「焚く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焚く[動詞]
幾ら熱心に焚いても、焚けば焚く  火を焚く  わたしが焚く  ここに焚く  飯を焚く  そく一本を焚く  田舎もましば焚く  下に焚く  木を焚く  山を焚く  御飯を焚く  家人暖炉を焚く  店口で焚く  落葉を焚く  自慢に焚く  小判を欠いて焚く  花火を焚く  ストーブを焚く  石炭を焚く  モー一つ火を焚く  上絶えず焚く  火に焚く  薬を焚く  門火を焚く  薪を焚く  夕飯前でこれから焚く  痛みと同時に焚く  竈で焚く  香を焚く  一人として火を焚く  舷で焚く  日本飯を焚く  鍋で焚く  自ら日本飯を焚く  篝を焚く  胸を焚く  炉に焚く  地炉に焚く  米で焚く  煖炉を焚く  町からもこつちで焚く  下で焚く  美を焚く  犠牲を焚く  てふてふ雑木紅葉を掃きよせて焚く  炉を焚く  蒸汽を焚く  爐を焚く  雲を焚く  火を熾んに焚く  誰が焚く  発電所で焚く  窃んで焚く  ところに行って焚く  千把は焚く  山の上で焚く  迎い火を焚く  護摩を焚く  今電氣を焚く  電氣を焚く  イーヴに焚く  疾うに石炭を焚く  僧が焚く  庭で焚く  海人の焚く  風呂を焚く  上から火を焚く  海草を焚く  詩書を焚く  ことから焚く  瓦を焚く  夢を焚く  秦の始皇帝ならば、焚く  朝湯を焚く  内湯を焚く  紙銭を焚く  蛮人の焚く  それを焚く  先端から火を焚く  全力をもって焚く  タケは焚く  紅葉を焚く  身を焚く  教師はさらに、焚く  晩に焚く  紙を焚く  家庭で焚く  梵本は焚く  臭いから火を焚く  炉で焚く  早朝から風呂を焚く  柚湯を焚く  む日やとりて焚く  書籍を焚く  鶯や折り焚く  蕪雑炊でも焚く  粥を焚く  家々で焚く  榾木を焚く  藁火を焚く  私が焚く  火など焚く  かじめをちょろちょろ焚く  蚊遣り火の如く焚く  



前後の言葉をピックアップ
        たく  田久  たく  炊ぐ  坦庵  沢庵


動詞をランダムでピックアップ
滴れあてつけととのっ老いぼれる轟かせかっぱらいあじろせき込む受け合う事足れ参ぜひっこまひきずりだしたれ込むのまさ焚きつける押し掛ける越せあじわっ
形容詞をランダムでピックアップ
高けれ広う高かれ歯痒あつし口喧しおもき見ぐるしきあじきなく白っぽく角々しい均しわかし憎く面はゆかっ温かかっ久しき涙脆かっていたしエラ