「物置」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

物置[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
物置も建てたりした  物置の前では十五になる  物置に幾箇もならべてある  物置などの壁の材料に使われます  物置などの壁の材料に使うというと  物置などにはよく使われていますよ  物置の壁になって暮しているなんて  物置の隅にしまっておいて  物置になっていて  物置の片すみなどに移った  物置の隅ツこでもい  物置に走  物置へかけだします  物置の後から見ていた  物置のそばをはなれて  物置の方へまわって  物置で縄をなっていました  物置が壓潰されてゐたり  物置の中へ抛り込んで  物置の戸を開いた  物置の蔭に忍び寄る  物置の中にひそみながら  物置の隅に片附けてしまつて  物置となりました  物置の隅へ投げ込まれてしまった  物置が並んで  物置をあけて  物置の片隅の秘密室へ休憩に来る  物置に飛んで来た  物置で読み  物置を一室に数えるとしても  物置にあった  物置のような室内にあった  物置に移り  物置から引出したと云う  物置になっている  物置の方へ物を捜しに行ったりして  物置へしまい込んでいる  物置の中を窺いていた  物置の方へ出ていた  物置の蔭に積んである  物置から材木を引上げる時に使ふ  物置から持出した  物置の世帶を覗きました  物置の二階から祭壇を下ろし  物置に昨夜より気の毒な男がとじこめられおり  物置はしらべにやった  物置を改造したともいえる  物置の一部となり  物置から薪割の柄の長いのを持って来て  物置へ這入って隠れますと  物置の中へ隠れまして  物置の中に隠れて居て見付からなかったから  物置はどれも一目見れば  物置に伏籠の明いている  物置のやうながらんとした  物置きとも空部屋ともつかず  物置の片隅に敷いてある  物置へ通ずる  物置のような汚いその部屋を覗込みながら毎時ものお定例を言って  物置の始末をして  物置の火事でも消す  物置の中とは比べものにならない  物置へ薪をとりに駈けだす  物置の隅に寝かした  物置の戸を締めた  物置の戸を爪で掻き破って  物置の方へ退却する  物置の中で何か片づけ  物置の隅で人知れず三時間も寐てその疲労を癒した  物置もいつもの通りになっていた  物置を改造した  物置の横へ立て掛けた  物置の中へうんとつんである  物置の方へ通う  物置へいって  物置から盥をさげ出した  物置へ行った  物置へあがる  物置と化してゐた  物置のやうな所ではあるが  物置へでも上つて行く  物置のなかに見つけた  物置として使われていた  物置に成てる  物置の隅からでも引摺り出して来た  物置の中に転がっていてくれませんか  物置の炭をかんかん割って出し  物置のある  物置の入口まで来ていた  物置の中へはいって  物置の外に出た  物置の直ぐ右隣のスマートな船室風の室を見ると  物置へやって来た  物置の秤台に置かれた  物置のつづきのさしかけで  物置にして居る  物置へ運んで  物置のようなひん曲った  物置の方から出て来た  物置と背中合せに湯殿がある  物置にでもつかった  物置の中へ抜けられる  物置の前には警官が一名も立っていないので  物置へ抜けて  物置に抜けられたり  物置は四囲をぬりかためて  物置へ隠れたと言って騒いでいる  物置の裏手に気づいて  物置きか掃溜めのこつた  物置にしまわせていた  物置の屋根へ飛びうつって  物置の屋根へ飛び下りてしまいました  物置の上へ舞い戻って  物置にすこし手を入れた  物置の蔭に小さくなって  物置にいた  物置から引張りだして来た  物置が一つ焼けてしまう  物置に火をつけたと仰言ってる  物置が燃え上る  物置から火薬入りの鑵を取り出して  物置の方へつれていかせました  物置のやうに置いて  物置から探し当てた  物置かとも思われる  物置のような今一つの部屋には細長い尻のとんがった  物置へ逃げ込んだので  物置に逃げ込んだ  物置から出さしてゐる  物置で寢てゐると  物置も庇から上にばかり月の光がさしている  物置へ入って  物置から走り出して  物置も危いかも知れない  物置から鎌をさがして来て  物置へ行って  物置へはいると  物置で首をくくって死んだ  物置へ何か取り出しにゆくと  物置から何か持ち出そうとする  物置へ連れ込んで住まわせる  物置に寝ていて  物置へはいって寝てしまったとの  物置のなかから見いだされなかった  物置のなかに泊めてやる  物置にかくしてある  物置でねて  物置で寝なきや  物置のような形で保存され  物置を通って  物置の中へ抛り込んで置いて  物置の隅に投げ込まれた  物置へ抛り込まれて  物置へ入って行く  物置で号泣の声が聞えます  物置の方で大きな声で泣いていた  物置の中の人を奪って行った  物置へ入れて置く  物置かなぞに隠れていたに  物置が空のままがらんと立っている  物置から机を下ろして  物置に保管されていた  物置の入口へ浮き出た  物置へマドロス君を抛り込んで置いた  物置の裏あたりへ来て  物置の屋根へ落ちて  物置のようになっていました  物置のようにつまれた  物置の隅に高さ五尺位の窯が造ってあった  物置の屋根の上に登っていた  物置をちよつと広げれば  物置の建て増しをするまで  物置や便所を作った  物置から埃まみれな草履を一つ探し出して  物置らしい屋根の低い茅屋がある  物置に当った  物置に転がっている  物置に薪を出しに行った  物置の隅でもかまわない  物置にまではいり込んで  物置から一俵かつぎ出せ  物置の戸ががらりとあいて  物置との差別がつき兼ねている  物置に使っているではありませんか  物置に曾て自分が持あるいた  物置にかつて自分が持あるいた  物置に埃まみれになつて投げ込まれてある  物置の隅に転がっている  物置があった  物置の奥がはっきり見えない  物置の中に積み上げられた  物置の側に荒蓆を布いて  物置があるが  物置でもある  物置のような室に入れてあったので  物置のようなところを改造して  物置か古倉の隅のような所ばかりに住んでいる  物置さえあれば  物置へ隠れたりしねえや  物置に使っていた  物置でもいいからと云いましたけれども泊めてくれません  物置の屋根から裏庭へ飛び降りて  物置に隠れてゐて  物置に隱れてゐて  物置の戸口と柱一つを界にして  物置の中に寝ている  物置の廂合いの  物置と庖厨の間になった  物置の中のいろいろな硝子の堆積を見て  物置の廃屋より発火し  物置として保存されおり  物置の建築費がないからと言って  物置には父親の持ち物が整理して置いてあった  物置で首を縊るのは下等だと断念していた  物置もある  物置の破  物置でも馬小屋の隅でも宜いのでございますから  物置の方の荷を整理したり  物置にしまってある  物置の屋根裏から台が取り下ろされ  物置の相当広い部屋になっている  物置から発火したとあって  物置やら味噌藏やらに成つて居ました  物置を又建てる  物置の隅に投げ込むで置く  物置に寢たと云ふ  物置に寢たとか云つたさうだが  物置きで寢た時竹で破ぶいた  物置から自転車を引き出した  物置の屋根裏で鳩がぽうぽうと啼いている  物置に隠してあった  物置やに眠らねばならなかったろう  物置らしい開き戸になっていた  物置のような二階の一室に入り  物置とありますが  物置めいた建物の劇場の曾我廼家五十九郎丈へとか曾我廼家ちやうちんへとかの幟など佗しい  物置に入る  物置のやうなものをつけたして  物置きから雲がこひの  物置が空いている  物置へは多少の手入を加えて  物置はそのために隅々までしらべられ  物置の隅からでも引きずり出して来た  物置に後まで木型があった  物置になっているらしく  物置の後で待っていて呉れ給え  物置のかげへ来てくれた  物置へあんたが忍んで来る  物置の中に鼠かなんかのように蠢めいている  物置で行われている  物置を調べて見た  物置にジャージャーかけて働きました  物置から探しだした  物置に案内して  物置に入れてあった  物置はすぐ探されるからね  物置だか分らぬ  物置の棚へ連れて来られました  物置であったのかもしれない  物置のような部屋に出た  物置の天井に一坪に足らぬ  物置にひとしい本堂裏の一劃にほかの宝物類と並んでいるだけなので  物置へ忍び込んで  

