「灯火」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

灯火[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
灯火は消えはてぬ  灯火で見るから光る  灯火を消してきますよ  灯火が射して  灯火を揺かす  灯火の下でみると  灯火を明るくともして  灯火を吹き消した  灯火に照し出された  灯火の港を見下す  灯火の光をたよりに自分は稚い恋の小説を書き始めた  灯火のみならず  灯火の海が窓から見下ろせる  灯火が洩れなかった  灯火がはいって  灯火を入れていなかった  灯火をつけながら教えてくれた  灯火のついた  灯火のついている  灯火はほとんど全部消され  灯火が瞬き出した  灯火をつけさせる  灯火だけを燃やしておいた  灯火をはらんで  灯火が輝いているが  灯火の向うからやっているので  灯火の外何物も能くは見えないほど  灯火は四時ごろになると  灯火が月を見るには  灯火を避けて  灯火がにぎられている  灯火が点っていて  灯火もないようにまっ暗にしてしまう  灯火がひとつ残らず  灯火がつけられる  灯火を部屋の隅の方へ持つて  灯火をつけた  灯火が残っている  灯火の下に寶兒の顔を照してみると  灯火を圧倒し  灯火を消した  灯火を点けると  灯火を吹き消して横たわった  灯火が見える  灯火が見えるよ  灯火は此の庵室の内からさす  灯火が点いてあるけれども  灯火が差しますから  灯火の点いて居る  灯火が点いてありますから  灯火のさす  灯火を点けます  灯火と物象とがぼかされ  灯火を低く降して  灯火が洩れてゐた  灯火が現れたり  灯火のまはりには無数の風船虫が群れ  灯火をお点けな  灯火が表から見えるだ  灯火の変遷ということは興味のある  灯火の感あった  灯火を見るにも  灯火に対して抱いた  灯火に対して忘れる  灯火の魅力とでも申しませうか  灯火といふものは色々な点から吾人の胸底をシヨツクする  灯火が金色の雪に見えた  灯火をつけてあった  灯火をかき立てている  灯火がちらちらしている  灯火のいまなおラムプであることを知っているほどの  灯火が消えたので  灯火が洩れる  灯火が屏風へ投げる  灯火がてんぜられ  灯火を見る  灯火をじっと見ている  灯火もだんだんと寒くなって来た  灯火も寒い色が増して来た  灯火ともなり得る  灯火よりほかに当になる  灯火を見つめていた  灯火の入った  灯火を点けたと見えた  灯火を持って来ましょうか  灯火が渦巻いている  灯火の影で彼を見た  灯火を点けて  灯火の具合を眺めていた  灯火をなおの事暗くした  灯火はいらなかった  灯火の光に透して見た  灯火は誘惑をことのほか発揚する  灯火の下だけにどんよりと漂つてゐる  灯火の消えた  灯火を消して  灯火は消えてしまった  灯火が燭つたかのやうな愉快を覚えて  灯火をふりかざして  灯火を見はる  灯火に光りを添えながら  灯火は消えている  灯火が溶けている  灯火が入った  灯火がやや暗くなり  灯火はまたもや薄くなった  灯火が一せいに消えて  灯火は一つも見えなかった  灯火で適度に光度が調節出来て  灯火が点く  灯火がともって  灯火は日の暮れぬ  灯火を眺めると  灯火が暗くてよく分らなかったけれども  灯火に光って並んでいる  灯火はとつくについてゐた  灯火の下で見た  灯火がはひらないので  灯火がもれて  灯火は消えていた  灯火を消していますぞ  灯火を指さした  灯火が光っていた  灯火が明るくなってから  灯火の下に三人が待設けた  灯火を照もした  灯火が光り出したけれど  灯火の点かない真暗な鏡面をジリジリ細かく旋廻している  灯火を洩れない  灯火は消し  灯火をかくして下さ  灯火も急に暗くなり  灯火が消され  灯火を外に洩れなくする  灯火を御始末下さいまし  灯火が点いている  灯火が滲んでいた  灯火を滅させ  灯火を点け  灯火をお点けなさりませ  灯火を点じ  灯火をつけろ  灯火を点けるが  灯火の仄かの光に淡くおぼろに照らし出された  灯火は十も点っております  灯火が障子に映え  灯火がポッツリと浮かんだ  灯火もともさずに  灯火を消したが  灯火の光に夢のように照らし出されています  灯火の余光が洩れていた  灯火が洩れていた  灯火が消えた  灯火がさしていた  灯火がつけられて  灯火が上下へはげしく揺れている  灯火が点いていた  灯火の斑点で黄昏時の薄暗い街にポツポツ点を打ちながら駆けて行く  灯火が射していた  灯火が点いて  灯火の底でゆらめいていた  灯火だと梶は思った  灯火の見える  灯火の消えたので  灯火を見ないが  灯火を得たが如く  灯火なくして  灯火に驚き  灯火や虫の声などで纒めらるる世界の外に逸した  灯火を悉く吹消してから  灯火をめがけて  灯火がついてる  灯火眩ゆくも  灯火が一列になつて直ぐ下に横はつて居る  灯火の外にもれて居る  灯火の消える  灯火をかかげ  灯火が見えてくれれば  灯火が望まれた  灯火の点く  灯火を奪った  灯火の影がなつかしい色を放って  灯火の下で瀬戸物の火鉢に凭り掛つて演芸画報を見て居た  灯火であることが分った  灯火にくだけた  灯火のように覚束ない命を守らなければならぬ  灯火の油にしようと考えた  灯火を消すまいと  灯火が前方を明るく照らしている  灯火も洩れない  灯火も見えない  灯火をみると  灯火に映えて置かれてあった  灯火が点きはじめた  灯火が置いてあると見え  灯火は射さず  灯火とが洩れて来ていた  灯火が点いていなかった  灯火を失うの  灯火に見れば  灯火は輝きつづけてゆくから  灯火がながく流れている  灯火の小川と人々の笑い声があった  灯火の光りを浴びてゐる  灯火が洩れてゐる  灯火も消えた  灯火を一時に寒く眺めた  灯火に目をつけ  灯火のいままたもえつづく  灯火の如く煌々と輝やいてゐる  灯火に対して不思議なイメーヂと思慕を持つてゐる  灯火が消されて  灯火は朝まで消される  灯火を消して下さい  灯火は早くから消されるか  灯火がついていたり  灯火がついてゐなかつたので  灯火が溢れ  灯火がある  灯火に照らし出された  灯火をつけ  灯火を眺めつ  灯火を見ていた  灯火を斜めにうけて  灯火は油にひたした  灯火の光が射して来た  灯火を捧げながら  灯火を捧げ  灯火の光が見えて来た  灯火が揺れ  灯火が大きく揺れ  灯火も洩れず  灯火の消えようとしている  灯火が燃えている  灯火の射さない  灯火がついている  灯火が点けられ  灯火でよく見ると  灯火がともされ  灯火とのかもし出す  灯火のあたっている  

