「無傷」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

無傷[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
無傷で助かっていた  無傷で大丈夫だろうと思われていた  無傷の建物が聳えていたが  無傷に都へ立ち退かせ  無傷な自然と云う  無傷なからだになって  無傷で手にもどった  無傷で赤ん坊が手にけえりゃ  無傷な人々までが不思議な死に  無傷にして  無傷のままわれわれの時代に至り  無傷のほうを自分のものに主張する  

~ 無傷[名詞]1
子供が無傷で  それまで無傷で  ほうは無傷  顔は無傷  方は焼けなかったと見えて無傷の  二人の無傷の  官軍を無傷に  もとの無傷  船だけは無傷  ところは無傷  錠前は無傷に  

~ 無傷[名詞]2
まだ無傷  まるで無傷  

複合名詞
表向き無傷  大体無傷  我ハ奇蹟的ニ無傷ナリシモ  



前後の言葉をピックアップ
向き合っ  ムキアヌス  向き合わ  向かわっ  無疵  むきださ  むきだし  ムキダシ  剥き出し  むきだす


動詞をランダムでピックアップ
さえずっ握り潰さむくっ過ごせこころえ蒙ろひっぱらためらっ花やがささやけ詠う打ち破れいこまくらいつい交わせきりあげくみしきりだすはべんしむける
形容詞をランダムでピックアップ
名高く煩かろ四角ききつき生あたたかい寂し憎憎し容易手ばしこく忌いましいまましき手あつかっ危う数多くねつきせち辛きいたかれまずしく甚だしき注意深かっ