「燃え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 燃え[動詞]
火の燃え  にぎやかに燃え  光は、燃え  敵意に燃え  憤怒に燃え  胸に燃え  勇気に燃え  火が燃え  木立が燃え  火は燃え  方はまだ熾んに燃え  こちらに燃え  杜も少しずつ燃え  こちらへ燃え  生涯が、ほとんど燃え  眼に燃え  甘茶が燃え  茶が燃え  焔に燃え  瞳は冷たく燃え  熾んに燃え  ろが燃え  砲兵工廠も燃え  其処此処に燃え  日を燃え  背ろに燃え  熱意がいよいよ燃え  ように燃え  薪がゆるく燃え  ごっちゃに燃え  火はちらちらと燃え  真紅に燃え  怨恨とに燃え  ゆるやかに燃え  發しながら燃え  恐怖に燃え  爛々と燃え  空と、燃え  本筋が燃え  紅葉火のごとく燃え  鶏頭が幽に燃え  なにまで美しく燃え  つて粗朶小屋が燃え  希望に燃え  いちめんオレンジ色に燃え  煙をあげて燃え  雪はあんまりまばゆくて燃え  宗教的思索に沈みかつ燃え  情に燃え  麻綱が、めらめらと燃え  麻綱が燃え  服が燃え  服の燃え  水は赤く燃え  炎々と燃え  煙になって燃え  機体が熱くなって、ぶすぶすと燃え  あべこべに燃え  情熱が燃え  蹈たくってやりたい怒に燃え  反感がむらむらと燃え  嫉妬に燃え  電気ストーヴが赤くかくかく燃え  ワイシャツが燃え  蝋があるのでよく燃え  前が燃え  色に燃え  功名心に燃え  そこへ行こうと思い燃え  不断に燃え  恋とやらに燃え  憎悪に燃え  ものは燃え  柘榴が輝いて燃え  石炭が燃え  火がちらちら燃え  焔をあげて、せわしくせわしく燃え  空で燃え  もっともっと速く燃え  そうに美しく燃え  今までよりよけい燃え  黄に燃え  籠ながら燃え  地球も燃え  熾に燃え  幸福に燃え  光に射られて紅く燃え  静かに燃え  怨みに燃え  火で燃え  火をつけて捧げ、その燃え  火をつけてささげ、その燃え  音高く燃え  阿片が燃え  緑は燃え  篝火の燃え  ものは、燃え  城が燃え  篝火が、妖しく凄く燃え  正義感にでも燃え  怒りに燃え  復讐心に燃え  信仰に燃え  敵精神に燃え  魚蝋が燃え  ままに燃え  今日からは、燃え  欲求に燃え  祈願に燃え  腕と殺念の燃え  怒気は、ムラムラと燃え  燃えに燃え  高台までは燃え  八方移りに燃え  綱のいそいそと燃え  ように明るく燃え  念に燃え  瞋恚に燃え  熱意に燃え  野心に燃え  カップ・ボオド、動きながら燃え  さかんに燃え  明かるく燃え  火も再び燃え  火のみはよく燃え  希望が燃え  壮図に燃え  自分に燃え  だんだんに燃え  焔を上げて燃え  終には燃え  燭台に燃え  全身に燃え  黄色に燃え  意気に燃え  ようにくずれては燃え  色が燃え  憤怒とに燃え  火がめらめら燃え  情熱に燃え  春風に燃え  一部が未だ燃え  反抗が燃え  それが燃え  火に燃え  さにまるで燃え  三日は燃え  牡丹燈が微白く燃え  牡丹燈籠が微白く燃え  一人が、しきりに燃え  熔岩に触ると忽ち燃え  力で、燃え  遺恨が燃え  対象に燃え  焔はちろちろ燃え  頸に燃え  線香の燃え  竹刀にも燃え  紙が燃え  思慕が燃え  チロチロと燃え  方角へ燃え  文明史的自覚が燃え  熱情に燃え  燐が燃え  焚火が燃え  義憤に燃え  刻々も燃え  とろとろと燃え  混らず、淀まずに燃え  一斉に燃え  家々がただ燃え  好奇心に燃え  思慕渇仰に燃え  茜色に燃え  メラメラと燃え  怒りが燃え  下の赤く燃え  焔はぱっと大きく燃え  ケルト文学復興に燃え  コンクリートとで燃え  功名に燃え  炬火が燃え  方に燃え  陽を受けて明るく燃え  しっぽが燃え  晩に燃え  心に燃え  翌朝になると、まだ燃え  