「熱し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 熱し[動詞]
応援は次第に熱し  刻一刻に熱し  時々刻々に熱し  語気は次第に熱し  選挙に熱し  父が熱し  親戚が熱し  火のごとく熱し  奥には、熱し  血が上って熱し  論議に熱し  無線電話も、いよいよ熱し  興奮をもって熱し  真赤に熱し  大人は熱し  指差し、熱し  情の熱し  中を熱し  顔が赤く熱し  頭が熱し  毎日三十度以上の熱し  戦争に熱し  土踏まずが熱し  炭酸瓦斯は熱し  相手はやや熱し  だんだんに熱し  さに熱し  それをあまり熱し  ストオヴが熱し  中で、熱し  炉で熱し  赤あかと熱し  小さな、熱し  合図に、さしも熱し  ほのぼのと熱し  これを軽く熱し  版を熱し  血は熱し  詔勅は、熱し  ために熱し  先輩の熱し  力の熱し  倚りて、灼くが如く熱し  半熟以上に熱し  まぐろも熱し  まぐろが熱し  血でもにじむかと見えるほど紅く熱し  塊が熱し  ように熱し  火と熱し  間に、次第に熱し  心は逸り熱し  防衛に駆られて、熱し  目もくれぬまで狂わしく熱し  ちょっと耳が熱し  法外に熱し  時父は頗る熱し  姉の熱し  代わり冷えもせず熱し  心は熱し  胸を暖かく侵すほど熱し  思いきり弾力性に富んだ熱し  中にむずと熱し  瞳が益々熱し  中からは、かれの熱し  顔が熱し  一面にのみ熱し  はずみに、熱し  焔に熱し  彼の熱し  場合、熱し  さまですから、熱し  空気、熱し  真空管が熱し  心臟は熱し  病みあがりの、しかして快く熱し  紳士の熱し  石英灯が熱し  火、熱し  赤に熱し  情に熱し  彼女は熱し  宗教に熱し  局部的に熱し  屋根は熱し  議論に熱し  口から彼の熱し  胸の熱し  人々が熱し  演奏では熱し  革命に熱し  言葉を浴びせかけるほどに、熱し  闘犬そのものに熱し  神戸牧師はいつになく熱し  それに熱し  色をその熱し  子供らしく熱し  中を行きつ戻りつしながら、熱し  摂氏三千度に熱し  四百度に熱し  溶液を熱し  さっきよりは熱し  さつきよりは熱し  顔は熱し  心は少しも熱し  眼付が熱し  時はかなり熱し  心とがいよいよ熱し  さ以上に燃えて熱し  男は猶も熱し  情は熱し  中で熱し  頭脳には、熱し  わしの熱し  息か熱し  物に熱し  ポーと熱し  身内が熱し  靴を通して熱し  フォン・コーレンは熱し  階段には、熱し  心から、熱し  源氏が追い追いに熱し  語は熱し  ステップは熱し  忙がしくそして熱し  まま、熱し  通りにして熱し  ガラス管を熱し  彼は言い進むに従って熱し  下の熱し  心血を熱し  ように滅法に熱し  ことを思うと、思わず少し熱し  箇処は、熱し  錠を下し、熱し  心の熱し  之を熱し  何でもねっちりと熱し  龍太郎の熱し  不断人工で熱し  麪包果を極めて熱し  様に熱し  樣に熱し  李子は熱し  水を呑んだが、それでも熱し  番號に熱し  相談が熱し  平田森三君が熱し  時雄は熱し  魂が熱し  頬は、次第に熱し  ことに段々熱し  黒体を熱し  方を、どういう熱し  帝王であったら実にいいと熱し  事業欲に熱し  平一郎の熱し  宮岡の熱し  氏も熱し  白昼夢はいよいよ熱し  問答次第に熱し  頭は次第に熱し  銃弾が、熱し  蒼ざめて、また赤く熱し  次のまた強く熱し  一同はしだいに熱し  腹いせに熱し  アルコール・ランプで熱し  フーラー博士は、いよいよ熱し  海はむんむんと熱し  強行している熱し  歯に、そうしてまた、怪しく熱し  鉄は赤く熱し  神経の尖に熱し  変に思われたほど熱し  なかは熱し  枕を裏返しにしては、熱し  綿入れにもうっと温く伝って来るほど熱し  眼球も熱し  大地は熱し  非常に熱し  功名に熱し  学問に熱し  十四郎は、熱し  通り、熱し  語気は、いつもに似ず熱し  彼が熱し  あたりに熱し  私は熱し  思惑に熱し  土地は熱し  話に熱し  火煙をあげるほどに熱し  下方に落ちて、熱し  声で答えて、熱し  膓までも熱し  芸に熱し  政談に熱し  太陽はもうすっかり傾いていて、かっかと熱し  真赤に煮熱し  凭せ、熱し  心を熱し  指先が熱し  咽喉は熱し  爲し、そして熱し  殆んど、熱し  許りに熱し  私の熱し  石を熱し  三人とも熱し  功名心に熱し  破裂となり、熱し  音をたてながら熱し  勉強に熱し  ことばも熱し  口にするよりも、熱し  圧力を増し、熱し  信仰に熱し  死を思うほど熱し  心配で、熱し  中もすこぶる熱し  やうに熱し  制作にばかり熱し  暗闘も熱し  連中が、少し熱し  若い師冬が熱し  感情はいよいよ熱し  ようにきき飽きた、熱し  血がまた熱し  なかの熱し  男の熱し  眼附が熱し  真っ赤に熱し  男で、熱し  句に熱し  侮蔑感から身内が熱し  かっかっと熱し  それが熱し  海野は熱し  

形容詞

~ 熱し[形容詞]
狂熱し  心熱し  血熱し  あな熱し  ただ熱し  耳熱し  苦し熱し  最も熱し  

~ 熱し[形容詞]

熱し[形容詞]
熱し気  熱しと一声  熱しとなすもの  熱しよう  



前後の言葉をピックアップ
暑し  熱し  あつし  篤し  厚司  厚子  熱塩  アツシシユ  アッシャ  アツシユ


動詞をランダムでピックアップ
しなだれ起あがろ繕い詰切解きあかしすくいあげる拗ねん充ち押し遣っやきあからめる思いわずらうとりまぎれ託したちわらあけくれあらそわ託けるおいかけれ鳴きゃ
形容詞をランダムでピックアップ
からう空恐ろしいよわよわしい要心深いたくましくなごりおしい精しったらし真白し苦苦しいうら寂しくすがすがしく酸っぱくやにっこくかなしかれみよう詳しゅう眠たき委し捗々しゅう