「焼い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焼い[動詞]
硫酸で焼い  串で焼い  つた、早速焼い  原稿を焼い  串に刺して焼い  餅を焼い  好きだ、煮ても焼い  緑平居ふきのとう、焼い  醤油で焼い  うしほ、そして焼い  黒茸を焼い  魚も焼い  世話を焼い  さかなを焼い  学校を焼い  脚を焼い  偶像を焼い  海苔でも焼い  雑魚など焼い  雑魚を焼い  おむすびにして焼い  ひとつひとつ餅を焼い  松茸を焼い  細君まで焼い  あなたも焼い  心を焼い  手を焼い  内職に焼い  本所深川を焼い  粉を焼い  躯を焼い  官憲は紅く焼い  火箸を焼い  鐘楼も、焼けと云えば焼い  げもなく焼い  母を焼い  火をかけて焼い  めじまぐろの焼い  伽藍を焼い  書物を焼い  抄三巻を焼い  にらみ鯛を焼い  全身を、まっくろこげに焼い  鰯を焼い  皆火を焚いて焼い  何か焼い  ハタハタでも焼い  ような、焼い  紙幣を焼い  弥生座を焼い  何でも構わず焼い  翌日は、やっぱり焼い  煎餅を焼い  母親が焼い  ケーキを焼い  ヘレンが焼い  自分で焼い  厚みを持たせてしっかりと固く焼い  うちで焼い  薯を焼い  至つては、焼い  お菓子を焼い  鼠を焼い  それから何遍も焼い  鰈を焼い  スルメを焼い  散々手を焼い  ものを焼い  受信機を焼い  湯を沸かし、焼い  これは焼い  これも焼い  今一つは焼い  とおりに、泥臭くて煮ても焼い  さきを焼い  石でも焼い  墨屋敷を焼い  石灰を塗って焼い  火に焼い  明りにと焼い  栄螺は煮ても焼い  はやを焼い  符を書いて焼い  塀を焼い  火を焼い  真赤に焼い  それを集めて焼い  木から離して焼い  中で焼い  それから去年火事ですっかり焼い  鰻をさきながら焼い  中へ掃き込んだり、焼い  炭火でじかに焼い  一つは焼い  それは焼い  小屋を焼い  村を焼い  焼鏝を焼い  勝手に焼い  物、焼い  白金を焼い  のか、こんがりとでも焼い  手紙をもう焼い  撲殺して焼い  一緒に焼い  コテで焼い  中には焼い  みんな火にくべて、焼い  起請を焼い  生は煮ても焼い  灰に埋めて焼い  魚を焼い  整形し、焼い  玉蜀黍を焼い  外国公使館を焼い  背骨を焼い  いやになったんで、一寸おしかったけれども焼い  土を焼い  ことはないが、焼い  やきもちを焼い  炉ばたで焼い  ビーフステーキを焼い  大分手を焼い  場で焼い  それを焼い  筒に入れて焼い  ものでも、焼い  何かの焼い  兵糧を焼い  瀬戸物を焼い  獲物を焼い  赤絵を焼い  鉄灸で焼い  真紅に焼い  鉄を赤く焼い  自動車を焼い  骨まで焼い  橋を焼い  鯛焼を焼い  家も焼い  それをあんなにも美しく焼い  生前世話を焼い  あの花山火葬場で焼い  なにを焼い  世話ばかり焼い  時時皇居も焼い  亀を焼い  品川を焼い  西半分を焼い  舟を焼い  新橋を焼い  胸を冷やしたり焼い  旗竿まで焼い  力で、一旦煮たり焼い  メザシを焼い  屍を焼い  これを焼い  それこそ煮ても焼い  頭を遠慮なく焼い  伽羅を焼い  反古を焼い  皮は、既に焼い  証文を焼い  一思いに焼い  いますぐにも焼い  一度は焼い  赤に焼い  前で焼い  紙を焼い  電気装置で煮たり焼い  拍子に煮ても焼い  阿房宮も焼い  肉を焼い  ろはすぐに焼い  ごみを集めて焼い  舌を焼い  上手に焼い  ストーブで焼い  あとは煮て喰おうと焼い  目を焼い  家を焼い  火葬場へ送って焼い  臓物を煮込んだり焼い  鰊の焼い  炭を焼い  のはあの焼い  ゴボー巻きもあるし、焼い  所などでは、焼い  人夫燎を焼い  国記を焼い  