猜疑に燃え  感情が燃え  いつのまにやら、燃え  信念が燃え  火を点けてその燃え  歓喜に燃え  松明が燃え  皿に燃え  慾情に燃え  鋒尖につきささられて燃え  血に燃え  顔がむらむらと燃え  紅に燃え  中で燃え  血色に燃え  狂暴に燃え  戦意に燃え  血が燃え  憤怒が燃え  豹一に激しく燃え  心頭に燃え  一本一本火が点いて燃え  盛んに燃え  大船、ただ今燃え  上に燃え  中に燃え  信念に燃え  欲望に燃え  情炎に燃え  馬車ランプの燃え  微かに弱々しく燃え  懐中時計は、あたかもかっかと燃え  心は、赤く燃え  炉火があかあかと燃え  お国は燃え  物靜かに燃え  物静かに燃え  高熱で燃え  煙とにつつまれて、はげしく燃え  火がついて、たいへんはげしく燃え  ガソリンが燃え  一本残らず燃え  鳥も燃え  憎しみも燃え  火の海でも、燃え  ゆらゆらと燃え  頬は燃え  ような奥深い光りに燃え  一つにさえ燃え  パチパチパチッと燃え  パリパリパリパリと燃え  交戦態勢を作るいとまもなく、焼けては没し、燃え  誇りに燃え  火焔が燃え  頭が燃え  志は燃え  まばゆいばかりぎらぎら燃え  木部は燃え  火が激しく燃え  石炭がぶしぶし燃え  ッ赤に燃え  計画がちろちろ燃え  慾求に燃え  石炭の燃え  赤黄色く燃え  自ら徐々に燃え  さに燃え  眼はギラギラと燃え  狂暴性に燃え  吸つた卷煙草が燃え  人質が燃え  音を立てて燃え  火となって燃え  から隕石は燃え  桃色に燃え  燐の燃え  ために燃え  火はあかあかと燃え  私は程よく燃え  菫色に燃え  夜になると蒼く燃え  瓦斯の燃え  輕蔑とに燃え  新聞紙が燃え  炎の燃え  惡に燃え  情感に燃え  真赤に燃え  樺色に燃え  輪が、燃え  扱帯は燃え  物件は、燃え  如しだ、全く燃え  尖閣などは燃え  母性慾に燃え  金茶色をして燃え  旅館が燃え  方向へ向って燃え  ときまでに燃え  勇猛心に燃え  富士山が燃え  銀座が燃え  神社も燃え  炎をあげて燃え  陽炎が燃え  裏返しに倒れ込むとめらめらと燃え  反抗心に燃え  部分はすっかり燃え  所に燃え  前に燃え  照つて、燃え  痕跡も止めず燃え  期待に燃え  時に燃え  なかで燃え  真っ赤に燃え  興奮に燃え  徐ろに燃え  胸も燃え  中にや燃え  変革に燃え  音が起って、燃え  爽かに燃え  紙きれが燃え  ものが燃え  地面に落ちて来て燃え  焔につつまれ、かなしく燃え  頁が燃え  入日に燃え  炎と燃え  火と燃え  壮んに燃え  カミンに燃え  癖、燃え  赫と燃え  中にはいって、勢いよく燃え  たき火はまだ燃え  火をふき消して、燃え  灯は赤く燃え  燃え、燃え  心が、燃えて、燃え  危いながら燃え  下に燃え  宮殿が燃え  光を照り返して、さながら燃え  火がちょろちょろ燃え  確信に燃え  火がちょろちょろと燃え  頬も赤く燃え  眞赤に燃え  鬼火が燃え  方はだいぶ燃え  一緒にポツポツと燃え  腹の中で燃え  音も無く燃え  星座が美しく燃え  火も燃え  やうに燃え  石油ストーヴが燃え  動悸で燃え  人魂が燃え  油火が燃え  復讐に燃え  容易に燃え  火其胸中に燃え  心が燃え  パッションに燃え  光が燃え  焔を立てて燃え  人家を包んで燃え  物が燃え  暑い陽が燃え  好奇心にも燃え  威勢よく燃え  トロトロと燃え  両側はまだ燃え  住宅は燃え  何かが燃え  農家が燃え  まっかに燃え  煙硝が燃え  農家がめらめら燃え  家がまだ燃え  カクタスがまばゆく燃え  暖炉が燃え  池が燃え  土蔵に燃え  人形は燃え  情熱深く燃え  底に燃え  ものが、燃え  なかに燃え  土間に燃え  歡喜に燃え  そこらで燃え  ほかに憤りが燃え  虹となって燃え  