~ 物置[名詞]1
冷凍の物置などには  畳を上げて物置に  こちらの物置の  んは物置の  兵十は物置で  紛れに物置の  彼は慌てて物置の  右手の物置の  恰好な物置と  仏像は物置の  水出しは物置の  がたがたと物置が  薪割りに行った物置で  硝子板の嵌っている物置を  台所の物置の  隣の物置に  隣の物置の  豆腐屋の物置から  我楽多の物置に  料理場から物置の  北隅にある物置に  島田家の物置は  角の物置の  門につらなる物置の  裏の物置から  庭の物置の  私は物置の  麺麭屋の物置の  大屋さんの物置に  現在は物置  三階の物置の  三階の物置へ  作の隠れて寝ている物置の  鋤鍬の仕舞われてある物置に  島は物置の  一坪の物置の  そこは物置の  裏の物置の  夜中には物置の  間に挟んで物置の  植木屋が物置の  軸も物置も  とつつきの物置  横の物置の  木戸口から物置の  そつと物置から  屋根裏の物置  二階の物置へ  屋根裏の物置へでも  ヨシオは物置の  軍艦に来て物置の  別館の物置の  私達は物置の  別館の物置へ  酒屋の物置と  宅の物置の  家の物置と  空間を物置に  箱を物置へ  ように物置の  ところに物置と  五畳余りの物置  往来より突抜けて物置の  地階の物置の  柱から物置へ  下が物置に  下の物置は  床下の物置の  庫裡と物置の  それや物置  会社の物置に  これは物置  ここから物置の  上から物置の  以前の物置の  裏口へまわって物置の  裏の物置に  そばにあった物置が  自分が物置に  下男に物置の  家具類が物置の  駒井の物置から  外に物置かとも  家の物置に  古巣は物置  今度は物置へ  倉も物置も  退屈すると物置へ  土蔵や物置も  裏の物置へ  家の物置で  裏手の物置へ  何かの物置  結局かれを物置へ  あいだは物置に  がたは物置の  やうに物置で  南瓜畑の物置  ままに物置の  中央の物置を  さっきから物置の  例の物置の  承知で物置へ  何でも物置か  敷居の腐った物置が  二階の物置から  石田の物置に  上は物置の  雑具が物置の  こんどは物置の  炊事場や物置や  器具を入れる物置  突きあたりに物置  屑屋の物置  相談して物置から  床の間と物置との  床を物置に  宅の物置に  外の物置に  脳髄の物置の  極めに物置へ  つて台所と物置との  中に物置でも  隅の物置の  突き当りにある物置の  利たと思ったら物置の  ように物置へ  以前は物置に  六畳の物置が  それじゃ物置でも  納屋の物置の  眼は物置と  一隅に在る物置の  火災直前までは物置として  便所や物置で  それに物置も  投遣りにした物置の  どこの物置でも  何処の物置でも  長兄は物置の  うちに物置の  秘密の物置  向こうが物置の  階下は物置やら  蔵つづきの物置を  一緒に物置の  晩は物置に  家の物置やに  突き当りは物置  一軒の物置と  境内の物置に  農家の物置  手入を加えた物置という  ものなど物置に  変電所の物置の  土岐健助が物置の  屋根裏の物置へ  屋根裏の物置の  屋根裏の物置で  横にある物置の  濡れ縁から物置の  元の物置を  水を物置に  彼女の物置に  戸棚や物置は  昔は物置  バケツの転がっている物置の  板戸一枚の物置に  そつと物置へ  

