親にふ  犬が吠え立てる  犬の吠声を聞いた  犬がこの時またひとしきりはげしく吠えはじめていた  犬を一匹友達にして棲んで居る  犬が家康であることも知つてゐた  犬に会つてみたいといふ思ひが  犬の顔をきらい  犬が過ぎ行こうと  犬はこうであったの経験が重なると  犬はこうであったと纏って参ります  犬なら犬全体に通じての  犬と云う  犬はいつでも代表的な一匹の犬になってしまう  犬はかくあるべき  犬をかく考うべきはずだという事になります  犬の概念は頭の中にあるだけにもかかわらず  犬と云えば  犬を思い出す  犬なりというのはもっとも単簡なる形式を撰んだ  犬の所作をするには及ばん  犬に対して自分の或る運命を占ふ  犬を当分預  犬が卑賤な芸当などを覚えてゐて  犬のおかげでステツキを何処かへなくしてし  犬の名を口にする  犬は鎖につなぐ  犬の傍らへ匍ひ  犬か猫かなにかそうした物が寝ている  犬は犬を知り  犬や馬や虎や牡丹やメロンやコップや花瓶や猫の心を理解し  犬も悲しげに尾を垂れて  犬にとり囲まれて  犬の前に置いた  犬に言った  犬の顔を見ていたが  犬をきっと見つめた  犬は一声鳴いて  犬を抱き寄せて  犬の死骸をかたわらへ置いた  犬の血のついた  犬牽きは只今参りますぞ  犬のようにそっと入って来るなんて  犬はそれを嗅ぐと  犬なんかを呼ぶ  犬かなんかを呼ぶ  犬に変り  犬が訪問し  犬という犬を一匹残らず打ち殺してきた  犬とゴッチャにして  犬によって行い  犬はその餌を持って来る  犬は食い物の与えられ  犬とは違う  犬と噛み合いをやっても  犬の糞などがあっても  犬が小便をかけると焚いて  犬の首輪だのを買った  犬が吠え出しましてございます  犬を使う  犬は猟場に駆け込んだ  犬さえよく狩り出してくれれば  犬の声が聞こえた  犬がはげしくほえた  犬と猫とでない  犬がちゃんと番をしている  犬居仁平の方の筋道もつき  犬が歩をゆるめ  犬は静かに歩み寄った  犬は静かに歩みよった  犬のすぐ鼻さきへ石のように飛びおりて来た  犬を目がけて襲いかかった  犬に喰べられてしまった  犬に喰わせたいか  犬は同情なぞしないでしょう  犬居仁平に仲介して  犬がする  犬が鳴いた  犬が鳴き  犬は低くうーと唸ったり  犬が吠えだした  犬がたいへん吠えましたでしょう  犬がどうして吠えますの  犬ですほんにしづかな草の生えては咲く生えて伸びて咲いてゐる  犬が門の所に寝ころんでいるばかりでした  犬の子でも可愛がる  犬のやうな気持がした  犬や猫がああいふ  犬に襲はれた  犬が三疋と押寄せて  犬の声を変がって  犬の毛を刈る  犬の毛を刈込みに  犬を刈込みにやるとしよう  犬を刈込んでやれ  犬なんぞ一匹もおりはせんがな  犬が吠えだしましたが  犬の鎖を解いてやる  犬の仔ともつかない  犬をよく殺した  犬を手馴ずけるために何か喰べ物でも遣っていると言う  犬は殺しておく  犬が飼ってある  犬がムックリと起き上る  犬があんなにも引掻きまわす  犬のように罵り散らしながら  犬のように喘いだり  犬のやうに足跡を嗅ぎ  犬をあまり好かない  犬との性格の違いに由る  犬の先生に私はしばしば出逢った  犬は忠実だと言われるけれど  犬の方は人間の生活によく順応して  犬の先生が猫を飼ったという  犬の先生の消息も途切れた  犬を飼った  犬なら赤犬の肉がうまいとされているが  犬の鎖や土俵入りの横綱に大枚の金を使ってる  犬の吠声を後に逃げて帰った  犬にはかなわない  犬が啣えるので困りました  犬と共に散在している  犬の話をしようと思った  犬に就いての  犬のように焦燥しながら  犬は一層元氣が出たらし  犬は勢ひこんで  犬と一緒に舟に縋  犬の糞を用意しておいて  犬の糞の効力の及ばない  犬の尻尾くらいの大きさだが毛が生えていないとある  犬や猿や小鳥の生きた  犬はいても飼い  犬の子のする  犬も食わぬ  犬はきっと旅人が連れてきた  犬などに吠えられながら  犬が急に立上つて走り出す  犬が例の不氣味な恰好をした  犬の動作にもかかはらず  犬とそれから僕はいくつもいくつも町角を曲つて行く  犬の後から曲らうとした  犬とを見る  犬がそれをつける  犬だけが主人の傍に坐つて  犬を要求し  犬などを前にしながら  犬も持つてゐない  犬を叱り飛ばして  犬に名を命けてくれとせがみ出した  犬に与えた  犬もヘクトーと呼ばれる  犬がたいてい罹る  犬の死骸が浮いているから引き上げて  犬を貰って  犬の懐き  犬えもいはれない  犬のようにその穴からはいって行くと  犬が這ひ  犬は体を己の足に摩り寄せて  犬が耳を動かして吠えた  犬はぢつとしてゐる  犬はいつもの番をする  犬が何疋もそこらを嗅ぎ  犬が一疋嗅ぎ出して近寄つて来たら  犬でさへ直ぐに流浪人だといふ  犬が一度吠えたばかりでした  犬は炭俵を積んだ  犬のやうに舌をぺろりと出して  犬を一頭連れてゐて  犬に曳かせて  犬とかいった  犬の屎があろうという  犬は遠くで吠えてたけれど  犬も吠えず  犬をからかっていました  犬にしか出してやれない  犬を抱いて  犬はすこぶる妙な顔をしていた  犬はその後大連に渡って  犬と高声に談判する  犬に逢う  犬を椅子の足に鎖で縛りつけて  犬や猫と同様になる  犬が門の奥でしきりに吠える  犬の綱を執る  犬を怖がらなくなりました  犬ぐらいあって  犬飼っておく  犬の子みたいに踏みつぶされる  犬なんかの餌にされます  犬や牛がものを言いだした  犬に言う  犬をころしたという  犬はみのると  犬の頭を見下しながら  犬は凝つとした  犬の白い姿を見付けると  犬は二人して  犬の樣子がいつまでも氣に掛つて忘られられなかつた  犬の横腹を蹴つた  犬を抛り入れて  犬の體を抱いてやらずにはゐられなかつた  犬の身體を櫛で掻いてゐた  犬はよろこんでほえたてます  犬の子正月の名はこれに基づいている  犬を飼っていた  犬も後から踉いて来たが  犬は飛上がって  犬とに乗って  犬と羽衣との関係は前に挙げた  犬が大切な役割をもつ  犬が好いなどと教へて呉れる  犬の糞でもふんづけた  犬の糞でもふんづけるといけませんよ  犬のように綾なしながら  犬を取り巻いて居る  犬や猫に入り  犬はその後には目もくれずに  犬になげつけた  犬にはあたらなかったらしい  犬と子供と鶏だけと云うほどになる  犬の声もしない  犬の島といふ処へ旅行をした  犬がだしぬけに  犬の首をおさえて  犬にやる  犬にでもする  犬で遍路に吠えたてるとは  犬になつかれて困った  犬と向き合つてゐる  犬よおまへも宿なしか石ころそのまま墓にしてある  犬がひく  犬に嗅ぎ出されて困った  犬にほえられて寝ても覚めても  犬の口のように開いて  犬を連れた  犬の声も聞えて来る  犬をつかまえると  犬殺はそう言うと  犬が首環の金具を揺らがす  犬が豊吉の立っている  犬はまた駆け込んでしまった  犬が地をかぎ  犬との影が突然消えたと思うと  犬の血だろうと云って笑う  犬の形態として酔眼に映じた  犬の姿が浮んだ  犬の遠吠えを加うれば  犬が猟主に仇をするとて  犬にでも会った  犬なぞがよくする  犬の足豆が擦れる  犬を追って出てから戻らないんで  犬が濡れた  犬がもとの道を小路から出てきた  犬を呼んでみたが  犬に食わす  犬の子は肥るが  犬の子は子供と一しよに  犬が駈けた  犬の声がきこえる  犬に吠え付かれるには困った  犬に取りまかれて  犬と人の境を迷う  犬が鶏を追い廻して困ると  犬の屍骸を埋める  犬にも牙がありゃ  犬が轢かれたり  犬のやうにクンクンと鼻を鳴らしながら  犬の事を書いたりするが  犬やいろんなおもちゃもあったが  犬を喰はぬかと言ふ  犬の声はしのび泣く  犬の姿何処に消えしと  犬が寄って来てねだる  犬を喰わぬかと言う  犬が寝ているなと思って  犬といっても  犬でないとどうしていえよう  犬がおげんの眼に映った  犬が奥様の姿を見つけて  犬を連れていて  犬が狩りからかす  犬が嗅ぎつけて来るぞや  犬なんか入って来ますまいに  犬の話にも気乗りがしないで  犬なんか何処にも居ませんよ  犬は誰の部屋へでも構わず入り込んで来る  犬なんか居ませんよ  犬が庭にでも出て遊ぶ  犬のすがたをありありと見た  犬が歩いている  犬が一疋汀へ飛んで来て  犬の遠吠えが聞えて来る  犬が川上の方へ歩いて行く  犬を殺したという  犬の足跡がもつれたりしている  犬っころは何匹飼ってありますね  犬っころじゃあ判る  犬っころが何匹いる  犬っころ十二匹をみんなここへ引っ張り出してください  犬っころが皆んな鼻を揃えた  犬っころと云った  犬のようにうろつき廻った  犬を覗きこんだ  犬を抱きとった  犬を板の間へ下すと  犬を可愛がった  犬が控えていた  犬を見る  犬を足蹴にした  犬を眺めていた  犬を連れて行く  犬を抱き上げては  犬に投げてやった  犬によく似ているじゃありませんか  犬では美人の相なのかも知れない  犬は彼等が床へはいると  犬の病気が悪くなると  犬と話をなさる  犬の病気を見て  犬をのせた  犬を見出した  犬には生別れをしたが  犬には死別れをした  犬は飼えない  犬の屍骸を眺めた  犬の影をじっと見ると  犬に死なれて  犬の声に変っていた  犬が死んだりしている  犬を抱いた  犬は小さな尾を振りながら  犬の声で起きたのよ  犬は鳴かないわね  犬は吠えもしなければ  犬は四肢を突張って死んでいた  犬を殺しやがって  犬を返せ  犬がやってきて  犬に追いかけられた  犬のようであったかも知れない  犬の太くたくましきを容れて  犬でさえ土を掘る  犬が足を突っ込んで  犬のようにただ並んでいる  犬が追っかけて咬みついた  犬にでも食われなければなるまい  犬や猫などがうろついてる  犬が一ぴきついてきています  犬とを見くらべながら  犬がまだついてきています  犬もついてこないので  犬なんぞと一しょに貨物車に乗せられてきたが  犬が吠え出した  犬は身震いをすると  犬が遊んでゐた  犬が私のうしろについて歩いてゐる  犬は犬好きの人を知つてるといふが  犬を見ながら  犬を撫でて  犬をば追ひ返した  犬が足許に吠えついて  犬を出したり  犬のやうに喘いでゐる  犬にでも吠えられ  犬を飼う  犬連れてたのしそうに歩いています  犬はその顔色をよんでから動きだす  犬は途中で主人と離れるから  犬と一しょに主人も走れば  犬と犬のオヤジと一しょに走ると  犬の走  犬が一かたまりに  犬には各自の闘争の原因や理由が分っているかも知れんが  犬の先手をうつ  犬とデンスケの犬で連勝式一二着と相なったが  犬は訓練したって  犬と喧嘩せずに駈け  犬ですからレース犬に利用する  犬の取柄や役割は走る  犬に似ている  犬の競走というオナグサミを提供して  犬のごとく歩む  犬が吠え付くという  犬なら直ぐに女を探し出す  犬と鼻を突き合わせて  犬の内証話を聞こうとした  犬は急に憤って  犬が素早く発見して吠え付いた  犬を引っ外した  犬のように舌をわななかしたと思うと  犬の背上に銭函を結び付け  犬がすぐ傍を通りました  犬さえ噛みつかない  犬を若者に向けて飛びつかせた  犬は病気つてした  犬は歩いているよ  犬などが忙しそうにしているが  犬をひいていた  犬は何を見た  犬はなかなか鎮まり  犬は相変らず  犬が待ちかねている  犬は食い物をみて  犬は憑き物でもした  犬はますます吠え狂った  犬は吠える  犬を引っ張って帰れよう  犬を追い立てて出た  犬を追い立てて  犬がそんなに騒いだ  犬は気ちがいのようになって吠える  犬の種類を知らなかつたり  犬が出てきて  犬や狐の髑髏を持っていると云う  犬を貰って飼い  犬に見つかったら  犬がすぐうしろに来たら  犬は母ちゃんに噛みつくでしょう  犬と交って  犬に助けられて  犬を伴れてくるとは  犬がいたからであります  犬のような獣の後のほうが見えて  犬のような細長い獣が人間の腹這いになった  犬とは違っていた  犬の唸る  犬の十五分の一も謹聴という態度を表している  犬の出入口のような小さな穴からムリに現れて  犬の抜け穴から現れて  犬のヌケ穴からムリに身を現して  犬も思う  犬には親しみも持たないし  犬には振り向く  犬が店の前を通ると  犬とケンカをしたがる  犬に会うと  犬はケンカをする  犬は犬同志でむやみにケンカをしたがる  犬に吠えたて  犬に吠えかけている  犬の気持は分らない  犬の言葉が分らない  犬は遊びたくて  犬に吠え訴えている  犬とケンカする  犬が自分に吠えると  犬だから一ヶ月のうちに忽ち日本犬を追いこして  犬に会えば  犬がいるかも知れぬ  犬の品評会にも三種の秋田犬がそれぞれ出品されて  犬は日本の各地にザラにいる  犬をあなたに見せても  犬がいくら向ってきても  犬を相手にしないという  犬など完全に一匹もいない  犬は相手にしないという  犬の毛皮というのもはじめて見た  犬を愛する  犬のお医者ができる  犬を買う  犬の育て  犬に手を出す  犬のケンカを好む  犬を飼うには  犬に強いのがいる  犬の巻なぞと名がついていて  犬があり  犬を呼んでいる  犬と遊んでいた  犬を避けて走って行く  犬の耳を塩漬にしてゐる  犬が現れて来た  犬ばかりたくさん歩いている  犬になる  犬と噛みつかない  犬が吠えても  犬のように台所口をくぐって  犬がいて  犬は瑞鳳殿の向う側にある  犬を叱りながら続いて出て来た  犬はふたたび吠えて来た  犬も見えない  犬の生理とちがう  犬の一生にはない人間の社会生活環境から来る  犬も居らぬに  犬の姿がそこに見えた  犬の姿はゆっくりと背延びをする  犬は裏門の傍にその姿を見せていた  犬に悟られまいと思って  犬の姿はすぐ見えなくなった  犬はその芒の中に姿を消す  犬はその石の傍へまで往くと見えなくなった  犬になった  犬のような濡れた  犬が本を食う  犬に喰わせてしまう  犬に本を食べさせたりしない  犬のように射ち殺される  犬の毛皮の胴着をつけた  犬の毛皮の胴着を脱ぎ  犬が幾つも寝そべって  犬の群が竹の垣を潜って  犬が馳出して行った  犬のように震えた  犬の玩具を取出して  犬も慥かに社会的に出来てる  犬は人と交って  犬ほど長く人間と交った  犬を御覧なさい  犬を友人に貰った  犬を主人公とした  犬はきょとんとして  犬などをけしかけるとは  犬もこの山には沢山いた  犬が麻縄で曳かれている  犬の頭を打って  犬を引っ張って出て来た  犬を曳いて  犬をつれ出して  犬のように鳴らした  犬の尻尾を棍棒でぶんなぐると  犬のような背伸びをした  犬のように走りだす  犬のようになって  犬の子一ぴきいなかった  犬など自由に出入り出来  犬は巡査のかぶる  犬のほうに手をさしのべた  犬の名をカピと言う  犬は前足を十文字に組んだ  犬はひどくまじめくさって  犬は得意な顔をして  犬もそれをさとった  犬も後ろについていた  犬のほうを見ながら言った  犬がぴったりわたしにくっついた  犬はあとからくっついて来た  犬とわたしはなんにもかぶる  犬はぬれても  犬まで引き連れて  犬はその前にならんでいた  犬はなにをしようという  犬の首を両うでにかかえて  犬はわたしたちの回りにもつれていた  犬の尾のふり方にはたいていの人の舌や口で言う  犬とジョリクールを相手に芝居をする  犬をお手本にするが  犬とさるとを比べて  犬と同じ良心を持たない  犬におとる  犬やさるやわたしに対してあんなにしんぼう強くやれる  犬が人間に教訓を授ける  犬をしこもうと思えば  犬を飼っている  犬やさるはまえから  犬の演じる  犬がなにをしているか  犬のおどりに合わせてひいた  犬の家来を一人使っていたが  犬が教えてくれる  犬は時計から時間を探し出す  犬はもちろん口で言えないから  犬がやっと自分の名前の四つの字を拾い出してつづる  犬やさるの見世物師でもなかったことだけ知ってもらえば  犬はあわててはね起きて  犬とわたしに分けてくれたからであった  犬に口輪をはめろとおっしゃる  犬の口輪を買うかと思っていたけれども  犬がふゆかいな目に会わない  犬を連れて現れる  犬といっしょに待っておいで  犬とわたしの食べるだけの  犬もやはりすっかりしょげきっていた  犬やさるたちをかわいがってくれる  犬のいる  犬やさるに食べ物を買ってやる  犬とさるを連れて出て行ってくれ  犬もいれば  犬とジョリクールを連れにうまやへ行った  犬に口輪がはめてない  犬やさるはどうなるだろう  犬はわたしの回りに輪を作った  犬の間に言い合いが始まっている  犬に使う  犬だけで言えば  犬はわたしたちの理解しない  犬には人間のことばがわかっても  犬はわたしたちといっしょにまつ  犬に負けずに  犬を満足に連れて帰らなかったら  犬もさるもダンスをする  犬をしこんでいる  犬と遊んでいたが  犬は喜んでほえ始めるし  犬はパンを食べる  犬にやっている  犬とおさるが毎日芸をしてくれば  犬とかけっこしたり  犬とさるを連れて行ってください  犬はなにをするでしょう  犬はねむっても  犬といっしょに番をする  犬やひつじ飼いは  犬やひつじ飼いの  犬はみなねむっていました  犬やさるたちを連れて  犬やさるから引きはなされて  犬をひもでつないで  犬やさるといっしょに下に残っていなければならなかった  犬やさるの見世物師というだけだし  犬は固いこちこちな道を歩く  犬は火のぐるりをゆうゆうと取り巻いて  犬はあきらめてねむる  犬はまたさっきのようにあとねだりをするだろうと思っていたが  犬はわたしのねむっている  犬のことをたずねた  犬も見えなければ  犬の足あとがぽつぽつ残っていた  犬を探さなければならなかった  犬にとびかかって  犬のあとはなにも残っていなかった  犬がなくなって  犬を連れて行った  犬をどこへ連れて行く  犬の心も子どもの心もさして  犬の頭に優しく手を当てそれをおさえた  犬を二ひきしこもうと思う  犬をつれていた  犬の糞をぬっておいた  犬の糞をぬった  犬がザブザブ泳いで  犬がいたり  犬の如く私に従って松原を散歩した  犬は項の毛を逆立てて  犬はヒラリヒラリと躍り越えて  犬はウウッーと喉音を立てながら  犬に襲われようとも思わなければ  犬を叱り付けました  犬を制止している  犬に咆えられた  犬を眺めながら  犬は嫌いではありません  犬や馬はどうした  犬を連れたからとて  犬をつれない  犬を牽いた  犬はたえず動きまはつてるけれども  犬やわたしに向かって用いるかれの  犬は立ち止まって  犬はたんかについて行ったよ  犬は釣台のあとからついて行った  犬はなんだかおそろしい声でうなったり  犬は何度ゼルビノのお葬式を送る  