「焼き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焼き[動詞]
胸が焼き  心をも焼き  そこには焼き  カアライルの焼き  雑魚を焼き  髪が焼き  餅を焼き  豕を焼き  闇を焼き  窯で焼き  魔法使を焼き  傍から世話を焼き  半ばを焼き  家を焼き  ッこんで焼き  東京を焼き  塩に焼き  出で焼き  何かい、焼き  女中部屋を焼き  それを焼き  寺で焼き  手紙は焼き  フィルムに焼き  核心を焼き  体を焼き  炎々と焼き  世話を焼き  噛じって見たが、焼き  猛烈に焼き  神経回路網が焼き  目に焼き  心へ焼き  お好み焼を焼き  熱火に焼き  火をつけて焼き  エノクアーデンを焼き  これはひどいくつだといって、焼き  片隅に焼き  ペトン等を焼き  鰻の如きは焼き  田楽を焼き  上に、焼き  本を焼き  舌さきに焼き  天井を焼き  板を焼き  千絵様を焼き  森を焼き  一角を焼き  ものを焼き  ッこぬいて焼き  六つまで焼き  顔へ焼き  皆踏みにじられ焼き  順々に焼き  生物を焼き  一人を焼き  死骸を焼き  火に焼き  所に追っ附けて焼き  押っ附けて焼き  ピアノを焼き  私有品などを焼き  様、焼き  跡かたもなく焼き  逆に焼き  料理場から、焼き  大半は焼き  生命を焼き  金庫にしまうか焼き  ものは、焼き  後に焼き  屍体を焼き  講談倶楽部を焼き  死体は焼き  紙銭を焼き  大悲呪を焼き  足が焼き  身を焼き  竹ぐしで焼き  握り飯を焼き  子供は焼き  影を焼き  天ぷらにしても、焼き  汗をぬぐって振りかえると、焼き  揚げ豆腐を焼き  程度に焼き  芸術慾に焼き  世話が余計焼き  ブックを焼き  寺院を焼き  手を焼き  大小好悪を焼き  パンを焼き  砲火に焼き  砲弾に耕され、焼き  一挙に焼き  すべてを焼き  物はことごとく焼き  彫刻したり、また焼き  土器を焼き  心を焼き  彼が焼き  釜にいれて焼き  つんで焼き  朝早く、焼き  冬になると、焼き  家庭もあろうが、焼き  餅の焼き  ものは、なかなかむずかしく、焼き  のりの焼き  冊子を焼き  中で焼き  途中で焼き  祭壇とともに、生きながら焼き  火を放ち、焼き  民家を焼き  立樹に吊して焼き  畳ね、焼き  兵営が、いきなり、焼き  兵営を焼き  先鋒を焼き  糧倉が焼き  火で焼き  うちを焼き  兎に角、生きながら焼き  事に、一気に焼き  谷中まで焼き  辺から木挽町を焼き  伊勢町を焼き  邸宅を焼き  紙屑を焼き  近頃では焼き  下に焼き  ものは焼き  紋章を焼き  処に焼き  給して焼き  屍を焼き  必竟世話を焼き  翻訳だろうが焼き  蜀兵を焼き  金属板を焼き  心に焼き  悩し焼き  人間を焼き  狐色に焼き  皆は焼き  硫酸にて焼き  小包郵便を焼き  小包を焼き  から真実に焼き  判明りましたので焼き  一度小さな刺青をして焼き  世話ばかり焼き  諳記してしまって焼き  空だけが焼き  生物が残らず焼き  罪障を焼き  祠を焼き  九割まで、焼き  ために、刻々とくずされ、焼き  注連飾りと共に焼き  髪の毛を焼き  書類を焼き  手紙を焼き  原稿を焼き  角で焼き  猛火も亦焼き  きれいに焼き  魔女の焼き  