蝦夷が焼い  人が焼い  ぢつても、投げ附けても、焼い  類を焼い  附近数百を焼い  牛の焼い  書類を焼い  小切手帳を焼い  スイッチを入れて、じゅうじゅう焼い  お世話を焼い  二十八町四方を焼い  本をすっかり焼い  文書なぞをすっかり焼い  場合は、焼い  裏ばかり焼い  芋を焼い  焚火で焼い  晩に焼い  鮭を焼い  紙に焼かないが、焼い  私も焼い  蔵までも焼い  ズンズン世話を焼い  蚊を焼い  御幣餅を焼い  卵を焼い  氷を焼い  火で焼い  掻餅を焼い  おふくろは、焼い  靄を赤く焼い  のりをうまく焼い  たくさんいるが、焼い  電熱器で焼い  片っぱしから焼い  手紙を焼い  火をつけて焼い  紙片を焼い  焼場で焼い  おばあさん炭を焼い  現場で焼い  地図あらば、焼い  炭材を買い込んで、こうしてかまで焼い  ことを焼い  山を焼い  野を焼い  豌豆餅を焼い  面を焼い  鮭の焼い  皮に幾重にもはさんで焼い  寺を焼い  焼鏝を当てて焼い  何を焼い  なかで焼い  フィルムを焼い  看板を焼い  部屋様を、煮て喰おうとも焼い  死人を焼い  死骸を焼い  束を焼い  牛肉を焼い  おせっかいを焼い  ところは焼い  唐もろこしを焼い  唐蜀黍を焼い  塩をつけて焼い  いかの焼い  そいつを焼い  勢いで焼い  そのまま火を点けて焼い  これだけは焼い  焼き芋でも焼い  所もなし、焼い  神木を焼い  やうに焼い  日にや、煮ても焼い  心静かに焼い  不動様を焼い  薩摩を取って押えて、ふかしたり、焼い  薩摩を掘り返して、ふかしたり、焼い  薩摩薯だから、ふかしても、焼い  油をかけて焼い  中から山を焼い  中に焼い  終日塩せんべを焼い  蝸牛を焼い  皮膚を焼い  脳みその焼い  葛籠はなぜ焼い  丸の内を焼い  おせんべを焼い  時間をいって、頼んで焼い  かき餅を焼い  弁慶には焼い  反古を、焼い  置文は焼い  神符を焼い  人物を煮ても焼い  ものは煮ても焼い  終夜死人を焼い  空を焼い  大福餅を焼い  直ちにマッチをすって焼い  蛤など焼い  兵船を焼い  それをきったり、焼い  火事で焼い  桶も焼い  めしに焼い  から陶器を焼い  とくに焼い  二皿ばかり焼い  のも焼い  真赤になるほど焼い  ここで焼い  根を焼い  若紫を焼い  のを焼い  なにかで焼い  徳を焼い  それをそっくり焼い  場所にしよう、焼い  昨晩入れて焼い  養母に、煮て喰われようと焼い  手紙は直ぐに焼い  ローマを焼い  カテリイヌが焼い  バナナも焼い  灌木を焼い  それ等の煮ても焼い  木炭かなんかを焼い  きのこを焼い  せんべいなどを焼い  何も焼い  チーズを焼い  そこで焼い  おそまつにあつかっているので、焼い  通りにして焼い  帳面を焼い  陣屋を焼い  幾度も焼い  バターを塗りながらジリジリ焼い  上へ焼い  西洋菓子を焼い  鉄網で焼い  位で焼い  豆腐を焼い  味噌は一旦焼い  身を焼い  海苔の焼い  骨を焼い  一時間ほど焼い  二時間も焼い  不可ません、一度焼い  味噌を詰めて焼い  串へ刺して焼い  テンピで焼い  分量にして焼い  霜降を持って来れば煮ても焼い  ザッと焼い  パンに焼い  菓子に焼い  上下へ敷いて平たく焼い  ペースでも焼い  展して焼い  皮は一度拵えて直ぐ焼い  皮が出来たら直ぐ焼い  塩と焼い  舟橋などは焼い  誇りにして、煮たり焼い  自邸を焼い  お家を焼い  一切を焼い  火事場へ置いて焼い  ことで、まだ煮ても、焼い  着物を焼い  火事に逢って何もかもすっかり焼い  目当てを焼い  一重ねは、見るも浅ましいので、焼い  みんなここで焼い  穴に入れて、焼い  婆あ、煮ても焼い  廓内百六十戸ほどを焼い  大阪屋を焼い  浜で焼い  