日を受けて燃え  気が燃え  志に燃え  ストーブが燃え  薪が濡れているで、いくら燃やしても、燃え  手元まで燃え  図巻に向って燃え  塒へ向って燃え  彼は燃え  主体がぶち当って燃え  高度に燃え  争闘心に燃え  決意に燃え  何かギラギラと燃え  わたくしたちは紅く燃え  空間に燃え  耕作地を焦きつくすまでに燃え  闇なればこそ燃え  上で燃え  のは、ただそうして熔けて燃え  花が燃え  壮志に燃え  逆に燃え  ぴらッと燃え  高熱すれば燃え  書類の燃え  間が燃え  功に燃え  夜、まだ燃え  いまでも燃え  火になって燃え  音なくあかるくあかるく燃え  興味に燃え  憎しみが燃え  炎の燃えて、燃え  ここに、燃え  むらッと燃え  炎に燃え  また上から下へも燃え  下へは燃え  焚き火が燃え  車座は燃え  敵愾心が燃え  つて火が燃え  いねがひに燃え  かにあかく燃え  点けるとボーッと燃え  まま、燃え  ときどきあげ燃え  やうもいちど紅く燃え  南でも燃え  こっちも燃え  家の燃え  あと涼しい音たてて燃えては黒くちりちり縮み、その燃え  裏で燃え  欲情に燃え  出逢ひにも一向に燃え  焔が燃え  精神が燃え  反撃に燃え  炭火が紅く燃え  ところまでころがりついて、パッと燃え  足下にまだちろちろと燃え  津賀の燃え  分解作用を起して燃え  三町先がもういつの間にか燃え  驕りに燃え  柱もボーッと燃え  上でパッと燃え  さ以上に燃え  愛国心に、燃え  それからそれへと燃え  焼酎火が燃え  どこかで燃え  物みな虹色に燃え  火は相変らず燃え  紅葉が燃え  ランプで燃え  根っ子が低く燃え  疑惑に燃え  炎々と紅く燃え  胸が燃え  火が又燃え  襖障子も燃え  燈が微紅く燃え  微かに燃え  アルコールが青くぽかぽか燃え  大空に燃え  母、燃え  眼は燃え  濡れ色に燃え  音をたてて燃え  空に燃え  上空で燃え  樣に燃え  折角内から燃え  憤激に燃え  跳ねのきながら、まだ燃え  旅しつつ燃え  最終に燃え  うろこ雲湿潤に燃え  火身に燃え  椎さえ燃え  一つ感激に震えて燃え  ダーリアが燃え  符はめらめらと燃え  心では憤りに燃え  はたはたと揺れながら燃え  卵は燃え  火勢で燃え  村全部が燃え  情熱となって燃え  向上心は燃え  欲望の尽きるまで燃え  憧憬のおののきに燃え  夏、燃え  黄ろに燃え  燃えそうでいて燃え  バリバリ白く燃え  時は、燃え  薔薇色に燃え  静に燃え  勢よく燃え  情熱をあくまでも燃え  うちにも燃え  火が弱く燃え  同情に燃え  それは燃え  事を知らなければ、一度燃え  ことを知らなければ、一度燃え  卍に燃え  篝火が燃え  枝蝋燭立てから一本の燃え  前で燃え  蝋燭が燃え  焚火もよく燃え  蔭でもめらめらと燃え  炎が、燃え  語学熱が燃え  ことに燃え  思い出が燃え  血の気が射して燃え  時葡萄糖が燃え  いつまでも若々しく燃え  篝は燃え  暖炉が熾んに燃え  炉が燃え  炎に黙々と燃え  望みに燃え  熱に燃え  恋に燃え  色彩を重ね、燃え  鴉がパチパチ燃え  過去をちらちらさせながら燃え  かめこの燃え  君よめげず出し惜しまず燃え  燃えるだけ燃え  光を放ちつつ燃え  火は長くも燃え  暑気に燃え  その間に燃え  心をかく燃え  科学的精神に燃え  焚火があかあかと燃え  眼はぎらぎらと燃え  丸太は燃え  火はさびしく燃え  丸太のみはなおよく燃え  自信に燃え  残りが燃え  炎が燃え  大火が燃え  軟く燃え  岸が燃え  からだが燃え  一天が燃え  炎々として燃え  斧ふるひ来よ燃え  爛々として燃え  うちに燃え  顔は燃え  骨まで燃え  喉もとに燃え  火は赤く燃え  火がどろどろと燃え  鬼火がどろどろと燃え  