犬の悲しい様子を見ては笑わずにはいられなかった  犬はわたしを外へ連れ出そうという  犬を慣らして  犬は学校の先生と役者をいっし  犬とハープをマチアにやる  犬ととまった  犬なら鼻づらにとびついたであろうが  犬にどら焼きをやるなんて  犬はりっぱな金もうけになるぞ  犬と別れる  犬をつけて出す  犬をどろぼうにしましたね  犬といっしょにすぐ水にしずんでしまいます  犬をどうにかすれば  犬のようなまっ白なとんがった  犬をなにか悪事に使う  犬がそこにいて  犬を寺へ置いて行った  犬を手がかりにして  犬はわしが預かる  犬のおかげできさまを見つけた  犬を置いた  犬ははげしくほえて  犬をあとに残した  犬を巡査が競馬場へ連れて行った  犬が一時十五分ごろ寺にいたか  犬はまる一日自分のそばにいなかった  犬がその日のうちに寺に迷いこんで  犬がわたしの顔をのぞきこんでいた  犬をおしのけた  犬の上に落ちた  犬を交番から取りもどした  犬どろぼうの術を知っている  犬がとび出して来た  犬はもうたいへん年を取って  犬なら犬除の呪もあるけれど  犬の群が吠えていた  犬も吼えてる  犬を連れて歩く  犬が道案内を勤める  犬が啣えて行ったか  犬骨折って鷹に取らるるか  犬のあとを追いかけて  犬に踏みにじられて  犬の方へ駈けていった  犬は素早く畑を飛び出すと  犬が鳴く  犬を驅り兎を追ひ  犬が妙な声をだして  犬の映像だとはなはだ困るであろうが  犬の声を持たない  犬の歌らしくしか聞かれないであろう  犬と鶏と家鴨が住んでいたが  犬の眼が涙を流すなら  犬と並んで  犬の如くに死んでいる  犬ですらそうせざるを得ぬ  犬や猫とは違います  犬はほえる  犬をつれ  犬が耳を立てて  犬が現われて  犬が蹲っている  犬の名の通っている  犬が亦産をした  犬であつたかも知れない  犬だと聞いてゐたので  犬か猫を可愛がつてやつてゐる  犬などが来ても  犬の仲間にまで響き渡っている  犬に護衛されて  犬に吠えられた  犬が村はづれまで送つてくれた  犬がぢやれる  犬に吠えられる  犬と仲よく秋風の鶏を闘はせてゐる  犬吠えない犬の間を通る  犬が尾をふる  犬にくはれた  犬をけしかけて  犬を洗つてやる  犬のうしろについてゆく  犬も澤山ゐた  犬にからかつて居た  犬が赤や黒や白いのが一つ隅つこにかたま  犬や猫の中にもゐる  犬に食物を與へる  犬を見出して  犬が人戀し  犬は垣根から出て  犬の遠吠は聞え  犬でも助けたと思し  犬とみんないつしよに  犬もしぐれつ  犬はからだ舐めてゐる  犬もゐる  犬の子を転がす  犬とあるく  犬もついてくる  犬を可愛がつてゐる  犬の子あげ  犬とが一しょの墓に葬ってある  犬が飼われて居まして  犬とちがって  犬の方が一寸すぐれて居る  犬の話を読みました  犬だったと思って居ります  犬をつれた  犬に違いござらぬ  犬が手紙を書くなんて  犬といふ奴は人間よりぐつと賢いものだと思つてゐた  犬らしいところがある  犬の手紙をずたずたに引き裂いてし  犬が哭き出しやがる  犬もその中に交って  犬は四度も僕の側を通って行った  犬はこの響きに驚き  犬が吠えてますなあ  犬の遠吠えもそれでわかった  犬も煩悩を忘れて眠るのに  犬か何かがスッと飛び出しでもすると  犬でも居る  犬だけを帰して  犬はどうしても帰ろうとしませんので  犬に導かれて  犬がいるわ  犬を尋ねて  犬は神妙に首を俛れております  犬をなだめる  犬を制したけれども  犬は気が違った  犬は人間の間に立ち塞がって  犬が吠えて走る  犬とが一度に落ちて来た  犬は人に殺される気遣えはね  犬が飛んで来ます  犬はその手へスーッと飛んで来ました  犬が並一通りの狂犬ではないことを知りました  犬はありゃ  犬のごとく寝るとしても  犬が吠えだして  犬が鳴きやむと  犬が吠えつづけた  犬が遠くで吠え立てている  犬を連れている  犬が人々の蔭にいた  犬に訊け  犬を抑えていた  犬は一気にバッとは来ない  犬は疑った  犬の喉ふかくまで突ッこんだ  犬の沙汰などは些事とするも  犬に代って晴らさんとする  犬を曳かせられるとは  犬を小屋から追い出そうと努めた  犬はなかなか動かない  犬は自分の意志で外へ跳び出し  犬を曳いた  犬の知る  犬を蹴とばし  犬が一ぴき寝ていました  犬にやっておりますし  犬の姿をよく見ていると  犬がそれについて来ます  犬は去りません  犬もそれについて船に乗ろうとして  犬のためにとりなしてやりました  犬は竜之助の傍へつき  犬もつづいて  犬を呼んで  犬が尾を振る  犬は竜之助の面を天蓋の下から覗き込んでいます  犬もやっぱり尾を振って  犬が竜之助を慕う  犬と人とに好みが出来ました  犬にかじりついてしまいました  犬の顔と自分の面とをピッタリくっつけて  犬も一緒に入れて下さいまし  犬も尾を捲いて  犬と人とは辛うじて火の外へ逃げ出して  犬に逐われたな  犬に逐われて助けてくれは  犬を追い払って下さい  犬を追い払っておく  犬を叱ると  犬だとも思いましたけれど  犬はまた後退りして  犬は一声高く吠えて飛び退き  犬はクルリと廻って  犬は兵馬の面とその手中の石とを見比べながら  犬を逐い  犬の悪口をはじめます  犬の悪口ばかり言います  犬を狂犬とは思っておりません  犬が出たら  犬に怨みを受ける  犬に恨みを受ける  犬に対して意地の悪いことをした  犬に逐われる  犬がどうも尋常の犬でないと思ったら  犬の歯を想わせる  犬にでも追われた  犬の群がもの音ひとつ立てずに駈け抜けて  犬が飛びかかろうとしたが  犬であるかのように疑  犬がくんくんなく  犬のしきりに吠える  犬までつれてと  犬だと言って  犬の行く  犬はどうしました  犬は悪いことは致しませぬ  犬が追いかけて来て留めてくれた  犬がいなければ  犬との親身な有様をじっと見つめていました  犬を大切にしていた  犬のために怪我をせずに済んだ  犬と持主に心付けを忘れぬ  犬でも出入りしたらしい  犬を曳いて来て  犬へくれました  犬の声とは思われません  犬が一匹出て来て  犬をこっぴどく打ち据えようとしました  犬がまた追っても嚇しても  犬は心得て  犬としか思われません  犬はいっそう声高く吠えました  犬の声音を聞き咎めました  犬はこのとき鼻息を荒くして  犬に引張られて来た  犬には驚いたと見えて逃げた  犬が追いかけて行った  犬もいねえし  犬が出やがった  犬に追っ飛ばされた  犬がいなかった  犬がどこかで吠えていた  犬のように寝て  犬の遠吠えのような声を聞いた  犬に食物を与える  犬の食費として十ドルを支払う  犬の名を呼んだ  犬の名をよんだ  犬がすぐそばで吠えつづけた  犬のはげしくほえた  犬が吠えている  犬の吠えている  犬が恐竜にくわれた  犬がほえだした  犬が走り出た  犬ははなしたが  犬は気がへんになる  犬のほえ  犬によってケン及びその友達のもとに到着すると  犬に食べさせてみると  犬が一様にヨタヨタとふらつきはじめて苦しんだ  犬が食べる  犬の子は威勢よく遊んでいました  犬に頼む  犬がお屋敷から出て来た  犬に何かやっておくれかい  犬を見てやろうとはしないで  犬に冷淡になりました  犬を可愛がりました  犬を見て  犬のほかにないと喜びました  犬の面倒を見てやる  犬を養うべき  犬にかずけて  犬は主人につき  犬が繋がれている  犬を拝見に上りました  犬を拝見が致したい  犬を拝見に出ましてございます  犬を懐ける  犬を剥いて試してみた  犬を一頭所持致しておる  犬をおのおの方に試験として提供致そう  犬を験させて  犬を手慣らす  犬の皮をクルクルと剥いてしまって  犬をどうしてじっとさせて置くかでありました  犬を手懐けようとした  犬を扱い慣れた  犬ではござらぬか  犬の方へばかり近寄って行きました  犬の首を引き上げて  犬の皮剥ぎを  犬の代りに生きた  犬の首から松の枝へかけた  犬が狂い出したというて  犬よりも人の方が狂い出した  犬であったのみならず  犬を追い入れた  犬にも劣った  犬の心持を知る  犬を追廻す  犬を狂犬と見る  犬に声をかけた  犬を制した  犬を眺めた  犬まで普通のものとはちがふ  犬は急に起き  犬は房一の顔を見上げ  犬は横へとびこんだ  犬が何を見つけた  犬が主人を見つけて  犬までが子供達のさわぎに釣られて走り  犬のやうに逃げ隠れて  犬の真似をしろとおっしゃれば  犬にしたって狂い廻って駆け出さ  犬のようについて来る  犬でも叩く  犬も鶏も声を揚げてなきだしました  犬はどうした  犬のことを中心にして  犬は人を助けに行った  犬を殺してしまったという  犬をつれて行った  犬が行くと  犬の身でどうして単独で海を渡るかというに  犬はよい潮時じゃと心得て  犬を載せて  犬はちゃんと心得て  犬の方が思慮もあり  犬を呼びました  犬の名をムクという  犬が流れついた  犬が人間の着物をくわえて  犬を迎えて  犬に噛みつかれた  犬を殺す  犬の皮を剥がせようとした  犬を逃がしてしまった  犬に逐いかけられて  犬に追われて  犬が威勢よく走って来る  犬を知って  犬をお連れ下さいました  犬の主人のおります  犬はいっかな身動きもしません  犬が牙を鳴らした  犬は答えず  犬の声を聞きました  犬が吠えないではありませんでした  犬の声を聞いた  犬の声がムクであってみると  犬がお前を助ける  犬とは思われない  犬と離れた  犬と離れて  犬はどこへ行ったやら  犬と人とをもろともに橋の下へ斬り落して  犬とを送り届けて  犬のやうに這入らうとした  犬の頭へ手を置いて  犬はまた熊笹の中に姿を消す  犬が啼く  犬の頸輪をつかんで  犬と人間とが待ち受けてゐる  犬が勢ひ込んで吠えつき  犬が吠えてゐる  犬の啼声がこつちへ  犬がぴたりと啼きやんだ  犬を呼んでゐる  犬を大変怖がられた  犬の怖い先生は歩いては  犬のように覗っていると云う  犬か猫のように無造作に埋められている  犬になったと云いますよ  犬のむれが  犬が吠え  犬か何かの走る  犬となって  犬の子一匹見えず  犬を撃つ  犬の面よしいつしかに泣くといふ  犬にやあらむ夜の二時の窓の硝子をうす紅く染めて  犬のような眼つきになった  犬の蚤なんぞ取っとる  犬が吠えました  犬が二匹火の玉見たいに飛んでゆく  犬に吠えられたりする  犬という犬がまたこの騒ぎに共鳴して  犬がついている  犬にはなれねえぞ  犬でいねえと  犬というのを殺す  犬を飼って置いて  犬が吠え出しますから  犬がやって来たな  犬の首に何物かが巻きついている  犬がどこかで見た  犬は駒井の姿を見  犬を導いて  犬と食事を共にし  犬を柱につなぎ  犬の口さきにまさにとどかんとする  犬の己に向かって吠え  犬の群にかり立てられた  犬の圓陣をジッと見まわしていた  犬を迎えた  犬が真つ先きに  犬にも劣る  犬を手術し  犬の唾液を採集する  犬よとよばれ  犬の歯型をのこした  犬が庭にウロウロしている  犬は逃げてしまった  犬にやっても  犬のように鼻をうごめかした  犬を打つ  犬のドクトルが部屋に呼び付けられた  犬の紐をひかえながら  犬が案内してくれました  犬がいよいよ勇みますから  犬に引張られて  犬はまっしぐらに一方へ向いて飛んで行きました  犬のほうがかえって彼女の愛情を攫ってしまう  犬の世話をした  犬を撫でてやった  犬につけてやったりした  犬が巫山戯ている  犬を飼って  犬のゑじきに成らんを期す  犬の子が白い親犬に戯れている  犬の子に噛ませて  犬のようだと云った  犬にくれる  犬に獲物を奪られて  犬に食わせろ  犬の身体は柔軟でよく回るから  犬のノド笛にかみついた  犬のノドを食い破って殺してしまった  犬を噛み殺してきました  犬から頂戴するとは  犬のことをもあはせて  犬のように節々がみしみしして来た  犬がいるか  犬お飼いですか  犬の児が二匹もいて  犬である事が判明すると  犬は容易に尾をまかないで  犬に吠えられたという  犬のすべてが敵意を示さないという  犬だと思わない  犬の左の前足をムズとつかむと  犬がお濠の真中へ落っこちた  犬を畏愛する  犬を擁した  犬と猿であったかも知れない  犬までそばへつけて  犬の子の哀れに鼻を鳴して  犬であらう  犬さえ見れば  犬でもこわがらずに近づいていって  犬の出てくる  犬を他家から貰って来て飼った  犬は村の若い者どものために人知れず殺されてしまったとの  犬がわたしの膝へ飛びあがって来た  犬と一緒に庭の中をあっちこっち歩いてみた  犬が子を産んでいる  犬のまねして  犬が言ひ出した  犬のトムと小さなカナリヤのキュイップの言葉がちゃんとわかる  犬のように埋めた  犬もいるでしょう  犬に似た  犬の形をして  犬の棲むべからざる  犬に似て  犬になるという  犬にもならずに出て来たという  犬がのそのそと餌をあさっていた  犬の糞などが散らかっていなかった  犬がほえた  犬の糞ほどな価値ともみられぬ  犬の子の影も宵から絶えていた  犬を連れて通る  犬がだんだんおとなしくしおらしく見え出す  犬は日本の犬のように人を見ても吠えたりおどしたりしない  犬や嚴しい  犬の墓にも詣でけり  犬の遠吠が聞える  犬は名を附けて  犬を嗾ける  犬を見付けて  犬をさえ  犬だと思った  犬を呼ぶ  犬は小股に歩いて  犬の腋腹を蹴た  犬は悲しげに啼いた  犬は人間というものを信用しなくなって  犬と初めて近づきになった  犬は音のしない  犬が居るよ  犬を逐い出してしまおうという  犬のことを思い出して  犬に附けられた  犬の姿は直ぐ見えなくなる  犬に出会った  犬を呼んで来た  犬の方へ寄って来た  犬を誉めた  犬の頭に触れた  犬の背中を一ぱいに摩って  犬はびくびくした  犬のためにはまだ摩られる  犬の身にとっては為合者になった  犬は年来主人がなくて饑渇に馴れて居るので  犬の様子を大相に変えた  犬が気持ちよく思う  犬は後脚で立ったり  犬のする  犬の目に表われて居る  犬は翻筋斗をして  犬に向かっていって  犬は悲しげに長く吠えた  犬は吠え続けた  犬の悲鳴する  犬の声に耳を留めた  犬が頻りに悲鳴を挙げてゐる  犬と生れ変った  犬の分際で人間を喰うという  犬の枕上に立たれて  犬はこのお告に力を得て  犬は嬉しくてたまらんので  犬の腹ともいわず  犬の屍を埋めてやった  犬があって  犬のように這い廻って居る  犬と生れ変つた  犬の分際で人間を喰ふといふ  犬は此お告に力を得て  犬の腹ともいはず顔ともいはず喰ひに  犬の屍を埋めて  犬のやうに這ひ  犬が中心となって居て  犬は遥かむこうへ走り去り  犬がかみつく  犬がやる  犬の血がめぐって居やしないかと思う  犬の血と同じ性質を帯びて来るとしたなら  犬の血がめぐって居る  犬の血に変化した  犬の玩具が好きになったのよ  犬の舌のようにざらざらして居たからである  犬だという思いで一ぱいになった  犬そっくりの口元になった  犬の形を作って居た  犬の形を拭き取り  犬が集まって来ては  犬の字に変って  犬の字たらしめて居る  犬の字通り隠密にだってなる  犬が一匹首から荒繩の切れっ  犬の方へ投げてやった  犬はすぐ反応して  犬の姿は心を惹きつける  犬の心としては主張する  犬の身になってみれば  犬と向いあって坐っている  犬がきっと遠吠えをはじめた  犬の相貌がやわらいで  犬のことがある  犬は全身が白と黒とのぶちな  犬の表情にある  犬の長吠えが聞えた  犬は首から鎖をたらした  犬は雨で難渋しているというばかりではなく  犬の佗し  犬とお人形の夢を見ている  犬は逃げたかも知れないが  犬といい  犬に食いつかれて  犬の背中を撫でながら  犬もだいぶ年をとっていました  犬の生活には変わりが  犬を一匹くれなどとは  犬をくれてやろう  犬を指して  犬をやった  犬の名は飛べと言って  犬とをさも莫迦にした  犬を小脇にかかえて  犬とをつれて  犬が背中の毛を逆立てて  犬をなだめながら  犬とをひきつれて  犬を進めて来ましたが  犬の背中を下りると  犬をここへ御呼びなさい  犬に追いまわされて  犬のおごそかな風采といつたら  犬を持つてゐる  犬を連れてゐる  犬を見つめてゐてよ  犬の年の子供がした  犬の年の子供は最早二十五になっている  犬の言葉を聞いて  犬は眼を瞠って申しました  犬も考えました  犬を育てて  犬を連れては  犬を王様にきめて  犬の王様の前に出て  犬も何で知らぬ顔をしましょう  犬が馳け込む  犬が猫を追っかけて来はしませんでしたか  犬ならばそこに来ております  犬にして  犬の子はしる  犬が居た  犬などを洗ったり  犬が慾しいと思った  犬にも不自由をさせ  犬も犬でなくなる  犬をつかまえて  犬との間にひとりでに生じる  犬を好む  犬が一匹もゐませんでしたから  犬なんか一匹もゐない  犬なんか拾つてきて  犬と一緒に腹を空かす  犬を見に  犬のために特別に働かなくても済みました  犬は見る見る  犬になりました  犬の八公といふやうになつてゐました  犬の八公は笑ひながら  犬にあきて  犬を養ふことは  犬は次から次へと子供を産んでいつて  犬の八公は途方にくれて考へてみました  犬を一匹でも捨てる  犬にやつてしまひました  犬の八公は遅くまで寝てゐました  犬の八公は急に元気づきました  犬の八公のところへ押しかけて来ました  犬の八公は話を聞いて  犬の畜生共のした  犬が一匹吠え出した  犬が吠え出して  犬にとり巻かれて  犬の八公は大変得意になりました  犬の有難いことを知りました  犬を一匹譲つてくれませんかね  犬をほしがりました  犬を手放す  犬の八公をその係りとする  犬は次から次へと子供を産んで  犬の八公はにこにこしてゐました  犬がふえていつたら  犬の数が人間の幾倍にも幾倍にもなつていつたら  犬の八公が沢山の犬を引きつれて歩き廻つてる  犬の八公のところへ来て  犬の数が多すぎると  犬に子供を産ませない  犬の八公はむつつり考へ込んでしまひました  犬の姿も見えませんでした  犬の八公がその犬達をみんな連れて  犬の数がふえる  犬にも負けやしません  犬が咬へて参つた  犬が追ひかけますんで  犬に噛み殺された  犬を繋いどいていた  犬は繋いでおく  犬を代りに殺してみた  犬には困つてしまひますわ  犬には困  犬がけんかをする  犬がやつて来てから  犬と比較して  犬の中では雑種までが西洋振りやがつて威張散らす  犬だけは雑種までが毛唐臭い顔付をしてけつかるは  犬も国に伴れる  犬にさへ  犬が此節がら有る  犬も博士の肩書がありますと  犬も博士になつてると  犬の方がまだ健気な処がある  犬に吠えつかれた  犬の名を呼ぼうとしたけれど  