「烟」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 烟[動詞]
烟い烟    

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
烟のやうに空気の中に漂つてゐて  烟となつて散  烟のような物になって  烟を吹きながら  烟になお更薄暗く思われる  烟となつて散乱し  烟のすじがあとからあとから尾をひいて流れた  烟をはき出します  烟をはきながら  烟を吐く  烟をながめて  烟を吐いて  烟たがられたけれども  烟も立たない  烟を交番の中へ吹き散して  烟の中にせめて顔だけでもかくしたい  烟のように消えてしまった  烟が立ちのぼる  烟まわれり幽谷に風嘯いて  烟は風に狂ひながら流れてゐる  烟は風に狂いながら流れている  烟も薄らいで来た  烟となれるが如き思ひに打たれき  烟のごときアフリカ大陸を眺め  烟となりて  烟に捲かれて  烟に捲く  烟が傘の骨のように開いて  烟をはいて  烟にまかれて聴いていた  烟の中を人込みに揉まれ揉まれて  烟は火になっていた  烟たちのぼりて軒場にのがれる  烟にむせばぬまでも思ひにもえて  烟に卷いたといふ  烟の淡じろい  烟に噎せた  烟がほの  烟が遙かに見える  烟を出して走つてゐる  烟っぽく白くなって  烟のように這っているほど  烟につつまれて  烟が渦を卷いて  烟にむせび倒れ  烟にくる  烟の輪を闇の中に吹いた  烟の出る  烟を吹きながら聞いていた  烟の靡く  烟のもやもやした  烟が揚り  烟と化しはせぬかと疑わるまで  烟の量は見る  烟を砕いて  烟が立って  烟を吹いた  烟が空にみなぎっているばかりでなく  烟にまかれて  烟を輪に吹きつつ  烟を吹きつつ  烟を出す  烟に刺激された  烟を吹いていた  烟の如く這い纏わっていた  烟に煤けた  烟いぶきて薫りみちぬ  烟のように洩れて出る  烟を吸込んでむせ  烟を拂ひながら  烟を立てるにすら  烟をふき終ると  烟をふき出した  烟は湧く  烟も細き一かまどあり  烟細しとは言ひながら  烟も見えず  烟らしいものの立ち昇っている  烟と間違えた  烟ですこし噎せる  烟に捲かれる  烟に卷かれながらも  烟がどっと出る  烟が出ているのに  烟とも霧ともつかぬ  烟が前栽から横に靡き  烟に眼を吹かれた  烟を上げている  烟に捲いてやった  烟の中に駈け込んだ  烟たがりもせずに  烟のようになって  烟に巻かれてしまった  烟が客の頭の上に棚引く  烟たい番頭を逐い出し  烟が濛々と立昇った  烟散霧消す  烟にして掻き消したい  烟をふいている  烟が空に漂っている  烟が白く迷っているばかりである  烟とも見えず  烟のように白く充満して  烟のむつと立ち  烟をふう  烟のからんで行く  烟の如く姿を消してしまうより  烟を吹いている  烟を天井の方へ吹きかけた  烟に包れて  烟の如く痕迹もなく消え失せて  烟たがった  烟が起る  烟にまかれてしまいました  烟に巻かれたり  烟の中に居るも  烟も立てか  烟の如く消えなば  烟に捲けるぜ  烟がみんなそっちへばかり行く  烟を吹いてゐた  烟が目にしみて  烟をパッと立てるので  烟の雲を吐き出している  烟を吐き出してでもいる  烟の立つ  烟に捲かれた  烟と一緒に消え失せてしまって  烟が立つてゐるかと思へば  烟のような霧が下り始めたかと思うと  烟が雲にも紛れず  烟と焼けのぼりました  烟となりし  烟が急に渦いて出る  烟も立たず燃え尽しぬ  烟さえも見ようとはしなかった  烟の輪を吹きながら  烟い烟い  烟が猛烈に吹き出してる  烟にまかれて死ぬ  烟や火の中に抛り込んでも  烟に責められて  烟を見付けた  烟のやうにあたりに散る  烟とに滿たされて居る  烟のような意味に於ける  烟吹きながら歩く  烟多く棚引かせて  烟吹かし居たる  烟が土臭いにおいを園内に漲らせていた  烟も見られる  烟あるがために一際旅する  烟をふきながら  烟に溶け合わされている  烟を香立にたて  烟が天井をめぐる  烟の如き白烟が立つ  烟にむせびながら  烟となって  烟を不細工な獅子鼻からすうと出し  烟がもく  烟が極めて絶え  烟かと思ふと  烟のように曇らしている  烟は眼ともいはず鼻ともいはず侵入し来るに堪へ  烟は顔を襲ふて  烟も見えやしません  烟のように亡くな  烟の立行く  烟をすいすいと消して  烟が流れもしないで  烟突から外へ出で室内ただ喉の鳴るを聞いたので  烟と立ち昇るうら  烟は立てども食い  烟のうちにある  烟の中に木筒の口が現れた  烟が散  烟に噎んで引き返した  烟が出て  烟を吹く  烟が威勢よく舞いあがっている  烟をも見る  烟がランプをめぐって薄く拡がる  烟突から出る  烟の中に一種の灰が混つて居る  烟の見ゆるだけに  烟で上の方はぼんやりと淡青くなって  烟のようにぽうっと霞んで  烟が立ち  烟が薄紫に立ち昇っている  烟にまかれた  烟のように変化して行く  烟がほうほうと立って  烟のやうなものが流れた  烟に捲かれませんから  烟が入って  烟の走る  烟に追われて入ると  烟が立つてゐた  烟になって  烟を追っていた  烟の先に私を見付けて  烟だのを見ていると  烟が上がった  烟であったか知らない  烟だったとも思われる  烟でそれが日比谷の烟と一つになって見えた  烟を仰ぎ見て  烟の立登る  烟を揚げる  烟に咽びつつ  烟とす  烟のかげ  烟が一筋揚っている  烟は斜に広がって  烟はけむったい  烟が拡がっている  烟を見ていると  烟がゆらゆらとゆれるが  烟を吐いた  烟の如く其の手先から飛ぶ  烟が立ち昇っているではありませぬか  烟でも立つ  烟突からでも出  烟を立てる  烟のように白く立っている  烟も波もたたぬ  烟のやうにそこはかとたち  烟ほの白く空にただよふ  烟を目で追う  烟突から立昇つてゐる  烟が見える  烟も籠った  烟にむせた  烟ばかり吹いていると  烟に巻かれて  烟が向の見えないほど  烟を空にたなびかせよ  烟が立ちます  烟をあげます  烟のようにだんだんと消えてしまった  烟かきわけて君がかざせる  烟ぶるともしびは暗に疲れて眠り行く  烟はおほひか  烟を吐き  烟を裂き  烟は見るを許さずとも聞く  烟の目を冒して  烟を以てくらます  烟のような灰色の曇った  烟を吸った  烟が苦く刺す  烟のように消失してしまって居た  烟で拡大されて  烟のごとく消えて行く  烟を吸つていい気持になつたことを書き  烟のやうに低く這ひ  烟を挙げている  烟が出ているなどと思いながら  烟立ちさらでのみ住みはつるならひならば  烟に巻かれた  烟の向うになってしまい  烟の向ふに  烟をはきながら歩いていたが  烟と共にいつか夜となり  烟のように立ちのぼる  烟ばかり吐き出していたが  