すゝきのさやぎ、燃え  火なんか燃え  温気とに燃え  空まで燃え  先がぼっと燃え  いふ訴へを聞き流しにできぬとみえ、その燃え  情熱いたづらに燃え  様に燃え  念頭に燃え  二行に燃え  空はまるで白く燃え  愛国心には燃え  肉体も、ともに燃え  さながらに青白く燃え  青あおと燃え  不知火とも燃え  艶に燃え  内心に燃え  つけ根まで燃え  真赤に映って燃え  一たび憎悪に燃え  ぱつと一瞬に燃え  焚木は燃え  瞳にかげろふはちらりちらりと燃え  油も燃え  眼は光って怒に燃え  電光もひっきりなしに物凄く燃え  妄想がちらちらちらちら燃え  カンテラが燃え  カンテラは燃え  胸はまた燃え  嫉妬とに燃え  火を焚かんとすれども燃え  アーベント・グリューエンに燃え  ロートに燃え  鬼火に燃え  同様に燃え  麹町なども燃え  牛込とが燃え  物騒だし今にも燃え  から、ひらりと燃え  山際に燃え  煙を上げながら燃え  魂の燃え  入り日に燃え  向で燃え  あなたと二人静かに燃え  水が燃え  水まで燃え  さうに思はれる迄燃え  煙草が燃え  怨恨に燃え  批判で燃え  峰が燃え  確かに燃え  あらあらと燃え  ペチカがしきりに燃え  石炭も燃え  ひそかに燃え  奥に、強く燃え  朝まで燃え  おとめちゃんが燃え  次から次へ美しく燃え  左右のあかあかと燃え  美が燃え  若さに燃え  刃が燃え  反抗で燃え  彼に燃え  夢に燃え  周囲も燃え  今まで燃え  まばゆい程明るく燃え  ツぽと燃え  微笑と燃え  あまり、燃え  ひとりで燃え  内部に燃え  一燈じじと燃え  火いよいよ燃え  ぱッと燃え  欲に燃え  いかりに燃え  次から次へ燃え  ままで燃え  希望とに燃え  人、ぼうぼう燃え  陸軍兵営も燃え  向岸が燃え  しめやかに燃え  忿激に燃え  心の燃え  何よりも燃え  頬が燃え  百目ろうそくが赤く燃え  極端に燃え  眞ツ赤に燃え  愛欲とに燃え  青葉が燃え  根が燃え  天火一度胸に燃え  すべてが燃え  願望が燃え  呪文をとなへますと、さすがに燃え  火がドロドロと燃え  天質に燃え  怒りだけがのこつて、燃え  あとに、まだぶすぶすと燃え  あるかのように燃え  きれいに燃え  盛に燃え  近くまで燃え  雲を映して燃え  火のめらめら燃え  そこらに燃え  赤に燃え  逆に尖って燃え  傍まで燃え  炎は燃え  東のそらは白く燃え  不思議にいそいそと燃え  針助はギラギラと燃え  素志に、燃え  於て、常に烈しく燃え  念が燃え  種類殊にその燃え  一本抜いて、燃え  郷土愛に燃え  大阪も燃え  情けが燃え  つて憤りに燃え  光にふと燃え  顫へてパチパチと燃え  一時に燃え  夜昼絶えず燃え  万山を飾って燃え  元気よく燃え  火花を散らして燃え  恥とで燃え  火がよく燃え  嗔恚に燃え  心は燃え  思いは燃え  意慾が、チョロチョロ燃え  力が燃え  家が燃え  うえに燃え  夕日にあかあかと燃え  熱心に、燃え  殺気に燃え  私は憤りに燃え  顫えて燃え  頭へいっぱいに燃え  血でぽっと燃え  猛火は燃え  箸を執って、燃え  燐光がちらちらと燃え  要求に燃え  清十郎の燃え  火がごうごうと燃え  公憤に燃え  水は燃え  夕陽に燃え  三角形に燃え  胸中に燃え  正義感が燃え  死灰の再び燃え  照すけれど、直ぐに燃え  煖炉の燃え  花がパッと明るく燃え  もう半分以上も燃え  西日に燃え  飛入ろう所存に燃え  百目蝋燭の燃え  ジクジクと燃え  中を燃え  ストーヴが燃え  そのまま焼酎火が燃え  まっ白に燃え  殺意に燃え  日が燃え  褐色に燃え  旗が燃え  四五日後にはいかに燃え  野原で燃え  書類はめらめらと燃え  心を燃え  瞬間が燃え  空間に大きく燃え  緋が燃え  アセチレンは燃え  