犬が水から出てきた  犬と妾を部屋に置くと  犬のようにふらふらッとななめ横にぴりぴり手足を慄わしながら倒れてしまった  犬という動物の名前を使いだした  犬がうようよ居やがる  犬をつれてあるいてゐる  犬がにげました  犬も紳士もよくはしつた  犬はつかまつてゐましたか  犬はもう十五哩もむかふでせう  犬がおつかまりでしたな  犬があんまりくしやみをしますが  犬のアルフア冬の晩いちばん光つて目立つ  犬の常套だ尾をふる  犬の中の狼のキメラがこ  犬がほえるじゃないか  犬は外でどうやら吠えやんだ  犬は静まったが  犬が総ぼ  犬にほえられちゃあいけねえ  犬にほえられない  犬をコジらかしてしまった  犬の鎮静する  犬に吠え出された  犬が三疋じゃれてゐる  犬が黄いろに走って行く  犬が子を産んだとては  犬に顔なめられる  犬の様に四這になって  犬の毛皮の手袋などを泥に落しあわてて  犬が吠えだしたぞさ  犬をこんなにばかにする  犬は尾をふさふさした  犬吠えて地照かぐろい七日の月は日本海の雲にかくれる  犬の毛皮を着た  犬がうなってくるし  犬といっしょによこぎって行く青ざめた  犬の皮を敷いて  犬のやうな生活を続けて行かなければならなかつた  犬も打たれれば  犬すらも目を光らして  犬の顔もその機械的正確さにおいては変わりはない  犬は口中を洗わないが  犬は随分ふざけかかって来るし  犬の横取りを怖れて  犬は三日養わるれば忘れないが  犬との声が遠く聞えましたが  犬だか知らねえが  犬はいねえ  犬には弱らされた  犬を弄んだという  犬懸ヶ谷の入口に移つて来た  犬懸の家には一年もゐずに  犬の足跡とが向ふの  犬の足跡も見えなく  犬が月におびえて  犬に毒饅頭を食わせてやったに  犬のダニくらいある  犬に殺される  犬の腰のぬけて  犬とはねらわれて居る  犬がいるよ  犬もついて行くよ  犬のように流れの上に口を浸して飲む  犬が走り  犬を飼ふ  犬の鳴く  犬が吠えてゐると罵  犬に投げてやりました  犬はパンと一しょにその根を食べていました  犬をなおした  犬がゐるよ  犬に噛み殺されて  犬のように這いこんだ  犬這いになって  犬と一しょに走って登る  犬の頸を持ってきてすげかえる  犬になりやがって  犬が歩く  犬の子にでも逐いかけられる  犬っころだの小鳥だのの色刷絵がある  犬を使はずに猟の出来る  犬が穢いものへ鼻を突込みたがる如く  犬のなく声が聞こえました  犬までが大勢の足の下をくぐって  犬もあるけば  犬のようなものが這い出した  犬もきょうは姿を見せなかった  犬が頻りに吠え付く  犬にとびこまれた  犬に吠えられましたら  犬にからかったりなんかしているばかりで  犬のように腹這って  犬や猫のようなものは幾らも其処らにうろついているというだろうが  犬を教えて  犬を連れ出すと  犬を狎らす  犬はなんでも素直に主人の命令をきいた  犬が影の形にしたがうが  犬はたちまち相手に飛びかかって  犬がその敵に噛みつく  犬を嗾かけて  犬が一羽の鶏を咬んだ  犬をつかって  犬を使った  犬も頑丈な口輪をはめられて  犬は主人の首の晒されている  犬の悲しい啼き  犬を使ってやる  犬が飼ってあるという  犬を連れているというので  犬も一緒に片付けてしまった  犬のように鼻をならして  犬のように垣根をくぐって  犬の群れに追いつめられて  犬を嫌っていなすった  犬を嫌う  犬などにも眼をくれず  犬や猫とは違う  犬を抱いて寝る  犬か猫が食いちらした  犬や猫がこんなに綺麗に生魚を食ってしまう  犬や猫は一匹も飼っていない  犬の一枚革を背に引かけて  犬は黍団子と聞くと  犬もとうとう嘆息しながら  犬は意気地のない猿を莫迦にする  犬を莫迦にする  犬は吠えたけりながら  犬の襲撃を避けた  犬はただ一噛みに  犬も桃太郎の渋面を見ると  犬が一ぴきかけて来ました  犬はきびだんごを一つもらって  犬は船をこぎ出しました  犬と猿をしたがえて  犬に向こうずねをくいつかれたといっては  犬が先に立って引き出しました  犬を一匹連れて来た  犬を入れて  犬がくわえ出して来た  犬が啣えて来るくらいじゃあ  犬を追い込んでみたが  犬がこの怪しい獣を狩り出さないで  犬の声もだんだんに遠くなって  犬は吠えやがる  犬じゃアあるまいし  犬の糞で横面を打曲げる  犬自物の為めに耻辱を取  犬か何かのやうに其の男を審問室に押し込めると  犬にゃあ病犬というものがあるが  犬もある  犬の影さえも見えない  犬の児一匹も出て来なかった  犬や猫の死骸と同一には取り扱われないので  犬がくわえて来た  犬のようにも見えたが  犬と呼んだり  犬はつづけて吠えた  犬を恐れる  犬の声をしるべに  犬は半七らを導く  犬がむやみに吠えると  犬を追い散らして  犬はいづ  犬の声は次第に近づいて  犬の群れに追われながら  犬の声はかの草原の方角にむかって行く  犬の足音ががさがさと聞こえるので  犬の声はかの古祠のあたりに止まった  犬はみな吠えなかった  犬の群れはまた吠え出して  犬と書かれている  犬に殺されたと云う  犬のゆくえは知れねえ  犬だろうと思う  犬を連れ込んだ  犬なんぞを使って  犬という字が書いてあったとか云う  犬に縁がある  犬を使ったり  犬という字を書かれて  犬をむごく殺した  犬によっぽどの恨みがあると見える  犬をなぶり殺しにした  犬と書く  犬が絡んでいるに  犬という字が書いてあったよ  犬という字をなぜ書いたか  犬を殺し  犬のたわむれている  犬の死骸を写真に撮らせて  犬がふざけている  犬を使って  犬はお角の手から番木鼈を貰いました  犬はお角になついていたが  犬を憎んでいた  犬の死骸を運ぶ  犬という字を書いて  犬のように嗅ぎまわると  犬でもはいった  犬よりも大きい物らしかったと云う  犬にしゃぶられているか分らない  犬がようやく数を増して  犬が走って来る  犬の真黒くして  犬の近づいて来る  犬は見えたが  犬の飼主というものも見えない  犬はそれより以上に進まない  犬だと思う  犬が一声高く吠える  犬が自分に向って  犬をこそ最も恐れておりました  犬の挙動が全然違います  犬が折れた  犬と人とが睨み合う  犬が出て来た  犬が邪魔をしやしませんかね  犬を引きつれて  犬の姿も見えず  犬なんかに負けはしない  犬が走っても  犬のように畳を嘗めた  犬か猫のようにうずくまっている  犬が狂っている  犬の声にまじって  犬の声もだんだんに遠くなりました  犬に吠えられながら  犬になと食わせてしまえ  犬の盛んに吠え出した  犬と猫のいずれでもないという印象だけはうつりました  犬でも上から転がり落ちた  犬がいると  犬が病気で病院へ這入る  犬の瘠せて  犬のごとく室中を退いた  犬の遠吠がします  犬の皮の干してある  犬の後を見ていたが  犬のついた  犬に向っても  犬に物を言う  犬に飛着かれて  犬の咬み  犬の子はす  犬のごとく従わせて  犬を好まなかった  犬の真似をする  犬かなんかのように四ンばいになり  犬っころがいるだけだ  犬などのあとをおいかけた  犬や猫のような存在になった  犬は獲物を嗅ぎつけた  犬の口先きへ落ちてきた  犬もおどろいて  犬がまた喞えようとすると  犬にも憎まれ  犬の樣に闇のなかに飛んで  犬を飼いはじめた  犬を皆んな買います  犬が帰って来た  犬を捕獲して歩く  犬までも引っぱり出したりする  犬は野犬に限らない  犬は大抵飼い犬になる  犬を教育するには  犬の両感覚神経には統一がある  犬の仔と小さい犬の仔みたいにふざけている  犬や猫に劣ります  犬防ぎが燦々と螺鈿を光らせている  犬をつれてやって来た  犬に取られる  犬が徑ばたにぐつたりと寢そべつてゐる  犬を形作っている  犬だと罵った  犬ばかり可愛がっている  犬が盛んに走る  犬は人間にだってありゃしねえや  犬よりも段違いであるところの熊でこそあっても  犬は広い世間に二つとある  犬にでも喰いつかれた  犬は忘れられていた  犬にも今晩の食卓の一席を与えてしかるべき  犬の遠吠えも遠のいて  犬は随時随所にいて  犬も食わない  犬が十匹余りも遠巻きに吠え立てている  犬が退く  犬とを一緒に追い  犬のようにしばらくそこら中を嗅ぎ廻った  犬じゃあるまいしそんなに早く出てゆかれる  犬が吠えつく  犬の唸り  犬は何か肉片のような物を銜えて  犬の足に絡んだ  犬は横町へ逃げ込んだ  犬を追って来なすった  犬の野郎が置いてった  犬が何を銜えて来たか  犬あどこから来ました  犬からお貰いした  犬でげすけ  犬を脅す  犬は逃げる  犬の穿った  犬のことを聞き  犬も食うまい  犬は二里先の人の臭いを嗅ぎ知ると申します  犬のように喘ぎながら  犬に先達されて  犬を追い慕って  犬は故あるらしく  犬にひかれて  犬が見つけたてなあ  犬を伴れて  犬は万事承知して歩き出した  犬を尾けるどころか  犬を動かして  犬の啼き  犬をあやす  犬はグイと頭を下へ垂れ後脚へ力をウンと入れた  犬を撲りつけたが  犬を引き締めた  犬を自由に走らせながら  犬が苦しそうに喘ぎ出した  犬を一頭曵き  犬を吠えず  犬の声さえ聞こえない  犬へ肉をくれると  犬の声さえ陰に聞こえる  犬は腕をくわえ  犬は首をくわえ  犬は足をくわえ  犬とが従った  犬はヒラリと飛び込んだ  犬の死骸を抱き上げた  犬とが群がりたかった  犬と狼とが引き裂いた  犬と狼とが従った  犬と狼とは騒ぎ出した  犬は微傷さえしなかった  犬を投げ下ろした  犬を見やりながら  犬は肉屋の注意を引く  犬になげてやりました  犬はさっと後足で立ち上って  犬はもうそのしまいの  犬がまたのこりと出て来て  犬はこわごわ店の中へはいって来ました  犬ののどの下をもち上げながら  犬がいたんだよ  犬はそのまま夕方まで肉屋の店先で番をしました  犬はそれをたべないで  犬はそれなりとうとうかえって来ませんでした  犬の両前足をにぎって  犬のすがたを見失う  犬はまだどんどんいって  犬はその空地の片すみにころがっている  犬はたまりかねた  犬のくれた  犬の口のところへおき  犬に食わしてる  犬も口をつけて  犬をもなでていきました  犬はもうちゃんと来てまっていて  犬の話をして聞かせました  犬を見入ったり  犬はやはり夕方まで店の番をつづけました  犬はあいかわらずそれをくわえて  犬を肉屋にひきあわす  犬はそれを見て  犬はうんうんおこって  犬のことを話にのぼしました  犬を見つけると  犬が見える  犬がどんどんひっくくられていくので  犬が二ひきとも見えないが  犬を一ぴきつかまえて引きず  犬はたちまちその中へなげ入れられ  犬がごろごろしています  犬はいないだろうな  犬がいます  犬がつかまっている  犬を二ひきとも出して下さい  犬の同情者であるのは言うまでもありません  犬は肉屋の足もとへとんで来て  犬は一ぴきだけ来て  犬は一日す  犬の寝  犬も出て来ません  犬はたるのまえにすわって  犬をよびました  犬をその空地へかえさない  犬はどうしてもそこへ寝ないで  犬と同じ毛色の犬がとおりかかると  犬をうしなった  犬の塚のとなりへ穴をほり  犬が啼き出した  犬は裏手の方へ逃げて  犬は喰はね  犬のように両手を突いた  犬の睾丸を見  犬はその路の曲り角へ来ると  犬や神鳴は  犬のような敏捷さで方角を嗅ぎ慣れている  犬の皮か何かを裏につけた  犬や猫たあ違う  犬のように身を揺って  犬を病的な愛し方をした  犬を溺愛した  犬は突然発狂して  犬のような毛を生じた  犬と先を争ひながら  犬と一しよに  犬が見つけ  犬にも見つからなかつた  犬が吠えていた  犬は遠のいたり近寄ったりした  犬はいらだちのあまり息もつまるばかりに  犬は二人の方へ近寄ってきた  犬は獲物の足跡を見失った  犬の嗄れた  犬のように打ち殺してしまってやる  犬に追い出されながら  犬が泥足でもって  犬がまたまっしぐらに遠くの岸の方をのぞんで泳ぐ  犬が眼の色を変えて飛び出すからには  犬に抱きついて  犬をやって  犬の死骸なら今でも食うが  犬のようなものが跟いて来て歩けない  犬がそれに答えて吠えたてていた  犬などがまっ先に寝にいった  犬は赤い眼を少し開いて  犬などが声を合わしていた  犬の子のように哀れな形をした  犬を見て思わなかっただろうか  犬のようにもぐり込んだ  犬にも蚤やだにがついている  犬のように歯をむき出しながら  犬のように訳もなく殺されてしまう  犬の吠声がする  犬の陰茎にも筋金が入っています  犬の交尾の時間を計ってみましたが  犬の親戚である狸の陰茎にも筋金が入っております  犬を追掛け  犬を呼返して  犬怖れて入らざれば  犬に喰殺された  犬にもくれじとて  犬を迎えてきて  犬が子を育てる  犬にけしかけたれど  犬には薬など飲ませたれど  犬が吠え合った  犬は遠くからいつまでも吠え止まなかった  犬がさも肉体を持て余した  犬のように潜って  犬ならば尻尾を振切るくらい  犬も食わねえとは  犬のやうに捨てられてゐたと  犬も同然じゃごわせんか  犬やねこがまい子になった  犬が庭にはいったかなって  犬のように後を追う  犬のかっこうもしていねえじ  犬が東を向けば  犬の達し得る  犬をやさしく叩いて  犬は直に云ふ  犬も吠え  犬の眼もさまさずに  犬になるなら  犬が星をみる  犬に咬まれる  犬までがはかなく鳴いて  犬だと書いてありますかい  犬が下手人とはおどろいたね  犬に決まった  犬と眼をつけて帰ったばかりなのに  犬のしわざとようやく眼がつくにはついたが  犬のうしろには糸をあやつる  犬をつり出す  犬を探ったか  犬の詮議がたいせつだと思ったからね  犬の様子は聞かなかったかい  犬でも三日飼われりゃ  犬をお使いになった  犬はよく慣らした  犬と人形をお持ち帰りになって  犬が西へ向けば  犬か猫なんぞのように置き捨てられた  犬に食わしちまいますぜ  犬にでもかまれれば  犬に追い駆けられて  犬をおどしている  犬にひかせて  犬のように愉快げに身を揺った  犬や猫の前で赤裸になる  犬に口輪をはめてみるが  犬のような歯並みを見せて  犬の頭をなでてやったりした  犬をけしかけていた  犬の顔にだって裏表がある  犬の顔にも裏表があるかもしれねえがね  犬か猫だと思ってるから  犬が尾をふって  犬の中では此の種類が一番賢いと云う  犬の方が猶だ余っぽど慈悲深く見ゆる  犬の顔を二分爾して残る  犬の居る  犬が飛び出した  犬は余には振りも向かず  犬の居た  犬と婆とを押し退けて  犬とに信用せられたと見え  犬やに対するには却って権柄を示すが  犬は獰猛な質に似ず  犬が斯うは狃染みません  犬が早くも聞き附けたと見え  犬が吠えるとは  犬は時々アノ様な声を出す  犬でも婆でも医学士でも廊下へ出て来たら  犬の名と察せられる  犬の名が家康であることも知つてゐた  犬の胃液の分泌や何かの工合を見るには  犬は食べると思いますか食べないと思いますか  犬はそれを食べます  犬捕り低く唄ひ出すといふ  犬をかわいがった  犬の方が追いまくられてしまった  犬や猫が目立ってふえて来た  犬を好かない  犬の死骸はときどき彼の脳裏に閃めいた  犬を抱へてゐる  犬の死骸はときどき彼の脳裏に閃いた  犬を抱えている  犬をそこここの樹下に繋いでから  犬とを合わせて吠えるという  犬などは実によく犬という愛すべき  犬が叢を踏むと  犬との足跡のついた  犬が非常に活躍していて  犬やトナカイの脚下にひざまずいて  犬のようにころがるだけでなく  犬が蠅取り紙に悩まされる  犬が結局窓の日蔽幕に巻き込まれて  犬を描く  犬を描いた  犬つころのように納屋の前の大地に敷いた  犬と一緒にだけ食べ  犬と一緒に話し  犬に話しかけてゐる  犬と共に見えなく  犬でも飼うて  犬をだまして  犬を子供が助けてやった  犬の皮一枚と猟銃と塩一升だけを身につけて  犬よりもなおほっそりした  犬も声を立てて居ない  犬に吠えられたり  犬を飼ったが  犬と比較して考える  犬は十何貫もある  犬と同じぐらいに可愛くなった  犬よりも可愛くなった  犬よりも可愛いと思う  犬が子供に敵意をもち  犬よけのサクを造って  犬もだんだん子供を愛す  犬を抱きしめたりする  犬は體躯をくねらして喜んだ  犬がその前を跳んだり  犬を入らし  犬に食われて死にゃ  犬にかまれた  犬より劣っている  犬が喜ぶ  犬の背をなでながら  犬はグウグウと腹の方でうなっていたが  犬は歯をむきだして  犬は一と飛びに  犬はもつれあって  犬が離れた  犬はまたせまった  犬の方に向きなおった  犬の方を見定めようとする  犬は勝ち誇った  犬がその後から喰らいつた  犬を殺してやるよ  犬のように刺し殺してやるぞ  犬の面がそんなものに似てたまるかと  犬の声に聞えます  犬だか猫だか浅間しい  犬がしいこくと  犬ころしにはならぬぞ  犬がほえていた  犬からも姿を見られている  犬を斬りきざむ  犬の声も聞えませぬ  犬の食を求むるごとくにただただ詩を求め探している  犬の子のような気もします  犬を連れ  犬は爪を隠せない  犬にのみ限った  犬が前後して現われて来ました  犬はきっとその影だけを見て吠えるに  犬が吠えない  犬の貪り吸う  犬の餌食に供されてしまう  犬の方に向ってのしかかりました  犬の方に向うと  犬を打ちました  犬が一散に立退いて  犬を打ち据えました  犬はすさまじい叫びを立てて  犬ならばこれで尻尾を捲いて退くでしょう  犬の足を打ち折ったり  犬が斬られに飛びかかった  犬が飛びかかった  犬が飛びかかる  犬が地上に不思議な恰好をして  犬をまたも真向から斬って落すと  犬の遠吠えが聞えて来ました  犬の遠吠えが聞えました  犬が物におびえて  犬までがその声を迎えて吠えつぐ  犬が鳴き渡っている  犬の声に耳を傾けておりました  犬の遠吠えの次第送りは止んでいました  犬が邪魔をして  犬のなき声が変だと思いました  犬がいけない  犬につけつ廻しつされていらっしゃる  犬に吠えられなかった  犬から慕い寄られた  犬に送りつけられてしまった  犬に吠えられに出て  犬と戦った  犬を斬りました  犬の如くにして  犬を斬らせまいとして  犬が斬られた  犬ならばいくら斬られても  犬を斬る  犬を斬った  犬の斬られたという  犬と共に長き日を暮らしかぬるが如き  犬その足音にも驚かず疲れて眠れる  犬がやたらに吠えてかけ  犬の場合でも失礼きわまる  犬のくそをまたいで  犬が後から追ひ上げます  犬が泣き叫んでゐる  犬のやうな形をした  犬のやうなものが山を下りて来て  犬の尾振りつつ  犬も知らざるべし  犬や豚のように船底に積み重ねられた  犬がじゃれ  犬が二人を嗅いで通り過ぎた  