黴菌を焼き  足袋をな焼き  馬喰町を焼き  江戸大半を焼き  蚊を焼き  私は焼き  火をつけて、焼き  中に焼き  弾薬庫を焼き  前で焼き  怒りに焼き  ところを焼き  軍国主義を焼き  ものか、焼き  片面を焼き  町を焼き  廊下を焼き  山を焼き  歴史を焼き  方が美しく焼けて、どんなに焼き  オダ上げると焼き  半分は、焼き  車を焼き  娘を焼き  掌を焼き  底に焼き  心には焼き  さのつたわって来るほど焼き  縁を焼き  一山を焼き  狂人を焼き  警視庁を焼き  帝劇を焼き  浅草を焼き  世話まで焼き  書をもとめては焼き  汁と、焼き  瞼に焼き  尻を焼き  彩色画を焼き  小説の焼き  乾杏子を押し込み、焼き  蝋燭で焼き  身火烈々身体を焼き  縦に焼き  七十一戸二十九棟を焼き  眼で焼き  一通のこらず焼き  自ら原稿を焼き  於て、こうして焼き  あれを焼き  化け物を焼き  家財道具を焼き  衣類を焼き  蒲団を焼き  蚊帳を焼き  鬼のように焼き  塩でもまれて焼き  虱を焼き  密かに焼き  置文を焼き  惜しみもなく焼き  ミューレンの焼き  胸を焼き  跡が、まるで焼き  左右に焼き  上に焼き  手で焼き  日本国を焼き  目蓋に焼き  町中を焼き  焼きもちを焼き  やきもちを焼き  それこそ焼き  字に焼き  魂を焼き  一念が、焼き  茅の如く焼き  大千世界を焼き  人を焼き  面を焼き  ことはないが、焼き  茶漬けにするには、その焼き  翌日に残ったものの、焼き  大口が焼き  書物を焼き  投入して焼き  詰城まで焼き  烈々宇内を焼き  唐黍を焼き  珍味をつめて焼き  火事に焼き  五条大橋をも焼き  殺しに焼き  そこを焼き  あとを焼き  人々を責め苦しめあるいは焼き  ために焼き  家は焼き  信念、焼き  天神山へ連れ出して、そこで焼き  黒ん坊をとっつかまえて、生きながら焼き  天神山で焼き  生焼だといって焼き  鉄網で焼き  時フレッシバターを塗って出しますが、その焼き  混合せて焼き  三十分間も焼き  上でよく焼き  十分間テンピにて焼き  餅を小さく切りこんがりと焼き  カキ餅にして焼き  上へかけながら焼き  ロースに焼き  ペースをかけて焼き  辺を焼き  トロトロに焼き  市街を焼き  館も焼き  湯浅勢に焼き  モミ上げを焼き  自邸を焼き  マドロス君が焼き  うちに焼き  あいつを取捕まえて焼き  黒人を取捕まえると焼き  毛唐を取捕まえて焼き  マドロス君も、いけないにはいけないが、焼き  暴行は、憎いには憎いが、そうかといって、焼き  のは、焼き  叩き放しならまだしも、焼き  村民が焼き  黒人と見れば取捕まえて焼き  眼前、焼き  マドロスを捕えて焼き  藁人形を焼き  一人残らず焼き  死体を焼き  一重ねは、見るも浅ましいので、焼いてしまおうとして焼き  洛中を焼き  節介を焼き  あとで、焼き  寺坊や社などを焼き  身体を焼き  癖世話を焼き  人命をも焼き  魂魄が、焼いても焼き  人ぐるみ焦土となるまで焼き  有機物を焼き  のか忘れたが、とにかく焼き  鰯を焼き  火ですっかり焼き  お嬢様を焼き  作者が焼き  耳に焼き  紙馬紙銭を焼き  骨を焼き  地上のいとなみの悉くが焼き  一軒も残らず焼き  魂をも焼き  世話が焼き  破壊し、焼き  