~ 物置[名詞]2
その物置  まるで物置  そっと物置  小さな物置  この物置  むさくるしい物置  薄暗い物置  わざと物置  暗い物置  久しく物置  ほんの物置  小さい物置  あの物置  先ず物置  とある物置  よんどころなく物置  どうせ物置  殆ど物置  かの物置  ぞろぞろ物置  何時も物置  こんな物置  早速物置  広い物置  ない物置  遠い物置  すぐ物置  幸い物置  いきなり物置  

複合名詞
物置室  物置部屋  冷凍物置  同様物置ナル所  荷物置場  物置みたい  物置小舎  物置きのかげ  物置きが平  物置小屋  半分物置  物置同然  物置蔵ア  物置棚  物置きのよう  物置同様  物置ぐらゐにおもつてゐた  物置きの下  物置蔵  日物置  物置きが母屋  物置場  物置きが  物置二棟  物置藏  もの物置  物置きの様  物置小舍  物置一つ  全体物置  云はず物置  物置納屋  物置廃屋  元来物置小舎  物置御堂  地下物置  やつぱしゆうべはそこの物置  こと物置  現在物置  物置小屋同然  以前物置  物置小屋みたい  



前後の言葉をピックアップ
ものうく  ものうくっ  懶し  物憂し  物売り  物惜しみ  物おじ  物怖じ  物恐ろし  物恐ろしい


動詞をランダムでピックアップ
栄えよ終るいたわるなごむすごそあげ殖えれ為遂げよボヤき臨もぬけれ引ずらおこない掃くきえうせおびき寄せる心付きかき乱そ答えん
形容詞をランダムでピックアップ
心憎しねむた宜しからしたしく口汚く逞しく憎らしくしつこから心細く末頼もしい物寂しくせちがらい面白き片腹痛い淋しから麗し怪し愉しい痒く頼もしく