犬のように二人について行った  犬の子が盛んに蕃殖をいたしつつありますな  犬にも足が四本ある  犬には歩けて  犬が主人に呼ばれた  犬まで後足を池のピシャピシャに踏み入れて  犬がふみつけた  犬がきたので  犬に当てがった  犬は一頭いる  犬のリックとラックに向うから  犬が吠え廻った  犬の声も交って居る  犬さえ居ない  犬の頭のついた  犬を装備した  犬をはずした  犬の皮を外套にする  犬のように取っ組み合った  犬をたいへんかわいがっていた  犬を自分の室へ連れ込んで  犬は入り口で彼を待ち受けていて  犬は彼の前に駆け出して  犬を見つけるが  犬をからかい  犬を引きつけようとはしなかったが  犬は一台の自動車の車輪を避け  犬を抱き上げて  犬や小鳥や鶏や仔牛であると想像してみました  犬を退けなかった  犬の眼を不安に思う  犬に逐はれて  犬の如くに仕へ  犬がいた  犬や猫が垣の破れや塀の隙間を見出して  犬の遠吠え聞ゆる  犬のようなものが寝ている  犬や兎の解剖屍体を入れて  犬や兎の屍体はすっかり取り出されて  犬のような眼つきをしていた  犬がバタ壺に頭をつっ込むと  犬の毒牙にかかれるならずや  犬の踊り  犬がくやしがって  犬も猫もきらいな泡鳴をひっぱりこみ  犬殺のステツキをもつて  犬を退くる  犬に向かい  犬は犬獅子のはがみをおそれ  犬の一例にて知らるるごとく  犬の方にてこれを恐れ  犬の方にてこれに乗ずる  犬を恐るる  犬の方にてかえってこれを恐れて避け  犬に向かって唱え  犬と立て  犬が人の死を前知するという  犬が人の死を知るべき  犬の鳴き声が人の死に関係を有しておるかと申しますると  犬の足のようなものが首筋に触った  犬は時間を知らせる  犬の吠ゆるは  犬が飼育されている  犬が物に感じたという  犬がおりますな  犬が立てつづけに吠える  犬と違って  犬ではありませんよ  犬といえば  犬でないことを心得ているらしい  犬が鳴いたなあ  犬ならば吠えるという  犬の音声だけが特に気がかりになるらしい  犬を見たがる  犬の声にすっかり執着するが  犬の警告が止んだ  犬は続いて  犬を知り  犬を理解する  犬の傍へ寄ると  犬のために抱きすくめられてしまったとしか思われない  犬を愛するという  犬にかけての天才であってみると  犬であればあるほど  犬ではあったが  犬に熟した  犬を愛し  犬の眼から見ると  犬は首に鉄の環をハメられて  犬というものは繋がれる  犬と組討ちをしている  犬は解放を予期して  犬を放してやりてえ  犬をならすには  犬は訓練をしなければ  犬は食う  犬は忘れない  犬の面倒を見てやらなければならない  犬を走らしめつつ  犬を解いて  犬が尾を振って躍り上る  犬が躍り上ると  犬が一見して  犬は開けている  犬の力量を認識する  犬が三匹いると  犬が二匹で大熊を退治る  犬の面倒を見なけりゃなら  犬てえ奴はがんちゃんの苦手でげしてね  犬もおのずから懐いて  犬も走る  犬に嫌われたからって  犬には嫌われますが  犬にしちゃあ  犬と訂正して  犬を追いかけて来た  犬の大なるに比して  犬ははじめて見る  犬が化ける  犬にもチヤンと見  犬にあたった  犬なぞどうするの  犬を負かした  犬に復讐いなければならなかった  犬にけしかけた  犬の喧嘩のときの上級生が交っていた  犬にワンワン吠えさせたりした  犬を啼かせた  犬の置物を無心して断られると  犬が眠った  犬まで大きく見える  犬が墜ちた  犬の肉ででもあっとじゃろ  犬の肉でやんすで  犬にくれたら  犬の肉である事を保証した  犬ぶるひに振つた  犬がおあづけをしてゐる  犬の見世物でも見る  犬が集まって来て吠え散らす  犬はそれなりも声も休めずに  犬の子だってぶつから  犬の喧嘩と振向いて見る  犬でも死んだ  犬のやうであつてはいけない  犬にとりかこまれて  犬が近寄って来ました  犬が来たから  犬や猿の芸をする  犬も居る  犬の糞を踏み  犬で試験する  犬のやうに彼に從いて  犬を見たら  犬と二人きりで進んで  犬を外に待たせておいて  犬から教わっていたので  犬からよく言われて来たので  犬と一しょに寝ました  犬から教わっているので  犬から言われている  犬と一しょに門のそばへ寝ました  犬と一しょに船へ乗って出ていきました  犬に取り巻かれる  犬は青や紫や黄やうつくしくせわしくまたたきながら云いました  犬の衿上をむずと掴んで  犬の不幸に遭った  犬の声がする  犬のようにオレを睨んで  犬になるには  犬が泥棒を見ると  犬をおっかけまわしていじめていました  犬がしきりに啼く  犬が一斉に吠えたてる  犬か猫かを呼ぶ  犬を放さない  犬をつれてくる  犬の待っている  犬にこのナイフを嗅がせる  犬をつれだして  犬をつれだす  犬に嗅がしてみようと思う  犬が死体のそばに現れた  犬にナイフを嗅がせた  犬にナイフを嗅がせると  犬も前の犬のあとを追いだした  犬にナイフを嗅がせながら  犬がはげしく革紐を引っぱって  犬と同じ方向へ進みだしたからであった  犬の声はしだいに遠くなった  犬をつれていってみた  犬はそんな男には見  犬をつれてきたり  犬に嗅がせたら  犬はプラットの死体のほうへ歩かなくちゃならん  犬はそうしなかった  犬が指摘した  犬はあのナイフがエリスのものであることを示していて  犬はどんな事実も語ってはいない  犬の行動をみて  犬だってそんな一人を探しだす  犬の考えをつたえる  犬は人間の及びもつかぬ  犬の謎をとく  犬をつれて騒いでいた  犬がいない  犬がいたら  犬は殺人者なんかすこしも目がけていなかった  犬の見向きもしなかった  犬の問題を忘れていらっしゃる  犬に憑かれているから分らない  犬が匂いを嗅いで出かけた  犬は負傷もしていなければ  犬の嗅覚にうったえるじゃ  犬が通った  犬が土地を嗅がないで  犬が歩いた  犬は足長犬だ三丁目の角にこつち向いてゐたぞ  犬ど狼どどっち強えんだ  犬や狐の恰好の影をうつして遊んでいた  犬が吠え立った  犬の名を呼んでいる  犬が挨拶をしたに過ぎないという  犬の一種だということがわかりました  犬は猛然として兵馬に飛びかかって来たけれど  犬の轡を取りつつ  犬の殺陣もあるし  犬にもかなわない  犬のやうに罪と苛責に吠える  犬は悲しげに吠えてゐる  犬と同様だと言う  犬がいつも同じ道を通るのに  犬の真似をしては  犬の真似をしようと  犬を伴ひ  犬に化けて  犬なり豕なり一頭でも捉わるると直ぐ村を他処へ移すと見  犬の子にふびんを掛ける  犬の頭痛療法を心得おらぬから詰まらない  犬すなわち往きて  犬が恩など知ろう  犬の奸計とは気付かず  犬の訓え通り官道へ横たわり行く  犬を牽いて  犬が飛び去った  犬が吠えてる  犬には出来ない  犬となりて  犬も欠伸をする  犬には信吉のような欠伸は出来ないだろう  犬の命三つ合せて  犬はちっとも訓練されていない  犬と一緒に勢いよく駈けおりて  犬は背にうねりを打たせてかけて行く  犬の前脚を片手で一束につかんでは  犬と遊んでいる  犬の前脚をつかまえて遊んでいた  犬に立ち掛かるを  犬の遠吠えが聞えてきた  犬になって行け  犬になれとは  犬より下におかれても  犬は重視した  犬になりたい  犬は仔を産むし  犬の消費料は知るべきである  犬でも病んだら  犬もあるけばの  犬の下にもおかれて  犬に限らず  犬のように探れない  犬のようにぶつぶつ言いながら  犬みてえに縊り殺されて  犬みてえにみじめな死に  犬および殺人者は外に居るなり  犬にも劣りしとは知らざるか  犬その巻物を銜えて走る  犬飼う事をのうにして  犬を呼ぶに  犬は免ず  犬はもと直立して  犬の通路に撤いた  犬の足の裏に球となって  犬の成り行きを語る  犬は十六より十八歳まで生き得るが  犬の定命を二十歳と見立てたらしい  犬の気が進まぬ  犬から譲り受けた  犬となるに  犬がその家へ来た  犬が説教を聴きに来な  犬かく定時に教会へ来て  犬至って智あり  犬に助けられて還る  犬が犬殺しを識るは普通に知れ渡った  犬を殺さし  犬の幽霊が降き歩く  犬が吠えるといったに対して  犬直ちにこれを感じ知ると考えた  犬などには人に判り  犬の能く戦うを産す  犬に如かざる  犬を養うて  犬暫く渚に出  犬還って蛇を咋い殺す  犬は無上の財宝と知って  犬の忠情を感じ  犬に向いて泣きいると  犬は死んだ  犬に化し  犬を埋めた  犬が大蛇を殺して  犬の口に血が附きいた  犬に啖われたと  犬を切り捨てた  犬が咋い殺したと判った  犬のために大きな碑を立て  犬の名に基づいて  犬と鷹を留め置く  犬を起し  犬を斬り  犬のために寺を建てた  犬の跡を付け行き  犬を従えた  犬の背に布嚢と書簡を付け水門を潜らせ出すと  犬を人同様裁判の上衆民の見る  犬は善いと見える  犬が人に生まれた  犬を牽き来り  犬に食わせた  犬も世を過ししぞ  犬が人に遺産した  犬に人間同様の墓を設くるを許したと  犬に施すは  犬もオザイルの驢もかつてかかる  犬が二百アスペルを遺産したと申す  犬を不浄至極と忌む  犬と言った  犬も睡  犬のほかに九あり  犬の喧嘩に事起ったと  犬の喧嘩に基づいたというが  犬に情け厚かった老爺はその犬の灰で枯木に花を咲かせて  犬に辛かった親仁はそれを羨んで  犬を借りて行く  犬に道具を負わせて駆って  犬が帰らず  犬を伴れ行ったという  犬と勇士を率いて  犬も食った  犬のあるごとく  犬は鷹にも飼い  犬の足を切りたりと  犬を飼うなり  犬の肉をそぐなり  犬を郷中へさ  犬や馬の所作をことごとく似せた  犬の代りに豕を習わして  犬を飼い出した  犬や鼠の食い残しを知って食ったら  犬を追つて遊んでゐる  犬の如くに逃走した  犬のなく声が何となく物凄くひびいてきました  犬をつって居ると  犬は其あとは吠えなかった  犬に就いて  犬は投げられた  犬を引っつるように左手で抱えた  犬であったらそういう念慮も起らなかったであろうが  犬の身に起った  犬は蔭の湿った  犬には荒繩が斜にかけられた  犬がひいひい鳴いた  犬は更に大地へしがみついた  犬の頭部を撲った  犬は白い歯を食いしばって  犬が蹲って居る  犬の死骸があった  犬殺がまざまざと目に見える  犬の血に尋いで  犬の毛皮を貼った  犬がその紳士のかつらをひっぱって  犬も含めて  犬が尾を踏まれて噛み付く  犬の仔を選ぶ  犬をお飼ひになるにかぎります  犬がゐればね  犬がゐますよ  犬にした  犬を飼はうといふ  犬をくれる  犬でせう  犬を飼ふのに  犬のすて  犬をなげこみました  犬がなげこまれたりすると  犬が死んで  犬がゐやしないかと  犬にかみつかれるかもしれない  犬に食べものをもつ  犬が一ぴきゐる  犬が食べてしまふ  犬にものをくれては  犬の吠え立てる  犬は後足を畦に滑らして逃げて  犬まで痩せやが  犬の遠吠えも聞えぬ  犬でさえ逃げ出す  犬の声さえしない  犬は従いて来る  犬は喰らいつく  犬は戯れて躍ってる  犬を鳴かせる  犬のために散歩に出てやる  犬の声が嶮しくなる  犬は生の意味を悟らない  犬のように私は生きねばならない  犬はシッポを振る  犬のように見えました  犬にまたがって  犬はなおも追っかけましたので  犬の肉のように闇赤色に濁って  犬や豚と違って  犬のようにうそうそ歩いてるので  犬に吠えられたかて  犬も吠えたが  犬の天職は門を守るにありというに  犬はもと山野にありて  犬の天職と言うべけんや  犬や猫と同じであるような気がするが  犬の名前だの値段だのをそばから書かせられた  犬が一匹飼われてあった  犬の後をつけて  犬をいたわりながら  犬も喰わない  犬と猫ぐらいの不仲ではたしかにあった  犬を伴い  犬に与う  犬は驚きて  犬はかれに先立ちて  犬もまたこの林になずみけん  犬を嗾けたり杖で草を叩いたりする  犬の声がした  犬の足にふまれるな  犬の尻つぽをお返しにしました  犬の型に入れられ  犬おどしの木刀を差しちゃあ行かねえ  犬が藁小屋の中にそつとしのんで  犬を見下ろしてゐた  犬の遠吠えが聞えると  犬の仲間の奴が出てきて  犬は急に月光が怖ろしくな  犬の一匹となつて平穏に熟睡した  犬は森の中を潜る  犬は石から石を伝わり  犬がその下をくぐって  犬の声が聞える  犬が根気強く吠えていた  犬か猫かが殺されたとさえ感じない  犬に立ちむかった  犬は燃える  犬のようにうさんくさく行ったり来たりする  犬がうろつく  犬をやる  犬をほうった  犬の子一匹も通っていなかった  犬に喰われて  犬にしゃぶられた  犬となす  犬が寝てゐる  犬も午睡をしてゐる  犬が一匹うろうろしている  犬が私たちに吠えついた  犬なんかいない  犬のやうに温和しい  犬か猫かが来て嘗めてしまった  犬は六十五銭の外国品より喜んで食う  犬は正直にも舶来品よりもよろこんで食べます  犬にくはえてゆかれたりしては  犬のなき声が聞える  犬が走って  犬を叱りながら  犬もずいぶんの老犬になっていて  犬がちょっと吠える  犬の糞があつたからこれを入れて  犬が内の犬になってしもうて困る  犬を飼おうとは言わない  犬のお客のあった  犬の愛に溺れ  犬に食われに  犬に喰い残された  犬がつがい合っていた  犬のように鋭くなっている  犬のようにつくばって  犬のやうに吠えてゐる  犬のようにそっと這って行った  犬が水を飲む  犬の声はそこにもここにも聞こえた  犬の声はだんだんに近くなった  犬は牙をむき出して  犬のなかには熊のように大きいのもあった  犬に取り巻かれている  犬はなかなか怯まないらしく  犬のいたずらであると知った  犬もとうとう追い散らされてしまった  犬に取り巻かるるは  犬を飼うておられぬか  犬に悩まされたなどという  犬の群れに取り囲まれた  犬追う物のようにして射倒されたという  犬でもゐて  犬が川を渡る  犬が十二月十五日に仔を生んだ  犬の仔が家室にむかつて吠えて  犬の仔を殺してくれと  犬の仔が吠えて  犬に追はれた  犬は何故片足あげて  犬はなぜ尻尾を振るか  犬に呼びかけた  犬が自分に答へたことを感じた  犬に向つて叫んだ  犬は体をゆすぶり  犬が人間に対する追従の度合をはかる  犬はなぜ尻尾をふるか  犬に逢ひたいといふ考へが大部分を占めてゐた  犬を呼びとめた  犬は何故片足をもちあげて  犬でありたくない気持からこの貼紙を読むと  犬の他小便すべからずとは  犬と同じ観  犬はかう  犬の共同便所も敷設する  犬がなぜ片足をあげて  犬が片足をあげないで  犬が小便を催し  犬の前に運びます  犬はなぜ片足をあげて  犬のためにこの案を持ち出しました  犬は片足をあげて  犬と比較された  犬は読まない  犬が何故新聞を読まない  犬のプーリのものであることが容易にわかつた  犬が読む  犬のプーリがゐる  犬は高慢さうな顔を高くあげて  犬は強く空気を口で吸ふ  犬は大部分をこの政治欄を読む  犬は一通り新聞を読み終ると  犬はなぜ新聞を読まない  犬が文字を解してゐるとは信じられない  犬に対する質問のために払はうとしてゐた  犬が果してプーリのやうに文字を解してゐるとは限らないといふ  犬にむかつて  犬とを解雇した  犬のように黙って走って  犬の歩けるかの  犬の遠吠我はおびへぬある  犬かしかないと云うじゃねえか  犬に石でも抛り附ける  犬のように飼主にこびず  犬とも分らぬ  犬のように見にくく取り乱して  犬が走っていた  犬をひろってきて  犬が犬小屋に入る  犬がついて行った  犬をけしかけたりしている  犬を飼っていて  犬にしても  犬がこんなに大きな声で吠える  犬を追払いました  犬の真似をしているらしい  犬があんなに乱暴なことをしているのに  犬をみんなつないでしまって  犬はどうなる  犬の子を一匹もらって来て  犬の子は兄さんのごはんで育てる  犬の子に与えて養うべきだという  犬の子を養う  犬の子を弟に抱かせてやりますと  犬の子を弟から奪い取って  犬の子が外でクンクン泣いている  犬の泣き声を聞きとがめて  犬の子を持って来て  犬の子を家の中にいれさせました  犬の子を抱きしめて  犬のように従順であるというだけ  犬は野犬と見  犬の声三味線の音も聞えず  犬というはポインターとブルテリヤの醜い処を搗交ぜた  犬の子を拾って育て上げた  犬の方でも懐いて  犬がいないので  犬はと訊くと  犬の首玉に児供が縄を縛り付けて  犬では何と言って慰めて  犬なんてものは何処かへ行ってしまったと思うと  犬の事ばかりに屈托して  犬を追懐して  犬よりも最う一倍酷愛していた  犬や猫の容貌が好いの悪いのといって  犬を可愛がっていても  犬や猫を飼う  犬や猫に対するや人間の子を愛すると  犬を見れば撲ち  犬の吠るを聞き  犬が馬ほどの大きさになつて荷車を引かされてゐる  犬が魚の骨を食ひに来る  犬かも知れないぞと  犬が来て困ります  犬を叱っている  犬かが寝た  犬を好みて  犬さえ歩いていない  犬を大事に掛けた  犬を殺した  犬に連れて廻り出した  犬に怒りを起こさせようとする  犬は虚空に五尺余りも蹴鞠のように飛び上がったが  犬の図に於いて  犬を描いたといふ  犬の眼は生きてゐる  犬は細いのであつて痩せてはゐないなどと  犬のように駈けて行く  犬に咬み殺されたという  犬のように早々に逃げ帰った  犬をけしかける  犬に咬まれたという  犬に食われたなんて  犬よりも人間の方が余っ程  犬に咬まれて死んでしまった  犬を嫌っていた  犬に咬み殺された  犬をなぜ嫌ったか  犬や狸がほり返す  犬のような鼻を持っていた  犬が長い舌を出し出し交っていた  犬の頭のすぐ取れる  犬や馬がわらえるかね  犬だとつれていつて  犬だっておりませんから  犬だつて居りませんから  犬の子をあつかう  犬の前へ捨てた  犬でないという自信のある  犬の毛皮を着たり  犬の姿が浮かぶ  犬のように鼻をクンクン動かして  犬だか狼だかの真黒な影が転がる  犬とも思はれず  犬となりなば  犬に勝れ  犬と噬み合ふても  犬の事なれば  犬と噬み合ふて  犬と噬み合ひたれども  犬とならん  犬も去る  犬の猛きにあらず  犬は初より耳側てて  犬を見やれば  犬にかなふべき  犬の吠ゆるもやみたり  犬が吠えたり  犬は柵に鼻が閊えて食う  犬の様に佐々の耳に噛みついたらしかった  犬の仔の話などしておれない  犬のことをかめと言つたりしますが  犬が居るならば  犬や猫が科学者に負けるなんて  犬は血の泡の中に頭を投げ出して  犬の臭気にしみた  犬の首が入れてある  犬を思い出した  犬は入り日の光の中に反対の方角へ顔を向けた  犬と何か似た  犬については自信がある  犬はかならず鎖に固くしばりつけておくべきである  