者を焼き  ひとつ気取って焼き  うちに、ついなんとなく焼き  うちに、つひなんとなく焼き  火を焼き  ミルが焼き  何物をも一気に焼き  中ですっかり焼き  宇宙を焼き  裏を焼き  世界を焼き  嫉妬などは焼き  新聞を焼き  誰にともなく焼き  山葵醤油をつけて食べても、焼き  城を焼き  ものも焼き  音もなく焼き  四方から自分自身を焼き  この世において、焼き  村を焼き  彼を焼き  自己を焼き  草木を焼き  物は焼き  ダイヤモンドを焼き  船を焼き  多くは焼き  切り屑蚊遣りに焼き  平原を焼き  人は、焼き  まっ黒に焼き  雨に焼き  俺を焼き  他を焼き  執行人とを合せて焼き  頭に焼き  花を焼き  塩焼きの焼き  一両日籠に入れて吊るしておくと焼き  煮びたしにするには、焼き  天主堂の前で焼き  ボートを焼き  貯金通帳までを焼き  すべてを、さっぱりと脱ぎすて焼き  眷属を焼き  木を伐り懸けて焼き  紙馬を焼き  香を焼き  ため、焼き  罪人を焼き  足を焼き  臼を割って焼き  日野鼠を焼き  鼠を多く捕えて焼き  汝ら野鼠ごとく焼き  日頃深く焼き  磯屋五兵衛を焼き  購ふに、焼き  鰺のひとしおを焼き  熱火で焼き  警察で焼き  それから、焼き  社会主義的思想を焼き  山林を焼き  ビフテキは、如何焼き  帆を焼き  すべて仏教の焼き  飾花や、焼き  水中にて焼き  網膜に焼き  紙片は、焼き  一まとめにして焼き  侍が、焼き、焼き  東照宮を焼き  著書を尽く焼き  のしかかり、焼き  象牙の塔を焼き  印象に焼き  メラメラと焼き  なめにして焼き  六天山塞を焼き  肉を焼き  小屋一棟も焼き  弱点を焼き  薬を焼き  甲板を焼き  何物をも焼き  地面に焼き  舌を焼き  恥態が、なまなましく焼き  海に投じもしくは焼き  人は焼き  胸に焼き  らざれば焼き  錠を焼き  中を焼き  受信装置を焼き  扉を焼き  火焔放射器で焼き  之を焼き  野に焼き  三方から火をつけて焼き  こころを焼き  榾火で焼き  伽藍が焼き  背を焼き  私が焼き  何ものをも焼き  底まで焼き  古狸めを焼き  やうに焼き  五体を焼き  篝を焼き  バタをすこしばかり交ぜて焼き  真っ赤に焼き  皮付きを手早く焼き  情を焼き  寺を焼き  南蛮寺を焼き  面白いものを焼き  昔から雑器を焼き  雑器を焼き  甕だとかを焼き  それを軽く焼き  鉢だとかを焼き  磁器も共に焼き  土瓶を焼き  器物を焼き  熱度が高いので、よく焼き  品物を焼き  囲炉裏に焼き  穀物などを焼き  習俗に焼き  戦争に焼き  かすつかり焼き  さを焼き  磯茶屋で、焼き  鋼線が焼き  肉体を焼き  衝突だ、互いに焼き  近くまで焼き  帳を焼き  睫毛まで焼き  松毬で焼き  一つ一つマッチで焼き  鈴で焼き  どれ一つ炭を焼き  みなシナで焼き  生活感情に焼き  ままで焼き  脳神経が焼き  炭を焼き  時芋を掘りて焼き  錐を紅く焼き  奉行所門前で焼き  地球が焼き  眼には焼き  鬢を焼き  ように焼き  あげくに焼き  下敷きにもならなければ焼き  たぐいから蔵書一切を焼き  うなぎの焼き  地方の直焼き  笛を砕いて、焼き  笛をくだいて、焼き  本の焼き  却って手火事を焼き  重大さが、焼き  青葉を焼き  