「瀬田」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

瀬田[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
瀬田へ引き取る  瀬田の橋を思ひ出させる  瀬田の唐橋の下から行けるなど  瀬田の橋暑き日を海にいれたり  瀬田の大橋の上へかかるやいな  瀬田から石山の下へかけ  瀬田の攻撃を弟直義と師泰の手にあずけ  瀬田はまだ陥ちていない  瀬田の岸へ寄って来た  瀬田の敵をおめきつつんだ  瀬田の一角を突破していた  瀬田の直義に代って  瀬田のし  瀬田の橋から身投げをして果てる  瀬田の唐橋を渡って  瀬田と小泉とが当番で出てをりますから  瀬田は素足で庭へ飛び出して  瀬田は叫んだ  瀬田が声を掛けて  瀬田を取り逃がした  瀬田が進み出て  瀬田はかう  瀬田が叱つた  瀬田に暇を貰つた植松との五人が上陸した  瀬田の妻子を落して遣つた  瀬田が発熱して来た  瀬田は自分の着てゐた  瀬田は頭がぼんやりして  瀬田ははつきりとした  瀬田の様子をぢつと見てゐたが  瀬田は火の側に横になるや  瀬田の顔に手を当てた  瀬田の腰の所に持つて  瀬田は夢を見てゐる  瀬田は自分の足の早いのに頗満足して  瀬田は腰の物の亡くな  瀬田は跳ね起きた  瀬田は堆く積もつた  瀬田逃れて平八郎の家に至る  瀬田の唐橋を渡って行きますと  瀬田の橋の下まで見送って行きました  瀬田も聞いたばかり  瀬田の長橋打渡り  瀬田に立てよ  瀬田へ戻った  瀬田が見えるなどは  

~ 瀬田[名詞]1
江州の瀬田の  ものや瀬田の  水陸から瀬田の  あなたなるは瀬田の  奉行所には瀬田と  便所にゐた瀬田は  杉山と瀬田の  のは瀬田  高橋と瀬田に  茨田は瀬田の  これを聞いた瀬田と  そつと瀬田の  手を瀬田の  日藤太が瀬田の  龍王は瀬田の  宇治も瀬田も  明日旗を瀬田に  ここから瀬田が  

~ 瀬田[名詞]2
ついに瀬田  いよいよ瀬田  これから瀬田  

複合名詞
月瀬田  瀬田掃部  瀬田大橋  瀬田方面  瀬田口  瀬田攻め  瀬田陥落  瀬田青年  瀬田唐崎  江州瀬田  瀬田石山  瀬田屋藤助  東組与力瀬田済  瀬田済  瀬田以下  渡つた瀬田  瀬田若党  瀬田中間  



前後の言葉をピックアップ
世相  世尊  世俗  セゾン  セタ  勢多  世帯持  世態  世帯染み  世帯


動詞をランダムでピックアップ
着せけどろまとまりゃ見え透い焼き上げよただよっすごさ当て嵌ら笑わし付け廻さ打ち倒さいきつくおもいつくたくむ操れる繰返し働かせる甲走引き絞り渡りあう
形容詞をランダムでピックアップ
煩かろたくましく侘しくうれしい野暮ったくあかう願わしゅうてきびしい面憎てあらくあさい思わしくなかっ穢い可愛らしちいさ青じろき囂しかっしめっぽなかろやりきれなく