犬が道路上にちゃんと坐っていた  犬の傍を通った  犬に似てきて  犬がうようよいて  犬の心理を研究した  犬に出逢うと  犬の傍を通る  犬にあわれな  犬のほうで威嚇の武器と勘ちがいして  犬の心理を計りかねて  犬に好かれてしまった  犬の猛獣性を畏敬し  犬が私のあとについてきて  犬は私についてきながら  犬に慕われながら  犬もどこかへ雲散霧消している  犬は練兵場の隅に捨てられてあった  犬に成長する  犬の無能が暴露された  犬じゃと指さして笑う  犬の巣に踏みこんで  犬を相手に戦った  犬にでも飛びかかってゆく  犬が血迷って  犬がポチに吠えかけると  犬に復讐される  犬をこのまま忘れた  犬の蚤が伝播されてある  犬の蚤を発見した  犬にくれただけで  犬の格闘に巻きこまれて  犬は出て行かなかつた  犬が見てゐた  犬が目に見てゐた  犬が寐転んで居る  犬が非常に嫌いでしたから  犬が怖れて  犬は猶更吠えつく  犬を追っぱらわにゃ  犬を追う  犬が尻尾をふっている  犬は番人に飼われて  犬が五六匹も群がっていた  犬もボンヤリ眺めていた  犬を盗む  犬を呼び出し  犬の奴もよけて通る  犬のやうな姿勢になつてしまふ  犬のやうに人眼を忍んで  犬ってありゃしない  犬を悪くいった  犬を怖がる  犬を見ると怖がっていた  犬の頭をなでてかわいがろうとせずに  犬が追っかけた  犬はなにもしない  犬を悪いことにしてしまって  犬がなんにもしないのに  犬をしかりながら  犬にいじめられていようか  犬とが遊んでいました  犬はボンでありました  犬をかわいがっていました  犬の後を追って門のところまで出てきてみますと  犬が外をもふり向かずに  犬をつれていってはいけない  犬を大事にしてかわいがってくれるなら  犬を子供らにあたえようかという  犬をしかるばかりでなく  犬をいじめると思いました  犬を子供らにあたえた  犬のしあわせになるかもしれないと思いましたので  犬をかわいがってくれるなら  犬を君らにあげよう  犬をおくれよ  犬をもらいました  犬や猫が入院していました  犬があります  犬を見ますと  犬を抱く  犬の後足を検べていましたが  犬がきていたか  犬が急に立って  犬を連れて帰った  犬をかわいがって  犬があの世からたずねてきた  犬は夕靄の彼方から龍夫の足もとへ走つてくる  犬が夕靄のなかを走つてゐる  犬の生活を寧ろ望むでせう  犬よりもひどくやつつけられるでせうからね  犬の生活を望むだけの  犬と人間を比較するに  犬が可愛らしく思われたりした  犬の子のように先へハシゴをかけ登って  犬の身体つきを終わるまで見ていた  犬や猫が畠を荒らさぬ  犬に身を触れずにみごもられた  犬の思い子となって生れた  犬の身体についていた  犬の歯のように出入している  犬入るべからずと書いた  犬に追われても  犬の声なぞも何もきこえません  犬になげてやる  犬がほってにげたら  犬を皮屋にやつてしまはうときめた  犬の毛をむしりに来て困った  犬もほえなかった  犬は庭へ出て  犬とが現れた  犬のような蚤は出来ないし  犬でも食べやしないよ  犬に曳かせた  犬を操っていました  犬が一頭生き残っていた  犬が人をひとり乗せた  犬を手に入れ  犬の群につけた  犬をその仲間から取りのけて  犬に食べものをどっさりやり  犬が数頭死んでしまった  犬どうした  犬の高吠えが聞えた  犬などを見て喜ぶ  犬も気が立って  犬は気絶した  犬は夜のあけるまで吠えつづけているので  犬の部類に入っています  犬の方を見るかとおもえば  犬でも居ない  犬はうつったでしょうが  犬のからだをしらべてみる  犬をじっとみつめていました  犬を見守る  犬の寝床ができました  犬の寝息をうかがい  犬はようやく元気になって  犬に車を曳かせる  犬をつくられた  犬が挽き  犬を溝から救いあげてやった  犬と遊ぼうが  犬と牛乳車をモデルにする  犬の頸に抱きついて  犬は少年のあとを追ってこっそり内へ入りこんでみました  犬の来ている  犬を胸のあたりまで抱き上げました  犬とでありました  犬を呼び  犬に向ってつぶやく  犬を愛していたに  犬を深く愛していた  犬が描ける  犬の頭をなでました  犬を抱きしめた  犬の額にかかりました  犬をふりむく  犬にやって下さいませんか  犬は頭をたれて  犬をなでて歩き出しました  犬も老いぼれて来ましたから  犬だけ宿を貸して  犬に接吻したかと思うと  犬の許にかけて行って  犬はなんにも食べた  犬を残して  犬は思いました  犬を抱きしめながらささやきました  犬のからだを抱きました  犬とを見い出しました  犬を抱きしめていました  犬なんかあまりいなかったのに  犬を三四匹もひきつれて  犬って東京だけにいる  犬なんてめったにいなかったよ  犬の物語を書いた  犬のつるむを眺め居たりひる  犬をなんで飼ってる  犬の臭いと一緒になると  犬の臭いをどうして厭がらない  犬や鼻糞の臭いがうつってる  犬はいいました  犬もそこへ行ったら  犬のせ  犬はわんわんほえたてました  犬は戸のかげにねました  犬にかまれて  犬にかまるべきか  犬や犬や浮世の街にさす  犬は藻西の外の者へは馴染ぬとも云たのでしょう夫や是や考えて見ると  犬は忽ち鎮りて寝台の所に退けり  犬が非常の手掛りだと云う  犬に目を附けたは  犬を殺して仕舞うか  犬の返事に詰りたる  犬に目を附け初めた  犬を連て行たのだと斯う思いまして  犬と生かはりて  犬なりと云ふは  犬くぐりほどの穴があって  犬くぐりの穴から中へさし入れた  犬と戯れながらかじり始めました  犬か猫をでも見る  犬の子が目につくと  犬の仔のようになる  犬が鳴いて  犬が駅の前へ行ったら  犬ではない雄で白いところに黒いブチがあって  犬も街上に書物を抱え  犬の子を売っている  犬と子供がいる  犬は鎖を張って  犬は馬のために尾を振り  犬や猫をさえ激怒させる  犬のように床に手をついて  犬の毛皮のチヤンチヤンコを着  犬の真似して吠えてみたり  犬の子は吠え  犬が馬のかわりに牛乳や野菜の車をひいて  犬も人も轢かずに  犬が啼くから  犬を蹴って  犬が一層彼に似ている  犬のように吠えたてて  犬ころしは止すの  犬を殺しつけて居た  犬が死の予覚のために苦しがって鳴く  犬は豚よりも死を厭うし  犬を殺しては喰う  犬の展覧会と言った  犬を借りてくりゃ  犬のことはこれきり考えない  犬をお伴れになりますか  犬を怖がって  犬をこわがって  犬が吼えてる  犬にかませて捕って来て  犬も眠るとも  犬の鳴き立てる  犬はなおなおはげしく狂い回って  犬をつき放して  犬の首を切り落としてしまいました  犬が狂い出した  犬の首がしっかりとかみついていました  犬が見つけて  犬のお墓だといって  犬を叱りつけたりなどしてゐた  犬も出てこない  犬の血を城門に塗って置くと  犬とを用意して  犬はそのそばに控えていた  犬を嗾しかけると  犬に噛まれ  犬よりも大きくなった  犬となった  犬の知恵ばかりではありますまい  犬は彼女を伴って  犬の導く  犬の姿になった  犬の主家の婦人が現れて  犬にかみついた  犬の咬傷は治りが  犬に逐わせる  犬を放したが  犬も耳を垂れて  犬を持って来てくれたので  犬が忍んで来た  犬は厩にはいって  犬にかえった  犬を庭さきへ牽き出させて  犬があらわれた  犬とは異っていた  犬を林のなかに放して置いて  犬を見つけて  犬が負傷している  犬を可哀そうがる  犬の脚に副木をつけるまでやらなければ  犬の插話を思い出し  犬とを連れて  犬とを伴って出てゆくと  犬は無事に逃げた  犬はその庭に伏して  犬はすぐに先に立って出た  犬はかの森のなかへ案内して  犬は又かれ  犬としたら  犬と老女の面倒も見ようといふ  犬にでも遣る  犬に扱われている  犬が一斉に吠えはじめた  犬でさへ温和しい  犬が連りに吠える  犬に投げてやりたい  犬の眠りと云う  犬の眠りのために夜ごと悩まされた  犬は土を嗅ぎ嗅ぎ  犬くぐりを抜け  犬の言葉はわかりませんから  犬の言葉がわからない  犬もやはり我々の言葉はわからない  犬が芸を覚える  犬の言葉を聞きわける  犬の教えてくれる  犬とはどうした  犬の声が起った  犬はどこかへ姿を隠した  犬の行方を求めている  犬は目の下に温泉宿の屋根が見えると  犬が来た  犬が一匹坐っている  犬の姿に見入りました  犬が食いかかったという  犬が食ったって  犬に食いつかれてさえ  犬に食われたって  犬に食いつかれた  犬に食われる  犬のようにきくじゃないの  犬とを相手にして  犬も毛の逆立った  犬とに四方を囲まれながら  犬とにとりかこまれてめぐらすだけの  犬とが一つになって  犬に続いた  犬とに追われながら  犬が追いあぐんで  犬の背を危うく向こうへとび越えると  犬に食われて死ぬ  犬の声を圧して  犬の数を尽くして  犬が代わってしてくれる  犬を飼って愛す  犬の物語を書いている  犬も何にも居ない  犬が吠えたっけ  犬を二疋つれて  犬がふうとうなって戻ってきました  犬がふうとうなつて戻つてきました  犬にほかならぬと思った  犬に返答する  犬も殺されて  犬ばかりには見える  犬は風俗壊乱の性あり  犬が窓下に参ります  犬だらうが見  犬を棄てにやらされたりした  犬にもなれる  犬の尾を踏んだり  犬の入り来て  犬の皮着てた  犬は如何なる病気を感染するか  犬や猫を宛てがっておくと  犬は泥棒犬になる  犬や猫を提供する  犬や猫をどこから仕入れて来るかって  犬を拾う  犬の首ッ玉を掴むには  犬の首ッ玉の耳の背後よりも少し下った  犬の奴が安心すると見えて  犬を大学や医学校へ持って行くと  犬拾いが新興日本の花形なんだから物も云い  犬に信用される  犬の皮ときまっているらしいが  犬になると  犬をポケットに納めるという  犬の首ッ玉を吊るして  犬が主人の一大事とばかり一直線に宙を飛んで行ったが  犬から起った  犬に関係している  犬がアンタの手に帰ったら  犬が居ないと  犬の事をお尋ねになる  犬を引いた  犬が取返せるか  犬に当るとは  犬だのモルモットだのがウジャウジャ居る  犬や猫へ遣る  犬の籠が片隅に十ばかり固まっている  犬ばかり集めた  犬にとっても忘れられない  犬を抱き上げた  犬を抱えて  犬が見付かりましたかね  犬はドウした  犬がどこの家の犬だか知っとる  犬の名前がウータといって  犬の病気を出来るだけ  犬なぞも御覧の通り切開手術をしてやりますと  犬の結核を何とかして  犬の結核ぐらいは何でもなく治癒せるじゃろう  犬を洋行土産に呉れた  犬が自宅に居ないと  犬を全快させる  犬を結核に罹らせて  犬が偶然に手に入った  犬を放り出して  犬に喰われろだ  犬と知らずに  犬を断髪令嬢の恋敵の医学士の所へ持って行って売付けた  犬が世界に二匹と居ない  犬が肺病の第三期にかかった  犬が居なくなったといって泣く  犬のお悔みを申上げて  犬が逃げ吠えする  犬が盗まれている  犬をつれてる  犬と同じように子供をひいて走りまわる  犬よ青白いふしあはせの  犬が墓地をうろついてゐる  犬は哀傷し  犬だって猫だって食べない  犬の蹲った  犬をけしかけたりもした  犬っころの様な身震いをした  犬が戯れながら  犬を抱いて来た  犬を飼つてくれ  犬は大飼を喰ふばかりで  犬ばかりは人間に直接な役目をしないといふ  犬にふまれて泣いている  犬の動物を作ったり  犬の様につけまわし出しました  犬の姿をちらと思い浮べてみた  犬の姿から黒い正体の判らない  犬を追っている  犬のようにはいながら  犬の糞を踏みあしめえし  犬に喰わせようという  犬だって浮かれている  犬と見た  犬の声もやみ  犬さえ吠えず  犬が二三匹垣根の中から駈け出して  犬がいるばかり  犬の背中へ炎さ絡まっている  犬の糞がある  犬を引張  犬の悲しい叫びであらう  犬の聲にちがひない  犬を學ぶ  犬と人間とは違ひますよ  犬の心臓と取替えた  犬のうなり  犬が猫又になる  犬の駈ける  犬にも気がつかぬ  犬を打つた  犬ばかりがふえて行く  犬がうろつき出したらしいよ  犬を追んだすと  犬のやうに尻尾を巻き  犬の遠吠え式のものではなかろうかと思ったりする  犬がくわえ出したりしている  犬のように頬を押しつけた  犬がついてゐます  犬もゐます  犬が啼いてるわ  犬は飼いましょうか  犬が犬だよと云われて怒るとすれば  犬の悲しげな遠ぼ  犬の声には夜ふかふおぼへ  犬の聲が鋭く聞えます  犬でも分る  犬を放しに走った  犬をつれて飛び出した  犬を嗾しかけるぞ  犬の不思議な行動に御注意なさるといいでしょう  犬は全然何もしなかった  犬の飼ってある  犬が吠えなかった  犬のよく知ってる  犬をこんなにも特色ある  犬の首と人間の首とをつなぎ替えるとか  犬を用いて行ったから  犬を用いて行って見ようと  犬でも行われる  犬が要る  犬に一定の手術を施す  犬の好きな食物を見せますならば  犬に食物を与え  犬はただ鈴の音だけをきいても  犬は唾液を分泌しない  犬が反射的に唾液を分泌する  犬の意志と関係のある  犬の聴覚の敏度を全く客観的に定める  犬は人間よりも遥かに振動数の多い音をきく  犬は残念ながら物を言う  犬の実験心理学は従来手のつけようのないものとされて居りました  犬の心理をも客観的に研究する  犬の心理研究の面白さに惹かれて  犬に手術を施して  犬を革帯で固定して  犬の聴覚の客観的研究を行いました  犬を馴らす  犬の性質を知って  犬にもそれぞれ個性のある  犬の個性の研究が鯉坂君の興味をそそったので  犬の数はだんだん殖えました  犬の嗅覚を応用した  犬に嗅がせると  犬は条件反射を起し  犬の心理試験はいわば純客観的に行い得る  犬を選ぶ  犬を選ぶと  犬に近づけるだけで  犬を実験につかう  犬に食物を与えないで  犬の顎の下から滴る  犬に嗅がせれば  犬に嗅がせて見ました  犬に近づけて  犬の状態を観察しました  犬が別に少しも興奮もして居ない  犬の方に近づけました  犬はまだその男の姿を見る  犬が啼き出し  犬をしっかりと抱きしめました  犬をわが子のように愛し  犬が居なくなったので  犬が一匹もみえない  犬の糞尿や凍傷の血の滴りを  犬が噛じれる  犬の激しく吠える  犬は暗いなかでなお吠えつづけていた  犬に吠え立てられるし  犬のほえるこえがきこえてきました  犬がわんわんほえながらもどってきました  犬の遠吼えの  犬のように吼えているという  犬のやうに這つて脱れた  犬の聲に似てゐた  犬がそれを看  犬を斬ったという  犬っころにしたって  犬は笹の間から黒い尖った  犬は尻尾を垂れて  犬と一緒に古川町の先生が降りて来た  犬っころみたいにお前を連れ帰った  犬の遠吠が聞えた  犬は二人のまわりをぐるぐる廻りながら吠え立てた  犬は狂った  犬を一日監禁した  犬のような素早さで早速空地へ這入って行った  犬が交んだまま葱のなかにかくれてる  犬の耳に注がれる  犬のごとくさけばしむ  犬の忽ち口忽ち足を用ふるも  犬にもまさりぬべし  犬の如く吠えた  犬に噛み裂かる  犬は第五曲の中なるパオロ及びその兄ジャンチオットの父にてマラテスタ・ダ・ヴェルルッキオといひ  犬か猫のように虐待して  犬を可哀がる  犬なぞお置きになるから  犬や猫を飼ったりして  犬を抱え  犬にじゃれられながら戻って参ります  犬やこんな畑や気持の転換になります  犬が躍り上って  犬は女の子だのにさっぱりとして  犬を追っかけるのよ  犬がワンワン云うので  犬の仔なんかとやるわ  犬が母娘でついて来て  犬の頸輪つかんで  犬が吠えはじめ  犬を丁度つないでおく  犬がうれしがって  犬の仔の話をかく  犬の世話をしていると  犬を飼うという  犬を抱いて居ります  犬にでも喰われろ  犬が門を守っていた  犬の如くに死んでも  犬の仔が幾匹も面白そうにふざけていた  犬のまねをして  犬のお産を子供等に見せない  犬の次第に狼に變はるをみ  犬も居ります  犬はひときわ高くうなり  犬をぶちのめそうと  犬をけとばした  犬をたたきのめした  犬をかっている  犬にはわかった  犬にはわかるらしいね  犬からのがれて  犬には見えますかな  犬はにおいで嗅ぎつける  犬にかみつかれて弱ったと  犬の群れにかこまれて  犬の耳を持った  犬の耳へ気を奪られなかった  犬は構わずにいます  犬を怒らし  犬を怒らしめない  犬の声もフト途絶ゆる  犬の経立は恐し  犬うずくまりてあり  犬のうなる  犬の経立ちなるかな  犬の経立ちに逢う  犬も人の恐れざりしか  犬の吠ゆるを聞きて  犬は必ずどこかこの近所に隠れて見ておるに  犬も忠義の犬になるか知ら  犬の後に落つ  犬を深す事が出来ません  犬の鎖を解いて  犬のように四つ匐いになった  犬が急に吠え出した  犬を叱り付けた  犬も尻尾を高く巻いて  犬と小供が去った  犬について人工心臓を試みる  犬に対してはただ大きな喞筒を用うれば  犬では死後十分間以内に取りかかれば  犬と羊の実験をした  犬や鶏が戦争や過度の消費によって減少すると  犬が吠え立てれば  犬の刺戟が実際に旅の疲れを外見通りに完全に取除いた  犬に噛みつく  犬を一匹背中におぶって行く  犬か鷲に食わせる  犬じゃ烏じゃと万人の指甲に弾かれ  犬や烏と身をなして  犬に取り巻かれ  犬や子供や大人にくっついて  犬が桟橋を下ってゆく  犬だとぐらゐしか思つて居ないけれども  犬に怪まれねばならないと  犬が私達の顔を見知  犬がその棒をめぐる  犬が其島の方を向いて吠えたので  犬の足は四本にきまっている  犬の糞みたいなものを門口に捨てやがって  犬の毛皮を首に巻き  犬の毛皮を熊の毛皮だと言って買わされたり  犬の屎を踏み腹立つのみ  犬ぐらいに見えるので  犬か何かのように一人の少年がしゃがんだ  犬も四匹ほど待っていた  犬は東京などとは違って  犬を見掛けねばならぬ  犬の文明も進んで居る  犬と話をして居る  犬の為に散歩をして遣るという  犬よりも少ないように思われた  犬には無いことだが猫を置く  犬をひいてあらはれる  犬を放つて  犬を射殺すので  犬の急所をつらぬいても  犬のむく  犬を持ち  犬をひいて来ました  犬の首を抑へてかがみました  犬の首をはなしません  犬の首を放しました  犬を射る  犬が月夜に吠えると  犬のような寂しいものが一抹漂っているからであった  犬は失せぬ  犬といえども  犬や鶏さえ穏しやかである  犬とを食い殺した  犬に喰はれる  犬に吠え付かれて  犬に配達させたいと思ってる  犬とか青大将かなんかがあれでも主人と思って  犬か青大将が義理立てするばかりとは  犬か青大将とつきあって  