芋焼餅も焼き  町通りを焼き  波止場で焼き  役人が焼き  アヘンは焼き  別館を焼き  誰かを焼き  神田で焼き  陽光に焼き  折を見て焼き  鉄は焼き  タンネンに焼き  ウソで、焼き  軸を焼き  そいつを焼き  ねこに焼き  一角の焼き  のが焼き  なまけ者が、焼き  火くせ、焼き  夕刻に焼き  上作を焼き  棒をもって焼き  塩焼きに焼き  記憶に焼き  いっしょに焼き  父に焼き  沐浴斎戒いたしまして、焼き  とおり雪で焼き  毛を焼き  一切を焼き  仏像経巻を焼き  ゆっくり丁寧に焼き  数を多く焼き  長五郎坊主江戸を焼き  刑場に送られて焼き  陶器を焼き  散々叩きつぶされ焼き  帝都東京を焼き  市場で焼き  異教徒を焼き  火事で倒され焼き  官能を焼き  記念のものだけが焼き  外を焼き  穀物畑を焼き  一冊もいただきましたが焼き  脳裏に焼き  内を焼き  神社仏閣を焼き  火鉢に入れて焼き  堺を焼き  栴檀香を焼き  吉一口、つけて、置き、焼き  中をのぞいてみますと、焼き  此野をば、な焼き  ば生ふるかにな焼き  野をばな焼き  春野を焼き  ままに焼き  問題にしたり、焼き  自分ではあの焼き  巣を焼き  身体に焼き  顔が焼き  主張を変じたが故に焼き  彼らを焼き  一と思いに焼き  帽子を焼き  中に投じても、焼き  母も焼き  体が焼き  鯡でも焼き  貴様に焼き  恋情が、こんなにも焼き  かまうまいと思うて、焼き  

名詞

焼き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
焼きに来る  焼きが廻った  焼きついた東京ハイキング中の記事と一枚の写真とがあった  焼きが廻ったという  焼きを誇るがごとき  焼き立てる火光がぼっと空に映じた  焼きにここへやって来てもらいたくは  焼き尽そうとしているかの  焼きが廻りやしたな  焼きが入るからな  焼きを入れる  焼きとも言い  焼きにして  焼きの餅を供える  焼きかがしを設けている  焼き棄て候えども  焼き尽す事が出来るだろうと思った  焼きが廻っている  焼きにい  焼きにした  焼きがまわる  焼きもせず  焼きに出払っており  焼きぼっ杭によっかかり  焼き失いしや  焼きの陶器を作る  焼きが廻ったかして  焼き焦げるほど懐しく思い出され  焼きが回ったかな  焼きが回ったかとね  焼きにこしらえた  焼きが回ったらしいよ  焼きが廻りましたね  焼きになりました  焼きになった  焼き入れて行き  焼き殺す事にした  焼きやさんす  焼きに参る  焼きがございますが  焼きがまわったか  焼きが廻ったの  焼き持ち責めで困っちまった  焼きからしを  焼きをもって来い  焼きにくるので  焼きに行く  焼き殺そうとした  焼きがまわった  焼きが戻ったよ  焼きながら食いおりしに  焼きがあると  焼きが廻っていると見える  焼きがまわっているよ  

~ 焼き[名詞]1
人が焼きに  痛みをもって焼き  親分も焼きが  柴をつんで焼き  世話を焼きに  島もろとも焼き  六樹園も焼きが  焚火で附け焼きに  遺骸と共に焼き  半日乗り続けたら焼き  蚊を焼きに  炮り焼きに  遺骸を焼きに  夜なかの焼き  旦那も焼きが  胸の焼き  おれも焼きが  おいらも焼きが  それを焼き焼き  あなたも焼きが  象を焼きに  読みに焼きが  執拗く焼き  三人とも焼き  城下を焼きに  上したの焼き  お家を焼きに  鯣の附け焼きとは  家を焼きに  将来をあやぶんで焼き  餅をならべ焼きながら  あんたも焼きが  