~ 灯火[名詞]1
それは灯火で  枕辺の灯火を  上の灯火を  燭台の灯火を  風前の灯火  風前の灯火も  ぷりと暮れ果てた灯火の  面映きは灯火のみ  人家の灯火が  一面の灯火の  校舎に灯火が  若い衆が灯火を  廊下の灯火は  中に灯火が  寝室に灯火を  一つの灯火だけを  内側の灯火を  煌々とした灯火が  操作を灯火の  一二町先は灯火の  町の灯火は  劇場の灯火が  電車通りの灯火を  形の灯火が  町じゅうひとつの灯火も  町の灯火が  なか子が灯火でも  黄昏の灯火の  上に灯火を  藪蕎麦の灯火が  さは灯火を  咸亨酒店は灯火を  身を起して灯火を  師匠家があると見えて灯火が  今の灯火は  物に灯火が  中に灯火の  欄間から灯火の  中に灯火を  風前の灯火の  室内の灯火と  窓からは灯火が  村の灯火が  障子が有るから灯火が  私が灯火に対して  さうな灯火の  其他数万の灯火の  イデア論の灯火の  真夜中の灯火を  うえにともる灯火の  玄関の灯火が  上の灯火も  一つの灯火とも  今は灯火の  飛行場には灯火は  身を寄せて灯火を  先刻より灯火の  門野は灯火を  書斎に灯火を  心を出したり引っ込ましたりしながら灯火の  時の灯火の  戸を開けて灯火の  夜店の灯火は  雰囲気が灯火の  ように灯火を  ぼんやりと灯火が  樹明君即製の灯火を  船の灯火を  故と灯火を  街の灯火に  店を閉じて灯火は  無数の灯火が  シャンドリエに灯火が  客席の灯火が  客席の灯火は  室内の灯火が  汽船の灯火は  応用した灯火で  夜は灯火を  茶屋の灯火は  人家の灯火を  昨日は灯火が  村里の灯火の  身が灯火に  消しのこされた灯火を  駆逐艦の灯火が  微かな灯火が  世の灯火  家々の灯火が  手にした灯火の  電車も灯火を  判然しない灯火の  点々と灯火が  不用な灯火は  室内の灯火も  不用な灯火が  いつでも灯火を  部屋には灯火が  微かな灯火の  運転手に命じて灯火を  前へ行き点された灯火を  手を掛けて引き開けると灯火の  ような灯火が  事務所の灯火が  中の灯火のみが  街路には灯火が  窓から灯火が  夜の灯火の  暗夜に灯火を  闇夜に灯火  花やかな灯火に  湯壺や灯火や  まわりの灯火を  光つてゐる灯火を  室の灯火を  神器所の灯火  花やかな灯火が  直訴は灯火の  胸に灯火を  街から灯火を  夕闇を透して灯火の  長火鉢と離れた灯火の  太陽寺の灯火  紫の灯火に  保証つきの灯火  強力な灯火が  なんの灯火も  明滅する灯火を  町へ灯火が  そこに灯火が  建物からも灯火は  そこから灯火が  華やかな灯火とが  そこでともしている灯火  寮には灯火が  闇夜に灯火を  窓に灯火は  自動車の灯火が  私は灯火を  扉から灯火が  先の灯火を  かなたの灯火に  空の灯火の  夜の灯火に対して  漁師の漁る灯火の  人家の灯火や  夜の灯火といふ  二階の灯火を  座敷に灯火が  顫へながら燃える灯火に  色のついた灯火を  市中の灯火を  仏壇の灯火を  藪地から灯火の  両手で灯火を  両手に灯火を  隙かして見たが灯火の  羽風に灯火が  燭台の灯火が  仄して灯火の  人声も聞こえず灯火も  生命の灯火の  人工の灯火  桃色の灯火が  光をはなつ灯火が  ジルベールが点けた灯火  一つ一つに灯火が  濃霧と灯火との  それに灯火の  