犬と青大将ぐらいでタクサンだと云ったりした  犬に喰はれる  犬はなんて泣くか知ってるかい  犬はわんわんって泣くさ  犬はどういって泣くか知ってる  犬などを庭園に出して  犬を蹴った  犬は尻尾をまいて  犬をお飼いですね  犬は後退りをしながら  犬を作りあげる  犬の喧嘩を見る  犬を真似た  犬に較べる  犬の真似をするという  犬はイヤな奴だと思いましたが  犬は見咎めて  犬はいよいよ勘弁ならぬと思いましたが  犬や猫のせいにする  犬に御飯をやる  犬は女中さんがかわいそうでたまりませんでした  犬がちょいと台所へ来てみますと  犬は黙っている  犬はとうとう癇癪玉を破裂させました  犬は泥足の儘床の上に飛び上って  犬におやり  犬も嬉しくて尾を千切れる  犬がこれを見つけて  犬が又猫をいじめてやろうとしている  犬のお尻の処をジット狙いました  犬に怪我をさせては  犬は猫のすぐ後に近寄り  犬のお尻を狙って  犬も坊ちゃんもみんなひどい目に合い  犬がすぐ足もとにいたので驚いて  犬はしまったと思って  犬も御飯をいただきました  犬が芝生に半狂乱でからだをこすりつけている  犬がうずくまっていた  犬がいたっけなあ  犬は毛並が茶色で違っていた  犬に追われて逃げ惑うた  犬の吠ゆれば  犬がほえているだけな  犬のように裁判所にへりくだっている  犬がじっと見ていた  犬のように何時までも沈黙って私について来た  犬に食われてしまえである  犬をひざに抱いて  犬のような感じがしないでも  犬の感じにまでおちこんでしまっていた  犬にでも喰われろと云った  犬のようにその男の後からついて行った  犬のように這いずりまわっている  犬の肉がはいってるのね  犬の皮むけ  犬に食われてしまう  犬のように心安く扱う  犬に咬まれるくらいなら  犬の声もせず  犬よりも人に愛せられない  犬とをむすびつけて  犬を見ましょうや  犬の市でも立った  犬は猪を取る  犬にほえられながら  犬が好きだってことは聞いていたが  犬を抓み出した  犬の王者のセントバーナードの仔もいる  犬の奴が神経衰弱になる  犬の蚤がたかりやしないか  犬を飼っているらしく  犬も相当いる  犬はなんていったっけね  犬が急に落着きがなくなったり騒いだりした  犬を借してくれ  犬には聴こえる  犬が騒ぎ出す  犬が聴きおぼえている  犬は狎れて  犬のごとく盲目的に彼を崇拝した  犬は時々前足を飛ばせて  犬の前にも並べる  犬を逐い払おうとした  犬を成敗しようと云う  犬は彼の不快を知っている  犬を刺そうとした  犬をかばって  犬は水を垂らしながら  犬と戯れている  犬は咄嗟に身を飜して  犬である事を自覺させてやりたいと思ふ  犬にも魚の骨をやるだからなあ  犬のようになつく  犬も猫も心遣ひを  犬を描いても  犬が死にました  犬を驚して  犬さえ歩いて来ない  犬に床まで敷いてやるといふ  犬を連れて来て  犬か猫がくわえ出した  犬を斬って帰ると  犬のようにあたりをじろりと見廻したが  犬のように追いかけて行った  犬の死骸が混っていた  犬のやうに追ひかけて  犬の死骸が混つてゐた  犬と歩む  

~ 犬[名詞]1
一匹の犬を  使い方一つで犬にも  親子の犬が  手を伸ばして犬の  枯草のうごくは犬  そこらの犬が  夜の犬が  ようほえる犬で  猫や犬の  身體は犬の  草は枯れて犬は  朝から犬に  ところの犬の  侍が犬の  あれは犬の  家の犬に  代りの犬を  戸が開いていると犬が  夜がふける犬に  サイレン鳴れば犬が  そめの犬と  木の葉ちるや犬も  ぢらしい犬  不幸な犬  日を犬と  茶色の犬が  外人と犬から  休業の犬が  イチと名づけられた犬が  尾をふる犬が  親に継いでは犬の  ポチは犬  近所の犬は  浮世へ突放された犬の  ような犬に  厭な犬  #厭な犬  母さん此様な犬は  犬好は犬が  私は犬と  無邪気な犬  余処の犬が  下から犬の  宅の犬の  余所の犬  #余所の犬  余所の犬じゃ  遠方で犬の  這上って犬の  沢山の犬が  遠くに犬が  門前の犬  あいつおれの犬に  巌は犬の  学生が犬の  犬と犬とが  犬と犬とを  だれの犬  二年生は犬まで  細井は犬と  尾は犬の  二つの犬は  酒屋の犬  いつか三年と犬の  きみは犬を  中学とは犬と  毛唐人は犬や  珠子さんが犬に  猫と犬とが  僧衣の犬  しわのある犬がの  僧衣の犬は  舞ひあがる犬  ふたつの犬は  それは出しぬいて犬の  それまで犬は  ところに居て犬の  まひには犬の  毛を落した犬の  あたしが犬の  九疋の犬が  男が犬の  手に持った犬の  ほかの犬  印刷屋の犬じゃ  うちの犬でも  いやな犬  かしな犬も  急に犬に  婆さんが犬の  せんだって中から申し上げた犬  婆やなどは犬の  世界から犬の  板間の犬の  私は犬の  男の子は犬の  中に犬を  そとの犬  ばあさんは犬  そこには犬と  雜誌に犬の  二匹の犬の  遠吠えをする犬が  無害な犬が  つきに来た犬も  こんどは犬の  神の犬よ  伝書鳩や犬よりも  鼻は犬ほども  芳なあ犬ば  利口な犬  下は犬や  黄いろな犬を  十郎の犬さえ  十郎とぶっつかって犬が  ときは犬も  十郎は犬を  自分と犬との  関心で犬の  皮が犬や  文化生活には犬か  芥溜をあさる犬の  ときには犬でも  墺国とは犬と  工合が犬ばかり  犬だ犬  変だナ犬  白斑の犬が  海辺の犬  元から犬など  いつか父は犬の  猫とか犬とか  痩ツこけた犬が  妻は犬に  二人はいがみ合う犬の  尾を振る犬の  夕方ポーチで犬と  クリクリした犬が  鎖につながれた犬の  猫は犬に  それを犬に  足元にどたりと犬の  上に犬を  ように犬の  一匹の犬の  婆さん風な犬が  世間普通な犬の  一度で犬は  良種の犬か  私が犬に  情熱を犬の  クラッカーという犬が  そうに犬の  人は犬の  地雷火を犬が  穴を探して犬の  大小さまざまな犬が  あれは犬  それが犬  白楼の犬が  切支丹探しの犬と  赤毛の犬を  街頭の犬に  あとから犬が  二度もやられると犬は  家を失った犬が  彼女は犬の  私は犬でも  海に犬の  彼は犬の  んだら犬が  人は犬や  男は吠えられる犬の  交ひ犬の  どこかの犬が  適当の犬  わたしの犬は  自分の犬が  隅に犬の  わたしの犬の  わたしの犬を  あなたの犬を  一頭の犬を  一匹の犬が  年をとった犬は  わたしは犬を  わたしたちは犬の  不景気な犬が  袋から出して犬に  老人は犬を  路ばたの犬でも  來て犬をからか  蔭間が犬に  幸村山伏の犬  猿と犬と  下駄屋の犬と  近所の犬が  一ツの犬の  一隅にいる犬は  それに犬の  自分で犬の  動物園の犬か  花や犬などと  飼つてゐる犬が  こと家に飼いたる痩せ犬の  なんだ犬の  キューンと犬の  県下でも犬と  お家の犬に  頃は犬の  往来で犬の  ハンケチに犬が  この間街角で犬が  馬だの犬の  鴉も居らなければ犬も  皮膚病に冒された犬を  説教強盗も犬を  二匹の犬が  二匹の犬は  人喰ふ犬の  下に犬という  亭主が死ぬと犬の  そこの犬を  ほうで犬の  なん匹もの犬が  骨ばかりの犬とは  どこの犬  総ての犬が  猫も犬も  石を犬に  下が犬に  庭園を犬を  子供も犬も  人々や犬までも  武芸者と犬の  あっちの犬に  ような犬が  これは犬でも  二十四で犬が  大抵の犬は  往来にしゃがんで犬を  森君は犬の  蝨を取ってやった犬  二三匹仲間の犬が  他の犬を  自由に犬を  森君は犬を  茶斑の犬は  びっこを引いた犬が  お寺の犬の  狐も犬も  可憐の犬  臆病な犬の  眠りに落ちる犬の  鼻がかわくかわくと云うので犬が  門を守る犬  時往来を歩いて居た犬が  カヮンカヮン鳴き乍ら倒れた犬を  心もち腰をかがめる犬の  床下を犬の  客は犬でも  一箇を犬へ  方から犬は  子供は犬と  ところへ犬を  わたしも犬に  警察の犬に  びしょ濡れになった犬が  犬野良の犬  馬とか犬とか  拳が犬の  飼つてゐた犬を  前で犬と  馬や犬や  中ぐらいの犬ほどの  種類の犬  グレートデーンという犬  それは犬ぐらいの  片隅にある犬の  猫や犬も  寺の犬  虎の子を犬の  見殺しになすとは犬か  虎の子に犬の  だれか犬を  食べ物を持ってきて犬に  ような犬を  平生心から犬を  夫婦喧嘩は犬も  空ッ風と犬の  途中の犬が  死人等は犬に  空で犬の  茶褐色の犬の  これだけの犬の  本物の犬は  方で犬が  スワといえば犬を  四匹の犬が  血だらけの犬が  色情のついた犬  力ある犬の  觸れた犬の  中の犬の  姿は犬や  幾つかの犬が  山三郎の犬に  アいけねえ犬なんて  昔から犬に  セッタ種の犬を  猿と犬の  セッター種の犬と  庭に犬が  四万五千円で犬を  高価な犬  東西を問わず犬の  よその犬を  テリヤ系の犬には  種類の犬を  種類の犬が  先生は犬の  百姓が飼ってる犬  まっ白なむく犬が  ほかの犬の  危険を救う犬が  忠実な犬に  執拗に犬の  どこでも犬が  江戸と違って犬は  臆病な犬が  吠ゆる犬に  にわとりは犬と  旅人も犬に  無言で犬の  人と犬と  旅人が犬  旅人の見た犬の  燃殼を犬の  餓は犬の  手を伸べて犬を  紙屑を犬の  淺猿しい犬の  一疋の犬に  私を犬の  父は犬に  今夜は犬が  夜には犬に  一度は犬に  つて毛のはげたむく犬を  是れ犬の  神と犬と  子孫が犬の  鷹や犬に  処で犬だって  いくさ車より解き放されし犬の  それは犬  いつでも犬が  近所にも犬は  方が犬よりも  体内に犬よりも  これを犬に  鷹や犬の  処が犬が  キツイ顔付で犬が  様な犬が  箱車を牽く犬も  渚に犬が  牧童と犬とに  二匹の犬も  多くの犬が  車にも轢かれず犬にも  仔も犬の  夜に犬の  猫は犬の  人が通ろうと犬が  どこそこの犬は  すべての犬は  通用する犬と  存在している犬の  形を具えている犬は  一匹の犬に  人は犬を  それだから犬の  これは犬なりという  僕の犬を  僕は犬の  明日からは犬は  犬は犬を  私達が犬や  何匹もの犬に  これは犬  忠利の犬  お供をした犬を  それを犬の  ように犬に  五助は犬を  五助は犬を  五助は犬の  方へ向いて犬なんかを  方へ向いて犬かなんかを  毛並の犬に  近くの犬という  豚や犬と  野放しの犬の  実験を犬によって  人間も犬と  発見した犬と  一度飼ってもらった犬の  十頭の犬で  人数でも犬さえ  遠くでほえる犬の  人間が犬と  歯をむく犬を  雀を犬に  金剛石を犬  いやに犬が  よその犬が  あちこちの犬が  人間が犬の  地べたに叩き伏せられた犬の  往来の犬や  わたしのむく犬の  あれのむく犬を  仔とも犬の  家の犬を  隅に寝ていた瘠せ犬が  三年忘れない犬と  三日にして忘れる犬と  先方で犬が  猫と犬との  美術学校教授の犬の  闘犬に勝ったといっては犬の  権右衛門は犬の  外へ出ると犬が  人影が犬と共に  無意識的な犬の  丁度水を打ち掛けられた犬の  姿を見て犬は  一羽が犬の  子供も浮かれて犬と  親爺まで犬と  家では犬や  旅人が連れてきた犬  あたりを犬などに  まつてゐた犬が  やうな犬の  女と犬と  女と犬の  女と犬とを  彼等の犬が  栗毛の犬だけが  召使や犬などを  私に向って犬に  中に犬の  僕と犬  三人は犬の  ケルベロスといふ犬  下に犬が  併し犬は  家の犬が  形容ではなく犬か  一緒に犬に  横になっては犬を  男が犬を  これに反して犬は  今日は犬を  大黒帽を被り犬の  猫や犬を  マスティフ種の犬ぐらい  蛙や犬の  肉は犬なんかの  私は犬や  自分の犬に  なつてゐる犬の  ひつそりとしてゐる犬の  擡せてゐた犬の  流れへ犬を  日向で痩せた犬の  十一月の寝犬  それを攀じ登って行くと犬も  クロという犬を  一匹の犬とに  実験台の犬の  手先で犬の  自分自身は犬と  クワンクワンと叫ぶ犬を  ものは犬と  声も犬の  ために犬の  どこやらで犬の  うしろで犬の  四国の犬で  昨日は犬に  今日は犬に  ぐるるや犬と  ゑがく途上即事ついてくる犬  人がひく犬が  花弁を犬の  そうな犬の  二人の犬  大声で犬  外の犬が  前の犬が  少年と犬との  豚か犬の  稲荷と犬の  合の手として犬の  さきの犬が  豚や犬に  奥で犬の  あんたの犬が  こちらの犬の  出来たてに犬が  土細工の犬や  道づれなりし犬の  猫と犬と  あいつは犬  倉地の犬と  倉地の犬  らに遊んでいた犬が  奥様が犬を  熊吉は犬の  群を離れた犬が  牡の犬  これで犬  さっきから犬  大通りを犬の  蓮は犬を  ように犬を  まろまろ寝ている犬を  牧野も犬が  邪慳に犬を  彼女は犬を  刺身なぞを犬に  前に飼っていた犬の  御新造が犬と  御新造が犬を  膝へ犬を  息の絶えた犬を  前の犬には  今度の犬には  茫然と犬の  暮に犬に  風に吹き散らされる犬の  久しぶりに犬を  二人が近づいても犬は  喪家の犬の  渦毛の犬の  矢張り多勢ほかの犬が  警官や犬や  狂暴な犬の  顔と犬とを  いやな犬も  のは犬で  側を離れない犬を  笑ひながら犬を  中から犬を  のも犬を  殿様で犬を  会長をして居た犬の  賞讃を博するに適した犬  主人が犬と  のは犬と  主人も走れば犬も  犬と犬の  これは犬の  人間と犬が  人間と犬には  山際さんの犬と  よその犬と  利巧な犬  美名をつけて犬の  程度が犬に  自動車が走ると犬が  おれが犬  テリア種の犬と  馬と犬の  これを見付けた犬は  それを犬が  馬と犬を  頬を撫でて犬の  ろしい犬が  護衛の犬を  外では犬が  小児や犬が  昼は犬を  軍用犬になる犬の  人頭が獲れなくなったので犬や  真黒な犬が  とき猟師の犬に  年蛇と犬と  信濃では犬に  のと犬に  猟師と犬が  鼠色をした犬の  毛をした犬の  ビクターの犬の  引ッこんだりする犬の  ムリに犬の  私は犬が  働きをする犬  よその犬には  外国種の犬は  オヤジサンは犬に  ウチの犬が  強大な犬に  日本では犬は  ケンカしたがる犬では  よその犬に  自分の犬の  ケンカしたがる犬でも  目に見える犬  ケンカをしたがる犬は  外国種に負けない犬が  シッポのまいた犬は  自慢の犬を  タスキ十字にかけたいかにも犬の  タスキをかけた犬など  気持は犬を  一等賞二等賞を得た犬の  高価な犬を  高価な犬に  同族同志ケンカをしたがる犬に  親があり犬が  ところで犬を  要吉は犬の  ほかには犬ばかり  犬と噛みつかない犬とを  猫が走っても犬が  ヒステリィを起した犬  二匹も犬が  交尾期の犬が  下に犬の  本も犬に  玄関で犬の  急に犬の  他の犬も  叔父は犬の  深夜の犬の  上にある犬の  玩具の犬を  鶏や犬や  牙を持った犬ばかり  寺の犬を  鼻を犬の  発明者が現われて犬の  側らで犬の  帆村は犬の  嗅附ける犬の  町は犬の  白のむく犬の  カピと呼ばれた犬は  二ひきの犬は  幸せな犬は  バルブレンは犬を  仲間には犬も  ひつじ飼いの犬の  二ひきの犬が  三びきの犬は  三びきの犬まで  三びきの犬と  けいこには犬を  さるは犬と  それが犬に  主人が犬を  悪人の飼っている犬は  強盗の犬は  一は犬の  わたしは犬が  カピという犬の  役を忘れていれば犬が  あれほど犬に対して  むかしから犬や  ジョリクールと犬と  親方が犬の  さるも犬も  自分に代わって犬や  わたしは犬の  わたしは犬と  二ひきの犬の  ことばを犬に  忠実な犬は  二ひきの犬と  三びきの犬を  アーサは犬と  きみの犬は  わたしが犬に  あちらへ犬と  おりや犬や  一座の犬や  わたしは犬や  のは犬  ことを忘れない犬  外には犬も  ただ二ひきの犬の  夜中に犬の  今度は犬を  おかみどもは犬に  子どもと犬を  心は犬の  親方は犬の  代わりになる犬を  馬は犬よりも  敷居に犬の  格子戸へ犬の  そうに唸っている犬を  例の犬に  巨大な犬を  ペリッチという犬の  馬もいなければ犬も  伊勢屋稲荷に犬の  子供と犬は  かわいそうな犬は  犬は犬  人を訪ねるのに犬を  ときヴィタリスや犬と  馬飼いの犬  わたしたちに犬を  ぼくの犬を  ために犬を  うえわたしの犬を  人の犬を  張り番の犬を  ろぼうは犬を  わたしは犬は  ぼくらが犬を  ボブは犬  一ぴきの犬が  あたりで犬の  併し犬  ぬか星に犬も  盲人が犬を  芽は犬に  天秤棒をとりあげて犬の  從て犬を  漫画の犬が  本物の犬の  映画の犬  線画の犬が  絵の犬の  映画の犬の  映画の犬は  豚と犬と  涙を流すなら犬が  鼻は犬よりも  どこやらに犬の  臥ていた犬が  眼の犬が  其家の犬が  旦那が犬を  名は犬の  みんなバルバアルという犬に  日向子供と犬と  犬吠えない犬の  鶏で犬  いふ魚や犬とな  七八匹の犬が  子供や犬や  馬や犬を  來る犬は  主人にはぐれた犬の  子供と犬と  私も犬も  びょうびょうと犬が  川棚温泉には犬が  尾をふる犬と  おばあさんは犬を  べつたりはらばうた犬へ  物におびえて吠え叫ぶ犬の  ほかの犬と  智慧のある犬  種の犬  火縄銃を担いで犬を  幕府の犬  幕府の犬に  メッヂイといふ犬  書體に犬  趙家の犬が  狼は犬の  彼の犬も  鶏や犬は  二人が犬の  狐に似た犬か  汽笛はふるひ犬  ここから犬だけを  こっちで犬を  そうな犬  ことを知る犬  温和しい犬  こともねえ犬  人と犬とが  手許へ犬が  草に犬の  急に犬が  別の犬が  ほうで犬が  立派な犬が  近ごろ驕っていた犬  出場の犬は  銘づくる犬を  所作で犬を  人語は犬の  前に犬が  天蓋越しに犬の  渡場まで来ても犬は  お前さんの犬  舟から上ると犬も  助が犬を  他生の縁で犬と  ような犬  ムクが犬  いずれの犬も  男が犬に  兵馬が犬を  石なんぞで驚く犬じゃ  石で犬を  先に犬の  これでは犬に  尋常の犬  一人に犬が  人をとがめる犬の  遠くで犬の  歯が犬の  近所の犬にでも  浮き浮きした犬の  薩長の犬  上に犬まで  お前の犬  わたくしの犬  薩藩とは犬と  敏捷な犬の  蘇東坡は犬へ  普通の犬  毛も犬の  尋常の犬の  猛然たる犬の  形をしている犬の  相手が犬  大詰に至って犬が  棒を振り廻せば犬は  人を食った犬としか  下にあって犬は  のは犬の  真黒な犬の  途中で犬に  夜這に出かけて犬に  家で犬の  高倉は犬の  ゾンザイに犬に  どこかで犬の  ポチという犬が  上で犬が  三匹の犬が  家には犬が  