~ 焼き[名詞]2
いつのまにか焼き  どんどん焼き  もう焼き  なんとか焼き  実に焼き  なぜ焼き  少し焼き  すこし焼き  だいぶん焼き  

複合名詞
お世話焼き  一年じゅう焼き蛤  玉子焼き  焼きざかなにきんとん  たい焼き屋  たい焼き  焼きたて  麺麭焼き箱  スキ焼き  ぎ焼き  つた焼きたて  火焼き  柱焼き  火焼き神事  紅梅焼き  ドラ焼き  帰えり鯛焼き  山椒焼き  清水焼き  照り焼き  瓦焼き  ヤキモチ焼き  原始焼き  文字焼き  鍋焼き  今度屑焼き  雉子焼き  九谷焼き研究  しっくり焼き  栗焼き  焼きよう  レバー焼き  栗焼き栗  焼き栗  どんど焼き  悉焼き  万古焼き  胸焼き  遺言通り焼き  鉄炮焼き  焼き画  御用焼き  鍋島焼き  雑物焼き  焼き方  金焼き  一両日焼き  九谷焼き  口焼き  焼き最初  焼き焦げ  焼き殺し  はつきり焼き  焼きりんご  湯殿火焼き屋  火土焼き  火焼き屋  唐津焼き  焼きのり  骨灰焼き  ホルモン焼き  ツケ焼き  オコノミ焼き屋  モツ焼き  焼き継ぎ  海草焼き  焼きかた  筏焼き  セエブル焼き  むし焼き  どら焼き  嫉妬焼き  土焼き  たいこ焼き  汐焼き  石焼きみたい  高麗焼き  赤松焼き  雲焼き  焼き上がり  焼き払  瀬戸焼き  相馬焼き  塵芥焼き  煉瓦焼き  鍋焼き店  付焼き  白焼き  軽焼きまんじゅう  源平焼き  焼きざま  編笠焼き  ホド焼き  よっぽど焼き  焼き薬  焼き鏝  十分間焼き鰺  つけ焼き  地焼き  小鍋焼き  焼きだて  焼き林檎  焼きざかなのにおいをかぐと  巴焼き  焼きざかななぞあるはずはないからな  いそ焼き  麺麭焼き  宗七焼き人形師  宗七焼き  博多焼き  焼き人形師  色焼き  焼き色  焼き彫り  青焼き人形  共焼き  群青焼き  青焼き  群青色焼き出し  群青色焼き分け  焼き灰  石焼き  田楽焼き  焼き直し  もち焼き  焼き米  切り畑焼き畑  焼き海苔  焼きガラス  マル焼き専門  肉焼き台  虫焼き  同人宅焼き  本焼き  焼きたる  焼き損いや不出来  草焼き  キヤルメラ焼き  面白焼き  焼き加減  鬼がら焼き  オイル焼き  あたり焼き鏝  雀焼き  唐黍焼き  焼き饅頭  附焼き  焼き蛤  つけ焼き刃  焼きつぎ  ば焼き  せんべい焼き  鯛焼き  鯛焼き屋  焼き大福餅店  古巣焼き  



前後の言葉をピックアップ
焼火山  焼豆腐  夜気  焼明礬    焼きもの  妬き  焼か  焼死体  灼き


動詞をランダムでピックアップ
咲かせる強請る飛び下りよ咳込みおいつかわ背負い込んついばみたっするふきこむ付合わみつかれ抱きとめるたたき上げ漉くこそげひねり回し到れ焦る切らさ残りゃ
形容詞をランダムでピックアップ
いたわしきひどいこちたし薄気味悪うはやかっ睦まじうしろめたきものがたい古くさい瑞瑞しく甲だかい極まりなたらしいわびしいおそう何気ないくろく血腥から欲しい暑かろ