~ 灯火[名詞]2
明るい灯火  薄暗い灯火  まだ灯火  その灯火  うつくしい灯火  赤い灯火  いっせいに灯火  この灯火  遠い灯火  もう灯火  なく灯火  暗い灯火  淋しい灯火  既に灯火  薄い灯火  同時に灯火  小さな灯火  いつも灯火  明明と灯火  しきりに灯火  紅い灯火  赤き灯火  早く灯火  淡い灯火  細い灯火  よく灯火  未だ灯火  そろそろ灯火  鈍い灯火  夜通し灯火  ない灯火  別に灯火  まぎらわしい灯火  もっと灯火  

複合名詞
灯火一つ虫  灯火同様  窓灯火  灯火管制  灯火管制中  婆さん灯火  灯火骨君  灯火管制班  灯火管制下  夜中灯火  灯火管制係  姉様灯火  灯火一筋  灯火一つ  船内灯火  灯火美くし  灯火見え伏鉦  どれ灯火  テラテラ灯火  毎晩灯火管制  



前後の言葉をピックアップ
ともし  乏しから  点じ  灯し  ともし  共白髪  友知  友二  友次  知二


動詞をランダムでピックアップ
稼げれ冒すおっことしくどく言いおいきりぬきそくし投げつけれいこんはせるとびかう書き抜こ思い上がりちぢまる解き放とにじみ出飛降り負かる切捨て辞めれ
形容詞をランダムでピックアップ
易き若けりゃ清しかなしくっ初初し短うきつく卑し覚束無し狂わしいあぶな疑わしい手早腹ぎたないなまなまし用心深い遠けれほろ苦いさやけく