ような犬では  障子をあけて犬を  巨大の犬  オレは犬に  恰好な犬を  右の犬を  いろいろに犬を  邸にいた犬では  一疋の犬  長吉は犬を  直立するほどに犬の  勇猛なる犬  中へ犬を  肩先を犬に  目つきで犬を  つてゐた犬は  つて来た犬の  飼ひ慣らした犬が  野宿して犬の  真似をしろとおっしゃれば犬の  半殺しにされた犬の  事を犬  棒で犬でも  遠くで犬が  村の犬も  堺まで犬を  お前たちより犬の  ような犬も  声をして犬を  長太は犬を  貴様が犬に  薄情な犬  君は犬に  間には犬が  一声の犬の  いま吠えた犬の  不思議な犬が  あれから犬は  人と犬とを  何か言って犬の  直覚力を持った犬  ましく犬が  狂ふ犬の  入口に犬と  どこかで犬が  口笛で犬を  一つには犬を  恰で犬の  恰で犬か  なん千匹という犬の  落人狩りの犬と  市中には犬の  竹もて犬を  饑ゑて我を見る犬の  もの庭を走れり犬に  石倉は怒った犬の  日向で犬の  煩悩の犬  ビョウビョウと犬の  時の犬  らを嗅ぎ廻ってる犬の  家々に養っている犬という  ろしがる犬という  手前ほどの犬は  二頭の犬を  駒井は犬の  りこうな犬  金椎は犬を  昔一つの犬を  人と犬の  ウォーウォーと犬が  來た犬を  五郎といふ犬が  容器へ湧きだした犬の  幕府の犬よと  びに消えぬ犬の  旅館の犬が  兵馬は逸りきった犬の  二匹の犬を  のという犬を  頃生れた犬の  言葉は犬に  先夜の犬の  籠に入れられた犬の  家に犬が  うちに犬の  人が犬に  小癪な犬  前生が犬と  好きな犬まで  その頃私は犬さえ  何か犬の  形をして犬  犬に似て犬  ものは犬に  枯葉や犬の  平生引っ越し車などに見なれないので犬が  路傍の犬が  西洋の犬は  草分けて犬の  どこからか犬の  外の犬を  犬可哀い犬  毎に知らぬ犬を  喰付く犬が  子供を驚かした犬を  夜が明けると犬の  自分が犬の  手が犬の  食物が犬の  余所の犬は  昔余所の犬の  領事の犬  悲鳴を挙げてゐる犬の  非常に犬を  国の犬と  阿弥陀様が犬の  鴉が集まって来て犬の  気の毒に思うて犬の  僅に犬の  鴉が集まつて来て犬の  気の毒に思ふて犬の  代りに犬が  ときには犬は  私を噛んだ犬の  身体に犬の  彼女自身が犬  魔界から遣わされた犬  玩具の犬  舌が犬の  彼女が犬  一疋の吠えて居る犬の  不思議にも犬の  大の字を犬の  荒繩をひきずった犬の  忘られない犬の  らの犬は  大男が犬に  太郎さんは犬の  和尚さまと犬の  高が犬を  不思議な犬を  お前に犬を  立派な犬を  これは噛めという犬  三匹の犬を  三匹の犬とを  三匹の犬も  髪長彦は犬の  三匹の犬の  三匹の犬に  時には犬の  猪は犬の  ように言われると犬も  三毛猫を抱いて犬の  中に犬が  自転車とほる犬の  のなら犬が  切角飼うのに犬にも  犬も犬  怜悧な犬を  主人と犬との  犬らしい犬が  名の犬が  自分も犬と  八太郎は犬の  子供達も犬に  何十匹もの犬を  沢山の犬を  四方から犬にとり  私に犬を  四方から犬を  一匹でも犬を  調子で犬が  人達が犬の  素性のわかつた犬  どこの犬にも  宅の犬が  野良犬同然な犬  宅の犬に  宅の犬には  宅の犬  毛唐の犬が  世界各国の犬と  支那の犬に  半間な犬が  独乙では犬も  何アに犬や  門内へはいって行って犬に  グーロフは犬の  一ッぺんに参る犬の  まちには犬が  ぐらゐあるまつ白な犬を  わたくしの犬が  ことは犬の  それは犬の  誰かとならんであるきながら犬が  イヤに犬が  里の犬が  夜歩きしても犬に  程度に犬を  方では犬の  影を犬が  魯か犬が  湧水を呑まうとして犬の  柱だの犬の  巨きな犬が  らを犬と  炉端に犬の  隣村らしい犬の  朝起きて犬は  猫や犬は  鶏と犬との  滅多に吠えない犬  ような犬じゃ  物騒な犬の  多数の犬を  伯父とは犬と  鎌倉の犬  足跡も犬の  さは犬の  キット猫か犬に  フランネルで作った犬の  ザウエルという犬が  ワイヤ種の犬が  要心には犬を  街に犬が  老よった犬は  ザウエルといふ犬が  ことも犬と  あとへ犬の  さそうな犬  我輩は犬  狩人の犬  近所の犬までが  かげから犬の  あさりに来る犬も  裏口で犬が  旦那様は犬に  邸町の犬に  七は犬の  のを待って犬を  獰猛な犬が  血に飢えている犬を  いずれも犬を  一匹の犬も  夜ふけに犬の  人間が犬を  そうな犬が  紺が犬を  人間も犬も  ハバノフ氏は犬の  影は犬の  狐は犬の  大変に犬を  俄かに犬を  住職が犬を  牙を持った犬は  雉は犬を  上に犬の  こんどは犬に  清水山に犬を  中間どもの放した犬が  町内の犬の  のは犬も  附た犬じゃ  昇如き犬  主人を救った犬も  屋敷からは犬の  なかに犬の  少女は犬を  草原で犬の  二人は犬の  いへの犬は  なかで犬の  夜なかに犬が  枯草を踏む犬の  額には犬と  女房は犬に  晩から犬の  ほかの犬を  どっちも犬に  喉を突いたり犬を  ひたいに犬という  ハリソンの犬を  相手は犬  一件には犬が  今度は犬  額には犬という  額に犬という  川から引き揚げた犬の  骨を見も知らぬ犬に  辺りに犬  船頭が犬に  箇の犬の  君たちは犬と  我々が犬  附近の犬が  外で犬の  多数の犬が  骨を食わなければやむまいとした犬  後の犬の  お松さんの犬  人と犬との  怜悧な犬  戸外を犬が  猫や犬が  夜なかに犬の  それが犬の  川へはまった犬  ように犬が  彼の犬が  ケリルは驚いて犬の  あなたの犬も  子供らしくむく犬の  あたりでは犬が  英語では犬に  飼ひ犬に  喧嘩沙汰を犬の  あとに犬の  夜は犬の  彼は犬を  食物を探し求める犬や  人にも犬にも  家では犬を  上で犬を  警察医と犬の  下にいる犬までも  名のある犬は  連絡を持たないが犬の  御堂の犬  ひとが犬を  駄菓子を犬に  馬だの犬だの  君の犬が  テーブルや犬を  狸も犬も  資本家の犬  代りに犬ばかり  ムクなんて犬は  二つとある犬じゃ  夜を守っている犬も  建仁寺を嗅ぐ犬の  烏が下りれば犬が  烏と犬とを  籠を下ろして犬の  そこに犬の  猫や犬じゃ  田舎の犬が  宙を切って犬の  ように犬は  ことから犬も  中の犬は  甚右衛門は犬  暴風雨を衝いて犬を  哀れに泣き止まぬ犬の  相手は犬の  藤吉佐平次は犬を  自分が犬を  根方から犬の  三頭の犬は  横へ逸れる犬を  他に犬を  ビョービョーと吠える犬の  一匹の犬は  狼と犬とが  首を切られた犬の  遠くで吠える犬の  一ぴきのやせた犬が  きのうの犬が  肉屋は犬の  一つの犬も  一つの犬をも  感心な犬の  一ぴきの犬と  つれの犬を  先からの犬は  ふたりの犬は  ふたりの犬の  飼主のわからない犬を  中に入れられた犬が  うちの犬が  二十ぴきばかりの犬が  うちの犬は  声を上げた犬が  方の犬も  方の犬は  中の犬を  間も死んだ犬と  #毛色の犬が  せんの犬の  ときは犬は  ような犬の  二三匹の犬が  灯台守りと犬ぐらいの  穏しい犬  街中の犬に  逞ましい犬の  奥で犬が  クリストフは犬に  君を犬の  中から犬に  役目をつとめつつある犬  子供や犬などが  家鴨や犬などが  主人の犬を  寝床へ犬の  毛をきられたむく犬の  一目散に逃げて行く犬の  哀れな犬の  紐を縛りつけられた犬の  いずれも犬の  ボルゾイ種の犬が  久太夫が連れたる犬を  駕籠を乗替えようとして犬に  鼻垂らしではあったが犬の  舌を垂らして犬が  中を犬の  豊臣がたの犬も  病気の犬  のか判らない犬で  けた病気の犬の  病気の犬との  中を犬が  かつゑた犬の  形も犬の  牧師の犬で  わしは犬を  老婆も犬も  わし達は犬の  骨が犬に  下手人は犬と  どこに犬  下手人は犬に  なにより犬の  ねこや犬の  胡弓を振りあげて犬を  自分の犬や  餌食を食いかけてる犬に  馴染みの犬の  偽善の犬  何所からか犬の  筈よ犬  ボルドウ種と云う犬の  是は犬  今見た犬の  今の犬の  まま立って犬の  曩に犬の  婆と犬とに  婆や犬  此の犬が  例の犬が  オヤ此の犬が  此の犬は  例の犬の  物が犬を  ボルドー種の犬を  工合を見るには犬の  一人の犬  炎天の犬  利口な犬を  逆に犬の  猫とでは犬の  叢で見た犬の  次が犬  口と犬とを  一匹の犬などは  車の犬が  ほかにも犬が  中の犬についても  トナカイと犬との  人間は犬や  上野が斬られて犬の  正真正銘の犬  犬を愛し犬の  此の犬を  まつてゐる犬に  姿は犬と共に  空地には犬と  下水に落ちている犬を  冬にも犬の  街には犬も  つもりで犬を  何よりも犬と  わが家の犬は  わが子が犬よりも  英國で犬  先づ猫か犬を  僕は犬に  親分は犬の  源吉と犬は  源吉は犬の  そいつを探し出して犬の  ものが犬を  先頭の犬の  遠吠えする犬の  戸外で吠える犬の  癩を病んだ犬の  それは餓えたる犬  畜類である犬に  二頭の犬が  二つの犬が  当時は犬に  善良なる犬に  余瀝が餓えたる犬の  身体が餓えたる犬の  餓えたる犬の  すべての犬が  三の犬を  たびに犬は  大抵の犬  二の犬が  四の犬が  二本足の犬が  裏門まで続いている犬の  遥かに犬の  一箇の犬が  影を見ない犬までが  宿つぎに犬が  鳴きつれる犬の  鳴きつれて来た犬の  昨夜からの犬の  上方の犬は  ところで犬が  ここまで犬に  餓えたる犬と  餓えたる犬を  これ以上に犬を  晩に犬の  路傍の犬と共に  二匹の犬  相手が犬の  人間なんて犬  腰を砕かれた犬が  主人に叱られし犬の  寝床は犬も  あとから犬の  中の島でむく犬の  それを見て犬が  象牙の犬の  橇台に犬を  耳を澄ました犬の  両者は犬の  血まみれの犬を  猫や犬や  上流人らが行なってる犬の  茶色な犬が  屋敷屋敷の犬の  動物試験につかった犬や  善良な犬の  トタンに犬  竹川町の犬の  所へ行って犬に  親指を犬と  烏や犬が  烏や犬の  毛むくじゃらの犬の  尋常の犬と  ただの犬では  非凡なる犬と  ただの犬  関守氏は犬の  示唆たる犬の  一頭の犬が  かくまで犬を  忠実なる犬  公娼の如き犬  極めをつけた犬に  非凡の犬  非凡な犬では  米友が犬を  米友は犬と  人を犬は  日本産の犬と  あっちの犬は  彼が走れば犬も  がんちゃん儀は犬には  いまに犬も  今の犬を  江戸は犬の  小石は犬に  純白な犬  たいがいの犬を  実家の犬  対手の犬に  さまの犬より  この間の犬の  上の犬の  肉を犬に  身体を犬  五本足の犬の  田舎風な犬が  初めから吠えかかった犬は  のは犬に  数頭の犬に  ハチといふむく犬を  そこらを荒す犬が  竈を炊く犬も  捕手は犬の  兄の犬の  ねこや犬で  私の犬を  今度は犬と  ウイリイは犬を  ウイリイは犬から  そばへいって犬と  いましめを解けば跳びかかる犬の  飼はれると犬に  動物は犬  あちこちで犬が  むやみに犬を  おれが犬を  ベイリーが犬を  大将は犬に  警部が犬に  前の犬の  三の犬に  前の犬と  前に犬を  あなただって犬が  あなたは犬の  木だったら犬が  四丁目の犬は  手で犬や  不意に犬が  誰か犬の  表で犬が  下の犬の  虎は吠える犬にも  吠をする犬の  奧に犬は  モエラといふ犬を  人なり犬なり  軒下に生まれた犬の  夢中になる犬  世に犬が  蛇は犬の  律義に犬の  谷に入ると犬が  軌道上に犬が  狙ふ犬と  砂丘を犬と  順助はまだら犬の  姿勢で犬と  海岸で犬の  とき海岸で犬と  んとして犬の  人間が犬より  特別に犬は  ここでの犬の  一頭の犬でも  足痕を犬の  男も犬  己は犬  口笛で呼ばれた犬の  病的に犬を  鶏や犬  只今は犬を  鶏と犬は  種子を犬の  ルマニア人は犬の  さほどに犬の  二十年は犬から  九世渡の犬の  報いを受けて犬と  差えず犬が  多くの犬を  卑人を派して犬を  者には殺された犬の  殺意あれば犬  騎の犬に  寐ぬれば犬  怒り腰刀を抜きて犬の  宿世を哀しみ犬に  五千両巻きおわると犬は  仏神が犬に  血だらけで犬の  地を犬の  揺籃に容れ愛する犬と  鼓して犬を  迎うる犬を  主人を救うた犬の  主人怪しんで犬の  啣えた犬を  四疋の犬を  皿で犬に  人も犬も  不浄極まる犬に  人の犬も  判事に犬が  人の犬と  郷里で犬の  爺俟てども犬が  島を伐つに犬を  多くの犬と  方で犬の  京などに犬の  雅房大納言鷹に飼わんとて犬の  時は犬を  余肉を損ぜさせじとて生きながら犬の  見せ物に出た犬や  地下から見出すに使うた犬の  英国で犬や  道で犬を  垣根を破り犬の  テリヤ種の犬かの  五人の犬  いつでも犬に  太十にも犬にも  他人の犬  裸にされた犬は  荒繩で括った犬の  挂けて立って居る犬  女や犬の  どこかに犬を  たちの犬が  村には犬の  最後の犬が  ほかの犬が  きい方の犬が  一つの犬が  人がなげこんだ犬に  いまでは犬でさえ  その他には犬の  代りは犬は  家々の犬の  下をくぐっている犬の  写真入りで犬も  これをもって犬の  気持は犬や  殘りの犬の  よそから貰った犬が  絡わりつく犬を  常のごとく犬を  掌にうつしては犬に  足下なる犬は  私は犬に  遠くに犬の  チヨコレートの犬の  馬や犬の  ぢかい犬が  ルーソーの犬が  喜びにじつと上から犬を  服装をした犬の  私の犬は  けんめいな犬の  嘉門次の連れた犬ばかり  シロという犬が  子供がゐる犬が  まんなかに犬が  何処からか犬が  風につれて犬の  毛のぬけた犬の  近所の犬か  中から犬の  近くで犬の  先方も犬を  少年と犬だけ  桃太郎の犬だの  内の犬に  軍人を犬に  今までは犬  軍閥の犬  途中で犬が  研究会で犬に  鎖で繋がれた犬の  木の根に沿うて犬の  ゆき先きで犬の  あまたの犬は  女子が群がる犬に  真っ先に進んでいる犬の  屋形には犬を  首だけ出して犬が  寢てゐる犬  家室さんは犬の  彼の犬の  前の犬に  尻尾を振るか犬は  小便するか犬と  ワンワンと犬の  蛭氏は犬に  地べたを突いて犬に  手短かに犬に  いつかの犬に  がれ声でせはしく犬を  尻尾が犬を  全体的に犬と  問題は犬が  街の犬が  上で犬の  うちの犬の  自分と犬と  玄関には犬の  それは犬が  畜生である犬に  声で犬に  新聞を読んでゐた犬とを  何事をか知らうとしてゐる犬の  浪うち際を犬の  豚か犬かしか  つて來る犬に  猫とも犬とも  行人と犬の  きちがい犬の  横丁から出て来た犬と  猫やら捨て犬を  喪家の痩せ犬の  乗物も犬にも  親切な犬  杖で犬を  子供や犬が  よそから犬の  弟などには犬の  これが犬の  箝口せざる犬は  事実は犬の  寂寞として犬の  行衛知れずになった犬というは  クンクン鳴いていた犬の  定って飛付く犬が  当座は犬の  二葉亭の犬や  子供は犬を  門外頻に犬の  昨夜は犬が  大人になりきらない犬が  何かの犬かも  勝に出て行く犬を  猫か犬かが  往来には犬さえ  流罪になり犬を  冠った犬  声を掛けて犬に  ハイカラな犬を  種の犬は  前を犬の  托鉢中に犬に  喧嘩に負けた犬の  ふだんから犬が  なかでも犬に  尼が犬に  地蔵尼と犬と  尼が犬を  時に犬に  墓を犬や  売買ごとにかけると犬の  二疋の犬が  掃き溜めをあさる痩せ犬の  手には犬の  灰色の犬  庭前に遊んでいる犬の  俺が犬  俺だって犬  昔飼つてゐた犬の  啖ひつく犬が  雌雄の犬  この世の犬とも  元より犬の  命は犬も  骨格尋常の犬に  大概の犬と  其方は犬の  什麼何処の犬  屑ならぬ犬  数多の犬と  つて不忠の犬と  不具の犬と  飼ひし犬の  時右手なる犬は  彼の犬を  争で犬に  坂下に犬の  辻川博士が犬の  僕は犬  火星に犬が  地球の犬  バタと犬の  此中に犬の  二匹の犬と  貌が犬に  どこへ行っても犬が  街頭で見かける犬の  三の犬が  背後の犬も  男の犬に  へんてこな犬じゃと  空地の犬の  五匹の犬を  敵の犬が  他の犬が  寝巻に犬の  赤毛の犬に  さかる犬が  折は犬が  腰にさげて居れば犬が  為めででもあったかして犬は  諺にもいう犬も  中間は犬を  善良な犬が  眼付の犬が  喜び騒ぐ犬の  中をあさり歩く犬とのみ  敵を見た犬の  尾を下げた犬の  子供は犬の  なんでも犬を  子供らと犬とが  犬を抱き上げて犬の  ところの犬  母親までが犬を  君らが犬を  病気の犬や  尾を振りながら入ってきた犬が  そばに喜んでいた犬が  家の犬  先日おじいさんが犬を  於て犬と  癪にさわって犬が  杳かな犬の  八つ房という犬に  八つ房という犬の  父の犬の  日本人と犬  アメリカ人が犬  日本人が犬  人間や犬の  首を犬に  云ふ犬を  家に飼っていた犬の  段々へ犬を  ためには犬は  一匹の犬とが  ダイアナの犬  料理は犬でも  橇に取り附けて犬に  何頭かの犬が  数匹の犬を  太郎どんの犬と  名の知られた犬  引殺された犬などを  声で犬を  オツベルの犬も  オツベルの犬は  庭さきで犬の  わたくしの犬は  利口だと思っても犬  マクラッチ氏の犬は  飼主にはぐれた犬でも  可哀想な犬を  病気の犬を  力が満ちた犬に  神さまが犬を  近所の犬と  少年と犬と  うしろに犬の  孫と犬とで  少年は犬を  少年は犬に  少年と犬を  もうこの犬も  身をかがめて犬に  ネルロがいなければ犬は  少年と犬とを  少年と犬の  げに犬の  臭いと犬の  ねこは犬の  彼女は犬に  犬や犬や  ろうもの犬  其上連て居た犬は  険呑な犬  夫とも犬が  角も犬と  曲者が犬を  矢張り女房が犬を  八房の犬と  其頭は犬なりと  店で犬の  気がたかぶって犬の  のにくっついて犬が  巡査と犬と  時計がとまっても犬が  可哀想な犬  自動車に犬が  犬小屋と犬の  鶏も犬も  飾窓を叩き割って犬を  他所の犬を  あたりに犬の  ボルゾオイとか云う犬が  彼等は犬の  土人が犬を  混った犬  主人に会った犬の  女たちによって育てられて来た犬の  どっかから犬を  規則として犬を  すべての犬を  のどに犬の  忠義な犬の  忠實な犬も  ひそかに犬の  蛇喰い犬とを  蛇を喰う犬は  寄はかの犬を  大蛇も犬に  生長して犬よりも  俄かに変じて犬と  ところへ犬の  婦人が現れて犬を  自分が犬に  六頭の犬を  猿は犬に  元の犬に  六匹の犬が  