~ 烟[名詞]1
羽毛は烟の  フウと烟を  蚊遣の烟に  やうなにほひのする烟を  ポッと烟の  不人気で烟  一縷の烟も  煙草の烟の  話は烟の  小屋いっぱいに烟  温泉の烟は  人を焼く烟かと  図書咸陽一炬の烟と  左に烟の  生徒も烟に  線香の烟の  人を烟に  私も烟に  風に渦巻く烟の  汽鑵車の烟は  係官を烟に  方から烟の  藥は烟に  湯の烟が  煙突の烟が  野面は烟  方々から烟の  葉巻の烟に  やうな烟が  九十九湾縹渺として烟に  甘みのある烟の  烟突の烟ぞ  葉巻の烟を  温泉の烟の  ともに烟を  此処にも烟が  スリイ・キャッスルの烟を  線香の烟が  与力は烟に  烟草の烟を  烟草を呑んで烟を  末造は烟を  鼻から烟を  石炭の烟に  影が烟の  千条の烟  渦捲く烟の  手を擧げて烟を  ぢの烟を  のどかに烟を  バットの烟を  朝夕の烟も  それかと思う烟も  暖炉の烟  雲を烟と  火事の烟の  煙草の烟で  火を烟に  真黒の烟が  蚊遣火の烟が  浪士は烟に  火薬の烟に  竈の烟を  御新造を烟に  面を隠して烟の  人たちは妬みも烟  烟草の烟が  永年勤めていた烟  真白な烟が  一抹の烟が  夕霧が烟の  一息吸つた葉卷の烟を  ふりをして烟の  莨の烟を  煙草の烟を  生徒も烟の  のを烟  城中に烟が  外から捲き込んだ烟  妻君も烟に  日々の烟も  燔く烟の  医者は烟に  向うに烟を  淺間が烟を  榾の烟が  ままに烟を  ホヤホヤと烟の  三人は烟に  ピストルの烟と  立ち昇る烟の  狭間から烟の  一片の烟と  ひとの烟と  一団の烟が  火や烟に  君は烟の  風と共に烟の  煙草の烟とに  処に立った烟の  煙草の烟  赤色にして烟  葉巻莨の烟  燬く烟が  迎火の烟も  ヴェズウブ火山の烟  煙草の烟に  やうな烟の  烟草の烟の  蚊遣りの烟に  鳥部野一片の烟と  一通の烟が  色の烟がも  黄い烟と  黄い烟が  亡骸を焼く烟かと  無遠慮なる烟は  こよりか烟は  共に烟の  小歌をあげて烟の  煙草の烟が  頭が烟  浮世に立てん烟も  東岱前後の烟と  里に烟  生魚あぶる烟  所からは烟が  終り手を拭いて烟を  焚火の烟が  大嶋の烟をも  此の烟  #ら出る烟が  塩焼く烟の  工場の烟  薄紫の烟の  炭焼竈の烟が  又次郎は烟に  山の上をひたして烟の  刹那刹那に烟の  廊下にも烟が  火と烟の  ファンネルの烟を  樹は烟の  火事の烟が  どこの烟  高輪御殿の烟  火の烟で  日比谷の烟と  火事の烟を  炭焼の烟の  香の烟に  敷島の烟を  野を焼く烟の  山畠に烟が  伽羅の烟は  線香の烟を  上は烟が  プウッと烟を  莨の烟の  粉が烟の  火事場の烟でも  製造場の烟  関なれや烟も  夕餉の烟  ーむと煙草の烟を  吸殻の烟が  煙草の烟も  煙草の烟ばかり  煙草の烟や  矢田は烟に  石炭の烟が  海上に烟を  足が烟の  渦卷く烟  街に烟  煙突よりは烟  小川の烟は  二四我等の烟を  北の方には烟が  護摩の烟で  うちに烟の  害ふ烟の  明りに烟の  今発とうとして烟を  祭日なのに烟が  鳥部山の烟  蚊遣の烟と共に  濛々と烟ばかり  