乾燥させ、焼い  まわりのものそっくりを焼い  ちょっと手を焼い  双方で焼い  生木生草を焼い  夜、焼い  頭上で焼い  世話まで焼い  屍体を焼い  魂魄が、焼い  ところを、あんなに焼い  峰も焼い  掻餅でも焼い  震災で焼い  ごみを焼い  釉薬が、焼い  時間で焼い  のも、焼い  警察で焼い  嚊大明神尤少々焼い  今、焼い  日には、煮ても焼い  世話も焼い  炉中に焼い  炭に焼い  何かやきもちを焼い  火に持っていって焼い  世話はよく焼い  目的に焼い  鰉の焼い  クリストフを焼い  召上るなり、焼い  木屑などを焼い  薬をかけたり焼い  蔵書を焼い  三、焼い  サシミにしたり、焼い  新聞を焼い  同様に焼い  河原へ運んで焼い  特等で焼い  たね茄子を焼い  城を焼い  餅に焼い  以上はもう焼い  菜にというので焼い  ぺしッて焼い  流れ木に燃やしつけて、焼い  聖書を焼い  僧たちだけを立ち合わせて焼い  頬差しの焼い  船を焼い  ものか、煮ても焼い  桜漬も焼い  マッチと、焼い  羊を丸ごと焼い  藪を焼い  上で焼い  我家を焼い  手紙は焼い  木炭を焼い  長男氏が焼い  二枚写真を焼い  いもりでも焼い  薬を焼い  調味料を入れて軽く焼い  郷里から、軽く焼い  半分を焼い  火災に焼い  目刺を焼い  指を焼い  貨幣を画き焼い  人間を焼い  突込んで、焼い  それを焼いてはたたき、たたいては焼い  火に入れて焼い  薪を積んで焼いて見れば、殺して焼い  灰なく、生きながら焼い  郵便物を焼い  処を焼い  日野を焼い  線香で細長く焼い  線香で焼い  ほとほと手を焼い  お餅を焼い  三四年もの間チャント世話を焼い  年ごろだから、焼い  一枚余分に焼い  のは焼い  大根なども、煮たり焼い  かんかん炭を焼い  この間皆な焼い  私は焼い  鶏冠の焼い  ままで焼い  竹を焼い  史料までも少からず焼い  鞴で焼いては鍛え、焼い  火鉢に投げ込んで焼い  蕈を焼い  あまりのろわしくて、焼い  鶫の焼い  他はことごとく焼い  戦火で焼い  灰にうずめて焼い  鉄板で焼い  慈姑の焼い  眼を焼い  二回ばかり焼い  そこでは焼い  たき火で、こんなに焼い  十人前は焼い  ために焼い  パンを焼い  パンだな、焼い  しゃこを焼い  寺へ、焼い  箱を焼い  仏様を焼い  木簡を焼い  発動機を焼い  百千家を焼い  砦を焼い  位牌すら焼い  あれも焼い  仕舞に焼い  品物をすっかり焼い  抹して焼い  酒粕の焼い  変にやわらかな焼い  餅は焼い  如くに焼い  ように焼い  原理によれば、焼い  キネは焼い  茂みを焼い  葦を焼い  棺に納め、共に焼い  籠めて焼い  頭がやわらかで、焼い  牛酪で焼い  鶫は焼い  串にさして焼い  かき餅でも焼い  私を焼い  病院を焼い  それを持って還って、焼い  シトギを焼い  当日は決して焼い  正月三ガ日だけは焼い  欠餅を焼い  たれをつけて焼い  別にとり出し、焼い  山へ持って行って焼い  火を放けて焼い  一羽を焼い  髭を焼い  人参を残らず焼い  切身を焼い  餅でも焼い  芋が焼い  はんけち或は焼い  材料を煮たり焼い  茄子の焼い  物は焼い  棺桶を入れて焼い  投込んで焼い  上の焼い  図書を焼い  隣家を焼い  一番手を焼い  唇を焼い  林檎を焼い  握り飯を焼い  天を焼い  像を焼い  火を起こして焼い  軍橋を焼い  ビスケットを焼い  油で焼い  ら餅を焼い  雀を焼い  海苔をひつくり返して焼い  引き崩して積み重ねて焼い  のでも、焼い  世話は随分焼い  栗を焼い  志野を焼い  うち志野を焼い  肉をそのまま焼い  顔を焼い  絵を描いて焼い  ものと、一度焼い  火度で焼い  