普通の犬とは  とき一匹の犬が  妾と犬とを  妻妾と犬とを  前で犬に  家々の犬が  余は犬の  白と云う犬は  下の犬  坊ちゃんには犬の  我々は犬の  どこの犬とは  けなげな犬は  のど笛でも犬に  人間が犬に  死人が犬に  影を落とす犬も  三頭の犬とを  人と犬とに  後ろから来る犬の  三頭の犬とに  足をねらった犬の  喉をかもうとする犬の  やうな犬を  やうな犬が  教員は犬  牙をむく犬に  余は犬に  軽業をする犬に  猫にも犬にも  喰付かれた犬は  数十匹の犬や  研究用の犬や  吾輩が犬を  実験用に使う犬  手に入れた犬を  反対の犬  往来の犬  吾輩は犬が  ドウも犬と  太鼓は犬の  通りセパード級の犬に  手で犬を  吾輩が犬の  アトから犬が  奴は犬の  タッタ一匹の犬から  巴里の犬の  往来を歩いている犬が  棒も歩けば犬に  猫だの犬だの  籠に犬は  中でも犬の  番人が犬や  木札を附けた犬の  ドレモコレモ見覚えのある犬ばかり  ガタガタ震えている犬を  家の犬という  ドコの犬  山木テル子さんの犬  モトモト実験用に買った犬  女の犬を  秘蔵の犬と  人から貰った犬が  大切な犬が  んだ犬よ  ところの犬は  石が犬の  狼に似た犬を  Greyhoundという犬  一歳たらずの犬ほどの  音は犬か  飼つてくれ犬を  疾患する犬の  三つは犬  芽生を犬に  牛や犬の  様に犬の  上で犬と  菊江は犬の  尺八を振り上げて犬を  白痴が犬の  夷狄の犬に  退屈さに犬さえ  尻尾を巻いた犬が  後には犬の  西郷隆盛は犬を  自分は吠えながら逃げる犬を  猫か犬の  力で犬が  猫や犬にも  火掻棒で犬を  背広を着た犬が  戸外で犬の  なかから犬を  手を犬が  犬が犬  門守る犬の  のか犬の  仇が犬に  ハンタが犬を  ハンタは犬を  忠実な犬の  晩の犬の  厩舎に犬の  馬をつれ出したのに犬が  夫婦ゲンカは犬も  ロシアの犬を  日本の犬を  日本の犬でも  材料として犬が  食物を与えたりして犬の  実験を行い得るまでに犬を  ところへ連れられて来る犬の  所持品を犬に  鋭敏な犬を  手を犬に  暗室内の犬に  一歩だけ犬の  今までいた犬が  往った犬の  甲の犬が  門前で犬の  表で犬の  多くの犬に  陰気な犬の  上を犬の  つて吠える犬の  鳥や犬が  支那の犬の  水戸黄門が犬を  友は犬の  白の犬が  らを犬の  者の犬に  伊勢屋稻荷に犬の  女が犬を  嫌いな犬を  兎や犬を  石じきを犬に  子供たちがいなくなりましたから犬や  カゴを下げて犬を  本当の犬  かけをつかんで犬を  一人で犬の  庭にいた犬が  よその犬も  机に向ったら犬が  傍へ犬の  さま一つ腹より出でたる犬の  ものは犬にでも  一生従者で犬の  ムツという犬を  ズック製の犬と  茶色の犬も  フィアレンサイドは犬を  力まかせに犬を  ろくでなしの犬を  ラッセル広場まで犬に  透明人間は犬には  近所の犬の  一方は犬を  吠の犬の  忠義の犬に  多量の犬の  真暗なので犬を  久八の犬の  猿や犬の  横を犬の  馳けて来て犬を  人を見ると犬が  一匹の犬  意志の犬の  兎や犬ばかりの  一群の犬が  あれ奴は犬じゃ  迷ひ犬の  忠実な犬  毎晩隣の犬に  隣の犬が  其を犬が  黒のぶちの犬の  前へ連れて行かれた犬の  普通の犬ぐらいに  表には犬も  勢子達は犬を  税を払わぬ犬は  餓死した犬を  町で見かける犬の  一人者が犬を  平次が犬を  つても生きた犬を  みごとに犬の  平次は犬の  ところの犬が  出でぬれば犬は  鶏と犬とを  片端から犬に  磐村の犬  雑種の犬とか  雑種の犬か  雑種の犬と  西洋の犬だって  西洋の犬  馬や犬などを  機械で組立ててある犬  本物の犬  本当の犬より  結果として犬は  セントバナド種型の犬を  芝居や犬の  あなた様の犬  身を犬に  躰の許せるだけ犬の  うちに犬は  褒美に犬に  バラ玉を込めて犬の  坊ちゃんは犬の  憫れな犬の  数匹の犬に  中庭で犬が  弁護士の犬  目をした犬が  しぶきすると犬は  男も犬の  はり子の犬を  肉親なんて犬にでも  十銭葱と犬の  女を犬の  猫が犬よりも  警視庁の犬  喪家の犬も  軽井沢の犬とを  肉を食う犬は  仕掛に犬を  吠た犬はなんて  時に限って犬が  何んにも聴こえないのに犬が  一度は犬を  一刺しに犬を  暇に犬は  眼前に犬と  大刀は犬の  犬どもに犬  よねさんは犬にも  小鳥も犬も  何処かで犬の  路傍に寝ている犬を  静になって犬さえ  歩道を犬を  ブロムは犬を  近所の犬を  路ばたの犬を  雨に濡れて犬と  

~ 犬[名詞]2
まことに犬  白い犬  その犬  ない犬  おとなしい犬  さびしい犬  ぽい犬  しめて犬  あたたかう犬  小さな犬  なく犬  人懐っこい犬  突然犬  この犬  ふたたび犬  とくに犬  おそろしい犬  大きな犬  さながら犬  まるで犬  小さい犬  もちろん犬  あの犬  むしろ犬  いろんな犬  どの犬  いきなり犬  のらくら犬  なし犬  黒い犬  一層犬  あさましく犬  何もかも犬  ずぶりと犬  とたんに犬  どうせ犬  本当に犬  よい犬  かの犬  恐ろしく犬  やがて犬  凄まじく犬  恐らく犬  そんな犬  恐ろしい犬  丁度犬  いわゆる犬  やっぱり犬  いい犬  見知らぬ犬  こんな犬  かわいい犬  可愛い犬  とても犬  暫く犬  けたたましい犬  やっと犬  長い犬  高い犬  鋭い犬  ちょうど犬  ふと犬  まだ犬  多い犬  もう犬  次第に犬  猛々しい犬  穢い犬  いわば犬  時々犬  白き犬  全く犬  とうとう犬  詳しく犬  早く犬  はげしく犬  人懐こい犬  嘗て犬  やはり犬  あらかじめ犬  好い犬  強い犬  重い犬  図々しい犬  すぐ犬  ほし犬  がた犬  さだめし犬  大きい犬  必ず犬  じろじろ犬  きたない犬  何だか犬  所詮犬  きっと犬  よろよろ犬  辛うじて犬  つよい犬  欲しい犬  はじめて犬  良き犬  もっとも犬  そういう犬  はっきり犬  怪しい犬  遠く犬  まあ犬  しかるに犬  おそらく犬  たかが犬  そのうえ犬  いやいや犬  かしこい犬  物凄い犬  めずらしく犬  えらい犬  どうして犬  みっともない犬  黄色い犬  決して犬  もし犬  一度犬  悪い犬  悲しく犬  つゆけく犬  良い犬  賢い犬  殊に犬  烈しく犬  こんなに犬  恰も犬  多分犬  あらゆる犬  しきりに犬  まさしく犬  どうか犬  たちまち犬  恐ろし犬  男らしい犬  共に犬  まさに犬  ようやく犬  たしかに犬  軽い犬  逞しい犬  頻りに犬  当の犬  優しく犬  けたたましく犬  やにわに犬  ひどく犬  其の犬  醜い犬  憎らしい犬  初めて犬  いくらか犬  汚い犬  厚い犬  いつのまにか犬  うとう犬  こう犬  再び犬  まして犬  ついつい犬  近頃犬  たまたま犬  鈍い犬  なんだか犬  なぜ犬  よっぽど犬  深く犬  黒き犬  なかには犬  一体犬  ときどき犬  要するに犬  どうやら犬  美しい犬  きたならしい犬  かるく犬  うまく犬  人なつこい犬  てんから犬  若い犬  唯犬  よく犬  どうも犬  専ら犬  やむなく犬  毛深い犬  遠い犬  大抵犬  別に犬  すさまじい犬  すばらしい犬  なき犬  珍しい犬  まず犬  わざと犬  強く犬  ちゃんと犬  しじゅう犬  これから犬  ものすごい犬  同時に犬  よし犬  堂々たる犬  一向犬  とにかく犬  悪く犬  極めて犬  多く犬  低い犬  あたかも犬  たくましき犬  いつの間にか犬  あんまり犬  何故犬  きつい犬  取り分け犬  そんなに犬  赤黒い犬  頼もしき犬  強き犬  怪しき犬  あまりに犬  どんな犬  まさか犬  あんな犬  やさしい犬  もはや犬  あんなに犬  いっそ犬  かえって犬  平常犬  寧ろ犬  時たま犬  しげしげと犬  やさしく犬  かたく犬  正しく犬  そっと犬  既に犬  思わず犬  か黒犬  かまびすしい犬  わが犬  大層犬  むくつけき犬  直ぐに犬  よく犬  恐ろしく犬  青白い犬  しかと犬  ほんとに犬  どっち道犬  先ず犬  遂に犬  無論犬  はげしい犬  酷き犬  古き犬  新しき犬  したたか犬  こちた犬  真白い犬  時には犬  著しく犬  すごい犬  臭く犬  いつも犬  

複合名詞
犬レオナルド足  いっとき黒犬  泥棒犬  犬同様  矢張犬  犬畜生  犬畜生奴  犬畜生め  犬小屋  眼ざめてよりそふ犬  犬ころ  犬ころ一匹  犬みたい  犬以上  就中犬  犬好  犬嫌  犬振り  犬嫌い  犬殺しだい犬殺しだい  犬殺し  二声三声犬  赤犬  高麗犬  びしさにくひしばる犬  海犬養岡麻呂  犬猫なみ  犬猫牛豚同様  一犬  万犬  犬ども  雄犬  黒犬  なに犬  普通犬  毎晩犬  犬一ぴき  犬神人  犬神  宇宙犬  犬ぎいんとした岩場  犬養毅  犬養親任式  大隈大石大東犬養四相辞表  親犬  モンコチヤンノオ家ニワンコチヤントイフ犬トニヤンコチヤントイフ猫ガヲリマシタ  八犬傳  三度犬  犬武士風情  犬め  付金銅鷹並犬錦鷹犬飼等  みんな黒犬  牝犬  牡犬  ムク犬  犬猫  犬月かげ  ナニ犬  オヤ犬  斑犬  犬位  軍用犬  二人黒犬  犬山道節  犬小舎  白犬  ぺたのひろがったその犬  犬養首相  犬養木堂  洋犬  犬さん  妾犬扱  犬奴  犬同士密告  張り犬  犬達  犬殺しさん達  犬たち  会つた犬  犬神博士  救助犬  犬芥  犬さふらん  唯犬  犬憑  まま犬  セパート犬  四隣遠近犬だらけ  警察犬訓練所  きり優秀犬  ところ犬  特別犬  東洋犬  犬好き  まぐれ犬  犬寄峠  ヒステリイ犬  犬神人有二喧嘩事一  通二犬神人中一之間  万五郎犬  林蔵犬  むちで黒犬  犬養氏  カメ犬  猫犬  犬気違い  その間犬  びっこの犬  犬牙錯綜  鶏犬  シーズー犬  犬ぐわあ  犬小  犬こ  犬子  犬めおれさま  豹眉犬牙  一犬一鶏タリト盗ム者ハ  犬肉料理  犬どもめ  犬養毅等数年来暴力  犬羊  もの犬もじゃもじゃ  子供犬  一匹犬  犬野良  良犬  忠犬  犬鶏  ペルシャ犬  犬庭さん  和犬  宛然犬獅子  犬獅子  とこ犬  一昨年秋田犬  秋田犬  秋田犬保存会長  三川犬  日本犬  西洋犬  犬屋  戦後犬屋  犬屋ズレ  野ら犬  犬奴ら  静岡県周智郡犬居村領家  地蔵周智郡犬居村領家  了つた赤犬  犬一疋  餓ゑてゐた赤犬  犬喧嘩  犬豕等  これ犬豕  犬豕  犬帰  犬山口  犬法師  上り犬  支那犬  通り犬  犬さん1  矢張り犬さん  犬全体  これ犬  犬公方  時洋犬  強犬  犬舎  犬畜生同様  ソバクルト犬クイツキマース  犬掻泳ぎ  高利貸犬  犬居  一人犬  唯一人犬  現在犬  ボルゾイ犬  犬綱  犬狩り  馬鹿犬  宿無し犬  犬自体  結局犬  犬共  犬一匹  つて犬  内犬  犬養宿禰  犬さ  時犬  上犬  スパニエル犬  犬猫同然  甲斐犬  犬同志  犬二題  義犬伝説  狩犬  犬供養塔  犬走り  犬養内閣  日犬  洲犬  犬相  らしった犬  かい犬  犬だい  犬養毅氏  犬牙  犬ジャック  レトリーバー犬  学者犬  競犬法  犬券  一犬前  犬コモゴモ逆上熱戦  犬人とも  注意犬  犬種向上  レース犬  犬種ダラク  競犬  犬種向上改良  牧羊犬  警察犬  愛玩犬  競犬ダービー  優勝犬  何犬  探偵犬  犬等  古来犬  犬猫以上  是瓦鶏土犬  豚犬児  犬養  カラ犬  橇犬  成犬  日本犬以上  たいがい犬屋  三河犬  日本犬的  満身これ秋田犬愛  秋田犬本来  犬自身  秋田犬同志  犬係り  秋田犬保存会長平泉氏  相当犬  犬黄楊  犬庭  犬共め  ほか犬鼠  喧嘩犬  スペイン犬  犬茶屋  それきり黒犬  人造犬  迷い犬  雌犬  一ぴき犬  犬たちのり  とたん犬  あいだ犬たち  犬使い  犬崎  牛犬  犬阪毛野  犬蹲  犬のち  犬除  犬猫牛馬  外国犬  午後犬  犬神筋  犬童子  犬LeChien  行き倒れ犬  行つて犬殺し  つた犬  はる犬ら  犬はく  犬ころ草  犬ねこ  犬ころめ  畜生犬め  犬つて奴  犬式  紀州犬  犬殿  犬痴性  おん犬  犬家来ども  賭け犬  献上犬  犬寮  犬合せ  犬祭り  犬奉行  犬輿  犬ニ  癖犬  犬役人  犬同心  犬其肉  実験用犬  群犬  密航犬  チンピラ犬  その後ムク犬  犬畜生同然  犬目  犬殺しども  犬鎌  風来犬  黒犬大明神  黒犬大明神様  犬牧師  犬打峠  生々世々犬畜生  シェパード犬  シェパード犬研究  豪犬  使ニ来リシ犬ハ  モ愛スベキ忠犬ナレバ  一犬虚  万犬実  犬神等  ちようど犬たち  みな犬真似  犬射  犬士  八犬具足  四犬士  八犬後談  八犬  犬江  犬阪  三犬士  五犬士  犬坂毛野  犬子仇讐  犬江親兵衛多年剣  剣豪犬士  代り犬  犬坂伴五郎  犬箱  犬玉子  エジプト犬  人食い犬  犬ハヨク夜  人ニシテ犬ニ如カザルベケンヤ  犬ハ白キ犬ナリ  犬ハ黒キ犬ナリ  弱き犬  犬神憑  犬場  犬神憑きが  犬神憑きの真似  辛犬  犬虱  時犬山城  犬小屋みたい  犬仲間  犬可哀  犬養君  仲間犬神  私ハ犬  犬小屋町  日赤犬  さっき黒犬  ヤア犬さん  以来犬  此仔犬  母犬  犬ぎらいなので  女犬  みな犬  村中犬だらけ  いくら犬  犬つて  犬煩悩  地犬サ  地犬  犬様  我々犬族  我々犬  俺達犬社会  我々大和犬族  マルタ犬  獅子犬  翫弄犬  俺たち犬  スピッツ犬  馬ぐらゐあつた白犬  北極犬  ため犬  山行驅リレ犬  づ犬  点犬猫  犬野郎  おろか犬  犬武士ども  kyon犬  犬学  犬的  命名けた犬  犬神使い  その後犬  犬猫同前  一匹斑犬  忠犬美談  忠犬物語  犬だらけ  唐犬びたいをうららかな日  唐犬びたいが声  唐犬びたいのひと群れ  唐犬びたいとほうろく頭巾  唐犬権兵衛等  唐犬権兵衛  犬岩  犬ボーイ  犬一般  犬殺し稼業  種犬  犬養木堂翁の  犬身魚尾  犬星座  犬小舍  牛馬犬猫相戦い双方多数  犬あき  甚右衛門犬  犬橇  犬族  犬同然  憶病犬みたい  犬科  犬神オサキ  ごろつき犬  みんな犬  犬物語お家騒動  二男犬萬  犬萬  犬爺  犬ねこ馬  八犬傳稿本  犬十頭  犬群  犬山猫助  画家犬山猫助  犬狗  先頭犬  橇犬ども  二牛馬犬豚一者  餓ゑたる犬  犬殺し家業  犬そのもの  ムク犬擁護  犬眠り夜駕籠客  荒犬  露犬  犬頭  気違い犬みたい  競争犬  犬君  当時犬山城  高麗犬なぞ  犬骨  犬畜生同様名  犬二三頭  犬養健  犬獅子の  犬伏せ  いま犬  非凡犬  舶来犬  犬ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガ  犬モ朋輩  云つて犬  犬猫同様  犬座  白犬め  彼犬  犬一匹飼  大型犬  あいだ犬  犬一丁目  足長犬  犬餓鬼  犬ッ  畜生犬  犬姓  犬その他の  犬係  犬養春枝  犬養浄人  モエラ犬  犬ため  海賊黒犬  いわく昔犬頭痛  犬いわく汝  形犬  犬養首相その他  犬養総裁  旧主犬養  犬羊馬豕斉  犬医者  犬さま  戌ハ犬ニ属ス  モ犬  愛狗犬令  限り犬  犬与力  犬仲間百余名  一大犬舎  犬扶持  犬医者ト申スハ  モシ犬ヲ痛メバ  犬役人ども  犬小屋一件  犬目付  犬ッ仔  犬様時代  犬以下  犬様以下  犬公方綱吉  犬猫以下  犬様政治以来  道犬等  犬養健氏  犬巻物  犬江親兵衛同様  犬これ  上帝犬  犬震い  犬一つ  一犬ペンクリッジ寺  一犬遠く  犬独り  メソジスト犬  犬ども集り  犬児  一犬一騎  騎一犬  間犬ため  犬尾社  犬傍  犬鼻  蒼皇犬  犬日  犬寺  犬食  霊犬誌  一黒犬  犬脱走  二黒犬  時白犬  白犬勤行  比丘犬  犬一皿  朝夕犬  貧人犬  犬皿  二犬  犬生前臨終  犬臨終  犬主  犬主死犬  死犬  犬ラキム  智犬  犬化  犬はり子  犬桜  策士犬養木堂  犬江親兵衛  犬ぢ  出ばつた赤犬  薄情犬  犬芝居  犬一つ見え  忠犬ナハト  代議士犬養毅氏令嗣及夫人  ブル犬  狼犬  犬酔ひ  犬神みたい  犬ッころ  犬モツ猫モツ鼠  犬ビスケット  犬養木堂翁  犬養さん  犬婚  小為替犬  とき犬  化犬め  犬考  事宛然犬猫  犬引  犬小屋式  やくざ犬  猪狩犬  犬ぶり  音犬  唐犬  洋犬図  洋犬画  犬天が下  犬鳴き入り  犬ただ一匹  犬ども皆  強き犬  犬心  犬義  犬此処  犬師  跛犬  勇犬  犬横丁  犬養暗殺  鶏犬声相聞  犬養総理大臣  犬コロ一匹  犬姦事件  ゃんきゃんの犬  犬同士  里犬  独り犬  二犬士  盗犬  不良犬  犬ころみたい  露わな犬  毎朝犬  忠犬パトラッシュ  餓ゑた犬みたい  汝犬  りょう犬  八犬子  間諜犬  途中犬屋  とき一匹犬  犬さんお前  響犬  犬殺し屋  気狂い犬  盲ら犬  モナコ名所犬首岩  樺太犬  毎日犬  犬妖  犬猫四百六十頭  犬十匹  エスキモー犬  義犬  ゲーゲー犬  芝犬  犬属  西班牙犬  ルンペン犬  犬コロ  犬屋君  犬殺し君  コンナ犬攫  トタン犬  犬結核  動物犬  犬月夜  犬養毅以上  犬の  犬猫病院  父母子供犬  犬神憑等  犬神筋等  犬神持  野ら犬め  犬エス  牝犬どもめ  晩犬  乙犬  きく犬  忠犬マル  犬畜  犬病  コマ犬  こと犬  牝犬林  怪犬  翼犬鬚龍等  人たち犬ぎらいね  犬長  ゃんきゃんと犬  狗犬  犬日比谷公園  犬がさつさ  漁犬  命犬犬上  君犬婚い  犬狼  犬戎  強豪犬養  犬殺し局  牛馬鶏犬  一匹づつどこかで犬  だまつて犬  犬一匹出  競犬場番人  鷹犬  からくり犬芝居  犬継地区  犬誰  唐犬ゴンベエ  犬二頭  犬泳ぎ  



前後の言葉をピックアップ
移入  遺尿  委任  イニング  いぬ      いぬ  往ぬ  犬目


動詞をランダムでピックアップ
差しのべる打払い潜ろ妬ま解ろ踏みつけよなげうとこね返し引っ括っ投付けこぼせる堰けふきとばし駆立て差し当っつりあげる存するかぎっ抱取っ嗜も
形容詞をランダムでピックアップ
せつなく古くさき気づよいまぶしけれええ軽軽し少なにくにくしい輝かしかっかぐろ似つかわしいまずかれ優しくはかな深かろ黒っぽかっ面憎くあぢきなきかくし善かれ