~ 烟[名詞]2
ない烟  青い烟  青き烟  白い烟  長い烟  ひどい烟  黒く烟  ゆっくり烟  どの烟  やがて烟  全く烟  すっかり烟  すぱすぱ烟  その烟  ほとんど烟  かかる烟  大きな烟  黒い烟  初めて烟  長く烟  薄い烟  眩しく烟  濃い烟  てんで烟  細い烟  つと烟  くさい烟  忽ち烟  ことごとく烟  白き烟  丁度烟  かなしい烟  太い烟  時どき烟  新しき烟  はげしく烟  臭き烟  少しく烟  暗い烟  ちょっと烟  

複合名詞
烟たち  砂烟  叫び烟舞  焔烟  打立黒烟  片帆烟水  毒烟  烟突  烟華  烟霞  烟こ  烟出し  烟脂  油烟  踏破千山万岳烟  烟霧  烟火連  烟筒  留メ窓戸ハ玲瓏トシテ紫烟  烟つて遠く  煤烟  詩煤烟  狼烟  松嶋烟波碧海流  血烟  黒烟天  人烟稀  火烟  烟糢糊  烟花狭斜  烟つた灰色  烟諸共風  烟ひとつ  守烟何戸  烟火藥  土烟  移舟泊烟渚  烟渚  村烟日云夕  烟幕  烟硝  寒烟鎖レ海路難レ攀  煤烟全部  砲烟弾雨  山林烟霞  薫烟  黒烟  烟肌帯緑  烟姿  烟雨  烟霞泉石滿襟清シ  一息吸つた紫烟  暮烟  烟たい顔  黒烟焔  烟塵  雪烟  莨烟  将軍家烟霞  煤烟監視人  薬烟  人烟  水烟  余烟  烟柱  白烟  一人砂烟  烟波浩渺  油烟斎貞柳  烟立て兼  先烟  烟位  烟毒  烟突朝  毒気烟  烟東の里  烟害  花烟  烟菅  烟さ  さつきやみ烟  烟水蒼茫  碧樹如レ烟  即如二烟樹一  こと烟  余烟断膓亭  烟雨空濛  烟雨終日空濛  烟蒼茫  細雨烟  塵埃烟  雨烟  巣鴨烟花街龍安居  烟波眼下  青烟  烟波  烟つて  烟野鼠  黄烟  魔烟  登高烟  光烟  かなた烟  烟水の泡抹  一一七烟新  一四一烟  九六それ烟  淨むる烟  十六曲黒烟  淨むる者烟  



前後の言葉をピックアップ
けむり    ケムリ  煙り        ケムリガ  煙山  ケムリヲ


動詞をランダムでピックアップ
押しまくら考へろひらめかさぬわしおん描き出し心付けうらやみ値すれちぬるかいくる願っ撤し照るおぶされ増そ楯突こひるめ動き回るくりこん
形容詞をランダムでピックアップ
鈍くめんどくさい怪し物凄まじき虚しく固かっありがたく聞づらくうらやましゅう気味が悪くっ宜しけれあおく気味が悪かろ広から甘辛い好ましかっ等しけれなまっちろく酸い