一番近年まで焼い  雑器を焼い  無造作に焼い  籾殻とを焼い  味噌漬けの焼い  鰭を焼い  賢彌を煮て食おうと焼い  串に刺し、よく焼い  川蟹を持ってきて焼い  城でも焼い  観音様を焼い  字が焼い  燭にかざして焼い  処は焼い  それ嫉妬を焼い  僕が赤く焼い  何か云いながら焼い  物を焼い  体じゅうを焼い  蝋小屋で焼い  糟の焼い  あたりまで焼い  電動機を焼い  土器を焼い  貝殻を焼い  いふ世話も焼い  中洲が煮て喰われようが、焼い  歯は焼い  什器を焼い  土で焼い  嫉妬を焼い  尻尾を焼い  こん助が、焼い  こん助が焼い  蟹をつかまへては焼い  お寺を焼い  木をけずって焼い  たき火で焼い  魚の焼い  殆どすべてを焼い  一つにゃ、焼い  鳥安の焼い  鳥を焼い  二つ三つ丸ごと焼い  木を焼い  芋焼餅を焼い  たいがい乾餅ばかり焼い  法隆寺を焼い  家全体が焼い  代々陶器を焼い  職人が焼い  自分の焼い  おまけに焼い  自宅を焼い  親を焼い  装束を焼い  いっしょに焼い  首を焼い  震災で何もかも焼い  一部を焼い  背中を焼い  生ではなく焼い  んでも、焼い  お粥に焼い  方が焼い  割籠を開いて、焼い  上に、焼い  煎餅などを焼い  火を当てて焼い  んごに丸めて焼い  んごに焼い  木片を焼い  から火をおこして焼い  堂を焼い  翌日風干しに干して、焼い  雪で焼い  店先で焼い  赫と赤く焼い  生で、あるいは軽く焼い  風に、焼い  尾鰭をさっと焼い  底を焼い  枕木を黒く焼い  灰に焼い  焼きもちを焼い  時に焼い  井上が借りて行って焼い  如く後にあるいは焼い  民家を焼い  租税課出張所を焼い  竈で煮たり焼い  ジョウがこてで焼い  あたしが焼い  原稿を、ほんとに焼い  榾火に焼い  陶器を焼い  塩鮭を焼い  身体とともに焼い  死骸を運んで、焼い  おばさんに焼い  石を焼い  晩には焼い  今川焼を焼い  鮎の焼い  鮠の焼い  めばるの焼い  のを、ほどよく焼い  火に向いて焼い  今度は、まるで焼い  自分がこねて焼い  菓子を焼い  おじいさんかが、焼い  片側を焼い  やきもちなんか焼い  山椒魚を焼い  めらを焼い  あいなめを焼い  鰯の焼い  肴を、煮ても、焼い  かき餅などを焼い  あんたが取ったら、煮て喰おうと焼い  もの、焼い  のを買ってきて、焼い  重油を使って焼い  火のごとく焼い  煙になって焼い  マツゲを焼い  へたに焼い  猫は焼い  戦災で焼い  金閣寺を焼い  小切手は焼い  手を抑へて、焼い  道具でも焼い  人を焼い  持物全部を焼い  庭へ持出して、焼い  鉄を焼い  切り割って焼い  おまんじゅうを焼い  火をかけてすっかり焼い  秘薬を焼い  一薬を焼い  伜ふたりで焼い  十分に焼い  煖炉で焼い  帽子を焼い  放火して焼い  うなぎのきもを焼い  いわしの焼い  コルクを焼い  線状に焼い  囲炉裏で焼い  オーブンで焼い  世話あ焼い  お節介を焼い  鉄串で焼い  五十戸ばかり焼い  それでもちよいと焼い  一つ海鰻を焼い  土鍋で焼い  ちゃんと飛行機を焼い  飛行機を焼い  格納庫を焼い  庭先で焼い  人形を焼い  鯣を焼い  イクラでも得られる、焼い  



前後の言葉をピックアップ
ヤアーッ  やい  ゃい  矢井  妬い  灼い  屋井  ヤイカガシ  ヤイクサシ  やいこ


動詞をランダムでピックアップ
肯き還さ補い叶えん委す逃す打ち沈み吹き鳴らしちびる取りはずせにつく受付けよのりつぐ繰りまわし点い置ける痛め付ける亡ぼせ打払え苦しみ
形容詞をランダムでピックアップ
可笑し偉い賢き佳いぼろしくすありがたく惨し塩辛い茶色いいたいたし蒼白しいたい心強い見苦しい遠慮なきまぶし嬉しからすがすがしい