眼球が燃え  夢想に燃え  日中ゆけば燃え  光に燃え  ようにやわらかく撓いながら燃え  空中から酸素をとって燃え  雪に燃え  別館が燃え  とき人々は燃え  紅なのだと思わせて燃え  気持に燃え  無限に燃え  ものであるが故に、燃え  ことか、よく燃え  気持よく燃え  從へ、燃え  蹠火に燃え  太陽が燃え  褪紅色に燃え  根っ子が燃え  閃光を放って燃え  苦悩が燃え  紙はめらめらと燃え  音立てて燃え  何か熱っぽく燃え  職業意識に燃え  快感に燃え  眼がいつも熱く燃え  急にはげしく燃え  方が燃え  ものがまためらめらと青く燃え  日に燃え  衷に燃え  願ひ燃え  丞ひとりに燃え  奇妙によく燃え  雲も赤く燃え  しずかに燃え  今でもまだ燃え  角で燃え  小屋が燃え  かがやきに燃え  わたしは燃え  怒りの燃え  篝が燃え  我より強くは、思ひに燃え  息の、燃え  炭風に吹かれ、燃え  あらたに燃え  日輪の燃え  むるほど強く燃え  常よりもはげしく燃え  色で燃え  火ばかりめらめら燃え  火だけは燃え  ように狂おしく燃え  喜びに燃え  純情だし、つねに燃え  女を燃え  女が燃え  煙と燃え  中の燃え  屋根が燃え  一面に燃え  火がついて燃え  火でも燃え  そこに燃え  煌々と燃え  死灰再び燃え  ぐるりに熱く燃え  海に燃え  空間をちょうど燃え  所々に燃え  両側に燃え  香炉が燃え  法悦に燃え  灯火が燃え  身体とともに焼いて、その燃え  全体の燃え  魚顎朱に燃え  たび、まだ燃え  傍へ来て燃え  クツシヨンだけが燃え  点々と散らばって薄暗く燃え  戦車が燃え  心中にまだ燃え  敏感さが燃え  火事が燃え  盛りに燃え  愛に燃え  光と、よく燃え  じいじい音をたてて燃え  笑つてゐる、泣いてゐる、燃え  上で、なお燃え  手燭はまだ燃え  緑色に燃え  はいたらちっとも濡れていなくてすぐ燃え  二階が燃え  裡に燃え  間際まで燃え  風来アパートなんて燃え  電気ストーヴが赤く愉しく燃え  夕焼の燃え  石炭ストーヴがかっかっと燃え  本能に燃え  呪咀に燃え  呪いに燃え  歇み、燃え  火が次第に燃え  暖炉で燃え  白壁が燃え  カーッと燃え  背後で燃え  火炉が燃え  そこだけがカッと燃え  そうに燃え  大志に燃え  カッカと燃え  下を焚きつくれば思うごとく燃え  みずからの燃え  自分は燃え  創作慾には燃え  感触をもつ、燃え  ペチカは燃え  やうにちらちらと燃え  ちょっとおかしく燃え  煙筒も燃え  ストーブは燃え  燈火が燃え  あっちこっちに燃え  薄紅く燃え  奧に燃え  年中榾火の燃え  頬に燃え  純白に光って、燃え  娘の燃え  伊佐子は燃え  火が寂しくちろちろと燃え  薪木が燃え  際まで燃え  場所が燃え  何だか火が燃え  柴が燃え  雨中に燃え  野づらはうらうらと燃え  眼が燃え  夕陽の燃え  花弁は燃え  もと濡れ濡れて燃え  眼も燃え  言葉どおりかすかに赤く燃え  憐れなほど燃え  民心の燃え  理想に燃え  のかしら、こんなに烈しく燃え  無念の憤りに燃え  鬼火だけが燃え  もみじに燃え  旺んに燃え  ぼくたちも、たちまち燃え  光明は燃え  



前後の言葉をピックアップ
耄碌  もうろく  モウロクジジイ  モウヴ  もう少し  燃えさから  燃えさかり  燃えたた  燃えたち  燃え盛っ


動詞をランダムでピックアップ
生ま科すはじきかえさふくらめ滅すはむ吹きかけろ輸する履き違えさしとおす在さ責めつけるとびはねる振り向かはきかけ蒸し返し逸する取寄せむせ返りくすぶ
形容詞をランダムでピックアップ
なさけなき角くみめよし等しけれねたし忘れっぽ欲しゅうかそけきたえがたくそぐわない恐ろしい悪かろ邪魔くさい柔らかく素晴らしきおびただしくったらしく快い